友理さんポストカード展

9/28 宮越友理さんポストカード展

9/27、28と市民プラザで宮越友理さんのポストカード原画展が開かれた。
その優しく温かく、でも優しいだけでなく強さもある言葉に触れたくて
今年も出かけてきた。

ばるーん
ポストカードのキャラ、なんとバルーンアートでできてます。
実物見たらけっこう大きくてびっくりしました。
顔は直描きだけどそれ以外はバルーンでできてます。すごいなぁ。。。

友理さんは中学時代いじめを受け不登校になり、難病を抱えていますが
ポストカード制作をはじめ不登校についての講演などご活躍されています。

あたたかいイラストとその優しく強い言葉がいいんだなぁ。
友理さん、これからのご活躍期待しています(でもお身体無理させないで下さいね)。
関連記事

FM-J ライブステーション 2008・秋

9/21 FM-Jライブステーション at Valor

この日はFM-J恒例?のライブ。3月のに次いで9月にもやってくれるんだ~♪

出演は落合みつを真季相川瞳(敬称略)の3名。
いずれも新潟県出身のアーティスト。そして県内コミュニティFMで番組を持っている。
これは行かないわけにはいかんだろう~と、時間的にちょっとキツイが午前・午後とも参加してきた。
個人的には13時半~、15時半~とか午後2回の方がありがたいのだけど(しつこい)。

友ちゃん
MCは我らが友ちゃん♪

午前の部(11時~)は真季ちゃんとみつをさん
トップバッターは田上町出身の真季ちゃん。
ラジオで曲は知っていたので、機会があったらもっとよく聴きたかったのだ。
真季ちゃん
それにしてもほっそい!のにパワフル&しっとりな歌いっぷり。
中越地震の思いから作られたという「Harvest」、あの時のことが思い出されてうるっと来てしまった。
やっぱりみないろんな形で被災したんだ・・・

続いてみつをさん。
みつをさん
相変わらずかっちょえーですなー。聴かせる聴かせる。
そしてなんで「ダンシング・オールナイト」と「シルエット・ロマンス」をカバーしたのかやっと分かった鈍い自分。そか、そういうことか。
でもみつをさんのカバー、ジャズテイストが雰囲気あっていいですわなー。

で、前半終了。
CD購入し、昼食用にイタリアン(今日は初物のホワイトイタリアン)買って帰宅。
急いで食べて再び会場に。
(車内で早速CD聴こうとしたのにディスクエラーが出てどれも聴けない。ワガママデッキめー)

14時。第2部スタート。
今度は相川瞳ちゃん。
瞳ちゃん
こちらもほっそい!バックミュージシャン引き連れてレゲエっぽいというかゆったりテンポで歌ってくれました。
まさかエグレーゼの話が出るとは思わなかったぜ!(笑)
「Dear Friend」は元気あってやっぱ好きだなぁ~

そして再びみつをさん登場。
2ndステージはロックな「ダンシング・オールナイト」からスタート~
・・・しまったデジカメの電池がない。スペア忘れた・・・で写真が撮れず。
いっぱい歌ってくれました♪

3人とライブ後それぞれにお話もできたし、楽しい時間でした。
すみませんローカルネタばっかしで。
是非また上越に来てちょうだいね~~~
素敵なライブをありがとうFM-J!八木さん友ちゃんお疲れさま!

夕方からのみつをさんのライブ、今回も行けないのが残念だけども
きっといつかチャンスはある~~~はずだ…

そして、ファン&リスナーの方たちとお話もできたのがまた嬉し。
こんなヤツですがよかったら以後もよろしくしてやってくださいませm(_ _)m

おまけ
ソフトボール
19日から3日間行われていた新潟国体プレ大会・ソフトボールの試合。
観客もいっぱいでした。(信号待ちの間に撮影)
関連記事

総合博物館と小林古径邸

9/20 総合博物館と小林古径邸

7/26から上越市総合博物館では「上越市の文化財展」が開催されている。
夏休み期間を避けて9月に入ったら・・・などと思っていたのだが、
時間はあっという間に過ぎ、気がつけば会期終了の23日が間近だ。
21日は予定あるし、22日は休館日?、23日は最終日だし予定は未定・・・
もう今日しかないじゃないかとソフトボール国体プレ大会(金メダリストたちも来ている)で
賑わう会場を背に会場に行ってきた。

撮影禁止とは書いてなかったみたいだけど博物館だし…ということで自粛。

でも、50年毎にご開帳となる仏像や木喰(もくじき)さんの仏像、謙信公の軍配とか
木造の狛犬さんとか平安時代の竜笛、あのおなじみの?海獣葡萄鏡とか、
そういう長~~~~~い歴史のあるものがいーーーーっぱい。
ひそかに興奮状態の自分(^^ゞ
目録本
今回の展示物が載っている目録は1冊500円。願わくば最低「何年・何時代」も載せてほしかった…

