「熱海殺人事件」@高田笑劇場

7/30 「熱海殺人事件」@高田笑劇場 in M.G.P

見には行けなかったが「楽屋」、そして10代の感性すげーなと思わせられた「六本木少女地獄」に続く笑劇場 in M.G.Pの夏の3公演のラストは、つかこうへい原作の「熱海殺人事件」なのである。

今回は笑劇場内でも中堅…いやベテランか、の役者さんたち。
そしてダブルキャストなのである。
どっちも見たいなと思いつつ、2回目の方はちょっと行けなさそうなので7/30の初回に行ってきた。

本日公演
ででーん
これです
ででっでーん♪

受付を済ませ中へ。
おおう、満員御礼ですな。
1つ空いてた最前列の席へ。
お、ガテンの方たちも。お疲れ様で~す。
舞台
舞台。
どんな話が繰り広げられるのだろう…

そもそもこの「熱海殺人事件」というのは1974年当時、最年少の25才で岸田國士戯曲賞を受賞したつかこうへいの代表的戯曲なんだそうで、つか氏自身で小説化され、映画化もされたのだという。
もちろん何度も上演されている作品なんである。

「タキシードを着た部長刑事・木村伝兵衛と地方からやってきた新任の刑事、熊田留吉。そして木村の愛人の婦人警官、恋人殺しの犯人の4人。
物語は、三流の犯人である大山金太郎を、木村伝兵衛が一流の犯人に育て上げる中で、新任の刑事、婦人警官、さらには木村自身も成長をしていく…」


というストーリー。

マルさん演じるこの木村、なんか高慢高圧的な憎まれタイプなんである。
自身の美学なのか、つまらん(動機の)殺人事件なんぞ許さない。調書も証言も含め書き換えてしまえ!!という無茶を押し通すのだ。
それに対する地方からの真面目な新任刑事・熊田は藤井ヨシヒロさん。
対立する二人。…だが上司の木村に勝てるはずもなく。
木村の愛人らしい水野刑事は山下つばささん(この日はbisさんが予定されていたのだが山下さんに変更となった)
愛人ということで二人をなだめ仲裁しながらも木村の味方なのだ。
犯人の大山は七瀬飛鳥さん。気弱な地方からの労働者なのだが…
七瀬さんといえばこれまでいわゆるイケメン枠だったのだけれど、今回のこの作品ではとにかくヘタレなのだ。
今までのイメージを見事にぶち壊してくれたのだww(山下さんともども関西弁と九州弁がまだすごかった)

殺人の動機と経過を、そんな陳腐なもんじゃいかんと熊田の制止も聞かずどんどん書き換えようとしていく木村。
それに次第に毒されていく熊田。
そして犯人の大山も最初は違う、そうじゃないと否定しながらも次第に木村たちの言う「筋書き」に事実を・自身の記憶を改竄していく。
なにが本当で、何が作り事なのか。例え事実が違っていても、そういうことにしちゃえばそういうことになるのか。
「話を盛る」ことで、それはいかにも、もっともらしく、人々の共感を得ることになるのか。

セリフと演者のパワーの応酬、そして力技で持っていく展開・・・つか氏の戯曲は「蒲田行進曲」くらいしか知らないが(この作品も有無を言わさぬってか、え?なんでそうなるの?って疑問をそうだからそうなの!グダグダ言うんじゃねぇってところあるよね←個人の感想です)、この作品も然り。
「こんな犯行の動機じゃつまらないから、もっといいものにしろ!」なんて発想自体もう違うよね。
そういう世界でのストーリーの進行…それがつか氏の作品なんだろうな。

だからそういう常識はずれというか毒みたいなものを受け入れられるか、それとも理解できない・わからない思うかと、人によって二分されるんだろう。
でも、つか氏の作品は、性を含めた色恋沙汰込みで「人間」を突き放しつつも深く見つめて書かれている。
その、不可解でどろっとした、決してきれいなだけじゃない人間(の心)を描いた作品に人は惹かれるのだと思う。

なんて、氏の作品を知らない自分が言えるこっちゃないけどさw

舞台が終わっての出演者の皆さんぱちり☆
みなさんを
やはり19時近いから白っぽくボケたものになってしまってごめんなさいー。

次回は熊田役を市川さんが演じるのだが、市川さんのイメージも好青年なので、市川さんの熊田の解釈が楽しみだったりする。
(行けなさそうなのが残念なんだが)
あのどしふんシーンは、もともとのものなのかそれとも藤井さんの解釈からの演出なのかわからないけど、なかなかに衝撃的だったので…

