越後・謙信SAKEまつり2日目

10/27 SAKEまつり2日目

と、前記事の通り新潟で最期の旅立ちを見送った後・・・高速で上越へGo!
でも雨雲レーダー見ると上越雨雲かかってるんだよなー。
雨なんとかならないかなー・・・

と、上越に入ったが、やはり雨。ああー。
荷物片付けている間に次第に小降りになってきたので行ってきますよと。
さあ本町へ、いざ出陣っ!
(相方はもう1つ用事片付けてから合流することに)

まずは、これっ!(やっぱりか/笑)
みつどのと足軽ズ
はい武将隊です(^^ゞ

演武っ
いや、もっと早く来れてれば飲むの先にしたんだけど、始まっちゃったからね~

あっ
演武の最中、風で景勝さんと兼続さんの扇が飛ばされるというハプニングも。
しかしそのまま舞う姿がさすがだ。

無事決まった
観客席から扇も届けられ無事キメっ!

おやかたさま段下へ
演武途中おやかたさま段下に飛び降り。去年も見たがかっこえーのー。
あ、最後はちゃんと壇上に戻り決めてくれましたぞ。

コラボ♪
吟ちゃんたちとのコラボ。ポスターとともにww

そして地域キャラたち続々と。
ヨッシャーマン
吉川区のヨッシャーマン。これからの活躍期待してるよー!

シュールなカプw
これはまた、すごいカップリングよ・・・www

バックスクリーン
続いての雁プラでのイベントはバックスクリーンのお2人。「上越に来てもらい隊」頼んまっせー!

けんけんずとレルさん
この右隣におーちゃんたちも並んでいるのだが、入りきらん(^^;

さぁ飲むぞ!まつり終了まで短期集中。いくぜ飲むぜ!
(ブースで飲みに専念したため、ブースの写真はありません)

おーちゃん
練り歩きおーちゃん。正面の写真がない・・・

で、飲んだくれ、同じく短期集中の相方と合流したりまた別行動したり。
顔なじみの方ともお会いしましたが、酔っ払っててスミマセン。

鯛茶漬け
これは柏崎の鯛茶漬。サラサラとうまし。

SAKEまつり無事終了。
ほぼ全品種飲んだぜ~

そして帰宅して、2人ともばたーんとダウン。
新潟からの電話で目が覚め、それからいろいろ用事済ませ、また寝たのはいいのだが、再び目が覚めた時に先ほど済ませた事の記憶がない。

・・・酒に呑まれた(^▽^;)

ああ、酒は呑んでも呑まれるな、鉄則。気をつけよう(来年は)。
関連記事

越後・謙信 SAKEまつり1日目

10/26 越後・謙信 SAKEまつり1日目

今年もこのイベントがやってまいりました。
SAKEまつりポスター
酒好きにはたまらんこのイベント「越後・謙信 SAKEまつり」。
万全に体調を整えて?いざ、飲むぞ!と意気込んでいたのだが・・・。

前日の朝、新潟から連絡があり親戚の訃報が・・・。
これはやっぱ、はいそーですかじゃあどうもというワケには行かないもんなぁ。
しかもビンゴな土曜と日曜。
・・・仕方ないね。

しかし、だからといってすべてをあきらめる気はないもんねー。
今日は飲まないけど、まつり酒ゲットという目的もあるし行っちゃうもんねーSAKEまつり♪

・・・と、いうことで本町へ。
まつり酒販売ブースに並び、販売開始後早々にゲット。
飲まないけれど試飲グラスも早々にゲット。あれ、去年と同じ色だ・・・

これ、毎年ごと違うものにすればいいのにね。数種ランダムというのではなくて。
いないとは思うけど、去年のグラスで今年も・・・という輩が出てくるかもしれないぞ。
13年はこの色、14年はあの色・・・とかすると残すのにもいいんじゃないかなー。
いかがでしょうか実行委員のみなさま。

会場ぷらぷら。

発酵おつまみ
発酵のまち上越、をイメージして発酵食品を使ったうまいものたち。
手間かかってるのは十分に分かるんだけれども!・・・ただ、ちょっと、高いかなーって・・・
出来合いだからもうすでに冷たいし・・・なかなか難しいね~

逸品の一品たち
新製品・どぶろくスイーツに珍味たち。あまものは試食できてうれしいね。
やっぱちょっと通常品から見ると値段的に厳しい感もあったり。

めいどいん上越
今度から、上越のイイモノウマイモノは「MADE IN 上越」として出回ることになりました~

おやかたさまたち
練り歩き中の上杉おもてなし武将隊・おやかたさまとみつどの。ご苦労様です。
ただ練り歩き範囲決まってて本町5付近のみってそれなんかちょっと・・・

吟ちゃんパネル
吟ちゃんパネルも雨を見越してレインコート(違)

オープニングイベント
イレブンプラザではオープニングイベント中。

うー
あー、混ざりたい(笑)

いいなー
これは明日のお楽しみじゃー!

