糸魚川・荒波あんこう祭り

1/27 荒波あんこう祭りへ

この日は糸魚川あんこう祭りinマリンドリーム能生。

先週糸魚川駅前でも同イベント(こっちがメイン)があったのだが、
ちょうど帰省とダブってしまったので今日の能生会場にターゲット。
(親不知遠いし…)

あんこう汁の販売は10時から。
喰いっぱぐれては大変と急いで出発。
(朝食ったばっかなのに(^^ゞ)

R8、吹雪・圧雪。
R8
車間距離取ってスピードダウン。
1時間ほどで到着。前とその前の車もご同輩だったのが笑えた。

販売所に並んで販売開始を待つ。
出来上がり次第ということだったが、すぐ列が動き出す。
1杯300円、2杯ずつで4杯購入。
大鍋あんこう汁あんこう汁-2
あんこう汁-3 かにかに館内満席
去年の糸魚川のあんこう汁と比べるとちょっとサミシイ…かな。
うーむ、差額200円。
でも身肉もキモもちゃんと入ってましたよ。あったまったあったまった。

トッキッキ♪
 トッキッキ(とっぴー)も遊びに?来たぞ♪

それだけでごちそうさまでは何なので、浜焼きも。
浜焼きセット
しょう油も用意されてたけど、それだけで充分美味。
(炭火で暖も取れるし)

11時、あんこうつるし切りイベント。
本日のアンコウさん
20kgのメス(オスは大きくならない)アンコウの七つ道具
(皮・エラ・キモ・胃・卵巣・肉・ヒレ)が解説とともに
ちゃっちゃっちゃと手際よく捌かれていく。

アンコウ卵巣
 卵巣の長いこと長いこと。さすが別名「ヌノ」

このアンコウもあんこう汁第2弾に使われるとのことで、再び販売所には長い列。
午後から用事があるので、この列には並ばず魚屋テナントぷらぷら。
ある店で重量クイズをやっていたので口頭で答えたら「はい残念ねーボク」。
ボクぅぅ?
さすがにこの年では嬉しいを通り越してかなり複雑…orz

うちで鍋やってがっつり?食べようとアンコウの切り身、ゲンギョと縞ホッケ購入。
道の駅内ではいつもの雪割草屋さん。さすがにまだ開花してないし、ちょっと高いよ~

日本海
この時期おなじみの灰色空&悲しみ本線日本海。
帰りは雪も弛み、時折青空も見えてきた。
途中のコンビニでおやつに中華まん。
ぱくついて帰宅。

どうもごちそうさまでしたm(_ _)m
関連記事

2008年初スキー

1/22 2008初スキー(妙高)

雪は降ったものの以降一休みしていたが、先週の寒波でまとまった雪が降り
スキー場は新雪パウダー状態。
次の寒波との合間の一日、チケットあるし、行けるときにはどんどん行かねば・・・!と
出かけることにした。行き先はもちろん妙高杉ノ原

が、時間ハンパだったのもあって、半日券を使って午後から滑ることにする。

恒例・今日の妙高
 ちょうどゲレンデの辺りガスってないかい?(^^;

ちょっと早めのお昼は、妙高山麓直売センター『とまと』の食堂。
ここでの冬限定メニュー「スキー汁」が20日から始まったというのを聞き
3月までの限定メニュー、今年こそはと思っていたのだ。
(リンク切れちゃうかも)
食堂の開店は11時。しかしセンターに入ったのは約20分前。早く来過ぎちゃったよ。
出品されている農産物などを見ながらオープンを待つ。

入り口に「一日限定10食 ぼたん汁」とあったので、それとスキー汁を頼むことにする。
・・・が、ぼたん汁の方は“大人の事情”でちょっと…げな雰囲気。
1食分ならなんとかということで、そうさせてもらった(直後その立て看板片付けたらしい)。

で、出てきましたスキー汁&ぼたん汁!
スキー汁(定食)ぼたん汁(定食)
地場産野菜たっぷり、ご飯も地元のはさ掛け米、このボリュームで600円はかなりお得なのでは。(ぼたん汁は800円)
ここのスキー汁の特徴は、白菜ではなくキャベツが入ること。野菜の甘ささらにプラスされて
これがまたうまいんだ。
ご飯がまたうまうまうま~~~~ごはんだけでもいけちゃうぞ。おかわりしたいくらい。
浅漬けは漬物の苦手な自分にも美味しくいただけました。
ってことで、大変満足して(厚切りぼたん肉はちょっと固かったそうです)スキー場へ。

