7月の武将隊DAY

7/28 7月の武将隊DAY

この日は久しぶりの武将隊DAY。今年度に入ってはじめての開催だ。
とはいっても、あちらこちらの外部出陣があり忙しそうだ。
天気は心配なさそう・・・かな。

今月ポスター

まずは午前の部。10時半~春日山での演舞。
今回は午前と午後で演舞が違うそうだ。
午前の部は3月の武将隊DAYで披露した長編物語演武「義」から「川中島の戦い」「御館の乱」を抜粋して披露するという。

出た時間もちょっと遅かったのだが、山麓線が混んでいて時間かかってしまい、着いた時には既に「御館の乱」も途中だったという。あちゃー・・・

今回はあまり使わなくなったほぼ相方の2代目の半一眼デジカメを練習するために持ってきたのだが、取説もマスターしてないので設定を変えることもできない。
↑取説あまり見ずにいじるタイプσ(`ε´;)
あー、やっぱり説明書ちゃんと読んで覚えなきゃだめだね。オート以外使えない。シーンモードの夜景を変えることすらできねぇ。

まあいい、触ろう撮ろう。と撮ってみた。
御館の乱
御館の乱 景勝様跡目相続・・・でもやはり複雑だよな

クイズなおもてなしタイム突入。
音響監督w
つばめちゃん本日音響監督だそうでそれっぽくえらそうに?ww

みっちゃんスマイル
みっちゃんスマイル偶然やったね♪ 後ろがww

景勝さん
めずらしく景勝さんのふっと力が抜けた?表情

おちゃめさんww
兼続さん・・・こらこら(^-^; 後ろのおやかたさまがまたw

おやかたさま
おやかたさまりりしく

狛犬さんと
みどりと狛犬

春日山神社
春日山神社も

ここからいつものmyカメラに戻します
春日山っ
みんな揃って「春日山っ!」

埋文に行く。クイズ参加は午後にしようかなとも思ったけれど、やはり先にやっといた方がいいかもしれないと思い直しクイズ参加。
採点は兼続先生w
コンプしたい
全問正解者にはキャラデザイン・つばめちゃんのステッカーがもらえる。全種類ほしいー☆

つばめちゃんw
つばめちゃん手づくり扇子。下克上てww

つばめちゃん画
↑↓つばめちゃん作
こっちも

みっちゃん作
みっちゃん作真夏バージョン

では、午後また来ます~と埋文を後にする。

さて午後の部である。
昼に帰ると言っていた相方が帰って来ない・・・
多分そうなるんだろうと思ってはいたけどさ~・・・で、待つ。待つ。待つ。
来ないぢゃねーの。

時間が迫る。14時からなんだけどなー・・・
ギリギリまで待ってはみたもの来ないので意を決しメモ置いていざ行かん春日山。
午後の部は景勝さんとみっちゃんは屋台会館でのおもてなしがあるため不在。
おやかたさまと兼続さんと十吾郎さんの「かぶき演武」なのだ。
これは金沢百万石まつりで披露したもの。それがここでも見られるんだねー。
春日山の階段を上がれば、お、マリオ団長!どもどもー。

かぶきは歌舞伎な動きでありあの言い方でござぁるぅよぉ~
かぶくのだ
かぶきます
歌舞伎ます
歌舞伎ます
傾きます
傾きます

ゆっくりなんだけどメリハリもあるし独特の動きなので、むぅずーかしいのぉだぁぁぁ。

観客のかぶき体験もあぁったぁりぃぃぃ~ ←もういいてば
三人だけど
三人でポーズ。
このあとおやかたさまは埋文でのおもてなしがあるので急いで戻られたのだ。

十吾郎ロボがっ!
十吾郎ロボも現れ記念撮影ww

演舞の途中相方から帰宅したとの連絡があったし、空腹もかなり来ていたので、埋文には寄らずそのまま帰宅。
あー、やっぱり先にクイズやっといてよかったなー。

やはり夏の土日、外部出陣も多いからなかなか落ち着けないね。暑い中お疲れさまです。


午前と午後の光の当たり具合が違うので一概には言えないけど、色はやっぱ相方の方がいいみたいだなー?
今度は午前なら午前でチェックしてみよう。・・・の前に使い方だよね(^-^;
関連記事

柏崎・海の大花火大会2013

7/26 柏崎の花火へ

ここ2年ほど直江津祇園の方に行っていた&去年は柏崎に来たものの親戚の騒ぎで見たんだか見てないんだか状態。
今年は・・・!と直江津を飛び越して柏崎にGo!

