能登ツアー・2日目

10/12 能登道の駅ツアー2日目。

ってんで2日目である。
宿泊先の富来サイクリングターミナルからちょっと戻って「とぎ海街道」へ。
海辺散策してオープンを待つ。ここは海に向かった460mの世界一長いベンチと岸壁の母の碑がある。
世界一のベンチ

海辺にはさくら貝がよく上がるらしいので自分も探してみた。。。けどそう簡単にあるもんじゃないか(^^ゞ
桜貝をさがせ!

「岸壁の母」のモデルとなった端野いせさんはこの町の出身だそうで。
「岸壁の母」の碑
施設内にある岸壁の母コーナーにあったのだが当時の新聞によると、待ちつづけていた息子は生きていたけれども、確立してしまった「岸壁の母イメージ」、そして母が待っていた間自分は家庭も作って・・・のため名乗り出られなかったとらしい・・・戦争による悲劇に加えて時代と塗り上げられたイメージによる二重の悲劇だ。

お次は赤神。猿山峠灯台の閃光レンズが施設真ん中にどどん!とあってビックリ。
灯台灯
平成19年3月の能登半島地震で被災しその後新しい設備になったので、従来のものをこちらで展示されているそう。

次は輪島。施設内こんなだったっけ?物産館あったような気がしたんだけど…??
「シベリア」が相変わらずで嬉しい(笑)

千枚田ポケットパークへ。
ここも施設内がちょっと変わっちゃったような。中は休憩できるものの倉庫みたいになっちゃってる。
そこにあった看板によると昭和31年には輪島市の名勝に指定されたそうで、この施設ができた頃なのかそれとも名勝指定当時なのかはわからないが、千枚田と言いつつも実際は2092枚の田んぼがあったんだそう。今だとどれくらいなのかな。
千枚田

お次は新しくできた「すず 塩田村」。能登半島では「揚げ浜塩田」という方法で塩を作っていたそう。
塩田に海水を撒いて塩分の高い砂を集め、濃い海水を取り出して釜で焚き煮詰めて塩を取るというやり方だが、雨が降ったら一からやりなおしの製塩。ここでは実際製塩作業が行われていて、自分たちが行った時は塩田に撒かれた海水が染み込んだ砂を乾燥させているところだった。
塩の資料館もあり製塩解説や道具や岩塩の塊なども展示されている(入館料100円)
塩田

桜峠では「究極のカレーパン」再びいただきます。アーティストの手作り小物なども置いてありちょっとこじゃれた感じ。近くならなぁ…

なかじまロマン峠ではスタンプ設置場所探しにちと苦労し、能登空港では歴代のCA制服コーナーにほぉ~~。
CAの歴史

のとじまも面白そうなのだけど時間節約のため「はいさよーなら」。
いおりもスタンプ押印のみ、次は氷見・・・の前に七尾にも道の駅できてるのを走行中に発見(スタンプ帳には未掲載)。ちょっと立ち寄るがこりゃまーすごい。能登の物産大集合みたい。でも時間ないのでまた今度。
氷見も混雑していたのでハンコ押印のみ。この時既に施設内の魚市場は完売御礼状態でした。

さて、ここで迷う。
ここから近いのは新湊。なので新湊→高岡→滑川→上越か、高岡→新湊→滑川→上越というルートなら一番いいのだけど、ネックは滑川の閉館時間17時。他のところ寄ってからだと間に合わないかもしれない。
迷って・・・滑川にまず行くことになった。ここで取りこぼしては実も蓋もないしね。他の施設は閉館遅いんで後回しで戻ってもいいし。

で滑川。行楽帰りの車も多いのか国道結構混んでいてギリギリ。滑川の物産館も17時閉店なのでチラ見のみ。
また来た道戻って新湊に戻る。ミニ水族館でしばし和む。
なぜ等間隔に

フードコーナーに「白エビバーガー」なるものがあったのでレッツチャレンジ。
白エビバーガー
かき揚げだからちょっと油っこいかも?

