さぎ草展@新井

8/17 さぎ草展

妙高市(旧新井)ではこの時期さぎ草展が開催される。
さぎ草…上越ではなかなか維持できない鬼門な存在だけどやっぱり好きなので、せめて人様の育てたものを見せていただきたいなと思い今年も会場の文化ホール…もとい総合コミュニティセンターへ行ってきまーす。
(この建物は文化ホールとコミュニティセンターと図書館が入っているのだ)

おじゃましまーす
おじゃましまーす。

さぎがいっぱい
ふわっとよい香りが漂う。これだけ群生するとサギソウにも香りがあることがわかる♪
一羽を…
白鷺、羽ばたく。
群生

つぼみも
白鷺の卵(つぼみ)
こちらは?
こちらのつぼみはちょっと上のとは違うようだけど(にょーんとしたのがなく花がくっついている)、どんな風に咲くんだろ。
開花がなくつぼみ状態だったのが残念。

あ!
育て方
育て方ガイド発見。新井地域での育て方だからうちのあたりでも該当するはず。
来年は○度目の正直でまたトライしてみようかな~

さぎ草で夏の一時の涼、いただきました~♪


雪割草めぐり@中越

3/20 雪割草まつりをめぐる@中越

上越の雪割草展も終わった。
今年は春分の日が月曜日で、長岡の国営越後丘陵公園で開催されている雪割草まつり期間の国際雪割草協会の展示会が3日間開催されているので、せっかくなので久しぶりに行ってみようと長岡に遠征してきた。
雪国植物園もオープンしたと報じられていたので、あわよくば自生地(植栽されたものだが)の花も見られるかなというヨコシマさもあったりするが(笑)

では、一路長岡へ~
地蔵トンネル
地蔵トンネルを抜ければ、そこは長岡。
丘陵公園入り口
越後丘陵公園は国営。入園料がかかるのもあってゲートがある。・・・が、冬季・3月末までは入場無料なのだ。

館内案内図見たらば、林床植栽エリアは雪が解けてぬかるみ状態でまだオープンしていないそうな。
たぶん来週オープンなんだって。ざんねんーー
すずめたち
ヘデラの葉っぱの間から、スズメさんたちがこんにちは(^^)

では中へ。
ころりんと
ころりんたちも楽しそう。
アイスチューリップ
アイスチューリップの展示。球根を低温貯蔵して開花調整したチューリップなんだそうで。
早く咲かせて、けど冬で温度が低いので花持ちがいいんだって。
確かに春、気温が高いとチュー全開状態になって花もすぐ終わっちゃうもんなぁ。
来園記念w
来園記念の撮影ポイント。日付入り。

立体植栽
丘陵公園雪割草まつり名物、立体植栽。
前より小さくなったような。。。
あー、金谷山の植栽も今年も楽しみだなぁ。
押し花
恒例の雪割草押し花。なんか色あせないよう特殊加工してんのかね。やったことあるけど、翌年には色あせちゃってとほほだったんだが…
絵手紙
絵手紙展や
切り絵
切り絵展示もあり。タイトルは「雪割草之図」。
展示
展示はこのように。

では、展示品を見るぞー。入賞品をご紹介。
県知事賞
県知事賞 二段咲き「無銘 紫しぼり」
長岡市長賞
長岡市長賞 千重咲き 無銘
国際雪割草協会会長賞
国際雪割草協会会長賞 実生新花 無銘
国営越後丘陵公園事務所長賞
国営越後丘陵公園事務所長賞 三段咲き 「青大将」
新潟日報賞
新潟日報賞 一重咲き 「紫の雨」
NHK出版「趣味の園芸」賞
NHK出版「趣味の園芸」賞 一重咲き 「方舟」
近代出版賞
近代出版賞 千重咲き 「魅惑」
栃の葉書房「趣味の山野草」賞
栃の葉書房「趣味の山野草」賞 唐子咲き 「樹氷」

以上、特別賞の他、部門賞受賞したもの、会員の出品品などが並んでおりました。
こういう展示も
それだけではなく、パネル展示とともにこういう展示品も。

即売ブースには国際の会員さんたちが出されてて、Fさんとしばらくお話。
なんてーかやはり、「追求度」が違うよね。
悲しいかな技術的にも金銭的にも、そこまでかけられないもんなぁ。ズボラだしできる範囲内でしかできない…