吟ちゃん純ちゃん
立体化吟ちゃん純ちゃん

リリマリ♪
雁プラステージでは新潟ガールズ集団「リリマリ」のお酒紹介なんかも開催中。
動きがやっぱりモデルさんだなぁ~

何気にいろんな方たちとばったり。
ま、これもおいしいもののおかげだね。
お酒は今日はガマンして、お昼になるほどいろいろいただきましたわい。
食で満足、っと。

では、いざ新潟へ!
じぇいこぶずらだー
光かかる弥彦山
関連記事

魚沼へ

10/20 魚沼へ

(前エントリの続きです)

翌朝、雨。
・・・まあ予報通りだしね。昨日降らないでよかったと思おう。
朝食食べて人心地ついた後、来年の再会を約束し解散。
今年もお世話になりました。みなさんお元気で。ありがとうございました。

で、皆と別れてから、まず向かったのは毎年恒例のR290道の駅とちお。
ここの揚げたて栃尾あぶらげ。

あぶらげショップ 揚げたてあぶらげ
この出店は注文してから揚げてくれるのだ~
しかし今日はまだ朝食がこなれてなくお腹いっぱいだったので半分ずつ。
お店も出てたんだがこの雨ではね。。。
山野草もこれはというのなかったし。

栃尾からR290~252を経由し道の駅ゆのたにへ。 

こんな場所も
先日の大雨で途中こんな箇所も

道の駅、雨ながらも何かおもしろそうなものはないかなと。
豆腐?
豆腐ケーキとは何だろう。気になる・・・(で、ゲット)
[小出のお菓子屋さんが作ってるお菓子。豆乳入りのスポンジで餡をはさんだものでした]

「ゆのたに」にて
魚沼各地で行われる早津剛展のプレ展示

実は今日は八海山尊神社の火渡りが開催される日なんである。FM-Jでもスポットが流れてたし、ちょうどタイミングいいので見に行くのもありだなと思っていたのだが、この雨では・・・どうしようかねぇ。

トミオカホワイト美術館
まあまだ時間もあるのでトミオカホワイト美術館へ。
20年ぶりくらいじゃないか。久しぶりだなぁ。
今更だが上越市はもったいないことをしたよね。ふるさとから拒否するってさ…

ガスがかかる八海山
美術館から見える八海山 (ガス付き)

雨も少し弱くなってきたようなので、やはりここまで来てるんだしと八海山尊神社へ。
道中護摩焚き点火したようでもくもくとすごい煙が上がるのを見る。
ああそうか、火渡りだけでなくこちらも見所だったりするのか。
駐車場はすでに満車で指示に従っての路駐は結構向こう側。
そこからてくてくてくてくと神社に向かって歩く。また雨降ってきたし。。。

神社到着。えーと、見学にいい場所は・・・。
前の人の傘の合間から見たりしていたが相方がテント下を確保していたのでそっちに移動。
(本当は「講」の人たちの待機場所みたいなんだが一般見学者のようでもあるしよくわからない)

準備
渡る準備も怠りなく
火渡りは先程の火が下火になったところに白装束の修験者がまず渡る。まだ回りには残り火もあり熱そう。

渡れ渡れ

渡れ渡れ渡れ
続いて講中、最後が一般参詣者と言う順番なのだが、全国からの講中の人たち多い多い。(上越もおったよ~)
一般はまだっぽいのでその間に八海山尊神社におまいり。

大石段
88段の大階段

八海山尊神社
神社社殿

名水です
金剛霊泉の水は八海山2合目から引いてきた名水

玄武の奇石
鳥海山から産出された重さ20トンの巨石。平成6年に奉納されたんだそうだ。

ここは中臣鎌足が御神託を受け現六合目に祠を設けたのが始まりだそう。そして八海山は役行者小角や弘法大師が頂上で密法修行したそうだ。山岳信仰の場として知られていたのだが、寛政6年(1794年)、木食泰賢行者が木曽御嶽山の中興開祖・普寛と共に登拝道を開いたことで、八海山は御嶽山の兄弟山として列格し、次第に全国にその名を知られるようになった。
そしてこの大祭は、木喰泰賢行者によって天明3年(1783年)10月20日に始行したと伝えられていることから毎年この日に開催されているそうだ (ただ明治政府が明治5年(1872)修験道廃止令を通達したため以来、昭和37年(1962)まで中断されていた)
ふむ、では泰賢さんが天明3年に火渡りを始め、その後参拝道を開いて次第に全国レベルの山岳信仰修験場となったということだな。



古書体だー
ここ、神社の定番二礼二拍手一礼ではなく二礼四拍手一礼。え、そうなのですか。
・・・はい、やり直し(^^ゞ

狛犬さん1 狛犬さん2
狛犬さんたち

階段を下り火渡場に戻る。
講中の次は一般の方とはアナウンスしているものの、その区別が分からない。一般の方どうぞという案内待っていたのだが。
そして渡りを終えた講の人たちはどんどん退場していくので次第にここから人が減っていく。
渡る人が少なくなってきたので、もう一般だったのかーと慌てて靴下脱いで火渡場に走る。
雨だったこともあり、余熱があるかなーとも思っていたが熱くなく、しかし印を結ぶ手組も忘れ、ただ合掌のまま早足で渡ることしかできなかった・・・
靴の所に戻ってみたら、「いいよ見てるよ」とか言ってた相方も渡っているのが見えた・・・
うんうん、やってみるもんさ。

