5/31 信濃町道の駅 山菜まつり2009

5/31 山菜まつり2009とナウマンゾウと

5/30、31と信濃町の道の駅「天望館」で山菜まつりが開催された。
前日30日はアルビの試合(前エントリ)を見に行くことになっていたので
雨の予報に「う~~」だったが、自分たちにとっては山菜のトリというイベントだし
そう大降りにはならないだろうと行ってきた。

今日の妙高・・・は雲かかってて全く見えません・・・のでパス(^^;

高度が出てくる妙高高原のあたりからは霧。
会場に到着。ちょっと肌寒い。うわっぱり厚手にすりゃよかったなと反省。
周りの山は見えないし霧雨も時折あるけれどそんな本降りでもなく充分大丈夫。
ってことで早速竹の子汁をばいっただきまーす♪ん、んまい!

こちらの竹の子汁はサバ缶に野菜も入ってる。
竹の子も柔らかくて美味♪
販売用の竹の子はまだ来ていない。
山ガスってるし、この天気では採りに行くのも大変だろうから朝採り量も少なくて
もう売り切れちゃったのかなと思っていたが、チラ聞きした所によると、
黒姫の竹の子採りの解禁は朝9時だそうで、時間になって「ヨーイドン」なんだそうだ。

やっぱりここでも春は早かったようで、竹の子以外の販売用山菜も、ヨシナやフキなど
こっちでも出ているものしかなかったのでパスパス。
でも、もう一つのお目当てのルパーブはいっぱいあったので安心。

11時から、ヴィオリラのミニコンサートがあるというので、ヴィオリラってなんぞやという好奇心も手伝い揚げたての山菜天ぷらを持って会場の食堂コーナーへ。
天ぷらっ
タケノコとニセアカシア(甘いです)、フキの葉、ヤマブドウの葉、あとなんだっけ4種類…

今年のミニコンサートは桂宏美さん。
ヴィオリラってのはヤマハの大正琴進化系の新楽器なんだそうな。
いろんな奏で方があるようで、面白そう・・・(弾けないけど(^^;)
桂宏美さん
ヴィオリラ奏者の桂さんはボーカル教室もやってらっしゃるそうで、歌と演奏、両方聞かせてくれました。
コンサート後の桂さんとのジャンケン大会(勝者先着3名に鉢花プレゼント)で、見事キキョウの鉢花げーっと(^-^)vやったね。

コンサート中にタケノコ採り隊が戻ってきて販売始まったのが窓から見えたけれど、終わってから販売ブースに行ってみたがもう既に売り切れ。
施設内の物産コーナーや他の出店ブースものぞいて、ルパーブや苗モノなど購入。
食べるもん食べたし買うもの買ったので会場を出る。

せっかくなので前から気になっていた野尻湖のナウマンゾウ博物館へ。
屋内モノなので天気関係ないし。
ナウマンくん
いらっしゃいませ♪とお出迎えのナウマンくん。
入館料大人500円。ナウマンゾウのことがよくわかるゾウ~(寒(^^;)
ナウマンゾウの大きさもさることながら、オオツノジカのデカサにもびっくり。
こんなでっかいサイズのシカが闊歩していたのか石器時代…

歯の化石
「さわってみよう」のナウマンゾウの歯の化石。ゾウってこんな歯なんだね~~
アップ
アップで。一本モノ、一定の年代来ると新しい歯が出てくるんだそうな。

博物館出てから、久し振りに野尻湖畔へ。
18号バイパスができてから野尻湖の道は素通り気味になっていたもんね。、
霧にけぶる野尻湖…でもワカサギ釣りの方々は結構いるぞ。
霧の琵琶島
琵琶島(弁天島)も霧にかすんで。
博物館の展示によると、ここに宇佐美定行の墓があるんだそーな。

上杉謙信の家臣で謀反の疑いをかけられた長尾政景を野尻湖畔に招いて、政景に組みつき、共に水中に没したと伝えられる。


でも、この野尻湖ってのは魚沼の野尻池なんだそうだが。
付け加えると、この宇佐美定行ってのは、軍師宇佐美定満をモデルにした架空の人物らしい…?
実際どうなんだ宇佐美くん。

アヒルボート
おー、赤いのはシャア専用?(笑)かと思ってよく見れば、みなさんみんな顔が違うぞ。
加えていえば白鳥ではなくアヒルらしい。

そのあとは、ホームセンターと妙高の産直店に寄って帰宅。
産直店ではシトケがあったので購入。(タケノコもあったけど…)
夕飯におひたしと天ぷらにして「春の山菜」はこれにて終了。
山の幸、ごちそうさまでしたー(^人^)
関連記事