例年通り、まず場所取り。相方よろしくー。
ここは開放時間とかないからフリーなんだが、逆に海岸道路通行止めになるのでそれまでに入っていないといけない。
いつもの海岸丘に場所を確保したとのことで相方と合流。
そして向かった先は高柳。
ラーメン「春紀」を目指す。R252をひたすら進むと・・・あ、あったー!

が、店の前には何人も待っているらしい人たち、そして「本日終了」(だったか)の無情な立て看板・・・ああ。
そのままUターンして柏崎に戻る。
でも、開店するのを待つくらいの隠れた人気店。12時回ってちゃ無理か。

電車が来たよ
去年と同じにパーク&ライドで柏崎までは電車でGo!

柏崎着。
山形キャラ
駅にあった山形の幟。「きてけろくん」だって。バッグにちゃんと「ペロリン」がいる!

まずは腹に何か入れねば・・・もう昼食時間通り越しておやつの時間だ。おなかすいたー。
ずんずんと駅前商店街を歩く。けどさー、今日人が来るの分かってるんだから居酒屋チェーン店も特別に早く店開けてもいいような気がする。
早く来たものの時間待ちっぽい難民(失礼)も多いんだし・・・

お!
むむっ?!
ニヤニヤ( ̄ー ̄)ニヤリ

ということで、今年も盛来軒でいただきまーす。
中華丼 チャーハン
相方は中華丼、自分はチャーハン。そしてビールとギョウザ。あー美味い。しみこむーーーー!

そしてヨーカドーで休憩と買い物。
場所取りに早く来るのはいいけれど、そこから開始までの時間が。
お金かけず見るには時間を使わなくてはならないんだよね。
それはそれとして、酔いと満腹感で買出しも腹の方が「本日は終了しました」モードで食欲が出ない(笑)
今はそれでもいいけれど絶対その頃には何か食べたくなるからと軽食を購入。

確保した場所へ。
FMピッカラ聞きながら花火の開始を待つ。

夕日
おお、夕日がきれいだ・・・
そしてパラパラ雨が降る。本降りになるなよー!

花火開始後は回線混むので早めにピッカラにメッセージ送信。それでもやはりつながりにくかったもんな。

太鼓がオープニング。さあ打ちあがりますぞ~

花火1
写真は失敗なんだけどこういうハーフ&ハーフなポケモンボールみたいなものもよく見かけるようになりました。

ではいろいろ撮ってみます。三脚使ってないしブレはご勘弁。
2

3
水中花火付き
4

変わり花火と言うか、花火はどんどん進化してるなーと。
5
すまいるすまいる
6
ハートが中に!
7
すまいるも入っちゃった
8
土星バージョンはもうおなじみ?
9

10

いろいろトライしてみたけれど、バチバチ光るタイプの花火はかなり上級者でないと難しいような気がする・・・
ラジオからは米山山頂から見ているというメッセージ。うう、これやってみたい気もするんだよね。
花火自体が遠くなるからいまだ実行に移せてないんだけどさ。

11

12

携帯の動画機能で三尺玉録ってみた。
[広告] VPS

メール添付(大)サイズ大きくしてるので画像荒れてます…

と、花火を堪能した後は満員電車で汗だらだら(駅入った時点から)、下車してほっ。
あとはまっすぐ帰るのみ。
あ、もちろん買った軽食は花火中にしっかり食べましたよ。そんなもんだ。

直江津の花火も雨も降らずに上がったようでよかったよかった(^^)
でもやっぱり同じ日ってのはなぁ。分身の術使えたらいいのにな。
関連記事

上越まつり・25日

7/25 上越まつり・高田編・25日

日中は直江津に行っていたのだが、その帰りに雨が降りだし、今日も本町へ行くつもりだったので焦る。
しかしどうやら雨も上がってくれたようなのでチャリで本町へ行ってきますと。

今日は上杉武将隊とS.O.P(Street dance school)のコラボダンスイベントがあるのだ。
さあどんなんだろう。
当初有線では「上越まつりでは上杉隊が忠輝や五郎八姫に扮する」と報じていたので、おおー!と思っていたのだが(その前の開府400年一年前イベントでは上杉隊ノータッチだったからね)、その後ダンスイベントという情報が…。あれぇ?

まあいい、会場の雁プラへ。
・・・でーーーーー?!
いや、そのイベントだけでなく、午後からダンスイベントあったから、もしかしてと思ってたんだがやっぱり。
ステージ前は出演者関係者のレジャーシートでいーーっぱい。
あーこりゃこりゃwww
サイドにもぐりこんでなんとかいけるかな?ただ体勢が苦しい(^^;

さぁイベント始まるよー。
上杉隊登場ー!
どんなダンスコラボになるのやら・・・

当時を想像する2人
越後に戻った景勝さんと兼続さんが謙信公と信玄公の川中島の合戦を想像(まだ幼児だったからね)

謙信-信玄
謙信vs信玄

上杉-武田
黒が上杉、赤が武田軍

そして場面は変わり
築城おめでとう
忠輝さんと五郎八姫に城できたよあとはよろしくと(ちょっと違う)。

姫が!
そこに忍び寄る黒い影・・・大変だ、五郎八姫が奪われた!