ということで、笑劇場中堅ベテラン怪演(ほめてます)チームのつか作品、?という所もありつつも面白く見させていただきました~



「恋文」劇団上越ガテンボーイズ

7/16 劇団上越ガテンボーイズ 第40回本公演「恋文」へ

7月は演劇月間でもある。
先週は笑劇場の上演だったが、今週はガテンボーイズの公演なのである。
会場は高田小町。
では行ってきまーす♪

風鈴
本町は風鈴街道?
今年は各家それぞれ違うのではなくてどこもこの風鈴。今年はこの型に統一してるのかな?
これも
と思ったらそうでないものも☆

小町到着。
小町に来ました
今回のポスター。イラストがかわいいよね♪

そして中へ。
舞台
ありがたいことにpuさんが場所を取ってくれていた。ありがたやありがたや。
舞台はテーブルが向かい合わせで2つ。どんなお話かなぁ。わくわく。


「恋文」~拝啓、あの時のあなたへ~…はじまりはじまりー

‘拝啓、あの時のあなたへ…’で始まる恋文。
しかしそれは出すあてがない。
名前も住所も知らない、あの人。
あの日自分を助けてくけた、あの人。
あの人の笑顔。
できるものならまた会いたい…でもまったく手がかりもない。
相手のことを何も知らない、でもその時確かに彼女は自分の目の前にいた。
その夢のような、でも確かな現実の記憶を抱きつつ、彼は彼女に出すあてもない手紙を書く。

彼の職場には優秀な女性の上司がいる。
彼女は何かにつけ彼にはつらく当たる。
それが特にこのごろ顕著だ。
同期のデキる仲間に比較されながら、凹みながらも彼は日々働いている。

彼には妹がいる。
口は悪いが面倒見のいい妹だ。
近頃元気のない兄を心配する妹。
そんな妹に、彼はことの顛末を話す。
酔っ払って、橋の上から落ちてしまったあとの彼女との出会いを-------------

妹はなんだかんだ言いながらも彼と彼女の再会を手伝う。
そんな折、妹は失恋してしまう。
悲しみのあまり行方をくらました妹を彼は懸命に探す。
思い出したのは、兄妹の思い出の場所。
無事再会を果たし、兄妹の絆は更に深まる。


片や、
彼女も、突然空から降ってきた(落ちてきた?)彼に恋をした。
名前も住所も何も知らない、建設中の橋に突然現れた彼に。
そんな彼女の様子を見かねた親友は彼と彼女を再会させようとするが、やはりこちらも手がかりは得られずの日々。
彼宛の恋文が増えていく毎日。
そんな中親友も妻子ある男性との恋に苦しんでいた。
親友を諌める彼女。結局親友は彼女との友情を取るのであるが。

彼女を探す日々の中で彼は気づくのだ。
自分が橋の上から落ちたとき、何かの時空のゆがみで過去に戻ってしまったことを。
時間の流れをどうやって手繰り寄せられるか。戻せるか。
-------------そう、再びあの橋の上から落ちれば、再び彼女に会えるのではないか。
と、彼は橋の上から、あの日のように落ちるのだ。

----------- すべてを投げ出してでも、会いたい人はいますか ---------

そして、彼が会ったのは・・・・・・・

というラブストーリー。

なんだが、彼の「橋の上から」と、彼女の「建設中の橋の上から」のセリフで、ああこれはタイムスリップものか…と分かってしまった。
そして上司がその時の彼女だということも。
前半で展開が悲しいかな分かってしまったので、ではどうひねってくるかなと思ったのだが…
妹の失恋と親友の不倫、兄妹思いと友情は分かったけれども、それで終わりだったのがちょっと残念。
上司に片思い中の同僚もただ当て馬のようだったし。彼らにも「それでも、幸せ(かもしれない)日々」を与えてほしかった。
「上司に思いを告げるため店に誘ったけれど、そこで上司の親友と一緒になって、その親友がかわいいのなんの…俺がんばるぜ!」みたいな。

あと、これは書き手も重々承知なんだろけれど、「橋」がね。。。
‘大きな橋’と言われるとイメージ的に関川に架かってるような橋が浮かんでしまう…
その真上からとなれば、下は川だし…
大きかろうが小さかろうが橋の真下は川が流れているor水が少なくても石の川原だし、
「(橋から)落ちて頭を打った」人を病院にも連れて行かず、彼の自宅に連れ帰ってこめかみにばんそこor川原でばんそこ貼って放置…それは実際ありなのかと。
なんかそういうところがとても気になってしまった…
夢がなくてすみません。


