オトノカケラvol.19 番外編

8/31 オトノカケラ ~番外編~

はいいつもの如く番外編です。
って、こっちの方がUP先かよ(^^;

はなかちゃん
はなかちゃん1
司会進行たみおっち

その2

夢 ぎんやんまさん
夢 ぎんやんまさん1

その2

たみおっち
たみおっち1

その2
はなかちゃんタンバリン参加

その3

yumizoちゃん
ゆみぞちゃん1

その2

OTOYAさん
OTOYAさん1

その2
たみおっち鍵盤参加

シークレットな再結成♪apple
apple1

その2

その3

こもれ陽
こもれ陽1

その2

その3
たみおっち鍵盤参加

たみおっち
たみおっち1

その2

その3

みんな揃って記念撮影♪
はいチーズ♪

お疲れさまでした!
関連記事

オトノカケラ vol.19

8/31 オトノカケラvol.19へ

この日は新井でオトノカケラが開催される。
前回は後半しか参戦できなかったが、今回はフルに聴けそうだ。
さ、新井の会場に行ってきますぞ。
オトカケ19

それにしても今日は暑いな。
でも予報では台風の影響で雨だの荒れるだの言ってたもんな。それからみればまだいいか。

スタートから・・・などと思いながら出掛けにバタバタしてしまい、会場のさん来夢に着いたのは開始時刻をゆうに過ぎてしまった頃・・・orz だったのだが、着いてみればこちらも諸事情で開演が遅れたとのこと。
ちょっとほっとしたりして☆

今日は数組の出演予定者が急な都合でキャンセルしたため、大きく予定変更、ユニットだけではなくソロでもやるということになったそうだ。

そんなわけで一番手ははなかちゃん。
はなかちゃん
青い浴衣が涼しげです(*´ェ`*)
自分で着ちゃうんだって。すげーなー。
何年ぶりだろ。会えてうれしや。
あまちゃん話もできたし(笑)

お次は夢 ぎんやんまさん。
夢 ぎんやんまさん
ぎんやんまさんともお久しぶりだ。
こちらも涼しそうですなぁ。

今日は新井では朝市、そして商店街は「街祭(マチサイ)」。
街祭のメイン会場は向こう(北国街道の通り)なのがちょっと残念。前はこちらでもやったやん。
子供たちが来場者アンケートなどもやっている。がんばれー!
(自分もつかまったけれどちゃんと答えましたぞ)
しかし、アンケート取る子供のほうがそこにいる大人より多いようで何回も声かけられてしまった。
せっかく意を決して声かけてくれたんだろうに…。
商店街の抱える問題、こんなところからも子供たちうっすら感じただろうか。

そしてたみおっち・ギターバージョン♪
たみおっち
おおっと、はなかちゃんがタンバリン持って参戦だーww
「ハムスター」やっぱ好きだし、C調からのD調が♪♪

次はyumizoちゃん。
ゆみぞちゃん
さすが路上で鍛えてるだけあるなぁ。
彼女の歌世界、なんか「聖母」的なんだよなー自分にとって。
傷つきながらも“護る”っていうか。

続いてOTOYAさん。
OTOYAさん
前回のオトカケでは聴けなかったからなー。
そのハードさ、熱さがええねん。
たみおっちも鍵盤参戦。何気にお互いへ勝負挑みながらの信頼感(というのか)感じるのは自分だけかな☆

だって一種の真剣勝負っしょ。ライブのセッションって。
それがまたグッとくるのだが。

で、当初からの“シークレット”、appleのお2人。
apple
yumizoちゃんがソロで歌いだしてお互いソロで動き出してからこのユニットは休止封印状態だったのだけど、今回久しぶりの復活。
あのうたも聴けてうれしい。(appleの音源もゲットしたいよとつぶやいてみるww)

新井の街、あちこちの中心商店街が抱える問題そのままだけど、大げさな賑わいではなくても、人の集いの場であってほしいよな。
さんらいむ
SUN-来-夢なんだから

こもれ陽のお2人。
こもれ陽
ユニット名の通りあったかくやさしい歌。
はなかちゃんの「明日どうなるか分からないから今を大事に、今日を精一杯生きる」にはハッとさせられた。
そう、当たり前に過ごす毎日、一日一日は奇跡みたいなもんだからな。日々の出来事を愛しみ、日常を大事にせねば。

トリを取るのは主催のたみおっち鍵盤モード。
たみおっち
「REAL」に今日も( ̄ー ̄)ニヤリ。
そう、リアルに、激しく生きてきたいぜ。
言の葉もここでこうやって聴くとまたいい感じだよ。

そしてオトカケvol.19無事エンディング。
無事終了~
急遽ユニットをソロでも、となったが、もともとソロでも動かれている方々だから心配いらんわな。
暑い中大変ではあったろうけど。


そのあと、中町の街祭中心部へ。
なんかいい♪
チャリも花壇の一部(^^)

なかまちサイン
なかまちのサイン。

只今準備中
しかし既にイベントはほぼ終わってて、夕方からの納涼ビアガーデンの準備中。
にぎわうといいね!