苦戦中
姫を取り戻さんと奮戦する上杉軍だが苦戦を強いられる。

秘密兵器
そんな時、忠輝の奥の手が・・・(連絡手段は携帯電話ww)

どーん!すごい味方が現れた!
すげーぞけんけんず
すごいぞけんけんず。上越最強(笑)
現れた三人の忠義けんけんパワーによって五郎八姫は忠輝のもとに・・・
タイタニックw
そこでなぜかタイタニックwww

そして上越の平和は守られるのだった。。。

大団円♪
みんなでダンスでめでたしめでたし。
暑い中お疲れさまでした~!
どんな流れになるかと思ったけれど面白かったっす♪
あ、兼続さん現世に甦り一周年おめでとうございます(^^)

ダンス!
コラボダンスが終わったあと雁プラではダンスコンテストのゲストショー。

武将隊はこのあとの民謡流しにも勝鬨で顔を出すそうだが、そこまではいられないし・・・
民謡流しどれも知らないしな。相方も知らないし←学校の運動会などでやらなかった世代
新潟まつりも花火は行っても民謡流しは行かなかったし、あんまりね・・・(^-^;

ちょっと本町ぷらぷら。

わっしょい!
本町4の出陣太鼓が本町練り歩き

イレブンプラザ前が民謡流しの本部らしい。ここにあるとチラシにあった「本町ふれあい灯ろう」を見ようと来てみたのだが・・・見つけられなかった・・・。
民謡流しの時だけ設置されるのかな。
今日もマリオ発見!やっぱり子供に人気(^^)

チャリがあるお馬出しの角に戻り、帰・・・る前に。
本来なら来てすぐお参りするもんだけれど、スミマセン。順序逆ながら八坂さまにおまいり。

八坂さん
お参りすると神主さんが大幣でお祓いしてくれるのだ。
それにしても雁プラからは賑わっているけれどこっちはあまり人いないなぁ。
お祭りとイベントの違いっちゃーそうなるけど、まつりと言いつつちょっと違うような気も。

八坂さんと出陣太鼓
大杉屋のおかみさんなど老舗商店の方々が拍手で迎えた出陣太鼓屋台

ってことで今年は2日間高田祇園行って来ましたぞ。
明日からまつりの舞台は直江津へ。。。
さあ熱く燃えてくんなせや~!
明日は柏崎だし、御饌米はテレビで見るから、とりあえず上越まつり参加はここまで。

本日のゲット品。
おいしかったよ
FM-Jの今年のうちわと祇園祭期間限定販売のお菓子。
「若鮎」の一口サイズと言えばいいのかな。求肥が生地に包まれてる。
さっぱりもちもちしてて美味しかったです。
関連記事

「けしごむはんこと布」展と 「お饌米展」

7/25 マイヤさんの「けしごむはんこと布」展と ひぐちさんの「お饌米展」へ

直江津では29日までの個展が二つ。週末はダメだし明日も花火・・・今日しかないやん。
ということで、この日は直江津を攻める!と。(笑)

まずはスミレ屋マイヤさんの「けしごむはんこと布」展へ。
会場のお店は「ペチカ」。

実は、初ペチカである。
どきどき。

おじゃましまーす。

わー、なんかかっこいい。アンティークな雑貨屋さん。
おしゃれだなー

そして・・・
なつかしグッズ
な、な、な、懐かしすぎるよ。モールくん。
何十年ぶりの再会に涙がちょちょぎれそう(笑)

そしてマイヤさんお久しぶりー。
先日の「勝手にフリマ」ではあまり話できなかったもんね。

それにしてもさすがだ。マイヤさんのセンスには、そしてそれを形にできる器用さはホントに尊敬の念。
がまぐち
自作はんこに刺繍をコラボしてつくったがま口

はんこ作り
見本とこれから彫られるはんこ

重ね押しはんこ
はんこでシールが作れるWSもありますぞ。重ね押しでGo!

彫ってみる?
はんこを彫ってみよう!ってWSも。

わくわくコーナー
わくわくの机♪

手づくりカバー
使い捨てカメラにカバーを施したもの。お菓子のフィルムもマイヤさんにかかるとこの通り。
アイディアがまたすごいんだよね。爪の垢煎じて飲ませて下さい、なんて。

いいカンジ
レジカウンターにはまたこんなナイスなものが♪

店主さん、マイヤさん、ありがとうございました!!



