今井染物屋と本町おひなさま

3/5 今井染物屋と城下町高田ひなめぐりへ

武将隊の演武見てからおひなさまを見つつ本町西側を下って今井染物屋へ。
裏口にチャリを置く。
梅の花
ふんわりといい香りがしたので上を見たらば梅の花が咲いていた。春が近づいてるなー(^^)

今日はここで”柳下美恵のピアノdeシネマ”が開催されるのだ。
イベント
今回のイベントは2部構成。
2部は今井染物屋なのだが1部は世界館で生伴奏ともにサイレント喜劇映画「ロイドの福の神」上映会があったんだよね。
こっちも見たかったんだけど時間合わずで。

…なもんで2部オンリー☆
染物屋さんはすでに人がいっぱい。あの方この方存じてる方もちらほらと。
メガネかけてても目が悪い人なんで、もしかしたら気づかずにいたかもしれません。
気づいてないだけで知らんぷりしてた訳ではないのであしからず。ちょっと薄暗いとこだとさらに見えないので声かけてもらわないとわからんのよ…(^^;)

Nさんからコーヒーいただく。んまいです。ありがとうございますーー
このコーヒーは十日町松代の村山珈琲の提供なんだそうだ。ごちそうさまです。

生演奏
これで生演奏をするんだって。どんなんだろう。
フィルム
昔撮った8ミリフィルムのホームムービー。その懐かしい映像が伴奏つきで蘇るなんて。
今から50年、40年、30年前の時代がこのフィルムには残されているんだね。わくわく。
映写機
映写機。これも年代モノなんだろうなー。
町家
町家での上映会を楽しみに待つ人たち

関さん
一般社団法人雁木のまち再生のせきさんの挨拶
佐藤さん
NPO法人 頸城野ドキュメントライブラリーの佐藤さんの挨拶。佐藤さんが今回の映写技師さんなんである。
上野さん
世界館館長 上野さんの挨拶

そして上映会。
当時の映像
仲町から高田公園までをチャリ乗りながら撮影した映像とか
町家で上映
笹ヶ峰キャンプや高田の56?豪雪(これはカラーだった)、米山海岸の海水浴や、金沢社員旅行とか、二子玉川園とか、モノクロ映像で当時がよみがえる。
生演奏がまたいいんだー。後半はバイオリンとのコラボ。いいねーこういうの。

もちろん映しだされるその当時を知るよしもないのだが、そんな時代もあったんだなぁと。
遊園地映像は、ご本人も見たことがなく、撮影された記憶もなかったそうで、当時の自分と再会してどうだったんだろうか。

今だったら肖像権だのなんだので厄介だが、スクリーンに映し出されたその人の氏素性は実際のところ関係ない。
建物、車、風景と同じに「当時」そのものを表してるだけで個人情報だのなんだのまったくどうだっていいことなんだよね。

画像も映像も撮った瞬間からそれは過去になる。
記録になる。
個人の記録だけど、それは時が積み重なっていくにつれ誰もの記録になる。
当時は今ほど誰でも映像が撮れる時代ではなかったから、こうして残せてるのって、そして残っているのってすごい。

でも、前に高田小町でもこういう上映会やったとき見に行ったけど今の記録媒体が、50年も残っているかなぁ。。。
デジタル化とはいうけれど、デジタルの記録の仕方や媒体が将来変わったらどうなるかな。。。
一部の業務用には残ってるかもだけど、一般家庭じゃ再生もできなくなっちゃうかもな。

点灯
灯りが点いて現実に引き戻される。
いやーおもしろかった。市井の人々の飾らない、作ってない日々。

おひなさま
piさんのお母様が作ったという木目込のおひなさま。すごいね。
柿渋塗
先日こちらで柿渋塗りのワークショップ行われたそうだが、その塗装後。色がしぶいー!

などと他にもいろいろ見所もある今井染物屋さんなんである。
せきさん上野さん、佐藤さん、いい企画をありがとうございましたっ!

染物屋さんを出て、本町東側のお店のおひなさま見学
おひなさま1
竹内泰祥堂さんのおひなさま
おひなさま2
中嶋歯科さんのおひなさま(天神様も飾られてたぞ)
おひなさま3
杉田みそ屋さんのおひなさま
でも、よく見るとお内裏さまとおひなさまの位置が違ってたりするね。
関東雛と京雛、各自のルーツの違いなのかな?

少し春めいたので調子に乗って、旧師団長官舎の春はどうだろうと思い立ち帰りに寄ってみたものの、入り口にはすでに鎖がかかっていた。
まあ建物に入りたいわけではなく。裏の散策道行きたいんだもんね、とちょっと戻って裏道に通じる道へ。
稲荷神社があるぞ。
看板
後醍醐天皇の鎌倉幕府倒幕運動のころに創建された稲荷神社で、高田城築城の強制移転にも動ぜず、社殿は変わっても当時から今もずーーっとこの場所を護り人々から信仰されている神社なんだそう。
そんな神社、素通りするわけにはいかないよね。お参りしてこっ。
こまきつねさん こまきつねさん
狛犬ならぬ狛狐さん。
お稲荷様
昭和3年に再建された神社。

社殿で鈴鳴らそうと、持っていたカメラをかばんにしまおうと、電源が入ったままだったのでオフにしようとしたとき、カメラから手が離れた。えっ?と思った瞬間、カメラは重力のまま地面に落ち嫌な音を立てた。落下防止にいつも手首に通しているはずのストラップはこのときに限って通っていなかった。

慌てて拾い上げ、チェック。レンズ割れてない、液晶写る、電源入る、再生OK、動作は…ピントが合わない…ズームは動くが異音がする……ああ、どうしよう。。。。

とりあえず、お参りだけはし(何をお願いしたのかすら覚えていない)、旧師団長官舎の裏庭もばっと見て春モノはまだと確認し、頭の中はどうしようどうしようどうしようどうしよう、こわした?直らない?保証きく?買ったばっかりなのに、ああどうしようどうしようとおろおろしながら帰宅した。

ああ、どうしよう。
とにかく、明日修理出してこよう。それからだ…

楽しい午後だったのに、その楽しさの風船が一気にしぼんでしまった。とほほ。
なんてこったい(泣)