続・越後謙信SAKEまつり2007

10/27、28 越後謙信SAKEまつり2007(その2~28日編~)

んでもって翌日。28日である。
昨日の雨はどこへやら。いい天気になりチャリをこいで会場へ。
もちろん開始時刻前に(笑)

去年と同じように500円で試飲グラスとペットの水を。
さー飲むぞー!!

とはいえ、去年のように一気にバカ飲みはせず、ちびちび水も飲みながら
飲み比べてみる。
今年はリストも作ってきたし、どの酒が合うかな~と。

ちびちびやりつつ、イベントも楽しんで。
アカペラコンサート アカペラ!
高野千恵ちゃん 十日町出身・高野千恵ちゃん

会場ヒトコマ

色々飲んでみたが、去年美味しいと感じた純米酒が今年はどうもダメだ。
酒くささが後味に残るって言うのかなんてか。
冷酒じゃないからなのかなー?

モツ煮に牛すじ煮、そばにおこわにおにぎりに・・・まー食べる食べる。
やっぱり酔ってるのか、満腹中枢が鈍ってるのか、いくらでも食べられそうな感じ(笑)
飲み会の後のラーメンかよ(^^;ゞ

ジャズライブ ジャズ!
小竹勇生山ライブ 能生出身小竹勇生山さん

気がつけば終了時間ももうすぐ。FM-Jのパーソナリティーさんとばったり会う。
目、据わってましたか?(笑)
最後にカクテル「謙信」を飲み、はい15時。イベント終了お疲れ様でした!と。

お土産に肉屋さんのメンチとコロッケ、瓦せんべいの老舗で一口せんべいを買い
チャリで帰途につきました。

あー、2日とも楽しかった♪来年もまたよろしくー(^-^)v

------------------------------------------------------------
出展
<どぶろく> (どぶろく試飲は別料金)
 ・「越の白峰」牧区
 ・「さわのどぶろく」安塚区
 ・「どぶろく卓」牧区

<ビール/発泡酒> (販売のみ)
 ・「名立ラガー」名立区
 ・「妙高高原ビール」妙高市

<ワイン>
 ・岩の原葡萄園「しぼりたて2007(白・ロゼ)」「深雪花」上越市

<日本酒>
 ・頚城酒造「越路乃紅梅」柿崎区
     ・・・・・・・ひやおろし、本醸造、純米大吟醸、冷醸原酒
 ・代々菊酒造「吟田川(ちべたがわ)」柿崎区
     ・・・・・・・特別生、純米、本醸造
 ・加藤酒造「清正」吉川区
     ・・・・・・・純米大吟醸、本醸造
 ・よしかわ杜氏の里「よしかわ杜氏」吉川区
     ・・・・・・・純米、本醸造
 ・小山酒造店「越後自慢」 大潟区
     ・・・・・・・どぶろく風 秋しぼり、「人魚の里」
 ・佐藤酒造店「錦盛」大潟区
     ・・・・・・・普通酒、本醸造
 ・竹田酒造店「越のかたふね」大潟区
     ・・・・・・・ひやおろし、純米、本醸造
 ・新潟第一酒造「越の白鳥」浦川原区
     ・・・・・・・にごり酒、ひやおろし、
 ・野崎酒造場「国の華」三和区
     ・・・・・・・本醸造、普通酒
 ・丸山酒造場「雪中梅」三和区
     ・・・・・・・特別本醸造、普通酒
 ・加茂乃井酒造「二峯」板倉区
     ・・・・・・・[飲みはじめで種類の記述なし]
 ・谷乃井酒造「谷乃井」板倉区
     ・・・・・・・純米、本醸造
 ・上越酒造「越の若竹」上越市
     ・・・・・・・越後美人 生、越後美人 本醸造、若竹 普通酒
 ・田中酒造「能鷹」上越市
     ・・・・・・・吟醸、純米、普通酒
 ・妙高酒造「越の雪月花」上越市
     ・・・・・・・「越の雪月花」「妙高山」
 ・武蔵野酒造「スキー正宗」上越市
     ・・・・・・・特別本醸造、普通酒、「春日山」
 ・鮎正宗酒造「鮎正宗」妙高市
     ・・・・・・・純米にごり、本醸造
 ・君の井酒造「君の井」妙高市
     ・・・・・・・純米
 ・千代の光酒造「千代の光」妙高市
     ・・・・・・・ひやおろし、もち純米、「天福」

