11月の武将隊DAY!

11/25 月に一度の「武将隊DAY!」へ

越後上越上杉おもてなし武将隊は月末の日曜、「武将隊DAY」というイベントを開催している。
通常のおもてなしや演舞だけではなく、ちょっと特別のイベントなども加えての「ファン感謝デー」みたいな一日だ。
夏以降味を占めてしまった自分、そしてこれが今年最後の春日山での演舞、絶対行くんだ~!と思っていた。

そして当日。前日の悪天候がウソのように見事に晴れ。
おおー、日ごろの行いじゃー!!(って誰の?)
では、行ってきまーす。

まず午前の部。
埋文(埋蔵文化センター:以降表記「埋文」)に行ってみる。
ここでは兜体験。
むー、どうしよう・・・迷うが、みつさんの「体験したらトレカプレゼント♪」に釣られ、れっつとらい!(笑)
では、景勝さんの兜をかぶってみませう。
う、重。前が見えん。
特別参加の越後軒猿衆の方がさささっと装着してくれ、武将もどき一丁上がりっ。わはは☆
でも、よくわからないけど装着紐(なんて言うのかもわからん)、結ぶのめんどいんだね。ぶきっちょな自分にゃムリだわ。→武将脱落。

春日山へ。
既にファンの皆さんがいっぱい。先日のSAKEまつりの時に面識持たせていただいたMファミリーさんも来られていた。
さあ演舞が始まりますぜ。
おやかたさま
我ながら奇跡的なショットwおやかたさまカメラ目線

兼さん
兼続さん口上

勝さん
景勝さん口上

今日は特別演舞(午前の部) 武将殺陣演武!
おおー!やっぱかっこいいっすよね。機能してる身体ってのはかっこええ。
軒猿衆も加わって、気迫だ・・・
勝さん兼さん
はぁーーーーーーー迫力。

演舞のあとは記念撮影タイム。
はいチーズ
日差し強くてみつさんたち白く飛んじゃってる。日陰は暗いし(TT)

もみじとこまいぬ
天気よいのでもみじ撮ったり手水場の冬囲いを見たり。

埋文に戻り午前の部終了。
また午後から参ります。

午後、まずは春日山へ。
ほのぼの
足軽・十吾郎さんとその妹・女武者みつさんの兄妹トークはほのぼの♪

午後のスペシャル演舞・物語演武「義」翔龍炎舞。

物語演舞
物語演舞「義」
翔龍炎舞・・・・・・
す、すげー・・・これでもかこれでもかと来る来る。
ラスト演舞の「気」がすごい。
圧倒されて拍手のタイミングを外してしまったよ。(多分観客皆そんな感じだったと)
いやはや。
ちくしょうみんなやるじゃねーか、かっこいいじゃねーか。くそー(←意味不明)

今年ラスト!
今年最後の春日山での「はいチーズ!」

昼の月
ふと見れば、昼の月。

埋文に戻って兜体験午後の部。
どれにしよーかなー
好きな兜が選べるよ。どれにしよーかなー。

ファンのみなさんはやっぱすごいし和気藹々。そんなこんなで出遅れこっそりと。
今回は天に昇られた景虎さんの兜装着。
景勝さんのは上に重かったが景虎さんのは下に重い。
しかし、刀の持ち方もポージングもなっとらんのう。←武将失格その2
景勝さん、一緒に写ってくれたのに、サマにならなくてすみません・・・
そして装着もありがとうございました。

ラストは武将隊の面々がお客人のおみおくり・・・なのだがその前に、告知ポスターなどの争奪大ジャンケン大会!
・・・一回戦で既に負け、または決勝に残っても負け・・・・・・ホントに勝負に弱いなぁ自分。
兼続さんにツッコミ受けてしまった。だから弱いんだってばよー(^^ゞ←武将失格その3

記念撮影@埋文
午後の部ははじめて参加したけどおもしろかったなぁ。
ちなみに今日ゲットしたトレカは十吾郎&みつの兄妹コンビ。
裏に花押ありがとです♪

これで春日山でのイベントは最後。
でも、どうか来年の三月末以降もこの武将隊が存続しますように。
市の観光担当皆々様、よろしく、よろしくお願いいたしまする!!(切実)
関連記事

