関東(埼玉)へ その2

3/31 埼玉へ その2 忍城編

で、前エントリの続きです。

午前中は親戚宅。相方兄弟勢揃いと伯母さんでにぎやかに。
伯母さん元気で長生きしてくださいね~

昼前に、どうもお世話になりました、と。
またよろしくです~と親戚宅を出る。

そして一路行田へ。
もう道は間違わないぞと。

お昼は途中で埼玉のチェーン店「山田うどん」。
山田うどんてんぷら付き
やじろべえマークでおなじみナリ。

忍城着。先日のイベントでゲットしたのぼT装着!
最後だよ…
ああ、最後なんだよな・・・

で、ええ?!
ゲームのなのかなんなのか、戦国系?コスプレ撮影会らしきものもあって、あちらこちらにコスプレな方がいるので戸惑いも。甲冑隊とは関係ないんだよね?(^-^;

しかしまさか今月4回も来れるとは、自分でもびっくりだ。
午後の部のおもてなしはもう始まっていて、予想はしていたが和泉さんと酒巻さんと別れを惜しむ人たちの長い列。
あ、あれ?どこの真田幸村さん?と思ったら
しかさん
白石の奥州片倉組しか幸村さんだった。

演舞目当ての列もできていたので、昨日お二人とは話させていただいたこともあり演舞を取ってそちらの列に並ぶ。
ここで見れなかったら何しに行ったんだと。
列が動き出す。真ん中はムリだったが前回と似たような場所だったのでヨシとしよう。
相方は…と周りを見回せば逆方向から見ていたぞ。あっちもいいのかなー?まあもう動かんが。

なかなかシュール
だんべさんとしかさん。なかなか見られない図(笑)

さあ午後の部の演舞。
これで最後だ・・・・・・

すみません、これから番外編のように個人的祭が続きます(^-^;

【出陣の舞】
酒巻さん
そうか、酒巻さんが髪を切ったのは天に帰る、そういう意味があったんだね。。。

和泉さん
気迫十分和泉さん

出陣の舞1
和泉さん、今日は原作のように丹波さんから武功一等の証の朱槍を託されたんだね。

出陣の舞2
この演舞は他の方々が卒業して武将が彼ら2人になった時に始めた演舞という彼らにとっては非常に思い入れのあるものなんだそうだ。

出陣の舞3
お見事!

「出陣の舞」からの「序舞顔見世之巻」
この時はカメラではなくそのままで見る。最後の最後だから両のまなこで見る!と。
なんとしたことか和泉さん刀を落としてしまい、あの背中越し刀受けのシーンのタイミングをはずしてしまったという。

長親さんが挨拶して5人の演舞終了・・・だと思ったのだが、巻き起こるアンコールの声。
なんとびっくりのアンコールが実現となった。

演目は、さっき失敗した「序舞顔見世之巻」。リベンジだ!
登場の仕方もいつもとはちょっと違ってて、うれしくもありさみしくもあり。

顔見世和泉さん
これが最後だ和泉さん
顔見世酒巻さん
これが最後だ酒巻さん

終わっちゃったね…
演舞が終わって誰もいなくなった東門

桜としかさん
あ、しかさん撮影会だw

演舞が終わり博物館前に戻ってみれば、うわ。
二人の前には長い長い列・・・・・・。

一旦は並びかけたものの、この分では話終わってもう片方に並び直すにも時間的にムリだろうし(昨日写真も撮らせてもらっているし)この気分で対面しちゃったら、感無量でボロボロきてやばいかもしれんと列から離れ二人をやんわり眺め。
この二人、甲冑隊スタートからの一番古参だし愛され度も位置もやはり他の方々からみればちょっと違うのだろう。
行田市の方々にはもちろん、ファンのみなさんにとっても。
知って約半年、実際リアルで会ったのは今月なんて身とはやっぱり違うさ。
でもこうやって人集まるんだから大したもんだよね。
上越市ももうちょっと上手に上杉隊を使えばいいのに。。。もったいないよなぁ。

和泉さん

酒巻さん
これからの、また新たな日々がよいものでありますように・・・

丹波さんともお話ができたし。覚えていてくれたなんて嬉しかったよー。
そうこうしているうちに長い列もひとまず落ち着き、いよいよ退陣の挨拶だ。
ついにこの時が来てしまった・・・

姫と大将
姫と大将・長親さん

成田家筆頭三家老!
丹波さん・和泉さん・酒巻さん、やはりあなたたちだからこその筆頭三家老です!
映画の三家老役(佐藤浩市は好きだが)より私の中ではまずあなたたちでした!