高岡。ここも新しくできた道の駅。新しくでかい。物産館も高岡工芸品をはじめいろいろあって面白い。
2009年は高岡開町400年だそうでシンボルキャラの「利長くん」グッズがあちこちに。
400年の利長くん

新湊の白エビバーガーだけでは足りないからとここでも軽く食べることにした。高岡はコロッケが有名らしい。確かにお土産用の冷凍コロッケばばかでかかった。
ラーメンもちょっと違うそうだし・・・と高岡うどんと、高岡ラーメン+コロッケのセットを注文した。

自分のうどんはすぐ来たのだが(うどんの出しつゆもちょっと違った。関西風なのかな?)相方のがなかなか来ない。
・・・やばいんだよなーこういうのって。片方が終わる頃来るようなパターン、相方のイライラメーターが…( ̄ω ̄;)
結局そのイライラはこっちが受けないといけないハメになるので、厨房のおばちゃんに「ラーメンまだですか」と聞いてみる。
おばちゃん、はっとしてすっから忘れてたことを悟ったらしい。慌てて今作りますからお待ちくださ~い!と取り掛かる。
数分後、恐縮しながら運んでくれた。おまけにこれ食べてお待ちくださいとソフトクリームのサービスも。
ちょっと味見させてもらったラーメン、確かに何かが違う。来て食べだせば相方のメーターもひとまず下がったようで・・・ほっ。

で、一応今回の目的は達成できたので高岡から高速&国道で帰宅。
2日間お疲れさまでした。

しかし、今回の駆け足北陸道の駅ツアーでの共通の感想。
「今度は道の駅スタンプ第一ではなく、まず観光主体にしよう」と。

高岡行っても大仏も見てないし、“観光~~”ってのほとんどしてないような・・・。
果たして次回は?

能登ツアー・1日目

10/11 能登・北陸道の駅ツアー1日目

行こう・行きたいと言っていながらも期間が長いことをいいことに、延ばし延ばしにしてきた道の駅スタンプツアー。
気がつけば今月でおしまいじゃないか。やばいやばい!と体育の日絡みの連休に決行することに急遽決まる。幸い天気もよさそうだし。

今回は日帰りではなく宿泊先未定(候補は数軒あげといて最終到着地によって聞いてみる)の行き当たりばったり。
3連休の中日だし、ETC渋滞もあるだろうし・・・と早めに出たのだけども、思ったより順調で早く着いてしまったので時間調整に世界遺産・白川郷の合掌造りを見る。
白川郷
朝早いけどさすがに世界遺産。観光客多い~

戻って上平のささら館。ここは開館が早いのでありがたや。
五箇山・和紙の里。和紙ってやっぱええな~~~
利賀の木
みどりの一里塚・利賀の木は今日も元気。そばだんごいただきまーす。
福光ではちょうど収穫祭?イベント開催中。なまずとどぜうの蒲焼なども出ていて物珍しさでトライ。
うーん、魚自体は淡白だしタレの味の方が強くて・・・よくわからん(^^;

いもがい餅
サトイモとサツマイモともち米とお米を混ぜて丸めて表面焼いた「いもがい餅」という郷土食もあり、地域限定モノ大好きな自分は早速いただきます。う~ん、かすかに甘くて素朴な味だね。

お次は山中温泉の今はやまなか。温泉あるのに・・・時間なくて入れない(泣)。せっかく山中温泉まで来てるのに~。
昭和46年に旧北陸鉄道加南線が廃止されたあと、大井川鉄道に引き取られ平成13年まで現役で走りつづけた「しらさぎ」が山中温泉に戻ってきて展示されていた。
「しらさぎ」

