J-FORKS in OHSHIMA へ

8/28 J-FORKS in OHSHIMA ~かやぶきライブスペシャル~

去年、ほくほく大島駅で開催された同イベント。結局行けずじまいだったのだが、行かれたFM-Jのパーソナリティーさんがかなりプッシュされてたので、もし今年も開催されて都合があったら行ってみようと思っていた。

そして今年。早々とラジオでもスポットが流れ、なんとスペシャルゲストにベスパが来るというではないか。
これはやっぱり行きたいよなー。
8月最終週の日曜。大丈夫そうだがイベント開始に間に合わせるのは難しい(昼食10時半くらいにしないと…)ので、無理せず行ける時間にしようと予定する。
puさんも行けるというので自分の運転で乗り合わせることに。

会場の大島区・飯田邸へ。
飯田邸

明治以前からの建築物。補修はしているが、築300年以上という説もある。
雪ほたるイベント時にはおじゃまさせていただいてるが、夏のグリーンシーズンは初めて。
へー、雪ないとこんな感じなんだね。

龍摺石

冬は雪の下になるので知らなかったが「龍摺石」を発見。
長野との県境の野々海峠の池に龍王様がいたそうな。
この龍王様、縁談のもつれから死闘となって、周辺の池や川は血の池地獄のようになってしまった。
そして、負傷した龍王は、自らの尾を大石に摺りこみ、旋風を起こし火の玉になって昇天したそうな。
この大石も焼け焦げてしまい、くっきりと龍の尾びれが残ったんじゃ。

龍は水神さまの使いでもあるので、かんばつの年にはこの石に雨乞いをすると大雨になるそうじゃ。
この石を地主が庭石にしようと人夫を雇って作業に取り掛かろうとするたびに嵐となり、ついに工事を諦めたそうな。
村人は龍神さまのたたりだと言っていたそうじゃ・・・


早く到着していた十日町ベスレのTさんたちとお話。観桜会以来だ、お久しぶり。
先月の大雨、被害なくてよかったよ。
案内ポスター

会場に入ったら主催の中村氏。今第二部のラストでそれから長めの休憩とってからベスパのライブだそうだ。
第二部のトリはギターデュオの“YOSHIMICHI”さん。
なんとどちらも新堀ギターの主任さんらしい。。。

YOSHIMICHIさん
ギターのワザを土間から聞かせてもらったけど、木造かやぶきの下で聞くギターの音色がまたまろやかなんだわ。

言われたとおりしばらく休憩タイム。外出たらちょうどくろみつさんが。
しばしお話させてもらったけど、スタッフとしても忙しいのにとっつかまえちゃってスミマセン。

飯田邸前の集落センターのトイレは3/12の地震で浄化槽が壊れてしまい使用できない状態。
仮設トイレはあったが、やはり地震の爪あとが。

飯田邸中に入ってライブを待つ。壁が一部剥がれ落ちているのもやはり地震の影響なのだろうか。
前来た時はそこに目が行ってなかったので分からんのだよね。

なかなか到着しないベスレの皆さん、山道迷ってないか気になっていたが、ギリギリ到着よかったよかった。

はい、ベスパライブのはじまりー。
ベスパ
あたたかい歌とギター、そして思わず笑ってしまうMC。
やー、来れてよかった。

今井さん
今日の司会の今井美穂さん

ライブ終了後、ベスパにベスレさんとお話。そして司会の今井美穂さんにも♪
美人でスタイルいいんだよね~
上越ご当地アイドルさんもおみかけしました。背が高くていいな(^◇^)

中村さんやくろみつさんはスタッフとして片付けなど忙しそう。今日のお礼を伝え飯田邸を後にする。
久しぶりに音楽に触れることができてよかったっす。いいイベントありがとうございました!
関連記事

七宝☆緋色美@高田小町

8/28 七宝☆緋色美@高田小町

七宝☆緋色美さんの個展がこの日高田小町・蔵ギャラリーで一日のみ開催されるというので午前中に「おじゃましまーす」。
ご案内

七宝と切り絵だけではなく最近はフェルトや編みものなどもトライされている。
手編みバッグ
麻ひもで編んだバッグ。なんとなく民芸風な気がするのは自分だけ?

フェルトバッグ
羊毛フェルトのバッグ(奥はがま口)。作るの大変らしい…

七宝作品
七宝アクセサリー。すげー!

