スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地の祭り 2008

8/30 大地の祭りへ

3年おきのアート・トリエンナーレ「大地の芸術祭」、次回は2009年だが
次のイベントの間にも「大地の祭り(夏)」をはじめそれぞれの作品を楽しめるようになっている。
去年“遺影”を撮ってもらったのだが、今年も「さらば2008の夏・**才の遺影」を撮ってもらおうと出かけてきた。
「名ヶ山寫真館」をはじめとする「大地の祭り」は31日までだったこともあるし。

前日の予報ではどちらも同じような天気(曇り時々雨)だったので、同じなら早いほうがとこの日にしたのだが、結局のところ行ったこの日は時々雨、31日は快晴だったという・・・

で、まずちょっと早めのお昼ははらた屋のカツ定・・・のつもりだったのだが、行ってみたらば残念「本日貸切」で入れず。
うぉー今回もダメかはらた屋さん~~~~。
なので第2候補のまつだい駅2Fの食事処「常春」へ。カツ丼&親子丼を。
そしてやっと「タッチ」のラストが分かった・・・(って今頃)
まつだいver.
ほくほく線・鶴太郎氏の駅名看板「まつだい駅」

「棚田」
「棚田」。お百姓さんバンザイ!

おなかいっぱいになったところで十日町・名ヶ山集落「名ヶ山寫真館」へ。
(“なかやま”と勝手に呼ばせてもらってますが実際は“みょうかやま”です)
名ヶ山集落
真ん中の赤いトタン屋根の奥の三角が「名ヶ山寫真館」です。
写真館正面
写真館側面

中に入ったら、作家の倉谷拓朴さんはお食事に出かけられてて不在。中を見学させてもらい戻られるのを待つ。
そう時間経たないうちに戻られたので、遺影撮影を申し込みもうちょっと中を見学。かわってないなぁ。
ちょっと心の準備?をし、いざ撮影。
「目を閉じ遺す自分を想い、心が決まった時目を開けた瞬間」を撮ってくださるのだが…
2回撮ってもらったけれど・・・うーん、写真はやっぱり正直ってことだ。
主観なんて見事にぶち壊してくれる。これが今の自分だ認めなさいって。
しかし、口ひん曲がりはどーにかならんか自分・・・
相方が撮影中、壁に貼られた“遺影”たちを眺める。その中に妹分Cの写真も。
真摯な「何か」がにじみ出ているように思えるのは単に本人を知っているからだけではないだろう。
2階の窓から
窓から広がる景色に何思う。

他の撮影希望者も来館し、写真も出来上がったので写真館を出る。
峠越えして鉢集落へ。
ここの旧・真田小学校、2009年の芸術祭から「田島征三の美術館」となるのだ。
今年はこのプレオープンとして「かぼちゃの空に民話の星々」という展示が行われている。
そしてこの日は“かぼちゃパーティー”と銘うち、カボチャ料理が振舞われるという。これは行かねばと食い意地はってるお二人さん(笑)

空飛ぶかぼちゃ
体育館の屋上からいろんなかぼちゃがたくさん浮かんでる。
かぼちゃパーティー
そしてかぼちゃ料理いろいろ。あー、お昼に食べ過ぎたのが悔やまれるぅ~~~~(><)
かぼちゃタルト、ちょっと休んでからなんて思ってたらあっという間になくなってしまってた。くー。
腹ごなしも兼ね校舎内に展示されているWS作品や原画展などを見る。
いいなぁ。この感性。こんな絵が描けたらいいなぁ。。。。
・・・と絵本読んだりかなり浸っていたのだが、体育館のほうで何か始まったらしいので戻ってみると
余興タイムが始まっていた。
何て楽器だっけ?
ぶぉ~~~~っと響く不思議な楽器。名前忘れちゃった…
輪になって十日町小唄踊ったり(さすがみんな踊っちゃうんだからすごいなー。自分なんて新潟甚句しか踊れないぞ)ギターの演奏したりと地域っていいよな~~と思わせる余興が続く。
かぼちゃという星の下でのみなさん、光ってましたよ~~
味あるなぁ♪
田島氏の作品・いいな~~~♪