この一年の思い出話や和泉さん酒巻さんの挨拶や記念撮影やら涙と笑いの卒業式。
ああ、一方的にしろこの時間、ここにいられてよかった。すべてにありがとう。

みんな揃って「いいだんべ!」
みんな揃って「いいだんべ!」
こうやってそれぞれの場所から来た人たちがここに集って笑顔になれる、そしてまたそれぞれに帰っていく。
いいよなぁ。。。。

行田締め
行田締めのあと長親さんの「みんな気をつけて帰るんだよー」がよかったな。

ありがとうございましたっ!
こちらこそいっぱいいっぱいありがとうございましたっ!


そのあと来場者がずらーーーーーーっと並んで退陣する忍隊のお見送り。もちろん自分もその列に加わって。
感無量だぜ・・・
だんべさんに「また来てくださいね」と言われたぞ。
もちろんまた機会できたら行きます、行きますとも。
まだ友人とも来れてないわけだしよー。

はー・・・行っちゃった。
まつりのあとの呆け状態で忍城を出る。で、今回も十万石饅頭(笑)。
でもゼリーフライとフライは今回はありませぬ。

古墳とさくら
さきたま古墳公園でプチお花見。
上越も来月になればさくらいろになるさ。
こちらも古墳とさくら

それからは一路帰宅モード。
下りの横川SAでも横川の釜めしが買えると聞いていたので寄ってみたが残念、販売時間は17時までだった。
あららー・・・
今回は縁がなかったね。
高崎だるま
金のだるま

夕食はフードコートのラーメン。
しょうゆチャーシュー みそラーメン
相方の頼んだしょうゆはがスープがぬるいというのでちょっともらってみたらば確かにぬるかった。
フードコートでなければ文句を言いたかったらしい。。。

売店にこんなチョコが・・・
かいこチョコ
手はかかってるのは分かるが、「狙う」にしてもちょっと高いような(^^;

無事上越着。お疲れさまでした!
さあ明日から4月、新しい年度、新しい季節だ!!

十万石饅頭
十万石饅頭「のぼうの城」ver.
饅頭食べて(笑)、気持ち切り替えてがんばるぞー!p(^^)q
関連記事

関東(埼玉)へ その1

3/29~31 埼玉へ その1

以前から関東の親戚の所に行ってこようという話があったのだが、なかなか日程が合わず3月最終週になってしまった。
3月の土日は展示会やらなんやらでこの最終週しか空いてなかったもんでな(^^ゞ
すまん、オレのせいだ。
そして、先日行った時はまったくそんな素振りのなかった忍城おもてなし甲冑隊の家老役2名がこの31日に天に帰るという。
なんとか最終日、ちらとだけでも見たい。親戚宅を出てから忍城行きを取り付けて、さあ行くぞと。

で、前日、オープンににぎわうイレブンプラザを横目に甥姪用に手土産用のアレーグロのいちごブラウニー(FM-Jのリスナープレゼントにあったがハズレたさくらブラウニー目当てで行ったのだが、それは来月・4月からの販売だそうだ)をゲット。

で、29日朝出発。
今日も「今日の妙高」はガスの中でその姿は見えず。
前回とは違って体調万全だぞー♪

松代PAで蜂?をついばむセキレイさん。
セキレイさん

道中の電光案内板でも表示されてて?だった上信越道通行止めの情報、ここで判明。
事故で佐久IC~松井田妙義ICが通行止めとなっているとのことだ。
さあどうする、中央道に回るか?でも遠回りだしなー・・・
でも、未明に起きた事故だし、通行止めも解除になるかもしれないし・・・とそのまま進むが、やはり解除にはならず佐久で高速下車。一般道へ。

当然ながら高速を降りた車と事故関係なく一般道走行の車で渋滞。
んでまたこっちは天気がよくて暑っちぇんだわ。なんだ3月なのにこの陽気。

渋滞中微妙に意識が飛んでますが、軽井沢はもうそれだけで「軽井沢」でしたww
さすがだな。

碓氷峠下り。
ほおー!
エンジンブレーキが利かなくなったら、迷わずここに突っ込め!