他にも行きたい所があったので、ひとまずここはここまで。さらば丘陵公園よ。
またの~─(=゚ω゚)ノ─

そして、長岡から柏崎(西山)へ。
ここも久しぶりの西山雪割草園
看板ウサギ こっちも
看板ウサギのクロちゃんとモコちゃん。
西山雪割草園
ここはログハウスの雪割草園。最近は裏山に植栽して散策路(有料)も作っているのだ。
営業は3月の土日だけなのだが、その営業日を「雪割草まつり」としてイベント風にしている。
ふるまい こっちも
モツ煮と牛すじ煮が振る舞いで無料!
イベントブースなら4~500円で販売しててもおかしくない量だぞ。
ここでお昼として販売品のおにぎりや焼き鳥などをゲットし、ふるまいともどもいただく。
いやー、おなかいっぱいになったぞ。ごちそうさまでした。

続いてはこれまた西山の「素心園」。
ここも久しぶりだー。
フローティングヘパティカ
花を切って水に浮かべるフローティングフラワー。
アップ
アップ。よく見るとすごい花がいっぱいですな。
でもこれ、水に浮かべるのけっこう難しいんだよね。コツがあるのかもしれないけど…
(箸や指に水がつくと花がくっついてなかなか離れないとか、きれいに浮かんでくれないとか←単に不器用だから?(^_^;))

ひとまず行きたいところには寄れたので帰宅の途につく。
今日の米山さん
行くときは黄砂なのか花粉なのかなんだかで霞んじゃってまったく見えなかった米山さんも午後になったらやっと見えました。
しかし、あの春霞はいったいなんだったんだろう。花粉だとしたら恐ろしい…(;´Д`)

そんなこんなで今年の雪割草展示会めぐりはおしまい。
これからは自分ちの花の世話だ。
展示会に出てるようなものとは違って見劣りしまくりだし年々劣化してるけど、それでもやっぱり…ね。



雪割草展@上越雪割草友の会

3/18、19 上越雪割草友の会の雪割草展@教育会館

この土日は教育会館で上越雪割草友の会の雪割草展。
かつては2週連続だったのだが、全盛期の来場者が見込めないのもあって3年前?2年前から1週だけになっている。
当時はホントにすごかったんだよね~
…と、以前を懐かしんでばかりでもいかんいかん。

展示会1
即売品、自分好みの「一品」を探す方たちが目を凝らす。
展示会2
即売品を見る方、展示品を見る方それぞれ。
展示会3
今年もおいでくださりありがとうございました。

この週はいろんなイベントが目白押しで、実は自分も行きたかったし分身の術が使えるものなら使いたかったくらいではあるんだけれど、それだけが理由ではないだろうけれど、若い人があまり来てくれないのはやはり残念…。
交配云々とか、栽培めんどいとか、こういう展示会のあるような専門的(っぽい)植物に手を出すのはマニア…と敬遠されやすいけれど、そういう先入観なしで雪割草を見てほしいなー。
似ていてもひとつとして同じものがない、人と同じで多様性のある雪割草。
面白いですぞ。

個人的には、HCで1ポット300円の標準花買うのなら、こちらで3ポット1000円のを買ったほうがお得だと思うよ。。。
HCではべらぼーな価格になっている花も入っての価格だから。
夏ちょっと気をつけなきゃいけないけれど、でも一年草じゃないからうまく管理すれば来年も花を咲かせてくれるしね。

ってことで、展示品あれこれ。(これは展示のみの非売品)
会員の方たちの(交配による)花たちです。自分はまだまだなので出せるものはありませんのでご容赦をm(__)m

咲き方ミニ解説
標準花1

標準花2
↑標準花(おしべとめしべがある)
二段1

二段2
↑二段咲き(おしべが花粉をつけなくなり花弁化したもの)
三段1

三段2
↑三段咲き(おしべだけでなくめしべも花弁化したもの)←おしべはおしべとして残るものもある
千重1

千重2
↑千重咲き(おしべもめしべも完全に花弁化したもの)

