映画「この空の花」を見る

5/29 長岡で「この空の花」を見る

大林監督が長岡の花火を題材とした映画を作りたい・・・と動き出し、その後起こった東日本大震災を乗り越えて完成した作品「この空の花」。

県内の映画館で先行公開されていたのだが、ちょうどハハの介護から入院の時期と重なり行けないままで、ようやく落ち着いた頃には上越での公開は終わっていた。。。

幸い地元の長岡ではまだ上映されていて、問い合わせたらば「5月いっぱいは上映するがその後は未定」とのこと。
これを逃したらもう見られないかもとこの日長岡まで足を伸ばしてきた。

久しぶりの8号。大潟近辺はニセアカシアの花が盛り。
そうだよね、小学校の運動会の時期にニセアカシア咲くもんね。
葉っぱで「いろはにほへと」やったよなー・・・運動会はキライだったけど。
(なかなか撮るタイミングつかめずで写真なし)

長岡に入り「米百俵」を扱ってるコンビニスーパーを見つけ、帰りに寄る事にする。
だってこのお酒なかなか扱ってる店ないんだもん。多分上越では皆無だろうし。
酒蔵の向かいにも売店あるの分かったし。

リバーサイド千秋到着。
ここのフードコードで念願の長岡イタリアン「フレンド」のイタリアンいただきます。
みかづきのと比べると麺がちょっと細いかな。でもこっちも美味い!

フレンドのイタリアン
右がカレーイタリアン、左がノーマルイタリアン。なぜかフレンド派はイタリアンとギョウザがデフォ。

いいなーどっちも
SUBWAYもあっていいなぁ・・・

ヴィレッジ・ヴァンガードを覗いてみれば、こびとグッズが増えてるし~(笑)
あー、新潟・長岡にあって、どうして上越にはないんだろうね。
T-JOY内の献血ルーム見てもそう思ったけどさ。
上越にも献血ルームあるのなら、もっと献血できるのになー。
全血できないから成分献血ならと思うんだけど、献血車だけではそれも叶わない。
あー、上越にも献血ルーム作ってくれよー!
おっと脱線スミマセン。

Tジョイ長岡
T-JOYはJ-MAXのような割引がない。
その代わり15時~17時中の上映回は一部を除き1200円で見られるサービスがあるのでそれ狙い。

システムはやはり上越とは違っていて、まず整理券、そして受付するのだが、空席から自分の好きな場所を選択できるのだ。違うもんだねー。。。
確かにこれだと「指定された場所が気に入らなかった」ってことはないわな。

はじまるよー
で、上映開始。

これから全国公開予定なのでネタバレになるので多くは書かないが、自分も読んでいた新聞記事が取り上げられていたり、中越地震や水害、そして東日本大震災が映画の舞台となっていて、パラレルというのではないがものがたりとリアル、フィクションとノンフィクションが混合した世界。

天草-長崎-広島-長岡・山古志、そして東北。
戊辰戦争、太平洋戦争、中越地震、東日本大震災。
擬似原爆、長岡空襲。
河井継之助、小林虎三郎、山本五十六、長岡の人たち。

約3時間という長時間の作品、詰め込みすぎ?なフシもあるが、それだけ伝えたいことがいっぱいあったということ。
過去と今が交差するストーリーに時間を忘れて見入ってしまった。
カット的に感覚的なシーンもあって、相方「ついていけなかった」ところもあったそうだが・・・

いい映画でした♪
いい映画でした。県人だから、「長岡花火」だから、だけじゃなく広く見てほしい作品だよ。

映画のあとはアピタのスーパーうろちょろ。やっぱ「米百俵」は取り扱ってないか。
帰りに寄るつもりだった売店もコンビニスーパーも残念ながら本日終了状態だし。
・・・まあ、また機会もあるだろう。
柏崎のナニワのギョウザやさんで夕飯。今日は前回みたいに相方食べ終わるのにこっちのはまだ来ないなんてことなくてよかったぜ。

片貝の「おにいちゃんのハナビ」、そして長岡の「この空の花」、花火にまつわる2作品どちらも見られてよかったなー。
どちらも泣けたよ。長岡まで行った甲斐があったぜ。うん。
関連記事

保阪邸一般公開

5/28 戸野目の保阪邸一般公開へ

上越市の豪農の館といえば三和の林富永邸、頸城の滝本邸、安塚の飯田邸、そしてここ戸野目の保阪邸が挙げられる。
その存在は知っていたが、なかなか公開という話を聞かないのでいつ公開するんだろうと思っていたのだが、先日かわらばんに26~28に一般公開があると載っていた、

こりゃー逃すワケにはいかないなとこの日にGo!