妙義山
新潟県では見られない山の形だよ(^-^;

横川駅(釜めしさすが!&碓氷峠鉄道文化むら寄りたかった)を横目に松井田妙義から再び高速道へ。
横川の釜めしをお土産にしようとも思ったんだが、通行止めと渋滞でかなり時間を食ってしまったのでそれはナシにして高坂SAで軽くお昼。
高坂SAのサクラ
しっかし今年の開花は早かったとはいえ桜もう満開だもんなー。
上越の今年の観桜会はどうなるんだろ。

そして親戚宅一軒目。
最初ちょっと心配したけれど、だんだん元気になってきてよかった。
夕方になり、また明日ねということにし、宿泊先の親戚宅へ向かう。
お世話になります。

その時聞いたが、この場合は18号ではなく254号を使えばよかったらしい。
やっぱりそこまで分からんもんねー。ナビもないしさ。
でもかなり大きな事故だったらしく、亡くなった方もおられたのだ。合掌。


翌日30日、雨。
前回は改修中で行けなかった川越の川越城本丸御殿へ。
本丸御殿と市の博物館と蔵造り資料館を巡れる共通券利用。

本丸御殿
本丸御殿、渋っ。

ただいま会議中?
タイムスリップ!(違)

ボールのあと
明治維新後払い下げられていろいろ使われたそうだ。
天井なのだが学校の床に使われていたこともあってボールのあとがしっかり残っているという。

お次は川越市立博物館へ。
市の博物館

博物館の特別展示は川越の船運について。蔵のまち再現とか、ハニー(ハニワ)や謙信以前の関東管領など歴史的にも興味ある展示がいっぱい。
大分宿根してしまった・・・
展示の写真は撮影禁止。残念。

そしてそして、
天神様
わらべうた「通りゃんせ」の発祥の地といわれる、三芳野神社へ。

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの細道じゃ
天神様の細道じゃ
ちぃっと通して 下しゃんせ
ご用のない者 通しゃせぬ
この子の七つのお祝いに
お札を納めに 参ります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも 通りゃんせ 通りゃんせ



この三芳野神社、本丸のほぼ向かいにある。城の近くなので当時の庶民は参詣もできないのだが、年に1回の大祭の時か子供の七五三のお祝いの時のみ参詣が許された。昔は7つになると天神様の氏子になれるといわれてきたらしい。
その頃の子供は今と違って医療も発達していなかったためなかなか生きていくことができなかった。
なので、3歳まで生かせていただいた、5歳、7歳を迎えることができたというお礼とこれからの安全を祈願するために七五三の行事は始まったという。

わらべうたの碑
で、天神様を訪れたはいいが、到着するまでには南大手門から入って、さらに門を3つくぐっていかなければならずその上場所がら警備の者が多く厳しいチェックを受ける。
町人たちが物珍しさにキョロキョロしたならば容赦なく叱責が上がる。そんなところから「行きはよいよい帰りはこわい」と表現されたという。 (諸説あり)



さて、それからどうしよう。
蔵造り資料館に行くか、それとも道の確認のために忍城へ行くかという話になる。
そりゃーもちろん忍城の方がいいけれど、明日も行くワケだし・・・と躊躇していたが、川越はまたチャンスがあるが忍の卒業組にはもう会えなくなるということで忍城に決定。何気に相方も忍城隊好きだしね。
道路マップとともに忍城へ。
途中一本早く曲がってしまったり地図が古かったためこれでいいのかという箇所もあったが無事到着。

忍城あげいん
前回は梅だったが今は桜だよ~!

おもてなし午後の部に間に合った・・・

甲冑隊のみなさま
明日は多分人も多くなるし、どうなるか分からないので今日のうちに和泉さんと酒巻さんとお話ちょっとと写真。
前回も今回も結局ここに来られなかった友人の分もカードいただき花押を入れてもらう。

演舞タイム。
ああ、これももう見られなくなるんだ・・・
何事も永遠に続くものではないから、だからその分しっかり見なくては。一期一会だ。

【序舞顔見世之巻 ( はじまりはじまりかおみせのまき )】
和泉さんと酒巻さん
ここがいいんだ♪

大将、逆!
大将、逆だ!

