国上山へ

3/6 国上山へ(3/5・6新潟市)

そして翌日である。

行くところに行ってあとは帰ればいいだけなのだが、お昼はあの200円カレーが近くにあるらしい(ガラケーで調べるのはほんにやりにくくなった)というのが分かったのでそこに行ってみることにする。
ここだ!
原価率研究所はカレーライスが200円のお店。鍋持って行けばルーだけってのもあり。
藤見のあそこにあるとはな♪
ザ・200円
200円でこのカレーライス。(あくまでカレーライスのみでお冷はありません。自販機あり)
ごはんはかなりのボリュームだったので相方から手伝ってもらいましたぞ。
お肉も入ってるし、なかなか。自分たち食べてたらあっという間にレジ待ちの行列。タイミングよかったね。

では移動。
えー
ええー!栗ノ木側沿いのあの自転車道なくなっちゃうんだ…
ここにチャリの練習しに来て下り坂で調子こいたのはいいけどすっ転んで怪我したりいろいろ思い出あるとこなのに。
(現在栗ノ木バイパス高架化による新栗の木川付け替え工事中)
また風景が変わってしまうのか。

さて今回は、雪消えも早いんでもしかしたら花も見られるかなと、冬の間なまった身体にちょっと喝入れを兼ねて(天気によるが)軽い登山することにしていたのだ。
弥彦でもなく角田でもなく、午後から行ってでも大丈夫な国上山に行ってこようかと。
弥彦の大鳥居
弥彦の大鳥居。見える山は弥彦山。
でも今日はパンダ焼きもカレー豆も酒も通過して。
国上山
ここに行くのだ。

国上寺
越後の最古刹・国上寺。建立されたのは和銅2年。
和銅2年って飛鳥時代だぞ。平城京だぞ。古事記より古くに建てられたんだぞ。
もともとは「雲上」で、万葉集には「久賀躬」、その後「国上」になったそうだけどな。

義経がここに隠れてたり謙信も手厚く保護したりしたんだけれど、焼き討ちにもあったりで現在の本堂は4度目の再建の時のものなんだってさ。

持ってきた長靴に履き替え(越後の山はこの時期長靴に勝るものはありません)
登山口
さあ出発。てくてく。
オウレンみっけ
オウレンの花があちこちに。うぬー、小雪とはいえさすがにやっぱまだ早かったかぁ?
てくてく整備された登山道をてくてくと。
こんにちは
途中こんなかわいい仏さんたちが並ぶ
ヒオドシチョウ
ひらひらと蝶が飛んでたので止まってくれないかなーと目で追ってたら、情けをかけてもらえたようで止まってくれた。
どうやら「ヒオドシチョウ」というらしい・・・

五合目。
五合目
向こうに見えるのは弥彦山。
昔みんなで角田まで縦走したんだよね~今やれるかと聞かれると(^^;)だけど。

登るにしたがって残雪のぬかるみも出てきて、やっぱり長靴最強♪
そして、
山頂
着きました。ここは三等三角点。
年代物
日本海の風雪に耐え、一部割れたりの風化のため補修補強されてる山頂の五輪塔(になるのかな?)
下山開始ー
大河津分水
信濃川そして大河津分水。
これができたから越後平野は水害からだいぶ守られるようになったんだよね。ありがたや。

咲きそう
咲きかけのカンアオイの花。

下山しました。お参りを兼ね国上寺付近うろうろ。
レトロ
レトロなベンチ…
樹齢千年
写真だと太さわからないけど、樹齢千年以上の大イチョウの木ですぞ。

ビジターセンターにも寄り道。ここの職員さんと山野草話で盛り上がってしまった☆
胸に分水キャラのきららんがきらり。そういうとこから地元愛。
ゼンマイわた鞠
ゼンマイの綿で作られた鞠。意外と弾力あって跳ねます。
酒呑童子と外道丸
ここは酒呑童子の伝説があるのだ。酒呑童子と幼名の外道丸が並ぶ。
この伝説は全国各地にあるが越後verは、
国上寺の稚児だった幼名・外道丸は絶世の美男子であった。まだ12,13の少年ながらも彼に思いを寄せる女性が数多かったが外道丸は全く相手にせず修行に励んだ。
しかし、彼に恋する女性が思いを遂げられず非業の死を遂げ、外道丸はこれまで届いた多くの女性からの恋文[のつづらを開いた/燃やした]ところ、恋心から変わった怨念の煙にまかれた外道丸は鬼の姿になってしまう。
そしてその後大江山に住み着き鬼の頭領となり悪事を尽くすのであった…