でも、ガテンの作品の根底に流れている「人を思う気持ち」、「大事な人への気持ち」はしっかり今回も伝わりましたぞ。
なんかね、見終わったあと、好きな人たち大事にしなきゃとか、自分と多かれ少なかれ縁がある人のこと思ったりしちゃうもんね。
日々や人をいつくしむ気持ちが強く出るというか。
一緒に見ていたpuさんはうるうる来てたもんね。
愛だよ、愛。愛かまされちゃったよw

で、オープニングのダンスとエンディングのフェードアウト的な無言状態がまたなんかいいんだよなぁ。
映像加工はないけれど、アニメやマンガのラストシーンを髣髴とさせるというか。
生身の舞台でやるとこんななんだろうという、そういうの。
はじまりのワクワク感とラストの余韻を引っ張るというか余熱ほっこりというか。

ガテンのみなさん
そんなわけで、今回も素敵な、あたたかい作品をありがとうございました!
みなさんお疲れさまでした~!
次回作も楽しみにしておりますね♪

東條商店
帰りに東條商店に寄り道。
こちらもなつかしい
展示されているレトログッズがたまらない。
テレビなんていつごろのだ…
懐かしすぎ
この箱なんだろと思ったら、レコードプレーヤーだった。おやまあこれも懐かしい。

東條商店は今度から土曜だけでなく日曜・四九の市がある日も開店することになりました。
掘り出しモノがみつかるかもよ?


ガテンボーイズ、今回の作品もあたたかかったです♪
次回作は秋らしいのでそれもまた楽しみだ(^^)


「六本木少女地獄」@高田笑劇場

7/9 写楽の作品展と高田笑劇場「六本木少女地獄」in M.G.P

7月、梅雨なんだがやはり北陸地方はいい天気なんである。(先週は大雨だったが)
この週末もいろいろイベントが目白押しなのだが、身はひとつだからなー…

ということで、まずは高田図書館へ。
写楽の写真展
金曜から今日まで写真展開催中なのだ。
おじゃましまーす
やっぱり「瞬間」の切り取り方、光の使い方とかさすがだなと。。。

そして笑劇場の会場「M.G.P」へ。
上越大通りに面した会場への入り口にはスタッフさんが案内板持ってお客さん誘導。
暑いのにお疲れさま~
本日の公演
今日の公演「六本木少女地獄」。
今回が千秋楽
駐車場では座長のマルさんが誘導。これまたお疲れさまですー。
舞台への入り口が以前と違っててあせった(笑)
あ、そうそう、今回が千秋楽なのだ。

舞台
舞台。おおー…
ここでどんな世界が繰り広げられるのだろうか。
入場券
前来たときはなかった「入場券」が。裏は「衝撃場」バージョンになっているという。
かっちょええ
映像投影もあるんだー。去年世界館での舞台でも使われてたけどかっこいいね~♪

上演前に座長・マルさんの挨拶。
この作品は2011年に当時18才の高校生が書いたものなんだそうだ。
そして結構人気のある脚本(ほん)らしい。
どんな話なのかな?わくわく…

では、はじまりはじまりー☆☆
-------------------
冒頭は「幸せな家族の物語」の読み聞かせ。
少女が目覚めようとするのを女性が遮る…

六本木に来てハイテンションの少女、周りとは違う少年を見つけ彼に近づく。
カモにされかかるが…
そしてどちらも家出少年/少女だという。
少年は姉から逃げてきたという。。。

少年の回想。
少年を絶対的支配する姉。
「生理はうつる」というなまめかしい話から、暴力をふるいながら弟を姉にとって自慢の父のようになれという姉。
そこに父を知っているという2人が現れる…


場面は変わり
学校に行かなくなってしまった少女の家に1人の男性がやってくる。
(少女の親にも苗字で呼ばれていたのでイトコとか親戚ではないらしい。幼馴染とかか?
まあどちらにしても昔から知っているけれど名前ではなく苗字で呼ぶという距離がなんとも)
引きこもった原因は…彼女は妊娠したという。
しかし、相手が「いない」のだ。赤ん坊もいないのに大きくなるお腹。

