北陸雪割草連合会展示会2009

2/28 北陸雪割草連合会展示会へ

2009年2/28~3/1、魚津市ありそドームで第5回雪割草展示会が行われた。
この展示会もやはり外せないので初日にれっつごー。
前回は気合を入れて早く出たのだが、花の開きがまだだったという経験から
あまり焦らず魚津まで。
途中親不知と市振の道の駅に(スタンプ押しに)寄ったが、親不知のオープンは10分後。
残念、帰りにでも。
今日の妙高(連山)
方向が違うけど「今日の妙高」。左奥の台形っぽいのが妙高の頭。

ロードマップを見ながら行ったのだが、入り口を間違えて(というか道なりに行ったら)
また去年と同じ道に入ってしまった・・・。が、無事にありそドームに到着。
さあ会場へ。
会場内
買い物カゴを手に、じーーっくりと吟味吟味吟味~。まずはひらめきのみでセレクト。

気がついたらお昼になっていたのでドーム内の軽食屋さんに入ったのだが
今年も昼時である程度混んでたのはわかるけれど、軽食なのに時間掛かる掛かる。
持ってきてもテーブル間違うし・・・うーん。

食後にありそドームの展望台に上がって日本海&能登半島、北アルプスなど眺める。
能登半島
上から空、能登半島、日本海。さすがにこの時期まだ蜃気楼は見えません(^^ゞ
北アルプス
剣・立山は雲かかって見えなかったけど・・・。

ドーム内の体育館ではバスケ部orチームが試合中。
がんばれ~
めざせ富山グラウジーズ!…ってか?

さて、気分をまた切り換えて再び会場へ。

全国大会受賞花
全国大会で受賞した花たちの写真も。

午後からは展示品じっくりと眺め・・・の割に写真余り撮れてなかったりするんだけど(^^;
黄花とナデシコ咲き、やっぱり富山すげーや。

展示品の入賞花。
輝山
「輝山」

黄帝
「黄帝」

「紅流恋」
「紅流恋」

展示品をじっくり見てから再び即売品を吟味。改めて見るとまた違って見えるし。
(銘品再確認ってか)
それからお楽しみ、取捨ターイム(笑)
予算とお互いの好みと既存株と交配と・・・ギリギリの攻防戦。(大分減ります)
戻しに行きつつまた別の株持ってきたりするのもやっぱりお約束。
(そしてまた吟味タイムだったりして)
なんてやってるとエンドレスなのでもう打ち止めとし会場を出る。
また来年のお楽しみ♪だね。
展示会の写真集はこちら(ふぉとふぉとにリンク)

魚津の駅前のスーパーで買物。魚が安くてやっぱり「魚の津」の名前は伊達じゃない。
でも驚いたのはイカの塩辛がみなイカスミ入った黒いイカの塩辛だったこと。
しおから
3段とも皆イカの塩辛・黒作り。
(試しに買って食べてみたけど、ちょっと生臭い。でも慣れるとクセになりそうな感じ)

来た道を戻って&寄り道して宇奈月の道の駅でスタンプ押印。
長年気になっていたビールソフトにチャレンジ。
ビールソフト
ソフトの甘さとビールの苦さ、そして炭酸入ってるのかピリッとした感じ。
リピーターになるかどうかは微妙だなー。

朝ダメだった親不知の駅に帰りも寄ってみるが、残念。冬季営業時間のため
既に終わってました。。。
10分に泣き20分に泣いた道の駅親不知。

あとは帰るだけ。
途中住宅火災が見えた。屋根からも火が噴き出し、窓から踊るような炎も見えた。
ココに住んでる人たち無事ならいいなと思いながら、火事はやっぱりおっかねーと
思いながら帰宅。

雪割草を楽しみ、火の用心を再確認した一日でした。(ああ親不知~~)

----------------------------------------------------------
翌日の新聞によると、この住宅火災、一人暮らしの高齢者だったのだが
ちょうど留守していたので無事だったそう。お気の毒だけどよかったよかった。
関連記事

安塚スノーフェスティバル2009

2/21 第26回安塚スノーフェスティバルへ

十日町の雪まつりを見てから今度は安塚へ。
(今年は小雪で大島区では山手の開催のみ。ちょっと遠いということもあり今回はパス)
残念ながら今年はキューピットバレーでの花火打ち上げはないそう。

