スタジオ・ゼロと市民プラザ

9/25 「PEACE&LOVE展2010」と「ムームーの森の広場」

実験空間・スタジオ・ゼロでは9/11~10/6の間PEACE&LOVE展2010-七ころび八おき-が開催されている。
初日の街祭開催日(まだ書いてません)にお邪魔したのだが、開催準備に加えイベントで席を外されたり・・・とお忙しそうだったのでまた出直すことにしてその日は引上げたのだった。(留守番できずごめんなさい)

そしてこの日二度目の来訪。
おじゃましまーす。
だるまさんのお出迎え。

平和希求のだるまたち
それぞれのだるまが平和と愛を伝えてる。

七ころび八おき

ファンタのペットボトルで作るそう
上の写真で並んでるちびだるまさんは東條さん作。土台はペットボトルを切って作ります。

オーナーの東條さん。そして先客はアーティストさん。お顔拝見しても名前と一致しないんです。無知ですみません。
なんというのか、気さくな雲上人。知識も経験もアイデアも何もかもランクが違う。
はー・・・へー・・・ふむふむ・・・と勉強させられることばかり。
「黒い森のザラストロ」を出展されている小澤氏も青い鳥を片手にふっとやってこられた。(これがまた気さくな方なんだ)
青い鳥も仲間入り
頭に青い鳥プラス♪

3人のアート談義や雑談に耳ダンボったりだるまさんたち見たり。
東條さんの来月の展覧会に出す作品も見せていただいたり。

瞳の奥には・・・

だるまのなかに・・・

なんかもう、みなさんのお話聞いてると、自分が行き詰ってることなんぞちっちゃく他愛なく、そんなもん突き抜けちゃってる感じで、(格が違うからあたりまえなんだけど)ふっと風が吹き抜けたよう。
ありがとうございました~~

最後に東條さん、自分を別の方と勘違いされてたことも判明。
確かに字は違うけど同じ名前だもんなー。住所も近いし。自分もびっくり。ここにも読みだけなら同姓同名さんが。

いやー、いい時間ありがとうございました。展示とともに置かれていたミチシルベさんの去年の作品CDもいただけちゃったし♪♪これまたありがとうございました。
来月の展覧会も楽しみにしています。

そのあと、教えていただいたお隣2Fへ。
高橋和真さんとIKUEさんのショップへ。

ハッピーあふれる力作!
フロアにはクラフトアートがいっぱい。花ロードでも使われた空き缶の花もありました。

ポカリロボー!

高橋さんのスペースにはちょっと気後れしてしまい入れなかったが(すみません)、入り口のポカリロボのデカさに感動。すごすぎ。
IKUEさんはデザイン色彩感覚がすごい。サイケってんじゃないけどすごい。これポスカで描いちゃうんだからね~
陶器用マーカーってのもあるのを発見。これで絵を描いてオーブンで焼くとオリジナル陶器のできあがりっと。
IKUEさんの作品、ただ、ちょっと気軽に手に入れられる価格帯でないのが残念。。。
今回はダメだったけど次回は高橋さんのショップにも行ってみよう。来月また来るつもりだし。


今度は新井から上越・市民プラザへ。
ここで一日だけの合同展「ムームーの森の広場」が開催中。
主催はムームーフォレスト
先日の街祭の時グッズ販売していて、その時に案内をいただいたので行ってみた。
いやー、会場若い若い若い。場違いな年齢層は写真も撮ってもいいですかも言えずただ眺めるのみ。
展示&販売はイラスト・絵画・写真・アクセサリ・天然石にキャラグッズ。
でもその感性はみずみずしいね~✰
いやいや、こちらも(いい年こいてだが)刺激刺激。

ちょっとネタも浮かんだりして♪
いつになるかはわからないけど、よっしゃ、がんばろ。
その前に記事書け~!!(^_^;)

気まぐれにブログリニューアル→(のほほん日記→写真帖)
関連記事

アルビbc at 高田野球場

9/20 アルビbc vs 信濃グランセローズ

昨日のサッカーに続いて(すみません以前のはおいおいに)今日は野球。
朝の雨に試合中止?とも思ったが、携帯へのお知らせメールも来ていないし、サイトを見れば決行とのこと。
ちょっと早めの昼食済ませてからコンビニでチケットゲット(コンビニで買えるの知ってたら前売りで買えばよかった・・・)して球場へ。それでも結局13時の開始ギリギリ。