で、このエントリ書いてるとき、「スキー汁」調べてたらこんな記事が。もひとつ。
おっと、地元のものでしたか(^^;

午後券は12時から。ぴったり到着♪今日はアルコーールなしで行きますぜ。
ゴンドラから
 ゴンドラ乗車中 真ん中は野尻湖。左は斑尾山。奥は志賀高原の山々

さすがに平日。空いててリフト待ちもなくばっちりv
京都の高校がスキー授業に来て楽しんでいる。あー、自分もそんな頃があったなぁ。
(けどあの時の自己流すべりが今になっても抜けないんだよね…)

国際ゲレンデに回って北アルプスを見る。やっぱ雪あるなぁ。
遠くに北アルプス(白馬方面)

端から見ると、変形ボーゲンの“あぶなそう”なスキーヤー。しかし脳内では“それなりスキーヤー”。
このギャップは何年経っても縮まることなく、むしろ「いーのだ楽しければ」の開き直りで
差が開いていくような感じもあるけれど、営業終了まで滑ってきた。
いやー、でも晴れてるけど寒い寒い。空気冷たい冷たい。
今年流行らしい顔マスクほしくなっちゃったよ。

越後三山
 夕焼け色の越後三山

身体冷えたのでここで温泉…がベストだけれど、今日はパス。
夕飯の鍋材を買物して帰宅した。

手元にあるリフト券はあと4.5日分。
時間見つけてがんがん行くぞ~~~
関連記事

登山とバスケと

前日土曜日は友人と飲み会。もちろん帰宅は日付変更線越え。
楽しい時間につい飲みすぎてしまったが、逆に目覚めはすっきり。

とはいえ、午後は長岡に行かなくてはならないので、あまり時間はない。
灯台コースから登ろうかとも言っていたのだが、散歩中の父の帰りをを待っていたので
(結局会わずに出てきてしまったが)
結局いつもの時間短縮林道コースに落ち着く。

んでもって午前中は往復約2時間の山歩き。(登山というよりハイキングか?)
角田にて
そっちはこっちで。

途中のコンビニで中華まんを購入。昼食というかおやつというか。
ぱくつきながら長岡に向かう。
車を置いて長岡厚生会館へ。そう、今日はアルビbbの試合があるのだ。
せっかくリスナープレゼントで当たったんだし。
けれど厚生会館、狭い。
うちらが入ったときは既に空いている席はなし。会場内回って結局立ち見。

1時間近くぼーっと待って、オープニングセレモニーはアルビチアガールズ。
魅せてくれたあとは各チームのメンバー紹介。ウォーミングアップなど。
この辺はまたいつも通りで。(暗いし遠いし動いてるしでまともな写真ありません)

はい15時、試合開始です。あ、遅くなりましたが相手は東京アパッチです。
でもって試合は今回はいい調子。
1クオーターは29-18
2クオーターは22-17 (51-35)
すげーじゃん押してるじゃん。相手のファウルも多いけど…。
今日は外国人選手大活躍。

ハーフタイムに中越高校チアリーディング部デビューパフォーマンス。がんばれ!
チアリーディング部

はい後半戦。相手の監督も燃えまくり。
挙句に退場くらってしまったよ。選手の退場も多いし、どうしたアパッチ!
3クオーターは35-20 (86-55)
ラスト、4クオーターは30-25 (116-80)
後半相手もどんどんシュートが入り、敵ながらアッパレ状態。
それでも今回はめでたく勝利(2連勝)を収め、東の2位になりました~
本日の結果

そのあとMVPの発表やらコート一周(ハイタッチしまくり(^^ゞ)やらサイン会などがあり、
(池田&藤原選手、ありがとう~)すっかりいい気分で上越向け。

途中、柏崎で安回転寿司店に入り、ソルト・スパ潮風の夜間料金で閉館まであったまって帰宅。

盛りだくさんの週末でした。ちゃんちゃん。
関連記事

続・初詣

1/6 初詣in上越市内

元旦は、春日山神社や居多神社など市内の神社仏閣に行ってみようかなんて話を
年末にしていたのだが、年越し寒波ですっかり吹っ飛んでしまっていたが、
この日もあまり天気悪くなさそうだし、「親鸞上人と謙信を詣でるツアー」を実行する。