切り絵ポストカード
切り絵のポストカード。これまたすげー・・・

シックな作品もあれば、かわいい系の作品もあり、その多芸さにひたすらすごいなーと感心。

久しぶりにお会いしたのでついつい宿根。緋色美さん、長居してゴメン。でもありがとうねー。
蔵の中で・・・
蔵内の展示はこのように。節電モードで灯り削減なんだって。

年に一度の個展も今年で5回目だという。おめでとう!!
これからもますますのご活躍応援しています。がんばれー
関連記事

新潟鉄道博へ

8/27 新潟鉄道博へ

15日から28日まで新潟市朱鷺メッセで新潟鉄道博が開催されている。
相方も行きたい度が高く、行きたいと思いつつも時期的にちょっと難しいかなと思っていたが、ここのところちょっと涼しかったこともあり、留守しても大丈夫だろうと墓参りを兼ね最終日前日に行ってきた。

まずは墓参り2寺。
母、なかなか来れないでごめんよ。
2寺目、持ってきた、さっき使ったばかりの剪定ばさみがなくて焦る。どこ行ったんだ??

で、朱鷺メッセ。

銅板で鶴
ガテンの座長・マル丸山氏のご実家作の銅板夫婦鶴

世界を反転させる 2003
「世界を反転させる 2003」何気にこういう作品も置かれてて、なんか得した気分。

氷どどーん
節電モードで風鈴や氷がどーんとあちこちに。


さて鉄道博。
鉄道博チケ売り場

前半はパネル展示を主に新潟県の鉄道の歴史や鉄道模型、関連アイテムなど。
屋根に上がってよく見てたんだよなぁ…
これはなつかしの電車たちのパネル写真。おおー!

蒲原鉄道
蒲原鉄道(の模型)、自分の中ではかなり特別な存在。

線路沿いにずっと住んでたこともあって&車がなかったので鉄道利用度高かったこともあって、「鉄」の血かなり濃い自分、かなりテンション高い(笑)

パネルコーナーを過ぎれば、上越モン同士が下越で再会するというなんとも不思議な感覚の、くびきのお宝「コッペル号」がどーんと。
やー、久しぶりだね。
コッペルさん

でもさすがに「展示物に手を触れないでください」か。くびきイベントなら乗れるのに。

大人気と聞いていたリニアモーターカーや運転シュミレーターは有料。入場料にどれか1つ利用できるようにしてくれればいいのに(無理か)

カラーこよりで作られた作品
こちらは紙紐(カラーこより)で作られたSLとデンテツ。すげーな…

HOゲージの周りには大勢の人たち。
鉄道模型ってーとNゲージが浮かぶんだけど、HOなんてのもあるんだね。(違いは「軌間」ということだ)

おみやげコーナーでは手ぬぐい購入。
本当はこのイベント限定の越後亀紺屋作のオリジナル手ぬぐいがほしかったが、限定200枚では・・・残念、既に品切れ。
ピンクの方はまだ展示品残ってたんだけど、それでもいいからと強く押してみればよかったかな?

一通り見たので(ちょっと消化不良の感もないとは言えないが…)会場を出る。

天気もまずまずなので31階の展望室に行こうということになったのだが、途中で。
村山先生個展
村山陽先生の個展。これまた上越モンが下越でばったり状態、その2。
上越での個展では妙高山など上越を中心とした作品が展示されることが多いのだが、ここでは蒲原平野のはさ木など、下越の作品が見られてなんか新鮮だった。

展望室。
いつの間にか「befcoばかうけ展望室」なんて名前になっていたんだね。栗山米菓ネーミングライツしたんだな。

さりげなく新潟名物が
バックのバリンとボリン、鮭だの甘えびだの笹だんごだのアルビだの…さりげなく新潟にちなんでる。

うん、眺めヨシ。
しかし信濃川、まだかなり濁ってるなぁ。河口のこの色って。
信濃川と日本海
海の青と川の濁り色が対照的。

そういえばまだお昼を食べていなかった。
せんべい王国の名物「せんべいソフト」の進化系?らしい「ばかうけソフト」と焼きおにぎりをいただきまーす。
(コーヒー付きのサンドイッチセットにしたかったのだが既に本日終了していた)

ばかうけソフト
ばかうけソフト。甘いソフトとあまじょっぱいしょう油ソース、そしてばかうけチーズ味。
異色トリオなのだがこれがなかなか。
クセになりそうなお味でございました。

その後はW宅など知人宅2軒におじゃまし、ボルトの予選突破まで見てから下道で帰宅というのんびりコース。
・・・うーん、はさみどこ行っちゃったんだろう(^_^;
関連記事

謙信公祭2011・日曜日編

8/21 謙信公祭2日目

で、宿の朝。
ここの朝食はなんかすごい。
あさごはん
ついつい3杯飯食べちまったよ・・・

チェックアウトでさらば池の平。お世話になりましたー。
下界に下りるにしたがって(ガスから出たので)雨は収まっていてほっとする。
新井の道の駅でお土産物色タイム。
何気にヘンなものあったりするからね。
ご当地解剖ストラップなんてのもあったぞ。でも生き物モノはやめたほうがいいかと(^_^;)

