アルビ vs FC東京戦

7/31 Jリーグ ディビジョン1 第16節 アルビ vs FC東京

今回の試合、市報での市民招待でアルビの試合チケットを入手していたので、これ併せで帰省…という予定だったのだが、先日の熱中症騒ぎでこの暑い時期、家を空けるのは心配なので帰省は見送って試合観戦のみということになる。
これに併せて調子の悪いPCを持ち主に見てもらおうと思っていたのだが・・・しゃーないわな。

で、早い昼食済ませて高速使って新潟へ。
到着後W家にちょっと顔出し。こちらには前回も前々回も伺えなかったので久しぶり。
第3の両親でもあるのにね、かんべ。

そして会場ビックスワンへ。
今日はドコモサンクスデーなので、コンシェルジュのひつじさんが。
しつじのひつじ 「うみまる」くん
海保キャラ「うみまる」くんも。

今回の席はE席2階自由席。EかSかと聞かれれば、やっぱEの方がいいもん。さすがに前回のようにE席指定には行けなかったが…
恒例の相手チームグッズ入手のため相方に先に入場して席を確保してもらう。
席について軽く腹ごしらえ。自分たちが飲めないのもあるが他所の人のビールがやたらとうまそうだ(オイ)

FC東京サポーター
FC東京にはW杯出場の今野選手がいる。去年までアルビにいた松下選手も…。果たして勝敗はどちらに?

オープニングセレモニーはドコモ新潟支店。サンクスデー恒例の花火打ち上げも。
その分各機種の価格下げてよーモデルチェンジばっかしてないでさー(心の声)
そうそう、千葉選手が、この試合でJ1で100試合出場達成。おめでとうございます。
おめでとう!

キックオフ前
でもってキックオフ。
なんと前半15分に矢野選手がゴーーール!!
ぬおー!!やったやないの!!テンション一気に上がる。
その後は押し押されで前半終了。ハーフタイムは海保&アルビチアがトラック周回。

ハーフタイム
アルビチア

しかし後半、FC東京が押し気味になるが何とか抑えつつ、本間選手が追加点!
おおー!2-0!!このままいけるかもー!!(でもこれでも100%安心できないのが県人のサガ)
なんて淡い期待を壊すように今野選手がさすがのゴールで2-1。(あー、やっぱりか)
ゲーム終了まで何とか、何とか逃げ切ってくれーーっ!!

勝ちました~
試合終了!お疲れさま
・・・の願いが届いたか、2-1で勝利。やったーー!!Jリーグ戦での勝利見たのって一年ぶり?やったやった♪

試合終了後のスタジアムの勝利の余韻が続く中、今日は早く帰らねばと会場を後にし高速で帰宅。
流れた予定は多かったけど、勝ち試合見れて良かったなと。
・・・この分だと、PCは修理に出すほうが早いかもな(心の声)
関連記事

御饌米展へ

7/27 ひぐちキミヨさんの展示会へ

市民プラザの展示を見たあとは直江津のイトーヨーカドー/エルマールで行われているひぐちキミヨさんの「御饌米展」へ。
ポスター おせんまいっ!
昨日思いがけず上越直江津まつり(もう、こう言っちゃっていいよね。心意気が違うし)こと直江津祇園祭見ちゃったのもあってテンションかなり祭りモード(^^ゞ

町内名のがまぐちなども♪ 絵はがき付きのちょうちんストラップ
こんなグッズも。各町内があるんだよ~~(自分はどれにしようか迷いつつ「港町」ストラップを)

各町内の屋台と人々を愛するひぐちさんの思いがひしひしと伝わってくるイラスト。
屋台とまつりびとたちのイラスト

こちらも

予約頼んでいた上越弁のCDもいただき、ひぐちさんの熱いまつりトーク(≧m≦)をお聞きする。
謎だった「今頃のお米」の謎もひとまず解ける。
明後日の御饌米を楽しみに(自分はTVだけど)、そろそろ午後の予定にかかってくるのでそろっとタイムアップ。
来月の小町イベントでまた~とお別れ。ありがとうございました!

午後は病院。無事退院。嫌わずつけててくださいよ、エアコン(^^;
関連記事

戦争と平和と

7/27 「戦争と平和展」へ

市民プラザで30日まで開かれている展示会。
毎年開催されているがなかなか日程が合わず行けない。
今年こそは・・・!と思っていたが、ハハの入院があったものでバタバタとしてたのでまたダメかと思ったが、退院がこの日に決まったので、(逆に退院するとこっちが動けなくなりそうだから)午前中のうちに行きたい展示会にGo!