国道253号から虫川のT字路を安塚方向へ。
道路端に連なるキャンドルの灯。住宅前には手作りほのぼの雪だるま。
運転してるんで写真撮れないのが残念。

道の駅やすづかへ。(スタンプ押しもしたかったし)
親子牛かな
ここは施設が開放されて休憩所にもなっているので、暖を求める人たちがいっぱい。
汁物は十日町でたくさんごっつぉになってお腹いっぱいだったけど、
微妙にご飯ものがほしかったので焼きおにぎりをぱくつく。
そしてかぼちゃスープにそそられる自分(満腹なのでは?(^^;)←でも早々に売り切れてた

円平坊のえんむすび茶屋はやはり大人気。駐車場待ちで渋滞も起こってたので
ここは今年も見送り。
キューピットバレーまであと2kmくらいのところで(圧雪もあったし)Uターン。

信濃坂
「信濃坂」にて
こちらも
パッと見何だろうと思ったが、「おいしいよおしるこ」など書いてありました。横に読んでね。

高沢集落
今年も電飾ハウス&高沢集落の雪飾り
神楽~
神楽の里・高沢の獅子さん。今年は雪少なくて大変だったね。

えんむすび茶屋は相変わらず混んでいたのでスルー。和田茶屋は道入り損ねてスルー。
安塚小学校が会場の石橋茶屋へ。
石橋集落
カメラマンも大勢いましたぞ。

もういっちょ
じゃっくおらんたんさんの後ろは滑り台。子供たちが浮き輪使って楽しんでました。

そろそろ今日の部終了なので来た道を戻る・・・が、途中キャンドルロードが見えていた別の道
(リバーサイドロード)に寄り道。
でも国道から見ることを考えて設置されてたので、逆に通ると見えないトコもあったりする(^^;

こちらも全部回りきれなかったけれど、各集落の皆さま、お疲れさまでした。
ろうそくの灯が消えてないかをチェックして回ってたおじさん、駐車場誘導してくれたおじさん、
甘酒他おいしいあれこれ作ってくれたおかーちゃんたち、「また来て下さい」と言ってたおじさん、
電飾つけてたお宅、かわいい雪だるま作って飾ってくれたお宅……安塚のみなさん
天気はまずまずだったものの小雪の中、今年もあったかい手作りイベントをありがとう!
関連記事

第60回十日町雪まつり

2/21 十日町雪まつりへ

2/20~22の3日間、十日町市では60回目の雪まつりが開催された。
最初に雪まつりが開催されたのは昭和25年2月4日。
「雪を友とし、雪を楽しむ」というコンセプトのもと始まったイベントだそうで、
そして日本で最初に雪まつりを行った「現代雪まつり発祥の地」なのだ。
(さっぽろ雪まつりも同じく昭和25年からで60周年だそうだが、
発祥の地を謳うってことは、十日町の方がタッチの差で数日開催日が
早かったのだろうか…)

十日町へは国道253号。大島区の儀明トンネル抜けるとそこはもう十日町市。
(松代は十日町に行っちゃったからね~)
農舞台

んでもって来ました十日町市街。
車を停めてまずコミュニティ広場へ。ここでまずマタギ酒&クマ汁をいただく。
(クマ肉ってのは、鶏・豚・牛でどれが近いかと聞かれれば、
ちょっとすじのある固めの豚肉・でも脂がある、って感じかな)
気がつけば雪が降り出した。

雪上茶室
雪上茶室。すげー!(カメラ入りきれん)

ネージュくん
雪まつりキャラ「ネージュ君」も♪

星空のペガサス
南さつま市の皆さんが作られた「星空のペガサス」。

「友誼」
こちらは中国ハルピン市から「友誼」。うーん、国際的。

商店街・コモ通りでは「光輝くコモ通り」。
トトロ~
ちっこいかまくらの中にはジブリ作品の灯篭が。

駅通りでは雪だるま短冊とちんころたち。
ちんころ
ちんころってのは、米の粉(上新粉らしい)を練って、食紅等で色を付けて作られた物。
縁起物とされている。そしてひび割れれば割れる程縁起が良いそうで。