・・・の前に、大和で行われている「中越沖地震復興チャリティ展」と高井進さんの陶芸展見学。
4階での展示も鑑賞していたら、高井さんから「お年玉」と称して展示に使われていた
蓄光性の陶のカケラをいただいた。
うっわー、ラッキーv
いつか氏の陶器もしくは陶画を使うなり飾れるようになりたいもんだ。
日常用のお茶碗などもあったけれど、それでもやっぱり自分にしてみりゃ滅多に使えるもんじゃないもんだからなぁ。
チャリティ展は上越市内の絵画・陶器など多分野にわたる芸術家の方々の作品展。
30000円から始まって、1日3000円づつプライスダウンしていく方式。
最終日には12000円になるということだったが、半分以上売約済みだった。
でも、これって買い時迷うだろうなと思うのは自分だけだろうか。(買えないけど)

芸術鑑賞のあとは、行きますぜ詣でますぜ。
まずは春日山神社。
春日山
謙信(Gackt?)ブームを見込んで、初詣客用に交通整理等準備していたそうだけれど
年越し寒波で参拝客逆にダウンしたそうで。皮肉なもんだな。
(もともと上越にはあまり初詣という習慣が薄いそうだし)
春日山神社

これが昨年末奉納された謙信公祭・出陣行列全参加者一覧表
新たな目玉?
じゃーん すみませんミーハーで(^^ゞ

お次は越後一の宮・居多神社。
しかし、「越後一の宮」は弥彦神社も謳っているんだけど、どっちが本当の一の宮なんだ?
居多神社
祭神は大国主命・奴奈川姫・建御名方命
927年の「延喜式」神名帳に記載された式内社。のち上杉謙信の厚い保護を受け
越後一の宮として崇敬されてきた。今日は縁結び・子宝祈願の神様として信仰されている、そう。

ちなみに弥彦神社は『万葉集』にも歌われている。
祭神は天香山命。
越後国開拓の詔を受け、野積浜に上陸し、地元民に漁労や製塩、稲作、養蚕などを教えたと伝えられる。このため越後国を造った神として弥彦山に祀られ、「伊夜比古神」と崇敬を受けた。延喜式神名帳にも記載されている、そう。
たしかに、自分の小学校校歌にも「いやひこやまは神の山」という歌詞あるもんな。

ここで「一の宮」とはなんぞや、と思いぐぐってみたらば

一宮は、国司が任国に赴任した時などに巡拝する神社の順番とされる。
その順は、由諸や社勢などによって自然発生的に決まったものであるため、
時代によって一宮が変遷したり、同時期に二つ以上の神社が一宮を争っていたりする

ふむふむ。
なんと新潟県には一の宮が4つもありました。
弥彦神社と居多神社、そして糸魚川の天津神社、佐渡・羽茂の度津(わたつ)神社だって。
これはいつか行かないといかんな。

片葉の芦
そして越後七不思議の1つ「片葉の芦」。
冬枯れ状態なのでよくわからかった・・・片葉ならぬ両葉株もあったような?
んでまあこの越後七不思議、七不思議といえば親鸞さん。
というか、親鸞さんが起こした(動植物の珍種を親鸞の起こした奇瑞として伝えたもの)奇蹟が
七不思議になっているという。

 ・逆さ竹(さかさダケ) 新潟市中央区 西方寺
   枝が下向きに生えるタケ (逆さ竹はハチクの変異)
 ・焼鮒(やきフナ) 新潟市西区 山王神社
   体に黒い焦げ目模様のついているフナ。
 ・八房の梅(やつふさのウメ) 阿賀野市 梅護寺
   ひとつの花に八つの実がなる八重咲きのウメ。
 ・珠数掛桜(じゅずかけザクラ) 梅護寺、天然記念物
   花が長く房のようにつながって咲くサクラ。
 ・三度栗(さんどグリ) 阿賀野市 孝順寺
   一年に三度花が咲き、実がなるというクリ。
 ・繋ぎ榧(つなぎガヤ) 南蒲原郡田上町 了玄庵
   糸を通したような穴のある実のなるカヤの木。
 ・片葉の芦(かたはのアシ) 上越市 居多神社
   葉が片側一方向にだけ伸びるアシ。


親鸞さんが植えたとか、数珠を掛けたらとかみんな親鸞さん由来の奇蹟だ。

お次は国分寺。
国分寺
聖武天皇が一国一寺~と作らせたもの。当時の国分寺の場所は諸説あり不明だそうだが
現在の国分寺は廃寺化していたものを謙信が再興させたそうだ。
三重塔三重塔
本堂とも何度も火災で焼失しているが、この三重塔は安政3年(1856)に建て直されたもの。
ここにも伝親鸞坐像
おっと、ここにも親鸞さんが。
右は国分寺境内の親鸞堂に安置されている「伝親鸞聖人坐像」。
(「伝」となっているのは定型化した親鸞像とは像様が異なるため)