しらさぎ車内
レトロな車内。孫と一緒のおじいちゃんは昔思い出してるのかな。
車内に張られていた昭和40年当時の料金(20円~70円)が時代感じさせる~

温泉に未練を残しつつ、次の鳥越・一向一揆の里へ。有料の一向一揆資料館は入ればしっかり見てしまうだろうからということでパスし、農村文化交流館にちょっと立ち寄り。
瀬女は混んでて物産コーナーも混雑。しらやまさんもほとんどスタンプ押印のみ。ここで宿候補に連絡。大丈夫ということで予約する。ただし到着時未定☆(夕食無し翌日朝食のみなんで)

お次は新しくできたという内灘サンセットパーク。(ここに行く前にスタンド探しでちょっと空気重くなったのはスルー)内灘大橋、そして河川敷のんびり散歩の人たちがまたいいなぁ。
いかにもジモティな感じの売店と地元産の原料でアイスやこだわりデザート扱ってるカフェが合わさってるというなんともまたいい味。
内灘大橋

倶利伽羅・源平の郷、ここも資料館あるんだけどね~。入浴施設もあるんだけど~~~。これもパスパス。
売店見てた時、ぽかぽか湯上り親子が来て思わず心で「いいなぁ~~~」。

さあ能登地方に入ってまいりましたよ~
今日の予定はあと2つ。この時間ならなんとかなりそうだな。

夕暮れ(走行中)
能登有料道路使って高松。ここ有料道路内にあるんだよな。下道からでも入れるのか?よく分からん…
夕暮れ日本海がまたいいね。食事ができるレストハウスの営業は18時。既に「本日の営業は終了いたしました」。

ラストは、ころ柿の里・しか。既に暗くなっていたのでこの道でいいのか微妙だったが無事に到着。
とはいえ道の駅自体は既に終わっていて隣りの日帰り温泉施設でスタンプ押印。施設内のレストランで夕食。

トンカツ定食 お得な「何とか定食(名前失念)」

そして宿となる富来サイクリングターミナル。建物施設に何も書かれてなかったので、果たしてここでいいのかとちょっと不安になったが…なかなか宿の人出てきてくれなかったし(^^;
風呂、温泉に入りたければ近くの共同浴場へということだったが、もう閉館時間近くてゆっくり入れないだろうし、ここも風呂がないわけではないので、まーいいやと。だったらさっきのトコで入ってきてもよかったなとは心の声。

風呂(一般住宅のシステムバスだ(^^;)入ってお疲れさまの一杯やって、手足伸ばしておやすみなさーい。
明日は能登の道の駅めぐりだ~(次エントリに続く)

道の駅ツアー・県北編

8/23 道の駅ツアー・県北編

昨日はサッカー観戦。今日は・・・新潟でのいつもの朝の行程をこなし、県北の道の駅めぐりへ。
やはり上越からだと新潟県縦に端から端までというのはなかなか足も向かないが新潟からなら行ける距離。

ほんでは行ってきます。

前回休みだった加治川「ふれあいセンター桜館」から神林へ。

ナス?
うぬ?ナスという名のかぼちゃ?

朝日

きっぴーちゃん
国体ですからねー。
物産館で気になる山野草。いかん、もう増やせん。見てない見てない。

ここから峠越えて海側へ。BGMは高校野球。新潟文理の準決勝。
て、準決勝ですよ準決勝!
あの「出ると負け」な新潟県が準決勝に出るなんて!!

うみー!
海~~~!!

試合は2-0で文理がリード。このまま逃げ切って・・・と思ったら9回表、岐阜商が1点入れて2-1に。
わー、ここからずるずる行かないでー(><)
目的地に着いたけれど、試合終わるまで駐車したままラジオ聞き。
「あと一人、あと一人・・・!!やった!!勝ったよ勝った!!決勝進出だ!!!!」
と、車を降りて店内へ。お店の方も聞いてたようで「いやーよかったですねー」と。

今年も来たよ

今年もいただきまっす♪

カキー!!
うーー!やめられませんっ♪

道の駅笹川流れでスタンプ押してナナメ向かいの「大滝マサエ商店」へ

マサエさん、慣れた手つきでカキを割る。
マサエさん

いただきまーす。(写真を忘れかぶりつきっ)
くーーーーーーーーーーーっ!!海の恵みっ!!!!

