月を撮ってみる

10/8 皆既月食

いいカメラじゃないから限界ありますが、撮ってみました。
三脚使わず手持ちなので月の位置があっちこっちですみません。

満月の夜、何かが起きる?
17

18:13
1

2

3

4

5

6

19:16 ここからはその倍率だとピントが合わないのでカメラ引き気味に
7

8

9

10

11

19:33 夜景モードでやったら暗くなった…
12

21:00
13

21:30
14
21:50
15


そして、月は何もなかったかのように再び輝きだす
16

皆既月食@上越市、2014年の天体ショーは実に綺麗に見えました♪


日食day

5/21 部分日食を見る

この日は日食が起こるというので、見えるエリアに行って見ようと相方が提案していたのだが、週末の予報ではどうも天気が危うい。
遠くまで行ってポシャった場合「とほほ」なんてもんじゃないので、安全策を取って部分ながらも見られそうな自分ちで観測することに。

日食グラスは以前の日食の時に用意したものがあったのでそれを使うことに。

朝5時に目が覚める。
おはようございます
うーん、見えてくれるといいけどなー。25年ぶりだそうだし。

そして食が始まる。

はじまりました

お、これなら上手く撮れそうやん♪・・・と思ったのだが。

その2
↑↓大きさの違いはズームでいろいろ試しているから(^_^;)
その3

食が進むにつれてうまく写ってくれなくなる。
携帯は既にダメだし。
太陽の色が違うのは日食観測レンズの色が違うため~~♪

アップ
アップだとこうだもんなぁ。。。
こちらでは部分なのでリングはなし。
写真はいっとき置いといて、ピーク時は肉眼で。
やっばりさすがになーんか薄暗いし、ちょっと寒い感も。

その4
欠けが反対に動き始めた。
はっと気がつきピンホール作戦に移ろうかと5円玉を通して影を見るものの「ピンホール」ではないからか食影にならない。
木漏れ日にしてもイマイチ映ってくれない。だめだー。

そして、月はじわじわと動いて行き日食も終わってしまいましたとさ。
でもラジオとネット通してあちらこちらの日食の様子分かって楽しかったなー。

おつかれさまでした
日食なんてお構いなしのおひさま。今日も一日終わります。

今日はみなさん大変お疲れさまでした♪

そらとかわ

7/16 ちょっと一息

この日はpさんのお誘いでひさしぶりの「たびのそら屋」さんへ。
なかなかのんびりきままにお茶タイムってのができないので、こういう時間って貴重だよなぁ。

花豆あんみつ
夏メニューの「花豆あんみつ」。
ジャスミンティーの寒天はさっぱり&淡い口どけ。和モノなんだけど、中華モノというか
アジアンテイストのたまらんおいしさでした。
pさん、どうもありがとうございましたっ!

今日はチャリで川沿いを走る。行き帰りに通った青田川沿い。
青田川沿い
こんな川は自分の思い出にはない。栗の木川も早出川も常浪川も通船川も似てるようで違う。
でもなぜか懐かしく感じられるのは何故だろう。

遊べっ!
大手町小学校脇の橋の下では子供たちが川遊び。
遊びはこれからの人生のタネ。楽しめよ~~

と、僅かな時間でしたがココロの栄養補給をさせていただきましたぜ♪

ブログ引越し

あまりに今までのブログが重いため、思い切って引越ししました。
(引っ越して新しいネタでも書けばいいのですが(^^;ゞ)

今度はこちらとなりますが、またよろしくお願いします。

そして、今年一年ありがとうございました。
皆さまにとって来年がよい年でありますように。

久しぶりに

この数日(数ヶ月?)山の家と家の往復ばかりでロクに何処も行っていない。
だいありの補足になるようなこともないのでずっとこのブログを投げていた。

これではいかんと無理矢理書いてみる。
別館に書けばいいものを…
20041227222459.jpg


すっかり季節も秋から冬に移っている。
この間まで「ばか暑っちぇねっけ!」なんて言っていたのが嘘のようだ。

20041227222639.jpg


ギボウシのタネ。こんなです。開花まで何年かかるんでしょう。

20041227222755.jpg

去年に引き続いて今年もミョウガの花が咲いてました。
やはり異常気象だったのかな。

20041227222821.jpg

これも同じく。こんな風に咲きます。鮮やかな赤が目を引きます。

ウバユリのタネがすっと立っています。
既にタネははじけたあとのよう。この株はもう最後のお役目を終えて枯れてしまいます。
次世代に命を引き継いで。
はじけたタネが次に咲くのは7年後。1年サイクルで引き継げるもの、10年かかるもの…自然界にはそれぞれのサイクルがあります。
地球の活動サイクルも同じことなのかもしれません。
みんなそれぞれの時間を持っている。
だから、地震にしても噴火にしても、自然界のサイクルには、いくら技術が発達しても抗えないんだろうな、
過去の人間も未来の人間もそれは同じなのだろうな…などということをぼーっと考えながら山道を歩くのでした。