【槍術の道(丹波と長親) ( そうじゅつのみち たんばとながちか )】
姫♪
どちらもお見事(笑)

甲斐姫♡
丹波さんと長親さん

【剣術の道 ( けんじゅつのみち )】
ながちかさん…
長親さん絶妙・・・

ああ、やっぱかっこいいぞ。
個人的には(新参者だし)このメンバーが揃ってこその甲冑隊、三家老だと思っているので、その中の二人が欠けるということは大変寂しかったりするんだよな。

演舞お疲れさまでした

で、おもてなしも終わったし戻らねばと、相方が仕入れてきたパンを遅い昼飯としてぱくつきながら昨日お邪魔した親戚一軒目に今日もおじゃま、そして宿泊先の親戚宅で今日もお世話になりますと。

そして夜が明け最終日・・・は長くなったし次エントリのこころだーーー!(続く)
関連記事

青少年文化センターへ

3/27 青少年文化センターへ

1971年に建設された上越市文化センター、今年度いっぱいで廃止されるという。
2月まで冬期休館していたのだが今月は営業再開。。。一月だけのラスト営業、ただプラネタリウムは土日祝日のみだったので(土日はもう予定入っていたので)見られないなと思っていたのだが、閉館日が近づいたら平日も投影してくれるという。
しかし休館日や都合のからみもあり、もうこの日しか見に行けそうにない。

じゃ、もう行くしかないねとGo!

五智のこっちの方ってほとんど知らないんだよね。
交通公園や五智公園の八重桜など話には聞いていても行った事なかったし。
以前国分寺に行ったことはあるが、それ以降はないしあまり縁がないんだわな。

あー、もうキクザキイチゲが出てる。今日は閉じてるけど。
やっばりこっちは早いなぁ。
オウレン
オウレンも咲いてるぞ。

青少年文化センター。
文化センター
さあ、入ります。

中に入れば、おお、これがそのロボットだね!
ロボットくん
ロボットって言えばこんなイメージだったもんね。画期的だったろうなー(^^)

コマたち
左上下がベンハムのこま、右上がニュートンのこま、右下がベンハムのこまストロボタイプ

鏡の部屋
鏡の部屋はラビリンス

敏捷テスト
問題と同じ図形を選び出す敏捷テスト。
同じ図形のボタンだけ(押されまくって)色が消えかかってるので逆に分かるという。

プラネタリウムの投影時間が近づいてきたので一旦切り上げ上階へ。
プラネタリウム
さあ始まりますぞ。
2本投影したけれど2本目は星空があまりに心地よく一時別世界に引き込まれてしまったという。
まだ空が澄んでいるこの時期、春の星座見たくなったなぁ。
視力更に落ちてるからあまり見えないんだけどさ。
でもここで見られてよかったよ。

二階。
鳥いろいろ
鳥の住む森を再現したものだが、残念ながら鳴き声が聞こえなくなってる。
アカショウビン聞きたかったよ。

校章一覧
そして校章一覧。
まだ松代松之山が東頸城郡だった頃のものなので(十日町に合併してから大地の芸術祭の作品として使われたので知っている)廃校になった学校もあったり。こっちのもんじゃないから自分の母校の校章はここにはないけれど、校章そのもの自体は懐かしいよねー。

再び一階の展示へ。
ラジオがなるよ
燃料電池の体験。ラジオは鳴るんだが周波数があってないw
そして鉄道模型は走るはずだが走らない・・・あれぇ?

ひらいしん
雷と避雷針の実験。雷が落ちる瞬間、なかなかカメラに捉えられず。

こんな年になっても展示ものにワクワクできるのだから、当時も今も子供の心をがっちりキャッチしていたのだろう。
40年ちょい、当時の子供が大人になって自分の子供を連れてきたりもしているのだろう。
無料で科学を体験しながら楽しめるいい施設だったのだな。
閉館を惜しむ声が多かったのも頷ける。

最初で最後の青少年文化センター。ありがとう、お疲れさま!
思い出の一枚
(なつかしの写真展示コーナー、開館式)
関連記事

杉ノ原にスキー

3/26 杉ノ原へスキー

ってんで(どんなワケ?)スキーである。
やはりシーズンギリギリになってしまい、天気と行ける日とのにらめっこ。
杉ノ原は長野向きなので、長野の天気が少しでもよさげな日を見ていたが、この日しかないだろうと決行することに。

今日の妙高・・・は完全雲の中なのでお休みです(^-^;

到着したが、あの予報はなんなんだと思うほど天気イマイチ。
まーねー、山だし、妙高雲の中だったし、その真っ只中にいるんだからそうなってもおかしくはないんだけどね。
ああ、雪まで降ってきた。
ゴンドラ乗車中
春も近くなっているのに、今年のスキーの中で一番冬めいているという。
新雪といえば新雪の上ではあるけれど、積雪にはなってないもんなー・・・

