ゑしんの里記念館へ

11/30 ゑしんの里記念館へ

板倉のゑしんの里記念館では夏の期間を除き5月から記念展示をやっている。
FM-Jのリスナープレゼントでチケットをゲットしていたもののなかなか行けずじまいだったのだが、もう日がないということでこの日慌てて行ってきた。

大まかな場所は事前に調べイメージしていったのだが、雨で標識を見逃してしまいとんでもないところまで行ってしまいUターンするハメになったという。
で、ちょっとお互いイラっとした空気になりかけたのだが、なんとか到着。

ゑしんの里記念館
施設には入らず、まず周辺散策。

ゑしんさんの塔も冬囲い。
ごりん塔

きんぴか
「恵信尼さま会館」。すげー。

親鸞さん
親鸞さんの像周辺はまだ整備中。

こぶしの丘は冬囲い
「こぶしの丘」・・・うーん、「丘」かなぁ?
でも芽吹きの春はよさそうだね。

記念碑と親鸞さんと恵信尼さま会館
施設側から記念碑と親鸞さんと恵信尼さま会館揃い踏み。

んで入場。
チケット見せたら受付の方困惑気味。なんと特別展示は都合で既に終わってしまったそうだ。
この特別展示があったからこそのチケットだったワケで(通常展示は無料)、申し訳なく思ったのか館長が通常展示品の説明を直々にしてくださった。
こっちが来るの遅かったのに、いやはやすみませんねー。
ありがとうございます。
展示品の撮影は禁止なので写真はありません~

でも、よくまあこんな古いものが残ってたよなぁ、すごいなぁと思うことしきり。
親鸞さんもすごいが恵信さんもたいしたもんだよ。

映像資料見たり館内散策したり、グッズ見たり(土産はお線香と冊子さ)。

記念館出たあとは、板倉行ったらやはりここに寄らなきゃ(笑)・・・のしみずやに寄って帰宅。
ハコモノとしてはちょっともったいないような気もするが、入場無料、恵信さんに会いたい時はぜひ。
関連記事

上越おもてなし武将隊・最終日

11/27 上越おもてなし武将隊・最終日

今年度から始まった企画「越後上越おもてなし武将隊」。
5月に朝市で見て以来、あちこちのイベントに出陣していた彼らをひそかに応援していた。
とはいえ、本拠地の春日山にはいまだ足を伸ばしていないという。

雇用主のトラブルなども報じられたが、日々おもてなしを続ける彼らにはこれからもがんばってほしいと思っていた。
が、その活動が今日いっぱいで終わるという。
市民やファンからは存続の声も高まるも、存続するかしないかのその先は全く未定。

とにかくの最終日、今日を逃してなるものかと春日山に行ってきた。

この日は春日山の駐車場は使えないそうなので、埋蔵文化財センターに車を停め(駐車場でわたわたしたが)シャトルバスで会場まで。
先着50名に配られるというDVDの整理券配布はすでに終わっていた。
さすがだぜ・・・

すでにいい場所はファンがいっぱい。
脇のよさげな場所にもぐりこんで演舞開始を待つ。

場所が・・・
武将たちが舞う!

御館様ー!
うーん、やっぱりポジションが(^_^;)

演舞のあとは
上杉ブラザーズ(景勝&景虎)
上杉ブラザーズのインフォメコーナー!♪

そして、
武将隊記念撮影
武将隊記念撮影。観客の各ポジションごとにポーズを取ってくれました。

その後DVD配布タイムになったのだが、整理券もなくもらえるものでもないのでひとまず埋蔵文化財センターに戻ろうとシャトルバス乗り場へ。

春日山の紅葉
紅葉もまた彩り。

春日山から見た米山
春日山から見た米山。

謙信さん
謙信公の像

シャトルバスで埋蔵文化財センターに戻る。
このまま帰ろうかとも思ったが、やはり入場記念の武将隊クリアファイル(DVDもらえなかったし)ほしいし、武将隊の中でまだ一度もお会いしたことのない愛の人・直江兼続さんにも会ってみたい。
入館料=クリアファイル代だと思い中に入る。いや、ヘタするとグッズのクリアファイルもっと高いし。