・・・と、ここにずっといる訳にはいかないので来た道を戻り松代の「農舞台」へ。
途中で見た「人、自然に再び入る」(自分たちは「Man」と呼んでいる)はすっかり蔓に覆われて
トピアリーのようになってしまった…(車中から見たので写真撮れず)

農舞台ではこの日「里山ミュージックフェスティバル」というイベントをやっている。夕方からは有料のライブなのだが、それまではいろいろなアーティストがそれぞれの舞台を繰り広げていた。
フリーイベント
ちょうど舞踏を演じられてました。

地元の出店もいろいろあったのだけど、生憎の雨模様でお客さんはまばら。おもしろそうなものも沢山だったのだが…残念。
中の展示は怪談モノだったのだが、相方の苦手なジャンルなのでパス。どんなものか見たかったんだけど。

「旅人の迷路」
2003年の作品「旅人の迷路」も草いきれ
「記憶-再生」
「記憶-再生」(2003)も草すごく近くに行けない…(^^;

そろそろ時間いっぱいになってきたので松之山温泉はパスして帰ることにしたが
車に戻ってビックリ!相方、運転席ドアに鍵を差したまま・・・・・・。
ロックも何もあったもんじゃない、車お持ち帰りくださいみたいなもんじゃないか~。
あー、まったくうっかりさんが~~!
でも車無事でよかったけどさ。気をつけてくださいよまったく。

ってことで、ドタバタもありましたが、今年も妻有行けてよかったです。
来年2009年はいよいよ本祭だぁ~~~っ!
関連記事
スポンサーサイト

直江津みなとフェスティバル2008

8/24 直江津みなとフェスティバル2008

図らずも?謙信公祭とカブってしまい、また不運なことにイベント目玉の帆船
「日本丸」の入港が一日遅れ加えて悪天候というどーにもこーにも状態なイベント。
幸い午後から雨も落ち着いたので、日本丸見学&たらい船・モーターボート乗船狙いで行ってきた。

駐車場から会場へは無料シャトルバス利用。
さあ来ましたよ会場の佐渡汽船ターミナル。

会場にて
雨上がったし・・・と、みなさんやってきたようで。

ではでは日本丸を見に行きましょうか。
日本丸
残念ながら帆を張った姿は見られなかったけど(前日も悪天で張れなかったようだ)。
それにしてもマスト数すごい。もし自分が訓練生だったらこれ覚えられるだろうか…

船内の一般公開へ。デッキ一周。錨もでかい。
(予備)錨
でもこれ「予備」だけどね(^^; ホンモノは海中使用中。

舵もデカイ
面舵、いっぱ~~い!

わっしょい!わっしょい!
名物?椰子の実でのデッキみがき。わっしょい!の掛け声とともにちびっこたちトライ。

他、ロープ結び体験などもあったが、この人とにかく紐結びが苦手なんてもんじゃない。
蝶結びだってアヤシイというのに・・・ってことでひたすら感心しつつ手は出さず(^^;
船室の見学はできなかったが窓越しに無線室をながめ「おお~♪」。
日本丸は未来の船員さんや船長さんの実習船。実際に航海し経験を積んでいく。
クルーのみなさん、これからもガンバってね~~!!

で、お次は佐渡汽船の会場にもどってぷらぷら見学。
スイカの振る舞いがあったのでいただきまーす♪
去年はところてんとかおにぎりとかじゃがバタとかいろいろ無料振る舞いあったけど
今年は有料なんだもんな~~。それでもずっと安いんだけど、無料とはやっぱ違うぜ…

また雨がぽつぽつ降り出したので佐渡汽船のターミナル内見学。
前みたいな大人2名子供1人車付きで2万みたいなプランないかな~~
あれはすごくいいプランだったのに…。
日帰りツアーもあるけど、あれ行くところもう決まっちゃってるからリピーター難しいっしょ?