勝手にフリマ・11月へ

11/25 スミレ屋さんの「勝手にフリマ」へ

この日は高田公園でスミレ屋さんの「勝手にフリマ」が開催されている。
今年の開催日はすべて撃沈だったし、これは是非行かにゃー。
いい天気でいいねー♪

三重櫓
高田城三重櫓~晩秋~

冬囲い
囲いもできてます。今年はあまり降らないといいな。

勝手にフリマ会場。ハンドメイドがいっぱい。
ハンドメイド一品モノ
みんな手作り一品モノだぞ。

トイカメラ1

トイカメラ2
カラフルだったのでトイカメラモードで撮ってみました。

風邪の治ったマイヤさんとちょっとお話。
カメラ購入いいなー。
オイラはデジイチが欲しいな。ヨコシマな理由だが(^_^;)
でもあっても使いきれないだろう・・・
ニューカメラのマイヤさんワールド、これからも楽しみにしてるよ。

囲い木んとこで見つけたぞ。
マユミの実
かわいげなマユミの実。色合いがなんかうまそう。(有毒なので食えないよ)

マイヤさん、ゆりちゃん、おじゃましました。ありがとうね~
また来年の開催日にはおじゃまさせていただく予定ですのでよろしゅうに(=^m^=)
関連記事

「イシノマキにいた時間」へ

11/24 「イシノマキにいた時間」へ

福島カツシゲさんと石倉良信さん、そして田口智也さんが復興支と銘打ち全国ツアーを行っている。
今回はその新潟ツアー。

フライヤーとチケット

石倉さんとガテンのマル丸山さんが昔からの友人であるというつながりから、この舞台が上越で、世界館で行われることになったのだ。
今回は相方と一緒に世界館。
世界館へ

イシノマキにいた時間」、あらすじは読んだもののどんな話なのだろう。
さあ舞台が始まる。
わくわく

書かれていたあらすじからイメージしていた話とは違い、ボランティアの日常が、ボランティアってこんな風にやっていくんだーというような発見がいっぱい。
その「日常」、話が重くならないよう軽快なテンポで、ユーモアまじりに展開して行く。
が、大事なところはしっかり締める。
「どこまで?どこまで?」、葛藤もしっかり描かれてる。

これは実際その地に行って行動しているから、被災地の声を聞いているから出る言葉。
かみしめなきゃいけない言葉がいっぱい。
被災地の「今」、被災地で流れている時間、思いを寄せること、意識すること。
だってまだ終わっちゃいないのだもの。

ラストもすべて解決、一件落着ハッピーエンドではないが(なぜならまだ終わっていないから)、なんていうか爽やかで明るい。
でも最後の「今流れている石巻の時間」のリアル映像にはうるっとさせられた。

かなしいくやしいどうして?どうして!という思いを抱えながら、それでも生きて、笑って・・・ああ人というものはどうしてこんなに。

兄弟船熱唱
「兄弟船」は心の歌なんだね。

はいチーズ!
いい舞台をありがとうございました!

「イシノマキにいた時間」、25日14時~世界館で上演されます。お時間あれば見ていただきたいです。
関連記事

ガテンボーイズ公演へ その2

11/18 劇団上越ガテンボーイズ公演「卒業写真~幸せのカタチ~」へ (その2)

湯沢から帰ってきてそのまま会場へ。
今日のこの時間はガテン「龍組(←今回のみの組分けです)」の舞台。そして千秋楽。

本日公演あり

piさん、今回もどもどもです~

役者は違えどストーリーは基本的に同じなので、ストーリーはおさらいする形で。
でもこれだと良くも悪くも比較しちゃうし、されちゃうよね。
(ガラ仮でも結構あるけどさ~)
刺激受けつつ、でも自分の形を確立してくにはいいやり方かもしれない。

卒業アルバム~

ストーリーは前述したので、ちと「え?」な展開などを。

なぜ主人公(母)は「その日」に行ってしまったのか、いくら封印したい過去とはいえ、記憶の混沌はあったかもしれないが
「その日」を忘れるのは・・・
なぜ「公園の桜」を、その場所も忘れていたの?

