五智の八重桜を見に

4/26 その2 五智の八重桜を見に

[前記事の続き]

春日山から向った先は五智公園。
五智の八重桜といえば市内ではなかなかにメジャー(のはず)。

例年なら連休ごろが見ごろなんだが、ここもやはり早いと聞いていたので、連休は動けるかどうかも分からんし見れるときに見ておこうと。
いつも咲いてるワケじゃないしね~

ってことで来ましたよ五智公園。
驚いたことに臨時?駐車場ができていた。そっか、ピーク時はこうなるのか…

では花見。
八重桜
八重桜満開。
紅白対決(違)
紅白対決の如く。ちょっと違うか(^^ゞ

公園の広場(っていうのかな?)ではのんびりお花見しているグループや幼稚園の遠足?のちびっこたちが楽しそうに。
自分はそちらではなく展望台への遊歩道の方をてくてくと。
イカリソウとイワカガミ
イカリソウとイワカガミ
ミツバツツジ?
ユキグニミツバツツジ?(この色の自生ツツジはそれしか浮かばない自分なもんで(^^;))

あれ?緑のさくら?
御衣黄
道路脇に桜の若木が植栽されているのだが、木についていたラベルを見たら「御衣黄」とあった。
おー!ここにもあるのかー。
タンポポとサクラ
タンポポと八重桜。
こちらのタンポポもエゾタンポポ(カントウタンポポ?)みたいだ。
できるものならセイヨウタンポポに駆逐されないでほしいぞ…

今日は石碑のところまでも行かず早めにUターンして戻る。
ボンボン
チアガールが持つピンクのボンボンみたいな八重桜
ひらひら

つぼみ
ほぼ白く見えるけれど、つぼみはほんのりピンクなんだね。

時折風が吹くとひらひらと舞う花びら。いいなー。
でもできたら長く咲いててね←ワガママw

帰り道にて、なんか史跡っぽい案内看板を見かけたのでちょっと停車。
踏み切り脇だったが、ちょうど踏切の警報機が鳴り出したので何が来るかと待ち構えてたら
ひすいライン
トキ鉄のひすいライン直江津行きだった♪
はね馬ラインに比べるとこっちはなかなか会えないからなぁ。

うわっ、これは…
これは・・・
なんとも歳月を感じさせる看板である。県の振興局作成なのに直さないかなぁ。
それにしてもいつのだよ。。。

見つけたのは↑ではなくて、こっち。
柳清水
ここは「柳清水」というんだそうだ。
親鸞さんが竹ヶ前草庵(現在の本願寺国府別院)で暮らしていた時に生活用水として使っていたんだそうだ。
ここかー
親鸞さんの頃から石で清水囲っていたわけではないのだろうが、ここの水使ってたのか~
中
中を覗き込んでみる。
…水はあるけど清水ではなく雨水ぽいな。
明治44年に北陸本線開通の折に敷地が分断されたそうだが、その時かそれ以前に水脈にトラブルあって水が枯れてしまったのかもしれないし。

八重桜とプチ歴史探訪を楽しめた五智でした。ちゃんちゃん。