上階の展示ブースへ。トキのPRや版画甲子園の作品、金山の歴史などの展示のほか
小学校の体験学習の成果なども。
名句!
いいねーこの感性。たまらんぜぃ。

子供たちがそれぞれ作った観光パンフレットも世界に1つだけのパンフレット。
佐渡の魅力をいっぱい伝えてました。

屋上の展望台にも行ってみる。ここは初めて。
灯台展示や資料などもありなかなか面白い。
ちょうど小木からのフェリーが到着したので接岸まで眺めてしまった。。。。
日本丸とカーフェリー
日本丸とフェリーの2ショット。

下に降り、ぽつぽつと小雨降る中、実はこれがお目当てだったモーターボート体験乗船会場へ。
しかししかし残念ながら、時間切れで既に乗船受付終了していた・・・。残念無念。
(たらい舟は天気悪かったので中止になった模様)
もーたーぼーと~~~
いいな~~乗ってみたかった・・・

モーターボート乗れないのならしょーがないし、夕方の日本丸ライトアップまでいるのはムリなので、シャトルバスに乗って会場を出る。
駐車場に着いて車に乗り、帰り道にここ通ったら、まだボート動いてた~~。なんでや。

雨天だったのでちょっと残念なイベントでした。
でもまずまずの人出はありましたぞ。
関連記事

謙信公祭 2008

8/23、24 謙信公祭 2008

春頃「今年の謙信公祭にGackt再び」という話がちらっと聞こえたのだが
大河も終わったし、まさかそれはないだろうと思っていた。
その話もそれきりだったし…
ところがどっこい(古い言い回しですみません)7/4の発表でなんと
今年の謙信公祭にもGacktが来るというじゃあ~りませんか。
あの熱狂再び?!と心はざわめき(ってか、久し振りに友人たちと会えるので)
当日を迎えることとなる。

さて、23日朝。
天気は雨は降らないもののとにかく風が強い。
様子見とバス停確認、春日山公園で発売される限定グッズ
(頼まれていたのもあり)早めに入手しようと会場に行ってみた。
メインの交差点はもちろんのこと、すでに場所取りさんいるいる~
もうグッズ、一部売り切れも・・・(狙ってたのは買えました)
朝の春日山公園
祭りのパンフレットも(転売禁止なんだしオクに出すなよ)しっかりゲット。

特番のためスタンバってたFM-Jのスタッフさんの所に寄ってご挨拶。
そして車に戻る際信号待ちをしていたら、交差点の歩道部に場所取りしてた
女性組にだめだよーとおれないよーと声をかけながら走行中の自転車の年配男性、
よほど腹に据えかねたのか、ある組の大きなバックを車輪で踏んづけて
「通れないって言ってるだろ」だかと捨て台詞残して通り過ぎてったのが
ひどく印象に残ってしまった。。。

確認してから帰宅。慌てて昼夜の用意。
早昼食べて出かける準備してたら友人から「これから昼食」の連絡。
頃合を見てこちらも出発。待ち合わせ場所まで送ってもらう。

で、合流。10年ぶりのM、全然変わってないのぅ。
駐車場→シャトルバスで会場へ。
今回の場所
今回は大体この辺に確定。ラストパフォーマンス場所にも近い方だし。
(写真はまだ車通ってますがこの後通行止めになり、車道まで前に出ました)
で、開始までプチ同窓会。Mのお嬢さんが持ってきたマンガに大ウケ。
こんな場所でもマンガかい!(笑)
ちょうど隣り合った北海道・網走近くからきた歴史好きの大学生のおねえさん、
ここをもし見ることがあったら(見ない見ない(^^;)、連絡ください。写真送ります
「聖☆…」と聞いて続きに覚えがある貴女ですよ~。あとジンギスカンの歌も(笑)