 今年の各酒造の出展はこんなでした。
 加茂乃井さん、記録ミスでごめんなさい。

関連記事

越後謙信SAKEまつり2007

10/27、28 越後謙信SAKEまつり2007(その1~27日編~)

10月最終週末のイベントは「酒まつり」。
このイベントは去年も参加し、是非来年も!と思っていたので
今年もやると知った時には「きゃっほー!」と小躍りし(笑)、
他のイベントとかぶらないことを願いつつ楽しみにしていた。

でもって当日。
予定では、初日午後チャリで行き、イベントと酒を楽しみつつ
始まりから終了(15時~20時)まで飲み明かす(^^ゞというつもりだったのだが
残念ながらその日は雨。
それもチャリで行くにはかなり根性要りそうな雨。
これではダメだと、でも期間限定のまつり酒はほしい&火坂氏の講演会は聞きたい・・・で
飲むのは翌日にし、まずは行くだけ行きましょうと車で出かけた。

着いたのはオープニング15分前。会場ぷらぷら歩き場所を確認する。
去年とはやっぱり配置変わってるなぁ~

オープニングセレモニーはまず市長の挨拶、実行委員長?の挨拶、そして謙信太鼓へと続く。
市長挨拶謙信太鼓
その後もオープニングは続いていたが、まずまつり酒ゲットしなきゃと買いに行ったり
会場回ってたのでその後はよくわかりません(^^;

まつり酒を入れたポリ袋、今度から市内のごみが有料化になるのだが、その袋の
PRも兼ねたものが使われた。
が、生分解性はいいのだが非常にヤワい。特にプリントかけた部位が弱い。
ちょっと力が加わっただけで簡単に裂けてしまう。
自分たちが買っているとき、この袋が突然破けて酒瓶が割れてしまったと苦情を言いに来た方がいて
売り子さんたちが慌てて袋を換えるヒトコマも。
せっかくのPRの場だったのにね。でもこんなヤワいと実際使うとき困るぞ。

この日のイベント、講演会の前に「東京農大の大根おどり」ってのがあった。
ラジオでも紹介されていて、相方は特に見たがっていたのだが
雨のため予定時間になっても始まらない。
時間変更の案内もない。どーなってんだー。。。
しばらく待っていたが、突如場所の変更通知。
それも農大生徒の近くにいたからすぐ分かったものの、そうでなかったらどーいんどーやん状態だったぞ。
イベントは始まったものの16時からの講演会は間近。
結局「大根おどり」は見られぬまま、彼らの声を聞きつつ講演会会場に向かう。
逆光だ

会場はPR不足かはたまた皆さん酒に夢中か思ったより人が少ない。
せっかくの謙信-兼続の酒話なんだけど、もったいないなぁ。
火坂氏ほろ酔い気味?
なかなか面白く、また観光上の提案も挙げてくれたりといい講演会だった。
サイン会があるというので、先日六日町のFM局からいただいた兼続Tシャツに
サインをいただこうと持っていったのだが、購入した本以外にはサインしないとのこと。残念。
・・・本、迷った(新聞小説で読んでたので)けど、ついに買っちゃったよ。

くびきの酒づくり唄
両日ともに一番出演回数の多い「くびきの・酒づくり唄」

他にも見たいものもあったが(「天と地と」上映会など)、今日はここまで。
酒を試飲している人たちをうらやましく眺めながら「明日は!」と会場を後にした。
関連記事

ほくほく線全駅踏破(10/24)

