BUMPのライブへ

10/3 BUMP OF CHICKENのライブへ

先日の浜省のライブに続いての再びの新潟は朱鷺メッセ。
なんとBUMP OF CHICKENのライブである。
まさか自分がBUMPのライブに行けるなど夢にも思っていなかったのだが…

Nさんのご好意とご厚意でライブに同行できることになったのだった。
ありがたやありがたや。
運転から何から何までお世話になって会場の朱鷺メッセへ。

NさんはBUMPの時はいつも以上に運を持つらしく駐車場もちょうど空車で入れるという。
チケット取りからなんかすごいよなー。。。

ということで、ライブ前の腹ごしらえ。
青島ラーメン
長岡の「青島」のラーメン。
長岡のしょうが醤油なんだけど…もうちょっとしょうが効いてなかったっけ?
青島自体すごく久しぶりだから記憶が…

以前、ここは「ときめきラーメン万代島」というラーメンの複合施設(ラーメン店7店舗・うち1店はラーメンのチャレンジショップ、ジェラート店1店舗)だったのだが…
今ではその頃の賑わいはなく、青島ともう1軒を残すのみ。
ジェラート屋に至っては既に店舗もなく更地になっていた…
時代の流れにひゅるりらー…

さあ会場へ。
ツアートラック3台
ツアートラックは3台
その1
その1
その2
その2
その3
その3

こういうツアートラックっていつ走ってるんだろう。やっぱり夜中の高速とかかな?

さて朱鷺メッセ内。
さすがに客層が浜省とは違うね(爆)
ごめん、平均年齢上げちゃいます(^_^;)

メッセ内

メッセ内2
カメラ出すのはやばいかな?と思いNさんのスマホで撮影してもらうw

ブロック分けのスタンディングなライブなんて初めてで勝手が分からないのでNさんにはぐれないようにひたすらついていく。
ブロックごとに入場できる時間が決まっていて、一応他ブロックの人たち区分けされてはいるものの、動く人と並ぶ人の列があいまいですいません通りますー状態。
それでもいいブロックだったので早めに入れ、ブロックの中の一番後ろというちょっとらっくりできるところを確保。
オールスタンディングだから人の壁ができるかもしれないけどまあそんなひどくもないだろう。

そうそう、リストバンドもらったんだ。(ザイロバンドというらしい)
なんかライブ中光るんだって。すげーなー。
…などとNさんからいろいろスタンディングライブのレクチャー受けている間にもブロック内はどんどん人がやってきてぎゅうぎゅうにならない程度に満員。

そして開演。
うひゃー!

紙吹雪にメタルテープが舞いステージでは噴出し花火も…
すごーい!
そしてこのリストバンド(PIXMOB)が曲にあわせて発色が変わる。←赤外線で発色指令出すソフト使ってるんだって
みながバンド側の腕上げて振るんだけどそれがまたきれい。
ひやー…
映像効果もまた美しい。
こんなライブ写真(映像も)撮ってみたいなーと思ってしまう。技術とセンスはないけどなw

そしてそして、「島」と呼ばれる移動ステージでの演奏。
そうなのだ、一番後ろに陣取ったので、必然的に一番前になるのだ。
うわー!近いーー!
Nさんすごいよ~!!!

よく知ってる曲、聴いたことある曲、知らない曲…とあったれどそれでも歌の世界とステージにどっぷり浸らせていただきました
で、メンバーはもちろん、ファンの子たちもまたなんか可愛いんだよね。
いい子たちだー。

ふいー…余韻どっぷり。

撮影可
ライブが終わってびっくりしたことはステージの写真を撮っていいってこと。
このステージ写真はいくらでも自撮りしたりそのまま撮ったり好きに撮っていくらでもSNSにあげていいようで。
とにかくかたくなに会場撮影禁止というのしか知らなかった自分には隔世の感。
へー…時代だねー。
Nさんのスマホで揃っての自撮りを試みるも自分がなぜかのけぞってしまうという変なクセのため上手く行かず。
ごめんねー(^人^;)
会場
会場内。すごい人だった…