スタジオ・ゼロにも寄り道。
お、作品増えてる。
水AYASI
東條さんの作品

どうなってんの?
これどうなってるん?
気になる~(気になってちょっと触れてみたら水ではなかったです)
などと作品見ていたら、たみおっちとOTOYAさんとゆみぞちゃんもやってきた。

今回は久しぶりに最初から最後まで、オトノカケラフルサイズ。
いやー楽しかった。

はいチーズ
みなさんお疲れさまでした、
汗で服の色が変わるほどの暑い中でのライブ、熱かったよ!
今回都合でキャンセルされた方たちも今度は参加できますように。
関連記事

2013謙信公祭・25日編

8/25 2013謙信公祭・25日編

そして翌日。
今日はGACKT謙信の出陣がある。果たして果たして。

今年はこれまでのように友人が見にくるという予定がなかったので、気ままに謙信公祭を楽しんでみようかと。
昨日と違って今日は青空。天気は心配なさそう。そんなこって行ってきまーす。
今年も早くから場所取りの人たちがいっぱい。さすがGACKT謙信。

まずは春日山公園。
今日は上越上杉隊の単独演武。
上杉行きまーす
あー、やっぱ演武かっこええなあ。。。
飛びますっ
飛ぶっ!
6人演武
何度見ても血湧き肉踊るっていうか、どきどきわくわくすんだよな。
そして今日はつばめちゃんもフル演武。やったね☆

そのあと一旦車を移動してまた春日山公園をぷらぷら。
春日泉翔舞
春日・泉翔舞
戦国ダンス
戦国ダンスフェスティバル

さて、この後どういう風に動こうか。
大物産市
腹が減っては何とやら…と、昨日から気になっていた大分の中津唐揚げをゲット。
うーん・・・揚げたてじゃないしね。
買った以上は完食したけれど、それでもうお腹一杯。自分にゃ過ぎたな。土産にすりゃよかった。

パンフ見て、行程決定。
ただシャトルバスの進行方向とは逆になるので歩かなきゃいけない。
バスに乗り大体の距離感をつかんでおかにゃ・・・ってことで春日山神社を経て林泉寺へ。

謙信公お墓
お寺にお参りしたあと謙信公と川中島戦没者供養碑に手を合わせに行く。

石仏さんたち
苔むした石仏さんたち

戻ってみれば出陣報告真っ最中。
出陣報告

出陣報告
最後まで見ていたかったが春日山神社での行事も見たいので途中で切り上げて移動開始。
違う場所で平行して行事があるから瞬間移動でもしない限り全部をフルに見ることはできないわな。
(いや、見られるのかもしれないけれど知らないから)

林泉寺にいた時なんか怪しげな雲がやってきたなーと思っていたが、歩き出したらぽつぽつと雨が降り出した。
すぐやむかなと甘く見ていたが次第に強くなってきた。
傘は持ってきていたので問題はなかったが、なんたって降り方がものすごい。
雨が跳ね足元が濡れる濡れる。
自分は傘あるからいいけど、あの交差点で待ってる人たちはこの雨の中大変だろうな・・・

春日山神社着。
雨は相変わらず強く降っている。
米沢藩古式砲術保存会の砲術披露もこの雨で様子見。だよね・・・
しかしこの砲術、多少の雨なら行けますぞってことで3発披露。
いやー、間近で見るとすごい。音もすごい。

古式砲術
しかし、完全にタイミング外して「その瞬間」は撮れず。

雨だのぅ…
雨・・・。

神社では戦勝祈願と「謙信公の塩」献上の儀式が行われるのだが、この雨で林泉寺からの武将たちがこちらに到達できないというアクシデント。
なので観客が武将たちの代わりに儀式を見守ることになったという。
献上儀式
まあラッキーたぁラッキーでしたな。

次第に雨も弱くなり、儀式終わった頃には雨も上がり晴れてきた。通り雨にしては降り過ぎだよ。

謙信公銅像
謙信公の銅像下では集まってきた出陣行列の武将や足軽たちが待機中。
記念にポーズ
チームごとに記念撮影撮ってたり、いいよねこういうの。

ジーンズの裾も濡れたし、ちょっと休憩とばかりに埋文へ。
ここでも出陣の方々待機中。

おやかたさまと景勝さん
おやかたさまと景勝さんおもてなし中

一息つかせてもらって、さて出陣行列見に行くぞとてくてく。
武田軍は春日小学校の前で待機中。
その中で指導?してる方に目が行ったのだが、「え?!」思わず目を疑う。
なんと白石のしか幸村さんが武田軍にいるよー。びっくり!