そうこうしているうちに16時半。行列開始。
時間調整というわけでもないけれど、PR?行列。
トッキッキ
新潟国体にくびきの100キロマラソンに天地人などなど。

今年は去年の行列人数よりずっと多い1000人ほどということで、武田勢は上杉勢とは別行動。逆の方からやってきた。
そのあと上杉勢は上杉勢でも「米沢砲撃隊」のみなさま、そして春日山神社の神輿行列が通過。
お神輿通ったあと賽銭&お札担当の方がいたけど、こっちがわ全然来てくれないんだもんなー。
そしてGackt謙信登場時間の17時。なのになかなか行列が来る様子もなく歓声もあがらず例のテーマソング(違)「eternal」もかからない。
今か今かと待つがなかなか。

(実はトイレに行きたかったのだが、行ったら全て台無しだとひたすらガマンしていた自分)
30分以上遅れて、ざわめきとあのイントロ。ようやく行列が始まったようだ。
↑遅くなったのはGacktがテンションをあげていたらしい。なかなか謙信が入ってこなかった?
ざわめきが大きくなってくる。携帯とデジカメを構えてスタンバイ。
・・・来た!




残念、Gackt謙信はこっち向いてくれませんでしたと。
Gackt謙信
唯一の「それらしい」一枚。去年のようなラッキーは起きなかったか。。。

まだ行列は続いてるのにそんなんおかまいなしで例の交差点へ向かう皆さん方。
上杉勢も武田勢もまだいるんだぞ~~(^^;
でも、Gackt謙信がパフォーマンスしてる間、「待ち」の武田勢も負けじとパフォーマンスしてるのがなんとも楽しい1シーン。
「上杉勢に負けてはおれん、わが武田軍もかちどきだー!えいえいおー!おー!」みたいに。
えいえいおーおー!

行列が動き出したので春日山公園へ。
武士大集合
上杉も武田も関係なく写真撮りあったり撮らせてくれたりビール飲んだり叫んだり?(かちどき)それぞれ楽しんでるのがすごくいいんだよなー。夕暮れで雰囲気もいいし。

暗くなり、武士たちも観客も次の会場に行きだし公園は次第にまばらに。
限定販売のGackt謙信グッズを売り切ろうとする売り子のお兄ちゃんたちの声を背に
バス待ちの列に加わる。(最後尾の札を持ったお兄さん、いろいろありがとう!)
夜のイベントは、ほとんど見えなかった去年の経験から行くのをやめて食事することに。
バス→駐車場→某店 で、わいわい楽しく過ごす。

車組、高速バス組(ここで今回のイベントプロモーター?らしき人と偶然話をする)
見送って迎えに来てもらい帰宅。
帰ってからケーブルTVの今日のライブ番組を見る。
そうか、見えなかったけどこんなことをやってたんだ・・・

ここまで膨れ上がらせちゃった以上、来年からの謙信公祭は一体どうするつもりなんだろうと心配になってしまいますが、ともかく2008のGackt謙信イベント無事に幕を閉じました。
関係者の方々お疲れさまでした。そして大イベントありがとうー!!
でも、翌日からその限定グッズがオクで高価に出品されてるのを見たときはやっぱなーと思いつつ、なんともはやな気持ちでしたね。

(※謙信公祭は翌日24日もあります)
関連記事

長岡へ

8/10 長岡歴史博物館と観劇と

8/10は友人というのか妹分というのか(実際のところ自分より
ずっとしっかりした、そしてアンテナ感度のいい方)が出演する劇を見に
長岡まで。

加えて先日本町に行った際FM-J事務所前に置いてあった
歴史博物館の招待券の特別展示がこの日からなので合わせて。

でもって、長岡まで行くことだし盆前だけどそのまま帰省してお参りしてこようと。

ルート的に行程は歴史博物館→ちと遅めの昼食→リリックホール。
ってことで博物館の特別展「アイヌの工芸~ペンシルバニア大学博物館ヒラーコレクション~」へ。

タペストリー
アイヌの生活道具の展示。北海道の自然と調和して生きてきたアイヌの生活が伺える。
そしてアイヌの文様ってなんかいいよなぁ。

今回の特別展にあわせてのミュージアムグッズがあるかと思っていたが、残念ながら全くそういうのなかった。ってーかグッズ自体全然なくなっちゃってるし。
去年の風林火山展の時にはあった食堂も閉まっちゃってるし・・・
時間がないので(おなか空いてたのも一因)常設展見るのは今回パスし次の場所へ。