そしてその後、ヨーカドー/エルマールで開催されているひぐちさんの 「御饌米展」へ。

明日から上越まつりは直江津に移るもんねー。
直江津が一番熱く盛り上がる時期がやってきた。
御饌米展
おじゃましまーす。

直江津祇園ポスターと
まつり気分あーっぷ↑今年は直江津祇園のポスターつくったんだよね。かっこええぞー!

ひぐちさんの作品。まつりの熱気が、音が聞こえてくるよう。
まつりだー

わっしょい

ぴーひょろろ
どこの町内かみんな分かったらあなたは立派な直江津っ子です。なんて☆

グッズもあるでよ
オリジナルグッズもあるでよ

ポストカードたち
はすまつりもはじまるよ
もうすぐ始まるはすまつりもよろしく!@高田公園ww

熱い季節が来る!
御饌米は29日。直江津熱いぜ!明日からすごいんだろうね~


マイヤさん、ひぐちさん、おじゃましました。ありがとうございましたー♪
関連記事

上越まつり・24日

7/24 上越まつり(高田編)へ

上越まつりが始まった。
とはいえ、直江津祇園は行く機会、テレビでも見る機会はあるけれど高田はあまり縁がないのが正直なところだったりする。
高田地区は盛り上がるのだろうが、そこから外れてる地域とは多少の温度差があるのはやむを得ない。
そんなこんなで祭りだ行くぞという感じではなかったのだが。

今年のこの日は、スーサイドの永見さんとひーろさんがまつり内のイベントで別々のバンドでライブを行うと聞いていたのでこれは行ってこなければと。
本町なので、行くならやはり自転車がいい。・・・雨にならないことを期待していたのだが日中は土砂降り。
これだとライブ自体もあやしくなってきた。でもやるって言ってたし・・・。

しかし、皆さんの日頃の行いがよいからだろう。次第に雨脚は弱くなり止んでくれた。よっしゃー!
じゃあ行ってきまーす。

なんだが、ライブ時間というかタイムテーブルがよくわからない。
18時ごろとは聞いていたが、18時過ぎという話も聞いたしその前からイベントやっていて時間ずれてることもありうるし・・・なんて勝手に思い込んでいたらIさんからメールがあり18時のライブにけんずぃさんとFM-Jのパーソナリティーを務めていたゆかりんも出演すると知る。
うぉ、やべぇ。もう行かなきゃ!とチャリ飛ばして本町へ。

Iさんとばったり。これからみこし担ぎだという。おつかれさまです。
で、バンドを見てみれば・・・ええっけんずぃさんとひーろさん一緒のバンドだったの?!
この時まで別々のバンドでそれぞれ出演するんだと思い込んで全く疑いもしなかった自分(^-^;

そしてまいちゃんと一緒にゆかりんが!ああ、元気そうで何より・・・(TT)
FM-Jの今年のうちわもかわええし。本日プレ解禁♪

ハードロックバンド
と、いうことで、ゆかりんがボーカルをとっていた前半には間に合いませんでした。とほほ。
なんとびっくり、ギターとドラムの2人は高校生だそうで。がんばれー!

はじけるオトナその1w

はじけるオトナその2w
みんなすごく楽しそうなライブ(特にオトナがww)でしたぞ。

次の永見さんたちのスカバンドのリハ・・・ってあれ?綿貫さんなんだ!これまたびっくり!
ホントに世間知らずのつながり知らずで・・・。

ちょっと本町ぷらぷら。
パン食い競争
パン食い競争なんかもやってる。

また会場前に戻り周りを見ればrifomのお2人が。ずうずうしいの承知で話しかけ(^^ゞスミマセン
ワンコちゃんもなでなでできてシアワセ♪

さあ始まりますよー。THE SKA-Let Orhestara。
スカのリズムって東京スカパラダイスオーケストラの曲もだしあまちゃんのOPもだけれど、リズム的に気持ちがあがるよね。
やー楽しい。
スカバンド

綿貫さんと永見さん
リーダー綿貫さんと客演永見さん

ふと見れば夕焼けキレイだし。
夕焼け

夕暮れに響く音楽。ああ、いいなぁ。
音が響くよ
こちらも楽しいライブでございましたてば。みなさん蒸し暑い中お疲れさまでした!