あいにくの雨ながらも到着。
保阪邸の門の前で地域ガイドさんが熱くレクチャー。
津有地区のお宝だもんね。
国宝クラスの資料をこの保阪さん所有してたそうだし、建物も歴史的建造物ですごい価値があるらしい。
が、地域で「持つ」のはなかなか大変だ。
市のバックアップやNPO化できれば違ってくるんだろうけれど、そうしたいようなんだけど、何かと厳しいご時世。
でも、歴史的価値がある資料や建造物、そのままにしておくのはもったいないよなぁ。

地区と市の関係がどうかは分らない。
けれど、これだけの建造物なのに他の館と違って、市の広報等にこの一般公開が載らないというのも何か関係あるのかもしれない。

石神さん
石神さん(と呼ばれている)がお出迎え

なんともいい佇まい
いいねぇいいねぇ

おじゃましまーす
おじゃましまーす

受付で協力費を払い中へ。

百人一首の方たちだよね?
屏風!

古文書
古文書!

「書!」
額!と室内!

ドイツ製鏡
明治にドイツから来た鏡!着物!そして棚の絵!

部屋には額(読めない)や肖像画。
そして古文書に歌仙たちが貼られた屏風、明治にドイツから仕入れた鏡なども展示されている。
窓から見える庭園の緑も美しい。

・・・なのだが、開催のカフェがなんか「(自分にとって)違う」。
なんでか分らないけれど、服が売られている。
?????
かつての「歴史」と現在の「販売」とのアンバランス。

庭園。
でけー・・・
庭園・池
ウシガエルの鳴き声が響く池

けど、一部は「今」だな。
だから、現在は保阪氏のものではなく、他の方の所有物で、現在も住居として使われている・・・のだから、それも致し方ないのかもしれない。

屋敷を出る時、受付の方に聞いてみる。
(場所確認で「保阪邸」を検索すると「怡顔亭」(いがんてい)が多くヒットしたのだが)ここが「怡顔亭」なのかと。
そうしたらば、違うとのこと。
怡顔亭は今回公開されていない隣の施設なんだそうだ。

ってーと、門の前で聞いた怡顔亭についての熱弁は・・・だめじゃん!見られないじゃん!!

気を取り直して蔵の方に行ってみれば、こちらも骨董市などの「販売」系。
うーん・・・レンタル料のためには仕方ないのかもしれないけど、歴史的建造物ってのがある意味「公的財産」だと思っていたから、こんな風に「私的な販売」が混ざると違和感を感じてしまう。

「古い民家を改造した喫茶店」というのとは違うしね。
うむむむむ・・・

入れない・・・
入りたいよ怡顔亭

入りたい・・・
入れないよ怡顔亭

ってことは、この違和感消化不良感を払拭するには、いつ開催されるか分らない怡顔亭の公開を待たないといけないということだな。
入れると思っていた施設、入る前にいろいろ聞いてさらに期待が膨らんだが、いざ入ってみると違う家だったみたいな裏切られ感をなんとかできるのは、公開された怡顔亭に入るしかないよな。
いや、自分の予備知識不足ってこともあるんだが。

当時の煙突
当時、まかない時に遣われていた煙突。厨房、デカかったんだろう・・・

家も、歴史も悪くないのに、地域の人たちも「残すため」の努力をしているのだろうに・・・難しいなぁ。

保阪家
県内屈指の大地主。ルーツは三和区。慶長年間の「検地帳」には既にその名が載っているそう。
初代がこの戸野目に移住して来たときの石高は一万二千石でヘタな大名より多い石高。
以降、大災害や飢饉、凶作と榊原藩の財政難時にかなり援助をし、領民も大事にしていたそうだ。
高田城外堀にハスを植えたのは八代当主貞吉。
九代当主潤治は現在東京国立博物館に所蔵されている保坂本源氏物語など多くの旧国宝(現行法の 重要文化財 )や重要美術品の古典籍、古文書、絵画等を所蔵していた。
戦後の農地解放でこの保阪家も例に漏れず資産や邸宅の歴史的文化的価値を奪われてしまったが、残された建物が当時を物語っている。

