岩の原収穫祭

9/29・30 岩の原葡萄園収穫祭

9月最終週は岩の原葡萄園の収穫祭。
春の「新酒利き酒会」と並ぶイベント。

今年は葡萄の収穫体験(参加無料)に参加してみた。
だってせっかくの「収穫」祭だもんね。

申し込みするとはさみとバットを渡される。
これで採れということですな。
そして収穫体験用?葡萄畑へ。
たわわに実ったマスカット・ベーリーAちゃん♪
実りました♪

脚立を使いパチンパチンと葡萄収穫。よみ過ぎ、粒の未熟なものなどはのけて。
摘み取り中

収穫ももちろん楽しいけど、もう一つの隠れた楽しみ。
それは「つまみ食い」だぁ~~(笑)
ワイン専用は渋いとかすっぱいとかでなかなか食用にはならないようだけれど
このマスカット・ベーリーAは生食OK!ウマウマ♪
(ベーリーAは食用としてスーパーにも売ってます)
採ったぞー
 ↑収穫いたしました

バット(コンテナ)運びは園の方に任せて
あとは仕込み体験他園内イベントをお楽しみくださいと解散。
サンカフェ&わこ→さん
 葡萄収穫中にステージではサンカフェ(Sunday Afternoon Cafe)やわこ→さんのライブが。

ライブを聞きつつ豚汁やらおこわやらペルレやらワインやらを。
(高田駅から無料シャトルバスが出ているので今回は存分飲めるのだ)

仕込み体験
「葡萄仕込みはやるとクセになる感じ」らしいので
列が切れた頃ちょこっと参加。もう既につぶれてるので本来の“にちゃっ”と
いう感覚ではなかったかもしれないがなかなかに不思議。

腹ごなし(酔い覚まし?)に隣接の川上善兵衛資料館へ。
葡萄にかける情熱と研究、そして好々爺な素顔もちらりと。
「善兵衛」って世襲の名前なんだねー。

再びワインとうまいもの、そしてステージの音楽を楽しむ。
14時からは恒例の「蔵・コンサート」へ。
今年は弦楽二重奏。バイオリンの上保朋子さんとチェロの白佐武史さん。
蔵の中で奏でられる音楽、響きもいいしいいよー。
クラシック普段聞かない不勉強者にも充分楽しめました。
蔵コンサート(開演前)
 開演中の写真はない(失敗)ので…

・・・と、いう風に満腹満腹のイベントでした。



30日もイベント出演者が多少変更あるけれど、流れ的にはほとんど同じ。
しかしこの日は残念ながら雨。

しかし、9/30(この日)いっぱいでMSAWから脱退するken-zさん、
MSAWでの最後のライブがあるので一人行ってきた。
雨の中のライブ
こんな風に2人が見られるのも今日で最後だなーと思うと、ちょっと複雑。
残るmasamishiさんにもソロでがんばってほしいぞ。
あっと言う間に時間が過ぎ、ライブは終わってしまい、写真なんぞを撮らせてもらって
2日間のイベントは自分的には終了。

次は来春の利き酒会だ。楽しみにしていよう。
関連記事

長岡~新潟

9/24~25 長岡~新潟

長岡の県立歴史博物館で開催されている風林火山展が24日までだという。
せっかくなので見てこようということになり、加えてお彼岸のお参りもしてこようと帰省してきた。

風林火山展は上杉勢・武田勢とも歴史資料の展示が多く見ごたえがあった。
「信玄の隠し湯」一覧でもあるともっと面白いのに(こいつ絶対勘違いしてる)。
そして常設展。これが結構面白い。
新潟県の歴史、近代の県人著名人にはやりもの、米、雪国の暮らし、縄文時代などなど
さすが歴史博物館と思わせる展示。