まずは市民プラザへ。
ヒロシマから借りた原爆パネル展示。1枚ずつ読む。

折り鶴とパネル展
その日犠牲になった子供たちの顔、自分が育て初めて採れた大豆入りのお弁当を持って奉仕作業に出、犠牲になった少年…を探し黒コゲのお弁当箱を抱えた姿を見つけた母親、その後亡くなった子供たちの新聞記事、そして佐々木貞子さん。

「サダコからあなたへ」
サダコ」の願いと祈り。

当時の子供たちの生活や教科書、中頚城郡諏訪村(現上越市)に残されていた「諏訪村便り」などの資料展示も。
役場の戦争資料は命令によりほとんど処分されたんだろうに、よくぞ残していてくださった。
諏訪村便り

戦争関連のアニメ上映コーナー、戦争体験や平和学習に行った中学生たちの文集コーナー、昔の子供たちの遊び体験コーナー、折鶴を折ろうコーナーなど。
文集ももうちょっと読みたかったんだけどなにぶん時間が限られてて・・・
でも8/6のために、平和のために折鶴3羽を折る。空と水の水色、木々の緑色、ハートの桃色の3色。

25日の日曜には「その頃の食事を体験しよう」というイベントもあったそうだが、平日とはいえ夏休みなのにお客さんがまばらだったのが残念。
お孫さん連れの年配の女性が(孫と家族)みんなの分、と鶴を折られていたのが印象に残った。

どうかこれからも戦争が起こりませんように。あの日の子供たちを再び生み出しませんようにと願いながら、次の目的地・ヨーカドーに向かう。
関連記事

直江津祇園祭

7/26 直江津祇園祭(上越まつり直江津編)へ

この日は柏崎の花火に行く予定だったのだが、ハハのまさかの熱中症入院でお流れに。
夜の見舞い済ませて、そのまま帰るつもりだったのだが(ネットで柏崎花火中継でも見つつ)、全くの気まぐれで直江津祇園祭に寄り道することに。(なのでカメラも持って来ず携帯のカメラ使用)

病院の駐車場に車置いといて会場までは川沿いをてくてくと徒歩で。

祇園はじまるよ~
近づくにつれて橋の上の祭りばやしの音色も大きくなる。

そして荒川橋たもと到着。FM-Jのおまつりラジオも放送中。本番中だし見るだけ見るだけ…
せっかく来たんだし…とまずは露店ロードへ。

露店に賑わって
いやーすごい人。人いきれで更にヒートアップ。露店の熱モノの熱も加わるし・・・と言いつつポッポ焼き買ったのは自分たちだ(^^ゞ

露店ロード抜け海岸道路に出て浜風にほっとする。
花火開始を待つ人たちの間を抜け、堤防のとっかかりに到着。ここでちょっくら見物することにし花火開始を待つ。
10分ほど経ち「打ち上げ開始でございます!」。近いので結構見ごたえあるねぇ。




どがーん
しばし花火を見たあとは人の流れに逆行しつつ再び荒川橋たもとへ。・・・の途中に足が止まる。
ちょうど稲田の川から渡って来た八坂の神様が直江津にお戻りになるところだった。
ここでストップし流れ一連見学。なかなか見られないからね~

各町内の代表が神様の到着を待ち、迎える。
各町内のみなさん
一同お帰りを待つ

神様到着
川を渡ってお戻りに

そして更に盛り上がる
神輿に載って戻られた神様が各町内の衆によって屋台が並ぶ八坂神社まで運ばれる頃には直江津っ子の熱気最高潮。
これは高田のしょには真似できんぞ。

その祭り熱に感嘆しながら来た道を戻って病院まで。結局人の熱でなんとなくおなかいっぱいになり結局予定してた献立は取りやめに。
柏崎の花火は見られなかったけれど、思わぬ祭り見物ができてよかったよかった。
関連記事

上越まつり3日目

7/25 上越まつり・ホコテンライブへ

上越まつり・高田ver.でのイベントで、ロックンロール・スーサイドが出演すると聞いていた。
先日のメモリーでのライブに行けなかった分も楽しむぞー!と意気込んでいたさなかのハハの入院。
当初行けるかどうかも危うかったのだが、ちょうど病院での昼の部帰宅と夕方の部行くまでの時間帯でなんとかなりそうなので雑事いろいろ片してからチャリで本町までGo!

