春日山城跡災害復旧現場の見学会へ

7/29 春日山城跡災害復旧現場の見学会へ

去年(2016年)の7月26日、上越市は大雨(高田の24時間降水量が242.5mmという観測史上最大を更新)に見舞われた。
直江津の花火が中止になっただけでなく、春日山城跡でも土砂崩落があり市道を越えたしたの沢まで土石流が流出したんである。
春日山城跡は国の管理なので文化庁やら専門家の調査が入り、その指導の下この6月から災害復旧工事がはじまったんであるが、その現場説明会が市の教育委員会文化行政課主体で開催されるというので参加してみることに。

13時、謙信公前銅像集合だったのだが、春日山神社の方から行ったらばマイクロバスから市の方と参加者が降りてきたので、あれ?埋文の謙信公像前集合だった?と焦る。
市の方に聞いてみたらばこれではなくそれはあっちでやってますと教えられ慌てて教わった方へ向かう。

既に説明始まっていたが担当の方に受付して何気に説明に加わるw
資料
本日の資料
説明
復旧工事が始まってブルーシートが取れた現在の春日山城跡

ここから神社を横切り千貫門コースで直江屋敷まで向かう。
上杉さんたちは演武の前のおもてなしと演武準備中。
おやかたさま、行ってきまーす。
千貫門
千貫門・空堀でちょっと休憩。
自分、これだけ登ってるくせに当時千貫門がここだったこと初めて知ったよ…
登山道遊歩道にあったんだと思ってた…orz
今でも旧道として途中までは行けるんだそうです。
ぬー・・・
遊歩道分岐。ここをのぼれば直江屋敷。

アップ
到着~
あの奥まで
かつては、奥の山まで「春日山城」として存在していたそうな。でっけかったんだねー…
説明1
市の方の状況説明。

今回土砂崩れしたのは但馬谷という箇所。
当時屋敷等の建築や攻防の土塁等作るとき山(の斜面)を切ってそのベトを盛り土などに再利用するのだが、長年の間に削れたりもろくなったりしている箇所もあり、今回の大雨で新しい(とは言っても数百年は経ってるが)ベトと古いベトの間に水が入り込み新しい部分が流れ出てしまったということらしい。
イメージ的には表層雪崩みたいなものかと。

だから、山を切って作ったニュータウンや道も、モトの山のほうはいいけど、切った盛り土で作られた方はもろいから注意ってのと同じってことだな。
今はやたら局地的に50年に1度的な豪雨が来るようになっちゃったしねー…
説明2
工事状況の説明も。
工事の仕上げには植物のタネを混ぜたベトを吹き付けたりして景観的にも復旧させるそうだが、この植物のタネってのをどうするのか気になっていたんだが、先日春日小学校の生徒さんたちが春日山で植物のタネを採取したそうだ。ほっ。
できたら多様性から言っても秋にもタネ採取してほしいもんだが…

で、説明はここでおしまい。希望者は本丸まで行って来てもいいというので担当の方に申し出て行くことにする。
だってしばらく行ってないしさー

あ、あと最後の質疑応答時に、やっぱり来ました「土砂崩れは杉の木切ったからでは?」っての。
杉の根は浅いので山の保全には向かないってのは(だから保水目的の植林はスギだけではなくブナやナラなどの方がいい)前から聞いてたのでこの意見が出るたびに違うろうと思っていたのだが…。
やはり、切らなかったならもっと被害が広がっていただろう、切ったから無事だったということだった。
(被害があったのは新しく切った箇所で、山城遺稿部は無事)

あと、今回崩れた箇所に通っている新しく作った遊歩道は閉鎖するらしい。
できてみないとわからないけどね。

では、本丸行ってきまーす。
上から
上から工事現場
本丸
本丸着きました。今日の展望はイマイチ。
本丸ー
本丸~

天守台の展望も雲で見えないし、大井戸見て下山開始。
ああ、おやかたさまたちの演武の音楽が聞こえる…
アザミ
アザミのつぼみ
毘沙門堂
毘沙門堂
鉄筋ネット
斜面に吹き付けるベトが定着しやすくなるように張った金網

春日山神社着
おやかたさまたち
夏装束演武まだ見てないんだよな…
明日は来たいな…

市の方も戻るところだったので今日のお礼を。
どうもお世話様でした。ありがとうございましたー。
銅像
久しぶりの謙信公像。ヤマユリはもう終わっちゃった。
今年は結局ヤマユリに会えなかったなぁ…
オトコエシ
多分オトコエシ

雪が降る前にシン・カスガヤマとなるそうだが楽しみである。
でも復旧工事、どうぞご安全に!!