今日の対戦相手は信濃グランセローズ
うーん、また信濃かい、という思いもなくはないが、場所と交通的にしょうがないんだろうな。
でもできたら群馬とかの試合もやってほしいぜ。

・・・と、球場に入る前に、今日は日報サンクスデー。イベントブースでガラポン抽選会。
相方はそばセットが当たる。そして自分・・・なんと今回の特賞「木ノ内選手と一緒の写真のあなただけ新聞」ってのを引き当ててしまった。
嬉しいのだが、写真写りのことを考えると気が重かったりもする…
自分、こういった記念撮影はとーーーっても苦手なのだ。
で、そういう複雑な思いも抱きながら球場内の観客席へ。

内野側はもう満席っぽいので、少し空きのあったバックネット裏側へ。後ろではJCVの中継。
おお、k氏(横顔は)テレビで見るよりかっこいいやん。

ゆるキャラ勢揃い
けんけんずやレルヒさん、ニックに今日のプッシュの人権まもるくんたち勢ぞろい

始球式済んでさあプレーボール!
始球式

一回、二回と新潟は加点し2-0だったのだが、三回で信濃1点、五回でもう1点追加し2-2の同点に。
その後はいいところまで行きつつも、なかなかどちらにも追加点が入らない。

ピッチャー投げた!

観客席前にあるメディアパートナーの三角コーン(というか重しというか)、FM-Jのがない。
新潟のけんともなかったけれど、地元(選手もいるのに)で地元の放送局のがないってちょっとさびしい。
大人の事情もあるんだろうけども、できたら来年はまた後援してほしいな。

人権まもろう
人権まもるくんたちはやなせたかし氏のデザインだそうだ。

7回裏攻撃前の風船飛ばし
七回攻撃前、ジェット風船が飛び!舞う!

九回裏の攻撃も結局追加点は入らず延長戦へ。
しかし規定により試合時間が押していて十回だけ。
その十回も追加点なくゲームセット。

選手お見送り
引き分けならMVP発表とかないしね~と球場出れば選手のお出迎えがずらっと。
こう並んでるとサインも逆にもらいにくい。。。

そして恐怖の記念撮影タイム。
か、顔が引きつる~~笑えって言われても笑えないよー。がっちがち。
もうちょっとこうピースサインとかしてフレンドリーにできないものかとあとの人の撮影を見てずーんと重くなる。
木ノ内選手にももうちょっとこう気の利いた激励の言葉かければよかったとまたまたずーん。。。
出来上がりが怖いなーと思いつつ球場をあとにする。

帰宅後は直ったというPCを取りに新井まで。心配していたこともなく無事帰ってきた。
うだうだ悩んでた3ヶ月は何だったのという感じだが、直ってほっ。

この日、マジック点灯中の群馬が石川に勝ち後期優勝に近づく。
今シーズンも優勝には手が届かなかったか・・・そしてプレーオフには残れるのか?
熱闘空しくドロー

でも、1520人の観客を沸かせてくれてありがとう。
3時間36分の長ーい試合、お疲れさまでした!(でも願わくば来期の上越での試合は勝ってくださいませ)
関連記事

アルビ vs 京都サンガ戦

9/19 Jリーグ ディビジョン1 第23節 アルビレックス vs 京都サンガF.C.

市報で見つけた招待試合に応募したらこれも無事当選。お盆にも帰れなかったしギリギリまで新潟前日泊で一泊二日にするか日帰りか迷っていたが、どうもまだままならなさが見え日帰りコース。

2日分を1日で回ろうってことで、朝も車中食で高速利用でGo!

豊栄のわくわく広場で花買って(お彼岸前に花の量もお客も多くてたまげた)墓参りにお参りに・・・と数軒。
もちろん自分のとこも。

9月のノン坊
猛暑にへたってるんじゃないかと心配してたがノンまずは元気でほっとした~

そしてビックスワンへ。
試合開始10分前くらいだったのだが゛S席いっぱいということで別席用意される。
EかW。Eは2層目自由席、Wは1層目指定席・・・一層目なんて行ったことないしーとW席選択。
おー、ピッチが近い、すげーすげー。

ウッチーおめでとう!
内田選手、Jリーグ200試合出場おめでとう!アルビ最年長、がんばって!!

両チーム記念撮影

そして間もなく試合開始。
下位の京都・・・なのだがパス回しがうまい。なんか翻弄されてるっぽいぞ。
攻撃してないわけではないが、つながらない。
挙句に京都に先制される。あー、もうなにやってんのー!