女性の恋心が高じた怨念から取り殺されるという話は当時からあるけれど、色恋よりも修行を取ったのに鬼になってしまうとはなんとも仏さんも無慈悲なことをなさるもんだ…
それにしても外道丸ってなんかひどい幼名だ…
幼名が既に彼の未来を「外道」と予言していたのか?

酒呑童子もそうなんだけど、国分寺・五合庵といえば有名な方がいますねー。
代表作
はい、これ書いた人でございます。
良寛さんたち
そう、良寛さんですねー。心は彼のようでありたいねー…
吊り橋
千眼堂の吊り橋(今回は渡りませんでした)

などなど国上寺近辺を散策し、あとは上越に向かいます。
米山
柏崎からの米山。ハレーション気味だけど上越側より白いような。
マリンホテルハマナス
途中柿崎のマリンホテルハマナスに寄り道。入浴券が今月末なこともあって温泉つからせていただきます。
はーさっぱり☆

その後、新しいキンクマとの出会いはないかとHCムサシのペットコーナーへ行ってみたが、残念ながら改装工事中(営業はしている)。
新しいご縁はもうちょっと先かな。

…という二日間でした。ちゃんちゃん。

妙高山登山

10/10 妙高山登山

このところ、散策はしても「登山」をしていない。
これじゃアカン!ということで、10月10日の晴れの特異日、久しぶりに妙高山へ。
今日の妙高連山
今日の妙高と火打
今日の妙高
今日の妙高その1
今日の妙高2
今日の妙高その2

燕温泉駐車場着。
10月の三連休初日。まずまずの天気でもう既に駐車場には車がいっぱい。
よさそげなところに駐車し支度をして出発。

燕温泉旅館街を抜け薬師さまに手を合わせ安全登山を願う。
そして惣滝展望台から惣滝。
惣滝
惣滝展望台。ここには大山祇神社の祠があるのだ。

道脇のウメバチソウやダイモンジソウなどを眺めながら登山道へ。
ダイモンジソウ
ダイモンジソウ花盛り。
源泉
ここが赤倉温泉の源泉(冷鉱泉)。
ごくごく飲んで妙高の温泉パワーゲットだぜ!
紅葉と山頂
まだまだ遠いなぁ…

硫黄の匂いがする小沢を越えたら胸突き八丁。ここからのの登りは名前通りにきつい。
6合目
そこを越えたら6合目。一息ついてがんばるぞっと。
6合目の木々は既に落葉してる~

光善寺池から風穴(イマイチ風を感じられず)過ぎれば鎖場だ。
鎖場
鎖場。上りも下りも譲り合いでゆっくりと。
鎖場を越えれば山頂まではもうひとがんばりなのだが、ペースダウン。
少し歩を進めては休み、下りの人がくれば譲りついでに休み…そういうの重ねてくごとにどんどんペースが落ちていく。
毎度のことだが頂上までの最後のひと登りに弱い自分。

なんとか着いたーー。
妙高三山
妙高山頂から火打・焼山
山頂
山頂に祀られている将軍地蔵。
しかし傍らの碑文によるとこれは昭和17年に大東亜戦争で国民が一致団結し戦勝祈願するとともに天下太平世界平和五穀豊穣の神を祈るために置かれたようだ。そうだったのか…
山頂は風が強い。岩陰で風を避けてお店開いて昼食。
山頂2
もう片方の山頂にも来たぞ。こっちもこっちでにぎわっている。
下界
上から見下ろす。ここはもう落葉。下は紅葉でさらにその下はまだ緑だ。
さて下山開始。
今日は周回しないで来た道を戻る。

紅葉
てくてく下山。紅葉のエリアまで下りてきたぞ。
紅葉2
もう一枚。

燕温泉に到着。せっかくだし温泉でさっぱりしていこうということに。
いいお湯でした
燕温泉ホテル花月さん。やーすっきりしたー。あったまったー。
お世話になりました♪