アルビbc・信濃グランセローズ戦

5/30 アルビbc・信濃グランセローズ戦 in 柏崎

・・・と、いうことで、林富永邸から柏崎・佐藤池野球場へ。
(相方はこの球場ができた頃、「佐藤池野球場」を佐藤・池野/球場と読み、佐藤さんと池野さんという2人が球場設立に尽力したんだなーと思ったそうだが、確かにそうとも読める…(^^;)
実際はかつてあった「佐藤ヶ池」という池を埋め立てて造成されたそう。

球場の観客席・・・上越に比べると、いいねー。さすがプロ野球もやった球場だ。
(柿落としの試合がナイター設備がないためサスペンデッドゲームだったそうだが)
すみません、1949年と1986年完成の球場を比べてしまいましたm(_ _)m

席確保し買ってきたスーパーのお寿司で昼食。予定では「ラーメンでも」なんて話をしていたけど
結局こうなっちゃってやんの(^^ゞ
今日も対戦相手は信濃グランセローズ。信濃戦多いなぁ・・・

りずみっこ
試合前イベント・比角りずみっこクラブのダンス。元気よくトッキッキダンスを踊ってくれました

日報サンクスデーということで、日報の役付けの方が挨拶、
あと柏崎のアーティストさんなのかな?君が代斉唱があり、さあ試合開始・・・の前に始球式。
今日の始球式はなんとニックとアルファくんだっ!
かぶりもの対決!
ニック、投げましたっ!(よく投げられるぜ…)

はい試合開始。
序盤は0-0・・・が、3回の裏で新潟一挙4得点。観客席も盛り上がる。
が、それだけとっても安心できないのはどのアルビ(バスケやサッカー)も同じなもんで。
4回、5回に1点ずつ入れられて、4-2に。

水が~
5回終わってグラウンド整備中。うわー、水がかかるぅ~~(^^;

午後から雨という予報に反して、暑い・・・時たま射しこむ日光が更に暑さを増長。
場内アナウンスでは「熱射病にご注意」だし・・・

6回は共々無得点。7回の裏にアルビ追加点で5-2に。
この回はうさぎもちイニング。チケット末尾の番号があえば先着50名に切り餅プレゼント!
読み上げられた番号は・・・おおー!合ってる!!!!
ダッシュでイベントブースへ。へへへ、ゲットしましたぜよもぎ餅。
初ゲット!
だってこういうの当たったためしがないんだもーん。ほいとこ全開(笑)

なんてほくほくしていたら、えーーーーっ?!
8回表に2点入れられ5-4に。
ほら、だから安心できないんだよ(どの)アルビの試合も・・・
でも8回裏にアルビも追加点入れ6-4に。
最終回、9回の長野の攻撃は無得点で終わり、新潟2点差で勝ちました!

今回の勝利はなんと・・・試合ぶりの勝利(あまり言いたくない長いトンネル)。
勝ちました!
ヒヤヒヤしたもののなんとか6-4で買ったぞー

今日の賞
・ファインプレー 隼人選手
・セーブ     伊藤選手
・勝利投手   久保田選手
・日報賞    北條選手
・MVP     久保田選手

試合終了後恒例の監督・選手のお見送り、勝った勝ったでこちらもやはり気分よく。
やー、いかったいかった~

帰宅途中雨が降り出す。
これで畑も潤うと喜んだものの着いてみれば実際は大して降らずで残念ナリ。

でも、いかったいかった、やっと勝ったぞー!!
最近全くいいトコなかったもんね。
これをバネとしてなんとか前期優勝を狙ってほしいぞ~

でも、佐藤池第2球場が、現在も中越沖地震の仮設住宅に使われているということも
まだ地震の爪あとが残ってることも忘れちゃいけないよな。

追記:その後は一時首位の群馬と同率1位になったものの負けが続き、結局前期優勝は逃してしまいました。あーあ。
関連記事

林富永邸へ

5/30 林富永邸(上越市文化財)へ

この日はリスナープレゼントで当たったアルビの試合(BCリーグ)を見に柏崎へ。
途中、道の駅めぐりをしようと思っていたのだが、三和区に入ったら「林富永邸公開中」の看板が。
そういえばラジオの市報コーナーでも一般公開があると言っていたことを思い出す。

あの通りを通る時「石垣が崩れそうです。ご注意ください」だったかの看板に、(この辺りに豪農屋敷があると聞いていて)どんなお屋敷があるのかと前から気になってはいたんで。

