細谷さんの「春ノ日和」展へ

4/13 その1 細谷さんの「春ノ日和」展@kukkaへ

4月5日から13日までエルマールのkukkaでは細谷晶夫さんのイラスト展「春ノ日和」が開催されている。
なんとしたことか開催期間を一週間勘違いしていて、はっと気がついて確認したらば今日が最終日という。
こりゃ大変だ。逃すわけにはいかんわと直江津のヨーカドー/エルマールへ。

kukka着。
春ノ日和
おじゃましまーす
久しぶり
これは、フィンランドの木工家具職人・ラッセル・ジョケラ氏とのコラボ作品なのだ♪
原画~

いいねー

たまらん
春らしい新作が並ぶ
ポストカードも
ポストカードも
こちらも
「和」シリーズ
こちらも
花の下で
ほっこり
さくらいろ

細谷さんの作品は、ただ単にかわいい!というのではなく、なんてーか、描かれている女性の、つれあいの、子供の、カップル(死語?)のこれまでやこれから、今を妄想想像させられてしまうのだ。
桜の下で花を見上げる、目を伏せる…彼女はどんなことを考えているのかな、と。
バラの中を光に向かって駆け出す少女の先は、とか。
ふっと風が吹けばみな風まかせで飛んでいくであろうタンポポの綿毛、とか。
ああ、たまらん。

春色の作品の中で、ほんのり春気分させていただきました♪
最終日になってしまったけど、間に合ってよかった…