玄関ロビーにこんなものが。なんじゃこれ?
なんじゃ?
追記:)これは「キワノ」(ツノニガウリ)というらしい。

さあ下界へ。ん?サイドミラーから見える夕焼け空がなんかすごいことになっている。
すごい夕焼け
なかなか車停めるのにいい場所がなくて一番いいトコ逃したっぽいが、すごかった。。。

ジンギス定食 みそらうめん
夕食はニューミサでみそラーメンとジンギスカン定食。満腹満腹ごちそうさんでした。

久しぶりの登山で明日は絶対筋肉痛来るだろうが、それでも久しぶりに妙高登れてよかったよかった。
<タイム>
・登り3時間半
・下り3時間10分


粟ヶ岳へ

10/19 粟ヶ岳登山

この土日は山の会の秋例会。
無線からはじまってつないでいただいた縁だが、新潟を離れてからはこの集まりくらいしか顔を合わせることがなくなってしまった。
どこか一山登ってから集合場所に行こうかという話はしていたのだが、行ける人たちで粟ヶ岳(1293m)に登るという話があったのでそれに同行することにさせてもらう。下田からのコースは行ったことないし。
とはいえ、新潟からと上越からでは移動的にちょっとかかるのだが(^^;

というわけで、いつもよりも早起きして(眠い目をこすりながら?)集合場所へGo!
・・・なのだが、山道具忘れ物したりで時間をロスしてしまう。高速乗る前でよかったけどね。

八木鼻
下田の八木鼻。切り立った岩場です。

無事下田の集合場所に到着し皆と合流。お久しぶりです。
先導車に従って登山口まで。

支度し、はい、登山開始。6人パーティーれっつごー!

自然の力
水害の爪痕。自然というものの力。

ダイモンジソウ
ダイモンジソウ花ざかり

小沢を越えると苔むした数段の階段が。ここには昔粟薬師まで行けない人のためにお堂でもあったのだろうか。
写真撮りそびれたけど。

猿飛の滝
猿飛の滝

大ぶな
大ぶなの木(推定樹齢400年)
おお、関が原の頃生まれたのか君は!

薬師奥の院
えっちらおっちらと登って薬師堂奥の院到着。
粟薬師といえばここらの深い信仰対象だったんだろうな。

えっちらおっちらえっちらおっちらえっちらおっちらと再び登る。
もうひとがんばり
も、もうすぐ。がんばれ。

山頂標
頂上、とうちゃーーく!

飯豊
ああ懐かしの飯豊連峰

守門と越後三山
守門(手前)と越後三山
写真撮ったり・・・なんだが、カメラでは上手く写ってくれない。
妙高や鳥海山も見えたんだけどなー・・・

お店の一部♪
お店
みなさんちゃんと作ってきてさすがです。

お店広げてわいわいやっていたのだが、だんだん寒さの方が強くなってきたので早々に切り上げ下山開始。
・・・なのだがちょっとトラブル発生。寒かったからとはいえ団体の中でタンドクコウドウはイケマセン。
無事に連絡が取れたからよかったものの、山の事故の可能性(経験があるので)も皆頭をよぎったのだからまったくもー。

えっちらおっちらえっちらおっちらと無事登山口に到着。
皆で宿となる施設・よってげ亭に向かう。
当時の思い出
当時の在校生の作品だろう。ここは以前小学校だったのだ。

中越地震が起きたあの日もここに来てたんだよなー・・・
あのときは本当に「死」も覚悟したんだ。まだ生きてる、けど。

あれからこの集まりには写真でしか参加できない人も増えた。
今年の5月にまた1人旅立たれてしまった。まだまだ山と集いを楽しんでほしかった。
遺された自分たち、先に旅立った人の分もやはり「生きる」ことを大切にしないとね。

縁を大事に、今日のこの日に、ありがとう。

と思いながらも、人生と山の先輩たちより早々に酔いつぶれ寝落ちたのでありました。ダメじゃん(笑)

信越トレイルを歩く

10/9 信越トレイル

本日は登山ナリ。久しぶりの信越トレイルだ。
今日のコースは涌井~桂池。

さぁスタート
では、行ってきます。

ここのところやたらとクマの出没情報が多いので、ちょっとビビりながら進む。
いやー、ここキノコがやたら多いんで、写真撮ってたらガサッとか物音がするからさー、もしかして?と思っちゃうんだよね。
ナゾキノコ スギヒラタケ?
巨大ナメコっぽいが違うんだよね。スギヒラタケ、本当のところはどうなんだろう。