もうちょっと咲き方あるのですが、それは実際見てみてください♪
来年もこちらで3月第3週の土日に開催するはずですのでよろしかったら見に来てくださいませ~←気が早いw

ミニアイリス
雪割草ではないですが、展示会を終え帰宅したら咲いてた今年はつもの球根、ミニアイリス「キャンタブ」。
へー、こんな花が咲くんだー
次第に花が咲き進んで春が近づいてきたね(^^)

そういうことで、今年もご来場ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします(^^)





第1回 雪のくに 魚沼大会へ

3/11 雪割草魚沼大会「第1回 雪のくに」へ

3月、あちらこちらで雪割草の展示会が行われているが、もちろん今週もなんである。
日本雪割草協会からの案内ハガキの中にあった「第1回 雪のくに 魚沼大会」という展示会のことも書いてあった。
開催主催が日本雪割草協会ってことなので新潟大会とあまり変わらないかなとも思いつつ、記念すべき第1回、どんなもんだか行ってみましょうということになり、せっかくなのであっちとこっちにも寄れたらいいね…とGo!

入院中のカメラがまだ戻ってこないので今日はサブ機。花を撮るのはこちらの方がいいような気もするが、何分予備バッテリーがないから、それがちょっと気になるのである。もってくれればいいんだが…

白鳥
三和区の田んぼでは白鳥たち。今シーズン初めて見る白鳥かもしれない。
松代
先月末の灯の回廊からさらに雪が解けた浦川原から大島を通り薬師トンネルを抜ければ十日町。
さすがに松代の一番峠寄りにはまだまだ雪があるある。
六日町
十日町を抜け八箇峠トンネルから六日町に出ればちらつきだした雪に更に「まだまだ雪の季節」を思わされ
小出
小出も然り。やっぱり頸城より魚沼の方が雪深いんだなぁとつくづく。

会場のJA北魚沼本店に到着。
2階とな
会場は2階だって。
おじゃましまーす
おじゃましまーす。

入ると抽選券を渡される。これに名前と連絡先を書いて抽選箱に入れると、もしかしたら段花が当たるかもしれない(抽選で5名)。
倍率高いだろうが、出せば当たる権利はあるからなw
展示
2階のホールの壁際にずらっと逆コの字を書くように展示品、そして逆L字に出展ナーセリーさんの即売品が並んでいる。
真ん中がだだっ広く空間になっているのがなんか不思議な感じではあるが。
賞
入賞品にはこういう記念品がつく。皿や壷よりコンパクトでなかなかよさげ。
第一回記念ってちゃんと入ってるし。

では受賞品の数々を♪
各咲き方に金銀銅にいろいろな協賛賞があるので結構いっぱいありますな。
(各部門金賞と協賛賞←順不同)

標準花
標準花金賞「吟すだれ」
031113_20170315003009fca.jpg
二段・二段唐子金賞「湖蝶」
二段日輪
二段・日輪咲き金賞 「紫花火」
丁子
丁子咲き金賞「春の海」
三段
三段咲き金賞「雪の女王」
千重
千重咲き金賞 「亜斗夢の夢」
乙女
乙女咲き金賞「駿河小町」
妖精
妖精咲き金賞「妖艶」
実生
実生新花・変化咲き金賞 無銘
実生
実生新花・標準咲き金賞 無銘
珍品
珍品金賞「大金星」

魚沼市長
魚沼市長賞 登録銘花 二段唐子咲き「輝麟」
魚沼市観光協会
魚沼市観光協会賞 二段咲き「幽樹」
北魚沼農業協同組合賞
北魚沼農業協同組合賞・登録銘花(なんだけど無銘)
ゆのたに
ゆのたに賞 唐子咲き「唐獅子」
ゆのたに荘
ゆのたに荘賞 千重 無銘
オプティックヤマザキ
オプティックヤマザキ賞 唐子咲き「三織」
マイプラン新潟支店
マイプラン新潟支店賞 唐子咲き「雪の魚沼」
大沢加工
大沢加工賞 二段咲き「紅娘」
園芸JAPAN
園芸JAPAN賞 千重咲き「侍」
理容室かない
理容室かない賞 標準花「学風」
趣味の山野草
趣味の山野草賞 千重咲き 無銘
おりたて農芸舎
おりたて農芸舎賞 日輪咲き「煌姫」
エヌケーケー管理
エヌケーケー管理賞 三段咲き 無銘
龍氣
心と体の保養の宿 龍氣賞 三段咲き「八海山」
近代出版
近代出版賞 実生新花変化咲き「星空」
ローソン南魚沼浦佐店
ローソン南魚沼浦佐店賞 二段咲き「紫の星」