と、いうことで、予定変更。急遽林富永さんちにおじゃまさせていただくことにした。

駐車は路駐。誘導員の方によると、林富永さんちは自分たちが思っていた場所ではなく、道路挟んだ向かいだった。
かつては石垣の上にももっと大きなお屋敷があったのだが、戦後の農地解放がらみで今は既にないという…

も一つ言うと、「林富永」さんではなく屋号が「林」の富永さんだそうです(^^ゞ

とみながさん

維持管理協力費500円を払い、おじゃましまーす。
パンフレットと絵はがきをいただく。1枚は写真の林富永邸、1枚はひぐちキミヨさんのイラストだ♪

庭園~
枯山水庭園。すごい・・・鳴らなかったけど水琴窟もあったぞ。
この富永さんのお宅は、明治16年に建てられたもの。で、今も住宅として使われている。
なので、「この先立ち入り禁止」もある。(現在主に居住されているのは別棟だそう)
一般住宅ではあるけれど、文化財でもあるため、年2回(春秋3日間ずつ)公開されるのだそう。

ボランティアガイドさんの話から----------
富永さんのルーツを辿れば、それこそ小田原から同行した上杉景虎の家臣ということらしい。
御館の乱で家臣は小田原に戻ったが、富永某さんは上越に残り・・・江戸時代には神田村(現三和区神田村)に土着し、幕末まで庄屋役を務めた名家が本家とのことで、
この神田地区には本家から分家や隠居などで分立した一族が多いとのことで、この富永さんも「林」という屋号を持つその中の1つとのこと。

豪農さんということもあって、勝海舟や犬養毅の書や、五姓田義松(明治天皇肖像画家)画の当主肖像画などお宝を通り越したお宝に「はあ~・・・すごい」の一言。
全部が全部林(富永)さんちのものではなく、当時譲り受けたものもあるそうだが…。

館の窓に使われているガラスもかなりの古いもの。少し気泡が入ったりして光が屈折して見える。
まだガラスというものが高級で珍しい時代に……さすが豪農。
違い分かるかな?

本家(らしい)道路向かいは昭和30年代初めころに解体されてしまったそうだが(お宝や家の柱や梁も全国に散ったらしい)、当時の村が買い取るなりなんなりして保存すれば更に歴史の語り手になっただろうに…
約50年前ではそういう機運もそうあったものではないだろうし、これも「時代」か。

上越地区の豪農、相方も地元出身ながら全く知らなかったそう。
(以前、中下越に豪農の館はあるのに上越にはないのかという問いに知らないと言われたことがある。なので、地域的に豪農はいなかったと思ってた)もう少し知名度UPしてほしいような気もするし、隠れた名所であってほしいとも思うし…。

できたら、紅葉の季節、秋の公開時にも行ってみたいなぁ。。。
庭園から見える鉾ヶ岳・権現山も見てみたいぞ。

参考までに、上越の豪農
・頚城区百間町の滝本邸
・戸野目の旧保坂邸(こちらも期間限定公開らしい)
・大島区の飯田邸(一般公開はしていない)
またあるのだろうか・・・

近場の「歴史」をちょっとだけのぞけ、満足して次の目的地、柏崎へ。
(次エントリに続く )
関連記事

善光寺ご開帳

5/28 善光寺の御開帳へ

善光寺のご開帳は7年おきに開かれる。前回は2003年。
やはり今年も行かねば・・・と思っていたし、「善光寺ご開帳行ったよ」の声がなぜか今回多く聞こえてきながらもなかなか行けず、最終日も迫ってきてちょっと焦っていた。
で、最終の土日はとんでもなく混むだろうと終了3日前、金曜日に出かけることとした。

ハハも一緒に・・・という気持ちもあったが、混雑の話も聞いていたし、出るの好まないので今回は見送り2人で。
前回はオヤジさんも一緒で4人で行ったんだけどなぁ・・・。

で、朝は車内食で出発。
今日の妙高
今日の妙高。

そういうことで8時半は善光寺に着いておりました。
さすがに空いてる・・・で回向柱にタッチ。これで結願(けちがん)。
回向柱

でもせっかくのご開帳、それだけでは何なので内陣参拝をば、と本堂に入ってまずはおびんずるさんをなでなでする(違)前に何か列が。
御印文(ごいんもん)を授けてくれるそう。前の人の見様見真似で自分の番。
おざぶみたいなのを頭にぱふっと。
 

 御印文とは本尊の功徳が込められた3つの御判で「ごはんさん」と呼ばれる。
 これらの御判は本尊の3つの仏(阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)の分身と伝えられている