そしてもっさもさと降る雪の中時々あったかいもの食べながらあちこちぷらぷらと。
キナーレではFMニイガタ主催のSound Splash Winter Stage'09。
高野千恵ちゃんやカナデフウビはじめC-C-B、山下久美子などなどのアーティストの無料ライブ。

SSWS
千恵ちゃん&リトルコーラスの皆さん・・っても、降りしきる雪で何が何だか(^^;

ライブ聞きつつFMとおかまち(もう特番終わってた)のスタジオや並びの和モノ屋さん、体験場などのぞいたり。
隣りの道の駅クロス10も大賑わい。十日町の酒蔵「天神囃子」「松の井」の試飲も。
某試飲コーナーではなかなかコップ渡してくれなかったけど、それって未成年に見られた?(←たわごとですのでスルーしてください)
クロス10出て雪上カーニバル会場に向かう。いやー、雪ぼっさぼっさ。
坂を登ったところに十日町小学校があり、生徒の作品展をやっていたので見学してから隣りの会場へ。
ちょうど中村あゆみがリハーサル中。
ステージ
「リハ中の録音・写真撮影は禁止します」ということなのでリハ終わってから
火焔型土器イメージしたステージをパチリ。本番はすごくキレイなんだろな。花火も上がるし。

再びコミュニティひろばに戻る。
茶室
雪上茶室では抹茶のサービス(無料)が行われていた。待つ列に気が引け見るだけ。
しかし雪すげー。茶室も見えん…

子供は雪の子♪
でも子供はとっても元気♪

十日町駅ほくほく線側の雪像、再びキナーレ周辺を回り駐車場に戻る。
60回目にしてはじめて行った雪まつり、全部廻りきれなかったけどその規模やっぱりすごいや。
団体客や外国の方も多い。そして市民の協力もすごいしありがたい。
(無料駐車場にしても無料休憩所にしても)
上越のレルヒ祭、さ来年100周年だけど、かなわないだろうな~。
当時の雪への見方とか、まぁいろいろあるんだろうけど、同じ豪雪地でなんで上越地方は雪まつりという方向に目が向かなかったんだろうと思ったり。
(直江津はそんなに雪降らないし、高田の雁木町家では道も狭いし、周辺集落では
雪はあっても力=バックアップがなかったから?)
謙信公祭も、夏の祇園にしろその地区地区って感じだしな。花見もちょっと違うし。

それは置いといて、十日町雪まつり、さすがのさっちゃん(古!)なイベントでした。
またチャンスがあったら行きたいな~~~そして他の地域も今度は廻りたい。
雪まつり関係者のみなさま、そして市民のみなさま、お疲れ様でした!
どうもありがとうございました!
ちんころ
おみやげのちんころ。今度自分で作ってみようかな(無謀この上ない)


・・・しまった。キナーレ正面に今月お目見えしたばかりの「雪まつり発祥の地」のモニュメント、
見てくるの忘れたぁ~~!!!行く前は覚えてたのに(泣)

雪まつりで見かけた雪像たち  → (ふぉとふぉとにリンク)

おまけ:
麻っ生~~
あまりにも小雪で雪像制作中止になった途端ドカ降りだもんね。
ああ気まぐれな冬将軍。(翌日は晴天だったそう)
関連記事

フルーツ展2009「洋なし×りんご」

2/19 フルーツ展2009「新潟の洋なし×長野のりんご」

昨日のそら屋さんにもパンフが置かれていて、そのデザインが印象に残っていた
のだが、昨晩から読み出した先週末の新聞(はい、もう遅れまくってます)に
この展示会のことが載っていた。
場所も近くだしあの建物は前から気になっていたもののなかなか行く機会がない。
ってことで、思い立って行ってきた。

会場は飯の雑貨屋「Lounge room」さん。
フルーツ展
主催は長野のクリエーターズ集団nana*t(ナナット)。
去年から地域のフルーツをテーマにした作品展を開催している。
長野のリンゴを引っさげてのこれまでの対戦は兵庫のいちご、熊本のスイカ、
岐阜のクリだそう。(リンゴ全敗みたいですが・・・)
そして新潟のフルーツはと言えば、やっぱこれでしょ新潟限定の洋ナシ(ル・レクチェ)。

お店に入って「おおお~~~~!」。ぐぐっと惹き付けられるものがいっぱい。
ああっ、たまらん。(センスなしのガサツなくせに実は雑貨好きだったりする)
で、店の奥にありましたフルーツ展。
すごーい
緑のル・レクチェハウスは、あのル・レクチェ箱(分かる人しか分からずすみません)
1箱で作られたすごいもの。それがまたなまら細かいんてば!!