パンブアイテムのガチャを引く。
さすがのNさん、シークレットを引き当てる。
ホントに持ってるね・・・

朱鷺メッセの水w
クールダウンで「朱鷺メッセの水」。一応佐渡の海洋深層水。
すぐ脇を流れる信濃川の水ではないよ!(笑)

帰りもNさんの運転で上越まで。
ホント、何から何までありがとう。お世話になりました!
余韻に
ライブを思い出す余韻アイテム。テープも今日のライブなのだ。芸細かいね~
ライブ終わってからは振動で反応していたけど、電池切れたら終わりなのか、交換すればまた光るのか。
大本からの赤外線指令がないと電池あっても光れないのかなぁ?

いやー、思いがけない楽しい夜をありがとう!感謝感謝。

このライブのCHAMAさんのツイート→
この動員数だよ。すごいよ!

サクラデラノーチェライブ

9/16 サクラデラノーチェライブ

オトノカケラという新井のライブイベントにちょくちょくおじゃまさせてもらっているのはエントリの数からももうご存知の通りだが、その主要出演者でもあるyumizoさんのつながりで横浜をベースに全国でライブ活動をしているおぐまゆきさん、そしてボス永見さんとyumizoさんという3人のライブがサクラデラノーチェでこの日行われる……ことになっていた。。。

…のだが、
おぐまさん、声帯炎なるものを発症してしまい、しばらく声が出せない状態になってしまった。
そのためライブのおぐまさん出演はキャンセルとなってしまったのだが、ボス永見さんとyumizoさんのライブは予定通り行われるうえ、ピンチシンガーとしてたみおっちが出演することになったのだ。

たみおっち、yumizoさん、そしてボス永見さんという3人の出演に急遽変更され、当日を迎える。
聴いたことないので聴いてみたかったおぐまさんが出られなくなったのは残念だけども、この3人のデラノーチェライブも楽しみだったりするのだ。
オトノカケラの2人がここデラノーチェで歌うということに、個人的に実に感慨深かったりもするもんで。

ということで会場へ
本日のライブ
はじまるよーん

kさんやCちゃんも今日は参戦。同じテーブルでこれまた楽し♪

ギター3様
ステージには3人のギターが並ぶ

いよいよ開演時間
ゆみぞちゃん挨拶
yumizoちゃんの挨拶

トップバッターはたみおっち
たみおっち1
オトノカケラとは違った雰囲気をお楽しみください(笑)
たみおっち2

たみおっち3
歌の世界とトークのギャップがやっぱりたみおっち(笑)
場数は踏んでいるだろうけども、やっぱりデラノーチェという場で、それも有料のライブで、一番手で、という責任というか気負いが感じられる。
たみおっち4

たみおっち5
先日のオトノカケラで聴きそびれた新曲の「備忘録」を1曲めに演ってくれた~

お次はyumizoさん
ゆみぞちゃん1
がんばれー!
ゆみぞちゃん2
裸足の本気、のスタンスはここでも変わることはなく
ゆみぞちゃん3

ゆみぞちゃん4

ゆみぞちゃん5
繊細な思いをせつなく歌う(トークともども緊張っぷりが伺えたが☆)

トリはボス永見
ボス1
ソロ弾き語りは久しぶり~
ボス2

ボス4
ボスのメガネバージョン
ボス3

ボス5
スーサイドの曲はもちろん、この世代になるとやっぱり考えずにはいられない「親」のこと…の「father」、クマガイさんとの合作「流星」そしてまさかのyumizoちゃんのカバーなどなど実にツボな選曲でございましたよ。

音響のことはよくわからんのだけど、ボスのギターとスピーカーの相性?でハム音というかノイズが入っちゃったのがちょっと残念だったですな。演ってる側が気になる、PA焦るみたいなのが(想像で)見えちゃって。

なんてアクシデントもありましたが、無事ライブ終了~
たみおっち挨拶
たみおっちの挨拶
挨拶
yumizoさんの〆の挨拶。おつかれさまでしたー。よくやった!