中はパネル展と以前の大河ドラマ「天地人」のセットなどなど。
写真を撮っていたら・・・あっ!すれ違った武将はまさしく愛の人!
声をかけられないまま愛の人は順路と逆行していずこに去ってしまった。。。
とはいえ、また会えるだろうと(ここらが楽観的)順路をめぐる。

衣装着て記念撮影もできるコーナー
衣装着て記念撮影・・・は以前やったしなー。どうせなら甲冑着て・・・おっと。

で、コーナー終了。出土品などを見て上杉グッズコーナー・・・だけどこれってものもなく会場を出る。

と。

いたぁぁぁぁぁ!愛の人!!やーーーっと会えたよ直江さん!!
で、撮影お願いする。
直江さん
ありがとうございましたー。気の利いたことも言えず申し訳なし。

撮影中、なんか背中に当たるなーと思ったら、けんけんが背中ぐりぐりしてましたとさ。おちゃめなヤツめ(笑)

けんけんず(後ろの青いのがかねつぐくん)
イタズラ大好き犬けんけんと謙信くん。後ろにいる青いのがかねつぐくん。

フォトギャラリー
武将隊の写真ギャラリー(の1部)。その愛と義のおもてなしっぷりで皆に愛されていたんだねー。じーん・・・

[ここで昼食のため一旦帰宅。]


はい、また午後の部もやってきました埋蔵文化財センター。
春日山へのシャトルバスの車窓越しにセンター玄関でわやわやしてたけんけんずにカメラ向けてたら。
けんしんくん~
目ざといけんしんくんが視界を阻む!(笑)

春日山到着。今度はほぼ真ん中に陣取りましたよー。

もうすぐはじまる
もうすぐ本当に最後の最後の演舞がはじまる・・・


十吾郎と春さんみつさん雀さん
足軽十吾郎と春さんみつさん雀さん

上杉兄弟&うさみんとかげいえさん
上杉ブラザーズ&うさみん(宇佐美定満)かげいえ(柿崎景家)さん

おやかたさま
おやかたさま(てるてる坊主ぢゃないとの事)

決めポーズ!
演舞最後の決めポーズ!

やっぱこれがなくちゃ!
そして十吾郎と言えば「ぃや~~~っ!!」

そして一人一人の挨拶。
柿崎殿は男泣き。景虎さまも涙目。
これで終わりだと思うと・・・ああ、せつない。
そんな思いを振り切るようないつものペースの景虎さんのインフォメも嬉し悲しや。

はい、ポーズ!
最後の最後の記念撮影。

おおっと!そこに武将乱入だぁっ!!
おおっと!
奥羽の伊達政宗公と姫の乱入だ!!
姫は謙信公に花束を手渡した!政宗公は春日山も自らの領地としようとしているッ!!(なんちて)

みんなでチーズ!
なんてことはなく皆で仲良く最後の記念撮影。この位置だと姫モロ隠れちまう(^_^;)

演舞が終わり武将隊のみなさんは武将隊を愛する人たちと歓談やら記念撮影やら。
自分も初めて出会ったときに撮らせてもらった上杉ブラザーズ&みつさん、謙信公&雀さんの写真をみつさんに託すことができてほっ。

お!馬上謙信さん!
馬上謙信さん発見☆

ありがとう越後上越おもてなし武将隊のみなさん。
お疲れさまでした!!

このあと埋蔵文化財センターでトークショーも予定されていたが、そろそろこちらもタイムアップなので後ろ髪引かれつつ帰宅。

夕暮れ謙信公像
謙信像何思う・・・

できたら存続してほしいぜ武将隊!!