高田公園の三重櫓を車内から見学して直江津駅。電車組見送り。
また会おうー。お疲れー。

残ったメンバーと昼食。リクエストのあったホワイト焼きそば。
うーん、前に食べたのよりイマイチ・・・かも。

上越総合病院の指定駐車場に車を置き、そこからはシャトルバスで会場ヘ。
春日山公園は今日限りの大物産市開催中。
ち、こっちにもホワイト焼きそばあったわい。

あれもこれも面白そうだったが、山麓線の通行止めがもうすぐ(と思い込んでた)なので「あとでゆっくり」ってことにして例の交差点に急ぐ。
ここで雨がぽつぽつと。
最初はまあいっか状態だったのだが次第に本降りに。そ、そんなーーー。

傘差して通行止めを待つ・・・が全然それっぽくならない。
特番があるので待機していたFM-Jのスタッフに聞いてみたら、なんと今年は通行止め時間が14時半。
えええええーー?!
まだ30分も待つのか・・・
例年通りの時間だとすっかり思い込んでて、パンフの確認もしてなかったよ。

これだったら広場の大物産市見てればよかったー。みんな、スマン&ごめん。
戻って見るにもこの雨だし時間的にもハンパだし・・・ああ申し訳なし。

そして14時半、山麓線通行規制。
既に場所取っていた人たちから順に前に出るような感じ。
でも天気がイマイチだったせいか、涼しかったせいか例年のような殺気?感はなし。
係員が観覧範囲間違えて、また後ろに下がらなくならなくなった際もまあまあスムーズに行けた。

なんとか場所は確保したもののこれで終わりではなく、これから出陣行列までまだ待たなくてはならない。
待ってる間にマンガでも読めばと持たせたもののこの雨ではムリだし。

それでもありがたいことに雨も次第に小降りになり止む。
出陣太鼓が聞こえてくるが、これがちょうど波長がいいのか聞いてると眠くなってきてくたる4人組w

そうこうしてる間に武田軍が動き出す。
おお、始まったか。。。
そして反対側からは春日山神社のお神輿が。
なんか鉢合わせしちゃうんじゃないか?と心配になったが、何とか回避できたようでほっ。

おみこし
でもすげーお神輿だ。

武田軍の次は上杉軍が。
今年は三河守吉熙(御館の乱で上杉景勝の春日山城確保に功績をあげた武将)の末裔の宮島さんも行列に参加。
武将の末裔・・・すげー・・・

メカ
なんか「メカ」だよなーといつも思うんだが景勝。
なんであの卍のお盆な兜じゃないんだろ。

一通り行列が通り、米沢藩古式砲術保存会の皆さんが通り(さすがにあの場所で砲術披露はできんよな)・・・さあ来ましたぜ!おやかたさま!!(御館さまと御屋形さま、どっちがいいのかねー。)

今年は上越市に避難されている南相馬市の方々も招待されている。
おやかたさまは南相馬の方たちに復興へのエール。
「この雨は(震災犠牲になられた方への)鎮魂の雨」のくだりは、まさに「降りてきてる」感じ。
ファンじゃねーけどすげーよな。

おやかたさま
南相馬市の方々にエール。

そしておやかたさまは颯爽と白馬とともに駆けていってしまいましたとさ。
その後に慌てて全力疾走する側近隊がちと笑えた。

高速側でのパフォーマンスは全く見えないからスピーカーの音のみで。
相変わらず太鼓の音色に眠りを誘われる・・・

再び上杉軍の行列。おやかたさま今度はぱかぱかぱか・・とゆっくりなんだが立ち止まらず素通り。
市役所方面へ。
メカ景勝軍はうちらの前で足止め。

旗持ち、見事!
重いだろうに大したもんです旗持ちさん

おやかたさまが戻ってきてさあ大立ち回り。
「おやかたさまーーーーーーーーーーーーーー!!」の声飛び交う飛び交う。
いやー、演ってる方も気分いいだろねー。なりきっちゃってるねー。

おやかたさま

白馬に乗って

そしておやかたさまは春日山に向かって行ってしまいましたとさ。
・・・たらば、夜に行われる川中島合戦再現を見るために史跡広場に向かうのか観客動き出す動き出す。
まだ上杉軍の行列終わってないのによー。
景勝軍以降の立場は・・・

まあそのおかげで今度は一番前で眺められたんだけどさ。
上杉軍が去り、武田軍。真田役や勘助役の方がまたサービスよくてカメラ向けるとポーズ取ってくれるし、しんがりの武将役の方は「新潟の女性は綺麗だったーー!!」などと勝鬨前に叫ぶし、結構フリーダム状態で楽しいんだけどな。

決まったぜ!
勘助!決まったね!!