長野のnana*tさんは
 中沢定幸 [グラフィックデザイナー]
 相澤徳行[グラフィックデザイナー]
 ながはり朱実 [イラスト]
 アオキタカエ
 轟久志[グラフィックデザイナー]

対する新潟のアーティストさんは
 大浜綾子[イラスト]
 青木小果[イラスト]
 小川準[フラワーアーティスト]
 高橋和真[パッケージクラフト]
 ミヤモトチエ[あみぐるみ]

洋なし~
「うわーうわーうわー」と作品眺めてたら
店主さん、実はこの編みぐるみの作家さんミヤモトチエさんだと教えてくださった。
ええええーーーーーーー。知らずにすみません。
そして、人見知りモードが発動してしまってそっけなくて重ね重ねごめんなさい。
そら屋さんでも作品拝見させていただいてましたー!
写真撮影快くさせてくださって感謝ですっ。

果たして、この対決どちらに軍配上がるのかな?(投票あり)
nana*tさんのこのフルーツ展、9月には愛知でブドウ×リンゴがあるらしい。
ご成功をお祈りするとともに、今後のご活躍も期待しています。
もちろん新潟の皆さんも。

店内
フルーツ展と店内

どの作品もにんまり&にやり&ほ~~~&いいやんいいやん。
あー、全部買い取りたいくらい(無理だって)。
おみやげ♪
とても楽しいフルーツ展でした。
ミヤモトチエさん、ありがとうございました~~~!!
 ※このフルーツ展開催は22日まで
-------------------------------------------------------------------
2/23:追記
Lounge room」さんによると
 洋なし 39票
 りんご 23票  で、洋なし勝利したそうです。さすがニイガタ特産。
りんご、次回はがんばれ~~~
関連記事

「たびのそら屋」さんへ

2/18 「たびのそら屋」さんへ

午後からpさんとお茶させてもらった。
お店は西城の「たびのそら屋」さん。
以前からあちこちのブログで拝見していたので
行きたいなーと思っていたが、やっと念願かなった。
pさんありがとー!!
しかしラジオヲタのマニアな野郎ですみませぬ・・・

おいしかったー
杏仁ぷるぷるプリン(だったっけ?)
ううー、おいしかった~・・・マジお代わりしたかったよ。

お店の一角
お店の一角にはこんなスペースも。
市内のアーティストさんの作品が委託販売されている。
どれも味があっていいな~~~

ゆったり&ほっこりのステキなお店だった。
紅茶もおいしかったし。
時々ゆったりしに行きたいな。

ありがとう
pさんオリジナルの手作りしおり。
今日はありがとうございました~~
関連記事

関東へ

2/13~15 関東へ

14日の結婚式出席のため関東に行ってきた。
日帰りできなくもない時間帯だが、ハハも一緒だし
併せて親類宅にも寄ることもあって往復1日ずつ。

ってことで13日。新潟~東京~埼玉
今日の妙高2/13
今日の妙高・跳ね馬見えてきた?

今日の浅間山
今日の浅間山はガスの中。

お昼~
お昼は関越道高坂SAの「小江戸黒豚かわごえ丼」。先月19日からの新メニュー。
まずは生姜焼き丼途として味わって、途中でコンソメベースのスープをかけお茶漬け風、
ラストはチーズをかけてリゾット風・・・と3種類の味が楽しめる。肉ウマかった~

東京プリズン
東京拘置所(親戚宅から)

その後埼玉の親戚宅に戻り宿泊。

14日。伯母宅寄ってから会場へ。
式は午後からで、余裕を見て出たのだが、途中ラジオからの交通情報で
使う予定の首都高で事故、通行止めというのを知る。
しかし途中の国道にしろ有料道路にしろ道路に全く情報が出ていない。
遠回りになるが他の有料道路から目的地に向えばよかったのだが
通行止めのはずなのに他の車どんどん進んでいく。
なので、大丈夫だろうと当初の予定通りに向ったはいいが、やはり途中で通行止め。
~方面という標識に従って別の環状道路に入ったのだが、これまた地下道、
どこなのかまーったく分からない。(この道路、ロードマップが古く載っていない)
こちらに行くべきではない地名が出てきたので慌てて出口から一般道に出たものの
地図見てもここが新宿らしいという以外道路も場所も分からない状態。