春日山公園に再び。さっきの雨でまた足元悪くなっちゃったし。

そして例の交差点近くへ。道路渡りたくてももう向こうには行けそうにないのでこちら側のもしかしたら見えるかもしれなそうな場所で待つ。っても、前の人でかいし、人の壁の合間からしか見えないんだけどさ。
見えたら儲けもんってことで。
場所取りもしてないししょうがねーべ。

おみこしと武田軍
おーっと!お神輿との遭遇だー!

ラジオ放送中
FM-Jが現地でこのイベントを生放送しているのだが、ポケットラジオで聞こうとしてもなかなか入感しない。
そう、ここらって普通でも電波入りにくい場所なんだよね。
しゃべってるのが見えるのに音が聞こえないって、うーくやしい。

はじまりました出陣行列。上杉隊がやってきましたぞ。
出陣行列

そうこうしていると、スピーカーを通じての「御館様、出陣の用意が…(だったか)」という声が。
おお、今年は早いでないの。なんて余裕かましてたらどよめきが。何っ?
来たよ来ちゃったよー。
皆が一気にカメラだの携帯だのスマホ掲げる。こ、これじゃー…
さっきの練習なんてまったく役にたたねぇ。大体人の腕で視野は狭いしズーム効かせる間もねぇ。

後姿~
そしてGACKT謙信は颯爽と馬で駆けていきましたとさ。
く、くそー。
いや、でもまだチャンスはある。例の十字路でのパフォーマンスだっ。
さっきの状態からするとかなりハードになりそうだけどさ。

で、十字路にカメラを向けズーム調整。
手を思いっきり伸ばしてー、バリアングルいじってー、はい首は思いっきり上向いてー。
これでなんとか・・・
ただ、この体勢は長時間もたんな(^-^; 腕も首も疲れる。

出陣行列の上杉隊を見ながら・・・ってもあまり見えんがな。
隊のアナウンスはしてるんだけど、場所とあってないというか。
はい来ましたよ来ましたよ新曲にのせて御館様が。

はいいっせいに観客の背が高くなり腕が上がるー。
ナナメ前の年配男性、電線地中化用の配電盤?に腰掛けていながら、そこでかなり有利なはずが、後ろにまだ人がいるのにも関わらず立ちやがった。その後ろの女子たち「見えませーん座ってー」と叫ぶものの飛び交う歓声で聞こえるはずもなし。

で、自分はといえば、声はスピーカーで、姿はカメラの液晶で追いかけるも、ズーム最大で追いかけるも、腕だの頭だのが入り込んでるのもお構いなくダメモトでシャッターを押す。
ちゃんとしたのはあとでTVで見ればいいしな。

GACKT謙信1

2

3

行っちゃった
そしてGACKT謙信は春日山の方に向かって行きましたとさ。ふぅ・・・

乃美姫♪
乃美姫さん

行列中

それと同時に人が引く。
ったく、これから楽しい武田隊なのにねー・・・
前の人たちもいなくなり、自分がその配電盤?の上に陣取る。後ろもいないの確認しうっしっし。

えいえいおーおー
しかししかし、今年は十字路での武田軍各隊はパフォーマンスなし。その手前や渡ってから勝鬨上げたりするけど…。
な、なぜに。時間押してたの?

すげー
また「がっと(新潟弁:すごい/つよいのような意)」なカッコの方らねっけ

武田本隊
こちらも乗馬でございます
信玄公
信玄公も貫禄あるぞ

行列終わって、恒例の春日山公園でひと時の休憩というか敵味方交じり合っての、甲冑と現代が交じり合う交流シーンを見るためにそちらへ向かったものの誰もいない。
確かに足元ぐちゃぐちゃしてるし、今年は場所変えたのだろうと思い引き上げ。

川中島は以前見たとき果てしなく遠く、暗いため何がなんだか分からずという状態だったので、テレビで見るつもりで会場から退却。
・・・の前にFM-Jのまいちゃんにご挨拶。あっち(春日山城入口)方面はここに比べれば余裕があったそうで。
そっかー・・・orz
でもどう動くか見えないしねー。中継お疲れ様でした

春日山っ
春日山は何思う。

そして家でケーブルテレビでのライブを見るという。
そんな謙信公祭の二日目でした。ちゃんちゃん。
関連記事

2013謙信公祭・24日番外編

8/24 謙信公祭・24日番外編

はい、本編に載せきれなかった写真です。
ってほどでもないけどな(^^; 

景勝-兼続
コンベンションさんお願い、名札はやめて。興ざめだから。
どこの武将が名札つけてるよ(-_-#)