下から見上げる
視界もあまりよくないし、バーンも見えにくいので、足を取られないよう、酔わないよう(コンディションが悪いと三半規管にすぐ来る)やわやわと、いつも以上にゆっくりと。
追い越されるのは得意です、っと。

今回は行こうと思っていたダウンヒル、既に今年の営業は終わってた。残念。
で、センターハウスで大休憩兼ねたお昼タイム。
豚テキ ハッシュドビーフ
豚テキパワーボールとバターライス&ハッシュドビーフ
ごちそうさまでした。

午後の部は国際(三田原)エリア。
一番上にはやはりもう行けないんだね。残念~

スライム妙高
今日の雪像はスライムなり

写真を撮ったりしながらゆっくり滑る。
雪が降る
枝に降る雪

しもばしら
つららとしもばしら

ちと休憩に入った店の名物「かぼちゃプリン」
かぼちゃプリン
でもさー、当たりが悪かったのかそういう作りなのかわからないけれど、これ中の中央部空欄なんだぜ。
どうしてこうなるの?
プリン液容器に流しても真ん中に液が行かないってことないよねぇ?謎だ・・・

杉ノ原の木
杉ノ原の木も寒そう

太陽かがみ
雲の中で輝く太陽

野尻湖を見る
向こうは野尻湖方面

足も疲れてきたし、リフトの営業も終わりに近づいてきたので本日終了。

苗名の湯
苗名の湯でゆっくりのんびり温泉タイム。
あったまったのちは、新井の道の駅(中郷の店休みだったし)のミサで久しぶりのみそラーメン。

これでとりあえず今月中のチケットはなんとかなったぞー。
シャルマンは連休までだしなんとかなるだろう。
ただ欲言えばもうちょっと天気よければよかったなぁ~~
おつかれさんでした。ちゃんちゃん。
関連記事

「あしもとに」展

3/24 momocoさんの作品展「あしもとへ」へ

ここんとこなかなか更新できずですが、少しずつ、前後しながらUPしようと思ってますので生暖かくヨロシクですm(_ _;)m

今日も雪割草展。前日は別件に参加のためお休みいただきました。
今週もありがとう
これは当たり前ですが会員の方の展示。
でも今日は珍しく自分も展示品出したんよ。しょぼいけど(^^;

今週もご来場ありがとうございました。

そして展示会終えて今週もkukkaに行ってきます。
今日の作品展はmomocoさんの個展なのだ。

おじゃましまーす。
おじゃまします
あしもと、よく見てみると、いのちがいっぱいだよ♪

展内
展内はこのように。

ぱわーいっぱい
草の芽、花の芽、虫たちも春を感じて動き出す。
それはか弱いようで力強いのだ。

そしてお楽しみ企画。
ライブペイント
そう、momocoさん展名物の「momocoさんと来場者でつくるライブペイント」なんである。

参加してみました
自分もちっぽけなお絵かきだけどやってみよう。
足元の虫が「Hello」と。

あったかく、そしてやさしい中にパワーのあるmomocoさんの作品たちにほっこりいたしました。
やっぱりいいよね♪
関連記事

3月の武将隊DAY~番外編~

3/23 「感謝×4 おもいっきり武将隊DAY」番外編

はい今回も写真編です。

ナレーターみっちゃん
紙芝居ナレーター中のみっちゃんスマイル。

頭巾がw
「情けの塩」のシーンなのであるがおやかたさまの頭巾の後ろがいつもと違うw

ボケとツッコミ?
主従コンビ、ボケとツッコミで新境地?

やあーっ
足軽・十吾郎さんを狙っているのではありませんw

おきたまの演舞
おきたまのダンスコラボ。大国パパ曰く「まさか踊ることになるとは思ってなかった」そう♪

大国パパと慶次さん
大国パパ(左)と慶次さん(右)。慶次さんのモフモフが気持ちよさそうだ。
そして前立ての獅子?が別の(ブサカワな)何かに見えてしまうのは自分だけか?(笑)

つばめちゃん
つばめちゃんもキリっと。

Wやぁーっww
隠密・奉行さんと足軽・十吾郎さんのダブル「やぁ~~っ!」

え?
おやかたさまがおやかたさまじゃない\(◎o◎)/!

ええ?
景勝さんがあの武将を?!