そして、余裕を見たはずが、時間がどんどん押してくる。
こりゃもうあかん!と相方、道路沿いの店に道を教えてもらいに。
そこの奥さんが道に明るくて新宿からの首都高の乗り口を教えてくださった。
これでなんとか無事会場へギリギリセーフ。よかったよかった~
あの時のお店の皆さま、どうもありがとうございました。もう感謝感謝。

式場
チャペルウェディングっての初めて見せていただきました。
披露宴もよかった~。最近とんと「ハレ」な行事ってご無沙汰だし(^^; 
一番関係のない自分なのに、式の最後、恥ずかしながら泣けてしまった…
「あ~…ご両親に慈しまれ愛されてきたんだろうなー、
ご両親もいい育て方したんだろうなー・・・」なんて想像したらもうあかん、うるうるっと。
自分には訪れるはずもないけれど、想像力だけは豊かに。あはは(^^ゞ
子側じゃなく親目線ってとこがなんとも苦笑なんだけどね。

おめでとう!
ご結婚おめでとう。どうぞお幸せに。

帰りはもう真っ暗。首都高乗り口で聞いたらまだ通行止め続いているようだったが
その時はその時と(帰りは時間気にしなくていいので)そのまま走らせたが
走行中通行止めも解除になったようでちょっと渋滞あったものの順調に進めた。
伯母宅経由で今日も親戚宅泊。

15日
親戚宅でゆっくりさせてもらって昼前出発。今回もお世話になりました。
妙義山
高速からの妙義山。

横川SAで昼食。あまりお腹空いてなかったので軽く。
夕飯用に「峠の釜めし」購入。(今は下りでも買えるのだ)
火山灰…
うわ、実際問題として考えると怖い…

今日の浅間山
今日の浅間山(左)。噴煙出てるよ…(^^; 左・真ん中の山は浅間の外輪山

途中運転交代。更埴JCTのカーブで反対車線ではトラック横転事故(上り通行止め中)。
怖いねー・・・自分も気をつけないと。
長野から新潟に入ったらそれまでの好天から一気にどよーん曇り空。
雪は降ってないものの、「やっぱり」ね~(^^;
その後やっぱり雨が降ってきた。

金曜日、春一番が吹いたそうで玄関に置いてあるスノーダンプが倒れてたり
道具が移動してたりでたまげてしまった。気温も上がったようで雪割草も咲いていた。
(が、思ったより咲いてなかった…)
関東はとにかくあたたかくて、4月並みの気温。うわっぱりも着なかったし。
でも、とにかく式、お天気よくてよかった~~~~!!!
間に合ってよかった~~~!!無事に3日間過ごせてよかった~~~!!

-------------------------------------------------------------

そして残念ながら、両事故とも運転手さん亡くなられたそう。合掌。
祈!安全運転。祈!無事故。
関連記事

レルヒ祭と瞽女さんと

2/8 レルヒ祭と高田の町家・瞽女さんと

今日はレルヒ祭本祭と町家三昧・冬ノ巻/「高田瞽女ふたたび」へ。

午前中は高橋あめ屋(高橋孫左衛門商店)のふるまいあめ湯を求めて(^^ゞ
金谷山に行く。チャリでの向かい風坂道のぼりはさすがに息があがった~(笑)
早速あめ湯いただく。あーうめぇ。
今年も司会のKさんと司会の合間にちょっとお話。今年のヘアスタイルもすごいね~
レトロ貴婦人の結い上げっての?(本人曰くキノコちゃんだそうだけど…)

ステージ前ではよさこい演舞が。血沸き肉踊るってか、楽しそーだなー。
よさこい
「にいがた総をどり」の舞いも魅せてくれました。

レルヒ検定
第2回レルヒ検定(写真は準備中)。勉強不足で1問に泣き不合格。(70点で合格)

