チューリップとライヴと

4/29 となみチューリップフェア + ライヴ

連休前半に浜省の(FC限定)ライヴがある。
行きたいとは思いつつも、富山だし連休だしこの時期忙しいからなーと申し込みをしなかったのだが、二次募集の案内が来て、ダメモトで相方に言ってみたところ「いいよ」とあっけなくOK。
加えて、どうせならとなみのチューリップもという話になる。
ミスチューリップがPRにFM-Jにチケットを持って来てくれたので、リスナープレゼントでずうずうしくもチケ2枚いただき、準備OK。

ETC土日割引に備えETCもつけたし、初利用ってことで、朝から行ってきまーす。
道中朝食とって一路砺波まで。

で、つきました。となみチューリップフェア。(P代有料)
9時前なのにもうすごい人。ETC効果と連休をナメちゃいかんよ。
チューリップタワーは満員御礼で長い列できてたので今回は行かずに下から眺めるだけ。

チューリップタワー
それにしてもいつ見てもキレイですなー。
この時期に咲かせるために地上部にシート張ったりいろいろとご苦労されてるんだそうだ。

早速軽食とって場内あちこち見学。このイベントも3回目なのでだいたい場所もイメージできてるし。
色とりどりのチューリップ。そしてお天気。みんな楽しそうでいいなぁ。
水上庭園

おっと、今年のコンセプトは「万華鏡」なんだそうで、会場にも万華鏡レンズが置かれてる。
覗いてみれば不思議な世界。
万華鏡レンズ

こんな風に

チューリップ四季彩館も混雑中。今年の室内展示は「黒いチューリップ」。
暗色チューリップいろいろ。ダブルもあるんだねー。あと皇室献上チューや切花コンテストなど。
あったかいから花全開でなかなかすごい姿(^^;

どう見える?
四季彩館にて。チューリくんどう見えてる?
こう見える!
こんな感じに見えてるよ!


中央広場でも軽食。白エビ唐揚げは欠かせませんと。
園芸店ブースもあるのだが、今年のチューリップ販売は控えめ。やっぱり時期的なものかな。

花絵
花絵もやっばり流行を反映してる

会場内の砺波市美術館にも入館。ちょうどFMとなみの特番公開収録をやっていた。
公録中

ゲストは林道美有紀さん。
公録終了後ミニライヴ。小さい頃から民謡歌ってたそうで、声の伸びもすごいんだ~
林道さん

たーっぶりチューリップを堪能して(自分の今年のお気に入りは“恋茜”)会場を出る。
展示チューリップの一部はこちら→

でもって、道の駅ツアー。今日は砺波~荘川~井波の3つ。
荘川への道が分からなくなり相方思いっきり思考の視野狭まる。
道の駅は見つかったのだがその時の自分の言い方が気に障ったようで一気に車内険悪に。
(自分もこういう時は黙ってりゃいいのにねー。ヘタに刺激するもんだから(-_-;))
井波に着いたら相方のサイフがない。砺波からはあったの見てるし相方車降りたのは荘川のみ。
荘川に戻らせて自分は井波で待つ。あーあ、なんてこったい。
どうも車から降りるときサイフをポケットに入れたらしいのだが、その時に落としたらしい。
ありがたいことにサイフは無事だったのだが(気づいたのも早かったし)、なんだかねー。

まあそんなこんなで、車内の空気は重いまま富山市へ。駅前で下ろしてもらう。
相方はまた道の駅とか行ってくるそうで。

置き薬~!
ライトレール「富山北駅」にこんなステキなものが・・・!

ライトレール
富山駅の待合室で軽く腹ごしらえ。富山ライトレールも見ちゃった。
こういうのが上越にもあればねー。いや、バスの便数増やすってのでもいいんだけど。
バスがない→自家用車利用→余計便数減少のぐるぐるマイナススパイラルだもんなー。

会場
会場へ。席は行ってから分かるというシステム。前がいいなーと思ってたけど、結果は結構後ろの方。
でもホールなので、遠いけども豆粒とかモニターやオペラグラス要というのではなかったけど。
FFF
ああああああああああ!省吾やっぱりいい!(この辺あまりにもお見苦しいので自主規制/笑い)