腹も減ってきたし相方待ってるのでそろっと帰らねばいけないのだが折角なのでもうちょっと本町プラプラ。

がんぎっこ
がんぎっこのビンゴ大会。みんな平行してイベントやってるから全部には行けないんだよね。

みこしだわっしょい

わっしょい
お神輿も動き出す。

Iさん言ってた他のお神輿もいるはずだよなーとお馬出しの方に向かう。
雁プラ前では
雁プラ前
おっとマリオが!

そしてお馬出しへ行ってみれば、おお!

わっしょい!
これぞ「お祭り」だ!
八坂のお神輿を迎える各町内の神輿。
かっけー!
すげーぞ!かっけーぞ!

かっけーぞ!
八坂の神輿入りの時間も分からないし空腹度も高まったし時間ヤバいんでここまでにして帰宅。
いやー、今までの上越まつり高田編のイメージがちと変わったわい。
この日のこの時間、宮入り見たことなかったからねー。うん、かっけー!
関連記事

平和展へ

7/24 平和展へ

19日~26日まで平和展が上越市市民プラザで開催されている。
今年も鶴を折りに行かなくては。
平和展

コーナーは去年とあまり変わらない。
高田と直江津、当時の出来事といえば限られてしまうし、それは仕方ないのだろう。
加えて今は個人情報云々もあるからね。
パネル展示

今年の新しい展示は「写真週報」の表紙に見る世相、のパネル展示。
「写真週報」は昭和13年2月から20年7月まで内閣情報部が刊行していた週間のグラフ誌。
もちろん政府が出しているものだから日々の暮らしといえども戦意高揚を目的としたものであるが、初期と後期とを比べると次第にどうにもならなくなって来ているのが分かる。

出征幟
こうやって「誉れ」「祝」と戦場に赴いて行ったのだな。
始めのころは・・・

千人針
千人針や観音様の守護の兜下

国民服
国民服。さすがに女性の国民服はあまり浸透しなかったようだ(写真週報より)

遺書
直江津捕虜収容所で「捕虜を虐待した」という戦犯で死刑になった方たちの遺書。
伏字されているのは遺族への配慮だそう。
そこににじむのは覚悟と、無念。

他のパネル展示は原爆、直江津空襲、直江津捕虜収容所、名立の機雷。

コーナー的には折鶴、昔の遊び、アニメや体験談の上映、体験談・平和行進参加文集など。
この辺はいつもと変わらない。

今年も折鶴を折る。顔も知らない伯母のために、名も知らぬそこで命のつながりが絶たれてしまった人のために、あのひとたちのために。
・・・なんだが、17時までかと思っていたら16時までだった・・・。もっと折りたかった。


日曜日は当時の食事「すいとん」など食べられるイベントもあるので人は来るのだろうが、自分が行った時間帯は他の誰も来なかった。
戦後も70年に近くなり、体験として記憶を持っている人たちがどんどん減っていく。
その中での掘り起こしは簡単ではないだろうが、もうちょっと何か工夫があってもいいと思う。
当時の戦争だけではなく、今世界で起こっている争いの中の人々の写真とか、
どうしても当時の戦争に限らねばならないのなら、古い町家の門柱にある「靖国の家」をはじめ市民生活の中にあった「戦争」の何かなど。
パネル展示がパターン化されている・・・

そして戦争というものの美化された部分が純粋な結晶とされ一部の人たちの中で大きくなっている。
世界はグローバルの名のもとにどんどん拡大されている。
兵器は、痛みを感じず、かつ多くの人たちを殺傷できるようになっている。
平和のもとにと言いながらもこの世界で戦争はなくならない。

戦争、かっこいいもんでも、そんないいもんでもないよ。誰にとっても。
関連記事

関山神社火祭りへ

7/20 関山神社火祭りへ

関山神社の火祭り
このまつり、話は聞いていたのだがなかなか行く機会がなく・・・
神社のご本尊の御開帳も10年ぶりにあるというのでこれはチャンスだ行ってこようと。

今日の妙高と火打
今日の妙高と火打

今日の妙高
はい今日の妙高。すっかり夏モードだねー。

関山神社。正面の道路に入ったが通行止め。えっ?!
サイトには駐車場ありと書いてあったじゃないですか。
Uターンして山側の上がっていったらあ、あった第一駐車場。そこに第二駐車場は妙高小学校前と書かれてあったが、そもそも妙高小学校の場所がわからん。
できたらそちらのご案内もしてほしいよ。あれでは知らないと迷ってしまう。

車を停め神社境内へ。
仮山伏の演舞の正面(よくポスターに使われてる図)は既にカメラが並び、多分行っても見られないな状態。
階段の上から見ることにする。
あ、マリオだ。ってことでご挨拶w
今日はルイージはお仕事でこられないんだそうで。
神輿が運ばれ階段上に鎮座され運び手が階段に並ぶ。