行けっ!

先制してすぐ京都のベンチ選手たちウォーミングアップを始める。
選手たちの足の筋肉すげー。。。(ってのが肉眼で見えるこの距離、さすが一層目!)
そして前半終了。
ハーフタイムの芝チェック
今年の猛暑で芝状態最悪。新潟の芝のよさは有名だったのに・・・早く回復しとくれ。


後半。京都の守りが一層強くなるのだが、向こうのファウルで選手退場、そしてPKが成功し1点得点し同点に。
ゴーーーーーーーーーーーーール!!
一人少ないのでこちらにとっては有利なはずだが、京都のガードに阻まれて追加点が入らない。
あーもうっ!

引き分けですか・・・
結局1-1の同点で試合終了。あーあ。

どうもこっち側の席に来ると勝てないみたい。ヘンなジンクスつくっちゃったみたいで。
やっぱりバックスタンド側で見てた方がいいのかなぁ(^_^;)
試合終わってW宅に寄り一緒に夕飯食べてから高速利用で本日帰宅。密度の濃い一日だったー

試合には勝てなかったものの近くで見れていかったれ。
でも、近い=立体感がないという面もあるので、今度こういう機会あったらEの二層目行っちゃうかもな?

それにしても、また後半得意の「勝てない病」にならないどくれよ~
関連記事

「うさぎ家」さんへ

9/16 大町の「うさぎ家」さんへ

この日のお昼はpさんと。お店は「うさぎ屋」さん。
以前四・九の市に行ったとき「町家カフェ・うさぎ屋」という看板を見て、「へー、こんなところに…」と思ったお店。
今回縁あって行くことができた。
うさぎ家さん

玄関(町家の並びから多分かつてはこっちが勝手口だったはず)で靴脱いでぱたぱたと奥へ。
中はテーブル席と座敷席。
そしてお店の名前通りあちこちにうさぎがいっぱい。

なつかしいステレオ
またレトロななつかしいステレオセットだなぁ・・・その植えにはしっかりうさぎ。

お店のハガキ
ハガキのうさぎもほわわんとイイ感じ。

なんか自分ちみたい
座敷席の奥が厨房なんだけど、なんとなく自分ちにいるような感じ。そんな懐かしさも。

ランチ、「焼き飯」が気になったのだが品切れということで日替わりランチをお願いする。
出てきたお料理。いやーー、手が込んでる!ひと手間もふた手間もかかってる。盛り付けも然り。
(お皿全部は写真に入りきりませんでした)
そして、う・ま・い♪

全部のお皿入りきらず こっちも美味しかった♪

デザートもお願いしてワガママ2にもつの味を楽しめるようにしてもらった。
抹茶と小豆&オレンジケーキ。これまた、う・ま・い

pさんとのお話もまた刺激いっぱい受ける。ありがとね。
(おみやげもありがとう!)
それにも増して人のつながりってのはすごいなー・・・と感心。
自分にもいつかそんなつながり持てるかな?

おいしいごはん、ごちそうさまでした<(_ _)>
関連記事

「ひなた屋」さんへ

9/12 本町「ひなた屋」さんへ

ひなた屋さんはスミレ屋さんの別ユニット(こう括っていいのかな?)。
7月のひなた屋さんは楽しみにしていたものの都合つかずで行けず、先月の町家三昧で高田小町でお邪魔したのがはじめて。
高田公園で予定されていた「勝手にフリマ」は猛暑のため中止となったので、今月はこの日のみ。
どんなのあるかな~とお昼前にちょっくら行ってきた。

ひなた屋さん
お宅に着いたらなんとびっくりそふぃーさんにばったり。いやーお久しぶりです。

で、そふぃーさんの顔で(ありがたやありがたや)、お店の中に入れていただきしばしお茶タイム。
結城堂の温泉まんじゅうなつかしい~~。いつの間に竹炭まんじゅうなるものがっ!!

さすがのはんこ
マイヤさんの消しごむハンコの作品集を拝見させてもらう。
すんごいすんごいすんごいーー!!
どしたらこんな風に彫れるのー??・・・自分ももっともっと修行せねば。

何気に小技のコースター
手作りコースターも何気に一工夫。(わかるかな?)