足洗い場
足洗い場で足裏の砂を洗うが雨だし拭ききれないまま靴下履きして大祭終了式?を見る。
これにてシメ!
シメの儀式です

六角堂
六角堂。雨だった&講の集合場所になってて中に入るタイミング逸した…
天気いいときにまた来てみたい。

またてくてくてくてくと駐車場へ。

火渡りを見るだけでなく渡っちゃったよ~
煩悩を火で焼き尽くし罪や穢れは祓われたかな。え、お前の煩悩は焼き尽くせない?(^^;
でもこれで家内安全、無病息災に過ごせればありがたやありがたや。


そして遅いが昼食、ということになったものの。
日曜日でありながらも14時を過ぎていたためやっている食事処が見つからず、ジャスコ構内に入ったものの駐車場は秋がなく、空腹になんとなく雰囲気が悪くなる車中。
・・・先程心を清めたはずなんだがな。

八箇峠前にやっているドライブイン的食堂を見つけてここに即決定。
カルビ重 しょうが焼き定
カルビ重としょうが焼き定。ごちそうさまでした。

そして、心も穏やかに(笑)、八箇峠を越え十日町に入り、FMとおかまちで久しぶりの「T-FINE」のヨシカメお2人さんの声を聞きながら、クイズに悩みながら (ちくしょーわからなかったよー。まさか「センスいかん→潜水艦」だとは) 松代の道の駅でのイベント「まつだい元気まつり」に眠気が来だした相方の気分転換を兼ね立ち寄る。

松代よさこい
こちらも天気悪くてかわいそう・・・

その後はまっすぐ上越向け。2日間お疲れさまでした。
関連記事

粟ヶ岳へ

10/19 粟ヶ岳登山

この土日は山の会の秋例会。
無線からはじまってつないでいただいた縁だが、新潟を離れてからはこの集まりくらいしか顔を合わせることがなくなってしまった。
どこか一山登ってから集合場所に行こうかという話はしていたのだが、行ける人たちで粟ヶ岳(1293m)に登るという話があったのでそれに同行することにさせてもらう。下田からのコースは行ったことないし。
とはいえ、新潟からと上越からでは移動的にちょっとかかるのだが(^^;

というわけで、いつもよりも早起きして(眠い目をこすりながら?)集合場所へGo!
・・・なのだが、山道具忘れ物したりで時間をロスしてしまう。高速乗る前でよかったけどね。

八木鼻
下田の八木鼻。切り立った岩場です。

無事下田の集合場所に到着し皆と合流。お久しぶりです。
先導車に従って登山口まで。

支度し、はい、登山開始。6人パーティーれっつごー!

自然の力
水害の爪痕。自然というものの力。

ダイモンジソウ
ダイモンジソウ花ざかり

小沢を越えると苔むした数段の階段が。ここには昔粟薬師まで行けない人のためにお堂でもあったのだろうか。
写真撮りそびれたけど。

猿飛の滝
猿飛の滝

大ぶな
大ぶなの木(推定樹齢400年)
おお、関が原の頃生まれたのか君は!

薬師奥の院
えっちらおっちらと登って薬師堂奥の院到着。
粟薬師といえばここらの深い信仰対象だったんだろうな。

えっちらおっちらえっちらおっちらえっちらおっちらと再び登る。
もうひとがんばり
も、もうすぐ。がんばれ。

山頂標
頂上、とうちゃーーく!

飯豊
ああ懐かしの飯豊連峰

守門と越後三山
守門(手前)と越後三山
写真撮ったり・・・なんだが、カメラでは上手く写ってくれない。
妙高や鳥海山も見えたんだけどなー・・・

お店の一部♪
お店
みなさんちゃんと作ってきてさすがです。

お店広げてわいわいやっていたのだが、だんだん寒さの方が強くなってきたので早々に切り上げ下山開始。
・・・なのだがちょっとトラブル発生。寒かったからとはいえ団体の中でタンドクコウドウはイケマセン。
無事に連絡が取れたからよかったものの、山の事故の可能性(経験があるので)も皆頭をよぎったのだからまったくもー。

えっちらおっちらえっちらおっちらと無事登山口に到着。
皆で宿となる施設・よってげ亭に向かう。
当時の思い出
当時の在校生の作品だろう。ここは以前小学校だったのだ。

中越地震が起きたあの日もここに来てたんだよなー・・・
あのときは本当に「死」も覚悟したんだ。まだ生きてる、けど。

あれからこの集まりには写真でしか参加できない人も増えた。
今年の5月にまた1人旅立たれてしまった。まだまだ山と集いを楽しんでほしかった。
遺された自分たち、先に旅立った人の分もやはり「生きる」ことを大切にしないとね。

縁を大事に、今日のこの日に、ありがとう。

と思いながらも、人生と山の先輩たちより早々に酔いつぶれ寝落ちたのでありました。ダメじゃん(笑)
関連記事

金谷山と春日山

10/18 金谷山と春日山

この週末は例年通り山と無線の会の秋の例会がある。
で、土曜日はこの会の有志で粟ヶ岳に登る事になっている。

しかし、今年はまーーーったく登山をしていない。
山仕事やら春日山には登っているけれど、1000m越えの山は全く行ってないのだ。
そんなこともあって、焼け石に水と言うか、あまり足慣らしにもならないだろうけれども(それこそ何往復もしないと意味なさそうだが)それでもしないよりはした方がいいだろうとちょっと準備運動へ。

まずは金谷山。白旗山。
ゲレンデ側から登ってボブスレー脇を通るコースにしよう。
保育園か幼稚園の遠足組も来ていてにぎやかだ。
初秋の池
池のほとりには栽培中のナメコ採るなの看板。
では、行ってきます。

中腹から
中腹からレルヒ像と米山
るんるん
上まで上がってボブスレーの方に向かいます。
キリンソウ?
キリンソウかな?