関連記事

旧師団長官舎とオープンガーデン

5/27 旧師団長官舎と「節子(さん)の庭」へ

そろそろ、バラの季節。(うちのはまだだが)
・・・となると、そう!「節子の庭」です。去年もこの日に行ってるんだよな~

今年は今日27日と来月2日の二回開催。
6/2は法事で動けないので今日を逃してはならないぞ!と好天の下チャリでGo!

・・・の前に
通り道の旧師団長官舎も見ていこう。

官舎とみどり
すっかりみどりしてますなぁ。

なんだこの枝
年季が違うであろうこの枝は何?

ミズバショウの花後
ミズバショウの葉大きく成長中

がいしくんとみどり
がいしくんともみじ

そして、やってきました「節子の庭」。

バラがお出迎え
バラがお出迎え。いい香りがただよう~

ばらーばらー
おおー、見事!!赤いバラが美しい。

咲く咲く
今年のバラは「一気に咲く」感が弱いんだそうで。こんなに咲いてるのになぁ

新色ペチュニア
こんな色合いがあるのかー。

ばらがいっぱい
みんなイキイキ元気だー!!
節子さんの緑の指の爪の垢煎じてほしいよ。。。

ごちそうさまでしたー
Yさんハンドメイド。すごいなーおいしいなー。カンゲキ。

Mさんと時間の許す限りお話。だって久しぶりだったもんで・・・
それでも別れてから「あっ!あっちの話もすればよかった!(@_@;)」なんて。

052711_20120528005746.jpg
お日さまのモト(実際は日陰にいたのだが)で、きれいな庭を眺めつつティータイム。
うぉーー!いいぜいいぜ!!

いい時間を過ごさせていただきました。節子ファミリーのみなさんお世話さまでした。ありがとうございました!


おまけ
052710_20120528004747.jpg
これが前エントリの「黄菖蒲」。撮影場所は高田公園じゃないけど(^^ゞ
関連記事

初夏の高田公園

5/25 高田公園へ

いつも拝見しているそふぃーさんのブログに高田公園の今の様子がUPされていて、公園の緑が気になっていたのだが、この日はちょっと振興局に用事があったのでチャリで寄り道Go!

南の外堀のかどっこには黄色い花が。
水辺に合うやん♪デジカメで撮影・・・したはずだが、なぜか記録されてない。
二枚目の撮影時に「電池残量がありません」と出たので、もしかしたらそれ記録されなかったのかぁ(ーー;)
書き込まれたと思っていたので携帯でも撮らなかったし・・・orz

帰宅して調べたら、この黄色い菖蒲は「黄菖蒲」といって外来帰化植物の「要注意外来生物」らしい。
やばいぞー。結構勢力拡大してたぞー。
ハスの外来種もやばいことになってるそうだが、こっちも気をつけないとだめだぞー。

で、黄菖蒲が写ってないことも知らぬまま、「電池残量なし」にやむなく携帯撮影。

ハスの新芽が出てきたぞ
ハスも夏に向けて目が覚めた様子

定番・緑バージョン
一月前は花見客で賑わってたんだけどねぇ。。。

橋のたもとには鯉
さっきまで極楽橋の上にいた人に群がっていた鯉たち。
撮り損ねたけど鯉の跳ねるシーンも見たぞ。

そしたら、ぽつぽつと雨が。
えー、雨降るのは昼過ぎじゃなかったんですかぁ。ちと早いよ。

こちらも緑モード
振興局行きなのでこちらからも。
しかし桜開花からこの時期、濃い圧縮濃縮な一ヶ月だよね、木々には。

ブレちゃった…
さくら見本園の緑・・・はブレてしまいました・・・

本降りになる前に用事を済ませ次の予定に移ったけど、帰りはやっぱりちょっと湿ってしまいました。
でも公園の緑いっぱい見られたからいいや。
でもでも、黄菖蒲写ってなかったのは残念だなぁ。