あっ
レア?景勝さんにしばかれたw兼続さんの愛の前立てが吹っ飛んでしまったの図

モノマネ披露
穴山さんの特技「おやかたさまの声真似」披露中の楽しそうな幸村さん

揃ったぞ
みつどのとおきたまの慶次どの(ハンマー付き)とマリオどの。紅3様。

コラボ
愛コラボ。(左上越・右おきたま)

猪山さん
金澤の猪山さん。髪に挿しているのは伝統工芸の加賀水引でございます。
ネイルアート
ネイルアートとボディペインティングもばしっと決めて

おきたま三人衆
おきたまの片倉さんと最上さんと鮭延さん

ダブルコラボ
ダブル兼続にダブル前田慶次。揃ってこっち向いてもらいたかったんだが。

みんな笑顔
みんなにこやかいい感じ

勝負あった…!
じゃんけん大会。景勝さんと上田の望月さんの4回のあいこ後の最終決戦。
グーとチョキで勝負あったー!の瞬間。
あー!
望月さんショック大w
しかしこの後の景勝さんwinner! 望月さんloser残念っ!なショットを取りそびれ自分も残念っ!!

0824a11.jpg
あのグラの岡野さんと兼続さん
時空超えての2ショット?なんて。

と、そんなこんなの1日目イベントでした。楽しかったよー。
関連記事

2013謙信公祭・24日編

8/24 謙信公祭・一日目

と、いうわけで謙信公祭である。
今年は2年ぶりのGACKT謙信出陣が早々に決まったのだが、自分的には去年みたいな「戦国サミット」が開催されるか、またどこが来るのかということがかなり気になっていた。
できたら行田また来てくれないかなーと。
3月の行田行った時、忍隊の足軽やいちさんが「上越は雰囲気がよかったのでできたらまた行きたいです」って言ってくれたから淡い期待を抱いていたのだが・・・

出演する隊を知り、ああ、やっぱり北陸新幹線絡みかという思いは否めなかったが、でも金澤に、上田に、そしておきたまのみなさまが来る!と思うと、去年同様今年もホームで各武将隊のパフォーマンスを見られると思うと、その日が実に待ち遠しかった。
あとは天気!去年のような灼熱地獄でもなく、雨も降らずの過ごしやすい天気であってほしいと思いつつ、その日を待つ。

当日。
朝から雨である。
でも9時の狼煙上げイベントの頃にはやんでくれ、最寄の黒田城の狼煙上げを見ることができた。
狼煙
天気よければ雁プラ屋上であちこちの狼煙チェックという計画もあったんだけど、この雨で頓挫。

予報では次第に回復するとのことだったし、一旦はやんだので「よっしゃー」と会場に向かったのだが、道中強い降りになる。
雨雲よ、頼むから今日明日は抑えてくれよー・・・
駐車場に車を置き会場に向かう頃にはやんだのでほっとしていたのだが。
組み立て中
FM-Jの明日の公開生放送用の櫓スタジオ設置中

会場着。
なにこの広場。
そう、この雨で広場のベトは水を含みどろんこぐちゃぐちゃ水溜りという劣悪な環境になっていたのだった・・・

さくらちゃん
司会進行はさくらちゃん

おまけにまた雨降り出したし。この雨でステージ開始が遅れる。
どうする、どうなる、なんとか晴れてくれー!
みなの願いが通じたのか、15分ほどの遅れで武将隊パフォーマンスは幕を開けたのだった。

上杉隊
上杉隊、上田隊、おきたま愛隊、金澤隊が出揃ったイントロダクションのあとは越後上越 上杉おもてなし武将隊の演武パフォーマンス。
なんていうか、このドキドキワクワク感(というのか?)はたまらんね。

インターバルw
次のおきたま愛隊の合間には上田隊と上杉隊のプチ漫才トーク。
上田の真田十勇士の穴山さん、おやかたさまのモノマネを披露(笑)
これがまたかなり似ているもんだから可笑しい。

さあおきたま愛の武将隊

新演舞
今回は去年出陣が叶わなかった直江兼続さんが登場。
思わぬケガで出陣できなくなった伊達政宗さんの無念を胸にみなさん奮戦しておられた。
ラジオのこともあって、政宗さんには会いたかったんだけどなー・・・けど一番悔しいのは政宗さん本人だから、何も言えねぇ。
とにもかくにも、早い快復をお祈りしております。ご自愛下さい。