で、ライヴ終わって、予定時間よりも早く終わっちゃったなー・・・と思いつつひとまず連絡して時間調整でうろうろ。
そしたらば会場脇でなんだか人だかり。どうやらそこからライヴメンバー出てくるらしい。
ってことは省吾も?!自分もその中に加わって出てくるのを待つ。(すみませんミーハーで)
しばらく待っていたがミュージシャンたちは出てくるものの省吾は来ない。
相方から連絡来てもうすぐ駅とのこと。車来ちゃうよ、省吾出てきてくれー!!(願)
・・・と願いも届かず出てこないので諦めて駅に向かう。その背中に歓声が。
そしてお迎えの車到着と。ああ人生ってそんなもんさ(泣)
でもちょうど信号待ちになり、省吾が乗ってるらしい大型タクシーの通過に小さくバイバイ。

軽くなんか食べてこうということになったが、時間も時間で店がない。
こういう時はどこでもいいと思うのだが、何かこだわりがあるのか食べたい店が見つからず、相方のイライラゲージが高まっていくのが分かる。
こうなるとまた思考視野狭くなるんだよなー・・・と思ってたところにラーメン屋がありそこに決定。
なんかあんまお腹も空いてないんだけど、いらないなんていうのもまたヤバイし、でチャーハンを。
ボリュームいっぱいで結局食べきれず(^^;

微妙に重い空気の中、一路上越に向かったのでした。
そしてその空気に耐え切れず、睡魔に負ける自分。(ダメダメじゃん)
でも、翌日まで尾を引かないでよかったです(^^;ゞ

となみチューリップフェア2008

4/28 となみチューリップフェアへ

園芸作業中、ラジオを聞いていたら、プリンセスチューリップがスタジオゲストで
となみチューリップフェアのPRをしていた。
問い合わせたところチケットはご自由にとのこと。早速いただいてきた。
(この日はそのまま夜桜見物へ)

フェアは連休いっぱい、連休後半は来客対応でバタバタ、
ならば前半お天気を見て、できれば平日・・・で、28日に行ってきた。

前回でだいたいイメージつかめたので、今回は朝早くGo!

位置が悪いよ
大阪行きのトライライトエクスプレス走る。一度は乗ってみたいもんだ。

ヒスイ原石~
数日天気悪かったこともあって、スケベ根性出して朝日町のヒスイ海岸に寄り道。
ヒスイ原石はどこだ~~?

朝日~砺波間は高速利用で会場へ。
車内のラジオでは昨日(27日)、フェア開催最大入場者数を記録したとのこと。
昨日天気よかったもんな~。今日は平日だし少しはいいかなと思いきや
幼稚園(保育園?)の遠足や小学校の写生会、中学?高校?の遠足?、
もちろん同じ輩の平日狙いの一般客・・・と結構混雑。
駐車場にあった車のナンバーも県外(特に関西圏)多いし。

で、今回は真っ先にチューリップタワーへ。
今年の大花壇
カメラに収まりきれない…
品種展
上から見ればまるでパッチワークの如く。

チューリップタワー
会場のシンボルチューリップタワー。一番上のチューリップまで登れたら更にすごいけど(^^;

品種展&大花壇等あちこちのチューリップを眺める。
そして早々に軽く飲食。串肉は値段もお手ごろで美味かった…。
売店のぞいて鉢キープ。この花面白いね~と言っていた「アイスクリーム」、
相方がプランター植えで1100円だと。え?じゃあ買おうかと見てみたら1つ丸が多かった…
隣のばら売りは1球900円。あららー(^^;
アイスクリーム
これがその「アイスクリーム」。普及するまで待とう(いつになるやら)

2人そろって♪
会場内をそれぞれ回っていたチューリくん&リップちゃんがめずらしく合流。
ツーショットのところをぱちり★

フラワーヒル
今年のフラワーヒルのテーマは虫とチューリップ?

