清水寺展とメディアシップへ

9/28~29 新潟市へ

FM-Jのリスナープレゼントで当たった新潟市万代島美術館の「清水寺展」の会期終了が近づいてきた。
自分の免許更新も兼ねて新潟行きを狙っていたが、気がつけばこの週か来週しかない(その次の3連休は花ロードだし)。来週はSL来るし、この週は寺町フェスティバルだし…さあどっちを取る自分。

で、寺町フェスティバルは一応去年一昨年で大体巡ったこともあり、この週に新潟へ行くことに決定。
ってことで行ってきまーす。

弥彦
蒲原平野もすっかり稲刈り終わってますな。

新潟着いて、まず墓参り。自分は先月お参りしたけど相方5月以来だし。
その後は久しぶりのおもだかや竹尾店。上越にはこの手のラーメンないんだよなぁ。
見つけられないだけかもだけど…
おもだかや
やっぱりごはんラーメン(ごはんのように毎日でも食べられそうなラーメンの意)、美味いわ。

お腹も満たされたところで朱鷺メッセへ。
みずつち作品
万代島旧水揚場に隣接するこれは去年の水と土の芸術祭作品「おもしろ半分製作所」。
もう入れないのだろうけど、中の植物たちどうなっているかなぁ。

朱鷺メッセ
朱鷺メッセ。
さ、しばし清水寺に行ってまいりますぞ。
清水寺展
当たり前だが写真撮影は禁止。
特別公開の三面千手観世音菩薩坐像をはじめ仏像がいっぱい♪♪
毘沙門天もよいけれど持国天がなんか色っぽくかっこよかったなぁ。←おいおいコラコラ(^^;
願いがかないそうならばその石は軽く持ち上げられるという「おもかるさん」とか。
↑さて、自分はこの石を軽く持ち上げられたでしょうか?( ̄▽ ̄) ニヤ
弥彦神社にもこういう石あるそうだけどまだ見たことはない・・・
見事な仏像や書に触れて、煩悩も取り払われたかなww
FM-Jさま、ありがとうございました~~<(_ _)>

今日は上の展望室には行かず2階外通路から信濃川や埠頭をながめつつまったり。
ウミネコものんびりまったりしているよう。
せっかくだから今年できたメディアシップに行くことにするが、また駐車場探すのも面倒なので車はここにおいて、てくてく歩くことに。
たまご(違)
朱鷺メッセの川沿いは来たことなかったが、こんな作品があるエリアがあるんだな。

はいメディアシップ到着。展望階に上がってみる。
へー、こっちの眺めもいいね♪♪レインボータワーもいい感じ。→

にいがたみなと
信濃川河口と埠頭と東新潟。新しく作られたもの、消えたものもあるけれどここで自分は育ちました。

ゆうぐれ
今日は眺めがよく米山の方まで見えましたぞ~。そして夕暮れ。見えてる山は角田と弥彦。

メディアシップ
下からメディアシップの上階を見上げてみる。
その後はいつもの如くWさん宅におじゃまさせてもらい・・・の流れ。

翌29日。
まず免許更新。
やはり即日交付、すぐできるのがうれしい。上越で更新したことないもんな~(^^ゞ
でもSDカードPRの方が「上越の人は長岡の免許センターで更新することが多い」って言ってたけど、そうなんかな?
そして再びWさん宅。

カツ丼
お昼は政家(まつりや)のカツ丼。入ってから気づいたんだけれどここって「とんかつ政ちゃん」系列なんだね。
じゃあ味は心配ないな。
(1枚味噌カツが入ってますがこれは相方とトレードしたものですw)
家電量販店に寄ってWさん宅。買ったものレクチャーなどなど。

さて、よろっと上越向けになりますか。
弥彦山
弥彦の裏に日が沈む・・・

夕暮れ
東側の粟ヶ岳も夕暮れ色がいい感じ。

いるかバージョン
直江津の工事現場で見て以来あまりお目にかかることがないイルカバージョン(旧吉田町付近)