ライブ終わって~3人の集合写真
演者揃って

こちらからも
こっちからもぱちりこ☆

いやー、デラノーチェでの3人ライブが見られて、ホンに余は満足じゃ~
ありがとうございました♪♪

おまけ
おまけ
そのあともおいしく楽しい時間でしたぜ☆





大土井裕二deショー in 居酒屋かざぐるま

9/15 大土井裕二ライブ in 居酒屋かざぐるま(仲町)

チェッカーズ。
当時そのビジュアル面からもアイドルであり、もちろんその音楽性レベルも高く一斉を風靡したバンドである。
そのメンバーでベースとして活躍されていた大土井さんのライブが上越で開催されるという。
OAにスーサイドのひーろさんが出演されるというのでこれは行かねばと。
しかしその頃チャート上位のチェッカーズの曲は耳にしていたものの、「チェッカーズ」というひとかたまりで見ていたので申し訳ないしバチ当たりなんだけどあまり個々のメンバーって知らないんだよね。いやホント申し訳ないんだけど!m(_ _)m

18時開場ということなので、それにあわせて会場の「かざぐるま」へ
仲町3ということで平行している道の雁プラ(本町3)の位置かなと思っていたが、かなり駅側だった。
あれー仲町と本町の丁目って同じじゃないのかー…
寺町がある分1丁目の起点が違うのかな?

で、仲町下ってお店発見。
かざぐるま
かざぐるま

kさんたちには先に入ってもらってpuさんと合流し店内へ。
チケット
1ドリンク付きチケット。むー、告知ポスターの写真と顔が違うんだが。
なんかギャップが、イメージが(^_^;)

そして、なんと今回は指定席だった。
ええっ、せっかく早く行ったのに…(;・∀・)
そういうもんなのか~
指定のボックス席なのでkさんたちともテーブル違いという。(のちにうちのテーブルはMさんたちということがわかりちょっとほっとしたのだが)
席別々ながらも「かんぱーい!」をw

機器チェック
PA担当ということもあり音響チェック中のひーろさん

ステージ
ステージ
お店
居酒屋さんなんだが、ちょっと自分のイメージよりオシャレな感じですな。
テーブルがボックス席ということもあるんだけど、自分の中の居酒屋のイメージとちょっと違う。。。

さあ開演ですよー。
ひーろさん
OAのひーろさん。(この時はNさんがPA)
ひーろさん2
くー、やっぱ遠いんだよね暗いんだよね。ブレまくりで悔しいぜー!
ひーろさん3
店内こんな感じ
ひーろさん4
ちょっとモードを変えて。

カバー曲とオリジナルをあわせての弾き語り。
カバーにいたってはkさんMさんと3人でそれぞれリクエストした曲を演ってくれたーー!
かんどう~~!

続いて大土井さん
大土井さん1
え、ホンモノはポスターとチケットのどちらのイメージでもないではないか(^_^;)
大土井さん2
ひーろさんもなんだが、ベースやれる方はギターもばっちりってことなんだろうか。
それともギターできる人はベースもOKってことなんだろうか??
大土井さん3
オリジナル引っさげて、ちょっと昔の歌謡曲カバーもしたり。
居酒屋で飲み放題メニューもあったりするので途中休憩もはさんでのライブ。
大土井さん4
アンコールではご自身が作ったというチェッカーズ時代のあの名曲『I Love you,SAYONARA」もやってくれましたぞ。
さすがのライブでしたー
揃って
ライブ後のお二人。お疲れさまでした♪♪(kさん写真ありがとう~)

けど、場所が場所だということもあるし、いろんなお客さんがいるのも分かる、んだけどもなんてーか「飲食>歌(音楽)」という人たちもいて、そういう人たちは拍手はするもののテーブル内のグループでくっちゃべってるのがなぁ。
聴いてるの?って思っちゃう。
それってさ、演者にも失礼だと思うんだけど…
「歌(音楽)>飲食」で来ているこちらはなんかそれが残念だった。。。
飲み食いするなとは言わない。飲み食いしてもいいけど音楽もちゃんと聴こうよ。
ライブなんだからさー。

…なんていう自分は、ディナーショーとかは無理だね(笑)
ウン万円のショーなんて行けないし行くこともないだろうけどwww

ひーろさん、大土井さんの弾き語り、堪能させていただきましたっ(^O^)