てづくりがまぐち てづくりかばん
販売品もディスプレイ(全体撮り忘れ(^^;))もセンスいいよなー・・・
で、気がつけばもうお昼やん、やばー。もう帰らねば。
ヨーコさん作の髪ゴムとパッチン(自分がつけると女装だがな/笑)を購入。
前髪うるさくなってきたら使おう。

おみやげにいただいたケーキ、超美味でした!ごちそうさま&ありがとうございました!!


10月はお茶の間雑貨スミレ屋さんが10/9~11 10時~17時 に開催されますぞ。
そして10日には喫茶きらきら屋が一日のみの限定オープン。行けるといいなぁ~・・・
関連記事

ベスパ収録

9/11 ベストパートナー・みんテレ収録ライブ

地元CATV「JCV」のコミュニティチャンネルの番組の中に、高田文化協会が製作協力する有志市民が作る番組「くびきのみんなのテレビ局」がある。
今年度からその中で音楽部なるものができ、主に上越地方のミュージシャンのライブやトークなどを番組として放映するようになった。

そして今回の収録はなんとベストパートナー
すでにアマではなくプロ(どこからがメジャーでどこまでがインディーズだかよくわかりませんが)の2人組。
主催のN氏のツイッターで情報を知り、テレビ収録ってことで映る可能性も大だが一瞬だろうとpuさんと出かけてきた。

9/11生命の樹
この日の「生命の樹」at雁プラ

収録開始は19時。大体の流れや拍手練習などのリハーサルを経て緊張感を抱きながら収録開始。
(さすがに今回は写真撮影不可)
しかし一旦歌が始まればもうそこはライブ会場。カメラも時々忘れ(笑)

めいっぱい歌ってくれ、近日発売のアルバムやライブ告知、プロフィールなどのトークもあり和やかな空気の中時間はあっという間。

便乗撮影(^^;)ヾ
収録終わってなごやかタイム。
なんとこの日のために県外から駆けつけてくれたファンも。すごいなぁ。
上越まで来てくれてありがとう。
中越(主に十日町)のベスレの皆さんとも観桜会ライブ以来久しぶりに顔をあわせる。
相変わらずいい人たちだなぁ~~~感謝感謝。(ごめんね平均年齢上げて(^_^;))

出待ち中✰

これから十日町でもう1つイベントがあるというベスパの2人を見送り、ファミレスで夕飯というベスレの皆さんと再会を約束して、puさんと帰宅。

番組は11月放送予定。果たしてどう編集されてるのか、乞うご期待!( ̄ー ̄)ニヤ
関連記事

そら屋さんへ

9/11 たびのそら屋さんへ

新井の街祭から帰宅し、コンタクト入れているうちに色々回っておこうとサンパツ。
メガネだと外してるので切ってる最中とか見えないド近眼なもんで(^_^;
その後、この日そら屋さんが夢に出てきたこともあってすごく久しぶりに立ち寄る。
店主さんの笑顔、あー・・・ほっとする~~~

うんまい!
今期最後の梅ジュース。
うまーーー・・・暑さに疲れた身体に、五臓六腑に染み渡るぅ~~~

付いてきた梅もすっきり甘くてこれまたうまーーー・・・

うめーよーうめーよー
杏仁豆腐もこれまたうまーーーーーー!!
おかわりしたい(笑)←いやマジに


この日は早い閉店とのことで、自分もまだ用事あるし、ショートだけどゆったりタイム。
さわさん色々ありがとう♪

このひのそら

さー次は収録見学だ!帰って仕度だ!(次エントリに続く)
関連記事

オトノカケラvol.5と街祭と

9/11 オトノカケラと街祭と

この日は妙高市(新井)でイベント。
開催は知ってはいたがなかなか機会がなく行けずじまいの音楽イベント・オトノカケラ。
そしてこれも以前からPR聞いたりで知っていたが行けないままの街祭(マチサイ)。
両イベントがこの日行われるというのでこれは行かねばと。
オトノカケラポスター

しかし新井駅周辺はまったく勝手がわからず、(だいぶ前に文化ホールに行った記憶しかなく)駐車場探しにぐるぐる。
交通整理の男性にたずねたらば駐車場ではなく街祭そのものの場所教えられたり。
だからー、会場の場所ではなく車置きたいんですって☆
また別の方に聞いた駐車場に行ってみたらば残念ながら満車。やむなく市役所駐車場へ。でもここも午後から関連イベントで利用できなくなるんだよなー。どーするべ。
なんてやってる間に時間はどんどん過ぎて行き、会場に着いた時にはライブもとっくに始まってしまってた。