そしてこの家庭は父親が出て行き、母親がその父親を介護している。
抑圧された母親はその鬱屈した気持ちを義父にぶつける。

・・・・・・
六本木の(父親不在で義父の介護をする母親と荒れる兄がいる家から逃げてきた)少女と(姉から逃げてきた)少年
父親不在ながら絶対的な存在に捉えている姉とその存在を知らない弟
想像妊娠した少女と青年&父親不在の母親と祖父

…がクロスしながら、それぞれの世界が平行して進む。
共通するのは「父親不在」「暴力」「支配と服従」。
そして「性差-男の性-/-女の性-」。
聖母マリアの受胎告知を想像させるような、加えて登場人物の名前も宗教を彷彿とさせられる。

10代の、とんがってナイフのような感受性を持つ18才の少女だから書ける話なんだろうななどと思いながら、クロスする世界に混乱しつつも引き込まれていく。

姉と弟は少女の中での創作された姉弟らしいがすでに少女の中で同化し多重人格化されているように見える。
少女、姉、母親。
弟、青年、祖父。

女という性が嫌だ
男という性が嫌だ
力が嫌だ
性でしか見ないこの世界が嫌だ

18才の少女のそんな声のない叫びが聞こえてくるような作品だった。

「…あるところに幸せなお家がありました。そこには幸せなお父さんと、幸せなお母さんと、幸せな女の子が住んでいました。
女の子は、鳥かごに小鳥を飼っていました。ある日、小鳥は卵を産みました。小鳥は嬉しくて嬉しくて、何日も何日も、何日も何日も何日も、卵を温めつづけました。
しかし、卵は孵りませんでした。それもそのはずです。幸せな女の子は、小鳥がこれ以上卵を産まないように、本物の卵をプラスチックの卵と取り換えていたのです。
永遠に、小鳥の卵は孵らないでしょう。それでも小鳥は、卵を温めつづけます。何日も何日も、何日も何日も何日も、何日も何日も……。」
それでも、みな幸せなのだろう。残酷と不幸と幸せは紙一重。

というなかなか言葉では表せない、その表せないどろっとして得体の知れないものを、年をとると感じなくなってしまうものを、むき出された作品だった。
ひとことでいえば「すごい」になるのだろうか。
セリフがまた刺さるんだよなー。

舞台が終わり、まだ余韻を抱きつつの状態で見つけた一言。
みっけた
誰が書いたのかな?
だから念じよう、花は開くと。

観客を見送り、役の顔から素に戻った笑劇場の役者のみなさんをぱちり。
集合写真1

集合写真2
もういっちょ。

いやー、ワカモノだなー。若いっていいなぁ←オイ
でも自分のこの頃ってこんなじゃなかったもんなー…(^_^;)


登場人物と同世代だけあるからシンクロしたり、逆にやりにくかったりなんてこともあっただろうけど、笑劇場若手メンバーのみなさんおつかれさまでした!

六本木少女地獄」は無期限全文公開中!

ナナツキコンサート@ライオン像の家

7/8 ナナツキコンサート@ライオン像の家

直江津の旧直江津銀行(ライオン像の家)では土日と三八の市(3と8がつく日の朝市)が重なった時に建物内を一般公開し、それにあわせてイベントを開催している。
内容はその時によって変わるのだが、地元にまつわる紙芝居や講演・勉強会からコンサートなどなかなかに興味深い内容が行われている。

で、今回はナナツキのコンサート。
ナナツキといえば、既に何度もこのブログでも書いているのでアレなのだが、二胡のナナさんとチェロのツキ・・・もといナツキさんの2人のユニットなのである。
二胡とチェロというなかなかないユニットなのだが、これがまた実にいい音を醸し出すのだ。
そういうことで、心の浄化を求めて(笑)、いざ行かんライオン像の家。

天気もよく市や海遊びに来ている人も多いのか船見公園駐車場はほぼ満車。
ラッキーに1台分空いてたのでそこに駐車。
今日はこれ
今日の催しご案内。
アップ
ナナツキー♪
チャイナ服がそれっぽい♪♪

会場に入ってみれば既にほぼ満席。
立っててもよかったんだがスタッフさんに促されたのもあって空いてた席に座る。
演奏中
あれ?ポスターの写真にあわせて今日はチャイナ福?
ぬー…見えぬ。。。なので一部はカメラはしまって聴きに徹する。
時折窓から通る海風が演奏と相まって実に心地いい。