おきたま愛隊
決めっ!
米沢のうんまいものABC+米沢ラーメンと酒、いつか現地で所望したいものじゃ☆

インターバル2w
次の上田隊の前には金澤の前田慶次郎さんと兼続さんと十吾郎さんのかぶきトークw

お次は信州上田おもてなし武将隊
上田隊は今回も見事なミュージカル仕上げ。
上田隊
なんだが、今回はイベントのあとのグリーティングまでいられないので、今年はどうしても話したかったおきたまのブースへ。ごめんね幸村様(。-人-。)
CDも購入。花押もらっちゃったからねー。うっしっし。
小十郎さん、覚えててくれたー。こっちは知ってても、コメントしてたりしても、名乗って向こうが覚えてなかったらトホホだからなかなか名乗れないもんやん。
こっちには1でも、相手には100の「こっち」がいるんだもん。いちいち覚えてられないだろうしさ。

上田隊
上田隊は(色的にも)とっても華やか。

インターバル3w
上田のあとは金澤・・・の前にW兼続プチトーク。
おきたまの兼続さんはホント爽やかねつぐでございました。

ラストは金澤百万石武将隊
金澤隊
金澤のみなさまは相変わらず凛々しく美しく。
摩阿姫
摩阿姫はしっとりと。豪姫を拝見できるのはいつかなぁ。

各隊のパフォーマンスが終わって、皆でじゃんけん大会。
最初はグー
これは事前に観客からどの隊が勝つかというのを投票してもらい、各隊1人ずつ代表を出し4人でじゃんけん。勝った者がその隊に投票した人を抽選、見事当たった人は褒美(各県のお土産)がもらえるというもの。
じゃんけんぽん!
ステージも見る側もエキサイト(笑)
当選者、県外の方が多くてびっくり。市内は1/4だけだったよ。

春日山節
エンディングは春日山節をみなで踊るというもの。それも他の隊にとってはぶっつけ本番w
そーだそだそだその意気だ♪♪
ノリノリ
みんな楽しそうだなぁ~

全員えいえいおー
最後はみんなでえいえいおー!!
残念だったのは最後に出演者全員の記念撮影がなかったこと。はじまりが遅かったため時間押してたのもあるんだろうが、期待してたんだけどなぁ。

さて、これから広場や観光ブースでグリーティングタイムなんだろうが、自分にはまだ行きたいところがある。歩いていくと結構かかるかなと思いシャトルバスで埋文へ。
ここでは今日ミュージックバード系コミュニティFMで全国ネットしているラジオ番組「あの頃青春グラフィティ(以下あのグラ)」の公開生放送をやっているのだ。
あのグラ
ステージ終わって出演するため急いで戻ってきた上杉の兼続さん出演もあるけれど、パーソナリティの岡野さんにも久しぶりに会いたかったからね。

新津のリスナーさんにも数年ぶりにアイボールできたし、急いで書いたメッセージも読んでもらえたし、短い間だったけれど楽しかったー。
あのグラ2
岡野さんと八木さん

ここで、金澤の猪山さんのネイルアートをちゃんと見てこなかったことに気づく。おーまいがっ!
ネタにしといて忘れるとは俺の馬鹿野郎。

岡野さんたちFM世田谷のスタッフさんを見送って、兼続さんに見送られシャトルバス乗車し春日山神社と林泉寺、明日夜の川中島合戦再現のリハーサル中の史跡広場を経て春日山駅へ向かう。
春日山公園、さすがにもうそれぞれの武将隊いないんだろうなーと思っていたら、なんとしたことか金澤の皆さんがそのバスに乗り込んできた!
み、ミラクル・・・。

とは言っても、バスの中でどうこうできるもんでもなく、悶々(笑)
春日山駅前着。みな下車。ここで意を決し猪山さんのもとへ行き写真撮らせてくれと実に図々しくお願いする。
猪山さんは快く応じてくれた。ありがとうーーーーー!
これだッ!
で、それがこれ。

一応今日狙っていたことは叶ったので駐車場に戻り帰宅。
いやー楽しかったー♪
むちゃくちゃ1人ハイテンション(笑)

謙信公像
で、明日はいよいよGACKT謙信降臨。どうなることやら。
関連記事

「水AYASI」展へ

8/20 スタジオ・ゼロ「水AYASI」展へ

実験空間Studio zeroでは8/6~9/4まで「水AYASI」展が開かれているのだが、この日は出品作品として平野民夫さん(以下たみおっち)のライブが開催される。
たみおっちの「作品」=新曲、を中心としたライブを聴きに行ってきた。

オーナーの東條さんから案内を頂いてたんだけれど結局今回も参加できず見るだけ・・・
東條さんいつも申し訳ありません。
でも、ここの作品たちを見るとやっぱり「術」を持たない身は躊躇しちゃうのは否めない。

で、ライブ前に作品鑑賞。
作品1

2
どれもこれもお見事ですなぁ。。。
「作り出す」ことが苦手な自分はすげーなーと刺激は受けるもののそれを具現化することができないんだよ。
そして、他人の評価が気になってしまうし。
この壁はなかなか厚く高いんだよね。
3