武田軍一行も去り、だらだらと春日山公園へ。
上杉・武田の戦国武将と現代が混ざり合った不思議な空間。
でもこの雰囲気いいよな。

ありがとーです♪
武田軍のお二人♪

・・・大物産市、メインの食モノは終わってるし、なんかやっぱり機を逃した感が。皆スマン。

今年も史跡広場での川中島合戦はパスし(初回見たけど舞台遠いしよ)シャトルバスで駐車場に戻る。
しかし、毎年思うが、さっきまでここでおやかたさまが、武将たちが戦国絵巻を繰り広げていた、あの興奮が幻のように余韻のカケラもなくすっかりいつもの山麓線に戻ってるのがなんとも。

微妙に腹も空いてきたので某ファミレスへ。
なんかこの2日はあっさり系(結構飲み食いしてるのだが)が多かったので、がっつり肉だ!と肉食獣化(笑)
20時を回りそろそろ帰らないと(高速利用とはいえ)明日もあるしまずい時間になったのでそろっと打ち止め。
次の再会を楽しみに新潟組を見送る。気をつけて帰れよー。またなー!


上越の一大イベント謙信公祭。GACKT謙信がおでましになっているからこその大イベントになっているわけだが、いつまでも来てくれるワケではないし(彼は上越をかなり気に入ってくれているようだが)、これからどうなるのかの心配も抱えつつ、とにもかくにも関係者の皆様、ありがとうございました!!

蛇足:今年の謙信公祭の観客は去年より3万5千人ほどダウン。天気悪かったせいか、去年がとにかく多すぎたのか。
それでもすげーわな。
関連記事

謙信公祭2011・土曜日編

8/20 謙信公祭1日目

さて、今年もGACKT謙信、おやかたさまである。
新潟の友人たちも来たいとのことで、日曜はそのつもりだったのだが、話は進み前日(つまり土日)泊で集まろうということになった。
(謙信公祭はパスで温泉のみという組も)

ということで土曜日である。
支度でバタバタしていたら、9時からの狼煙上げのこと完全に頭から消えていた。
見たかったのにこのザル頭め。
そして今日は高校野球の決勝戦。願わくば東北に優勝旗を持って帰ってほしいけれど。。。
チラ見ではどんどん不利になっていく。ああ、やっぱり前評判通りの結果になるのか。

待ち合わせは直江津駅。ここで電車組と車組と合流の予定。
・・・でもその前に。

オトノカケラvol.10
せめて今回のフライヤーだけでも…

リハ中れいくさん
リハ中のれいくさん

新井ショッピングセンターでのオトノカケラ。
今年はどうも巡りが合わず開催日が都合悪くてなかなか行けない。
yumizoちゃん、ソロデビューだったのに聞けずごめんね。
挨拶だけして(一目だけでも会いたかったんよ)バイパス使って駅へ。
踏み切りで捕まったりしてヤバイ?と焦ったがなんとか約束の時間にはギリギリ間に合った。
(早く着いてた車組、遅くなってすまん)

で、新潟各組と合流。お昼ごはんはイカヤの「謙信勝どき飯」。
謙信公祭だし、せっかくだからなんか戦国ゆかりっぽいの食べてもらおうと思ってね。

謙信勝どき飯
うむー、全部入れようとしたら香の物が中心になってしまったぞよ

いわゆる「精進料理」系なのだが、さすが戦国。よく噛むことで満腹中枢しっかり刺激するんだな。
足りないかな?なんて思いながらもしっかり満腹感。
しかし、しょう油と砂糖を使ってないのにこの味の深さって。すごいね当時。

そして観光物産センターへ。
今回は初上越って人もいるので、できたらあの「130センチ男児用謙信コス少年」のTシャツを見てほしかったのだが、さすがに何年も陳列されたままで店員さんもこれはアカンと思ったのかなくなっていた。
ああ、残念無念。
初見、そして再会させたかったのになぁ。自分も再会したかった。

・・・そだそだ、「飴もなか」は長岡土産だったよ。こっちのは「翁飴」。すまん混ざって(私信)

お次は「パフォーマンスin謙信公大通り」でオープニングを飾る「上越おもてなし武将隊」の見学。
明日の武者行列見られない組にも食だけでなくちょっと戦国気分を。

おもてなし武将隊
演舞な写真でなくてすみませぬ

朝市や本町などで武将な皆様とはお会いしたことあるけれど演舞は初めて。
やってくれるじゃないですか。
春日山でも見てみたいなぁ。。。
今日は「あのグラ」の公開放送が埋蔵文化財センターで行われていて、影虎がそちらに出演のため不在で残念。
あの方のナルシー?さと十吾郎との掛け合いが結構好きなのだが。