耳はライブに傾けながらせっかく来たんだしとちょっくら出店も見る。
ムームーフォレストさん ないすあいであ!!のエコバック
クリエーターさんの作品や店頭幟を使ったリサイクルバッグの販売などもあり。
山菜や野菜収穫時に使えそうな袋前掛けとトッキッキバッグなどゲット。そして表示価格より安い!ウレシイな♪

タミオさんとPAで参加されてるというnariさんに挨拶し再び駐車場探し。先程教えてもらった駐車場、タイミングよく空きが出てそこに駐車。ほっ。とと、ライブに戻りやしょー。だいぶロスしちゃったよ。
戻ったらば先程の駐車場教えてくれた方もオトノカケラ見に来てて少々お話。やはり開催当初より活気も人出も少なくなっているそう。音楽についてはよくわからないけれど若い人たちがこうやって盛り上げようとしてくれるのはうれしいと。

れいくさん
れいくさん。ギターがかっこえー・・・すてんばいみー(Stand by me)とみゆきさんの悪女のmix、清志郎バージョンのイマジンなどなど「おおっ!♪」な選曲。

apple/ゆみぞさん
apple/ゆみぞさん・・・世界にぐぐっとひきつけられる。切ないんだけどその切なさが心地いい、みたいな。

OTAYAさん with タミオさん
OTOYAさん・・・力強い迫力のギターワーク。すげー・・・。タミオさんとのジョイントも。

ミチシルベ/タミオさん
トリは風邪で喉の調子が悪い中歌い上げたミチシルベのタミオさん

nariさんとのセッション
なんとPAのnariさんとのスーパースペシャルジョイントも!達郎だ~~♪♪

「自分の育った街を元気にしたい」とタミオさんが行っている自主イベント「オトノカケラ」。
今は小さなカケラでも、いつか大きく輝きますように。マチは人がいてこそ。・・・がんばれー!!

某所でよくよくお見かけしているお名前の方がここに!ということで、恐れ多くも(ずうずうしく)お声がけ。
CDいただいてしまった。ありがとうございますー。。。ゆみぞさん、暖かい応対感謝です。今後ともよろしく。
今日聞けなかった方たちの歌、いつかまた聞けるよね。

ライブ終わったあと商店街ぷらぷら。このマチサイイベントの1つに「百縁笑店街」というものもあり、何があるかなと散策。お菓子とか小物とか買っちゃったよ。

スタジオ・ゼロへ。この日から「PEACE&LOVE展2010」スタートなのだ。入ってみたらばまだ設置中。
そんなお忙しい中なのにずうずうしく作家さんのダルマさんたちを拝見させていただく。
オーナーの東條さんがマチサイ関連で外に出てしまい、しばらく戻られるのを待っていたのだが、こちらも時間迫ってきたので申し訳ないと思いながら書き置きして会場を出る。

タミオさん「未知だるま」 「あなたは監視されている」
ピックと音楽・ライブシーンで作られたタミオさんの「未知シルベ」、ドキッとさせられる「あなたは監視されている」

そして数ヶ月前から調子が悪いパソコンのことを聞こうとショップへ。
これこれこういう状態と説明し、結果後持ち込みして診てもらうことに。自作なので(対応を)心配したがまったくその心配も不要で安心。
[でも持っていったらまったく問題なく、なんだったんだ3Months状態。そしてその後また別の問題発生するとは露しらず…]

マチサイメイン会場へ。
こちらは北国街道メインストリート商店街。店見たり露店見たり。わー、なつかしのポン菓子だー!!
これはポン煎餅製造機

これまたイベントの1つであるこども店長ががんばる生協ブースでは雪割草の会員さんとばったりでびっくり。
あちこちでこども店長ががんばってたぞ。

この白い文字は… 水墨画~
水墨画展にもおじゃま。ここのご主人が話し好きでいろんなお話聞かせてくれる。その話題たるやすごい。人生論についてもためになる・・・んだけどなにぶん時間が迫ってるもんで・・・もっと聞きたいんですが、ご、ごめんなさい。
またこういうイベントあったらおじゃまさせていただきますー。
ちなみに↑の「まち祭…」の白文字はなんと牛乳で書いたそうな。