直江津の花火へ

7/26 直江津の花火(直江津祇園祭)へ

7月26日。
直江津と柏崎の祇園祭である。
片やまつりのはじまり、片やまつりの終わりというタイムラグがあるものの、幸か不幸かどちらもこの日に花火が上がるのである。
地元的には直江津なんだろうが、柏崎はなんたって「川の長岡、山の片貝、海の柏崎」といわれるほどの花火…。
やっぱりどっち取るかといえば柏崎だよなーとほぼ毎年行っているのだが、今年はちょっと例年のような行程が組めないので、久しぶりに直江津の花火を見に行くことになった。

直江津まではトキ鉄でGo!
…なんだけど、花火&まつりで混むであろう時間の電車は二両編成というちょっと待て状態。
おかげで車内は超満員。
去年・おととしの経験あるだろうに、もうちょっと考えておくれよー。
春日山駅では乗るのあきらめて次にした学生さんもいたぞ?
(それはJRにもいえるけどね…過去に柏崎から直江津の地獄の二両……)

直江津着。
駅前通りをてくてくと。
屋台!
屋台イターーー!
こっちも
祭り気分が上がってくるなー。
今年は高田祇園は雨で行かなかったのもあってなおさら。

夕暮れ
夕暮れの空が綺麗。
電車から見た夕焼けもきれいだったんだよね。満員でカメラどころじゃなかったけどさ☆

まつりー

まつりまつり
屋台もスタンバってるぞ。

混み混みの露店ロード(朝市の通り)を通って、途中ポッポ焼きを買って、ライオン像の家へ。
ここは今日ライオンビアホールと姿を変えているのだ。
ビアホール
最初施設内に入ったらなんもなくてビックリしたんだけど、すみません、外でやってたんね☆
あげあげ
ライオンセット(する天と直江津からあげとちくわの磯部揚げ)とビールー♪
どっちもうまいねー♪
写真展
中では祇園祭の写真展もやってるよ~

お、花火が始まった。
ココからでは見えないとスタッフの方言われてたけど…
窓から花火
ライオン像の家の窓からも花火が見えるぞ♪

つらつら花火見ながら散策。
神輿を待つ
お神輿、今日はこちらのお旅所にお入りになるのだ。
花火ー

なかなか
打ち上げ場所近いから花火もでかいしなかなかいいじゃん♪
ナイアガラ
ナイアガラもあるでよ~
荒川橋
荒川橋。屋台の灯り。
おまつりラジオ
橋のたもとではFM-Jのおまつりラジオ生放送中。
今年は櫓建てないんだそうで。
わっしょい
荒川橋の上には屋台が並ぶ。わっしょいわっしょい~
よいやさ
花火と屋台

今年は、大雨で関川が増水して危険なので稲田から直江津までの神輿下りは中止になり、神輿は陸路で運ばれたのだ…
なので川っ端での神輿イベントは別の場所で行われたのだ。

そんなこともあって、荒川橋を神輿が渡るのだ。
レアだぞ

きたきた
ある意味レア。だってなかなか見られないもんね。
おみこしー
八坂さんのおみこしが行く
わっしょいわっしょい
神輿は行きつ戻りつでさらに周りがヒートアップ!
もりあがる
太鼓が!笛が!お囃子が!
帰ってきた八坂さんに直江津のしょらがおかえりと盛り上がる。
熱い
これぞ直江津祇園。
直江津のお祭り野郎たち(ほめてます)の熱い夏、直江津祇園が始まるぞ。

そんな盛り上がりを背に直江津駅へ。
直江津~
直江津っこの心意気!

行きで二両だった電車、帰りは六両編成。
あーよかった。ほっ♪

さあ今日から四日間、直江津っこが燃えるぞ~!

はすまつりと平和展とちょっと本町

7/21 ちょっと本町とはすまつりと平和展

本町に用事があったこともあり、じゃあカメラ練習ではすまつりと…そうだ平和展もやっていたな。折鶴折ってこなきゃ…と高田へ。

もうすぐだね
お馬出し通りの角、大杉屋さんと本町ふれあい館の上には高田祇園祭の横断幕。
そだねー…上越まつり始まるねぇ。
旧第四銀行
旧第四銀行高田支店ではなつかしの写真展。
「‘ひよっこ’の時代…」なんて書くとこが朝ドラナイズされてるというか押さえてるなというか(笑)
なつかし写真
春夏秋冬、四季の人々の暮らしの写真たち。
こういう撮られる側も意識していない写真が当時の日々を切り取ってくれるんだよね。
高田郵便局にて
高田郵便局では上越写真愛好会さんの写真展。
写真のグループってどれだけあるのかなー。