そして小林古径記念美術館へ。
古径さんは上越市出身の日本画家。作品の中には切手に使用されているものもあるので、目にしたことがある方も多いのではないかな。
こちらももちろん写真はないけれど、デジックアートでの鮮やかな色の作品を堪能させてもらった。

古径さんはとにかく写生、習作、デッサンをされた方で、天性の才能に加え「見る力」を積み重ね更にその才能を昇華された方なんだなぁと全くもって。
見る力を養わず、なんでも大まか・ちょちょらに目に映してこなかった自分大いに反省。
やっぱり描かないとだめなんだよなぁ。。。(と絵を見るたび思うんだけどなかなか…)

「よく下書きのほうがよかったという人がいるけれど、それは本画が下絵の魂(だったかな?)を越えていないからだ」というようなことがパネルに書かれていたけれど…
そうか、下書きより本線の方がいいと思えるように描かなきゃいけないんだな~
まったくまったくあきませんなぁ自分。猛省せよ。

博物館&美術館を出てお隣の古径邸へ。(チケットは共通券なのだ)
いいね~~~~
吉田五十八氏の設計なんだそうだけれど、見えないところに工夫、ちょっとしたひねり、
こだわりが見て取れる。
窓は開かれていて庭園が目の前に広がる。ああ開放感。
時間があれば畳にねまってぼーっとしていたいくらい。

窓から見る庭園
ゆったりと、そして静かに別の時間が流れてる。

アトリエの方でも静かにゆっくり作品を鑑賞・・・したかったのだけど
知らない間に蚊か何かに数箇所食われていてかゆさピークでぐぉーーっ!(耐)状態。
あーもったいない。

古径邸
古径邸
アトリエ
アトリエ

古径邸は春の桜の頃もいいけれど秋の紅葉時がいいという話を以前聞いたことがあるが、実際秋も深まった頃もいいんだろうな~。
でも雪景色もよさそう・・・どの季節にもそれぞれの魅力ありそうですな。

インフォメセンターではビデオで古径邸と古径さんの紹介2作品が放映されていたけれど時間なく途中でタイムアップ。

また次の機会のお楽しみにして今回はここまで。
次の用事が待っている~とあとはHCなどで買物。

おまけ
内堀と三重櫓
初秋の高田公園・内堀と三重櫓。約5ヶ月前は桜満開だったんだけどねー


なお、古径邸の写真に関しては、小林古径記念美術館から了承いただき公開させていただきました。
(写真をブログなどで公開する時は無断使用禁止、確認要です)
関連記事

第6回久比岐野陶芸展

9/11 第6回久比岐野陶芸展

この日は用事で本町に出たついでに大和に寄ってみた。
そう、「ぬくもり展」をやっていたのだ。
こちらは以前厚生会館でやっていたぬくもり展とはちょっと違うものだったが
かなやの里の作品をメインに展示していた。

そして今日展示が始まった第6回久比岐野陶芸展、これも観覧させてもらった。
高井先生の書
陶芸家高井進氏の書

専門的なことは分からないけど、陶芸も深い。色合いもしかり。
展示作品

開催当日ということで表彰関連で関係各位の方々もいたりとなかなかに混雑。
でもゆっくり拝見させていただきましたぜ。
なんてーか、静の中には土と焼きと釉薬と向き合う作り手の「気」がぎゅっと詰まってるというか。
その向き合った勝負の結果が作品なんだよなーと。

いい時間をもてました。色々なジャンルの展覧会、これからも見たいね~♪

関連記事

片貝花火2008

9/10 片貝まつり 

この日は片貝まつり2日目。9日とどちらにしようかと迷っていたが
10日はハハの病院もあるので病院終わってから出かけることにした。

頚城平野
稲穂も頭を垂れ収穫近し

柏崎から小国に抜けそして小千谷に入る。今年も去年と同じ所に路駐のつもりが
今年は規制かかっちゃって停められないとのことなので、係の方に聞いて別の場所へ。
でも見る場所は去年とそう変わらなかったりする。
去年の県外ナンバーの熟年キャンプ組、今年もいたし。

観覧場所も確保したのでまつりの中心、浅原神社へぷらぷらと。
まずは神社にお参り。お神酒もいただく。
お隣りでは小千谷伝統芸能の「巫女爺(ミコジサ)」の紹介と人形展示。
巫女爺は小千谷・小国・長岡・越路などで祭りの時に演じられていたもの。
巫女1体、爺3体があり、爺がユーモラスな舞いを踊る・・・らしい。