お昼は長岡ラーメン「あおき」。
ラーメンチャーシューメン
久し振りの長岡ラーメン、ンまかった~

会場のリリックホールのすぐ近くにアピタができてたので、どんなもんか見に行く。
新潟のアピタに比べてもデカイなぁ。
時々聞く「ヴィレッジヴァンガード」も入っていたので見てみる。
な・か・な・か♪
けど、ファッション主だし客層限られちゃいそうだな。
すでに自分脱落してるし(^^ゞ

米百俵
リリックホールとハイブ長岡前の芝生広場にある「米百俵群像」。

リリックホール入場。
えーと、第一スタジオはどこだ?と会場案内図を見てその方向に行くが、ない。
??と思ったらここは2階だった(^^ゞ
階段下りてみたらありました第一スタジオ。
あんかー・わーくすの湊物語シリーズ「高麗犬(こまいぬ)おるん」。
「おるん」ポスター
ストーリーはネタバレになるので書きません。
一つ言わせてもらうと、せっかくの新潟の下(しも)町の話だから新潟弁取り入れてほしかったな~。
けど、湊稲荷神社の高麗犬さんに会ってみたくなりました(まだ行ったことがない)

コマイヌくん
ゲットした限定5体のミニ高麗犬・コマイヌくん(回ります)
願い事いっぱいしようっと←おいおい

公演後彼女にも久し振りに会えたし、満足満足。
その後アピタ・ジャスコで買物し新潟に向かった。
関連記事

Rikkaとはすまつりと

8/9 チャレンジショップ「Rikka」とはすまつりへ

8/4から本町5のほっとステーション五番館で「Rikka」が開店している。
Rikkaは高田商業高校を中心に、大町小、城北中、上教大と連携し、運営するチャレンジショップ。
地元食材やオリジナルデザートなど面白そうなものを出していて、かつ小中高生たちが接客からレジからがんばるお店なのだ。

ってんで、ワカモノ応援のワカヅクリモノ(笑)はチャリでGo!
お店に入ると店員さんが笑顔で「いらっしゃいませー!」。
あれこれ眺めてると一生懸命商品PRしてくれるんだな。
でもごめん、うちも出てる野菜みんな作ってるんだ。

デザート、どれも美味しそうで迷ったが結局「米粉シュークリーム」にする。
あとシフォンケーキと一口サイズの翁飴(チョコ・胡麻)、手打ち生そばも。
レジまでに生徒がカゴを持っててくれるというこれまた至れり尽せり。

600円買うと抽選券がついてくるのでくじ引いたが末等。
でもRikkaのイメージキャラグッズだしOKOK♪

去年は県外の商業高校の商品も置いていたが、今回は地元商品に絞った・・・
いや、昼にあわせて横川の「峠の釜飯」も出すみたいだったなぁ。

RIKKA(リッカ)店内
いい企画だと思うので、これからもがんばれワカゾー!!(って古い?)

その足ではすまつりが開催されている高田公園へ。
昨日の「オクトーバーフェスト2008」も上越での正式名称は
「オクトーバーフェスト2008 in はすまつり」だしね。
昨晩はもう暗くてはすは見れなかったので昼間モードで。

はすまつり

つぼみ
果たして開花のときに音はするのだろうか。

会場昼バージョン。
オクトーバー会場
会場2
まだ開始時間じゃないのでお客さんもあまりいないけど…
昼ビールも美味いだろうな~~~いいなぁ。

ってな土曜のおでかけでした。

関連記事

オクトーバーフェスト2008

8/8 「上越オクトーバーフェスト2008 IN はすまつり」へ

8/7~8/10まで市内は高田公園(の南厚生会館跡地)で
日本海側初でもあるオクトーバーフェストが開催される。
(リンクには承認いるようなのでサイトへは検索からどうぞ)