ほくほく線10周年ということで一日フリーきっぷなるものが出ていたので
「行きたいね」と言いつつ日々は過ぎ、気がついたら期限10/31が近くなっていた。

夏に市内で行われた「ほくほく線10周年・鶴太郎展(※)」時に関係者の方に聞いたらば
「秋には…」ということだったので、それも見るため全駅下車乗車を計画。
この路線は便数多いので(普通ローカル線は乗客が少ない→便数減少→
ますます客離れという悪循環に陥るが、この路線はとにかく「足」数を確保している)
駅滞在時間は別として一日あれば全駅踏破ができるのだ。
これができるのもフリーきっぷならではなのだが。

(※)ほくほく線10周年を記念し10周年メインキャラクター片岡鶴太郎氏に駅名看板&
駅イメージ絵を依頼し、その原画展が上越市内で開催された。
そして駅のイメージを創作するための列車の旅記録番組が原画展開催の前に放映された。


ほくほく線は犀潟→六日町間の12駅。(直江津-犀潟間はJR信越本線)
[犀潟―くびき―大池いこいの森―うらがわら―虫川大杉―ほくほく大島―
まつだい―十日町―しんざ―美佐島―魚沼丘陵―六日町]

まずは車で犀潟駅へ。
新しい朝がきた~
 国道8号走行中の朝日

犀潟駅 駅名看板

あれ?鶴太郎の看板じゃないぞ?もしかして・・・まだ、なのか?
秋には設置するって言ったのにーーー!!どーなっとるんやー!!と思いつつホームへ。

来ました♪ 車両の「山里稲雪」は鶴太郎の書なんだけどねー…


まずは 6:38 犀潟 → 7:24 魚沼丘陵。
発車前に列車内でフリーきっぷ購入。1日1人1000円ナリ。そして発車。
朝日に向かい電車は走る♪
左に米山。右は妙高連山。頚城平野を走る。
あーやっぱ「電車」だ。スピード出てるからかな。東京の電車乗ってるようなレール音だ。
松代では霧が出ていて驚く。霧中の「妻有に咲く花」。
ここからはトンネルの連続。そして出た先は魚沼エリアだ。

魚沼丘陵駅 7:43 魚沼丘陵 → 7:52 しんざ
しんざは「新座」であり、十日町織物発祥の地だそう。
さすがにこの時間帯は学生がいっぱい。テストなのか教科書広げてる生徒が多い。
けど、いつの間に教科書「数学演習」ってなったんだ?そうなのか?

しんざ駅 8:00 しんざ → 8:03 美佐島(みさじま)

美佐島駅 8:15 美佐島 → 8:46 六日町
美佐島の駅はミョーに立派。なぜならばこの地は立正佼成会開祖・鹿野日敬師の生誕地なんだそうな。
「聖地」にチャチな駅は建てられないというわけか。
ホームにその土地土地の一言PRがあるのを発見。しまったしんざも魚沼丘陵も撮り忘れたよ。
ちなみに美佐島は 「緑豊かな聖なる地    美佐島」 でした。

美佐島のホームは地下(トンネル内)にあるのもあって電車が来ない&特急通過時は開かない。
電車の時間なのに開かず、なぜか特急(なぜか昔のL特急みたいなの)通過。
そして15分ほど遅れて電車到着。

この便では乗り換えに時間がない&本番はまたあとに予定してあるので
(電車も遅れているので)六日町は折り返しの乗換えのみ。
上りは遅れているが下りは定刻では予定がパァになってしまうが、運転士さんに聞いてみたら
六日町の発車はこの便が到着するまで出ないという。ほっ。

十日町駅 8:48 六日町 → 9:03 十日町
十日町第一回では、FMとおかまちをベースにしているリスナーさんのお店を訪ねる。
ここで限定肉まんとパンを買いベンチでパクつく。
もちろんその方とお話もできた。某番組についての話も聞けたし♪(すみませんヲタクで)
十日町はまた後で行くことになってるのでひとまずこれにて。

松代駅 10:08 十日町 → 10:25 松代
松代は「大地」でも結構来ているし、発車までは併設している道の駅物産展などぷらぷら。
で、松代は「雪・緑・湯の里 まつだい」。次の目的地は六日町。
途中の魚沼丘陵の一言PRは「コシヒカリの郷 魚沼丘陵」でしたぞ。