きれーだよなー
笹川流れの海ってすごくキレイだよなー。。。

これで県北クリア。この後は海を背にして高速に乗り今日も妻有へ~

道の駅ツアー~東蒲・北蒲編~

8/20 道の駅ツアー

前日はサッカー観戦して新潟泊。(ノン、長生きしろよ)
お盆も過ぎてしまったが、親戚の墓参も兼ねて道の駅のスタンプ押しも。

三川にて
三川の道の駅「阿賀の里」中庭。

海鮮丼安っ!
ここは山の中なのになぜか鮮魚センターのテナントが入っている。
ここらの人には寺泊とか行くよりいいもんね。
で、そのセンターの中に海鮮丼屋さんが入ってる。直営なので2階のレストランに比べても安い。
これで680円だか(すみません値段忘れました)だぜ。お昼でいただきまーす。うまかった…

きりん山ときりん橋
旧津川町(現阿賀町)のきりん山ときりん橋。これ見ると「来たなー」って感じする。
途中の熊肉出すドライブインが閉店してしまったようで淋しさも。
車内から撮ったので右上の輪は何かの反射です。怪しいモンじゃありません多分(^^;

津川からは一路県北方面へ。
道の駅の営業時間(前回からスタンプラリーのハンコは24時間対応でなくなった)もあるので、今回はとりあえず行ける所まで。

加治川の道の駅は残念、定休日。お次は神林か関川か。関川16:30、神林17:15まで。
時間的に関川を取ったのだが、なんと、入浴施設側のスタンプは遅くまでやっているそう・・・。
そんなんだったら神林行けばよかった~~~orz

木なんだけど・・・
関川は大蛇伝説があって、ギネス記録もある「大したもん蛇まつり」という祭りも開催されている。
これも蛇にちなんで。自然の妙。

もう神林は次回回しに決定してしまったし、胎内へ。
かつての道の駅「胎内グランドホテル」は閉鎖してしまった…
残念、胎内グランドホテル
なのでひとまず「クアハウス胎内」が道の駅に。

胎内観音
隣接する胎内観音へ。羽越水害の鎮魂。童女石が奉られているお堂は既に閉まっていた。
観音様に手を合わせる。

板額御前の松
「板額御前由緒の松」。ここら一帯は建仁元年の夏、板額御前と甥の鳥坂城城主小太郎資盛が鎌倉幕府軍を迎え討ったという古戦場なんだそうだ。
もちろん○○御前の法則で武勇高き美女だったそう。
さすがにご当地ヒロインということで、板額御前の看板をあちこちで見たぞ。

はいここで本日タイムアップ。上越に戻りますよー。
夕食は長岡(寺泊or和島)のドライブイン野菊。ここはR116から見えているのだが、国道から外れているにもかかわらず昔から賑わっていて相方がずっと気になっていた店。
店のオススメはモツ煮込み。(あとで知ったがここのモツ煮は有名らしい)
と、いうことでいただきます。
モツ煮込み定食 モツ炒め定食
モツ炒めの方はタレ梨でも充分イケるぞ♪モツ煮もやわらかでうめー。
モツ煮はお持ち帰りもできるんだそうだ。冬にいいかも~~

で、今回のサッカー/道の駅帰省は終了~~~。
そして2日後また新潟だったりするんだな(^^ゞ

道の駅ツアー~県北編~

6/10(日)

今日は道の駅ツアー。県北編。
上越からダイレクトに山北まで日帰りするのはなかなか難しいので(新潟県縦に長い&
今回の道の駅スタンプラリーは営業時間内(~17:00)となったので)
新潟を中継して行ってきた。

