チューリップとライヴと

4/29 となみチューリップフェア + ライヴ

連休前半に浜省の(FC限定)ライヴがある。
行きたいとは思いつつも、富山だし連休だしこの時期忙しいからなーと申し込みをしなかったのだが、二次募集の案内が来て、ダメモトで相方に言ってみたところ「いいよ」とあっけなくOK。
加えて、どうせならとなみのチューリップもという話になる。
ミスチューリップがPRにFM-Jにチケットを持って来てくれたので、リスナープレゼントでずうずうしくもチケ2枚いただき、準備OK。

ETC土日割引に備えETCもつけたし、初利用ってことで、朝から行ってきまーす。
道中朝食とって一路砺波まで。

で、つきました。となみチューリップフェア。(P代有料)
9時前なのにもうすごい人。ETC効果と連休をナメちゃいかんよ。
チューリップタワーは満員御礼で長い列できてたので今回は行かずに下から眺めるだけ。

チューリップタワー
それにしてもいつ見てもキレイですなー。
この時期に咲かせるために地上部にシート張ったりいろいろとご苦労されてるんだそうだ。

早速軽食とって場内あちこち見学。このイベントも3回目なのでだいたい場所もイメージできてるし。
色とりどりのチューリップ。そしてお天気。みんな楽しそうでいいなぁ。
水上庭園

おっと、今年のコンセプトは「万華鏡」なんだそうで、会場にも万華鏡レンズが置かれてる。
覗いてみれば不思議な世界。
万華鏡レンズ

こんな風に

チューリップ四季彩館も混雑中。今年の室内展示は「黒いチューリップ」。
暗色チューリップいろいろ。ダブルもあるんだねー。あと皇室献上チューや切花コンテストなど。
あったかいから花全開でなかなかすごい姿(^^;

どう見える?
四季彩館にて。チューリくんどう見えてる?
こう見える!
こんな感じに見えてるよ!


中央広場でも軽食。白エビ唐揚げは欠かせませんと。
園芸店ブースもあるのだが、今年のチューリップ販売は控えめ。やっぱり時期的なものかな。

花絵
花絵もやっばり流行を反映してる

会場内の砺波市美術館にも入館。ちょうどFMとなみの特番公開収録をやっていた。
公録中

ゲストは林道美有紀さん。
公録終了後ミニライヴ。小さい頃から民謡歌ってたそうで、声の伸びもすごいんだ~
林道さん

たーっぶりチューリップを堪能して(自分の今年のお気に入りは“恋茜”)会場を出る。
展示チューリップの一部はこちら→

でもって、道の駅ツアー。今日は砺波~荘川~井波の3つ。
荘川への道が分からなくなり相方思いっきり思考の視野狭まる。
道の駅は見つかったのだがその時の自分の言い方が気に障ったようで一気に車内険悪に。
(自分もこういう時は黙ってりゃいいのにねー。ヘタに刺激するもんだから(-_-;))
井波に着いたら相方のサイフがない。砺波からはあったの見てるし相方車降りたのは荘川のみ。
荘川に戻らせて自分は井波で待つ。あーあ、なんてこったい。
どうも車から降りるときサイフをポケットに入れたらしいのだが、その時に落としたらしい。
ありがたいことにサイフは無事だったのだが(気づいたのも早かったし)、なんだかねー。

まあそんなこんなで、車内の空気は重いまま富山市へ。駅前で下ろしてもらう。
相方はまた道の駅とか行ってくるそうで。

置き薬~!
ライトレール「富山北駅」にこんなステキなものが・・・!

ライトレール
富山駅の待合室で軽く腹ごしらえ。富山ライトレールも見ちゃった。
こういうのが上越にもあればねー。いや、バスの便数増やすってのでもいいんだけど。
バスがない→自家用車利用→余計便数減少のぐるぐるマイナススパイラルだもんなー。

会場
会場へ。席は行ってから分かるというシステム。前がいいなーと思ってたけど、結果は結構後ろの方。
でもホールなので、遠いけども豆粒とかモニターやオペラグラス要というのではなかったけど。
FFF
ああああああああああ!省吾やっぱりいい!(この辺あまりにもお見苦しいので自主規制/笑い)

で、ライヴ終わって、予定時間よりも早く終わっちゃったなー・・・と思いつつひとまず連絡して時間調整でうろうろ。
そしたらば会場脇でなんだか人だかり。どうやらそこからライヴメンバー出てくるらしい。
ってことは省吾も?!自分もその中に加わって出てくるのを待つ。(すみませんミーハーで)
しばらく待っていたがミュージシャンたちは出てくるものの省吾は来ない。
相方から連絡来てもうすぐ駅とのこと。車来ちゃうよ、省吾出てきてくれー!!(願)
・・・と願いも届かず出てこないので諦めて駅に向かう。その背中に歓声が。
そしてお迎えの車到着と。ああ人生ってそんなもんさ(泣)
でもちょうど信号待ちになり、省吾が乗ってるらしい大型タクシーの通過に小さくバイバイ。

軽くなんか食べてこうということになったが、時間も時間で店がない。
こういう時はどこでもいいと思うのだが、何かこだわりがあるのか食べたい店が見つからず、相方のイライラゲージが高まっていくのが分かる。
こうなるとまた思考視野狭くなるんだよなー・・・と思ってたところにラーメン屋がありそこに決定。
なんかあんまお腹も空いてないんだけど、いらないなんていうのもまたヤバイし、でチャーハンを。
ボリュームいっぱいで結局食べきれず(^^;

微妙に重い空気の中、一路上越に向かったのでした。
そしてその空気に耐え切れず、睡魔に負ける自分。(ダメダメじゃん)
でも、翌日まで尾を引かないでよかったです(^^;ゞ