おお!
陣羽織が違うと感じが違うな~

夏以来の兄弟ショット♪
与六(兼続)と与七(実頼)の兄弟2ショット再び

ありがとう
ファンのおちびさんたちから花束を受け取った景勝さんと寄せ書きを受け取るおやかたさま

こっちが感謝×4の武将隊DAYでした。
ありがとう~O(≧▽≦)O
関連記事

3月の武将隊DAY

3/23 3月の武将隊DAYへ

3月、年度末である。来月からは当たり前だが新しい年度が始まる。
そんな第4土曜日、恒例の「武将隊DAY」が開催される。

今回は年度末ということで「感謝、感謝、感謝、感謝・おもいっきり武将隊DAY」と銘打って、いつものイベントではなくスペシャルなイベントとなっている。
こりゃー行かないワケにはいかないだろうと、今日はこっちに行って来まーす。

午前の部は本陣でもある埋文で。しかしいつもの場所ではなく2階の会議室だったりするのだ。
や、びっくり。入り口廊下でおやかたさまたちがお出迎えとな。

きめっ!
口上演舞のあとの決めっ!

褒美授与
そしてクイズ。今日の褒美はいつもの義の塩だけではなくトレカ付きだ!
兼続さん出題のクイズで見事?当たって褒美をいただいてしまったよ。パッケージにも花押あり。

紙芝居
一月ぶりの紙芝居。
今回はおやかたさまも登場だ!それにしても配役が楽しいww

パネル展
この一年の活動総決算と言うことで今までのギャラリー展示や武将隊のみなさんへメッセージを書く欄もあったぞ。

午前の部終了。目玉は午後!ワークパル上越での午後の部を待て!!と。
今回のポスター

一旦帰宅。お昼食べてから今度はワークパル上越へ。
ここ入ったの初めてだー。
午後のプログラムじゃっ!
午後の部プログラム。兼続さん書。

午後の部は、なんとなんとの山形はおきたまから「愛の武将隊」がゲストで登場!
戦国サミットで見て以来だが、ラジオとブログでこちらにも親近感持っていたしね♪

ごちそうさまです
米沢のお酒、ごちそうさまです。

おきたまからは大国実頼・大国パパと前田慶次さん、奉行さんが来てくれましたぞ。
愛のみなさま
うえるかむ上越~

今回の演舞はむっちゃ豪華。
活動集大成だ。

みんな揃って
お楽しみコーナーでは限定50名に特製DVDが当たる抽選会も。
次々と番号が読まれる中なかなか自分のが出ないのでやきもきしていたが、やっと読まれたー!
よかったーあたったー!

マギーさん
上杉隊演舞のBGMを製作している白虎のマギーさん

物語演舞は長編作品。
おやかたさまー
しかしさー、日々のおもてなしあって、いつ覚えたのいつ練習してるの?と思わせるこの長編。
すごいよー。
そしていつもとは違った表情(陣羽織が違う)に意表を突かれ「おおおおおっ!」と。
いやー、今回もドキドキワクワクさせていただきました。
おもしろかったぁ。

勝ち鬨だーっ
えいえいおー!・・・にしても奉行さん、すご。

上杉のみなさん、おきたまのみなさん、今年度の活動お疲れさまでした。
見るだけではなく話できるようになってほぼ半月、楽しかったですよ。ありがとう。
また来月、いや来年度もお会いできますように。
はいポーズ
グワシ(古)ではないのね(笑)

DVD、開いてみたら兼続さん手書きバージョン。これ、武将隊のみなさん手書きでそれぞれ書いたんだろうなぁ。
その姿を想像してじーん。

にしても、継続か終了なのか「正式な」発表がいまだない・・・
そういうのはなあなあではなくちゃんと発表してくれよー!
関連記事

うみてらす名立と糸魚川

3/20・21 うみてらす名立~糸魚川へ

とあるところからいただいた(ありがとうございました)うみてらす名立・ホテル光鱗の宿泊券、1・2月は雪でそれどころでなかったし、3月、ようやく動けそう&有効期限3月いっぱいってことでこの日にありがたく使わせていただくことに。

前回来た時も感じたが、光鱗の方たちは実におもてなしの心がいいんだよな。
この度始まった「強風でサービス♪(正式名称は違います)」、今回は残念ながら微風のため該当せず。