リフト終点から
リフト終点からの景色

ヤマゴボウ
おお、ヤマゴボウ(オヤマボクチ)が咲いている。
下山途中日向ぼっこしている小ヘビを見つける。あったまってたのに悪かったね☆
茶色のヘビ、なにヘビなんだろう。写真はヘビ苦手な方も多いだろうからやめときます(^^;

無事到着。次の場所へ。
園児と武将
はい春日山。
こちらも遠足日和のようで。武将と園児w
謙信像
謙信公像に「行ってきまーす」。

今日は三の丸コースで。
義の土運動
せっかくだから土運びもいたしましょう。背負うリュックに負荷かけて。

山頂着。
妙高三山
おー!毎回雲がかかって分からなかったが、ここからも妙高は見えるんだねー(左側の奥のポコポコ)。
さすがに初冠雪までは見えないか。

義の土入れに持ってきた土を入れる。たまにはお役に立たにゃー・・・ね。
狼煙準備
週末に行われる狼煙プロジェクト用の狼煙台(というのか)
晴れるといいね。

米山さん
米山さん。
こちらも天候はよく弥彦に角田まで見える。越後三山はかすみ気味。

本丸
たまには本丸の写真もw
さて下りるか。下りはいつもの神社へのコース。
ヨメナ
あちこちにヨメナが咲いてました。

そんなこんなで明日へのウォーミングアップ(?)終了。
あとは明日のお楽しみっと。がんばりなさい。
関連記事

花ロード3日目+姉妹都市展+春日山

10/14 花ロード3日目+姉妹都市展+春日山

で、3連休3日目でございます。

まずは観光物産センター・姉妹都市と上越市の観光と物産展(←これ正式名称)へ。
おもてなし武将隊とS.O.Pのコラボ演武を見に行く。
この演武は7月の上越まつり以来のコラボ。

コラボ演武
が、行ったのが遅かったのですでに人の壁。見えぬ・・・
ステージが以前より狭かったようでけんけんずオールキャラ出れなかったのが惜しかったね。

兼続さんとマリオ
兼続さんとマリオ♪

幸村さん
兜を脱いだ上田の幸村さん

姉妹都市もPR合戦。
佐渡市PR
クイズやじゃんけんでプレゼントがもらえるぞ。佐渡さんブリカツくん連れてきておくれよー。。。

真田隊
上田からは信州上田おもてなし武将隊の真田幸村さんと望月さんと十蔵さんと甚八さんと佐助(和緋)さん

このあとはゆるキャラショーもあるけれど、そろそろ帰らねば。。。
おーちゃん
では、午前の部終了。


お昼を食べて、午後の部へ行ってきまーす。
姉妹都市展の真田隊の演舞時間と、春日山での上杉演武がほぼかぶるのでどちらに行こうか迷いつつも結局春日山へ。(上田の皆さまごめんなさいー)
もうちょっと時間編成考えてくれればいいとも思うが、お互いに都合もあるからねー。
実際望月さんに去年みたいに春日山行かれますかと聞いたら、今年は時間的にムリだということだったし。

演武~
演武に
おもてなし~
おもてなしに
春日山~
集合写真

演武終わって今度は本町へ。
花ロードの作品は大体見たのだが、まだ行っていなかった「節子(さん)の庭」へ。
オープンガーデン
ここ行かなきゃねー。。。

花いっぱいの節子(さん)の庭には珍しい花もあるんだよね~。
ショウジョウソウ
トウダイグサ科の「ショウジョウソウ(猩猩草)」と言うのだそうです

センニチコウ
これは何かとたずねたら、センニチコウ「花火」っていうんだそうで。へーーー・・・

ちょっと花ロードも
作品1

作品2

初日に雨で買えなかったので、花ロード終了ギリギリながら荒川さんの販売ブースへ。
やっばり目をつけてたのはなくなってたなー・・・しょうがないよね。

本町から埋文へ
退陣ご挨拶
こちらも退陣。お疲れさまでした。

そんなこんなの3日目でした。いやー行ったねー。
でもなかなかコンプリートは難しいわ。範囲も広がってきてるし。。。
関連記事

花ロード2日目+姉妹都市物産展

10/12 花ロード2日目と姉妹都市物産展

・・・ってことで、2日目でございます。
今日も楽しむぞ。
昨日と違って今日はいい天気。さーチャリで行ってきまーす。

本日は・・・「食」。
いや、去年ゲットし損ねた「姫さまのお昼」を今年こそは!
これを昼飯にするつもりで来たんだからな。

作品1

作品2

作品3
大町通りの作品を見てから雁プラの販売所へ。
さすがにもうしっかり列ができている。もちろん自分もその列に加わって販売開始を待つ。
待つ間に携帯でネット見たらば午後から行こうと思っていたライブが中止になったと書いてある。
えー・・・ショックだなぁ。OAだけど見たかったのに・・・。じゃあ今回はしゃあないか。