そして、なぜ入れ替わらねばならなかった?
単に幸せの絶頂だった妹が命を落としてかわいそうだったという理由では、姉が妹になりかわる理由には弱すぎる。
姉もその彼を愛していたというのならまだわからんではないけど。
だってさ、子供まで作っちゃうんだぜ。好きでもなきゃできないだろ?
加えて、すりかわったのはいいけれど、別個の人間なんだから妹と記憶の同化はできない。
記憶も違えば友人も、所作も違う。
廻りは変だと、彼が自分の恋人とは違うと思わないのだろうか。
葬儀で、妹の、そして姉自身の友人もだますことになったのに、そんな状態で学校生活と恋愛生活(しかも妊娠まで)過ごしていたのだろうか。過ごせるものだろうか。

・・・すいません、考えすぎで。

意表をついたどんでん返しはいいのだけれど、それに至る主人公の動機描写が足りず、そのためどうも腑に落ちなかったのが惜しかった・・・。

でもみなさんいい演技だったんですよ、ホント。
山田さんはこの舞台でガテン卒業とのことで、いつもより更に更に熱の入った力演で、その気迫ががんがん伝わってきたし。

龍なみなさん
龍組のみなさん、お疲れさまでした!
山田さん、夢に向かってがんばってね!!
関連記事

湯沢へ

11/17~18 湯沢へ

この週末は恒例の友人たちとの忘年旅行。
今年も湯沢にて。

自分は松之山~塩沢経由で湯沢へ。
やっぱ白いねー
十二峠トンネル抜けて望める山はもう冬の色(多分マッキー(巻機山)方向だと)

皆と合流後、宿でのんびり。
もうクリスマスかい
ロビーにはもうクリスマスツリー。12月、年末近いぞと思わせられる。

温泉そして食事。
この時期おなじみのミニ鍋モノ
これはお決まりのお一人様用鍋。

食った飲んだ笑った。
なかなか揃って会えないから、この旅行毎年楽しみなんだよね。

決死の突入隊w
翌日ものんびりプランで朝風呂2回w
温泉パワーで足のしもやけも治りましたて。
(またなるだろうけどさ)

尾身さんの木版画
十日町の木版画家・尾身伝吉氏の作品展がミニギャラリーに。

帰りは夕方の舞台に間に合わせるためいつもの六日町十日町寄り道~R253ではなく行きと同じルートで。下りに使うのは初めてだ。
塩沢の温度表示で「1度」と出てたのでやばいなと思っていたら、雨からみぞれになり十二峠付近はうすいシャーベット状態。
まだタイヤ換えてないんだよー!おまけに先行車はどんどん道譲るし。
軽に譲るなよー(><)

トンネル越えて清津峡出たら雨に戻ったのでほっとしたけど、やはり山道は侮れんわな。

でもこのルート、やっぱ近いわ。あ、もう松之山、みたいな感じで。
友人から借りたCDがおもっしぇかったのもあるが、帰り早く感じたもんね。(概してそういうもんだが)
無事17時からの舞台にも間に合う時間に上越着。会場のジャンジャン下北沢へ向かう。

やー、おもっしぇかったね。
また来年も行こてば!
関連記事

ガテンボーイズ公演へ

11/16 劇団上越ガテンボーイズ「卒業写真~幸せのカタチ~」へ

先日のスタートラインについでの観劇。
今日はガテンの舞台です。
今回の演目は「卒業写真~幸せのカタチ~」

ポスター

今日はチャリでジャンジャンへ。
中に入ったらpiさん。お久です~

舞台
今日の舞台。
どんなお話なんだろう。わくわく。
なんと今回は同じ話でキャストが違う二本立て。
初日の今日は「虎組」。

母と息子、息子が作ったロボット、そして母に心を寄せる会社社長。。。がメインキャラ。
息子の卒業記念品はなんとタイムマシン。
母はそれを使って、過去の自分に会いに行く。
自分に、そして恋人に、あることを伝えるために--

というお話。(でもまさかのどんでん返しがあるんだよね)