水上庭園
どうなってるのか水上庭園。

チューリップ四季彩館エリアを見てお昼。押し寿司や白エビの唐揚げなどなど軽食を。
美味しそうなのいっぱいで目移り(^^ゞ
一通り会場を見たので、ちょっと足を伸ばして富山県花花総合センターへ。
ここまでの道、チューリップと八重桜、ライラック、スイセンとお花見が楽しめる。
青空がまた気持ちいい。
フラワーロード

県花花総合センター、ここは外はここでおべんと広げて&お昼寝したりぼーっとしてたら
これまたいいだろーなーといった庭園&温室&多肉とスイセン展開催されている本館。
・・・でも庭園のブランコは乗りにくかった(^^;

またまた会場に戻り、フェア期間中は無料の砺波市美術館へ。
特別企画展「日本画・京都からの表現 -NEXTの10年 1998-2007」開催中。
日本画の魅力再発見。いいなぁ~~すごいなぁ~~

こちらもアート
チューリップの花絵コンテスト。最優秀賞「おしりかじり虫」。

再度会場内あちこち巡る。
世界最古の木
チューリップではないけれど四季彩館で栽培されている世界最古の木「ウォレマイ・パイン」。
その歴史は白亜紀初期までさかのぼり、現在野生に生存する成木は100本に満たないそーな。
シダに似た葉を持つ針葉樹(ナンヨウスギ科)だそうです。

砺波郷土資料館では「東大寺の荘園と砺波の遺跡」展、
砺波市文化会館では「友好都市・フラワー都市交流展」、押し花体験コーナーなど。
クラシック消防車「チャンドラ号」や機関車なども公園内でのんびりと第2の車生送ってました。
おみやげ買って預けてたチューリップいただいて(結局このチューリップは咲けなかったんだけど)
会場を後にする。
チューソフト
おっと忘れるトコだった。会場限定チューリップソフトもしっかりいただきましたぜ♪

期間中はとなみ散居村ミュージアム、かいにょ苑にも無料で行けるというので
こちらにも寄り道。
ミュージアムはできたばかりの施設。砺波の代表的な農家建築を模して作られている。
当時の農家(改修あり)展示もあり。
この施設に隣接しているチューリップ畑、ちょうど花摘みをしていた。
機械を使った作業、なかなか見られないので思わず見入ってしまった…
花摘み
花茎が短かったりでカットできなかった花はあとから手摘みしていました。

お次は「かいにょ苑」。“かいにょ”とは、砺波地方の農家の周りに植えられた林のこと。
一軒一軒それぞれかいにょで囲まれていて、それが点在しているので「散居」。
集落ってんじゃなく、一軒一軒個別というのがなんとも特徴的。
かいにょ苑
ここもまた居心地のいい場所。夏なんか涼しいだろうな~~

そろっと時間となりました。砺波~魚津までは高速で。
R8で夕食処探すのもなんなので(探すと却って見つからないもんだし)
有磯海SAで夕食にする。
白えび三昧 山菜わっぱセット
「白えび三昧」と「山菜わっぱセット」。
あまじょっぱなタレでの白えび天、なかなかイケました♪

夕焼け~
有磯海SAのレストランは展望台にも出れます。待ち時間にぱちり。
もうちょっと日が落ちてるとよかったかな?

魚津からは下道R8でゆっくり帰宅。
チューリップをはじめ花を楽しんだ一日でした。
フェアの写真はこちら

※)惜しむらくは会場すぐ近くの道の駅となみに寄らなかったこと。
寄っていたらスタンプラリー既に開催されてたこと分かって、スタンプ1つ押せたのに…(涙

「日帰りで行く新緑の黒部渓谷ツアー」

5/22
週末は天気が悪かったが、月曜からしばらく好天らしい。
山菜も一段落しそのあとのGW、法事とイベントも終わったので
「骨休みも兼ね出かけてこないか」ということになる。


21日夜、ネットで黒部渓谷トロッコ電車の時刻表を調べた際、
電車往復に温泉入浴・昼食のついたお得キップがあることを知り、
それを使うことにする。

22日は4:30起床。途中コンビニで朝食を仕入れ車中でぱくつく。
R8は早朝も手伝ってすいすい。
どっかり毛勝山(方面)
「う」目指してGo!