追記)その後予算が下りて武将隊の存続が決定。
現在は景虎、宇佐美定満、兼続抜きの7名で活動中。がんばれー!!
関連記事

湯沢へ

11/19~20 湯沢定例旅行

この週はいつもの仲間と年に一度の忘年・慰労・温泉旅行。
コンセプトは「飲む・食う・くっちゃべる・笑う・だらだらする」(笑)
既に人生の半分以上のお付き合いになっちまってる方たちとならそれも許される、と。

関東からの参加者もいるので交通の便からも場所はここのところ湯沢になっている。
今回は10年以上会ってない人も来てくれるから更にわくわく。

上越(三和近辺)
三和地区。やはりこの筒は田んぼ下の水路らしい。

松之山
松之山は霧雨でしっとり。

塩沢
塩沢に出ても雨。

雨に煙る紅葉を楽しみながら松之山経由で湯沢までの気ままなドライブ。
「あのグラ」をBGMに、時に歌いながら(笑)。でもFM-J、FMとおかまち、FMゆきぐにと同じネット系列だから通しで聞けていいぜ!でも入らないとこもあるけど。

到着。

コンセプト通りに楽しく二日間過ごしましたとさ。
やー楽しかった。やっぱいつまでもこういう付き合いのできる仲間はありがたいもんで。
今回のヒットは「バカ昔ばなし」だね(笑)

お世話さまでした
今回お世話になったお宿の中庭。撮ってはみたものの雨で暗い…。

朝ごはん
朝ごはん。やっぱり魚沼コシうめー。

宿を出てから今回もやっぱりココ(笑)
やはり外せない
湯沢駅CoCoLo。。。のぽんしゅ館エリア。試飲や酒風呂も興味あるんだけどねぇ。

来年の再開を祈りつつ関東組を見送り、新潟組に見送られ、こちらも定例寄り道コース。
塩沢の酒屋に六日町のまいたけ物産館、八箇峠を越えてFMとおかまちでネットされてるT-FINEを聞きながらクロス10やキナーレ、リスナー友の「パン屋の店長」のお店・・・と。
店長、十日町の地酒店教えてくれてサンクス☆

クロス10
クロス10では「越後妻有「そばの里」展」。

楽しかった余韻に浸りつつ、うちに着くまでが遠足だ!の如く安全運転で253を上越向けになりましたとさ。
また来年もやろうぜー!
関連記事

大正時代の染め型紙展へ

11/18 大正時代の染め型紙展へ

この日は高田中心部にいろいろ用事があり、こっち行ったりあっち行ったりと。
で、高田郵便局にも。

用事よりもこっちの方じっくり見たりして(^^ゞ

内容的には2009年の冬の企画展示「四季彩物語」のリニューアル展示なのだが、今回は色より型紙、その技術にポイント置いて。
作品所有(出展)者は渡辺さん、企画者はカラーコーディネーターの飯塚さん

この型紙は大正時代に大潟町(現大潟区)の染物屋で実際使われていたそうだ。
染型紙は柿渋紙に手作業で一つ一つ丁寧に彫られたもので、その色が黒くなればなるほど何回も使われ、染料が重なり紙の厚さも増していき、人気の柄がわかる・・・と。

そう、機械なんてない時代なのにこの技術、すごい。

こまいなー

ひゃー・・・
これみんな手作業なんだよね。ひゃー・・・

スクリーントーン…
大正時代既にスクリーントーンの点々デザインは確立していたわけだ・・・

型紙に色(と光)を当てるとこのようにまたかっちょよく。
すげー

神業!職人技!!