ってんで大体いい時間。一路妙高池の平へ。
高度が上がるにしたがって小雨がしとしと。
池の平はすっぽりガスの中のようで雨がやまないのだが、宿に入ってしまったらそんなことはお構いなし。

おやど
隠れ宿のようでグッドでございましたて。

先付と前菜
一見ゼリーかと思わせた西瓜の擦り流し・・・は手間がかかってるのはわかるけど、微妙な青臭さが。
西瓜は西瓜として食べたいと思うのはワガママでしょうか。

明日は降らないといいなと思いつつすっかり弛緩ぐだぐだ温泉宴会モードで夜は更けていったのでありました。
関連記事

ひまわりと小動物と

8/19 大洞原のヒマワリとパインバレーの小動物たちと

妙高市の大洞原のヒマワリが見頃らしい。
津南のヒマワリは今年も見逃してしまったので(大地でもないとなかなかきっかけないんだな(^_^;))、行ったことないこちらのヒマワリを見てくることに。
ここ連日の暑さが今日は和らいで随分楽。曇ってるけど・・・

場所はR18、こちら(上越)からだと産直「とまと」の十字路を右折、しばらく道なりに進み案内板を左に。
ほそい道を進むと・・・出てきましたヒマワリ。

ひまわり~
や、後姿でスミマセン。

ここのヒマワリは思ったより背が低い矮性型。
見上げなくていいのでこっちの方が見るにはいいと思うんだが、迷路になるほどののっぽヒマワリを想像していた相方は少々物足りなそう。
でも、ちょっと見頃を過ぎたようで、ヒマワリが下を向き始めてる。残念。

ヒマワリだけでなくキキョウやコスモスも咲いている。
ピンボケキキョウ

コスモス

ここ大洞原は以前から高原とまとの一大産地だったのだが、農家の高齢化や後継者不足などで耕作放棄地が増えてしまったのだが「とまと」オープンをきっかけに観光資源に「農」を活かそうと、耕作放棄地を計画的に再生し観光用花畑の造成やそばや山菜等の生産に取り組んでいるそうだ。

ヒマワリの花
ヒマワリは中心部がホントの花なのです

がんばれ受粉
花粉運び隊、がんばっております。
ヒマワリの花、なかなか優秀で、まずおしべが出てそれからめしべが出てくるそうだが、一斉に咲くのではなく時間差でおしべパート、めしべパートになるようになってる。(内側がおしべで外側がめしべ)
そこに働き者の花粉運び隊があっち行きこっち行きしてくれればヒマタネいっぱいできるワケだ。
自然界ってのはホントうまくできてるよな~

今日の妙高
お久しぶりの今日の妙高はガスの中。


そしてお次はパインバレー。
23日まで「ふれあい動物パーク」が開催されているのだ。
ある方の日記でそれを知り、犬や猫にうさぎにハムたち15種類の小動物が、見るだけではなく触れられるという魅力には勝てずGo!

ミョーコーさんと妙高山
妙高山とミョーコーさんのコラボを狙ってみたのだが(笑)・・・妙高山かくれてるし幟ウラだし。

パインバレーはすっごい久しぶり。スキーの時しか来たことなかったし、そのスキーもここの営業終了しちゃったんで、もう来ることは多分ないだろうと思ってたんだけれど思わぬ再訪。
会場は旧スキー場センターハウス。小動物園とネイチャークラフトが楽しめるようになっている。
自然工作

ハムー!うさー!モルー!!小鳥ー!
モルモット初さわり。しかしこの方たち最初は興味しんしんとばかりに寄っては来たが触れようとすると逃げてしまう。
なかなか警戒心の強い方々で(^_^;)
うさとモル
うさもモルも最初は寄ってくるんだけどね…

ハムべいべー
長毛ハムの赤ちゃん。まだ目も開いてないのにヒマタネのもとへ…

外にはワンコにポニーに馬に仔ヤギに羊にカメにターキーにアヒルなどなど。
みなさんよいコで「こんにちは。さわるよ。なでさせて」と言うと抵抗なく触れさせてくれる(さすがに鳥類は手が出せず)
こやぎさんたち
ハイジの「ユキちゃん」きっとこんなコだったんだろうなー

そして犬猫コーナー。
わー!!わんこがいっぱい!!
またみんなすんごくフレンドリー・・・なんだけど、一番親しくなりたかった柴犬が寄ってきてくれない(泣)
おいで?と手を出しても逃げてしまう。
逆にそのロンリーさに心引かれてしまった感があるけれど、ずっとそこで相手できるはずもなく。