ドイツビールの祭典ということで、前から楽しみにしていたイベントだった。
週末はちょっと用事もあるので、8日夕方にチャリで行ってみた。
会場は金曜の夜ということで仕事帰りの方々なんかもいっぱい。
ビール、ドイツ料理、地元の味にも長い列。
ビールグラスは初回グラス保証代1000円徴収されちゃうんだけど。

ドイツビール
エルディンガーヴァイス(左)とケストリッツァー。
すみません撮影前に飲んでしまいましたm(_ _)m

ドイツ料理あれこれ
この他にラビオリも。でも、ザワークラフトはちょっとイメージしてた味とは違ったなぁ。
ぜんぜん酸っぱくないんだもん。

上記ビールのほか、「ヴァイスビア デュンケル」「ビットブルガーピルス」など
出展されているビール(料理ブースのと富士ビール、地元ビールは除く)、
みんな飲んじゃったよ(^^;ゞ

エコー楽団の演奏

で、ステージではツークシュピッツ・エコー楽団のみなさんが乾杯の歌で盛り上げてくれる。
この乾杯の歌、ことあるごとにがんがん演奏してくれる。
ここでも
ステージ下りてテントの中でもこんな風に。
酔いも手伝って、歌にあわせてグラス持ち上げ、「3、2、1、ダァー!」ではないが
「アインス ツヴァイ ドライ ズッファ プロースト~~!」と何度も乾杯コール。
(実際は何言ってるのかわからず意味不明口パクでしたが)

21時のイベント終了時まで楽しんできました。
惜しむらくはビールでお腹いっぱい酔っ払い状態になってしまい
ドイツワインまで手が出なかったこと。
せっかく無料試飲もあったのに~~~。

そして、どっかの酔っ払いが置いていったビールグラスはないものかと
テーブル見回すセコセコ酔っ払い約2名。(あるわきゃないだろ)

とにかくひたすら明るいドイツビールの会でした。
あー楽しかった♪
関連記事

長岡の花火 2008

8/3 長岡の花火(2日目)へ

8/2、3と今年も長岡まつり、花火大会が開催された。
2日はちょっと天気が怪しいということもあって、翌日・3日に行ってきた。
この日は「天地人花火」というものも打ち上げられるそうだし。
(2日のは家でネット配信のを見ていた)

無料席の開放は14時から。朝食食べて仕度してさぁ行くぞ長岡へ。
コビルはひとまずコンビニおにぎり。
例年どおりの手順を踏んで、開放まで1時間ちょい。
これも例年どおりのことだがとにかく暑い。
14時の時報と共に席開放。人がだぁーっと動きだす。
それぞれの場所確保してしまえばあとは花火開始までご自由にとばかりに
レジャーシートを残し皆三々五々。

で、自分たちも長岡中心街(駅前)方面へ。
涼めて何か食べられそうなお店探しも兼ねて商店街のまつりイベント見物。
自分としては去年と同じでデパートの屋上でもよかったけれど
15時から店を開いてる海鮮系居酒屋があったので手っ取り早くそこに決定。
昼と夕食になる飲食を。

その店を出てから物産館へ。
今年の花火グッズは花火手ぬぐいとTシャツ(相方)、そして北島三郎御大の
「大花火音頭」のテープだっ!
ついに大花火音頭がいつでも聞けるぞ。どんどんどどん♪
(CDならもっといいのになぁ)

一応会場でも食べる軽食を通りのスーパー(激混み)で買い、ぷらぷらと戻り
花火開始を待つ。


さぁ19時過ぎ、メッセージ花火で花火大会スタート。
オープニングはメッセージ花火
追善供養、誕生祝・・・人が人を思うその思いに・・・じーん。

それからは今年も「これでもかこれでもか」というくらいに花火あがるあがる。
目新しい?のは柏崎の時にもあったが、型花火。
柏崎ではいろんな動物(の顔部)だったが、長岡ではキティちゃん。ピカチューも前見たし。
ただこれ方向あるんだよね・・・
ハート
元祖?ハートタイプ

どんどんどどん♪
どんどんどどん どんどどん♪とサブちゃんの音頭よろしく花火があがり、
目玉の三尺玉もその巨大な花を咲かせる。音ももう格別だよね。
腹にずしーーーんと来るあの響き。
そして今年初の・・・というか多分最初で最後の「天地人花火」。
勝手にタイトル付けすれば「“来年の大河ドラマ”天地人“絶対見てね!のPR”
花火」
といったところでしょうか。
さぁ、打ち上げ開始でございます!!