さあ次は居多ヶ浜。ここはその親鸞が越後に流され上陸した浜。

上陸の地
「親鸞ここに立つ」といった所か。(違)

居多ヶ浜
海を見ながら当時を思う。その頃は電柱も電線もテトラポットもボートもないけれど。

今日のラストは浜善光寺(十念寺)。
ここは謙信が信濃善光寺の本尊を移したと伝えられている寺。
ケーブルテレビのローカルエリア紹介番組で取り上げられていたので、行ってみんばと。
浜善光寺 信州善光寺大本願別院
残念ながらお寺は閉まっていて、本堂は見られなかったが確かに「浜善光寺」と。
ここの近くには親鸞の「鏡池」もあったが通過のみ。
で、本日のツアーは終了。

2日間の初詣ツアーでした。
2008年初(神・仏とも)&初訪問と両方かけた“初詣”なので、深く追求はしないように(^^ゞ
関連記事

初詣2008

1/5 2008年の初詣

前日に賑やかな一団も引き上げ、一気に日常へ。
年をまたいだ寒波もひとまず落ち着いたようだし、2008年も善光寺へ初詣に出かけた。

今日の妙高 2008も「今日の妙高」

駐車場に車を入れ善光寺通りへ。
三が日は過ぎたが土曜日、天気のよさも手伝って?初詣客いるいる。

山門 山門修繕も終わったよう

門前 門前の混雑

到着~ つきました

境内はやはりそれなりに混雑。あのにっちもさっちも行かない混雑ぶりから見れば
余裕なのだが、おびんづるさん撫でるのももう大変、てな。(お参りの方がすいすいだった)
お参りを終えれば鐘の音が。
どれどれ?
鐘つき~ ごぉぉぉぉ~~~~~ん
後姿ではなく横からのアングルを撮ろうとしたら、残念。鐘突き終わっちゃいました。

そして縁起物購入。
お札と熊手。ハハへのお土産のお守りとお線香。
おみくじは中吉。(相方は大吉)。中の縁起物は大黒天・・・ダブリだ…2体目だよ。
(こういう縁起物もお返しするもんだろうか)

 第二六番 運勢 中吉
  雪にたえ 風をしのぎて うめの花
     世にめでらるゝ その香りかな
 
  全体運、端折れば「心静かに」ということらしい

門前街ぷらぷら見て、山門出てすぐのおそば屋さんで昼食。 
限定品らしいカレー南蛮そば(うどん)を頼む。お味はまあまあ。
(写真撮り忘れました)

酒蔵 西之門 見学無料」という看板が目に入り、じゃあ…と寄ってみることにした。
よしのや店頭 酒蔵のシンボル杉玉

まず清酒工場を見学。蔵に入ると、当時の写真や道具などが展示されている。
階段を上る。工程ごとの説明パネルと機械を上から見下ろすという形なのだが、
肝心なところは杜氏の経験とカンに基づくにしても、こりゃもうホントにもう“工場”だね。
すっかり機械化

酒とみその店「よしのや」で何を買うか散々迷った挙句、この蔵の二本柱「西之門・善光寺吟醸」と「雲山・しぼりたて」に決定。
それからまた善光寺通りに戻る。街並み景観プロジェクトなのか、道路沿いの店がかなり
改装していたのでたまげてしまった。
軒並み揃えて蔵っぽいのも悪いとは言わないけど、かつての店並みも古く「らしく」て好きだったんだけどなぁ。
アーケード街に入るが、これまた閉店閉店。アーケードが逆に寂れ感を醸し立てている。
あのペコちゃんもどきも今はもうなくて残念。

ヨーカドーに入り、いろいろと買物。
ちょうど蓼科だかどこかの高原系移動販売クレープ屋さんが店頭前で限定販売中。
「生クリーム」を購入。
駐車場はちょうど帰り客で混雑。先に清算したものの、「清算後20分以内に出庫」できなかったらどうしようかと焦る。
ぎりぎりセーフで出たものの道路も混み気味。ちょっと大回りして幹線道路に出る。
・・・ふっ、渋滞組に勝ったぜ←変な対抗心
あとはどこにも寄らず上越へ。

2008年、よい年になりますように。
夕暮れの黒姫山
関連記事