おいでよー

スタッフの方にもちらっと聞いたけれど、このコはやっぱり引っ込み思案というか一匹でいることが多いらしい。
うう、気になる・・・

と、自分が犬に夢中の時、相方はネコ観察。その1匹がふと相方の膝に乗ったらしくすっかり気をよくしていた。
猫もかわいいし嫌いではないんだけど、やっぱ飼うなら犬がいいなぁ。うちハムもいることだし。
(子供の頃近所のノラ猫に飼っていたヒヨコやニワトリ、用水路で捕まえた魚などやられてしまった記憶が、向かいの家の猫と半日遊んだら顔にぶつぶつが出てまぶたがはれ上がった記憶が、猫にちょっと距離を置かせている)

ねこきーっく!
じゃれあう子ネコ。ネコパンチならぬネコキックも見たぞー

で、たーーっぷり動物と触れ合った(このふれあい動物園、石巻からなんだね。地震で彼らも随分怖い思いをしたんだろうな・・・)あとはこの夏にオープンした「lover's sanctuary」。
いや、loverってんじゃないけど、せっかく久しぶりにパインバレー来てるし、次に来るのはいつだかわからんので行っておこうと(笑)
場所はゴルフ場の施設上の「展望台」。徒歩5~7分くらい?(車では行けません)

ハギ クサギ
左ハギ。右クサギ。あんなに暑かったのに秋の訪れを感じさせる。
くさいらしいクサギの葉のにおいはかがなかったけれど、花からなのか甘めの香りが周りにほんわかと。

らばーずさんくちゅあり
らばーずさんくちゅあり。ハートの鍵は売店でってトコに商魂たくましさを感じつつも、みなさんどうぞお幸せに♥

来た道をもどって帰宅。夏と秋のはざま、そして小動物たっぷりの「なつやすみのおでかけ」でした。
関連記事

紙が語る戦争と平和展

8/15 「紙が語る戦争と平和展」

先日(花市)で本町に出かけた際、ランドビルに掲示されてる上越タイムスの記事から、12~15日まで遊心堂ギャラリーでこの資料展が開催されることを知った。
そして気がつけば既に最終日。
来客対応がひと段落ついた午後、「この日」に行かねばなんとする!・・・と出かけてきた。
ポスター

2階展示は広島の原爆、当時の(雑誌付録等)の地図にレコード、手榴弾消火器など。
当時のレコード

展示してあった新聞資料から上越にも空襲があったことを知る。
黒井公園にはその慰霊碑があるそうだ。
捕虜収容所だけじゃなかったのか・・・

3階展示は太平洋戦争開戦翌日の日本とハワイの新聞から始まって、日清・日露・日独(自分の記憶では第一次世界大戦は日本はあまり関係なかったと思ってた…)、そして日中、太平洋戦争と紙もの資料が続いていく。

軍事郵便、赤紙、その赤紙の仕組みに赤い山形が印刷された封筒、紐がついている控えを入れる封筒、当時の年賀状、俘虜収容所からの郵便、軍票に新聞記事、新聞社のニュースポスター、物資協力の表彰礼状などの紙資料たち。

赤い山形は天皇の命であり、絶対の印。
赤紙控えを入れる封筒は(控え自体が天皇からの御心であるから)開封時に中身を切らないよう封筒底に紐がついていてそれを引っ張り開けるようになっている。
いい悪いではなく、それが「当時」。

戦時中に撒かれたビラ(伝単)に慰問手紙、寺社の鐘供出に配給切符、弾丸切手に戦後の検閲・GHQの追放郵便、引き揚げ書類…
そして戦後、平和・・・東京オリンピック。
パネル展示

よくこれだけの資料を集められたものだ・・・すごい・・・と思うこともさることながら、氏の知識がまたすごい。

新潟県、長岡だけではなく鹿瀬や柏崎にも模擬原爆が落とされていたこと、そしてそれぞれに亡くなられた方もいること(今まで空襲だと思われてきたそうだ)などなど。ああ、もっといろいろな話を聞きたかった・・・

加えて資料等の写真撮影やこういうブログ掲載についての注意点などもお聞きする。うん、注意しなくては

興味深い資料いっぱいでかなり長いこと宿根。それでもまだまだ見足りない。残念残念。
最終日なので閉館早いことを失念していたよ。

明治から戦前のすごろくなどもあり、娯楽の中に大人にも子供にもじわじわと戦争をしみこませていく様が見える。
すごろく
全国旅行双六なんかもあるんだけど、やっぱ戦意高揚・銃後生活のありかたなどの啓蒙なんだよなぁ。

日満支一巡交通双六
「小学六年生」新年特大号付録・日満支一巡交通双六

ある1つの事実でも、捉え方は光と影のように対極だったりする。
置かれているポジションによって「やらなければならない」こともある。
「紙モノ資料」は客観的に、冷静にその局面局面を伝えている。

客観的な、「○○」という資料があるという事実(それが真実とかそういうものではない)、そこから見えてくるものがあるのだなーと思った66年目の終戦記念日でした。
関連記事