脚本のあらかわさんの高校生の「青春」作品、やっぱりきゅーんとくるよな。
自分の当時とは全く似ても似つかないもんだけど、なんていうか、理想と憧憬ってか、通過した身にとっては「ああ、若さっていいよなー」と思ってしまう。
思った時点で“オワタ”と言わんでねー(^_^;)

役者のみなさん、みんないい演技してました。

虎組のみなさん
虎組の皆さん、お疲れさまでしたー!!
玉井さん、フラッシュ当たりすぎですんません・・・(^_^;)
関連記事

みつをライブ@ラ・ソネ菓寮

11/11 落合みつをライブ@ラ・ソネ菓寮

春日山にいた頃はまだ天気もよかったのだが、次第に強風・雨という空模様に。
puさんに同乗させてもらい会場へ。
久しぶりのみつをさんのワンマンライブだ。

うまー
1ドリンク&名物アップルパイ。これがうまいんだまったく。

りんごー
りんごいっぱい♪これがタルトになったりパイになったり。

今回のライブはテーブル席でゆったり。
あ、kuniさんどもども☆

もうすぐライブ
もうすぐはじまるぞー♪

真砂さん
OAは福島真砂(「まさご」ではなく「ますな」)さん。
ピアノの音色と澄んだ歌声に癒される~

そして本番、みつをさん。
まずはジャジーに
最初はジャジーな雰囲気で来ましたぞ。

弾き語り
弾き語る♪

ロッカーみつを
で、次第に乗ってきてロックモード!!

上越が誇るロックバンド・ロックンロールスーサイドのボス・永見氏も参加。
出番がセトリと違う~と言いながらもしっかりコラボ。
醸し出す

真砂さんも
みつをさん・ボス・真砂さんのセッション・・・なんだけど入りきらん(^_^;)

ボス
永見ボス

ぐおー、みんなかっちょええぜっ。

みつをさんのMC、中途半端全開の自分にはぐっとくるよなー。
しっかりせんばねーぜ。
自分からは逃げられないし誤魔化せないんだからさ。

そんなこんなで「え?もう終りなの?」とあっという間に感じられた、熱ーく濃ーいライブでした。
18:30~20:05・・・うーん、時間的にはもうちょっととも思ったけど…も‘燃焼!’って感じ。

中にはギター
そしてこれが折りたたみギターの収納。

一見バッグ
ここにギターが入ってるなど誰も思うまいw

やー、熱いね、やっぱ。
久しぶりのワンマンライブ、よかったっすー!
関連記事

春日山へ 

11/11 春日山へ

先月、武将隊の2人が天に昇り、5人となってしまった越後上越上杉おもてなし武将隊
そして季節的にも春日山の演舞は今月いっぱい、土日祝日だけとなった。
天気もあまり期待できない(かも)なので、紅葉も見たいし行ける時に行っとこうと日曜の午後の演舞を見に出かけてきた。
今月はもう武将隊DAYの日にしか行けそうにないしね、

演舞っ
演舞。
気合がね、やっぱぐっと来るんだて。

勝鬨っ
勝鬨は気合入るしなんか爽快だし(^^ゞ

ばしゃりっ
5人でぱしゃり☆

紅葉度っ
紅葉はこんな感じ。

もみじっ
もみじ~

謙信公の像を見に行く途中、ワンコ発見!
か、かわいい・・・
お散歩中だというそのワンコは初対面の自分にも吠えることなく実におとなしい。
飼い主の方と話をしたが、このワンコ、被災地からやって来たコなんだそうだ。
被災犬の飼い主探しの時、一番おとなしかったのがこのコだったそうで・・・
その日から、どんな寂しくつらい思いをしてきたのか想像できないけれど、どうかどうかこの上越の地で、新しい家族と一緒に
かなしい思い出がうすれていきますように。
いっぱい幸せ感じられますように。

また春になったら春日山で会いたいな。

そしておやかたさまが動物好きで兼続さんは犬が苦手だということを知る・・・(=^m^=)

謙信公像っ
謙信公像と紅葉はこのように。

米山さんっ
米山さん。

11月、できるだけ土日晴れてくれますように。
春日山を下りて今日のライブ会場、ラ・ソネ菓寮に寄り道した頃から雨が降り出す。
夕方のライブ荒れなきゃいいけどなー・・・。
関連記事

高農祭へ

11/10 農業高校の文化祭へ

毎年恒例の高田農業高校の文化祭。
毎年毎年「今年はいつだっけ」となる。
11月の2か3週の土曜日で、いっつも同窓忘年旅行と重なるんだよなー、そんな認識。
なので勝手に17日だと思っていたのだが・・・
(第二週目土曜と決まってるのか?)