15時30分頃からということだったのだが、いろいろやってたら遅れてしまった。
会場に近づくと演奏の音がしているのでもう始まっちゃってるなーと思いつつ観客席へ。
pさんたちと合流。ステージ見ると別のバンドが演奏している。
聞いてみたら結構延び延びずれ込んでてスーサイドはまだとのこと。あまり遅くなると最後まで見てられないかも…と思いつつもちょっとほっとする。

降旗兄弟バンド
「降旗兄弟バンド」はびっくり男4人兄弟のバンド!
兄弟で・・・ってすごいなー。これからもそれぞれいろんな経験してそれを音楽に活かしてくだせー。
がんばれー。
途中おみこし通って中断などアクシデントも。
でも、そう考えると、1つ1つのイベントがバラバラだよ本町(ってか高田の上越まつり…)

そして真打?スーサイド登場。
スーサイド
白鳥さんの変身にドギモを抜かれたが、お花見ライブ以来のライブ堪能させていただきました。
途中これまたおみこし通過。
でもさすがに亀の甲より年の功?(失礼)、「ワッショイ、ワッショイ」と場を祭りモードに盛り上げる。
おまつりわっしょいおみこしわっしょい

暑いを通り越して熱いライブでぐいぐい引っ張ってくれました。パワー充電!
永見&寺尾さん
吉越&白鳥さん

ライブ終了後(アンコールもあれば更に良かったけど…)pさんたちと雁プラ広場で行われているJ級グルメに行ってみる。うーん、やはりその場で食べるものでお土産になりそうなのはないか…
本来ならこの前日、相方とここに来てビールと上越のうんまいもん味わう予定だったんだけど…まぁまた機会はあるさ、多分。

リミットが近づいてきたのでお二人と別れて帰宅。
次のライブも楽しみにしていますー。

ここにも風鈴街道
本町になるのか仲町になるのかよくわからんのですが(多分仲町かと)雁木に吊るされた風鈴の音が涼やか~
関連記事

7月の旧師団長官舎

7/22 旧師団長官舎へ

今日は久しぶりにカルタ参加。
しかし、月に2回、それも行ったり行かなかったりじゃ上達するはずもなく。
取り札だけ見ても上の句出てこないもんなー…聞かなきゃ出てこない。
読み札の絵と名前は浮かんでくるのに。

で、途中自衛隊?の航空機が低空飛行で飛行音バラバラと出してたんですな。
窓全開なのでその音すごく入ってきました。
そしたら参加されてる方が「戦争が思い出されて嫌だ」とおっしゃったんですね。
その言葉にはっとする自分。
戦争を実際に体験された方でないと言えない言葉。
65年経っても、その記憶は消えることはないのだろう。

でも、この施設、時代は違うとはいえ軍のものだったというのが皮肉といえば皮肉。
・・・おっと、カルタカルタ。札に集中しろよ。

そして今日も旧師団長官舎は静かに夏とともに。
夏めいて
庭園から旧師団長官舎

ヤブカンゾウ終わりかけ
ヤブカンゾウもちょっと前は満開だったかな。

来月8月はお休み。9月はできるだけ行きたいぞ。
関連記事

酒蔵カフェへ

7/18 板倉区「酒蔵カフェ」へ

フリマから帰宅し、昼食を食べてから板倉の「泉流酒造塾 酒蔵カフェ」へ。
FM-Jのリスナープレゼントでここのロールケーキとプリン(の引き換え券)が当たり、その引き換えついでに同じく当選したpさんとハツモノだからとpさんも引っ張り込んで現地待ち合わせ。

バタバタしててまた時間ギリギリに到着。pさん中で待っていた。
お店外観

中は古民家を使った畳敷きの和風カフェ(椅子席もあります)。
なんだけど、親鸞さんの泣き仏はあるわ天狗さまはいるわのなかなか個性的な内装。
ここのオーナーさんが仏さまについての薀蓄を披露してくれたのだが、自分の頭ではわかりかね、すみません。
親鸞聖人泣き仏

窓の外は庭園
窓から見える庭園もまた「和」。

美味しそうなメニューが並ぶ中、少しずついろんなものが食べたいヨクバリな自分は「スイーツ(自分はこの「スイーツ」という言い方が苦手なのだが)三昧を注文。

ヨーグルト・タルト・ロールケーキ
タルトが八朔?グレープフルーツ?味。ぐおおおおおーーーー(><)よりによって苦手な柑橘かよー!
でもタルトだお菓子だ折角の手作りだ直接果物じゃないガンバレ自分と鼓舞し完食。
あ、それぞれおいしかったです。

当選品のお土産いただいて店を出る。外には縁結び神社。ご神体は源義家とのこと。
神社~

社の中に入ればどーんと巨大招き猫に開運太鼓。お参りしてこの巨大まねき猫(おびんずるさんのように悪いところを撫でるとご利益あるとのこと)なでなでなで。

中に仏さま、外には神様、そして将来的には教会とバラ園も計画しているそうだが・・・あまりに宗教なんでもござれってのはどうかとも思うけど・・・。
まぁ昔は神仏ごっちゃだったし、和洋融合!「聖☆お兄さん」でもブッダとキリスト仲良しだしね(なんつー例を)