一番星☆
一番星みーつけた。
さあおうちに帰りましょ。

ってな具合の新潟帰省でした。ちゃんちゃん。

それにしても免許の写真ってどうしていつもトホホな出来なんだろう…。いや、そのものズバリ、まんまだろ(笑)
関連記事

デザインマーケットin上越

9/22 デザインマーケットin上越へ

以前cfmで小樽からの番組を放送していた頃(今の前の前の番組)、そのパーソナリティーさんが地元アーティスト&クリエイターさんたちのイベントを立ち上げていることを知ってすごいなーと思っていた。
作品展示販売だけでなくライブやおいしいものなども揃えて、参加者・来場者共々楽しめるようなイベント。
どこでもドアあったら行きたいと思ってたからねー。
そしてお隣十日町でも「てづくり市」というクリエーターさんたちのイベントがあることを知り(都合が合わず行ったことはないが)、なんで上越はないんだろう。
クリエイターさん多いのに、それぞれ個展やイベント出店はしてるのに・・・↑のようなイベントあったらいいのになーと思うこと数年。

ついに、上越でも作家さんが一堂に会すイベントが開催されることに!
いやー・・・待った甲斐がありました。
記念すべき第一回は9月22日。晴れますように。


で、当日である。
午後から行ってきまーすと。
会場は春日山公園。
・・・、一ヶ月前は謙信公祭で武将隊集合したんだよなぁ。。。雨でぬかるみひどかったんだよなぁ。早いなぁ。

大作を前に
到着したらばちょうど大作が完成したトコ。

ダンボールで遊ぶ
想像しながら創造するんだー

ぷらぷら見ながら
こんな感じで気ままにぷらぷら
どういう並びでみなさんおられるのか分からないのでざっと一部巡ってみる。
おお、ひぐちさんにスミレ屋さんに東條さんたち、そして緋色美さん。
チームスタジオ・ゼロ
スタジオ・ゼロはワークショップもやってます
ちょこっと挨拶のみでまた伺うことにし反対側にも行ってみる。

こんな展示も
展示の仕方はみなそれぞれ

ライブでカキカキ
momocoさんはライブでお絵かき

出展配置図

こちらも
こういう風に配置されてるんだね

おっと、春日山の演武の時間だ。行かにゃー!
ってことで一時離脱。春日山へ。

・・・☆春日山記事

再び春日山公園。
すげー
こんな方も

cochicochiさん
cochicochiさん

細谷さん
細谷さん

ugaちゃんにもこんにちは(^^)
面識はないけれど、kukkaに出されてる作家さんもおられた。
おいしいものブースは来たのが遅かったのでほとんど本日終了状態。
うさぎやさんのも食べたかったよ・・・

それぞれ
お気に入りの一品は見つかったかな?

緋色美さんの七宝
久しぶりと言うこともあり緋色美さんのブースに長居(^^ゞ
営業妨害だったらごめんよー。
この七宝のシール貼り焼きの難しさ聞いたりも。
そして嬉しいお言葉ありがとう。自分もがんばりたいよ。

色づく頃
葉っぱも色づきだしました。

デザインマーケット、これからも続けてってほしいものです。
出展者のみなさんお疲れさまでした。
そして運営スタッフのみなさん、開催して下さってありがとう。
次回も楽しみにしています♪
関連記事

春日山演武9/22

9/22 春日山での武将隊演武

で、デザインマーケットをちょっと抜け出し春日山に武将隊の演武を見に行く。
今日は魚津への外部出陣があるのだが演武はあるという。誰が行くのか発表がなかったのでどういうこっちゃと分からないまま行ってみた。
春日山での演武、今月は初めてじゃー。

え、兼続さんソロですかΣ(・口・)
十吾郎さんとみつさんはいるけれど演武は1人・・・うわー。別の意味でドキドキ。

が、がんばれー。
兼続さん
演武についてはいいんだけど、PRタイムのトーク・・・手に汗握る(^^;
でもなかなかにゆるいというか十吾郎さんとお遊びトークを繰り広げてて楽しめましたぞ。

PRタイム

そしてそして、なんとしたことか恒例の「クイズ&じゃんけん大会」で勝ち残ってしまったという。
じゃんけん、弱いのに・・・珍しいこともあるもんだ。。。
久しぶりの「義の塩」ゲットww

十吾郎さん
十吾郎さん

みっちゃん
みっちゃん

兼続さん
兼続さん

そして再びソロ演武。
演武その2

その3

その4
うん、がんばってらっしゃる。
スポーツ連写モードで撮ってみたけど、先日S氏に聞いた通り一秒のコマ数が少ないため(古い機種だからね)難しいなぁ。
静物と違って動きのあるもの、とにかくビビらずひたすら撮るしか慣れる道はないんだが。
・・・と毎回言ってるがな(笑)