正面は無理にしても階段の上よりサイドの方がいいかなあ?ということで相方を残し下に下りて見てみる事にする。
神輿と
神輿と階段に並ぶ人たち

こっちから
仮山伏の演舞。これは「関山在住・家を継ぐ独身の長男」しかなれないそうだ。
妙高山は女人禁制だったことも含まれるわけだが・・・でも・・・今だといろんな問題抱えてるなぁ、下世話な話になるけどさ。

しかし、悪くはないんだけど・・・片側見えないし。。。
しばらく見ていたが場所移動。
正面・・・脚立撮影する人もいるくらいのビュースポット。とても無理無理。

こっちから
反対側に回るがここもイマイチ。

結局相方のいる上に戻って見る事に。
こっちも

仮山伏の演舞が終わって、神輿は神輿殿に納まり仮山伏さんたちは神社に入り神事と次の準備なのだが、流れが分かっていないため関山神社におまいりすることに。
狛犬さん こちらも
狛犬さんたち

あれ?御開帳は??
どうもそんな雰囲気ではない。
受付の方に聞いてみたら、昨日1日限りの御開帳だったそうで。
残念…
なんとーーーーー!orz
もうちょっとちゃんと調べときゃよかったよ・・・と、この三体↑

マリオ!
マリオ~

次は太鼓・・・だと思っていたのだが柱松という行事だった。
仮山伏が上手下手に分かれた柱松への点火競争をしてその年の作を競う(占う?)んだそうだ。
柱松
松引きは、朴(ほう)の小枝に扇形の「オノサ]、その下に「コノサ」と呼ぶ幣を取り付けた若松に、火打ち石の火をつけて祝い歌を歌いながら境内を引き回す神事。南の方が早く燃え出せば豊作、北の方だと不作といわれている。←Lさんありがとうございます。
そのあと参詣者も一緒に仮山伏が乗った橇?筏?を宝蔵院前まで引っ張るんだそうで。
この引っ張りも競争だったりする。
とはいえ今は互いに引っ張りあって勝負の結果は互いに丸く収まるようになっているようだが。

この松引きに自分も参加。
すごい力いるのかと思いきや、そんなに力もいらず(人も多いし当時は子供がメインだったそうだから)に引っ張るとができる。

松引き
勝敗がどっちかよくわからなかったけれど、到着地点に入って皆が散らばっていったので終わりかなと。

それから宝蔵院の跡地へ。

ここにはかつて宝蔵院という大きな寺院があった。戦国時代、この地を治めていた上杉謙信の頃には書状を取り交わすほどの勢力を持っていたのだけれど、信長軍の焼き討ちに遭い当時72もあったらしい寺院はことごとく焼失してしまったそうだ。
時代は移り江戸になり民衆の支持と幕府の支援で宝蔵院は復興、寺院でありながらも所領を与えられた領主でもあったそうだ。
(ちなみに宝蔵院の本山は上野の寛永寺)
・・・だったのだが、明治維新の神仏分離令をきっかけに、所領も没収。廃寺となってしまい今では庭園の跡地が残るだけになっている。

宝蔵院
が、残念ながら今日はここから妙高は見えない・・・

マリオ団長と合流。このお寺は上杉景虎さんたちにもゆかりがあるそうで。
御館の乱で逃げ延びた側室とその娘さんはここに入ったとか。団長、ありがとうございました。
またよろしくでっす~

平安時代の石仏たち
石仏群

妙高堂だって
妙高堂

相方と合流。
昼は中郷のミサに決定。名物みそラーメン♪

その後、ふと思い立っていもり池へ。
残念ながら妙高は雲の中でいもり池と妙高というショットは見られなかったが、いもり池では睡蓮祭開催中。
水芭蕉とリュウキンカは代表的だけれど、夏は睡蓮が目玉だったのね。知らんかったー

いもり池と妙高山
いもり池と妙高山。残念ながら妙高山はガスなので展望利かず
クロイトトンボ
クロイトトンボみっけ。

睡蓮
睡蓮

相方は食後で睡魔に襲われたらしく東屋でお昼寝☆
でも風も心地よいし、気温的にちょうどいいんだわ。

セセリさん
イチモンジセセリかチャバネセセリか

花の写真を撮りながらいもり池一周。
わー、でっけー魚もいるよ・・・

アゲハさん
アゲハさん

相方も目が覚めたようで池を回ってきたらしい。どうやら寝ていたらセミが腹に止まったそうで、その足の感触に目を覚まされたんだそうだwwセミ鳴いたら目覚ましどころではなくたまげただろうwww