ある方のつぶやきで、当日「今日だねっけ!」と知る。
ここの即売品は人気なので、早く行かないと行けないのだが、またタイミングいいことに?相方が町内仕事でちょっと出てしまっている。早よ帰ってこーいと念じながら準備。

で、帰ってきたら即「行くぞー!」とw

とはいえ、10時オープンなのだがその時間を既に過ぎている。駐車は相方に任せ校舎に入ったが、既に即売の列は玄関にまで到達。
どこが最後尾だかわからないよー。
で、玄関なので即売品狙いではない入場者も来るため混雑混雑。
分からないままとりあえず並んだら、違う列だったみたいで、即売側に並び直したため更に遅れをとってしまったorz
なんか年を重ねるごとに即売品の人気高まってないか?

列もなかなか動かないので携帯いじってるうちにバッテリー怪しくなってくるし…
相方と合流したものの、ちょっと外見てくると行ってしまった。ま、確かに二人して並ばなくてもいいけどさ。

あー、高校生、いいなー。
自分の学校はこういうの禁止のまったくつまらないもんだったからなぁ・・・
パネル展示か劇か、みたいな。

大きな動きはないが少しずつ列が動き出した。ふぅ。
一通り見て戻ってきた相方と交代し、展示見に行ってきまーす。

まずは特別展示・ひぐちさんの原画展♪
ひぐちさん展
ここで見られるとは(^^)

部活コーナー
登山部
登山部
すごいな。結構行ってるんだな。・・・負けた(←勝手に張り合ってんなよww)

文芸部
文芸部
うわー、こういうノリなんか懐かしい。(漫研出身のヲタなもんですみません)
アニメキャラの等身大描いたりしたんだよなぁ。。。当時買ってくださった方ありがとうm(_ _)m

いけばな部
いけばな部
若い感性ってのはいいね♪♪

書道部
書道部
その言葉に( ̄ー ̄)ニヤリ

部活だけじゃなくクラス展示も
葉組みレポート
葉組みしないとバランスいい花つきにならないからな。・・・のめしなのでやったことはないが。

沖縄レポ
修学旅行先が沖縄だったようで、沖縄戦と平和についてのレポート。
スパムとか魅力的な沖縄アイテムがあったのだが、残念細かい持ち合わせがなかった…

窓にはこんなポスターが。
「っぽくて」いいな
いいなー(^^)楽しそうだよね♪

おっと、そろっと戻らないといかんか?と戻って即売の列をたどって行ったらば既に相方会計しているところだった。
あれから品目も少なくなってきたのもあり結構スムーズに列が動いて行ったらしい。
それでも狙ってたものは大体入手できたしヨシとしよう。

カフェコーナーの列に再び並ぶ根性もなく、外に出る。わ、雨。

ハボタンとパンジーとキンギョソウ苗購入。あれ、今年は買うつもりなかったんだがf(^^;)

この雨では畜産科のミニ動物園も規模縮小で残念だー。
牛さん
モーさん
エミュー
エミューさん

ウール100%
羊毛100%。考えたね♪

ここのところ毎年行っている高田農業の文化祭(収穫祭?)今年も楽しんできましたぜ。
雨がかなりいい降りっぷりだったのが残念だったけど。
それにしても即売人気、毎年上がっていくような。。。
関連記事

スタートライン17thへ

11/4 城北中・スタートライン17thへ

今年もこのシーズンがやってきた。城北中のスタートライン。
これは上越市立城北中学校の現役3年生と城北中の教職員、学区地域の大人(つまりはOB)で構成される「オール城北」の演劇集団なのだ。
毎年秋に公演を行っているが今年は17年目。