おつかれさま
無事終了!ソロの重圧はねのけた!おつかれさまでございました。

3人揃って
3人だけど「春日山っ!」

今日はここまで。再びデザインマーケットに向かいます~
いやー、今日はいろんな意味で(笑)ドキドキの春日山演武でしたな☆
関連記事

浄興寺コンサートへ

9/21 国本武春&高橋竹山ジョイントコンサート@浄興寺

いつものようにFM-Jを聞いていたところ、このコンサート(以前企画の方たちがPR出演されていた)のチケットをスタジオに取りに来た人にプレゼントすると言っていた。
それならばとスタジオに行きチケットゲット。
チケット
なかなかこういう機会はないのでわくわくしつつ当日。
チャリで会場・浄興寺へGo!

フライヤー

開場前の会場には人がずらっ。
うーん、さすがに浪曲と三味線じゃ年配の方が多いわなぁ。

浄興寺
しばらくして開場。列は次第に浄興寺に吸い込まれていく。
自分たちも中に入り一旦は椅子に座ったものの、もうちょっと前で見たかったので前列の畳の方へ。

はじまるよー
ここでやるんだねー。わくわく。
演奏中のカメラ撮影は禁止なのでカメラしまって。

さあ始まりましたぞ。
まずは国本武春さんの浪曲・・・なんだが、笑いを交え浪曲の掛け声「たーっぷり!」「日本一!!」などの作法をレクチャー。
さすがだな。
そして忠臣蔵の演目を前半ロック調、後半バラード調で攻める。
いやーこんな浪曲もあるのかー。すごいぞ。

国本さんは引っ込んで今度は(二代目)高橋竹山さん。
ピアニストの小田朋美さんとのコラボなのだが、津軽三味線の民謡だけではなくモダンな演奏と歌も。
(自分には)意外なピアノと三味線とのコラボ、またジャンルが幅広いし。
いやー、すごい。ソロの三味線も迫力だ。

再び国本さんの浪曲。今度は三味線の沢村豊子さんも一緒に。
沢村さんは曲師の第一人者だそうで。相三味線というのは普段は幕の陰で演奏するそうだが今日は表で。
今度の演目は「忠臣蔵 赤垣源蔵 徳利の別れ」。
国本さんの浪曲も見事だが沢村さんの三味線と「よー」「はっ」という掛け声というか合いの手というか・・・がまた絶妙。

↑今回のではありませんが「赤垣源蔵(その1)」。

浪曲なるもの、ほとんど聞いたことがなかったが、おもしろい。
昔は寄席などのライブ、次いでレコード、そしてラジオと変わっても老若男女関係なく娯楽の中心と言うか誰もが知ってるものだったのだろう。

今は個人が篭って音楽を聴くという閉鎖的な楽しみ方になっているから、広がりってのがないのが、文化が分断されてるのがなんか味気ないね。

ラストは国本さん竹山さんのジョイント。これもなかなか見られん。
でもアンコールはなしよ、と。

お疲れさまでした
迫力のコンサート。いやーいいもん見せて&聴かせていただきました♪


その後は・・・お腹を満たしにとんかつ梅林へ。
創業55周年感謝祭ということで、期間限定でカツ丼が1000円なのだ。
梅林、聞くけど行ったことがない。夜営業しかしてないそうで、今日行くのがちょうどいいかなと☆
はしぶくろっ
「かつ」の耳がかわええ(^^)

かつどんっ
う、うまい♪♪
いいカツだぁ~~やっぱりスーパーのカツとは違う←比べるな
くーーーっ、ごちそうさまでした。
でも相方には量的にちょっと足りなかった模様。


コンサートとカツ丼、心もお腹も満足の一夜でございましたぞ。
関連記事

またまた春日山へ

9/20 春日山へ

用事があり埋文に行き(みなさんありがとうございました♪)天気が良かったのでそのまま春日山へ。
謙信公銅像
今日もお邪魔しますよ♪

ハギとアナアブ?
萩はもう終わりに近い。ハナアブかな?