4

5

さあライブ開始。
ギターとピアノ
今回はまずギターでのライブ。
ギター

こちらも
オリジナルの、このスタジオ・ゼロの作品として作った曲たちの披露。
その曲その曲についてのエピソードも加えてくれるので、まだここを知らない頃、そして知ってからの思い出が甦る。
一部終わって観客とトーク&ティータイム。
このゆったりした時間、他のライブでは味わえないよなー。
美味しいお茶とお菓子、ごちそうさまでした。


第二部はピアノを使って。
ピアノ

そしてピアノでの2曲目、(自分にとっての)事件は起こった!
イントロで!!!!!!
な、なんですと?
いいのかこれーーーーーーやばいんでねーの?だってこのライブはさーーー!
1人パニクる自分を尻目に、2008年に初めてたみおっちのライブを見た時の曲をしゃあしゃあと(笑)演ってくれたのでありました。
ちぃーーーーーーーーっ、ヤラれたぜー!
・・・でも、ありがとです☆
2
ピアノ弾く指アップw

(自分だけ)動揺がまだ残る中、この作品展の作品である「言の葉」の演奏へと流れていく。
水を感じさせる、切ないけれど前に進もうとする曲。
この想いは、水に流してしまえ・・・
心に残る澱は、消えないけれどいつか別のものに変わるはず・・・
↑勝手に妄想です、すんません

3
たみおっちお疲れさま!ぐっすまいる♪

ライブ終了後もみなさんとお茶とともにトークタイム。
自分は観客で来ていたここの常連の作家の方といろいろ話を。いや、この方話上手だし、スタジオゼロでは結構お会いしているからあまり緊張せず話せるのだ。

そうなんだよねー。その壁越えないといかんのよねー。
自己満足でいいのか、よくないのか。
術が未熟で十分表現しきれてないということもあるけれど、表現ってのは己の心をさらけ出すようなもんだしさ。「こんなもん」なんて言われた日にゃもう・・・
でもって、恥かきたくないってことは詰めてけば自意識過剰の固まりだし、そのクセ日の当たる場所に出たい出したいみたいなめんどくさい変なプライドなんだよねー。
ここにこうやって書いてるのも、つたない「表現」なんではあるんだけどさ。

再び作品鑑賞。
作品6

7

8

東條さんたちとお話した中にも絡んでくるけど、表現があって、それを手にとって対価として価値を認めてくれる。
それはやっぱりとても嬉しいことであり経済活動の一端でもあるわけで。
表現がお金を得る手段だけと化してしまうのはイクないけれど、認めてもらえるのは励みになると。
うん、確かに。昔だけどオノレの妄想(笑)を手にとってくれ買ってくれた時はうれしかったもんな。
そういうことなんだろう。
まあ、それはてめーの中の問題。はい終了。がんばんなさい。


AYASIな水たちの視覚的な作品、そしてたみおっちの音での作品、どちらも堪能してきましたぞ。

「水AYASI」展は妙高市朝日町・実験空間スタジオゼロにて9/4まで。(13時〜18時、木金曜は定休)
関連記事

くびき野市民活動フェスタへ

8/18 くびき野市民活動フェスタへ

・・・で、予想の時刻を大幅に遅れ(やっぱりね)、市民プラザで開催されているくびきの市民活動フェスタへ。
もうクローズまで一時間切ってしまってるんだけど(^^;

さ、おじゃましまーす。
フォークバンド「吟遊詩人」さんたちの演奏。
フォークライブ
むふふふふ、選曲がツボだー♪

ラジコン
ラジコン展示も

前年のイベントでも気になっていた(けれど行けずじまいだった)「懐かしのレコード・お宝歌謡曲」へ。
うわーーーーーーー!
なつかしレコード
懐かしい!懐かしすぎだよこのレコードジャケットたち!
そういやこれ持ってたよなー!などと。

会の方がリクエストあったらかけるよーということで、お言葉に甘え2曲をセレクト。
子供の頃親がA面ばっかり聞いてたけれど、確かに大ヒットだったしいい曲だし好きだけれど、自分はB面(こういう言い方もレコードならではだ)も好きだったんだよなー。

このように
レコード針を下ろしたときの「プツ…」というノイズもたまらない♪

もう一曲は、ラジオでもテレビでも何回も聞き自分でも時々歌うのだけれど「レコード」では聴いたことがなかった「喝采」。
うおー
感激じゃー!!
いやー、ありがとうございました。なつかしうれしい~~

と、ここでかなり宿根したので更にクローズ時間が近づく。
五感が喜ぶトキめき空間。
カイロプラティテックなどの体と心のリフレッシュ空間。
しかし時間なくざーっと眺めるだけ。