いきいきプラザの中を見ながら(ここの展示にも見たいのあったんだけど~)駐車場へ。
今日はいろいろこなしたいので(やっぱり時間オーバーしちゃったし)急いで帰宅。次へ。

でもオトノカケラもマチサイも楽しいイベントでした。ありがとー!!新井がんばれ!
関連記事

片貝花火2010

9/10 片貝花火へ

去年は大地の芸術祭めぐりの方が忙しく片貝には行けなかった。
今年はハハの入院騒ぎで柏崎や長岡の花火は見送っていたが、暑さも落ち着いてきたしそろっと大丈夫かなと出かけることに。
朝食べて仕度して行ってきまーす。

車中食で小千谷へ向かう。
今年は帰りのことを考えて中学側へ(中学自体には駐車できません)。
昼の二尺玉
昼花火。撮るタイミングが難しい…

去年の事故から観覧場所も制限かかっちゃったが、ある無料観覧席で早めに場所キープし(そこで見るのは初めてだ)浅原神社に向かう。

おまつりおまつり
各お宅の玄関先には祭り提灯が下がってる。

マンホールのフタも花火だ!
マンホールのフタも花火。

ねがえばだれでもあなたでも
何気にアート作品。浅原神社わかるかな。脇には「ねがえばだれでもあなたでも」と。

神社到着。まず参拝。
浅原神社

お参り、お神酒いただき神社隣りの資料館へ。
ぐお、等身大の有名人さんたちがお出迎えだっ!
うぬー・・・

永ちゃんと四尺玉と

中に入れば片貝花火を舞台とした映画「おにいちゃんのハナビ」のスチール写真や映画紹介。
「おにいちゃんのハナビ」スチール写真
これは見に行かないとだな。

奉納相撲観覧。やはりテレビではなくライブで見る相撲は見るのもリキ入るね。
相撲甚句もさすがだし。年はとっても何のその。
相撲甚句

相撲終わってからは片貝まつりロード。
今年はたちの若衆たちの(実質)成人式。いやー、何度見てもうるうるするなぁ。
祝成人!

ホントに片貝の人たちはこのまつりと共にあるんだな。
露店ぷらぷら。ポッポ焼きぱくぱく。
番付

一通り巡って花火観覧場所に戻り打ち上げ開始を待つ。
安物ミュージックプレーヤーに録ったなつかしい大江千里の曲聞きながら。
なんか夕暮れにハマるなぁ。
夕暮れ

そして「尺!尺!!打ち上げ開始でございます!」。←どこかのアナウンス混合してますね
浅原神社に奉納の花火たちはそれぞれの人たちの思いと共に。
追善供養、人生のお祝い事、そこにあるのは今在ることへの感謝。
その思いがこの花火を更に美しく見せる。
今年は「おにいちゃんのハナビ」絡みで監督さんや主題歌を歌うフミヤの花火も奉納され。

柳~

入りきらん…
この花火は映画とは関係ありません(^^;

花火が好きだったあの人も空の上から花火見物してるのかな、なんて夜空の大輪の花見ながらふっと思ったりして。
そして、大迫力の四尺玉。


22時過ぎ、最後の花火が打ちあがるのを見届けて車に戻る。とっとと歩いてったのはいいが、停めてた車に気づかず通り過ぎ相方に拾われた(笑)
やはりバイパス越えてないので渋滞もなくスムーズに帰宅できた。よかったよかった。

p.s.後日映画「おにいちゃんのハナビ」を見る。片貝の花火が更に深く入り込んできたし、今年は2回見たような感じ。
監督とフミヤの花火の色も映画に絡めてたんだなーと改めて理解。
片貝の人たちと花火がどんなに結びついてるかも分かるし。
実話を元にした映画「おにいちゃんのハナビ」。いい映画なので機会あったら見ていただきたい映画です。
関連記事

ugaさんとmomocoさんと

9/7 高田郵便局のugaさん展とkukkaのmomocoさん展

9/1から10/1まで高田郵便局でろうけつ染めのugaさん展が開かれている。
郵便局に行く用事があったので、これを見るのに高田郵便局まで。

うみ~
「うみてん」での作品に再会。

ろうけつ染めとは・・・生地に溶かしたロウで模様を描き、その上に染料をかけ、模様を浮き上がらせる技法。

描かれるのは波であったり花であったり・・・その不思議な色合いと共にUgaさんワールドにすっかり引き込まれ。
作品いろいろ

ミニ額のお花がまたイイ

木製モノも
布だけじゃなく木製作品まで。
すごいなぁ。

いいな~~~と思いながら次の目的地。ヨーカドー・エルマール2Fのkukkaへ。
今回はmomocoさん展。

momoco展

momocoさんの作品はある方のブログで作品を拝見したこともあって、改めて見に行きたいと思っていた。

ほっこり(^^)