江戸前期の地図には相方のお山集落名も載っている。もちろん古代の律令制
オレのホームベースだし。
そのころからずーっと在るんだよな。なんかすげーな。

雪と暮らしは高田の町がモデルとなっている。駄菓子屋や荒物屋、当時を再現しててすげーいい!
写真撮りたかったけどチャンスを逸してしまった。残念。

かつての豪雪もちろん2階の屋根ですこれは
今でこそ暖冬小雪だけど、以前は1階が埋もれるほど雪が降るのは当たり前で
町屋の人たちは雪を捨てる場所がない。なので雪掘り日を作り一斉に町屋の屋根の
雪を道路に下ろして?いました。
人々は雁木の下を歩きます。雁木文化は雪とともに?
 注)この電柱、高過ぎです

常設展、もっとじっくり見ていたかったけれど、おなかも空いてきたのでまたいつか。
ちょっと遅いお昼は気になっていた長岡市内「飛雄馬」へ。
巨人グッズがいっぱい。相方はうれしいね~
みそ!しょうゆ!
背脂系だけどなかなかいける。でもチャーシューは多いと飽きそう。(背脂で重いし)
みそよりしょう油の方がいいかな。

んで新潟へ。墓参りとイセタンの北海道展を見て夜到着。

翌日はいつものように豊栄のわくわく広場、新崎のせんべい王国に行き
友人の所に顔を出し、九州ラーメンきんしゃい亭でラーメン。
スープ、以前のとんこつ真っ白スープじゃなくなったなー。。。
スポーツ店で山道具などを見て(ヘッドライト購入)再度イセタンの北海道展に寄り
「白い恋人」を惜しみつつ展示終了間近の値下げ品をお土産にし帰宅の途についた。

ノン
 ノンももう15才近い。元気で長生きするんだぞ。
関連記事

八方尾根へ

9/20 長野・八方アルペンラインへ

天気予報は晴れ。そして最高気温は33度。
9月も20日なのにこの残暑はなんだべと、ちょっと高いところに逃げることにした。

長野市方面は先日行ったばかりだし、富山もちょっと…魚沼でもなぁ(悩)
・・・じゃあどこに行く?だったのだが、相方が黒四視察したいというので
R8からR148を走る。
名立のコンビニから運転交代。糸魚川から県境の続くトンネルにわたわた&観光バスにトロトロ。
白馬の道の駅に着いたのが既にお昼。白馬三山もすっきり見え気分はぐっど。まずはお昼を食べようということになる。
山野草が売られている。ちょっと心惹かれたものがあったが、まずはお昼食べてからと。
白馬豚丼白馬豚カツカレー
注文待ちの間、いろいろな観光パンフレットをパラパラと見ていた相方
そこにあった黒四の時刻表、そしてポスターを見て、八方尾根に変更しようと言い出す。
やはりこの時間だと扇沢に着いてもキビシイし、こんなに白馬が見えてるし
八方尾根行ったことないし、ここで割引チケット売ってるし、ここからならそんなに遠くない・・・と
いうことで、急遽予定変更。食べてからリフト往復チケット買ってきた道を戻る。
あ、山野草買うの忘れた・・・
待ってろよ白馬!
白馬のジャンプ台も車中から眺め、ゴンドラ駅へ。(駐車料金500円。あれ700円だったか?)

ゴンドラリフト、リフト2基を乗り継ぎ八方池山荘へ。ここからは歩き。
整備された登山道、少しずつ高度を稼ぐ。
自然研究路とは言いつつ2000mだもんね。
肝心の白馬三山には雲が。雲動いてくれ~~

雲が、雲が~~

八方山ケルン
八方山ケルン、第二ケルン(息(やすむ)ケルン)、八方ケルンを経て第三ケルンへ。
ここから八方池に下り、池の周り散策。
八方池&白馬三山

雲が晴れないのが残念だけど、眺めはやっぱりイイ!
花を見るのが栂池なら山を見るのは八方だっ。

しばしパノラマを楽しんでいたが、帰りのリフト時間が・・・ってことで
来た道を戻るが、帰りは黒菱平コースを取る。

八方池山荘の売店でオリジナルタオル購入。リフトに乗って降りる。

草紅葉はじまり?
 草紅葉そろそろ?
長野オリンピック滑降スタートハウス
 長野冬季オリンピック、もう10年近いんだねー…

やっぱり雲
 雲よ・・・(^^;