ウワサの「キャラメルフォンジュ」とか食事メニューも気になるのあるので、機会あったらまた行きたいもんです。
でも、酒造塾なんだし、お土産スペースにお酒販売してもいいのでは??
SAKEまつりにも出展されてるのだし。

おみやげー
おみやげ♪米粉ロールケーキ、個人的な好みではもうちょっとクリーム甘いほうがいいかな。

pさんたちと別れてから板倉のお豆腐屋さんに寄っていこうと車を走らせるが、道を間違えて光ヶ原方向に進んでしまう。Uターンしたくても待避所もない。このまま行っちゃうのか(^^;と焦ったが、曲がり角あったのでそれでUターン。
来た道戻って間違った四つ角で別方向へ。で、ようやく見つけたゑしん豆腐。ざるは売切れだったので絹とおぼろを買って帰宅。
ゑしんトーフの水車

そんなに遠くじゃないし、ちょっとおでかけ気分転換にいいかも・・・な板倉お出かけでした~
関連記事

はすまつりと「勝手にフリマ」

7/18 高田公園・ハスとフリマと

梅雨明け翌日もやはり夏空。晴ればれ~~
クリエーターさんたちが高田公園で行ってるという「勝手にフリマ」。
その存在は知っていたものなかなかいくチャンスがなくて。

出かけたついで(と言いつつ行く気マンマン)に高田公園まで。
ただ、聞いていた場所の思い違いで一行を見つけられず。
探しついでに、野球場の声援にふらふら引かれたり(球場内は入らなかったけれど)、外堀の外側からハスの開花確認していたので見に行ったり。
晴れた日曜はすまつり開催中なので外堀は結構人出あり。(はすまつりは23日から)
つぼみ
開花状況はまだ咲き始め。「ぽつぽつ」ってところかな。

そーいや自分の両親が揃って高田来た最初で最後はこのはすまつりだったんだよなぁ・・・
南葉山バックに
などと感慨に耽ったりしたり。

合歓の花
合歓の花、触ってみたらけっこうふわさら♪

ぐるっと回ってやーっとフリマ見つけた。
逆周りすればすぐ見つかったんだけどね(^^ゞ

ピンバッヂ
ピンバッヂ、入れ物といい「センス」だよなー…

すげー!
一品モノの手作り品。すごいよなー、こういうこととは完全無縁だからな・・・

ちょっとだけだったけど、いらした方とお話させていただいたり。
みなさまおじゃまさまでしたー。ありがとうございましたっ。
でも面白かったな。また今度も行ってみたいぞ。

お昼回ったので帰宅。午後の部は次エントリにて。




関連記事

劇団上越ガテンボーイズ10周年記念公演-2

7/16 ガテンボーイズ10周年記念公演「私立探偵 春日部元と栄町少年探偵団(孤独編)」へ

先月行われた作品のストーリーとキャラクターを替えた(もちろんキャストも代わっている)ガテンボーイズの作品。
公演終了したので改めて。
gaten

春日部さんが女性バージョンで菊間刑事と新庄君と友人以上恋愛未満の関係を繰り広げる純情編(この3人の関係、いいですなー)とは全くストーリーを変えた孤独編。
春日部さんも孤独でありそこに集う子供たちも孤独を抱えている。
だからこそ互いを必要としていたのに・・・

そして誰もいなくなった
ラストはシリアス、アンハッピーエンド。救いが見られなかったのが悲しい。
・・・・けど、その分妄想膨らむ膨らむ(^^ゞ ちと今その妄想具現化中。

けど、ちょっと残念なのは、推理謎解きが前回の純情編と同じだったこと。
これだと前回見た人流れ分かっちゃうもんなぁ。
前回全問正解のpさんは敢えて回答書かなかったっていうし、同じってことでいいのかなーと思いつつおさらいの如く書いて満点取った自分て。


「人は強くなければ生きてはいけない  やさしくなければ生きている資格がない」
強さって?やさしさって?それぞれの解釈があると思う。
そして孤独。でも孤独はただ淋しいだけではない。孤独の中で、自分ととことん向きあったからこそ自分に生まれ出るものがあるのではないだろうか。
それは強さかもしれないし、やさしさかもしれない。

それにしても春日部さんはもちろん少年探偵団も、菊間さんもいいなぁ。
その後や番外編なども見てみたい。魅力的なキャラクターだー。。。

ガテンのメンバー、今回も熱演です。
二時間越える長編作品、みなさんお疲れさまでした!