今日も二の丸ショートカットコース。
だが草が刈られていてなんともさっぱり。

トノサマバッタ
トノサマバッタ?多し。
数歩ごとに飛び立つ飛び立つ。(虫苦手な方すみません)

カマキリアップ
カマキリさん。

飲める?
帯郭付近で水場発見。ひしゃくがあるから飲めるんだろう多分。

登ってったら日光浴中のヘビに遭遇。向こうがささっと隠れてしまったが、アオダイショウ??
ここでははじめてのヘビだ~

本丸着。天守台へ。
天守台から
青空に青い海~

海谷山塊
能生の権現岳と鉾ヶ岳かと。

今日は井戸郭にも行ってみる。
大井戸
今の世でも変わらず水をたたえる大井戸。

さて下山。
おや、まだホタルブクロが咲いている。
ホタルブクロ
こちらも草刈りされてさっぱりしていたが、先日見た花たちを見つけられないまま神社に着いてしまった。
一緒に刈られちゃったのかな。

ってことで本日の春日山登山?も無事終了。
また行くぞ!
関連記事

府中八幡秋まつりとプチ散策

9/15 府中八幡秋まつりと直江津プチ散策

昭和レトロ市を見てから、府中八幡宮へ。
はい、こちらで秋まつりの武将隊演武があるんですな。
ここには行ったことがないのでなおさら行ってみたかったし。

が、直江津にいまだにあまり明るくない自分、略図をちょちょら(新潟弁で「適当・いいかげんに~する」の意)に見ていたため、八坂神社の中に府中八幡があるとその時思い込んでいて八坂さんへ。
あれ?全然秋まつりっぽくないぞ?(^^;

場所違うのか?じゃあどこ?となおえつ茶屋さんの店先にある直江津マップで再確認。
うおーーー!ヨーカドーの方かよー!
半ダッシュで府中八幡に向かう。

着いたけど、演武はもう終わるところだった。orz・・・いや、間に合っただけでも。
あれ?出陣表には兼続さんになってたけど、景勝さんとチェンジしたのかな?
まあ景勝さんの方がこちらには縁があるもんな。御館の乱絡みだからいい縁じゃないけど☆

今日の出陣
義の戦クイズ&じゃんけん大会~
しかしクイズで脱落(^▽^;)・・・あれ七尾市って富山じゃなかったっけ?←石川です

勝鬨
勝鬨えいえいおー!

で、府中八幡宮探索タイム。
案内板によると、養老4年(720)に宇佐八幡宮[大分の八幡総本宮]を勧請、その後貞観12年(870)に石清水八幡宮[京都]を勧請し越後府中八幡宮と称したそうだ。
その後越後守護や守護代に厚く崇拝され保護されてきたけれど、御館の乱(1579)で焼失してしまう。
しかし寛永11年(1634)に高田城主松平光長が復興し、その後修復を重ねながら現在に至っている、そうで。

狛犬さん こちらも
狛犬さん(ヨーカドー側)

八幡様
宮社
中も
中も撮らせていただきました

狛犬さん こちらも
社側の狛犬さん。こちらのは更に歴史ありそう。

ポン太さん
「八幡のポン太」さん。どういう由来だ?ポン太の森なんぞもあるようだし。

御神馬
これは松平忠輝さんが堀氏と変わって越後入りしたときに八幡さんに寄進したお馬さん。

みこし出陣えいえいおー
いよいよみこしの出陣だぁっ!えいえいおー!!
わっしょい!
さぁしゅっぱーつ♪

狛犬さん こっちにも
こちらにも狛犬。ここには三対もいるの?

上杉隊も退陣したし、こちらも引き上げますか。駐車場まで小路をてくてく。

これいいね♪
おや。こういうのいいよね♪

ぬ?これは?
なぬ?
「郷土美術博物館」とな?塚田十一郎氏が県知事時代って昭和36~41年だけど、美術博物館って・・・ここお寺だよね?お寺がそうなのか?

これ?
改築地蔵堂?
改築地蔵堂って書いてあるようだけど、中にいるのは
閻魔さま
閻魔大王さんだよね?後ろにいる仏像が地蔵さん?でも光輪あるし・・・

山門前には八幡宮にもあった石樽?みたいなのがどーんと。
樽?ここにも
石仏の前に奉納されてるけど、場所的にいいのだろうか?邪魔してない?