ゲレンデ
しかしホントに雪がないねぇ。去年ここでモーグル大会やったのが嘘のよう。

昼間のレルヒさん
青空の下のレルヒさん。風は強く冷たいけど青空。

下りはチャリ漕がずに坂を一気。コンビニで昼食買って帰宅。
大佐?
Kさんから教えてもらってたのだがレルヒ「少佐」だろう高田では。
いくら帰国して大佐になっていても・・・
今日のNHKのど自慢は上越市だったのでそれを見てから午後の部へ。

午後は高田小町で行われる記録映画「瞽女さんの唄が聞こえる」を観に行く。
第1回目は13時からだったので第2回目狙い。
偶然pさんとお会いする。上映開始までしばしおしゃべり(どもでしたm(_ _)m)

市川さん
上映前、瞽女研究家・市川信夫さんのご挨拶。
映画内で、市川さんのお父様も深く瞽女さの研究されていたことを知りました。。。

瞽女さ
内容はドキュメンタリー映画。40年ほど前に記録撮影してきたものを編集し
ようやくこのようにまとめ上げ、1つの作品に仕上がったのだ。
高田瞽女最後の三人、杉本キクイ・杉本シズ・難波コトミさんたちの日常生活・
瞽女としての仕事などの日々の記録。

瞽女の中にも厳しい掟があったり、相互扶助の精神があったり、今のように
福祉制度(ちゃんとしてるとは言いませんが)もない頃から、厳しくつらい…けど
つらいだけでなく、助け合いながら日々を生きてきた瞽女さんの強さ。
瞽女さとして、一年300日近く旅に出ていたわけだけど、それぞれの地方で
もてなされ来るのを待たれていたのだから、決して疎まれたりしていた訳ではなく
一種の畏敬と尊敬のようなものを持たれていたんだろうと思ったり。
娯楽のない時代、あちこちの話や唄を聴かせてくれる瞽女さ、土地土地で
大事にされていたんだろうな。(瞽女宿というものが各地にあったくらいだし…)

とてもいい映画でした。関係者の皆々様、ありがとうございました。
・・・でも、うちらの前で床座りでやたらと映画内を写真(それもフラッシュたき)
撮っていたオヤジ、何者かはわかりませんがちと目障りだったぞ。

映画終わってからギャラリーでちょっと一息。
ギャラリー
市内の立原酒屋さんが出店していた。昨日某所で同じ酒買っちゃったからなぁ…
「清正」「国の華」などもあったら買ってたんだけど…
お隣りではお休み処。ケーキが残り1つだったので慌てて注文(笑)
ケーキとコーヒーで200円といううれしいお値段。ケーキおいしかったです~~~

続いて瞽女さの門付け再現イベントがあるのだが、ちょっと時間あるので、
相方がまた行ったことのない高田日活と毛抜きの「うぶげや」さんを見に行く。
日活、入ってみたらばなんと上映中。見学開放は午前中だけなんだって。
(上映が成人映画なのに堂々と入るもんだから、受付の方もたまげたことだろう(^^;)
でも、快く中に入れてくださり話も聞かせてくださった(ホントの中は上映中だからダメよ)
日活の方、そして400年の歴史を説明してくださった「うぶげ屋」店主さん、
どうもありがとうございました!

そうしたらば、三味線の音が。小竹勇生山さんご一家の瞽女さ再現イベント始まった。
瞽女さ再現
最初から(写真撮影含め)彼らについていく人たち(自分たちもだ)、三味線と瞽女唄に
懐かしがって玄関の戸を開けて出てくる家々の方々。大勢のみなさんがそれぞれの
思いで彼らの唄と三味線を聞く。
年配の方々の「なつかしいねー」「うちの方にも来てたよ」などの声に、時代は移っても
瞽女さは心の中に生きてるんだなとしみじみ。
リアルで体験ってか、唄を聞いたことのある人たちってのはやっぱり65才以上位のはず。
その方たちにとっては本当に懐かしく嬉しいイベントだったんだろうな。
・・・などと思いつつもカメラ野郎になって写真撮りまくり(^^ゞ





門付けについていく途中の町家の玄関でこんなものを見つけた。
悲しいプレート
「食品衛生協力の店」ではなく「靖国の家」。これはお察しの通り戦死者の家に
届けられたものらしい。戦争初期(まだ戦勝ムードに酔っていた頃)のものだという。
このようなものを再び掲げる時代が来ないことを祈らずにはいられない。
このお宅だけでなく、他の町家の玄関にも貼ってありました・・・

お疲れさまでした!
無事に門付けを終え市川さんと記念撮影。(ラストの「きものの小川」さんにて)
小竹さんご一家のみなさん、寒い中お疲れさまでした。
そしてありがとうございました!