販売が始まり、みなさんどんどん買っていくので品切れになったらどうしようかと心配だったが、なんとかしっかりゲット。
今日限定の「若さまのブランチ」も。

そして本町内作品と関連イベント散策。
ホント、天気よくてよかったね。せっかくのホコ天でイベントなんだしさ。

コスモス迷路
コスモス花迷路、なんとしたことか残念なことに、直前の悪天候で花がやられてしまい一部印刷の花になっていた・・・ああー。

グランプリ作品
へー、これが今回のグランプリなんだ。

あすとぴあアゲイン。
屋根アート
5階から屋根アートを見る。

チョコー
あすとぴあ内の洋菓子屋さんの作品はオールチョコレートの花時計だ~

桜を描こう
「えちご杉 花屏風」かぁ。
桜咲け
自分もやってみよっと。ヨクバリ「ほいとこ」でスミマセン。

人魚像
人魚像。花ロードなんだからもうちょっと花に囲まれてもよかったような。

本町を戻り再びチャリで大町通りを下って作品鑑賞。
作品4
歴代グランプリ作品。海の波で洗われたガラスたち

作品5
秋-ススキ-お月見-うさぎ

駅向こうの大町通りから東本町?本町7?のあわゆき亭へ。
作品6
ここも今日のみオープンなんだよね。
今回は中には入らず販売のパン(ソフィーさんのだ)とおせんべ(栄喜堂さんのだ)をゲット。

今度は仲町に渡り仲町作品。
作品7
手前のは鯛車(西蒲巻町[現新潟市西蒲区]の郷土玩具)

線路渡って寺町へ。
お寺にも
お寺も装って

これは貼り絵
名画を貼り絵で描いてみる

オープンガーデン

緑陰の小径
上越高校の作品やオープンガーデンを通りから眺めさせてもらい帰宅。

遅いお昼になりましたが、いただきまーす。

いただきまーす
藤作さんの「姫さま・・・」と「若さまのブランチ」そしてあわゆき亭のパン、ごちそうさまでした。
よし、これで花ロード大体巡ったぞ。よっしゃー!


そして。
当初の予定としては、花ロードをもう少し早く切り上げ、イオン/アコーレと観光物産センターをはしごする予定だったが、ライブが中止となったので予定を変更し花ロードを長く見ていたわけだが、帰宅しお腹満たされたらやはり観光物産センターにも行きたくなり、はいやってまいりました上越市と姉妹都市展。

物産としては目新しい感はないのだが、いや、逆に言えば以前より質は落ちていると思う。
物産展
毎年質を落とさないようにしている都市もあるが、持ってくるものが少なかったりパネル展示だけで参加しない都市もあるからな。お酒の販売もなくなっちゃったし。
外の即食コーナーは毎年人気なんだが・・・。

で、それでも行こうと思わせたのはやはり・・・(笑)
演武1

演武2
このドキドキとえいえいおーの爽快感を味わいたいからでございました(^^ゞ

そんなこんなの三連休の中日でございましたとさ。
関連記事

花ロード1日目

10/12 花ロード1日目

今年も花ロードが開催される。
去年は法事でダメだったけれど、今年は堪能するぞー!と行ってきまーす。

動きいいのでチャリ使用。
・・・なんだが、ちょっと天気が心配・・・ながらも、ま、何とかなるだろうと本町へ。

お馬出しの角にチャリを止め、作品見ながらぷらぷら。
つるしびな
吊るし雛。顔が風船かずらの種だっ!

ハロウィン
旬のハロウィン

ごぜさ
ごぜさの四季・春

流木
震災地海岸の流木で作られたオブジェ。2年7ヶ月分の思いが詰まってる

さくら
さくらまう。

と、作品見ながら本町をどんどん下る。
雁木の下なので気にしていなかったがぽつぽつと降り出した雨が次第に本格化してきた。
この雨ではオープンガーデンも見に行けそうにない。
はなならぶ
本町から駅方向をぐるっと回り再びの本町から、あすとぴあの市展・絵画と写真作品鑑賞。
見事だなー・・・
でも、無知で絵画の「無鑑査」ってはじめて聞いたよ。
なんとなく意味は分かるんだけど、じゃあ入賞より上なの?賞は関係ない作品ってことなん?

開府400年
高田開府400年を盛り上げるために、と市内の職人さんが作って寄贈したもの。
この紋所が目に入らぬか!・・・なんて☆

今度は本町の東側を上って作品鑑賞。
保育園や幼稚園、高齢者施設の作品にほのぼのしたり、トリックアートにびっくりしたり。
荷台箱庭
軽トラの荷台に箱庭出現(ミニチュアモードで撮影)

トリックアート
店の中に巨大ヒマワリが!