六日町駅 10:38 松代 → 11:20 六日町
六日町本番。今回はこの9月に全国放送を終了した番組「まめなにラジオ」。
リスナープレゼントで相方共々いろいろいただいたのでFMゆきぐにさんにお礼に伺いたかったのだ。
FMゆきぐに
パーソナリティーのタッキー(滝沢さん)・花花(田村さん)・ぶんぶん(橋本さん)とお会いできた。
声は半年聞いてたしサイトでお顔は拝見していたので初対面という気はしなかったが
ナマの皆さんに緊張と嬉しさと・・・ヘンな奴全開だったかも(^^;
駅前のお土産屋さんやスーパーをのぞいて再び十日町へ。あ、六日町は再来年の大河「直江兼続」で盛り上がってました♪

12:41 六日町 → 13:11 十日町
ここでも1時間ちょっとあるので昼食。ちょうど市内では新そばまつりが行われていたので
駅前の参加店舗に行ってみた。そばだけでなくかき揚げ丼も名物らしくそちらも注文。
特製手打ちそば かき揚げ丼
お昼食べてちょっと駅前商店街歩いて再び前述のお店に寄る。おみやげおみやげ。
月イチで上越にも販売に来ているとお聞きした。チャンスがあれば行ってみよう。
魚沼エリアはこれでひとまず終了。今度は頚城エリアだぜ!

くびき駅くびき駅裏側
14:21十日町 → 15:26 くびき
くびき駅は内装も外装も駅のイメージをいい意味で壊してくれている。
なんか大地の芸術祭の作品みたいだ。一言PRは「コシヒカリと蛍の里 くびき」。

ほくほく大島駅 16:00 くびき → 16:00 ほくほく大島
途中虫川大杉駅で15分ほど停車。特急はくたか、今日は旧車両も使っているそうで、
これだとちょっとパワー不足で勾配ではどうしてもスピード出ないという。
そのため全体的にダイヤが遅れているとのこと。

はくたか旧車両 はくたか新車両
この待ち時間にちょっと下車して駅舎写真撮ればよかったのだが、そう思ったのは動き出したあとだった。嗚呼。
「ふるさと体験の里 ほくほく大島」。以前は駅舎に軽食堂もあったのだが、
合併のせいなのか何なのか閉店していた。特産展示も空きスペースあったりで、一番衰えちゃってる?

大池いこいの森駅 16:28 ほくほく大島 → 16:38 大池いこいの森
「自然と歴史の  大池いこいの森」。夏はひまわりの隠れた名所だけど、この時期何もない。

虫川大杉駅 16:50 大池いこいの森 → 16:55 虫川大杉
「悠久の年輪  虫川大杉」・・・なんだけど、発車まで1時間もあるんだけど…大杉を見に行くには遅いし…で駅舎&待合室をぷらぷらするに留まる。
大杉の枝 大杉の枝。枝というより既に木

うらがわら駅 17:51 虫川大杉 → 17:55 うらがわら
先の大杉駅停車時に写真を撮っておけばよかったと思いつつ、加えて電車遅れてて待ち時間追加。
なのに乗車時間は4分。この時間になると便数減るからなー。でも1時間に1便ってたいしたもんだよ。
「紫陽花薫る里  うらがわら」。既に真っ暗。写真撮ったもののわからん。。。
駅前にも行ってみたけど、閉まってる&店がない…。この時間、さすがに寒い。お腹もすいてきた。
そして電車はまた遅れ。しょうがないけどさー。
20分ほど(もっとかかったかも)してやっと到着。
18:57 うらがわら → 19:08 犀潟 でゴール!乗りっぱなしの一日お疲れ様でした!
(記入時間は時刻表のもので実際はもっとかかっています)

帰りに前から気になっていたラーメン屋Hに寄ったのだが、出された水がまずいのなんの。
餅のカビ、あんな感じの味。もうそれだけで減点。
とはいえ、相方も他の客も気にしてないようだったので、自分の舌がヘンなのか?
ラーメンは悪くはないんだけど…、でも舌が合わなかったのでリピーターにはならないだろうな。

鶴太郎の駅名看板見れなかったのは残念だったけど、天気もよく楽しい列車の旅でした。
今度はゆめぞら号に乗りたいぞ~~~。季節限定とかでフリーきっぷまた出ないかなぁ。

#駅名看板は11/28に設置とのこと。秋じゃなくて冬じゃん!