自分が見始めたのが一昨年だから、その時一緒に見てた(であろう)一年生が出演してるってことだね。

天気がよかったので城北中までチャリでGo!
おじゃましまーす
おじゃまします。

階段に
階段にはこれまでのスタートラインの歴史。

早く来ていたpuさんが場所を確保していてくれた。感謝~
(残念ながらマゴちゃんがむずかって途中で帰っちゃったけれど)

舞台背景
さあはじまりはじまり。「城北だけのスタートライン!! ~3年7組 銀八先生~」

はじまりました
有名作家と編集者のやりとり。
ウケる要素を盛り込んでストーリーを進ませるものの、展開に苦労するとご都合主義の爆発などで無理やり終わらせ、ではこういうのは…?とまた別の話を進ませ、また場面展開、そしてようやく筆が乗ってきた作家と編集者は・・・。
キャラが勝手に走り出すっての感覚ですな。わかるわかる。

それまでのストーリーは切り捨てて(^_^;)、いろいろありながらも団結していた学校に、それまでの自由を奪う効率化一辺倒の支配者がやってくる。

対決
反発するものの、頼っていた教師に失望させられ大人を信用できなくなる彼ら。
次第に諦め能力至上主義の下で学校生活を送る生徒たち。そこには笑顔も何もなく、ただ勉強のみ。
そんな中でかつての中学生活を取り戻したいと立ち上がった生徒が起こした行動とは・・・そして教師は・・・

銀八先生
かの名作・金八先生のあの名シーン、みゆきさんの「世情」が流れる加藤のあのシーンですよ・・・の再現。
まさかここで見られるとは!~って、親世代でないと多分分からんぞ。もしかしたら若い親ごさんだとわからんかもしれん。

ラストはハッピーエンドでよかったよかった。
ただ、木藤先生とメイン女生徒の兄妹設定と「権力者」を拘束監禁するパターン、定番?
それはそれとして、マルさんの「銀八」、木藤先生の魂の熱演にじーん。
大人の『本気』、みんなに伝わっただろう。

スタートラインのみんなも2時間を越える舞台で演技して歌って踊って・・・たいしたもんだ!
この経験を宝物にして残る中学生生活を過ごし、そして広がる未来に羽ばたいておくれー!
こういう活動してるこの地区、きっと大丈夫だよね。
活動を始めて17年、その頃の生徒は親になっている。その頃の宝物をまだ持ち続けているだろう城北OBたちなら
この地域を、ふるさとの人たちを愛していくだろう。

恒例の出演者のお見送りを受けつつ、彼らの笑顔に、彼らの未来に幸あれと願いつつ会場を出た。
今年もいい舞台をありがとう。
(舞台写真ボケボケですみません)
関連記事

オトノカケラ vol.16

11/3 オトノカケラvol.16@おたや

と、いうことで、前エントリのおたや途中である。
オトノカケラ会場のいきいきプラザへ。

オトカケ16th
もうライブは始まっていたのであるが。
残念ながらKAZUさんとYUMIZOちゃんの出番には間に合わなかった…

OTOYAさん
OTOYAさん

たみおっちと
ミチシルベ・たみおっちが鍵盤で合わせる♪

子供に大人気
お子さまに人気
アンコールまで受けていたよ。すげー。

お次は朱音さん
朱音さん
ひさしぶりに聴かせてもらったなぁ。体調も気をつけてくださいませ。

青空も見え
ふと見上げた雨上がりの空には青空も(トイカメラモード)

そしてトリはミチシルベ。
たみおっち

渾身
魂の、思い込めて。

シメのごあいさつ。
シメっ
雨降ったり、やんでも寒い中のライブ、お疲れさまでした。

にこやかに
この雰囲気が好きだ。
yumizoちゃん、カイロありがとうね!!
そのお気持ちだけで気持ちほかほかだよー!