傘の花
傘の花。この時は一時的に晴れてたんだけどねー…

おべんとたち
うまそうだ~←空腹状態

みょーん
こういうの、なんてったっけ・・・名前が出てこない~

スマホでアプリ入れないと見られない作品もあったんだけど、自分スマホ持ってないし。
どんな感じだったのかな。
いかにも「時代」だな~と思う作品だけど、「誰でも見られる」ものでないのがなぁ~。

ちくちく
花ロードタイアップ企画・岸和田の刺繍・ペインターの作家さんのギャラリー

光と影と
映像と光と影を活かした作品

英字新聞
英字新聞で作られた花(ソフトフォーカスモードで撮影)。お店の方によれば、花びら一枚ずつ、大きさも違うので1輪作るのにも結構時間がかかったとのこと。

いたずら屋さん
スタジオ・ゼロの東條さんやいたずら屋尚さんたちもライブで作品制作と展示中。(ミニチュアモード)

道路渡って旧第四銀行の市展日本画作品と2階の彫刻展を見てお馬出しへ。
ふろーてぃんぐふらわー
お馬出しの通りにもなかなかいい作品あったんだけど、雨がなー…。

ここで既に14時回ってる。朝から何も食べてないのでさすがにお腹も空いたぞ。
チャリ引っ張って本町を再び下り軽くお腹を満たし本町6方向へ。
こっちは雁木が穴あきだし、雨足が強いしまいっちゃうねー・・・
とにかく、デジカメと携帯濡れないよう気をつけなくては。自分濡れても機械濡らすな(-_-;)

世界館の作品。この3日間上映中の「ひまわり」。
飛行機はでかい
飛行機、飛んでる時は自覚ないけれど、実はこんなに大きいものなんだということを知らしめる作品。こんなにデカイのが落ちてきたら・・・ねぇ・・・・・・。

高田小町。
もう「造花」ではなくアートといっていいアーティフィシャルフラワー(だったっけ)の作品展。
「造花」越えてる
すごいねー・・・
こういう世界もあるんだ~
すでにアート
こういう色を合わせた作品もできちゃう、すでにアート。

ひぐちさん個展
そして蔵で開催しているひぐちさんの「古きよき髙田展」へ。

有名店
マルニジーンズといえば高田の有名どころだったそうだ。
今は新井にお店があるそうだが、そのオリジナルジーンズのファンは上越エリアだけでなく各地にいるそう。
髙田のまちなみ

蔵の中
自分の知らない頃の高田の町がひぐちさんの絵で甦る。

そこに世界館の映画を見てきたPiさんが。うわー偶然~!
映画はとてもいい、そして考えさせられる映画だったそうだ。そして自分上映日程を勘違いしていたことを知る。
一日ずれてて金~日だったとは。てっきり土~月かと。

雨の音が小さくなったので、今のうち!と小町を出てダッシュで帰宅。
あー、こんな時は予報当たるんだよなー。まいったまいった。

でも本町周辺の作品は大体見られたぞ。続きはまた明日のこころだー!
関連記事

空を見よう

10/7 本日も春日山本丸へ

秋晴れで青空がいい感じである。
電線のない空が撮りたいな~と金谷山の駐車場に行ってみたが、ここからだと電線が入ってしまう。
展望台まで行けば大丈夫なんだろうが。

ということで春日山へワープww
駐車場からだとやっぱちょっとなー・・・と思っていたらおもてなし中の兼続さんが「今日は魚沼の山も見えるぞー」と魅力的なお言葉を。
やっぱりそう言われちゃったら行くしかないよね(笑)

今日は脇は見ず一気に本丸登頂二の丸コース。はい到着。

確かに
越後三山、ぼんやりながら見えますな。

火打と焼山と海谷山塊と権現・鉾ヶ岳
こちらもキレイに見えてます。火打・焼山・海谷山塊・権現岳&鉾ヶ岳
それにしても爽快な青空だなぁ♪

火打・焼山アップ
火打と焼山アップ。紅葉始まってるかな?

ギザギザ海谷山塊と権現・鉾
権現岳と鉾ヶ岳、そしてギザギザ海谷山塊

彩雲だ
お、彩雲?

すらすらっ
筆ですらっと書いたような雲。黒いポツポツはトンボです。

うん、青空元気チャージ。
空気澄んでていいよなーこの季節。

さ、午後からもまたがんばろうっと。
関連記事

SL見てから板倉へ

10/6 SL見てから板倉へ

午前中はSL。
今日は脇野田へも直江津にも高田駅にも行かずに近くの踏み切りで見学。
好きだー
往路牽引機関車。赤のもいいけどこれも好きだ
引っ張られるSL
新井まで牽引で行ってらっしゃい~

そして、新井からのSLキター!
SL自走キタ!
牽引の時はあまり人がいなかったが、今度は三脚カメラマンや見学者がどどっと増えててびっくり。
来た来た!
乗客も、沿道の見学者もみなにこやかに手を振り合って。いいなぁこういうの、やっぱ。

そして午後、天気もいいしどっか行くかということで板倉にちょっくらお出かけしてきた。
まずは地すべり資料館へ。
これだけ降りました
人里での最高積雪深8.18mはこれくらい。(写真では分かりにくいが)
滑り台になってます。
ここ、オヤジさんがここの石積み等仕事で手がけたということで皆で見に行って以来なんだよね。
まだ上越住人じゃなかった頃だし、あのころはみんな元気でいたんだよなぁ(しみじみ)