多色刷り
多色刷り。柄がずれないようにするのがポイント。

反物型紙
反物染めも柄がずれないようにするのがポイント。ちゃんと目印もあるそうで。
それにしても右と左端、ちゃんとつながった柄なんだよね。ややややや。

家紋にしてもそうなのだが、いにしえの人たちのデザイン意匠力の高さっていったらすごいよね。
それをまたこうやって形にしちゃう職人技つてのもホントすごい。
今これができる人はほとんど無いそう。。。

いや、今回もいい仕事見せていただきました。(古い?(^^;ゞ)
関連記事

直江津・四十物祭りとちょっと瞽女さと旧直江津銀行

11/13 ごぜさと旧直江津銀行と四十物祭り

今日は直江津ではじめての「四十物まつり」というイベントが開催される。
四十物(あいもの)は生と乾物の間の物を言い、40種類以上あることからそう呼ばれている。
直江津はかつて多くの四十物師がいたそうだ。

サメカツ丼もデビューするそうだし、なんか魚ものでおもしろいものないかなーと行ってきた。

・・・の前に。
相方が行ってないイベントに寄り道。

文化会館の瞽女さ展にちらっと。
パネル展
瞽女さ町家図解

ごぜさ
瞽女さの写真。

斎藤真一氏の絵画、瞽女宿ルートにまじまじ。近くの集落にもあったんだねー。。。
やはり写真はないけど。


旧直江津銀行の一般公開。
「直江津」たち
直江津のかーちゃんたちの汗と涙がしみこんでます。

金庫~
金庫の中はこのように。

名言
舟見公園駐車場から会場に向かう途中のお寺の「ことば」。うんうん。

さて直江津の四十物祭り。
うまそー
一夜干しなどの魚介類を七輪で焼いてそこで食べられるという。
それに見合うようなお酒も売ってるし~(車だから飲めないし~)

サザエのつかみ取り大会。
サザエつかみ取りっ
簡単そうに見えてこれがなかなか難しそう。

サメカツ丼っ
今日がデビュー!サメカツ丼!!
(↑上越の人はサメ肉を食べるのです。ふつーにスーパーで売ってるよ)
あっさりで美味しかったっす。できたらもうちょっと量にボリュームあったらよかったな(^^ゞ

けど、全体的にはちょっと販売店が少ないかな。
鮮魚センターの品揃えを!とまでは言わないけど。

魚焼きながら一杯・・・とじっくり腰据えられるならいいけど、
そうでないと一往復で事足りるというか、あれ食べてこれ食べて・・・という風にはちょっとなりにくいのが惜しい。

にぎわいっ
とにかく、第一回四十物祭り、初回だから試行錯誤もあっただろうけど、次はもうちょっといろいろな物品出てるいいなー。
関連記事

「高田瞽女」へ

11/12 「高田瞽女」へ

今日明日は上越文化会館で瞽女さんのイベント。

イベントポスター
「会場が瞽女宿になる」との謳い文句。
斎藤真一の絵画展、そしてその絵画を上越市に寄贈した収集家と瞽女研究の第一人者との対談、市民劇の公演、他パネル展示や瞽女関連商品販売・・・など。

・・・の前にちょっとこちらにも。
文化祭♪
農高の文化祭。今年も即売のみ(だって並びで時間かかるんだもんよ)。

さて文化会館。

DVD上映
DVD上映してたり

うまそー
瞽女関連商品販売してたり

パネル展
パネル展あったり(ちょっとボカシてみました)


時間が来て、コレクター池田敏章氏と市川信夫氏との対談。
収集のきっかけから「なんでも鑑定団」への出品のウラバナシやら色々と興味深いお話。

大昔の瞽女さは「瞽」→「鼓+目」の如く‘鼓’を演奏していたそうだ。
だから鼓って字が入るんだね。

盲目の女性は按摩か瞽女として各地を旅したのだろうが、男性には按摩はあっても、津軽三味線はあっても、瞽女のように各地を旅して回る・・・ようなことはかつてあったのだろうか。
あったとして、それが瞽女のように「残る」ことがなかったのはなぜだろうとも思ったり。

斎藤真一氏の絵画。赤の世界。
撮影禁止がちと残念でもある。。。ダメなのもわかってるけど。

そして市民創作劇「高田瞽女唄芝居 ―瞽女待つ山里-」が始まる。
素人芝居といいつつもその実力は定評がある大浦安(大島・浦川原・安塚)のメンバーと一般市民が作り出す創作劇。