特別参拝券を買い内陣参拝。内々陣はまた別なんだよね。とにもかくにもお参り。
この券は戒壇めぐりも込みなので久し振りに真っ暗戒壇めぐり。前のワカモノたちの会話が楽しい。
何も見えない中壁伝いに進み「極楽の錠前」にたどり着く。見えないながらも錠前がちゃがちゃ。
でも、何も見えない暗闇に、視覚障害のある友人のことが浮かんだ。

お次は資料館へ。・・・のつもりが、「ダライ・ラマなんちゃらかんちゃら」と書かれていた忠霊殿に。
階段を上りかけたら年配の女性に声をかけられた。
その方は第二次世界大戦でお兄さんを亡くされた方らしい。
機会があるごとにここに来て平和を祈りお参りをされるそうだ。
長い歳月の中で、遺されたのは、彼女だけ。兄を覚えているものは、彼女だけ。
どうぞいつまでもお元気で。
彼女のお兄さん、そして従軍して亡くなったという伯母、戦争で亡くなった方たちに合掌。

無知で恥ずかしいが、この忠霊殿は戊辰戦争から太平洋戦争に至る戦没者を祀る、日本唯一の仏式による霊廟なんだそうだ。
(本尊は善光寺如来の分身)

史料館見学。今回のご開帳にあわせた特別展示。歴史のある仏像や絵馬など。
当時どれだけ信仰ってものが人々の間にあったかってことでもあるよな。

お次は経蔵。輪蔵(=書庫)の中が見たい・・・(無理)
この輪蔵を回すと、ここに納められている一切経のすべてを読んだと同じ功徳が得られるそうだが、現在調査中のため回せなくなっていた。残念。

などなど見学して本堂前に戻ってきたらば、回向柱にはずらっと人の列。
ああああ、早く来てよかったーー!
今年も回向柱お守り購入。そこで善光寺ガイドブック?みたいな本もあり、ぱらぱらと見本をめくってみたらば、もう1つ回向柱があるという。

山門も上がれるようになっていたが、別料金なのでまたいつかということにし、もう一つの回向柱を見に行く。
善光寺の案内所で場所を教えてもらい、世尊院釈迦堂へ。

釈迦堂回向柱
ここには等身大の釈迦涅槃像が安置されている。(日本唯一らしい)
でもって、釈迦は現世、阿弥陀如来は来世の仏さんだそうで、本堂と世尊院両方の回向柱に触れれば、釈迦と阿弥陀如来の両方と結縁できる→現世と来世の両方の幸せが約束されるんだそうだ。
へー。ってことでこちらにもタッチ。

お参り終わって門前通りぷらぷら。
回向柱原木の枝
こんなモノも。今年の回向柱の原木は、小川村立屋地区の樹齢270年の杉巨木から作られたそう。

いつもの「西之門・よしのや」でお酒。再び門前通りへ。ご開帳期間だけの限定出店「信州豆蔵」にもおじゃましまーす。

豆蔵
信州味噌に醤油にマメ菓子に・・・豆モノがいーっぱい。
ここは貯蔵庫として使われていた蔵を、信州大学建築学科学生ユニットの“HACILA”が改装、長野の情報誌「KURA」が厳選した豆製品の販売をするという5月いっぱいのコラボ企画。

お昼は先日CATVの情報番組で取り上げていたぱてぃお大門内にある「おとうふかふぇ五六亭」へ。
(初詣に来た時栗おこわ食べたし…)
豆腐デザート食べるつもりが結局食事メニューに。おぼろ豆腐の食べ放題にあったゆず塩がなかなかいける♪
あんかけセット 揚げだしセット
ごちそうさまでした。

明治中期に建てられ松井須磨子や高村光雲などに愛用されたという茶室「無心庵」・・・は室内のぞくだけ~
無心庵
無心庵・室内

駐車場に戻る途中で「門前商家 ちょっ蔵おいらい亭」に立ち寄る。ここはフリースペースらしい。
ちょっ蔵
「番頭は~ん!」。(商家ですから)

蔵ではちょうど絵手紙展が開かれていた。いいなー、こういうの。
描きたいと思いつつずっと棚上げ状態だもんな。ほこりかぶっちゃってるよ。
おいらい亭
部屋にも絵手紙が。

車に戻りこちらも正月以来の「今井酒造店」のお酒を買う。うーん、長野酒ツアー?

7年ぶりのご開帳、しっかり参拝してきましたよー。しっかり食べて(うちで)飲んでるし(笑)。
関連記事

岩の原葡萄園・新酒利き酒会 2009

5/17 岩の原葡萄園新酒利き酒会へ

この週末2日間に開かれる恒例の岩の原葡萄園のイベント。
今年は前日に野球観戦の予定が入っていたので岩の原は必然的に日曜に。
天気予報は雨。

それでも小降りだったので駅までチャリで、そこからは無料シャトルバス利用。
いや、電車という手も考えたんだけど、時間合わなくて…
本降りした時のために雨具もちゃんと持って出かける。

満員のシャトルバスの中で隣り合わせた人たちがしていた善光寺御開帳の話が聞こえてくる。
やっぱり大分混んで並ばなきゃいけないようだ。そうなるとハハはムリかな~?