宇奈月駅に着いたのは7:35頃。駐車場は一日900円ナリ。
宇奈月駅
キップを買って8:17の便に乗ることにする。(7:57発でも充分間に合ったが)
出発前にビール2本購入。乗車中ぐびぐび。

トロッコは新緑の中走る。
(トンネルの中はちょっと寒かったけれど)渓谷の風景を楽しむ。
後曳橋
渓谷美、アナウンスあるとカメラを向けるが逆光だったり間に合わなかったり。
トンネル入ります

宇奈月温泉は黒薙温泉から引いてるとは知らんかったよ。
鐘釣の万年雪、まだこんなにあるのか。

終点の欅平駅に到着。欅平に着きました渓谷美人

ビジターセンターで黒部の自然スライドを見た後は猿飛峡遊歩道散策。
ウワミズザクラが盛り。コイワカガミが岩場にぽつぽつと。
相方はゼンマイしっかり見つけてるし。さすが山菜赤外線センサー持ち。
猿飛峡遊歩道にて
猿飛峡終点

猿飛温泉も足湯も回遊歩道も阿曽原方面への道も祖母谷温泉も
雪融けの道整備が終わっていないため通行禁止&未オープン。
欅平駅の2階レストランで昼食。キップの指定は渓谷そば(うどん)定食。
お昼ごはん
お腹すいてたのもあって完食~。おいしかったです。

欅平からの温泉で利用できるのは名剣温泉のみ。
ここは「日本秘湯を守る会」に加入している温泉。
道が悪い(歩いていけるがトンネル内の信号・照明がこの時期まだ未整備のため
国が宿に車での送迎を義務付けている)のでお迎えに来てもらう。
3分ほどで到着。名剣温泉

入ったのは露天風呂。いいお湯~~~極楽~~
なんとかヤナギ(宿の人に上がってから聞いた)の綿毛がふわふわと一面飛んでいる。
湯面にも漂っている。
すっかりぽかぽかとあったまって宿に戻る。
内湯はどうかなと見に行ったら清掃中だった。あらら。
ここで地ビール「黒部渓谷ビール」をぷはぁ~~。
泡消えてるよ…
第一希望は「秘湯ビール」だったのだが残念ながら品切れ。

宿を出て(送っていただきました)欅平駅に戻る。
ここでゆっくり・・・とも思ったが、次に出る便に乗って鐘釣駅で途中下車
(このキップはここで一回途中下車ができる)してゆっくりしようということになる。

そして鐘釣駅。
河原に下りて(下りた以上何があろうと自己責任だそうです)万年雪と渓流風景も
つまみにしてここでビールとソーセージ。
万年雪
これがまたうまいんだな~。こんな行程じゃないと酒飲めないもんね。

河原に下りるまでの道に咲いていたヒメシャガとユキノシタ。
ユキノシタヒメシャガ

酔い覚ましも兼ねて周辺散策。鐘釣温泉旅館ではエビネ・ヤマシャクヤク・
ミヤマキケマン・ヒメシャガが咲いていた。
ヤマシャクヤクの現物を見たのは初めて。
ヤマシャクヤクミヤマキケマン

駅構内から階段を上がれば三尊仏(大日如来・釈迦如来・弥陀如来)が祀られている。
三尊仏
由縁によれば
『宇奈月町の新保フサ女が昭和11年7月15日に“黒四ダムの工事が始まるので
災難・災害を少なくするために三尊仏を安置せよ”と神告を受け、
急いでこの地に置いた(ダム建設の20年前)。
フサ女は40日間高熱で生死を彷徨ったあと霊能者・予言者となり
昭和元年に戦争の予言、原爆・敗戦の予言をし、刑務所に収監された』
(由来抜粋:設置はフサ女の娘たち。狂女扱いされた母への供養のため記したとのこと)

宇奈月駅行きの便に乗る。快適快適。アルコールも入ってるせいかゴキゲンゴキゲン。
新緑みどりにうれしいうれしい。
トロッコがたんごとん
みどりいっぱい
だけど、15時回ってるのにまだ欅平に向かう団体さんもいるんだね。
宇奈月に近づくにつれてヒメジョオンの群落が増えていく。ああ。

到着。関西電力黒部ダムのビジターセンターに入る。
黒部渓谷と発電所、そして黒四ダムの資料館。
昔集めてた古ジャンプ(その頃から既に古本古雑誌集めていた自分(^^;)に
掲載されていた「黒部秘境物語 破砕帯をぬけ」を思い出したよ。
その当時で既にインク裏染みしてて読みにくかったなぁ。覚えている方いますか?