またまた関山神社へ。
今度は奉納相撲。

奉納相撲
テレビで見るような力士然ではないのだがやはりナマで見る相撲は迫力ありますなー。
おおっ!わっ!と思わずこぶしを握ってしまうライブの力。
体格がいいのに小柄な人が勝ったり、思ったようにいかないから面白いのが勝負と人生、なんてな。

途中さっき行ってなかった露店ぷらぷら。

そのトーナメント戦のあとはちびっ子相撲。

ちびっこ相撲
小学生低学年・中学年・高学年と分けての対戦。
低学年は男女混合なのだが、勝敗がついたあとやっぱり悔しいのか泣いちゃうんだよね。
特に女の子。
中学年からは男女別になるがやはり。
親らしき大人に慰められると余計涙出ちゃうんだよね。
うんうん、わかるぞー。

なんかそのぐちゃぐちゃな気持ちがシンクロしてこっちまでうるっとしてしまった。
子供たち、その悔しさを、その気持ちを忘れるんじゃないぞ~

これでひとまず祭りは一段落(このあとは関山の人たちのもの)なので車に戻ってみれば、眠気を引きずったままの相方、相撲観戦中に振る舞い酒をいただき、眠気更に倍増状態となりちびっこ相撲の前に車に戻ってうとうとしていたのでありましたとさ。

運転交代し新井の道の駅に立ち寄り帰宅。
関山神社、歴史たっぷりのよいところでしたぞ。
太古の巨石信仰なども見られるし、人々の畏れ・敬いなどの信仰心がここにありました。
関連記事

はすとヤマユリを見る

7/19 はすまつりと春日山と

今日は振興局でのパンの販売日。
先月行ったものの一週勘違いしていたので今月は間違わないように。
その後高田公園へ。
先日親戚の市内観光の際、はすも開花増えたのを確認していたので、ちょっくら見てこようと。
はすの花
やわらかいピンクの蓮、咲いてます。

つぼみ
つぼみです

はちすの実と葉
終わった花と葉っぱの水玉

今年は双頭蓮咲くかなー。
北堀のはす
ここら(外堀北側)はいちばん咲いてるっぽい。

外堀の内側へ。
展示の鉢の蓮は終わっているものが多い。
思わず「甲斐姫」という品種を探してしまう自分σ(^-^; ←ありません

これかなぁ?
これ洋蓮?でもつま紅入ってるし和蓮か?

クリーム色の洋蓮がどんどんはびこってその勢力を伸ばしているそうだが、まだ時期的に早かったのかイマイチよくわからなかった。
オクトーバーフェスタの頃にでもまた見てみよう。では一旦帰ります。


そして久しぶりの青空に空気は澄んで乾燥気味、爽やかな風も吹いている・・・こりゃチャンスだなと午後からちょこっと春日山へ。
埋文のおやかたさまと兼続さんに本丸攻めてきますとご挨拶ww

ヤブカンゾウ
神社への階段途中のヤブカンゾウ

神社境内には景勝さんと十吾郎さん。お2人にもご挨拶して行ってきまーす。
みっけた!
やっと見つけたもう片方の奉納相撲碑。→相撲鳥さんその節はコメントありがとうございました

道はなだらかなのだがやはり登り。体もまだ調子出てこず心臓バクバク息も乱れる。
いかんなー。
ホタルブクロ
ホタルブクロ
アザミ
アザミ&むしむし(ヒメハナバチの仲間?)

花見っけて足が止まったりするんでなおさら(^-^;
そして時期なんだろうがクズの蔓が伸びて道に出てきている。これは刈らないといけませんな。


本丸着。
うん、空は青いし満足満足。やはりヒグラシの鳴き声が聞こえる。早くねーか?
雲があって遠くの山は見えなかったけれど十分。
本丸から
余は満足じゃ。いざ下山。

メタル野郎
これまたブルーメタリックの粋なかっこいいヤツだなぁ。

とんぼ
なかなか用心深く止まってくれないニクイ奴。シオカラトンボのメスらしい。

ちょうちょ
葉っぱの上で羽根を開いたり閉じたりしてました。これは休憩中のアカタテハさん?

なんだろう
つぼみっぽいけどなんだろう。

ハギ
そしてびっくり。もうハギが咲き出してる!もう初秋??蝶はルリシジミ?