岩の原到着。申し込み済ませ早速試飲会場へ。
おや、今年のアンケート用紙はちょっと趣向を変えましたね。五段階評価欄がある。。。

2009年の新酒たち
<白>
・ローズ・シオター2008      9/ 8仕込み  さっぱり辛口気味の白
・レッド・ミルレンニューム2008 11/13仕込み  貴腐を感じさせる味と香り。食前酒にいいかも?
ミルレンニューム2008

<赤>
・マスカット・ベーリーA2008  10/22仕込み 瓶熟成2ヶ月
・マスカット・ベーリーA2008  10/ 9仕込み 新樽熟成3ヶ月
・ブラック・クイーン2008      9/18仕込み 新樽熟成3ヶ月
やっぱり赤は全体的にまだ若いというか、発展途上の味というか今後に期待、ですね。
マスカットベーリーA
でも現在熟成進行中の赤ワインの味を試せる機会ってのはそうそうないもんな。
樽から直接さあどうぞ
蔵にあったパネルによると・・・瓶内二次発酵スパークリングワイン製造中らしい。こちらも楽しみナリ。

蔵から出て、利き酒コーナーへ。今年もブドウ新葉天ぷらいただきますよ~♪♪
おつまみセット
おっと、その前にアンケート書かなきゃ…酔い進むとワヤになっちゃうからなぁ(^^;
天ぷらは、ブドウの葉と桑の葉だそうです。パンはソフィーさんのらしい。

みんな楽しそうですな
試飲は5杯。無添加赤(甘口/辛口)、無添加白/深雪花/スペリュール・・・のはず(オイ)。
赤ワインの牛肉煮込みは2杯目以降と思ったら、もう品切れだった~~残念。

ワインショップも改装したようで、ワイン以外の商品が随分シンプルになっていたのでびっくり。
14時発のシャトルバスで会場を出る。高田駅に到着したが、そう雨もひどくなかったのでチャリで帰宅。
前みたくべろんべろんじゃなかったので、ブログ書きでも…と思いつつ、やはり酔いがまわってきて思考0になってしまい、爆睡。
バスケも試合開始からみるつもりだったのに・・・

でも、今年もおいしいワインと天ぷらをありがとうございました!
次のイベントは秋の収穫祭かな♪
関連記事

アルビレックスBC 信濃グランセローズ戦

5/16 アルビレックスBC 信濃グランセローズ戦

この日は上越市野球場でのアルビbc信濃戦。
リスナープレゼントでチケットゲットしたので少し早昼してチャリで球場へ。
同じく当たって球場で会おうと言ってたPさんからメール。ごめん、まだ着いてないんです~(^^;

球場到着・場所確保は試合開始ギリギリ。
もう始球式だよ。。。

始球式
今日は日報会上越支部長さんだそうで。

でもってプレイボール。
両チーム無得点で試合はどんどん進んでく。
抽選会は日報もうさぎもち、どっちもハズレ。いつものことよ・・・

信濃サイド
グランセローズ応援団

5回終わってのグラウンド整備の間Pさんとアイボール。1塁側で立ち見だったのでこっちにお誘い。
7回のジェット風船もお約束。(でも自分は膨らませても飛ばさない(^^;)

チケットありがとう!
メディアパートナー・県内CFM10局のこんなものができていた~(後ろはFM新津)

無得点のまま8回表、長野1点先取。
その裏の回アルビは無得点。
9回表、新潟崩れだす。デッドボールにエラー。そしてヒットに・・・とバタバタと追加点。
観客もぽつぽつ帰りだす。
結局この回5得点。6-0になってしまった。

最終回攻撃も三振、フライとアウトが続き、更に席を立つ人たち。
フォアボールで出塁したものの、ショートゴロでスリーアウト。
あーあ、負けちゃった。。。

本日の結果
バックネットに重なっててすみません

恒例の監督・選手たちの観客お見送り、負けた試合だとちょっとせつないんだよな。
アルファくんデビューだったのにねー。。。
アルファくん

Pさんと別れて、買物して帰宅。あーあ、せっかくの上越戦だったのに負けちゃった。
(そしてアルビの長ーい黒星トンネルはこれ以後も続くのだった)
後期は勝ってくれるといいけどな。
関連記事