上越科学館へ

8/12 上越科学館で「はやぶさ」を見る

今日12日から16日までの4日間、上越科学館で市制施行40周年記念事業の一環として小惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセル展示会が行われている。

本格的な盆休みに入る前の初日に見に行ってきた。

残念ながら実物は撮影禁止のため写真はなし。
中はダメなので入り口
ここはOKとのことで☆

パネル展
解説パネル展示も

でも、これが大気圏突入して戻ってきたんだよなー・・・とか、よく7年間宇宙にいたよなぁとか、その技術って、考え出せる知識ってすごいよなぁと思うことしきり。
イオンエンジンってなに?一万度以上に耐えられる金属ってなに?だもんよ。
お土産コーナーではクリアファイルと清里の星空ガイドブック購入。

久しぶりなので館内も見学。
人類の発生から始まって、人体という科学を追っていく。
人体という科学
子供も喜ぶ遊びながら科学に触れ合うコーナーもあり。
ただ、故障調整中が何台もあったのがね。。。

ダイジェスト映像も
「はやぶさ」ストーリーダイジェスト版もあり。しっかり見たい方は清里へ!(無料シャトルバスも出てるぞ)

ちょうどトリックアート展もやっていたのでそれも見学。
トリックアートはSOWA美術館で以前見たことがあるが、目の錯覚を生かした小技が面白い。
地元TV局(Teny)が中継取材に来てたぞ。

え?
あれ?

わかるかな
十二支がかくれてます

動く絵 あれれ?
動く絵?その実態は?

雪の科学コーナーは休憩室と化していた・・・
雪の結晶
けど、昔の大雪の写真はすごかった。直江津でも昔は高田並に積もることもあったんだねー。

外の面白自転車コーナーは大人気。空いてたら乗ってみたかった(^^ゞ
このボールプールも大人気。

楽しそーだなー
誰もいなかったら入って遊びたい(笑)

久しぶりの科学館、楽しく学んできましたぞ。
はやぶさも見れたし。
その後は花市で花買ったりのお盆準備となりました。ちゃんちゃん。
関連記事

津田のぼる展へ

8/10 津田のぼる展へ

この日は甲子園新潟代表・日本文理と西東京代表・日大三高との試合があり、残念ながら新潟は14-3と大差で負けてしまった。
で、試合終了後、直江津近辺に用事があったのでkukkaのこの展示会も見てこようと。

津田氏の作品は前回のkukkaでのあくせさりー展の時にも展示があったのだが、空き缶でここまで作っちゃうのか、すげー…と思っていた。
缶から作品
(前回も展示されてた)空き缶動物

で、会場へ。
案内ポスター


・・・すげ。
!

あちこちのブログで見かけてはいたが、まさかこれほどとは。

すごいー

上の一部を拡大
↑の一部をクローズアップ

製作現場
津田ワールドがここで作られてくわけだ…

もとは空き缶なんだけど、銅や銀を彷彿とさせる色合いに変身。
そしてその芸の細かさ。

動いてそう
ホントに夜中動いてそうだ・・・

中世?童話?ファンタジーな世界が広がる。
アンティークな銅のイメージで持ってみたら軽くてびっくり。

おもわずどきっ
「目」に思わずどきりとさせられて

でもこれみんな空き缶やら王冠やら「捨てられるモノ」なんだよね。環境から缶響ってのも納得。

津田氏にかかると…
ちょうど津田氏が会場に来ていて、子供たちに作り方レクチャー。
魔法の手だ・・・。

自分、立体創造モノってホント作るの苦手だからただもうすごいすごいすごい。
ひととき異世界にトリップさせていただきました。やー、すごかった。

造形作家・津田のぼる展は8/7~14、ヨーカドー/エルマール2F・kukkaにて開催。
13日はワークショップもあり。
関連記事

なでしことJ1・清水戦

8/6 なでしこリーグとJ1・20節 清水エスパルス戦

アルビレックスの観戦回数券は残り2枚。有効期限は今月いっぱい。
試合はあと3試合だが、お盆と水曜では・・・それに清水戦見てないかも、とこの日の試合観戦を前々から予定していたのだが、なでしこリーグの試合も同会場で開催することになり、清水戦のチケットがあれば無料で見られるという。
それならば・・・とちょっと予定を早めて2試合見てくることにした。

とはいえなでしこの試合開始は15時半。まあ後半だけでもいいかなと早めのお昼食べて出発。
今日も高速利用。
W宅に顔出して上越にはないコンビニ寄って会場に向かう。駐車券は事前に購入していたので大丈夫だろうと思っていたが、なにこの駐車数。
今までの試合(時間的なこと考えても)とは大違いだ。
さすがなでしこ効果。

会場に歩いてる時大歓声。これはアルビが得点したのか?
急がねば~
チケット引き換えて相方に場所取り頼んで先行してもらい恒例のアウェイグッズ探し。
会場入ったら(シーズンパス保有者以外)再入場はできないとのことで、外販ブースも今回は人がまばら。
そうだよね、なでしこ見に入っちゃったらもう出られないもん。

大したもん蛇アルビバージョン
おお!関川の「大したもん蛇(たいしたもんじゃ)」が応援に!!