部分日食の時、デジカメのバッテリー残量低下表示出てたので、サブを充電させておきながら入れ忘れるとは、ったく自分ったらよ~(^_^;)
バッテリー残量には気をつけましょう、ハイ。
関連記事

日食day

5/21 部分日食を見る

この日は日食が起こるというので、見えるエリアに行って見ようと相方が提案していたのだが、週末の予報ではどうも天気が危うい。
遠くまで行ってポシャった場合「とほほ」なんてもんじゃないので、安全策を取って部分ながらも見られそうな自分ちで観測することに。

日食グラスは以前の日食の時に用意したものがあったのでそれを使うことに。

朝5時に目が覚める。
おはようございます
うーん、見えてくれるといいけどなー。25年ぶりだそうだし。

そして食が始まる。

はじまりました

お、これなら上手く撮れそうやん♪・・・と思ったのだが。

その2
↑↓大きさの違いはズームでいろいろ試しているから(^_^;)
その3

食が進むにつれてうまく写ってくれなくなる。
携帯は既にダメだし。
太陽の色が違うのは日食観測レンズの色が違うため~~♪

アップ
アップだとこうだもんなぁ。。。
こちらでは部分なのでリングはなし。
写真はいっとき置いといて、ピーク時は肉眼で。
やっばりさすがになーんか薄暗いし、ちょっと寒い感も。

その4
欠けが反対に動き始めた。
はっと気がつきピンホール作戦に移ろうかと5円玉を通して影を見るものの「ピンホール」ではないからか食影にならない。
木漏れ日にしてもイマイチ映ってくれない。だめだー。

そして、月はじわじわと動いて行き日食も終わってしまいましたとさ。
でもラジオとネット通してあちらこちらの日食の様子分かって楽しかったなー。

おつかれさまでした
日食なんてお構いなしのおひさま。今日も一日終わります。

今日はみなさん大変お疲れさまでした♪
関連記事

岩の原新酒利き酒会

5/12 岩の原葡萄園新酒利き酒会へ

今日は岩の原葡萄園の新酒利き酒会へ。

去年は相方の体調不良のため行けなかったので今年は!と。
朝からの雨で行けるかどうか危ぶまれたけれど、なんとか雨雲が去ってくれたようなので行ってきまーす。

高田駅からはシャトルバス利用で会場へ。
ここのイベントはバス出してくれるから嬉しいよね。

会場到着。
会費払ってグラスいただく。今までの岩の原オリジナルグラスではなく、国際規格の利き酒グラスだ。

今年の試飲メニュー。
・マスカット・ベーリーA 2011ロゼ(深雪花ロゼ用)
・レッド・ミルレンニューム 2011 (レッド・ミルレンニューム2011 として6月発売予定)
・マスカット・ベーリーA 2011 樽熟成2ヶ月 (マスカット・ベーリーA 2011 として2013年6月発売予定)
 2010ヴィンテージ品を今年6月発売予定
・マスカット・ベーリーA 2011 樽熟成2ヶ月(ヘリテイジ2011 として2013年4月発売予定)
 2009、2010ヴィンテージ品を発売中
・ブラック・クイーン2011 新樽熟成2ヶ月(ブラック・クイーン2011として2013年6月発売予定)
 2009ヴィンテージ品を発売中

 ↑蔵内の新酒試飲 ↓定番品試飲
・オリジナル(ロゼ)
・深雪花(ロゼ)
・ブラッシュ・ロゼ
・ヘリテイジ2009

05126.jpg
レッド・ミルレンニューム 2011 「レッド」と言いつつ白ワイン。こりゃ飲み過ぎそう(^_^;)

05127.jpg
レッド・ミルレンニューム 2011のこだわり製法

3番目と4番目は同じマスカット・ベーリーA 樽熟成2ヶ月なのだが、その違いは
「自然農法で栽培した葡萄、培養酵母は使用せず岩の原の葡萄に生息する野生酵母のみで醸造(3番目)」
「収穫管理した平均樹齢30年超えの成熟した果実を選果しこの年最高の葡萄で仕込む(4番目)」だそうだ。
野生的な自然のワインと、磨かれたワイン、さあ、君ならどっちを選ぶ?

05128.jpg
マスカット・ベーリーA 2011 自然のままってことなんで例えて「ハイジ」

05129.jpg
マスカット・ベーリーA 2011 じゃあこっちは「クララ」か?熟成樹だから「おばあさま」か?