部屋には名立のアーティスト、細谷さんのイラストが。
ほっこり
前回は撮りそびれたけど今回はしっかりと。

のんびり風呂に入って夕食タイム。
このプラン、自分で選んだ魚を刺身と焼き魚にしてくれるのだ。
いただきまーす
自分で選んだっても、施設内鮮魚コーナーの方にオススメを選んでもらったんだがな(^^ゞ

やー腹いっぱい。
酒の酔いと一気に血液が胃に集まったこともあり、早々にダウンしてしまったことよ。。。

日本海荒れてます
そして翌朝21日。今日は風があるな。

お風呂~
丸い窓の向こうにはおさかなさんが気持ちよさそう。見えないが。

いただきまーす
朝風呂して朝ごはん。いっただきまーす。

チェックアウト。今回もお世話になりました。
風力発電機の下に置いてあった羽根はなんなのか今度来るときまで調べておいて下され。
車に行けば海からの強風でかなり塩かぶっておりました。
海風なめんなよと。

そして糸魚川(旧青海町)へ向かう。
やはりR8は海沿いの道、風に乗るしぶきは塩分たっぷり。

糸魚川の目指す先は、青海総合文化会館(きらら青海)内にある青海自然史博物館。
ここは栂海新道を拓いた小野健氏がプッシュしていた博物館。
前から気になっていたが、ようやくおじゃまいたしまするぞ。
近いうちに糸魚川のフォッサマグナミュージアムに合併されちゃうしね。
あ、この青海総合文化会館のある場所、以前の青海中学校だったようだ。

石・石・石。
石っ!岩っ!
たかが石、されど石。
太古の歴史が濃縮されて、砕けて流れていつかどこかにたどりつく。
らいくあろーりんぐすとーん。
RockはRock('n roll)だ。

どーん
国指定天然記念物のヒスイ原石。重さ的(45トン)にも簡単にどうこうできるものではないがしっかり防犯対策はしてありますぞ。

石灰結晶化
外の石(岩)展。これは結晶化した石灰岩。すご・・・

石モードになり(笑)ラベンダー海岸へ。
ラベンダーヒスイにちなんだ名前なんだろうけど、なんかすごいよねw
ラベンダービーチ
どこのビーチよ?みたく。でも頭重そう・・・

なんだろう
そしてこれも謎。ジオの不思議なのだろうか。ご存知の方教えてプリーズ。

ヒスイ原石はあるか?!
しばらく石拾い。果たして原石はあったのでしょうか。
周りをみれば同じく石拾いの方々。

その後給油して、糸魚川に来たならば・・・のブラック焼きそば提供店探し。
一覧マップ持ってなかったから、店が、わ、わからない。
幟を見つけても街中で駐車場がなかったりで、こういう状況はやばいぞ。
そして悪いことに時間も時間でランチタイム終了だし、車内に漂う重い空気・・・

街中をぐるぐるめぐっているうちに、あったーーーーー!
天の助け!!

駐車場もありまだ営業中の中華料理の「月徳飯店」!
ああよかったよーーーーー。ほっ。

で、ブラック焼きそばと糸魚川名物・甘えび使用の「南蛮海老たま炒飯」をいただきます。
ブラック焼きそば チリソースあんかけ
ブラック焼きそば、以前上越のお店で食べたのとは違って、いかにもイカスミですという生臭さがなくマイルド。
本場だとこんなに違うものだろうか。でも「徳」つくし同じ系列っぽいが。。。
甘エビもぷりぷりとおいしゅうございましたて。

お腹も満たされ、気持ちも落ち着き(すみません、単純な人たちなもんで)次の目的地へ。
店の道路向かい、駐車場隣の相馬御風さんのお宅も行ってみたかったんだけれども、冬季間は事前予約公開だそう。
御風さんのお宅
で。また今度。