一部終了~
二部開始までしばしブレイク。
ひぐちさんの
ひぐちさんのポストカード。
直江津のおまつりもまもなくですな♪

外に出て
家と
ライオン像の家と先日倉庫にしまわれてた謙信公の顔出し看板
越後の龍と獅子
顔出し看板、今回は出してお披露目されてたんだね。よかったよかった。

せっかくなんで朝市にも行ってみる。
市へ

お言葉
ここのお寺はいつもいい言葉が書かれている。
そう、無関心ではいけないんだよ。。。
気づいたときにはもう遅かったりするんだよ…

海草扱ってる方がおられて、そこに「はばのり/はば草」という初めて見るものがあったので買ってみる。
酒のつまみでもよし、戻せば味噌汁にもよしというのに惹かれて。
おまけまでもらっちゃったー♪♪

さて時間だ。戻らなくては。
再びライオン像の家へ。
会場内
わー、やっぱほぼ満員だー。
初ナナツキの方、来たことある方・・・すでにいっぱい。
座れる席もないわけではなかったけど、ナナツキ見たかったので今回は立ち見で。
お二人
ナナツキのお二人。今日の衣装はチャイナ服。ステキだのぅ。
レトロ

レトロ2
この建物は歴史ある古いものなので、それっぽくレトロモードで♪

夏の曲や中国の曲、昭和歌謡曲なども含め、アンコール付きのあっという間の演奏時間。
お二人のその感性で日々進化のナナツキ、今日もたーっぷり魅せて/聴かせてくれましたぞ。
いいねーやっぱり♡

コンサート終わって駐車場。
米山さんと
風力発電風車と米山さん。
海~
海を見に行けばこないだとは違い今日は和やか。
青春なワカモノカポー♡がまた夏の海っぽく(^^)

ライオン像の家でも三八の市でも、あの方この方にお会いできて、音楽だけでなく再会も楽しませてもらえたナナツキコンサートでした♪



くろみつライブ@バロー

6/25 FM-Jライブステーション・くろみつライブ@バロー

バローでは毎月最終日曜にライブステーションと称した音楽イベントを開催している。
FM-Jがプロデュースしているが、公開生放送というのでもなく、ラジオの放送とは関係がないライブイベントなのだ。
今回の出演者はくろみつさん。
なかなか行けないことの方が多いのだが、今回は~

で、バロー。
着いたら既にライブ始まっていて、くろみ・つよしモード♪
くろみつさん1
長渕・くろみ・つよしモードです。
2
ステージ飛び出したりも♪
3
決まってますのぅ。
八木さん
PAは音響の神・八木さん。昨日に続いてお疲れ様です。
4

5

6
カバーに漫談、そしてオリジナルとくろみつワールド炸裂っ!
アンコールの掛け声がかかりながらも、時間枠いっぱいというかオーバーで八木さんの「午前の部終了しました」のアナウンスが無情に響く…

ライブ後
レア
もともと八木さんもギターの方。ってことでくろみつさんのギター持ってる八木さん。
なかなか見られないレアシーンだぜ( ´艸`)

案内
会場で一緒になったpuさんkさんと密談?し、午後の部も(来れたら)来ようということになる。
じゃ、またあとで~


ほんでもって午後の部である。
はい、来ちゃいましたw
もちろんpuさんkさんもおりますぜ♪
午後の部1
お色直し衣装を替えての午後のステージ。
何気におしゃれ番長のくろみつさんなんである。
2
シースルーのシャツがこれまたせくすぃーモードですな~
3

4
もちろん長渕・くろみ・つよしも演りますよ~
6

7
午前の部とは構成を変えてのステージ。
ラストはオリジナルでシメなのだが午前の曲とはやはり同じではなく。
くろみつさんオリジナルもカバーも引き出しいっぱい持ってるからなー。2時間くらいのオンステージやってほしいね☆
あ、そうそう。久しぶりの「たのしかーったひとときがぁー」やってくれたぞ。
でも以前は恒例だった先着1名ピックプレゼントは今回なかったね。
まあ場所的に制約もあるのかもしれないし。

で、午後の部も、時間いっぱいでアンコールなし、八木さんのアナウンスが無情~←いや、八木さんも取り決め上やむなくってのは十分分かってますから。
機材撤収も八木さんだけだし、むしろ「お疲れ様です」ですよマジ。
ひさしぶりの3人揃いということもありライブ後も時間いっぱいまでkさんpuさんと話し込んでしまったw

くろみつさん、またのライブ楽しみにしていますー。
八木さんもお疲れさまでした!