山門
山門くぐります

お地蔵さん
お地蔵さん石仏がずらりと。みなさんいいお顔されてるなぁ・・・

お百度石
お百度参り用の石もある。歴史あるお寺なんだな。

手水舎
手水舎には龍。ってことは神仏分かれてなかったんだろう多分。
鐘つき堂もあったけれど、鐘がなかった。戦時中に供出してその後新しく置かれることはなかったんだろうか。

寺社
本堂。ちゃんとしてるんだけどなぁ・・・
何寺かもわからないし、歴史もありそうだし信仰も深かっただろうに何も縁起が書かれてない。
なんでなんでなんで?不思議だ。。。
そして美術博物館は・・・

そして直江津メインロード。
ナゾのお寺が気になりつつのプチ散策でした。こういう出会いがあるからぷらぷらは楽しい♪


追記:ここは「泉蔵院」というらしいですがそれ以上のことはわかりません。
直江津な方々、ご存知なら教えてくださいましー。
改築地蔵堂、「閻魔の地蔵堂」というらしく、閻魔の前で懺悔をする一人の僧の物語となっているみたいです。


追記その2(情報ありがとうございました!)
泉蔵院は真言宗のお寺で、お地蔵さんや鐘つき堂も何回も場所移動しているそうです。
幼稚園も併設していたそうで(園は別の場所に移転)。
美術博物館も以前はあったそうです。なかなかにすごいものがあるようで。期間限定公開とかしてくれるといいのにな~。
関連記事

昭和レトロ市へ

9/15 昭和レトロ市へ

9/14~16、直江津のペチカで「昭和レトロ市vol.1」が開催されている。
ケシゴムはんこのマイヤさんと、牧区の洋品店「ナカミネ本店」さんの合同企画だ。

ってことで行ってきまーす&おじゃましまーす。

かっちょいいアンティークがいっぱいのお店の一角・・・そこは昭和の空気が漂っていた!!

おおっ
このレコードジャケットはCM集ですか?ww

びっくりワンコ
うひょー!なんかこういうのあったあった(^^)

な、なに?!こんなものがまだ・・・?の品々。
ヒゲダンスw
ちゃららららっら ちゃらららら♪♪のBGMが聞こえてきそうだw

はいからさんとキャンディ
はいからさんとキャンディの「ズボン下」!

トシちゃんとマッチ
トシちゃんとマッチ。ヨッちゃんのはないのか(笑)

うわー、ツボだツボだすごすぎだー!
ううーいいーー
ぐおー!悶え!マシンハヤブサーーーー!
スヌーもどきとサリーもどきもイイね( ̄▽ ̄)
すごいよナカミネさん。こんなアイテムがゴロゴロしてるだなんて。

しかし、しかし、これを着られるような子が身近におらん!
シャレで友達にプレゼントするにも今ではもう着られん。残念。

マイヤさんケシゴムはんこ
マイヤさんのケシゴムはんこのおかっぱ娘も昭和テイスト。

安塚のパン屋さんも出品してたのでそちらを購入。
ナカミネさんから記念の「健康第一」てぬぐいをいただく。うわーこれもまたイイ♪

なんともいい味のレトロ市でした。
vol.1ということはまた次もあるってことだよね。楽しみだぜうぷぷ。

OK!
また会いましょう。OKっ!!
関連記事

映画「立候補」を見る

9/14 映画「立候補」@高田世界館へ

泡沫候補(ほうまつこうほ)とは、当選する見込みが極めて薄い選挙候補者。
選挙で時々見られるじゃないですか。大政党立候補者の陰にひっそり出ているような、新聞の選挙記事でも取り上げられないような候補者が。
こういう方々、供託金というものを取られながらもなぜ立候補するのだろうと前から思っていた。
その泡沫候補を取り上げた映画「立候補」が上越で上映されることを知り、世界館に見に行った。

歌うワカモノ
入口で歌うワカモノ

加えて言えばこの上映会の発起者は大学院生だという。
ワカモノが、東京で見たこの映画に感銘を受け、上越の地でも・・・と企画したこの上映会、大したもんじゃないですか。
ワカモノは無関心、でくくっちゃいかんよ。やるときはやるんよ。
映画PR