もちろん入賞品以外の花もたくさんありました♪見事よの。
みんな大きく花開いて見事だよな~
やっぱ違うんだよな~

即売品
即売品。新潟大会でおなじみのナーセリーさんたちだけでなく、アルペンガーデンやまくささんも来ていた。
これまた目の保養~(怖くて連れ帰れない(^_^;))

小出の愛好者の会の展示会はあるけれど、こういう協会が絡んだ魚沼での展示会は初めて。
第一回でまだ海のものとも山のものともつかないけれど、これから定着させていきたいとのことでした。
これからも楽しみだ~♪

賞品付き
ローカル色豊かというか、さすが魚沼というか賞品もどどーんと。
米俵がすごいぞw

できたら小出の雪割草展と同日にするとかならまたいいんだけどなぁ。
そして願わくば上越とかぶらないでほしいもんですが…

雪割草展のあとはお昼~(次エントリに続く)

雪割草新潟大会2017へ

3/4 雪割草新潟大会へ

3月は(たとえ外が雪降っていても)雪割草の季節なんである。3月の土日はほとんどどこかで展示会が開催されているという。
重なるのですべてに行けるもんではないが、やっぱりここは外せないよねと今年も燕三条地場産業振興センターで開催される日本・新潟雪割草まつり(雪割草新潟大会)へGo!

今日の米山さん
今日の米山さん
今日の西山三山
今日の西山三山(国上・弥彦・角田)

今回は、ひっさしぶりに燕三条系背脂ラーメンが食べたくて、お昼に杭州飯店行ってから会場入りすることに。
ちょっと並んだが、客の回転速いのですぐ座れたぞ。
ギョーザ
餃子は通常の倍の大きさなんである。だから一個で満足~
らうめん
太麺・背脂の燕三条系ラーメン。でもその脂が全然くどくしつこくないんだな。
あの店やこの店の背脂どっさりラーメンだと腹に来るので避けてしまうんだが、燕三条のは不思議となんともなくするっと食べられるんだよね~
ごちそうさまでした。
一旦は店を出て車走らせたんだが、相方が帽子忘れてUターン。お店の方気がついてちゃんと取っといてくれた。ありがとうございますーm(_ _)m

改めて、会場。あれー、道の駅になってる。いつの間に?
確か去年はなってなかったはずだけど…
車も近くに停められラッキー。さー行くぞー!
会場へ
入ります。受付で人気投票用紙を渡される。
即売品
こっちは即売品コーナー。出展されてる協会員のナーセリーさんたちの販売コーナー。
展示品
こちらが展示品コーナー。入賞作には壷or皿が与えられるのだ。

見ますよー撮りますよー。
新しいカメラにしてからはじめての展示会。さあこの撮り具合はどうかな。暗いとブレやすいのはライブ会場で嫌というほどわかったけど、動きのあるものではないから大丈夫じゃないかとは思うんだけど…でも花そのものが小さいからな…
ここのウィークポイントは会場内が暗いことと奥の鉢が撮りにくいこと、さあどうだかな(^^;)

むー!やっぱり前より難しい。保険としてサブ機も持ってくればよかったかも(;´Д`)

展示品はいっぱいあって載せきれないので、ここでは壷モノと上位モノを。
入賞作品
(上位)入賞品にはこのように壷や皿が付きます。
県知事賞
新潟県知事賞 三段咲き「富士誉」
名誉会長賞
名誉会長賞 千重咲き「紫輝殿」
観光協会長賞
新潟県観光協会長賞 標準咲き「泉水(いずみ)」
雪割草連合会会長賞
雪割草連合会会長賞 三段咲き「開山」
(県知事賞と名誉会長賞と観光協会長賞と連合会会長賞の実際の順はわかりません。たぶんこうじゃないかなと)