おつかれさまでしたー!
次回公演も期待してますぞ~~



ってことで、愛ゆえのラクガキ(笑)
ラクガキです
えーい、揚げ足とるんじゃねーよ!(これも愛だ!)
関連記事

ここち・すたいる5周年

7/10 ここち・すたいる「手拭いいろいろ展」へ

現在は土橋に移転している「ここち・すたいる」さんは以前大町にあった。
小町イベントなどでその商品を見ていたし、JCV(地元CATV)の番組内でも提供タペストリーが飾られていたこともあって大町時代からお店に行ってみたいと思いつつ、なかなかそのチャンスが作れなかった。
この度5周年イベントで、スミレ屋のマイヤさんの手拭い雑貨が展示されるというのを知り、いい機会だとばかりにGo!
(本当は前日9日に行くつもりだったのだが、なんやかんやで行けず、結局最終日に)

チャリで行こうかとも思ったが、市民プラザより向こう&暑さで、ズクなし発動。車を出す軟弱者。行ったことのない場所だったので、事前に地図チェックしていったのだが・・・見事に迷った(^^;
上越大通りの銭形のトコで右、ぐっとカーブした先の2本目を左、次左、今度は右の左側と覚えていったのだが、そのように行ってもそれらしいお店はナイ。
住宅地の小路は載ってなかったり違ったりするんだよなー・・・と思いながら付近をグルグル回る。
いっそどこかに車置いて歩いて探そうかとも思ったり。時間だけが過ぎていく。

で、(道順も調べてきたし)行けば分かるだろうという腹積もりでいたので、地図や店の住所・電話番号などの資料は全くもってナッシング。こりゃあラチがあかないぞ・・・と一旦最寄のスーパーに置いてある電話帳で住所チェック。携帯の地図サイト(自業自得とはいえ、また通信費が怖いことに)で再確認。
その地番は載っていなかったが、水路など周りを再度チェックしてもう一度出なおし。
曲がって曲がる2本目の道、どうやらここを間違えていたことに気づく。地図表示の道の長さと、頭の中の道の距離感がずれていたための間違い。

そして、自分の中の「雑貨屋さん」という店のイメージが見当たらないため再び住宅地ぐるり。どこだどこだ、みんなこじゃれた洋風住宅だし・・・と回ってたら、なぜか不自然に車が多く停まっているお宅発見。
?と思って壁を見たら、そこがここち・すたいるさんだった。(ここまでで既に家を出てから1時間過ぎてる)
ここち・すたいるさん うぇるかむ
階段に置かれている看板や植物にお店だーと思って玄関。え?一般住宅?入っていいの?
ど、ど、ど、どうすれば?時折人が出入りしているのでお店の人かと思いおずおずと声を掛けても、反応ない。
既に脳内パニック。やっとお店の人らしき方が顔を出し、招き入れてくれたもののパニくった頭はまともに返すこともできず非常にキョドった怪しい人になってしまいましたとさ。

まず和室へ。
おおー、手拭いがいっぱい。
和モノがいっぱい。
奈良の中川政七商店のものもいっぱい。
いやーいいなー・・・・・ってどれもこれも欲しくなっちゃうんですけど(^^;
和!

和!

それからリビングの方へ。
こちらもまたそそられるものがいっぱい。てーぬーぐーいー・・・
隣りの部屋ではなんか作ってる?そこでさっき出入りしていた人がお客さんだったと知る。

時計!(非売品)
マイヤさんの手拭い展。
手拭い(布)のよさを生かした展示。
ガマグチ財布やポーチなど布の魅力もさることながら、布選びのセンスがまたいいんだわな。
ビバ!手拭い!!
すごいなー いいなー・・・

で、5周年記念の案内よく読めばお隣の部屋の方たちはワークショップ参加者だと知ったニブチン。
そっかー、それでかー…
そしてそういう忙しい時間にのほーんと不躾で来れば確かになぁ。

和洋のセンスあふれる素敵なお店でした。
でも気の利いたことも言えないし、なーんかアヤシイヒトと思われたかもしれないな。

ここち・すたいる5th anniversary7/1~8/1
 ・手拭いいろいろ展 7/ 1~7/10
 ・古布の魅力展   7/11~7/20
 ・あけび蔓細工展  7/21~8/ 1
他、ワークショップやお楽しみ袋などの販売も





そして夜、pさんとHさんもお店に行かれてたことを知る。完全時間差攻撃(何?)で会えなかったけど
迷わなければ/もっと迷ってたら、会えたんかもしれないと思うとなんとも。
関連記事