今回ポスター

あらすじ
昭和初期、その村では田休みのこの日、高田の瞽女さが訪れる。それは年一回の特別な日。
瞽女さと話ができ、唄が聞ける喜びいっぱいの村人達。
来訪を告げる門付け唄が聞こえると子供達は恐々としながらついて回り、大人たちは軒先で温かく出迎える。
夕飯をすませた村人達は瞽女宿に集まり、夜の演奏会が始まる・・・。



上越弁での会話が「いかにも」でいい。
近所の高齢者たち・・・というか、かつての山集落が在った頃のハハやばーちゃん、集落の人たちはこんな風な生活をしていたんだろうなーと(瞽女さは来なかったようだが)タイムスリップしたような感覚。

そして瞽女さに扮した小竹ファミリーの唄と演奏がまた瞽女さそのもの。
更に当時にタイムスリップ。
すごいよまったくホンキに。迫力。

いい舞台だった~~~
上手だったよ!
上手だったね!(念のため顔ぼかしてあります)

余韻残ったままで会場を出れば、よほどぼんやりしてるように見えるのか、某所(地元じゃないよ)CATVのインタビューに捕まってしまった(^_^;)
だから、頭悪くていい言葉出てこないからうまく話せないってのに、なんでこうキャッチされやすいのだ自分。

それはそれとして、実にいい企画でござったよ。うん。
関連記事

ふたたび「たゆたう」

11/9 2度目の「たゆたう」へ

直江津方面に行く用事があったのでkukkaに寄り道。
今日もcochicochiさんの個展でたゆたわせてもらった。

今日は新しいカメラのお披露目も(^^ゞ
cochicochiさんちのハムちゃんの写真も見せてもらう。
おっとりほんわかいいコだったんだなー。
リコー使いの先輩としてカメラのコトいろいろ教えてもらったりも。
・・・モノ知らずでごめんなさい~

で、今回はちょっと遊んでみました。
トイカメラとミニチュアライズモードで撮影。

つくえ

ほんだな

あくせさりー

いとたち

こーすたー

ちょうちょ

cochicochiさん、今日もたゆたわせてくれてありがとう。
cochicochi個展『たゆたう』
11/3~11/13 ヨーカドー/エルマール2階 kukka
10時~19時(最終日は18時?)
 cochicochiさん在廊時間はツイッターやブログでチェック!

関連記事

アコースティックフェスティバルvol.5

11/5 アコースティックフェスティバルvol.5@メモリー

バスケのあとはライブ。
降らなければチャリで行くつもりだったのだが、帰宅頃からぽつぽつ降り始め次第に本降りに。
こりゃ車しかないなと予定変更。
同行するpuさんと乗り合わせということにし、ライブの前に腹ごしらえ。
だって今回は多分長丁場になるだろうと予想できたから、しっかりエネルギー入れておかにゃ。

会場までの道中かかっていたMSAWREでライブ開始が30分早かったことを知る。
やべー、18時半開場19時開演だと思ってたよ。
・・・でも、これまでの自分が行ったメモリーでのライブって時間通りにはじまったことないから多分大丈夫・・・のはず。うん。

会場入り・・・うわっ、ほぼ満員だ・・・。さすが・・・上越の音楽シーンのベテランさんたちだもんな。
空いてた一番前の座席に陣取る。

ステージ

今日の出演者

19時を過ぎ、さあはじまりましたアコフェス。

GOZEさん
一番手はGOZE(ゴゼ)さん。
「ゴーズ」じゃないですよ、高田瞽女の「瞽女」からですよと。
初期のユーミンの名曲を奏でてくれました。

くろみつさん
お次はくろみつさん
ナガブチのあの曲や訪問ライブのレポなども交え唱歌やカバー曲を奏でる。
やっとくろみつクラブのピックもらったぞー♪♪

ここでpiさん来場。席もあってよかった。

中村さん
次は中村賢一さん
かなりのキャリアの持ち主なんだろうな。
いい声でした~

eter-heulex
お次は、eter-heulex。
わー、バンドだ。かっちょえーじゃないですかっ!!
ロックにバラード、ノリノリ(死語)でした。

次のセッティングの合間に手洗いに行ったはいいが席に戻れず床に体育座りで見ることに・・・

right in front of me
(隣にいた方のカメラの液晶画面をふと見たらモノクロですごく雰囲気あったので自分も真似してみた(^^ゞ)