ギャラリー内

あったかい色合いのイラストにこちらもほっこり~~
書かれてる言葉にも元気をもらう。

にやり( ̄ー ̄)
ほっこりとにやりが同居( ̄ー ̄)

ライブペインティング
現在進行形の『momocoさん家のお庭』ライブペインティングボードに、自分もこっそり?参加。えへへへへ(^^ゞ

タイプは違えどもお二方の作品たちに元気をいただきました。ありがとう~
(自分の勝手な迷いみたいなもんも出てきたんだけどもそれは置いといて)
関連記事

平山郁夫展

9/3 平山郁夫メモリアル特別展-平和の祈り-へ

8/21から9/5まで妙高高原メッセで平山郁夫展が開かれている。
いつもの如くラジオを聞いていたら「入場券取りに来た人にプレゼント」という事だったので、行ってみたらば既に残り一枚。それでも一人分浮くもんね~♪といただく。
で、気が付けば9月に入っていて、(土日は避けたいので)もうこの日しかないやん!と行ってきた。

妙高高原メッセは妙高高原駅から国道方面に向かう途中の左側。(R18長野向け毛祝坂トンネル手前信号左折し右側と言った方がいいのか)

・・・の前に、ちょっと待ってプレイバック。ちょっと早いけどお昼ご飯。
行ってみたかった自動車学校の隣りのミサ。(ミサとニューミサはベツモノなんだそうで)

ミサのみそラーメン
うむー、何かが微妙に違うような。玉ねぎの量?新井のミサの方が食べ慣れてるからなぁ。でもンまかった。

はい妙高高原メッセ。
妙高高原町が合併で(閉町し)妙高市になった際に建設された(らしい)。
メッセ!

閉町記念と町民憲章
町民憲章は昭和51年に町制施行20周年記念として制定されたそうだ。

入り口ではナウマン像がお出迎え。
ナウマーン!
ナウマンだよね?マンモスじゃないよね?にしてもデカイ。

バックが隠れてる…
実はバックは高井進先生の作品なのだが・・・残念、見えず。

もちろん会場は撮影禁止。
平山郁夫といえば日本画壇の最高峰に位置する画家であり、広島で被爆した経験から平和を求め、かつ仏教をテーマにした作品を描き、文化財保護活動など幅広い活動をされてきた方。
赤倉を「東洋のバルビゾン」にしたいという岡倉天心の構想を支持し、妙高・赤倉の風景を愛した彼は度々この地を訪れていた縁もあったことから、この展覧会が開かれたという。

描き込まれた絵と、水彩(日本画なので言い方は違うのだが)スケッチの2タイプの展示。
スケッチったって大きなサイズだし、主線は墨。色もにじみ次第の下描きなしの本番勝負。
シルクロードの旅路パネル展示などもあり。玄奘三蔵(三蔵法師)の辿った道も表記されていたがすげー。現在じゃないよ唐の時代にインドまで行っちゃうんだから。
ほとけのみちははるかなり、ほとけのみちはすべてなり、と言ったところか。

その絵への、そして対象物への真摯さが伝わってきて、びしっと姿勢をただしたのでした。


続いては岡田清和さんの貼り絵展。
岡田氏は妙高の貼り絵画家さん。生まれながらに聴覚障害・知的障害を持ちながらも、その才能を画家原田泰治さんに見込まれ才能を開花させた方。

岡田さんの貼り絵
その明るい色合いは見る者に元気を与えてくれる。

そして、この妙高高原メッセには図書館もある。以前長野に行った時新潟県の登山家のことを知ったのだが、彼の蔵書がここに寄贈されたというのを別の機会に知り、機会があったら見たいと思っていたのだ。
で、ご対面。山岳会会報だけでなく、上越の山、風土本などいろいろ。歴史も感じられてすごいイイ。
残念ながらじっくり読めずパラパラと見るだけだったが、やっぱり本はいいよなとも思った次第。

その後、「とまと」とHC寄って帰宅。
近距離だったが、久しぶりの相方とのお出かけでした。ちゃんちゃん。
関連記事