地元・マスコミ・TV局、観光協会が総力をあげて?打ち上げる花火は3分あまりの
ワイド特大ベスビアス大スターマイン。すごいすごい。
もう圧倒圧倒ぽかーん状態。

すごいってばよ
サブちゃんにも見てほしい、そして新・大花火音頭を歌ってほしい天地人花火。



これもとても全部録りきれませんって。

この次のスターマインがちと気の毒でもあったけど、更に花火は打ち上げられ
二度目の三尺玉も腹にずどんと響きいよいよクライマックスも近くなる。
そして来ました。「えぶぃでーあいりっすんとぅまいはー♪」が流れる「フェニックス花火」。
フェニックス
これもどんどんばんばん打ち上げられる。
ただ、あまりにワイドすぎて半分しかカメラに入らない・・・。
こちらもやはり感動。震災からのいろんなことが思い出されて泣けるよなぁ。

いよいよホントにクライマックス。
花火師さんたちの創意工夫、来年からのメインになるかもしれない匠の花火、
そして花火師・まつり協議会が打ち上げるツインスターマイン。
このスターマインを持って打ち上げ終了。

ファイナル恒例の「花火師さん、ありがとう~~~~!!」。
信濃川の両岸でたくさんの光がきらめく。
ああ、やはり長岡、イイ。

あとは荷物抱えて駐車場・・・の手前の喫茶店で今年も一息入れて。
上越まで帰途の人となったのでした。
(片貝の入り口の道間違えて小千谷まで行ってしまったのは余談(^^;)
聞こえなくなるまで聞いていたFMながおか特別番組「FM三尺玉」、
リスナーやっぱり天地人花火を皆称えてたぞ。
フェニックス食われちゃったか?

ちなみに今年の花火、2日45万人、3日40万人だったそう。
でもこれって市内の自分ちで見てる人たちってカウントされてないんだよね。

今年も感動をありがとう!
そして、空襲の犠牲になられた方々に合掌。
関連記事

あわゆき組・夏 in 高田小町

8/2 あわゆき組・夏の催し in 高田小町

8月2日、あわゆき組の催し、「あわゆき 和の市」「あわゆき読みかたり」が
高田小町で行われた。
和の市はフリーマーケット。以前(春?)の同イベントを地元CATVニュースで見て
どんななのか気になっていたので、30度を越す暑さの中、チャリを漕いで行ってきた。

開催時間は12時から14時。
昼食が済んでから出かけたので会場に着いたのは14時20分前くらい。
あわゆき組の方々は皆浴衣。さすが。
夏の町屋の雰囲気たっぷり。

フリマはやはり早いもん勝ちというのか、品数が少なくなっていて、自分好みのもの
見つけられなかったのは残念。
いや、なくはなかったんだけど、迷いが出てしまって結局やめてしまったのでした。
和装のものが多かったんだけど、それには「モノを大事にする心」がたくさんこもっているのも
歴史がこもっているのも分かってるんだけど、自分には宝の持ち腐れになっちゃうからね…

夏のあわゆきさん

このあと、「あわゆき読みかたり」、そして夕方からは町屋三昧・夏の巻というイベントもあり
ガテンボーイズの演劇や小町's Barなどあって、できたら行きたかったのだが
いろいろあって結局行けずじまい。
あー、高田小町、もうちょっと近ければ・・・そしてこの日がもうちょっと涼しかったら・・・
残念。

でも、また次の市にも行きたいと思っとるのでした。
次の小町イベントが楽しみです。次は秋かな?

帰り道に見かけた町屋の2階部。
こんなとこにも
窓枠こっそり小粋。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。