ゴンドラ駅到着。お土産屋さんももう終わりだっちゅうのに見るだけ見て何も買わずすみません。

夕暮れの白馬三山を背に、一路上越に戻りましたとさ。
それでも新潟行くより近いんだよね~~~
関連記事

上越最終戦

9/17 上越市民球場

9/17はアルビレックスbc vs 石川ミリオンスターズ の試合が
上越球場で行われた。
今シーズンの上越で行われる試合はこれが最終戦。
前回、前々回とも勝利を逃していたが、三度目の正直、今回は勝ってほしい!
地元のコミュFM局も特番組んだり、球団も無料招待出したりとなかなかリキ入っているこの一戦、
果たしてその願いは届くだろうか。
(二度あることは三度ある、とも言うが)

この日はまた残暑が厳しいのなんの。
じりじりと照りつける太陽に日焼けを覚悟。

オープニングセレモニーなどもあったが今回はパスし
(早めの)昼食を食べてから試合に間に合うようにチャリで出かける。
(今回は市報に載っていた無料招待に応募して外野席ゲットしていた)

内野席も今回はさすがに人が入っている。もちろん外野も。
日陰になってるのかなってないのかよく分からないが、席を確保。
間もなく試合が始まった。

内野席

2回に新潟が2得点、しかし3回に石川が4点入れ、いつもの「またか」ムードに包まれかけるが
3回裏に新潟が2得点、同点となり「おお!」となる。
4回に石川が得点、5回にも得点され「やっぱり」となりかかるが、
今日のアルビは一味違う、5回・7回と点を重ね6-6の同点となった。
沸く観客席。
そして同回に点を重ねなんと6-7で逆転。

悲しいかな甲子園でもなんでも負け慣れている新潟人だが、
今回はもしかしたらもしかするかもという期待。観戦応援にも熱がこもる。
(でもあきらめという逃げ道もしっかり持っているのだが)

後藤監督
後藤監督の背中にも力が。

7回を終え8回両者無得点、さあ9回。この攻撃を乗り切れば勝っちゃうぞ。
行っけ~~~~!!
ヒヤッとする場面もあったが、なんとか逃げ切って試合終了

うっそー!勝っちゃったよー!!
勝利慣れしていないのでとまどいつつも歓喜。

ホームゲームの勝利なのでMVP賞などの発表も。
ホームランを打って勝利に貢献した上越出身の木ノ内選手がを各賞受けていた。
故郷に錦飾ったねー。よかったよかった。

おめでとーMVP賞も獲得!

今日の結果
どーだ!勝ったぞー!!うしししし。

試合終わって恒例のファンとのふれあいタイム。
サインや握手に観客群がる。自分もその一人。
試合のあと

メガホンにサインも増えて、勝利の余韻に浸りつついい気分で帰宅した。

----------------------------------------
シーズン終わってみれば新潟アルビレックスbc、リーグ参加初めての結果は
18勝52敗2分という一人負けで終わった。
来年はチームも増えるし、更に健闘してほしいもんだ、うん。
関連記事

名立大鍋まつり

9/16 名立大鍋まつり

9/16、17と名立区「うみてらす名立」で“名立大鍋まつり”が開催される。

目玉は500人分の大鍋、4種類(甘エビつみれ汁、かに汁、つみれ汁、きのこ汁)で2000人分というすごさ。
そしてあわびの踊り焼きやマグロの解体ショーなどなかなかに魅力あるイベントだ。
日曜日は用事があるので16日、土曜日に行ってきた。

開始は10時~。10時半頃うみてらすに到着。
さー食べるぞー!と意気込む(笑)
まずは甘エビつみれ汁。相方にゲットを頼んであわび焼きの予約へ。
たこやいか焼きなどもあるせいかなかなか列が進まない。
やっと番が来て予約。出来上がりは20分後くらい?
焼いてます

その間に甘エビつみれ汁とつみれ汁いただきまーす。
甘エビ汁つみれ汁

そろそろアワビいいかなと見に行く。番号札が近づいてたのでそのまま待つ。
切ってもらっていっただきまーーーーす♪
おお、うまい!(写真を撮る前に食べてしまいました)
養殖アワビだけど、固くもなくちょうどいい歯ごたえ。いやー、うまかった。

