雪割草めぐり@中越

3/20 雪割草まつりをめぐる@中越

上越の雪割草展も終わった。
今年は春分の日が月曜日で、長岡の国営越後丘陵公園で開催されている雪割草まつり期間の国際雪割草協会の展示会が3日間開催されているので、せっかくなので久しぶりに行ってみようと長岡に遠征してきた。
雪国植物園もオープンしたと報じられていたので、あわよくば自生地(植栽されたものだが)の花も見られるかなというヨコシマさもあったりするが(笑)

では、一路長岡へ~
地蔵トンネル
地蔵トンネルを抜ければ、そこは長岡。
丘陵公園入り口
越後丘陵公園は国営。入園料がかかるのもあってゲートがある。・・・が、冬季・3月末までは入場無料なのだ。

館内案内図見たらば、林床植栽エリアは雪が解けてぬかるみ状態でまだオープンしていないそうな。
たぶん来週オープンなんだって。ざんねんーー
すずめたち
ヘデラの葉っぱの間から、スズメさんたちがこんにちは(^^)

では中へ。
ころりんと
ころりんたちも楽しそう。
アイスチューリップ
アイスチューリップの展示。球根を低温貯蔵して開花調整したチューリップなんだそうで。
早く咲かせて、けど冬で温度が低いので花持ちがいいんだって。
確かに春、気温が高いとチュー全開状態になって花もすぐ終わっちゃうもんなぁ。
来園記念w
来園記念の撮影ポイント。日付入り。

立体植栽
丘陵公園雪割草まつり名物、立体植栽。
前より小さくなったような。。。
あー、金谷山の植栽も今年も楽しみだなぁ。
押し花
恒例の雪割草押し花。なんか色あせないよう特殊加工してんのかね。やったことあるけど、翌年には色あせちゃってとほほだったんだが…
絵手紙
絵手紙展や
切り絵
切り絵展示もあり。タイトルは「雪割草之図」。
展示
展示はこのように。

では、展示品を見るぞー。入賞品をご紹介。
県知事賞
県知事賞 二段咲き「無銘 紫しぼり」
長岡市長賞
長岡市長賞 千重咲き 無銘
国際雪割草協会会長賞
国際雪割草協会会長賞 実生新花 無銘
国営越後丘陵公園事務所長賞
国営越後丘陵公園事務所長賞 三段咲き 「青大将」
新潟日報賞
新潟日報賞 一重咲き 「紫の雨」
NHK出版「趣味の園芸」賞
NHK出版「趣味の園芸」賞 一重咲き 「方舟」
近代出版賞
近代出版賞 千重咲き 「魅惑」
栃の葉書房「趣味の山野草」賞
栃の葉書房「趣味の山野草」賞 唐子咲き 「樹氷」

以上、特別賞の他、部門賞受賞したもの、会員の出品品などが並んでおりました。
こういう展示も
それだけではなく、パネル展示とともにこういう展示品も。

即売ブースには国際の会員さんたちが出されてて、Fさんとしばらくお話。
なんてーかやはり、「追求度」が違うよね。
悲しいかな技術的にも金銭的にも、そこまでかけられないもんなぁ。ズボラだしできる範囲内でしかできない…

他にも行きたい所があったので、ひとまずここはここまで。さらば丘陵公園よ。
またの~─(=゚ω゚)ノ─

そして、長岡から柏崎(西山)へ。
ここも久しぶりの西山雪割草園
看板ウサギ こっちも
看板ウサギのクロちゃんとモコちゃん。
西山雪割草園
ここはログハウスの雪割草園。最近は裏山に植栽して散策路(有料)も作っているのだ。
営業は3月の土日だけなのだが、その営業日を「雪割草まつり」としてイベント風にしている。
ふるまい こっちも
モツ煮と牛すじ煮が振る舞いで無料!
イベントブースなら4~500円で販売しててもおかしくない量だぞ。
ここでお昼として販売品のおにぎりや焼き鳥などをゲットし、ふるまいともどもいただく。
いやー、おなかいっぱいになったぞ。ごちそうさまでした。

続いてはこれまた西山の「素心園」。
ここも久しぶりだー。
フローティングヘパティカ
花を切って水に浮かべるフローティングフラワー。
アップ
アップ。よく見るとすごい花がいっぱいですな。
でもこれ、水に浮かべるのけっこう難しいんだよね。コツがあるのかもしれないけど…
(箸や指に水がつくと花がくっついてなかなか離れないとか、きれいに浮かんでくれないとか←単に不器用だから?(^_^;))

ひとまず行きたいところには寄れたので帰宅の途につく。
今日の米山さん
行くときは黄砂なのか花粉なのかなんだかで霞んじゃってまったく見えなかった米山さんも午後になったらやっと見えました。
しかし、あの春霞はいったいなんだったんだろう。花粉だとしたら恐ろしい…(;´Д`)

そんなこんなで今年の雪割草展示会めぐりはおしまい。
これからは自分ちの花の世話だ。
展示会に出てるようなものとは違って見劣りしまくりだし年々劣化してるけど、それでもやっぱり…ね。