ナナカマド
ナナカマドの実も色づいて

地すべり資料館におじゃましまーす。
平成23年にリニューアルしたそうなんで実質的にはここは初めてになる。

いたくら遊雪館コーナー
雪の民家模型
雪にまつわる展示あれこれ。最高積雪深8.18mを出したのは昭和2年。
この大雪の年に後谷の雪崩も起こっているんだよな。

自然災害にまつわる展示。
クイズも交えてのパネル展示がメインだが、地すべりで地中に埋まっていた大木。
伝説を裏付ける大木
800年位前の木だそうで、この木が地すべりで流され、川をせきとめてしまったそうだ。
そこに人柱の話が絡んでくるという・・・
伝説はつくりばなしではなく事実だったんだよね。

2階の地すべりと伝説の部屋。
「猿供養寺」という名前の由来や人柱伝説の展示。アニメもあるよ。
伝説の再現
むかしむかし旅の坊様が道に迷い、そこで二匹の大蛇のひそひそ話を聞いてしまう。
二匹は地すべりを起こす算段・そしてそれを防ぐ話をしていたのだが、坊様はふとしたことで二匹に見つかってしまう。
逃げる坊様、追う大蛇。
坊様は助かるのだが、助けてくれた村の娘は地すべりを防ぐため生贄に差し出されることになっていた。
地すべりを防ぐ方法を村人に教えたら、自分の命はなくなる・・・しかしこのままでは恩人の娘は生贄に。
坊様は意を決し、村人に地すべりを防ぐ方法を教え、自ら人柱となるのだった・・・

これはちょっと脚色もしてるけれど。

当時(今もだけど)地すべりで困っていた村に1人の旅僧がやってきた。
旅僧は村の惨状に驚く。その頃村では地すべりを防ぐには人柱を立てるしかないという話になっていたのだが、人柱のなり手がいない。
村人は旅僧にすがり、旅僧も悩みつつ、衆生を救うのが僧たるもの・・・と人柱となることを決意したのだった。
以来この地には地すべりは起こらなくなった・・・という言い伝えがずっと伝えられ、村では供養も毎年行っていた。

そして昭和12年、土中から人骨の入った甕が発見され、賽銭としてあげられた当時の銭貨からこの伝説は本当の話だったことが判明し、昭和36年人柱供養堂に安置されたのだった、と。

災害体験&実験コーナー
液状化体験
液状化現象の仕組みが分かるぞ。
他にもパズルや実験もできる地すべり資料館、なんと入館料は無料!

資料館を出て供養堂へ。
人柱供養堂
発見された人骨と甕は風化防止・永久保存の処置をされここに奉られているのだ。

人柱守護神
八幡神社も人柱守護神となっている。

・・・なんだけど、2012年、また地すべり起きちゃったんだよなぁ。
自然の力にはいつの世もかなわない・・・

お次は延命清水へ。
ここも以前来た事は覚えてるんだけど、記憶がおぼろ・・・で補完。
延命清水
清水いただきました。命の水がしみわたる~
周りには祠がいっぱい。水の神様がおられるんだろうね。

そこから岩山不動尊とお稲荷さまを経由し山寺薬師へ。
山寺
扉は閉まっているが参詣者は開けて入れますぞ。
薬師さんたち
向かって右から釈迦如来坐像、薬師如来坐像、阿弥陀如来坐像。
室町時代に再建された像なんだそうだ。

おじぞうさん
なんとも体格のいい?お地蔵さんたち

にこにこ
こちらはスマイリーな石仏さんたち。石段の両脇に点在してます。
木喰さんの微笑み仏もだが、こちらの微笑み仏に思わずにっこり。

山寺階段
歴史ありそうな石段。杉並木は樹齢推定700年以上。山寺薬師(東山寺)の起源は飛鳥時代なんだそうだ。
うっわー・・・
すごいなー歴史あるなーたまらんなー

お次は山寺薬師の途中に案内板のあった「宝篋印塔(ほうきょういんとう)」へ。
どういうもんかは検索していただいて(^^ゞ どうやら鎌倉時代中期以降に作られたものらしい。
全国にあるけれと主なものは重文になっている・・・のに、ここのは案内板もなくただ「宝篋印塔」とだけしかない。
(昭和49年8月に板倉町(当時)指定文化財となっている)
宝篋印塔

周りにも古そうな石仏や塔が(もう形分からないものも)草に埋もれている。
かなり歴史ありそうなんだけどなぁ・・・逆に文献とかなくて由来書きようがないのかな。
でも町指定文化財なんだし、見る人見れば分かるんだろうけど・・・、このままではなんとも。
このまま埋もれてしまいそうだ。
古そう

こちらも

これはちょっと新しい?
こちらはちょっと新しめなのかな?