オトノカケラvol.35へ

8/27 オトノカケラvol.35へ

今回のオトノカケラは27日。
なーーーんも考えず、今回はフル参加と思っていたが…
はっと気づけばその日は謙信公祭ではないか!
そして、月命日でお寺さんが来る日ではないかっ!
まあお寺さんは(法事等がなければ)大体が午前中なのでオトノカケラには影響はないんだが。
なんということかオトノカケラも謙信公祭も別の日のつもりでいたという。自分のアホー

ということで、午前中の謙信公祭イベは仕方ないとして、午後。
林泉寺の惣門と春日山の古式銃…
今年は謙信公役の田中氏を慮ったのか春日山と林泉寺のイベント順が逆になって、林泉寺の出陣報告がいつもより一時間遅いため、春日山から林泉寺という下り坂なルートだしシャトルバス使うにしてもいいのでいいかなとは思っていたが、
それならば今年はそれを見送って、行列までオトノカケラを見に行くことにする。
移動を考えると、新井滞在は15時、遅くても+10分ぐらいが限界だな。。。

ま、とにかく、新井のさん来夢・スペースあら、いーに行ってきまーす。
ポスター
もう13時回っちゃってるけど(^_^;)

ということで、新井到着。
たみおっち挨拶

バトンタッチ
着いた時にはオープニングのたみおっちの演奏は終わってて、挨拶と次の演者へバトンタッチのところだった。

タイムテーブル
タイムテーブル。1組キャンセルで繰り上がって…平野治さんどれだけ見られるか、だな。
outsideなんとかさん(よこさーーんww)とSUGABUCHIさん聴けないのが残念だがしょうがない…

演者は高野治さん。
高野さん1

高野さん2
高野さんの曲、いいんだ、これが。

そして
乱入1
今回もやってきましたいたずらっこのタミオくん(笑)
乱入2
こんなことや
乱入3
あんなことww
ぶれないw
でも、高野さんそれに合わせつつ絡まるけどもご自身ブレないんだよなー。
そゆとこすごいよね~

ここで、たみおっちが機転を利かせ早々と出演者の記念撮影タイム。
集合写真
この時撮らせてもらったおかげで集合写真が撮れたよー

サンライズ
実は、この31日をもってさん来夢あらいキーテナントの「スーパーサンライズ」が閉店してしまうのだ。
寂しいなぁ…
どこのまちなかでもだけど、中心部にスーパーないってどうなんだかね。
ドーナツ化とはいえ…ねぇ。

そしてyumizoちゃん。
ゆみぞちゃん
あれ?髪切った?
ゆみぞちゃん2
あら、いー内
ゆみぞちゅん3
ライブ中の裸足のスタンスは変わらず
ゆみぞちゃん4
揺れてた時期、そしてこちらに来てからの心を歌う。
気持ちをこめすぎたからこそのアクシデントも発生してしまったが、あれは不可抗力だから仕方ない。
背中が悔しさを物語ってたぞー。
でも、あーいうのの回避ってか、そうなってしまった時の対応って歌うみなさんどうされてんでしょ。
ゆみぞちゃん5
おつかれさまでしたー

さて、今回注目の方がいよいよ登場。
平野治さん2
オトノカケラ2度目の出演となる、平野治さん。
なんか前回より鼻の赤さが際立ってますがw
平野治さん3
大縄跳びに入るタイミングを計るかの如くどこで入り込もうか状態の高野治さんだったが、無事逆乱入を果たす(笑)
ダブル治ズの響演(狂演?)はこれからだーー!