銅像前に到着。
ヤマユリ
ヤマユリは今が盛りと咲き誇り、その香りを辺りに広げてる。

こちらも
見上げれば上でも見事な株が。

いやーいかったねー。

再び埋文寄っておやかたさまたちの退陣を見届け帰宅。
はすとヤマユリ、まさかのハギまで見ちゃった散歩でしたとさ。
(Mちゃん虫の名ありがとう)
関連記事

3城説明会&企画展@埋文

7/6 埋文へ

高田城は来年開府400年を迎える。
で、今年はその前年ということで、来年に向けてのプレイベントを開催し、盛り上げようとしている。
(開府400年と新幹線開通が重なれば観光的にはもっと良かったのかもしれないが、そう都合よくはいかない)
埋蔵文化財センターで企画展「春日山城から福島城、高田城へ」が今年度いっぱい開催されるにあたり、出土品説明会がこの土日開催されるというので、初日午前の部に行ってきた。

埋蔵文化入ってびっくり。
え、兼続さん?!
ええっ?
最初見たときどこのかぶき者かと・・・(^▽^;)

おやかたさま兼続さん
おやかたさま、今日はおべんきょさせていただきまする。
開府400年に併せて陣羽織がまた新しくなったらしい。

講師は遺跡や出土物・歴史についての第一人者らしい(←すみませんそういう分野に疎くて知らないのです)コジマ氏。
説明中 ()
古代から戦国の山城・春日山城から福島城、そして高田城からの出土物をもとに時折ユーモアを交えながら進める約一時間ほどの説明会。

古代出土品
吹上遺跡からの出土展示品。
釜蓋遺跡の説明会は去年行ってきたが、糸魚川のヒスイをこの上越で加工するんだからねー
青海の黒姫山、北信濃の黒姫山、そして刈羽黒姫山、黒姫山に囲まれたこのくびきのの地が奴奈川姫命(の母親は黒姫命というらしい)、かなりの力を持っていたのだろう。

「国府」は県内に1つしかないのだそうで、なので「長岡城開府ウン年」というのはおかしいんだそうな。

で、時代は進み、春日山城から僅か7年で廃城となり資料が少なく謎の多い福島城に話は移る。
福島城の瓦
築城まで長い年月がかかった福島城、堀氏から松平氏に城主が変わったとはいえ、松平忠輝さん4年で福島城から高田城に引越ししちゃうもんね。
やっぱあちさん(新潟弁で他所の人)の作った城では嫌だったんだろっかねー。
でもここから直江津と高田の確執が始まるという・・・

高田城食器類
高田城からの出土品。食器は現代のものといっても通じそう。
殿様の卓上塩に「へえー」と。
確かに毒見毒見で到着する頃には冷めた、焼き魚なんか塩分身にしみこんでない味気ないもんだったんだろうしねー。
いいもんでも食べる頃には冷たく無味となると殿様稼業も楽ではないわな。

歴史にもっと詳しければもっとためになるのだろうが、無知の妄想好き野郎では??が多かったけれども、ウラ話なども織り交ぜて説明してくださってなかなか面白かったですな。
ありがとうございましたー。

そのあとちょこっとおやかたさまたちと話し、戻らねばならん時間なので帰宅・・・しようと外に出たらば

景勝さん
うひゃー、景勝さんもおにゅーの陣羽織。
まあ、黄色と黒は目立つけれど・・・陣羽織の担当の方、今回は原色で攻めるのですか?


で、午後。春日山でのおもてなし演舞には間に合わなかったが先ほどの展示復習もかねて再び埋文へ。

おりがみ作品
みっちゃん作の折り紙作品・夏編。折り紙もいろんなものが作れるのだねー。いつもびっくりと感心と。

ネジバナ
中庭のネジバナ。ここのは環境と栄養がいいのか株自体が大きいよね。

それにしても問題は、開府絡みの企画展もここでやるのはいいのだが(埋蔵文化財センターだし)、ロビー部にも展示を置くことによって、雨天の場合および冬期間の春日山での演舞ができない時ここで開催していた「陣中おもてなし」ができなくなってしまったっ!
場所どうにかしてください>コンベンション担当者様

退陣挨拶
そして時は退陣の刻。
今日もお疲れさまでした。
おやかたさまと景勝さんの陣羽織が通常モードに戻ってる・・・

しかしどんどん雨足が強くなり・・・
大雨…
激雨。

都会では~♪と歌いたくなる傘がない状態なもんで、ちょっと落ち着くまで雨宿り。
雨が弱まった時点でドタドタと車に走りなんとかびしょぬれ濡れねずみは免れましとさ。
今じゃ自分濡れてもケータイとデジカメ濡らすなだしね(^^;

そんなこんなで今日は午前午後と埋文におじゃまさせていただいた一日でした。ちゃんちゃん。

あ、埋文では今年の企画展「謙信公と春日山城展」も展示中なのでどちらも併せてお楽しみ下さいませ。
関連記事