マグロ解体は11時半。それまで館内の売店などぷらぷら。
ちょうど柿崎のよさこいソーラングループが踊るのでそれを見る。
ちびっこがかわいい~
よさこいソーランちびっこ組
おねーさんがた
ちびっこのおかーさんがた(らしい)
おねーさんお着替え

しかし、踊ってるの見てふっと浮かんだんだが、なんとなく昔の竹の子族(古すぎだよ)とか
レディース軍団を彷彿とさせないか、よさこいソーランの衣装って。
名前も漢字の当て字だし…。「愛羅舞勇」みたく。

そしてマグロの解体ショー。
宮城県沖で捕れた46.5kgのメバチマグロ。
(目がぱっちりしてるのでメバチらしいが…魚の目ってみんなぱっちりじゃないのか)
マグロよ…
おろされてます
 ↑とまあこんな風に。

頭部、カマ、中落ちは500円からのセリ。とはいえ、ほとんど500円~600円で
即決でしたが☆
試食もあったけれど、自分たちが見ているのとは逆方向。

解体も終わり再び鍋会場へ。
会場の様子
メギスのつみれ揚げと鯛めしかに汁
甘エビつみれ汁もう一杯。やっぱり次第にだしが濃くなってる。
できたてより少し煮詰まったほうが美味しい。
カニ汁に入るカニ、一見豪華そうだけど身入りの悪さはお約束。
でもだしはしっかり出てるぞ。
あと、さざえめしもいただきました。さんまのばってら寿司は売り切れ。

カニ汁鍋
500人鍋はこのように。

きのこ汁は食べなかったが、目玉モノは一通り食べてお腹一杯。
腹ごなしに再び館に入りおみやげコーナーなどぷらぷら。
柏崎復興の願いもこめて「越の誉」、出たばかりの“ひやおろし”と大吟醸生酒(←大吟醸なのになまら安いんです)購入。

午後のよさこいソーランももう一度見る。
最後はプールに飛び込むというエキサイティングぶり。
衣装大丈夫かぁ~~海水プールだぞー( ̄ω ̄;)
揃い踏み
 やっぱり「夜路死区」テイストが微妙に…

と、お腹いっぱい魚堪能のイベントでした。
今年で7回目というし、次回も行くぞー!

海は凪
 恵みの海はとても青く。海さん、おいしいものをいっぱいありがとう!
関連記事

風林火山HUNTERS ~長野編~

9/13 長野へ

実はこの日は自分の誕生日だ。
何度目かは聞かないで(笑)

天気も悪くないし、せっかくだから・・・と長野に遠征。

けど、天気がいいと、カミサマからもプレゼントもらったような気になるね。
できるだけ今日はおだやかにおだやかに(苦笑)
恒例の?「今日の妙高」

で、本題、風林火山HUNTERS長野編。

まずは川中島古戦場へ。
まぁ大河効果で観光客いるいる。すごいねさすが大河特需。
謙信vs信玄像も旗が増えてるよ。
謙信vs信玄像
 さあここで問題です。2月の像との違いはどこでしょう(^^ゞ

お次は山本勘助の墓へ。
山本道鬼とは勘助の法名だそうな。
勘助の墓
多分地区の方であろうボランティアの方から詳しくいろいろ教えていただく。
胴合橋のこととか、本当に骨が埋まっていた墓だとか、阿弥陀堂のこととか…
この阿弥陀堂は謙信・信玄どちらにも信仰されていたそうだし。
説明どうもありがとうございました!
(でもこれも大河特需なんだよね…)

そして妻上山。ここに謙信は陣取って信玄と睨み合ってたわけか。
さすが眺めがいい。
妻上山展望台にて
 遠望の山は右から飯綱山・とんがりが高妻山、ぎざぎざが戸隠連山。
 手前の濃い緑は名産長いもの葉です。

ここでマメ知識。松代は「エノキ茸発祥の地」だそうです。

おなか空いたので横川の釜めしことおぎのや直営店の隣のおそば屋さんへ。
どっちも団体客ご用達になっている。
冷やし三昧鴨せいろデザートそばアイス
 そばアイスはそばの実の食感がなんとも。冷たすぎて口内しみるしみる。