さて、泡沫候補、いかがなものか。

政見放送
映画上映前に流れていたマック赤坂の政見放送。是か非か。

上映前挨拶
監督と主催2人(上野さんと谷さん)の上映前挨拶


2011年の大阪での府知事(&市長選)で泡沫候補として扱われたマック赤坂、高橋正明、岸田修、中村勝(敬称略)の4名の中、マック赤坂を中心に話は進められていく。
立候補を断念した羽柴誠三秀吉にも視点は向けられる。(完治されますよう)

立候補者は同じ供託金を払っているのにマスコミや選管の態度にあまりにも差がありすぎるとくってかかるマック。
(報道は公正であるべきだが、実際は差があるのが通常←Wiki「泡沫候補」より)
これは自分もやっぱりどこか理不尽さを感じる。
でかいところはいくらでもでかく広げられるし広めてもらえるがそうでない人たちは存在も認めてもらえないって、フェアじゃないじゃん。選挙にフェアなんてないのかもしれないけどさ。

候補者それぞれの選挙活動もカメラは追いかける。
全く活動しないもの、ひたすら街頭挨拶(演説ではない)をするもの、「お父さん」するもの。
挨拶する候補者は言う。
「普通に生きてたら再会できないような人に(立候補して街頭挨拶することで)会えたりすることができるなんてすばらしい。供託金に代えられない」と。

駅の構内で、街頭で、大学前で、「選挙活動」をするマック赤坂。しかし「イロモノがいた」とカメラ撮影をするものたち以外は関心を寄せることもなく通り過ぎていく。

どんな形でも、自分の叫びが誰にも届いていないという現実、その絶望感に虚しくなる事はないのだろうか。
「勝手にしろ!もうやめだ!」と内心思うことはないのだろうか。
それでも「社会を変えたい。社会に一石を投じたい」という思いが勝るのだろうか。

大阪府知事選、圧倒的な維新候補者に立ち向かうマック赤坂。
なだめるような折衝策でその場を収めようとする橋下候補。
選挙が終われば、その時の言葉も態度もばっさり切り捨て相手にもしない。

今度は2012年都知事選に移る。
まだ記憶に新しいこの選挙。相変わらずマック赤坂の選挙活動は注目もされない。
自民候補者と応援演説者に日の丸の旗を振るたくさんの有権者(このシーンは以前写真で見たことがあるが恐ろしく感じた)の前でマック赤坂は声を上げる。
しかしその声は届かず、むしろ邪魔なものとして罵倒され「帰れ」の声が広がる。

これは台本がある芝居ではない・・・んだよね?
集団の恐怖・狂気。
大きな力に属する方は無責任で強気だ。

その力に抗うように、今まで冷ややかに見ていた(彼へのインタビューが前にある)彼の息子がたまりかねたように叫ぶのだ。

選挙結果はご存知の通りだが。。。


映画では、給料がよかったから、と応募して採用されたはいいが、実際はそんなに都合よくは行かず、でも彼自身の家族を支えていかなくてはならない運転手と家族の声、あいりん地区の人々にもマイクを向け、マック赤坂自身の経歴など(お笑い系の人ではなかったとは)も伝えている。

マック赤坂氏
ここに彼がいたら、何を語るだろうか。

映画のあとはトークショー。
もちろん観客からの質問や感想なども交えて。

トークショー
ちょっと、それはここで聞くことではないだろうと思った質問もあったけれど、見る人それぞれが深く考えさせられる映画ではなかっただろうか。


ただ、「どこでもいいから立候補」ってのは、とにかくどこそこの街をよくしたい!というご当地ラブというはっきりとした意思が感じられないんだけど、そういうのなく、とにかくなんでもいいから政治家になりたいだけっていうよく言えば純粋な思いからなのかね。
見方を変えれば節操がないとも思えるんだけれど、そこはどうなんだろう。


国民には、選挙権もあるが、立候補する権利も自由もある。
ただその権利は、金銭的な問題からも誰でも行使できるものではないところがネックだ。
でも、どちらの権利も、「何か」に対して一石を投じることができるかもしれない。



NEVERにもまとめが!→

関連記事

春日山へ

9/9 春日山へ

まだ前記事はありますが、ちょっと進めます。また戻します。

ちょっくら用があり埋文へ。
そこでみつどのに今日は天気いいから展望いいよーと聞き、衝動的に春日山へ向かう。
それだけではあきたらず、この好天逃すこたぁねぇだろと本丸まで行くことに。