ここでcochicochiさんにばったり。わーびっくり☆

そして2階へ。
上からライブ
上からライブを眺めてみる♪

こちらでは地球・自然・みんなの未来マルシェ。
写真展
ひぐちさんやペチカの店主さんともお会いできたが、もうほぼクローズ時間なので片付け始めたブースもありなんかバタバタと。

タラヨウの葉っぱで葉書体験ものぞきにいったらやはりこちらももう片付け。
タラヨウ
写真だけでもとお願いしたら一枝いただいてしまった。
ありがとうございますー。いろいろと使わせてもらおう♪

枝持って退却途中マリオとルイージに遭遇。・・・写真撮り忘れたよ(^^;

レコードと70年代フォークにうほほ♪♪ながらも面白そうなブース巡りきれずちょっと残念。
でも去年も一昨年もこのフェスタ集中日は逃してしまったのからみれば感じも掴めたし万々歳か。うん。
来年も行けたらいいな(^^)
関連記事

「脇野田やよい夏祭り」へ

8/18 脇野田やよい夏祭りへ

この日はいろいろなイベントがある。
くびきの市民活動フェスタもあるし、直江津も・・・(これは以前行ったけれど船も乗れなかったし時間的に無理だろうと)。
とりあえずは午前に脇野田、午後に市民プラザにしようと。
ただ昼に帰ってくる相方の帰宅時間がネックなのだが。
一応の目標は12時半ということだけど、果たして?(でもこの目標時間ってあまり当てにならないんだよなー)

夏祭りー
まあ、まずは脇野田へ。今日はチャリで動いてみよう。
ラーバンセンター着は9時55分。

2階の展示を見る。
アレンジメント
フラワーアレンジメントや浴衣の着付け、アクセサリーなどキラキラとした世界。
自分には無縁な世界だー(^▽^;)

笹寿司や二色麺、今度から水族館の売店で出すと聞いた「ペンギンパン」や釜蓋遺跡にちなんでの「釜豚パン」などがその場で食べられる(パンと笹寿司は持ち帰りも可)

階段下りれば「10時からの先着にポカリのプレゼント」で受付にペットボトルがいっぱい並んでた。
そうか、5分前の入場者はいただけないのねそうなのねよくわかりました。
いいさ別にポカリ苦手だし。
ただ9時半オープンで10時に先着プレゼントってのがちょっともやもやしちゃうわけですよ。はい。

鉄道模型
一階ではちびっこ広場として鉄道模型にバルーンアート、めだかすくいや砂金取り、勾玉や陶芸、土笛が作れる体験コーナー。(体験コーナーはそれぞれ有料)
やってみたいものもあったが時間的に微妙なので見るだけ。

ありがとうの思い
脇野田駅も北陸新幹線の新駅名に準じるそうで「脇野田駅」という名前はなくなっちゃうんだよね。
個人的にはそのまま「脇野田駅」でもいいと思うけど、そういうワケにもいかんのだろーし。

脇野田駅と会場、二つの遺跡を巡る無料巡回ラッピングバス、ぐるぐると回っているのかと思ったら、時間が決まっているようでそれ合わせだと待ち時間がかなり出そうだし、遺跡は車中からということなので、よし自分で動こう!と脇野田駅へ。
脇野田駅
着きました。

新駅
駅舎の窓から新駅を望んでみる。

15年前
今から15年前、平成10年3月28日・北陸新幹線長野・上越間の起工式に使われた鎌と鍬と鋤

ラッピングバス
発車を待つラッピングバス。でもこれ乗車口サイドからは見えないんだよね。乗車口側は普通のバス塗装ってのがちょっと惜しい気も。

国鉄時代のこれが好き
これ、国鉄時代の方が好きだったりする・・・

駅前の碑
駅前にはこんな碑が。昭和9年に建てられたようだ。
この長谷川八郎さんて方は(昭和4年に亡くなっているんだけれど)、ここら一帯の大地主で、自らの所有の土地を提供するなどして駅建設に動いたんだそうだ。
脇野田駅の開業は大正10年なんだそうで。

釜蓋遺跡
次は釜蓋遺跡へ。以前報告会に行った頃と比べると草生えちゃったなぁ。

吹上遺跡
田んぼ道をチャリ漕ぎながら次の目的・吹上遺跡へ。暑いのは暑いがそんなにどうしようもないものでもない。
なかなかに快適なサイクリング。
到着。遺跡と言っても遺物がどどーんと聳えてるもんじゃないけれどね。
稲荷神社
ここの鎮守さま(だと思う)稲荷神社。

来た道を戻ってラーバンセンターへ。
笛作り
笛作り体験・・・の隣でメダカ容器つき販売していたのでついつい購入。
メダカ飼育にわくわく♪

今日の昼用として購入。ここにモスのタレカツバーガーも。
おみやげ
ペンギンパンは黒にはクリーム、白にはチョコクリームが入ってます。
釜豚パンの中はピロシキみたいな具が。