お土産コーナーをのぞいてみたが「大河ドラマ風林火山」と入ってるものには
「NHKエンタープライズ」とシールが。
「篤姫」名称使ったみやげ物はNHKに名称使用料払えっていう記事を読んだけどこれのことか。
「風林火山」も同じってことね。
使用料払っても「大河ドラマ」の力は大きいってことか。

胴合橋
 胴合(どあい)橋。 上杉軍から勘助の首を奪い返し、ここで首と胴を合わせ本人であることを確認した、という場所。

長野歴史博物館に立ち寄る。時間がないので展示物はまた次の機会に。
でもお土産はしっかり見ていく(笑)
出陣餅と張り合う?信玄餅購入。

さて次はちょっと足を伸ばし上田へ。
目的地は北向観音。ここは本堂が北に向いている。裏善光寺とも呼ばれ
長野の善光寺、上田の北向観音に両方に詣でて初めて一体となり、
「片方だけでは片詣り」になるとされている。

北向観音
温泉薬師瑠璃殿
愛染かつら
 樹齢1200年とも言われている桂の木。愛染は同境内の愛染明王から。で愛染桂。

せっかくなので温泉街ぷらぷら。安楽寺に国宝があるというので見に行く。
八角三重塔
 鎌倉時代末期に作られたもの…らしい。すごいね。日本唯一の八角塔だって。

お次は足湯・・・の予定だったが「夕飯には帰る」と言ってきたのでタイムアップ。
またいつかの機会ということで「はいさようなら」…の前に写真だけでも。
足湯は次の機会に
 #別府温泉共同駐車場は有料(軽は400円)

時間短縮のため坂城~松代まで高速利用。おぎのやの釜めしを夕食に買って上越まで。
急ぎなので相方運転しっぱなし。19時30分頃到着。

ということで、楽しい一日過ごさせていただきました。
ありがたいこってす。はい。
関連記事

再び春日山

9/11 春日山へ

風林火山HUNTERS・上越市版の宝捜しに春日山へ。
先日も行ったのだが、その日は謙信公祭の前日、人も多かったため
ゆっくり暗号探しができなかったのだ。

なので今日再チャレンジ。

ネタバレになるといけないので詳細は書きません。

春日山中腹から
気がつけば萩やオトコエシなど秋の植物たち。でもまだ日ざしは暑い。
ミンミンゼミも鳴いている。

謎もとけ、ちょうど謙信展をやっている埋蔵文化財センターに立ち寄る。
センター入り口
謙信展はほとんどパネル展示。でも新たな発見もあり勉強になりました。

謙信公甲冑
謙信はちょっと小柄だったんだそうな。

そしてもしかしたら、これが一番の展示の目玉かもしれない↓
サイン入りポスター
こんなものも…
ペンまで…

けど、Gacktサイン入りポスターを嬉々として?写メする自分が笑える。

ってんで今日も謙信Dayでした(笑)

春日山を下りると、こんな場所も。
御前清水
地元の名水らしく水汲みの方々が次々に来てました。
奥には白山さまの社もあり、謙信公の他にも春日山地区にはまだまだ歴史を物語るものいっぱいありそう。
関連記事

片貝花火2007

[9月10日 片貝花火]

9/9、10は片貝まつりで花火が打ちあがる。
ここ数年行けなかったが、今年は見てこようという話になる。
行くならどっちだ?と迷ったが、結局日曜夜より月曜夜のほうが少しは
空くだろうと(当初の予報では日曜のほうが天気よさそうだったが)
10日に決定する。

して10日の朝。
上越地方は朝から雨。一気に戦意喪失。
雨の中見ても・・・やめるかーという方向に傾きかける。
それでも諦めきれないので、あちこちの天気予報サイトを見る。
雨、曇りの予報半々。
車の中で見ててもいいじゃないか、とにかく行こうと出かけた。