ほんでもって高田公園。
ここでのデジイチ練習は観桜会以来ですな。今日は望遠レンズでトライ。
とはいえコンデジズームの方が強かったりもすんだけど・・・(^_^;)
はす
そうそう、今日から「はすまつり」スタートですよ~
赤い橋と
赤い橋バックに。まだ開花はちらほら。
はす
はす
はす
はす、
はす
はす。
風になびくんでなかなか撮るのが難しい。
暑いからだらーんと開いちゃうし。
つぼみが開きだして開花2日目くらいが横からの花形としてはいいもんかねー?

次の練習はシャツター速度。
噴水
1/1000
噴水
1/10
シャッター速度を遅くして撮ってはみたもののみな真っ白になってしまう。なんでや?←明るすぎということも知らない(;´Д`)

極楽橋を渡って
行田蓮
こちらが今年行田市からいただいた「行田古代蓮」
甲斐姫
こちらは甲斐姫。一番花はもう終わっちゃってる…
つぼみに期待。
行田から
並んだ2種類の行田からの蓮

極楽橋。ふと堀の水面を見たら亀たちが。
かめたち
この暑さに甲羅干しなんかしてられない、水浴びだー!と思ったのかどうかは分からないが、泳ぐ泳ぐ。
ミドリガメと甲羅黄色っぽいのき何ガメだろう。゜
鯉と

鯉と亀
鯉と亀

デジイチは一旦しまって、高田図書館内の小川未明文学館で開催中の「平和展」へ。
平和展
今年の会期は長いのだ。
出征時
入ってすぐ、出征時に華々しく送られた時に使われた楽器たちが。(旧高士村)
最初の頃はそんな風に送り出されたんだろうね。だんだんどんどん出征する人が多くなってからはそんなのもなくなっていったんだろうけど。
諏訪村便り
平和展ではおなじみの「諏訪村便り」。これまでは綴じられたものがケースの中で展示されていただけだったが、マイクロ化のためかばらされてその内容がパネル展示されている。
戦地に旅立った兵隊さんたちに届けられた諏訪村からの「声」、どんなに望郷の念をかきたてられたことだろう。
どんなに帰りたかったことだろう。
当時の屋内
戦争が激しくなっていった頃の人々の暮らし。
名立の機雷
名立の機雷の破片。名立機雷事件の記録誌も展示されていて体験談等当時のことが詳しく記されている。
直江津の捕虜収容所で戦犯として処刑された職員さんたちの遺書も展示されている。
なんというか、切ない。

昔の遊び
おなじみの昔の遊びコーナーだが、今年は輪投げと笹舟だけ。
・・・にしても、輪投げのペットに描かれているヤマトキャラが……
長崎パネル
長崎の原爆のパネル展示。

今年も平和を祈りつつ鶴を折る。
こんな時代だからこそ、改めて。

ああ、夏が来るなぁ。(まだ梅雨明けてないけどw)



上越市議会の意見交換会へ

6/23 上越市議会主催の意見交換会へ

市議に立候補する方というのは、全体的に見るとどうしても男性、それも若者とはもう言い難い年代の方が多い。
議会に限らずとも、その世代だからこその視点もあったりするので行動にしても意見にしてもできるだけ偏らず広いほうがいいのだが。
しかし現実はなかなかそうならない。

と、いうことで、会派を抜きにした市議のグループが、
「なぜ若者・女性は市議会議員を目指さないのか」
「どんな要因をなくしたらあなたは議員に出馬するか」
…という意見交換会を開いた。

自分みたいに話をするのが苦手な人が行っても大丈夫なんだろうかという一抹…いや全抹の気がかりはあったものの、それでも「いつもの意見交換会とは違うやり方」ということや、上記の問いかけに対して他の人はどういう考えなのだろう、という興味も強かったので参加してみることにした。

こんなのが
こんなテーマで。
資料
受付(とはいっても氏素性を告げる必要もなく)でいただいた資料。
ふむふむ。
あ、受付では記帳等はないけれど、どう呼んでいいのかという名札を作る必要があったのだ。