バイパスの近くに立ち食いそばやがあるのでそこで朝食をと考えたが
日曜は休みなのかやっていなかったので隣のコンビニへ。朝食は車中でおにぎり。
前回は近間から攻めていったが今回はまず北上。
山北は笹川流れに向かう。R7ではなく海沿いのR345走行。
途中瀬波でお約束の「きむらやの瀬波まんじゅう」を買い笹川流れへ。
海きれーだなー。天気も思ったほど悪くないし。

ここでのお目当ては6月1日に解禁となった岩ガキ。
これを食わんばー!と岩ガキコール(笑)
まず道の駅「笹川流れ」でスタンプ押印(ここの受付の方親切!)とあおさ・岩船麩をお土産にし
ちょっと先の「岩ガキ」と幟のあるお店(大滝マサエ商店)へ。
タコやフグ、ホッケにタイなどの味付け一夜干(試食もできる)お店でした。
頼むと店のおかーちゃんがその場でカキの殻を割ってくれるので、ダイレクトに食う!
10年モノ(らしい)のカキをペロリするりと一口。口の中に広がる海の味、カキの甘味~~
うんめ~~~~~~!!!(2つずつ食べて1200円ナリ)
カキこしらえ中
↑マサエさん、カキこしらえ中
カキの年輪(殻) 貝齢12年くらい?

ぷりっぷり♪

せっかくだからと更に北上し山北町営さかなやさんでここでも岩ガキ。これがまたデカイ。
またまたぺろり。醤油もなんもつけなくてもうまいんだー。
6月から8月の限定の味。大満足~~~
いっただきまーすっ

その後もうすぐ県境だからと山形まで行ってしまった。
山形のコンビニ入って昼食補足分を購入。カキでお腹いっぱいなので軽く。
今度はR7で南下。

やまがたっ!やまがたっ!2にいがたっ!

「朝日」でどぶろく購入。頚城のどぶろくは手に入れられる機会も多いけど
ここのはそういうわけにいかないもんね。
山野草即売に心動いたけれどガマンして見送り。

「神林」でもちょうどイベント。ここの植物即売もかなり誘惑度高し。
「アッツ桜・ルビーの輝き」が格安でね…
それにしても農家のおかーちゃんたちの札のつけ方イイ!
「ルコール草(ルコウ草)」に「名前わかりません(ピンクの花)」とかだもん。
気になったのは朝日の物産館のアイスコーナーにもあったが品切れの「サーモンソフト」。
外装だけでも見たかった…

「関川」では足湯して一休み。美味しそうなものもいっぱいあったけど、何分お腹いっぱいで…
足湯~ どこかのお子様の足

「胎内」「加治川」は時間が押してきたのでスタンプ押印のみ。
豊栄の産直市場わくわく広場で花と野菜等を買い(ここもイベント中)、新崎のせんべい王国へ。
ここでお徳用こわれ品買いこんで新潟の家に戻る。
豊栄あたりから路面が濡れている。今まではラッキーなことに雨雲を避けていたらしいが
この日は結構局所局所で雷雨だった模様。

もうちょっと時間に余裕があればハンパに残ってしまった下田の道の駅にも行きたかったのだが
17時までの所、間に合いそうもないのでまたの機会とする。

おみやげを置いて上越への帰路に着く。が、西港にドゥロス号が寄港していると言うので
ついでに寄ってみたが雨だわ船内見学客は長蛇の列だわで外観だけ見て引き返す。
残念ながら外観見るだけ

夕飯は柏崎の「そばよし」。チャーシューと味噌バターを頼んだが、味噌は細麺でちょっとパンチ弱い。
スープは美味しかったんだけどね。やっぱり味噌なら太麺がいいなぁ。
DSCN8776.jpgみそバタ

帰宅21時。22時の大河を見ながらこっくりこっくり舟を漕ぐ。
そんな結婚記念日ツアーでした。