明和義人祭PR
8/24 新潟市上古町で「明和義人祭」が開催されるぞ!

まだ「富士宮やきそば」のブースも来てないようで、買って入るのもムリ。
あー、食べたかったんだけどなぁ。

おっとなでしこなでしこ。スタジアム入り。
相方と合流。いつものE席。しかし暑いしまぶしいなぁ。

海堀さん
キーパー海堀さん

アルビと澤さん
澤さんは一番右

おー!澤さんだ。海堀さんだ。そう相手はINAC神戸レオネッサ
既に後半残り25分ほど。観客、Sがすでにいっぱいなんて聞いてたけどホントいるいる。すげー。
得点は・・・2-1か。さっきの大歓声はアルビが同点に追いついた時のもので、その後澤さんに得点されたそうだ。
ついついカメラは澤さんに。お前どっちの応援だよと言われそうだ(^_^;)

なでしこはプレナスリーグ 試合結果

以降は得点なく試合終了。でもパス回しなど神戸はさすが。さすが首位。(新潟は2位)

健闘をたたえ
この試合、なでしこリーグ観客動員数が今までで最高の24,546人。
さすがワールドカップ効果。(チケットはこのあとの清水戦があれば無料。なければ入れず)


次の清水戦まで約一時間半。持ち込みコンビニ弁当食べたり売店見たり。
サークルK限定
相方が狙っていたBSNラジオの期間限定プロジェクト、サークルK限定の弁当。
だって上越にはサークルKないもんよー! 毎年悔しい思いしてるんだぜー。
あー・・・政ちゃんのカツ丼食いてぇ・・・

アルビチアリーダーズ・ジュニアも
今日はジュニアの皆さんも勢揃い。

ピッチも暑いだろうが観客席もやはり暑く、近くの席の年配男性が軽い熱中症になったらしく運ばれていくのを盛見る。
うわー、気をつけないと・・・

そして今回すごく気になったモノ。
辻尾JAPAN
なんだこの辻尾応援団。何者?

大挙する辻尾JAPAN
清水サボーターの1/3は占めてるぞ。何者なんだ?
(辻尾選手の親の会社関連らしいが実際はわかりません)

NSGサンクスデーってことで試合前に役員の挨拶。
キックオフ近し

キックオフ前に先日その若さで突然この世を去った松田選手に哀悼の意を捧げ黙祷。
黙祷後清水サポーターからも「マツダ」コールが。

んでもってキックオフ。
パスが通らなかったりでなんとなく「なんかズレてる」状態。なんであれで得点できんのじゃなんてシーンも多々。
清水の攻撃をなんとか抑えながら、もうすぐ前半終わるなーだったのだが、ミシェウがゴールを決める。
おおやったやったー!
で、沸き立つ中前半終了。

今日のハーフタイムはなんかハンパ。
人権まもるくんたちも場内回らずうろうろしてるし。
まもるくん後姿

もん蛇サマに一抹の寂しさが
関川の「たいしたもん蛇(じゃ)」にも場内アナウンスなく。
試合前も外販ブースさみしかったのに加え、ギネスにも載ってるたいしたもん蛇なのになぁ。
あれじゃ「なにあの長い蛇?」やん。

後半、清水の動きが微妙に弱まってる。
ヨンチョルが、再びミシェウが得点し3-0に。

フリーキック
得点はこのあと・・・

3点取れば心理的にも安心できるが、なんせロスタイムに弱い新潟。何が起こるかわからない。
試合終了直前に期待の新加入アンデルソンに選手交代。
ロスタイムは5分。長すぎー、やばすぎー。

そしてダメ押し、千葉がゴール。4-0だよ?!
試合終了。
ややややや、勝っちゃったよ完封だよ。びっくり。
このところ見た試合が「勝てると思っていたところにロスタイムで得点されドローで試合終了」が多かったので、前回の山形に引き続いての勝利によかったよかった!と。

4-0!
やりました大量得点。

勝利のポーズ
場内一周。サポーターと勝利を喜ぶ。

今日の観客動員数37830人。なでしこ効果もあっただろうがこんなに来たのは久しぶり。
いつもこれくらいだといいもんだが…。

後半の試合も見に来れたらいいな。うん。
関連記事