が、なにこのグループ。女の子の声がすごすぎだよ。
ムードがすごくある!
そのグループは、right in front of me

そういえば以前ラジオで紹介してたよね。この方たちだったのか。
ラップボーカルの方とのfeat.も実によかった。(でCD購入)
feat. ラップの方

席に戻って・・・しかし、自分の椅子には誰のかわからない荷物がどーんと。
ヘタに動かすのもなんなので椅子の前で再び体育座り。

ボスのぶちん
はい、ボスのぶちんの出番です。
アコースティックながらもロケンロールでオリジナルとスーサイドの曲弾き語り。
「スター」さ全開で演ってくれました。

ここで隣の人が荷物をどかしてくれ無事着席。
ラストは主催のSUGABUCHIさん。
なんと、足骨折中という。お大事にしてくださいねー。

SUGABUCHI&マスター
メモリーのマスターとのジョイント、かっちょよかったっす。
「Englishman in NewYork」がよかったな♪

そして「メモリーに捧ぐ」も。
SUGABUCHIさん

ライブ終了後、ワンマン行けないのでのぶりんからスーサイドのCDもお先に購入。ボーナストラックはまた後日よろしく!

総勢7組の豪華ライブ。既に22時過ぎ。
いやー、濃い、濃い、濃ゆーいライブでした。
いろんな音楽との出会い、おもしろかった~~~~♪♪♪
関連記事

JBL 三菱 vs トヨタ自動車

11/5 JBL 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ vs トヨタ自動車アルバルク へ

五十嵐圭選手は上越市出身のプロバスケットボールプレーヤー。

上越市は市制施行40周年。
その記念行事としてJBLが上越にやってきた。
カードは五十嵐選手が所属する三菱電機ダイエモンドドルフィンズ
対戦するは現在リーグ一位のトヨタ自動車アルバルク

なかなかbjリーグが見に行けなくなった(今年も上越での試合は都合悪くて見に行けない)こともあって、JBLの空気を味わいに初日の試合観戦に行ってきた。
凱旋試合と銘打たれた試合、果たして三菱は勝てるかな?

JBLフラッグ
指定席だから・・・と余裕見てたら結局試合開始時間間近に会場入りとなってしまった。
事前にショップのグッズ等全く見てる余裕がなかったが、応援グッズはバンバン棒ではなくハリセンなんだー。
あれは無料配布なのかな?などと周りキョロキョロ。
で、上越側としては三菱がホーム扱いなんだね。うむうむ。

始球式
・・・と、試合開始だ。始球式?は村山市長。
改めてジャンプボールで試合スタート。

リージョンの床が滑りやすいのか両チームとも結構足を取られている模様。
しかし、なんていうかトヨタの方がボール運びしっかりしてるな。
シュートもフリースローも入るし、ボール支配率も高い。

入れっ!
トヨタリードで試合は進む。

五十嵐選手
それにしても五十嵐選手、動きがすばやい。
わ、もう?という感じ。

やはりルールもちょっと違うのかタイムアウトの回数がbjよりJBLの方が少ないみたい。
え?そこでタイムアウト取るのか?!って事があまりなかったんで。

トヨタの勝利~
結局追い上げ及ばずトヨタ自動車の勝利。
三菱勝てなかったのでMVP等試合後のイベントはまったくなくゲーム終了。
勝てばサイン会とかあったのかもしれないけどね~

両チームともお疲れさまでした

グッズコーナーでなにか記念になるものないかなーと思ったが、手ごろなものはすべて品切れ。
家の鍵に使いたいのでトヨタチーム名のキーホルダーと三菱チームの液晶クリーナー購入。

・・・でここで、
かばんにつけていたcochicochiさんのキーホルダーが・・・ない。チェーンが外れて残っているだけ。
えーえーえーえー!!外れたの落としたのどこでー!?
その辺りを見るも落ちている様子はない。
あー、誰かにもう拾われちゃったのかなぁ。この作品との縁が切れちゃったのかなー・・・と諦めモードになりつつもダメモトで座席に戻る。
椅子の下・・・あ、あったーーーーー!!よかったー!!