ここも前から気になっていたものの、いつも素通りだった能生の弁天島へ。
弁天島
弁天島。約3百万年前の海底火山噴出物だそう。安山岩質火山角礫岩なんだって。

さあ行くよ
橋を渡って弁天島へ

島には波と歴史にもまれた祠が。
厳島神社
厳島神社(白山神社の末社)で、海の安全の守り神だそう。

龍神さま
上にあがれば山形の善宝寺の祭神「龍神」が祀られている。灯台もあるよ。

こちらも
立ち入り禁止になっていたけれど、この祠も海洋信仰。昔から海の安全を護ってきたのだろうな。

ウミウとオオセグロカモメ?
日本海波高し。鳥は鳥、波は波。

マリンドリーム能生、うみてらす名立と道の駅に寄り道して帰宅。
海沿いめぐりの一日半でした。ちゃんちゃん。
そしてありがとうございました~
関連記事

おさんぽ展とさくら展

3/17 楽しいおさんぽ展とさくらさくら展

で、雪割草展終了後の今日の寄り道はヨーカドー/エルマール。
どちらも今日が最終日だしね。

おさんぽ展
まずはkukka、池上弓子さんの「楽しいおさんぽ」展。

行ってきまーす
うひょ、こりゃかわいいし楽しいわ。

じゃーんぷ
ポップな色合いにそれぞれのシーンと表情の楽しさよ。
絵から飛び出した女の子は空に浮かんでおさんぽしちゃうし。

また絵の中へ
外もいいお天気だったし、なんか春めいて気持ちも弾んじゃうね♪

空飛ぶよ
軽やかに行こう。


お次は1階、ひぐちさんのさくらさくら展。
うわー時間ぎりぎりー
さくらさくら展
ひぐちさん、おじゃましまーす。

さくら絵
さくら絵いろいろ

さくら絵
やはりさくらといえば高田公園だもんね。
高田のさくら
高田の街はさくらいろ。

きらきら
この二点はキラキラが入ってます。写ってないかもだけど…

さくらえはがき
さくら絵はがきもいっぱいだよー。

観桜会までもう一ヶ月切っちゃったもんね。
来月の今頃はきっと見ごろ(終わってる?)。楽しみだぜ。

ひぐちさん、時間延長させちゃってごめんなさい。
お体ご自愛くださいね~


雪割草にあおぞらおさんぽ、そして桜。
そう、もうすぐ春だ。
関連記事

上越雪割草展2013へ

3/16・17 上越雪割草友の会展示会へ

PCがイカれてしまったのもありまして、ちょっと書く順序が前後しますがあしからず。
今年も上越の展示会にスタッフとして参加。
とはいえ、まだ咲いてなかったりするので何も持っていくものもないのだが。

吟味中
即売品を吟味する方々。

展示品

その2

その3
展示品いろいろ。あとでまとめます。

花を見ているとやはりなんてーか、時代の移り変わりを感じるわな。
ただ銘花を展示即売するだけでなく、実生の芸術品がメインになってるもんね。

こういう花たちを見ると、やはりうちのとは何か違う。
花の大きさとかもそうなんだけれど、もっとこう根本的なもの。
突き詰めたものとそこからこぼれ落ちたもの?みたいな。

で、ここのところずっともやもやしていたものが展示を見に来てくれたpさん(ありがとね)の一言でちょっと晴れたというかそういうものかと。
「展示してあるものはすでにみな(芸術)作品なんだね」。
さすがクリエイターの視点。その一品を追うため切り捨てるものもあると。

自分なんかはまだそこまで到達できず、作品ではなく植物(生き物)として見てしまう。
なので生き物を自分の都合で切り捨てるということに抵抗があるんだよね。
ヒトと同じでいろんなのがあっていいじゃないか。完全なんてないんだからと。

でも、コメだって園芸植物だって品種改良をしているじゃないか。
その行程はこちらがわには見えないけれど、その品種が世に出るにはどれほどのこぼれ落ちるものがあるのか。
育種ということはそういうことなのだろう。

だから「どういう花を作りたいの?」と聞かれるのはもっともなことなのだろう。

でもまだそれは見えないんだよね・・・
三段あまり好きじゃないし、うーん・・・わからんよー。
いまだ標準花以外が出ればそれだけで万々歳のレベルだしね。

まだ花をおしべとめしべの機能だけで見ることはできないし、植物を「作品(もの)」として扱うには抵抗あったりもするけれど、でもなんとなく腑に落ちたような。

と、ぐだぐだと迷いもあるけれど、最後はやはり自分の好みだったりするんだよねー。
ただマイブーム好みがその時々によって変わったりするからまた困ったちゃんなんだけどさ。
サーモンピンクだったり、あずき色だったりで(^_^;)
やっぱ好き
こういうのやっぱ好きだべな。

この二日間、おいでくださった方々、ありがとうございます。
展示会は来週23・24日も市内土橋の教育会館で10時~16時で開催されますよー。
今回他の展示会(県内あちこちで開催されてたもんなー)行ってたりで見逃した方、来週いかがでしょう。
お待ちしております。
関連記事