出たのはいいが、車の中で見るということばかりに気を取られていて
晴れた場合のシートなどの存在をすっかり忘れて来たことに気づく。
仕方なく柏崎の100均でレジャーシートと簡易雨具購入。
コンビニで買った菓子パンぱくつき小千谷入り。

ブランクあった間に、今まで見ていた場所が観覧禁止区域になったのもあり
今までとは違う場所で見たいということで、小千谷バイパスと高速の間の某所に
早々と決定。(テント張ってる方々もいた)
駐車場所確保したのでぷらぷらと片貝まつりの会場、浅原神社にお参り兼祭り見物。

ちょうど神社では奉納相撲をやっていた。
県内の選手(元国体選手から相撲部の中学生まで)が次々に相撲を取っている。
大相撲はTVで見てもあまり興味なかったが、やはりリアルの力。
取り組み見てるとついつい「お!お!」と引き込まれてしまう。

奉納相撲

ぽつぽつと雨が降り出す。大降りでないのがありがたい。
奉納昼花火も打ち上がる。曇り空の中の花火。
でも、昼花火ってこんな感じなんだね。昼の尺玉、微妙にもったいなさも…。
やっぱ夜の方がいいかな…
昼花火

神社隣の花火資料館によると「片貝に花火が登場するのは18世紀半ば、
1806年には二尺玉・三尺玉の製法が伝授された」んだそうだ。
すごいぞ片貝。
そして「1891(明治24)年、片貝で打ち上げられた三尺玉4発が、世界で初めての三尺玉といわれている」そう。
ますますすごいな片貝。

神社から場所を移し、露店が並ぶ祭りロードに。
小腹空いたので露店のタイラーメンを食べる。辛いより酸っぱい?
ポッポ焼きもあったけど、9本売りがない~~!
それでもポッポ焼きの誘惑には勝てず15本入りを買ってしまった。
もう冷めてる・・・けど結局食べちゃうんだよなぁ(^^ゞ

ちょうど、「て組」(詳しくないが、町内ごとに○○組となっているらしい)
若衆の成人式?労い?を見ることができた。
今年成人した(らしい)若たち、先輩たちに「がんばれ」なのか「おめでとう」なのか、
とにかく“認められる”イベントなのだろう。
感極まって泣き出す若衆も。
ああ、ここの人たちはこうやって歴史を繋いできたんだなぁと彼らを見ながら
不覚にもうるうるきてしまった。
祝成人
がんばれ!
 がんばれワカゾー!

[片貝の奉納花火は「祝成人」「33歳後厄御礼」「祝古希」「42歳厄年満願」をはじめ
追善供養や祝○○など企業ではなく住民が奉納するものなのだ。
…花火積み立て貯金とかしてるのかなぁ?

一通りまつり見たあと車に戻る。
車内で昼寝したりDSしたりしながら打ち上げ開始を待つ。

19時半、いよいよ打ち上げ開始。
うれしいことに雲はあるもの雨は大して降らずで花火を堪能することができた。
どんどん上がる上がる

車の中から見たり、外で見たり、写真撮ったり・・・と楽しんでいたが
四尺玉打ち上げ10分前に携帯の電池残量が赤に…!
慌てて充電開始。ギリギリまで充電、打ち上げ、撮影スタート!だったが
残量に焦ったりなんだので撮影失敗。がびん。


 ↑相方撮影四尺玉

四尺玉のあと、最後のスターマインと社鎮めの打ち上げもしっかり見る。
さあ帰るぞー。
小千谷市内はちょっと混んだものの、それ以降はすいすいと走れた。

花火観覧中か草むらからアマガエルが紛れ込んだらしくフロントガラスに引っ付いていたので、
上越まで同行「小千谷のカエル、上越へ」してくれるかと思っていたのに
小千谷市内でコンビニ停車した隙にカエルはどっか行ってしまった。
・・・だよね、やっぱり小千谷がいいよね(がっくり)残念。
でも片貝からあそこまで10キロ以上あるぞ。新天地で新たな蛙生がんばるかカエルよ。

カエルと同行は叶わなかったけど(当然だ)
片貝の迫力四尺玉、見られてよかったです。片貝のみなさんありがとう~~!

関連記事