開始時間となりました。
説明

ふむふむ
ホワイトボードミーティングに対するレクチャー。
小グループに分かれ雑談風に自由にそれについて話をしながら要点を書き出していき、問題点を共通認識として可視化するのだそう。
たしかにこれまでの口頭だけのやり取りでは聞き流しぃや意味取り違ぇーのあるもんね。
ふむふむ。
(この時ホワイトボードマーカーではなく油性ペンで書き込んでしまうというアクシデントがあったりしたが(^_^;))
やりますよ
くじ引きでグループ分けして今回は4つに分かれてそれぞれのグループでテーマに沿ってやり取り。
グループに分かれて
市議さんからのレクチャーを受ける。
自分のグループは同年代くらいの同性の方だったこともあって激しい緊張もなくやり取りを進められた。
終わったあと出たことを他グループに説明するのだが、それは市民側で、と振られて頭真っ白になってしまったが。(何を話したかは覚えていない)

第二部は各グループで出されたことをまとめながらの司会(コーディネーター?)それについてのやり取りをボードに書いていく。

「なぜ若者・女性は市議会議員を目指さないのか」
「どんな要因をなくしたらあなたは議員に出馬するか」

・市議の仕事は大変そう
・議員そのもの/上越市のことがわからない
・自分の生活が目いっぱいで(市という)全体的な暮らしへ目がいかない
・出る杭は打たれる的な、女子供に任せてられない・だからやらない/やれない地域性
・お金の問題(選挙でかかる費用/議員になったあと)
・4年ごとだし安定した社会的な身分保障がなさそう
・家族の理解・協力(うちのこと>社会全体、という思いが自分はもちろん家族にもある)
・社会的に無名の一市民が立候補しても人望もないし認識もない
・なったらなったで公私がなくなりそう

などなどいろいろな意見が交わされたのだが、一部は議員という職業に限ったことではないことも事実だし、
要因をとっぱらってクリアされました、これで立候補できますねと言われても首を縦には振らないだろうなとも思うし、
結局「なりたいと思わない」んだろうなと。
なんで?と聞かれりゃ上記の理由付けがぐるぐるするんだろう。
…まあ、自分に限っていえば、自分は人の上に立つような人間じゃないし、人には向き不向きってのがあっってだな…金銭的にもなんにしてもやりたいともやれるとも思っていないんだよな。
一生懸命仕事されてる市議さん存じてるからこそ。(大いなるずくなしめんどくさがりですみません)

でも、市議会議員たちが会派抜きでこういう企画立ち上げ実行に移したことはすごいいいことだと思うし、市議もこんな風にこちらに歩みよっているのだから、なるならないは別として、市政や市議にも目をむけ近づいていこうと思いましたぞ。

そんなこんなで初めてのホワイトボードミーティング、なかなかに興味深かったです。
(ただ、プレス以外はボードミーティングの写真を表に出すのはNGってのがなんか・・・なんかな……なんですが(^_^;))

季節もの

時期ですなぁ
雨の季節に七夕笹飾りと季節を感じさせる市民プラザの展示。
あー、そんな季節だもんなぁ。。。



オープン一周年記念・フルサット市へ

6/18 オープン一周年記念・フルサット市へ

上越妙高駅西口の商業施設「フルサット」がめでたくオープン一周年となる。
それを記念してこの土日はフルサット市というイヘントが開催されているのだ。
ということで、2日目の日曜日に行ってきた。
ポスター
今回のイベントのポスター。
一周年おめでとう。

通常コンテナ店舗に加え、屋外に各種出店ブース。
フルサット市

フルサット市

オープンしたて
こちらは先日オープンしたばかりのお店。から揚げうんまいだろうなぁ…
ウェルモ展
ウェルモ展は25日までですぞー。(自分にも)

そして、
うのんちゃん
鵜の浜温泉のうのんちゃんもフルサットに遊びに来てたぞ~!
うのんちゃん
うのんちゃん、女子力高いなぁ~♡
うのんちゃん
かまぶたくんとの2ショットも。

この日はブース出店だけでなくあの方やこの方たちとお会いすることができた。
で、ある方となかなかこんな機会はないからとご当地ソウルでしばしビールタイム。
ビールうまし
これはカクテルビアのカシスビール。ちょっと甘くてうまかった♪
お付き合いありがとう~

で、気がついたらもう一周年イベントはすっかり終わってみな撤収していたという(^_^;)
一周年おめでとう
一周年おめでとうございます。これからのますますのご発展楽しみしています♪

フルーツほおずき♪
本日のおみやげ。妙高市のフルーツほおずきとほおずきサイダー。
フルーツほおずき、マンゴーみたいな甘い香りでオススメですぞ~
加工品もあるので見つけたらぜひ♪

フルサット一周年おめでとうでした(^^) これからもフルサト発信ー!!