妙高和太鼓フェスティバルへ

3/12 妙高和太鼓フェスティバルへ

妙高軽音フェスティバルの整理券を文化ホールにもらいに行った時、この妙高和太鼓フェスティバルの開催を知り軽音と和太鼓両方の整理券をゲットしてきた。
2月末の軽音についでの3月の和太鼓フェスティバルである。
ばばん!
今年はめでたい10周年!おめでとうございますー!

で、会場に行ってみたらば、既にどの駐車場もいっぱいで…場所探しに苦労したために遅刻してしまった( ;´д`)ノ

急いでホールに入ってみたら…うわ満席!まだ目も慣れてないし演奏中に座席探しにうろうろすんのもなんなので壁際で立ち見してたらスタッフの方から空き座席の案内受け着席。や、ありがとうございます。
冒頭のアナウンスは聞けなかったが、前回は確か写真撮影だめだったのでたぶん今回もダメだろうからカメラは出さないでおこう。

[第一部]
・景虎太鼓…今年20周年を迎える妙高市の太鼓演奏団体。年代性別問わずで活動しているそうな。
・マリンバ×妙高…マリンバというのは木琴の一種なのだが、打楽器であることには変わりがないよね。
木のまろやかで柔らかな音が響きましたぞ。
・太鼓塾むかしとんぼ…「太鼓をやりたい!」とスタートしたできたての団体。結成してからまだ約半年なんだそう。がんばれー!

そして、ゲストステージ
・和太鼓奏者 金子健竜スペシャルユニット
金子さんは上越市を中心に和太鼓奏者として活躍されているそうなんだが、愛媛の和太鼓奏者渡辺慶輝さんや上竹としまささん、守矢竜斗さん4名と今日のフェスティバルのためにスペシャルユニットを組んだのだ。いやー迫力だね。
まだ20代でありながらのこの演奏。すごいな。

その余韻からの
・あらいばやし保存会…8月のあらいまつりを中心に活動している方たち。
やっぱりお祭りにはこういうお囃子がないとね。自分は新潟甚句くらいしか知らないけど…やっぱ小さいときから、小学校や中学校で毎年踊ってきたものってのは覚えてるもんさね。
その学年一年しかやらなかった「花笠音頭」とかもうまったく忘れちゃってるしね。佐渡おけさも。
・・・とはいえ、学校の運動会では踊ったものの、実際の祭りイベントの民謡流しっちゅーものには参加したことがないのであった(^_^;)

ここで一部終了。
緞帳
休憩を挟んで第二部~~

第二部は
・かなやの里更正園太鼓クラブ「遊遊太鼓」…余暇活動の一環として平成10年から活動しているそう。現在はかなやの里の利用者12名で活動しているんだって。施設内や他の施設でも演奏されてるそうだけどすごいなー。
・須弥山(しゅみせん)太鼓保存会…去年40周年記念公演が開催されたというから、かなりの歴史を持つ太鼓集団なのである。
須弥山とはインドで想像された世界構成を表す山・世界の中心にそびえ立つ高い山のことで、それを妙高山に重ねているんだって。
・高橋三弦会…30名ほどで活動している団体さんなのだが今日は6名で。代表の高橋さんたちは民謡だけでなくブルースやブルーグラスなども三味線で演奏されてるんだそうだ。三味線もすごい幅が広い…

そして第二部ラストはゲストステージ
・弁天太鼓…は糸魚川で活動している団体。昭和62年に発足し今年で30年目というこれまたキャリアのある団体さんなんである。
大太鼓の音、腹に響くーー!
ぐおー!

そしてラストは特別アトラクション。妙高和太鼓合同演奏会なのである。名前の通り今日の出演者さんたちの合同演奏なのだ。
これまたすごい迫力。太鼓やっぱすげー。
原始の魂ってか、世界問わずのネイキッドソウルそのものだよ太鼓って。

やーすごかったー。アンコールないのが残念。

そして和太鼓フェスティバル恒例のスイーツ抽選会。
パンフに書いてある番号が当たっていれば特製スイーツ(今年は「桜咲ク笑リング」だそうで)がもらえるのだ。

…が、残念ながら今年もかすらず(´ω`)

抽選会も終わり観客がみなぞろぞろと席を立ち出口に向かいだしたらば、ロビーの方で太鼓の音が響きだす。
え?余韻的に演奏音源でも流してるのかなと重いながら自分も出口に向かったら…
お!
うわー!
まさかここで
ステージ上ではなくここでアンコール(違)やってくださってるとはね。
太鼓太鼓
あらいばやしの鳴り物や
叩け叩け
和太鼓!
どんどん
こっちも!
和太鼓和太鼓
叩く!
文化ホールのスクエア広場?(ホワイエというらしい)が和太鼓セッション会場に。
いやーなんか滾る(笑)

看板
太鼓の響きの余韻を残しつつ会場を出る。入場のときは焦ってたので終わってからぱちり☆
10周年
こちらも見てはいたんだけど撮れなかったので今頃w

久しぶりにロボットくんに会いに行く。
後姿
後姿がちょっと哀愁。まだ雪あるね…
ロボットくん
久しぶり~♪元気だった?

妙高山
帰りに「今日の妙高山」。もう3月かまだ3月か。

10周年を迎えた妙高和太鼓フェスティバル、おめでとうございますと共に、これからも太鼓の魅力と地域でがんばってる方たちの魅力、どんどん鳴り響かせてくだされ~♪


関連記事