片貝の巫女爺は元治元年(1864)山口まきの(まき=系列?)神明社の再建時に
奉納芸として同市横町(現:平成町)から導入されたと伝えられているそう。
昭和48年に一旦途絶えたが、平成2年に片貝伝統芸能保存会が発足し、
平成7年に復活上演されている。
現在は祭礼上演だけでなく、敬老会や学校、保育園などでも演じられ、
伝統の継承・保存にも力を入れている・・・そうです。
巫女爺
地区によって巫女さん爺さんのお顔もまちまち。でも共通しているのは「歴史」。
ある意味すごくレアな「巫女爺ストラップ」を購入する。

そして今年もビール片手に奉納相撲観戦。
奉納相撲
ある取組で力士さん打ち所が悪くて鼻血流血騒ぎ。
こんなに出血して大丈夫かと思うほどの量で見ているこっちも焦る。
それでも土俵では取組続いていたのだけど…(無事止まりました)

片貝祭屋台
平成16年に完成した45年ぶりに復活の片貝祭屋台

神社を出て露店が並ぶメインの通りへ。
町内山車
並ぶ露店に各町内の山車に笛の音が祭り気分を盛り立てる。
お土産コーナーや露店ぷらぷら眺める。
ポッポ焼きを買ってみたけど・・・微妙にしょっぱい。材料配分間違ったんじゃないか~
また神社戻ったりお土産コーナー見たりしていたがそろそろ戻ろうと観覧場所へ。

で、ここで腹ごしらえしながら打ち上げ開始を待つ。
やはり9月ともなると夕方は肌寒くなるので上着を持ってきたのだが正解。
あとから来たおにーちゃんがた寒そうだったもんね。
さあ打ち上げ開始でございますっと♪

打ち上げ場所からならよく聞こえるのだろうけど、ここだとちょっと聞き取りにくい。
真正面(どこから見ても正面ではあるのだが)で場所はいいんだけどね~
長岡のような効果音の代わりに「尺、尺、尺です!」とかって言ってる…んだろう多分。

スピード感というかベスビアス大スターマインのような派手さはないが
1つ1つが大きい。そしてそれぞれに片貝の人たちの「思い」がこもっている。
そして大きな花が咲く

そして目玉の4尺玉。サイレンが響き緊張が高まる。
携帯スタンバイ。カメラスタンバイ、目スタンバイ。
打ちあがって開く・・・「ピピピピピ」。
電池がありません充電してくださいと携帯の無情なメッセージ。
ああっ、今年もかい・・・!!何てお約束な…orz
1つレベル減ったから注意していたのに~~~
そしてその動揺でカメラも失敗。あーあ。
でも見たことは見たけどね。

最後の最後に特大スターマインが上がる・・・はずなんだけど
しばらく待っても上がらない。
じゃあ帰るかということになり動き出し高速の側道まで行ったところで
その特大スターマインが上がったという。あらららら。

途中渋滞に遭いながらも、片貝抜けたらあとはすいすい順調。
日付変更線を越えたが無事に上越到着。

・・・今度は携帯電池気をつけよう。うん。
↑でも二度あることは三度ある、ってな(笑)
関連記事

MSAW live at valor

9/7 バローでのMSAWライブ

2008年(つまりは今年だ)4月にオープンしたバロー上越モール。
ちょっと距離があるのでちょくちょく行けるところではないけれど…。

この日はMSAW masamichiさんのライブがある。
最初の情報では11時~、13時の2回。
自分的には13時~、15時~とか、午後に2回とかの方が行きやすいんだけど
そう自分の都合に合うもんじゃない。
昼を挟むとなるとちょっと家庭の事情が(何言うてんだか)。

結局13時~は間違いで実際14時30分だったのだが。
でも午後は戻るということにしちゃってたので、今回は残念だけど午前の部だけ。

MSAW9/7

オリジナル曲、カバー曲とあっという間の約40分。
やっぱ「君に見せたい空がある」いいなぁ。
曲が生まれた背景と妄想イメージが膨らんでちょっとうるうる。

それにしてもギターを奏でる指使いってすごいなー。
指の動きに目が行ってしまう自分。弾けないから尚更。

ライブ終了後、ファンの方とちょっとおしゃべり。
お嬢ちゃんが以前ご一緒したときのこと覚えててくれたらしくて
手を振ってくれたの、嬉しかったなぁ。
その後イタリアンをお昼用にテイクアウトし急いで帰宅。

次のライブは10月第一週末の岩の原・収穫祭。
出演12時半~ってことは、土日どっちかかぁ?(昼時…(^^;)
それは置いといて、当日楽しみにしていよう。

願わくば・・・晴れてくれよ~~~~~~~~~!!
関連記事