謙信公銅像
今日は三の丸から登りますー

前回行った時より萩の花の開花も増えてる。
クズの花のグレープみたいな甘い香りを時々感じながらよいしょっと。
ショウリョウバッタをはじめバッタ系がやたらと多いね。蝶もひらひらと。

本丸着。
展望いいぞー
うーん、青空が爽快♪

弥彦と角田が!
今日は角田・弥彦まで見える。なんかうれしいな。

南葉山
南葉山の方は雲もくもくで残念。

しばし本丸でぼーっと空を眺めたり、とんびかっけーなーと思ったり蝶を見たり。
呆けとりますなぁ。

さて腹も減ったし下りっか。(昼まだ食ってなくて)

花みっけ。
ヨツバヒヨドリ?
ヨツバヒヨドリかな?

この花なんだろう。葉がなく花茎だけにょーんと。
名前わからん
見たことあるよなないような。

少しアップ
ちょっとアップにしてみよう。

お、センニンソウだ。
センニンソウ
へー、春日山にもあるのか♪
秋の花にも会えてうれしいねー。

オクツキ
小川家代々のお墓。神道なのでやはり「奥津城(おくつき)」だ。

春日山神社
はい到着。春日山神社。

午後の春日山おもてなし担当は兼続さん。お疲れさまです~と、しばしお話なんぞを。

と、いう完全突発的な春日山散歩でした。ちゃんちゃん♪
青空
やはり青空はいいな(^^)v
関連記事

高田公園と四十物まつり

9/8 高田公園と四十物(あいもの)祭りへ

この日は新潟県のボーイスカウト・カブ(小2~小5)隊とビーバー(小学校入学前年~小2)隊のイベントがある。
新潟時代の知り合いがこのイベントに参加するというので、ウン十年ぶりに会えればいいなと思っていた。
武将隊も開会式に出陣するとのことだったしね。
直江津は直江津で四十物祭りが開催されるし(出陣もあるし)・・・ってことで、午前駆け、行ってきまーす。
四十物(あいもの)とは?→

しかし、朝から強い雨。なんてこったい。
それでも出かける頃には次第に雨足が弱まってきたので「ほっ」。

高田公園着。えーと、会場は厚生南会館跡芝生広場・・・に向かう途中、すれ違った城友隊の方から雨のため武将隊の出陣は中止となったことを教えてもらう。
えーー!; ̄ロ ̄)!! 雨だからしょうがないけどさー・・・うー残念なり。
でもまあそれだけではないし・・・ってことで開会式を見学。
開会式

隊紹介
高田城に因んでイベント等を城に絡ませてます

開会式では探し出すのも困難…というより入れないし、あとからまたここに来ることにして直江津に向かう。
雨はようやく上がってくれた。
あいものまつりポスター
四十物まつりポスター

片付けだした朝市の通りを進み会場に近づくとおやかたさまの声。うわ、もう演武始まってたか?
ライダーたちの壁でいまいち見る場所がよくなかったが、義の戦クイズ&じゃんけんで勝っちゃったので前に出られたが、次の勝負ですぐ負けてしまった(^^;
場所は最初よりはよいトコで♪
武将隊演武

演武後ぷらぷらと会場散策。
カニ~
大人気のカニの詰め放題。自分あまりカニって得意じゃないんだよなー。←カニをむく「ずく」がない(^^;

このイベント、買った魚類を即焼いて食べられるんだよね。
さかな~
酒をちびちびやりながら炙った肴・・・くー、うまそうやん。でも車だし妄想のみで(^^;

バイクがいっぱい
今回はバイクイベントとのコラボ。バイクがいっぱーーい。

そうこうしてるうちにタイムアップが近づいてきたので本日ここまで。
戻る途中に武将隊の方々と会ったので前日の上田出陣のことちらと聞かせてもらったりも。
雨の中の上田出陣、お疲れさまでございました。

再び高田公園へ。
担当イベントブースで、Sさんとアイボールできた。うわははは(笑)ウン十年ぶりだもんな。
この雨でイベントは縮小となったそうで。せっかくの上越イベントだったのにね。残念。
今度はご家族で花見においでくださいませ。

せっかくなのでぐるりと回ってみる。
三重櫓・9月
9月の三重櫓

あと300日
開府400年カウントダウン。あと300日だぜ。

極楽橋
極楽橋と内堀の鯉たち

そんなこんなの2つのイベントでした~
関連記事