バタークリームケーキ

5/2 ラ・ソネ菓寮さんのバタークリームケーキ

昨日、上越タウンジャーナルこんな記事が上がった。
「“昭和の味” バタークリームケーキが復活!」。

バタークリームケーキ、今でこそケーキは生クリームが定番だが、一昔前はケーキといえばバタークリームだった。
二日目になると、ちょっと固くなる。
それがまたスペシャルだったのだ。
ケーキなんていつも食べられるもんじゃなかったしな。

バタークリームから生クリームに変わったのはいつごろからだったろう。
あの味も懐かしく、時々食べたくなる。(ショートケーキで十分だけど)

で、記事によれば当時のバターを使っていないバタークリームではなく、本当のバターを使ったバタークリームだという。
ラ・ソネの会長さんが、「本当に作りたかったケーキ」だというバタークリームケーキ。
これが5/2~4日の3日間限定で販売されるという。

バタークリームで育った身としては、やはり食べてみたいじゃないですか。
本当のバタークリームを。

黄金週間とはいえ通常営業のわが身、それくらいの贅沢させてもらってもバチは当たらないであろうと勝手に解釈し(笑)
用事にプラスしてラ・ソネさんでゲットしてまいりましたぞ。
自分が買ったので、その時の分ラストだった。次の方お時間くれとのことだったんだが…タッチの差ですみませーん。

で、作業後の一息タイムにオープン!
上から
ババーン!
バタークリームケーキ!

バター、卵黄、砂糖、牛乳、にオレンジのリキュール『コアントロー』で風味付けをし、あっさりと仕上げたバタークリームを使ったケーキとのこと。
いわゆる(当時の)「バタークリーム」は、バターが高価なのももちろんだが冷蔵設備もととのっていなかったため、バターではなくショートニングを使っていたんだそうだ。

へー…あれはショートニングなのかぁ。

ナナメから
ナナメから。
バラのデコレーションがなんていうか、レトロだけど昭和の特別感をかもしだしてるね。
アップ
バラにシルバーのアラザンが散らされて。
サイド
クリームどっつり♪

いっただきまーす。

ぱくり。

ぬー!うっまい!
バターだ。コクが、脂分が違う。
相方曰く「すっぱくないマヨネーズ」…言いえて妙というか、なんとなく言いたいことはわかる。
脂分がね~

スポンジに挟まってるクリームもまたうまい。

ぱくぱく行ったんだけど…次第に胃の中でそのコクが…ペースが落ちる。
最後の一口が、ちょっと待ってと。
いやいや、待てません。がんばれ自分。
…完食~

やー、いっぱい食べるケーキではないな。
でもうまかったー(^^)
落ち着いたらまた食べたくなるという☆

ごちそうさまでした。

できたら、毎年この時期の3日間のみ発売とかそういう風にしていただけると嬉しいかもな。
ラ・ソネさんできたらお願いいたします~