安心して会場を出る。残念ながら今日は負けたけど、明日の試合は勝ってくれるといいけどなー(残念、翌日も負けました)
でもちょっと残念だったのは観客が思ったより少なかったこと。せっかくの市制40年記念・凱旋試合だったのになー。

よし、次はライブだー!!
関連記事

「たゆたう」と「古きよき直江津展

「たゆたう」と「古きよき直江津展」へ

ヨーカドー/エルマールでは2つの個展が開催されている。
1つはkukkaにてcochicochiさんの「たゆたう」、そして1Fではひぐちキミヨさんの「古きよき直江津展」。
こりゃどっちも外せないなとダブルで見に行ってきた。

たゆたう
まずcochicochiさんの「たゆたう」へ。

たゆたゆ
アースカラーゆったりのちくちくワールド。

マッチな小物入れ
マッチ箱の中には切手。

写真もイイな♪
写真もステキだよ(^◇^)

ポストカード
ポストカードです

いいな~とテーマの如くたゆたってたらcochicochiさんが。
はっ、はじめまして(どぎまぎ)キョドる自分。
ステキな方だー(///o///)
そんな時そふぃーさんがお嬢さんとともに来展。

・・・す、すみません。新カメラ持ってこなくて。
ホント空気読めないよなオレってば。ネットでもその話してたじゃねーの(ーー;)

まあそれはまたの機会ということで、愛用ミシンや行程、製作途中の布を見せていただく。
すっげー・・・
ワークスペース
こんな感じでcochicochiさんワールドが出来上がってくんだねー…

そしてカメラやラーメン談義で盛り上がる。っても自分はカメラ話は聞くだけだけど(^^ゞ
ハムスター話もできてよかった♪。

と、初対面ながらもむちゃくちゃたゆたゆさせていただきました。
こんなヤツですが今後ともよろしくお願いしますです。


その後はひぐちさんの直江津展へ。

古きよき直江津展
わー、昔の直江津だ~!
と言いつつ、当時の直江津の風景は知らないんだけど。

「直江津」が

こちらも

こちらも

かつての風景、セピアやモノクロ写真でしか知りえない風景が、ひぐちさんのタッチで、こうであったろうカラーで今に蘇る。
それが何だか不思議で、でも素敵で。

「直江津」がいっぱい
ポストカード、どれにしようかな~♪

まち話はもちろん、らぶりー愛phoneちゃんを見せてもらったりFB教えてもらったり。
スマートフォンねー・・・多分持っちゃうとオレみたいなのはヤバそうだよなー。
まあもうちょっと様子を見て、次の機変の時に気に入ったのがあったらね。。。

しかしアレですな、まだ欲してないときってのはデメリットの方をあげつらうもんですな。
それで「だからダメ」を相手にも自分にも納得させようって感じで。
まだまだ発展途上、青くてすみません(苦笑)

cochicochiさん、ひぐちさん、ステキなひとときありがとうございました!
またおじゃまさせてくださいね~~~♪

ひぐちキミヨ「古きよき直江津展」
11/1~11/8 ヨーカドー/エルマール1階 イベント広場
10時~18時(最終日17時終了)

・・・遅筆ですみません、終わっちゃいました<(_ _)>

cochicochi個展『たゆたう』
11/3~11/13  ヨーカドー/エルマール2階 kukka
10時~19時(最終日は18時?)
 cochicochiさん在廊時間はツイッターやブログでチェック!
関連記事