これで今年のオトカケはラスト。
また来年ヨロシク。

マチへの思い、受け止めてくれる人が増えますように。
そして広げていく人が増えますように。
マチがマチであるために。
関連記事

おたやへ

11/3 新井のおたやへ

で、板倉から帰ってきて、午後からはおたや・・・なのだが、帰宅12時半頃と言うていた相方が戻ってこない。
これだとオトカケに間に合わないよー!とやきもき。
集落のおまつりだからしょうがないんだが…

予定時間を過ぎ帰宅。さーおたやへGo!
雨も小降りになったし・・・おっと、青空が♪

別院

まずはお参り。
法要中
ちょうど法要が始まるとこらしく、相方がせっかくだから中で見てこようと。
ああー、オトカケ~~~(泣)

一通り終わったようなので寺を出、参道へ。
村シェフの「おたやスペシャル」は今仕込み中とのことで夜の部にリトライ。

おたやー
「おたや」だ!

露店を見ながらつらつらと。
うん、まだ間に合うぞ。
「ライブやってるから見てくるよ~」と会場へ。

よかった。間に合った。
yumizoちゃん、お久しぶり~!歌聴けなくてごめんね。

オトカケ
OTOYAさんとたみおっち

・・・にしても風が冷たい。寒さと空腹(お昼まだだったんで)に耐えかねて見に来た相方とプラザ内の食堂で軽く食事。あーやっと人心地ついた。

時々プラザで暖取りつつオトカケラストまで聴かせてもらう。
相方はぷらぷら。

そのあと、これまたおたやに来た時は・・・「りらく庵」のトロトロ豚スジ。栃尾のあぶらげもいただきまーす。
トロトロ豚スジ 栃尾あぶらげ
ごちそうさまでした。うまかったよー

来た道戻って名物・豆大福と村シェフのおたやスペシャルをゲットし、買い物をして帰宅。
おたやスペシャルに久しぶりの赤ワイン、うまかったなぁ。
おたやスペシャルと豆大福

寒かったけど今年もおたやとオトカケ行けてよかったぜい。うん。
関連記事

板倉ふれあいまつりへ

11/3 板倉ふれあいまつりへ

この週末は板倉のふれあいまつりが行われる。
武将隊も午前中に出陣するという。
自分も(行くなら)午前中しかないし・・・でGo!
どんなもんだろふれあいまつり。

駐車に手間取り、会場に着いた時にはもう演舞が始まっていた。
しまったー、遅かりし!!

景勝さんとみつさん
景勝さんとみつさん

にこやかおやかたさま
ステージ下りてのおやかたさまたち

公民館の中に入ってみよう。
ほー、収穫祭だー!!
さつまいもギャラリー
さつまいもじゃ!
どーん!
どうじゃ!
どどーん!
来年はこの年じゃ!
へびさんも悩んでいる…

オットセイじゃ! モグラじゃ!
オットセイ&モグラ

今年はこういうイモばっか ナタマメ
うちのもこんなサツマイモばっか。なんでこーなったもんか。ナタマメ、でっけんだね。

審議中w
収穫野菜のべっぴんさんコンテストなるものも開催されていたぞ。
悩む兼続さんとみつさん。景勝さんは迷わず「ねぎじゃ!」と(=^m^=)
「住所はいかがしようかのう」とは兼続さんの弁。

信越トレイル展
信越トレイル展

盆栽展
盆栽コーナー

収穫祭に子供たちの絵画や書道展、大人の絵画展に環境コーナー、七宝体験(時間あればやりたかったんだよね)に授産施設の販売品などなど盛りだくさんで。

外に出てみれば、美味しいものの販売がいっぱい。東北支援の物産販売もあり。
うまいものにえいえいおー!
東北がんばれ、えいえいおー!!

トランポビクス
ステージではトランポビクス。
トランポリンにあこがれ世代なので、いいなぁと(笑)

もちつき
もちつきも始まったぞ。つきあがる前に会場出ちゃったけど。

消防車
消防車にパトカーに白バイに、働く車大集合。午後からはスーパーカーも来るらしい。
この後ろの雲がこのあと近づいてきて雨が降ってくるのだがその時はまだ知るよしもない。

いいなぁと思ったのは、先月の姉妹都市展で来てなかった宮古島の名産品販売があったこと。
黒砂糖やお酒などが揃ってて、こりゃいいなと。
・・・でもどれがいいか選べず酒は買わなかったんだけどさ。

ってことでそろそろタイムリミット。午後は新井だ帰らねば。
でも初めて行ったけどなかなかおもしろかったぞ。来年も顔出したいな。
関連記事