だが、もうタイムリミット。続きはみなさんのレポに託しここで退場。謙信公祭へ向かう→
みなさん楽しんでくださいねーー。
SUGABUCHIさんよこさん聴けなくてごめんね~ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



退場するときにyumizoちゃんに「もうオトカケ終わってるかもだけど、謙信公祭終わったらまた来る」と言っていた。
もしかしたら盛り上がって時間延長してるかもしれないし…でも、1組キャンセルになって当初より早く終わることになってたし、逆にこっちはパンフレットにある行列終了時間より遅くなってしまってたし、携帯電話のバッテリーが切れてメールで連絡もできない。
移動時間考えても、行ってももう終わって誰もいないかもしれないけど、行くと言ったのでもしかしたら待っててくれるかもしれない(そういう人たちだから)。
そういうことで、ダメもとで自分の納得のためにも再び新井へ。

目に入った会場スペースあら、いーはドアが閉じられて照明も消えている。
あー、やっぱり終わっちゃってたか…と思ったけれど、それは自分が確認したかったからいいのだ。
しかししかし、たみおっちの車がまだ残ってた。
そう、たみおっちとyumizoちゃんが待っててくれたのだ(TT)
あーもーこの人たちってば。嬉しいじゃないかよー!

お2人と、そして今月いっぱいでスーパーの営業を停止するスーパーサンライズの店長さんとお話。
店長さん、今までありがとうございました。
仕出し専門となるサンライズ、新しい出発を応援いたします。がんばってくださいね。
そしてたみおっち・yumizoちゃんありがとねー。打ち上げいっぱい食べてねー♪


ほいとこ野郎の8月最後の日曜午後はこんな風に過ぎていきました♪www



小滝牧草ライブへ

8/5 小滝牧草ライブ2017へ

小滝の土に生きるしょらが主催する「小滝牧草ライブ」。
広い空の下で、牧草地に響く音楽。その開放感を今年も味わいたくて自転車こいで小滝へ。
モロモロばたばたしてて途中参戦だったんだけどね~

今年の出演アーティスト
司会は瀬谷さん
・吟遊詩人
・ミュージックレインボー
・宮橋正則BAND
・石居由望
・坂本俊正BAND
・くろみつ
・瀬谷佑介With friends BAND となっている。

着いた時は宮橋正則BANDのみなさんの演奏始まるところだった…
ステージ
トラックステージに出演者が書かれた牧草ロール
こっちからも
こっちからも
宮橋正則BAND
右側の方が宮橋さん
こちらも
それぞれに音楽活動されているそうだが実はこのユニットは今日が初めてなんだそうな。
そしてドラムはスーサイドのひーろさんだったりする♪
また宮橋さんがロックなんだわ。。。
あおぞら
南葉山のふもと。ひろーく。
牧草ロールでは子供たちが遊んでる。

石井さん
お次は石居由望さん。宮橋さんとはがらりと雰囲気変えて夏のさわやかお嬢さん。
夏のお嬢さん
なんかとてもここちよい歌声。
例えば初夏の木陰で、そよ風感じながら寝転がって聴きたい・・・みたいな。
んでそのまま眠っちゃいそうな、そんな心地よさ。
広い空
周りがこんな青く広い空だから。

坂本俊正BAND
お次はこの小滝集落の坂本さん(黄色いタオルのしょ)のユニット
こっちも
土に生きてるしょらの音楽、ばかいいんて
瀬谷さんも
瀬谷さんも加わって

司会も
司会の瀬谷さん

くろみつさん
お次はくろみつさんなのである。
やっぱりおしゃれですなー。
すべてステージ

そらー
青空とくろみつさん

青空
夏の日差しは暑い・・・だがそれがいい(時もあるw)

そしてラスト、トリは瀬谷さんと仲間たち
瀬谷さん
瀬谷さん。以前よりずっとずっと骨太な土の人、「百姓」になった感じだ。
with friends
with friends
日没
そして今日も日が暮れる。(山に日が沈むので日没がちょっと早い)
音を楽しむ
Do something better than nothing.
何もしないより、なんかやったほうがマシさ。やってみなきゃわかんないんだし。
みんなで
踊り、歌う。生きる。
土とともに生きる、ああ、命のパワー。命の強さ。たまらんね。
ファイナル
フィナーレに花火が打ちあがる。(撮れてないけど)

いいねぇ、ホント。

ひまわりと月
ひまわりと月
笑顔咲く
みんないのちをもっている

大地の下、生きるいのちの中での牧草ライブ、今年も楽しませていただきました。
やっぱいいねー。

出演者のみなさん、スタッフのみなさん、そして小滝集落のみなさん、ありがとうございましたっ!!