富倉峠。積まれた石垣が歴史を物語る。(この道も現在は機能していません)
富倉峠
ここを通って信州と越後のしょは交流したんだよね。
瞽女さもこの道を通っていたそうだし。

大将陣跡。
大将陣
今はもう林だけど、川中島の合戦の時、上杉軍はここで兵たちを休ませたそうで。
上杉軍が使った道と瞽女さが使った道は違うそうだけど、やっぱ昔からここは信・越のルートポイントだったんだね。

馬頭観音
江戸時代に建てられた馬頭観世音碑。道中命を落とす馬もいたんだね。

謙信道
こちらは上杉軍が通ったという上杉道。行けそうなんだが廃道になっているらしい。

黒岩山着。
黒岩山から
東屋で小休止。だけどここ三角点もないし、山頂がよくわからん。

またてくてく。道もしっかりしてるし険しい登りもなく歩きいいね。
桂池着。ここでお店広げてお昼ごはん。
桂池

下りはちょっとルートを変えてみる。標識がないので大丈夫かなーとの思いもよぎったが、黒岩山に着いていた。あはは…
あとは来た道をひたすら戻って登山口まで。
登り:3時間50分
下り:3時間30分・・・往路の黒岩山からの上り下りがなかった分時間短縮になった

登山のあとはフロでさっぱり・・・と、何年ぶりかに新井のクリーンセンターのフロに向かったのだが、残念ながら休館日。
なので先日行ったものの暗くて見つけられなかった友楽里(ゆらり)館へ。
せっかくだから食事付きのセット券で。

お風呂
はー、さっぱり。

牛丼 カツ丼
夕飯も済ませて(湯上りの一杯できれば更にヨシなんだけど)お腹も満足して帰宅。
お疲れさんでした。

妙高山へ

9/26 妙高山へ

さて、久しぶりの妙高登山です。
本館サイトの登山記録によると前回は2002年。
え?もう10年も前ですか?
あの時僕は若かった~♪(笑)

今日の妙高
今日の妙高
雲の中。この先大丈夫か?(^_^;)

登山口は燕温泉。
登山口
では、行ってきます。

露天風呂「黄金の湯」
黄金の湯
誰もいないのをいいことに(^^ゞ

落差80mの惣滝
惣滝
妙高の噴火でできたそう。

さあ登る登る。
胸突き八丁。
見えてきたぞ
山頂はまだまだ先。

天狗堂を過ぎ、風穴を過ぎれば、出ました鎖場。
鎖場
ここまで来れば頂上は近いぞ。がんばれー。
ここらでやっと紅葉っぽくなったね。

山頂とうちゃーく!
山頂1
妙高大神(最高点)

昼近くなって雲が湧きだした。
遠くの山が見えにくくなってきたぞ。
富士山が
富士山は雲に邪魔されて

槍ヶ岳
北アルプス槍ヶ岳も見えたぞ

ここでお店広げてお昼です。
う・ま・い!

ごちそうさまと一休みしてからもう片方の山頂へ
山頂
山頂の三角点はこちらにあるのだよ。

下山開始。今回も周遊で長助・麻平コース。
前回は不覚にも途中で寝ちゃったんだよな。今回はちょっと控えたからそれはないぞ。
それにしてもこのコース長い長い長い長い長い。

リンドウ
日あたりよくてリンドウが開いてた♪

燕温泉4.2kmとか温泉までの距離表示がなかなか減らない・・・遠いぜ。
やっとやっと到着。長かった~~

相方が関温泉に入ったことがないというので温泉街の登美屋さんでさっぱり。
ここは以前雪割草の会で利用させていただいたのだが、ここのワンちゃんもう☆になっちゃったそうで(TT)

中郷のミサで夕食。
ジンギスカン定食 ミサのみそ

お、さとまるだ♪
さとまる

疲労がだいぶ足に来たが無事帰宅。ようございました。おつかれさま。
後日談:数日足が筋肉痛状態でした(^_^;)