快適な午前中のチャリお出かけでした。
あとは午後いつ出かけられるかだな・・・
関連記事

春日山神社・祭典へ

8/16 春日山神社祭典へ

今月の24・25日の両日は第88回目の謙信公祭が開催される。
88回ということは、昭和も今年88年だから同じなんだね~
(開催時は正式には昭和ではなくまだ大正なのだけれど←当時開催日は自分の誕生日と同じ日やん)

で、謙信公祭の大成功祈願の祭典がこの日行われた。

しかし、来客あったりで春日山に着いたのは11時。開始は10時からだったのですっかり1時間オーバーだ。
階段を降りてくる人もいる。
あちゃー、もう終わっちゃったかと神社に行って見れば、「長尾流躰術」の奉納武道が始まっていた。
奉納武道1

2

3

4
これを披露したのは金沢工業大の生徒さん。
姿勢もだが、武道中の「気」、すげーなーかっこええなぁ。

武道が終わったらばやっぱり(^^ゞの上杉隊でございますw
本日のクイズ
今日は兼続さんのクイズー!だったのだが、思いっきり勘違いして答え間違ってしまった。
あーあ。

さて、こちらも今日は奉納演武ということで詩吟舞を舞ってくれるというので、よし!カメラスタンバイオッケーと撮影しようとしたらば「バッテリーがありません」との無情な表示。
えーーっ、それまで何の兆しもなかったやん!

などと文句言っても始まらない。いつものカメラにチェンジ!
こちらも奉納演武1
日差し強いからやっぱり顔の陰影強くなっちゃうな・・・

2
あの「鞭聲粛粛夜過河(べんせいしゅくしゅくよるかわをわたる)~」に合わせておやかたさまと景勝さん・兼続さんが舞います。

景勝さん

おやかたさま
しかし剛の演武からこういう扇使いの風情ある演武まで、何気にすごいな。
いつ練習してるんだろう。
MCもしなきゃだし、たいしたもんだ。

春日山っ
加えてこの暑さの中の甲冑姿だし・・・いつも言うてるけど熱中症には気をつけてくだされー。
関連記事

さぎ草展へ

8/15 さぎ草展へ

サギソウ・・・ラン科の湿地性多年草。である。
新潟にいた時、近所の花育ての上手な方から芋(球根)をいただき育てたらば、以外にうまく行き殖えたのだが、上越にきて同じようにやったらばその年はよかったものの次第に減っていき挙句いつもの「消滅」となってしまった。
それ以降手を出さなかったのだが、つい出来心で芋を購入し育てて咲かせたが翌年はやはり「消滅」。

上越ではサギソウはだめなんかよー!と思っていたのだが、15・16日、新井文化ホールで「さぎ草展」が行われるという。
鬼門(←自分にとって)のサギソウの展示会?と新井に「ついで」を作りちょっくら行ってきます。

文化ホール、前に行ったときも道を間違えたのだが、今回もやっぱり(笑)
スタジオゼロ近辺は分かるんだけど文化ホールはねー(^^;
でもなんとか到着。最初大ホール側に入ってしまって、あれおかしいなと。
以前の絵本の原画展示見に来た時と違うぞ、あれ図書館あったほうだし・・・と見回せば、あああっちかと思わせる入り口が。
しかし、会場利用一覧見てもそれらしいものはない。え、どうして?確かにここのはずだと・・・とよく見れば通路にサギソウがいーーーっぱいおりましたとさ。

サギソウ展
あー、ここでやってたのかー。

あっぷ
創造主の粋、だね。

トキ色?
間違えてフラッシュ焚いたらサギではなくトキになりました(違)
改めて
改めて(^^ゞ

つぼみ
この中に入ってるんだからなーすごいよなー不思議だよなー

飛翔
飛んでるようです

さすが村シェフ
村シェフの鉢。いい味出してます。
アルネさんの
こちらも。センスいいよなー・・・
うぷぷ
さりげない遊び心にうぷぷ、にやり。

いーっぱい
群生っ!

栽培はミズゴケ(新潟ではその方にしたがって発泡を砕いたものを鉢底に+鹿沼単体にしていた)がメイン。化粧ベト使われてる方もいたけれど。
容器もペラペラなプラの平鉢とかを使っていたりで、あ、こんなのでもいいんだと思わせるものも。
妙高でできるなら上越でできない手はないもんな。ミズゴケ栽培でダメモトでも来シーズントライしてみようかな。
甘い香りと涼をいただいたさぎ草展でした♪

今度は道覚えたぞ。銀行か郵便局のトコを右だねww
関連記事