宇奈月温泉街散策。足湯「おもかげ」につかる。
足湯(人様の足です)
湯温高いのと西日にぽかぽか通り越して汗ばんでしまったことよ。
富山県警マスコット「立山くん」

土産屋で酒を買って宇奈月バイバイ。ここではっと思いつく。
午後の黒部渓谷観光者、夜は多分ここのホテル泊なんだね。
「新緑のトロッコで行く黒部渓谷と宇奈月温泉」みたいな。
確かにあの団体の人数では渓谷の温泉旅館には泊まれんわな。

道の駅「宇奈月」に寄ってスタンプ押印。帰路につく。
夕飯はどうしようかと迷った挙句上越市内の「大勝軒」に決めるが
行ってみたが残念ながら定休日。

仕方ないので道挟んだ向かいの「柿ポリフェノール入り麺・無尽蔵」に行く。
頼んだのは野菜みそラーメンとピリ辛ゴマラーメン。
ピリ辛&熱いでなかなか味が・・・。コトブキのゴマラーメンよりはゴマのインパクト弱いかな。
でもまずまずのお味でした。んまかったよ。

・・・そんなゆったりのんびりアルコールつきの日帰りツアーでした。
いかったいかった♪

1つの失敗は、デジカメ用充電電池単三1本をどこかに落としてしまったこと。
古いほうだった分まだいいけど・・・あちゃー(><)

となみのチューリップフェアへ

世の中は黄金週間。
少しくらいはそれっぽいこともしてみたい~と
チケットいただいていたとなみチューリップフェアに行ってきた。

チケットは先日雁木通りプラザに行った時、地元コミュニティFM『FM-J』さんからいただいてきたのだ。
行けるかどうかは別として、「ご自由に」ということだったのでいただいておこうと(笑)。

で、富山県朝日町まではR8を、そこからは高速使って砺波市へ。
黒姫山
 3月とは色が違うでしょ♪の黒姫山

さあ着きましたフェア会場。入場したその先にはたくさんのチューリップのお出迎え。
ニイガタにはこんなイベントないのでただただ圧倒。

いらっしゃいませ♪

シンポルタワー
 シンポルのチューリップタワーには人がいっぱい。

到着がお昼だったのでまず高速SAで仕入れた「ますのすし」で腹ごしらえ。
さて、会場を回りましょうと。

フラワーヒル
フラワーヒル2
春の色、春の香りにつつまれているとやはり嬉しい。
ビビッドカラーのチューリップはそんな魅力いっぱいだもんな。
(早咲きの株はさすがに花傷みしてたけど)

5連水車
 5連水車
オランダ風車
 オランダ風車・・・と、どこを歩いてもチューリップがいっぱい。

「SOUND MACHINE」のおじさん
 大道芸…おっと、ストリートパフォーマンスなんかもあったりして。
 このおぢさん、一人で5人分の演奏&ボーカルのすごい芸見せてくれました。

白エビから揚げ
 これは軽食コーナーの「しろえび唐揚」。
 地ビールもビールも売っていた~最初に飲めばよかった~~←いけません

美術館の展望台から見下ろす
 美術館の展望台から会場を見下ろす。花と新緑がまたいいんだ♪
 反対側の展望台は立山連峰が見えるはずだけど、今日はかすんじゃって全然ダメ。

チューリくん(だったっけ?)
 フェアのマスコットキャラクター「チューリくん」。
 子供に囲まれたあとのちょっと一休み。このあとまたあちこちで記念撮影に応じてました。
(背後から叩かれたりもしてたぞ(^-^;)

最後にチューリップシンポルタワーに登りました。
55th
 このチューリップフェアは、昭和27年から始まったそうで今回が55回目だそう。
これじゃあニイガタはいくら球根生産量1位とは言ってもかなわんわな。
こんなフェアは開けないもん。
3月下旬に花と緑のフラワーフェアがあるとしても。

フェアも最終日前ということで、球根&花も大分値下げされているブースもあり
ここで花傷みあるけど黒系と八重、ビリデ系のチューリップをゲットする。
咲いてる花はもう終わりだけど、来年用に球根育てられたらいいな。

来年のチューリップは八重でも咲かせてみようかなと思ってしまいました。
いろいろなチューリップが見られてよかったです。

ああ、なんかやっと「休みらしきこと(笑)」できました。

チューリップの花いろいろはこちら→