雪割草には標準咲き、二段咲き、三段咲き、千重咲きなど咲き方によっていろいろ分類されてるんだけど、それは検索してみてくだされw

続いて
長岡市長賞
長岡市長賞 二段唐子咲き「佳音(かのん)」
三条市長賞
三条市長賞 二段咲き「黒光の月」

そして、以前は佐渡市長賞などもあったのだが、今回?だったのは前回1品しかなかったホームセンタームサシ賞がやたらいっぱいあったこと。なんで?
HCムサシ賞
ホームセンタームサシ賞 妖精咲き「三浩」
HCムサシ賞
同じく 実生新花変化咲き「黄白鳥」
HCムサシ賞
同じく 実生新花標準花 無銘
HCムサシ賞
同じく 唐子咲き「深遠」
HCムサシ賞
同じく 日輪咲き「紅無双」
HCムサシ賞
同じく 乙女咲き「大宇宙(おおぞら)」
HCムサシ賞
同じく 千重咲き「紅流恋(べにはぐれ)」

ぬ、ムサシ賞に標準や二段・三段がないのは意図してのものなのか?
基準がわからないー(^^;)

もちろん、入賞品だけではない株も撮っていたのだが、自作の背景板を持っていた方とばったり状態になり、赤と青の背景、何色の花に赤、何色の花に青使うんですか?と質問したつもりだったのだが、聞き方が悪かったかそれに対しての明確なお答えはいただけなかった…
が、試させてもらった。ブレてるけど…
同じ株ですがどちらがいいかな?
背景つき 背景つき
そして、背景なしのデフォルトを撮り忘れるという(^_^;)
その方はデジイチ撮りだったのだが、コンデジみたいに被写体に近づかずとも離れて撮れるのがちょっと裏山。
ブレないのかな?その花1つだけにピントを当てて撮ることできるのかな?

一通り見たので、人気投票の結果が出るまで5階で開催している草友会の雪割草展へ
5階へ
おじゃましまーす。
葉芸 葉芸
雪割草だけでなく葉芸のこれまた高価そうなのも…
展示1 展示2

 展示3

展示4 展示5
こちらは照明明るいから撮りいいんだよね~
花も見事だし。
今年もお世話さまでした~

結果が出たらしいのでまた1階に戻る。
人気投票1位はこれだっ!
人気投票1位!

ばばーん
上↑でも入賞していた三条市長賞「黒光の月」だっ!
相方はこれに一票入れたんだよなー…

で、もう閉場近いのでそろっと出ることに。今日は結構知った方に会えたぞ。
今年も堪能させていただきました。
…けど、「雪割草を新潟県の草花に」の前後が一番人気すごかったよなー。
今は元に戻ったというか、でも年齢シフトで高齢化したので逆に愛好者数減ったとも言えるし…むー(^_^;)

帰り道、昼に入った杭州飯店にあった燕市産業資料館での「スプーン展」の案内に書かれていた作家さんの中に中学・高校の部活の先輩と同名の方を見つけたので少し早めに出てここに寄ろうと思っていたことを思い出す…
もう閉館しちゃって遅いてばorz

夕暮れ
三条は雨になったけれど上越の方向は晴れてるようで夕暮れてるぞ。
夕日
夕日がこんな風に見えた~

そして今日は、12月のFM-Jサンタとハッピークリスマスのときに当たった柿崎・上下浜のマリンホテルハマナスの食事券が今月末で有効期限切れるのでここで夕食することに。
せっかくなのでここの温泉にも入ってぽかぽかに。

お風呂のあとに夕食タイム。
おひなさま
レストランに飾られてたおひなさま
海鮮丼そばセット とんかつ定食
海鮮丼&そばセットととんかつ定食。ベーシックながらうまかったっす。
卓上塩がなかったのがちょっと惜しかったけど。
やー、ごちそうさまでした。

うちの雪割草、今年はどんなかなー。去年全然ダメだったしいっぱい咲くといいなー。
展示会みたいな豪華な花はないけどね。それはそれ、これはこれw