関連記事

SLを見る

10/20・21 SLがやってきた

今年もSLの季節がやってきた。
何かしらお題目をつけているが、今年は「直江津-柏崎間開通110周年」。
(去年は「直江津~関山間開通120周年」、一昨年は…なんだっけ?合併記念?)

天気は雨模様の予報だったが大して降らず。
そのかわり風がちょっと強い?

今年は無料シャトルバスが出るというので、水族館の臨時駐車場に車を置き
そこから会場に向かう。

SL到着まで間があるので、直江津駅の連絡通路(あすか通り)ぷらぷら。
コミュFMの公開放送見たり。出展ブースのうんまいもの食べたり。

例年の混雑考えてちょっと早めにホームに。ホーム先端に陣取りにわか鉄ちゃんの出来上がり。

先ほど買ったおべんとぱくつきながら到着を待つ。
おー来た来た!
来たぞー
やっぱりわくわく。

ばんえつ号、直江津駅に到着。
去年のように新井駅にも行かず、例年のように歓迎セレモニーも規模縮小で
到着後はホームで見たい人は見てていいよだけで車内にも入れず状態。
それでもにわか鉄ちゃんは写真撮ります。

プレート 今年はこう
模様替え♪ ばんえつ号イメチェン
今年のプレート 今年の顔
貴婦人C57 漆黒の貴婦人

機関室はやはり撮影ポイントなのだが、こんなの見つけました。
ほんわり
このC57は以前新津第一小学校に置かれていたもので、歴年生徒から慕われ愛されていたもの。
ばんえつ物語企画で第三の人生を送ることになり、当時の生徒が贈ったのだろう。
ホントに身近で愛されてたんだなーと思うとじーんとしてしまった。

回転台の一般展示まではちょっと間があるので、再度あすか通りへ。
直江津駅と春日山
 ほくほく線&春日山(α-1の右側=左の山)

客車を放した機関車がバックし回転台に向かったのを見てから駅構内へ。
回転中
かつては活躍していた回転台。(進行方向変えるため)
今年も回転見せてくれます。ゆっくり2、3周したのかな?

構内のイベント
鉄道模型v 鉄道模型
DSCN0710.jpgDSCN0709.jpg
 なっ、懐かしいよー!の雷鳥と白鳥

キリンさん~
なつかし

そうこうしてるうちSLは車庫に入ってしまったので、SLのイベントは終了。
自衛隊の車を見たり、直江津駅前商店街ぶらついたり。
風が強く寒かったので、出展ブースのあたたかいうどんの美味しかったこと)
「アート縁日 直江の津」といういろいろな展示があったので見させてもらった。
みんな上手だよなぁ。
・・・「冬ソナ」、まだあるのか。

イベント終了時間も近づいたので、シャトルバスに乗り駐車場に戻って
この日はおしまい。
けど、雨は降らなかったものの風強いこともあったのか
直江津駅到着でひとまずSLイベントは終了だったせいか、
去年・一昨年に比べるとちょっと人出少なかったかもなぁ。

頚城駅でもコッペル号の展示あったけど、どうだったんだろ。
(一昨年見たので行かなかった)



翌日21日、こっそり人知れず新井駅に向かったSL、直江津~長岡に戻るので
近くの線路沿いに走ってる姿を見に行く。
今年もやっぱり見物人&撮影人結構いるいる。



カメラと携帯と…さすがに2機両方上手く撮ろうってのが無理な話で
加えて逆光気味で液晶が見えにくいというコンディション。
それでも携帯はなんとか撮れていた。
あっと言う間に通過。これで今年のSLイベントは終了。ちゃんちゃん。
関連記事