町家三昧冬ノ巻~雪国 Memories~、当時を思い浮かべられるいいイベントでした!
関連記事

レルヒウィーク・本町とあわゆきさんと金谷山

2/7 レルヒウィーク・本町とあわゆきさんと金谷山

今年もスキー発祥の地・上越市ではレルヒ祭が行われる。
今年は98周年。100周年まであと2年・・・なのだが、今年はとにかく小雪で
まったく雪がない。
スキーどころではない積雪0cmの金谷山では、イベントの変更を余儀なくされる状態。

まぁそれは置いておいて、今日は本町「くびきの食の祭典in本町」へ。
あわせて「あわゆき道中」見学と。

ってことで本町へ。
「あわゆき道中」とは、かつて高田の街の防寒外出着「角巻・とんび(男性用)」を着て
雁木の下をそぞろ歩きするイベントで、もう5回目になる。
とんびさん
あわゆきさん

あわゆきさんじゃないけど、本町ぷらぷら。
小春日和ってのが、雪まったくないってのが「らしくない」ので微妙なんだけども。
ちょっと雪あって、お天気いいってならまだ…
バケツ灯篭
大手町小学校の生徒たちが前日作った雁プラ広場のバケツ灯篭もちょっとツラそう。

本町3のかも汁、本町5のとん汁に甘酒、あんこう汁・・・と汁物づくしでおなかたぷたぷ
食いすぎだよ~と思いつつもまだスキー汁に天ぷらそば(さすがにこれは半分ずつ)、
ラストはレルヒまんじゅう(揚げまんじゅう)と食の祭典たっぷり堪能(堪能しすぎ?)。
スキー汁&天ぷらそば
スキー汁、つきこんはスキー板をイメージしてるのだ。

腹ごなしに雁プラ屋上から市内展望・・・と行ってみたらば、残念。冬季閉鎖中。
雪もないし、こういうイベントの時開放してくれればいいのにな~~~

2時から雁プラで「雪のファンタジーコンサートが」あったのだが、今回は見送って帰宅。
・・・の前に
あわゆきさん&雪灯篭
雪灯篭とあわゆきさん。いいねー。風情ありますな♪
でもはらはらと雪が舞っていれば・・・(しつこい)
今年は雪灯篭大丈夫だったのかな?ならいいけど…

あわゆき組さんのおやすみ処にも立ち寄り、ひぐちキミヨさんのポストカードを数枚。
そしてこの日限定の「道中こびる」をお土産に。(あわゆき道中参加してないけど(^^;)
道中こびる
紫ちまきは黒米入り、黄色ちまきは粟入り。

あわゆきさん&本町食いまくりイベント(違)を楽しんで・・・次の金谷山イベントまで
図書館行ったりうちでいろいろ雑事。で、夕方、雨が降りそうなので傘持参でチャリでGo。

たいまつ行進は終わっていたけれど、どんど焼きであたたまりつつ振舞い酒いただいたり、
ライブ楽しんだり。
レルヒキャンドル
レルヒキャンドル。それにしても雪がない(^^;

JADE
今年のレルヒコンサートは上越教育大学アカペラサークル「JADE」の皆さん。
去年の酒まつりの時にもそのステキな歌声聴かせていただいたのだが、
なんと5人のうち4人が春に上越を離れるそう。活動もあと僅かなのか・・・
寒空にも負けずそのステキなハーモニー奏でてくれました。

そして前夜祭の目玉「マイ・メモリアル花火&レルヒ冬の大花火大会」。
時折雨がぱらつく中、夜空に開く大輪の花。
今年のマイメモリアル花火は10組。みんな幸せでありますように(^-^)v
冬の花火
号数はそんなに大きくないけれど、近くで見る花火は迫力満点。
火薬のにおいも漂ってきたし…

ライトアップレルヒさん
ライトアップのレルヒさん。98周年おめでとう。

それにしても、冬のイベントは難しいもんだ。
やっぱり雪ほしかったよね~~~~~~~~(しつこいぞ)
関連記事