蔵を出て定番品の試飲。
定番品試飲コーナー

定番品はヘリテイジを除いてオールロゼ。
ロゼも色が違う
ロゼといっても品によって色が違うんだよね。

毎年のお楽しみの「葡萄の新葉の天ぷら」は生育不良で用意できなかったそう。
以前みたいに蔵以外の定番品の飲み放題や好きなワイン5杯はなくなり、利き酒のみに特化、イスを減らし口直しフランスパン以外の飲食禁止となっていたので、どうしても滞在時間は短くなりがち。
売店内の無料試飲もグラス代(200円)払うような仕組みになっていた。←グラス返却時にキャッシュバックあり
岩の原ワイン一覧
岩の原のワイン勢ぞろい~

帰りのバスまで時間があったので、レストラン・ラカーブにてお昼。

ごちそうさまでしたー
サラダバイキングはよかったが、メインが来るまでちと時間がかかり、バス来ちゃうよと結局味わい二の次でかき込むことに(^_^;)

なんとかセーフで14時のバスに乗り高田駅へ。そして無事帰宅。
残雪も少なくなりました
帰りのバスから見る風景はすっかり春。

天ぷらと‘和やかに飲む時間’がなくて残念でもあるけれど、バカ酔いするでもなく、ちょうどよくワインの味を楽しめて、それはそれでよいのかもしれないね。→すみません以前へべれけになりました(^_^;)
どのワインも美味しかったし。

2011年は気象的にもブドウ栽培大変だったそうだけれど、それも乗り越える職人さんたちの「プロ」たるカンと技とこだわりと技術を垣間見せていただきました。やっぱすごい。
ごちそうさまでした。

ヤマフジー
きれいだが荒廃の証でもあるヤマフジ。

しかし、帰り、雨上がりの緑があまりにもきれいで鮮やかで、こんな風にきれいに見えるとはもしかしたら自分もあまり長くないのだろうかと思ってしまったのは、ハハを亡くしたばかりだからなのか「カーネーション」の糸子さんの最期のシーンが印象深かったからなのか単純に酔っていたからなのかf(^_^;)
関連記事

妙高・かわら亭へ

5/10 妙高市・神の宮温泉「かわら亭」へ

ハハが旅立ち、それに関わるバタバタや山菜シーズンでちょっとお疲れモード。
天気も悪いし相方の希望もあって夕方から久しぶりに日帰り温泉へ。
お目当ては近場の「神の宮温泉 かわら亭」。

ここうちから一番近い日帰り温泉なんだよね。
お湯の質もじつにイイ・・・んだけど、ちょっと料金が高いのがネック。
タオルつかないし。
ここがここら辺の平均価格500円くらいならもっともっと通うんだけどなぁ。


では、入りまっす。(ガラッ)
うぉっ!一瞬で曇るメガネ。。。み、見えん。
曇る~
携帯も一瞬で曇る。他のお客さん来るとやばいんでここまででご勘弁。

サウナ/ミストサウナで毒を出し、脱皮もしてメタケイ酸温泉ですっきりさっぱりぽかぽかつるつる。
注意すべきはここの通路、乾いていても温泉成分で滑りやすいのだ。気をつけよう。

そして露天風呂。「源泉水風呂」浴槽は空っぽでびっくり。夏限定だそうだ。
そっか、以前来たときはこの水風呂もあったから夏季だったわけだな。


上がってから場内ぷらぷら。

喫煙室からの空気、換気扇が悪いのか微妙に禁煙箇所でタバコのにおい。
僅かなんではあるがやっぱり気になるよー。

神社なるぞ
景虎大明神(違)。
今年は神様のもとに行けないのでチラ見。


時間も遅いんでメシ食べていこうと。
食堂・瓦亭はギリギリラストオーダー。
食券購入自販機では既にご飯ものほとんど「売り切れ」にしてあったし。

らーめん みそラーメン
なので

らーめんとみそラーメンを。
ラーメンはいわゆるあっさり「ごはんラーメン」。
みそはミサのそれにも似てるけど、やっぱ味はちと違う。


お腹もいっぱいになり満足して帰宅。あーさっぱりした\(^o^)/
関連記事