追記:この宝篋印塔は室町時代応永5年(1398)に作られたもの。
頸城地方の年記在銘のもっとも古い塔で町の文化財に指定。
かつてここには観音堂があり戦前まではにぎわいもあったがその後廃寺となったそう。


・・・と、いにしえに浸ったあとは、一気に現代(笑)
「やすい」が並ぶ某しみずやに寄って帰宅したのでありました。

板倉の歴史再発見でありました。
今度は箕冠城址などにも行ってみたいなぁ~
関連記事

鉄道まつり+あるるん畑・番外編

10/5 鉄道まつり+あるるんの番外写真編でございます☆

1
おやかたさま
2
モノクロってみましたが、やはり名札はやめてほしいなぁ(;´д`)

3
もののふは背中で勝負する(なんてな)

4
おなごも凛々しく

SLばんえつ物語キャラクター「オコジロウ」くん
5
ホールドアップで連行(笑)<<(違)

6
みっちゃんと♪・・・ていうかオコジロウさんの腕は常にこういう状態なのか?

7
けんけん、おやかたさまになでなでをねだるの図

8
けんしんくん・かねつぐくん・けんけんのリアル上越忠義隊けんけんずww


あるるん畑にて
9

15

10
もう“見習い”なんて言わせない☆

11

12
じゃんけん勝ったー!(喜)(嬉)な兼続さん

13
コメパンマンと意気投合?

14
コメパンマンが斬られようとしてるのではありません。決めポーズで記念撮影。(方向悪かったが(^^;)

以上、この日の番外編でした。
関連記事

鉄道まつりとアート商店街+あるるん畑

10/5 直江津鉄道まつりとアート商展街+あるるん畑へ

…と、いうことで、先日試運転されたSLがこの日直江津にやってくる。
この2日間は直江津駅と駅前商店街で鉄道まつりとアート商展街(日曜はやさい・さかなまつりも開催)が開催されるのだ。

土曜日、さあ行ってきまーすと。
テントではなく脇の芝生にどっこいしょと場所確保。前だ前だ。
ご挨拶
オープニングは市長や駅長などのご挨拶

武将隊も
武将隊の演武もありましたぞ(写真は演武ではなくPRタイム)。
珍しくの甲冑なしの夏装束演武。新鮮だぜ~。
おやかたさまの演武第一声前の一瞬の「タメ」というか「切り替え」というか…その緊張感にどきっ。
演舞は何度見てもわくわくどきどきだー。
写真ないけどマリオとも遭遇♪義の戦お疲れさまです~

直江津駅構内通路に行ってみよう。
鉄心刺激
鉄道模型に
こちらも
はくたかや歴代ばんえつ物語のロゴなど「そそる」ものがいっぱい。
南口から転写台を含む操作場に行ってみたが、今年はこちらでのイベントはなく入れない状態。
去年は列車いっぱい展示してあって、乗車できて楽しかったんだが。
今年はこれだけ?
今年はこれだけでございました・・・そして入れない・・・

連絡通路を戻る。ひぐちさんの絵葉書屋さんもオープンされててこんにちはです~
(あれ、写真撮ったような気になっていたけど、撮ってなかった?(^^;)

また北口に戻れば新幹線関連の創作駅弁コンテスト試食会に長い列。整理券は既になく。
お弁当はどれ?
大忙しのスタッフさん

直江津図書館に行ってみませう。ここでもアート商展街。
カラムシ和紙
カラムシで和紙を漉くワークショップなども開催中。

まちかど水族館~
エイの赤ちゃん
目出し帽みたいな顔っぽいのはエイの赤ちゃん。
裏のスマイルもかわいいが、こっちの顔もユーモラスですな。
でも、去年はあった水族館半額サービスがなくて残念。

北口広場に戻ってみれば軒猿衆・色刃の演武が始まってたぞ。
色刃演武
忠輝くんと五郎八姫が主役の高田開府400年に因んだ演目。
みんなの声援と新しい陣羽織で忠輝くんパワーアップだ!

駅前商店街のアート商展街へ行ってこよう。
フェルト細工
ホワイトキャッツさんのフェルト細工は今年もかわいいな。

三野屋さんの巨大継続だんご。
巨大だんご
重量当てクイズ開催中。しかし当たったためしがない(笑)
抽選時に行ったことないから分からないけど、毎年同じ重さなのかなぁ?

しばしおじゃまさせてもらった緋色美さんのブースは七宝に切り絵ポストカードに羊毛フェルト小物など。
「増殖」だるまとうさぎ
いたずら屋尚さんにインスパイアされた「増殖」のだるまとうさぎさん♪

お、そろそろSLがやってくる。どこで見るのがいいかなーと駅に戻ってみれば、入場券購入の長い列。
こりゃあ今から並んでも入場券ゲットした頃にはもうSL入ってきちゃってるだろうな。
そしてあの混雑では・・・と思うと、近くじゃないけれど外から見ることに決定。
タイミングよくあいていたスペースにもぐりこんで(笑)SLが来るのを待つ。

キターーーーーーー!
キターーーーーー!
うおー!やっぱりいいですなぁ♪
長岡からやってきたSL、直江津に到着。
東北がんばっぺ
がんばろう東北!

SL人気
ホームにはSL見物の方たちがいっぱい。
実は景勝さんと十吾郎さんはこのSLに乗っておもてなししていたのだが、十吾郎さんのあの元気な声が聞こえてきたので駅の柵から目と耳でお2人が近づいてくるのを待っていたのだが

こちらも忘れずに
なんとSLより手前に別の電車がやってきてSLホームが見えなくなってしまった。
終点なのか発車する気配なし。お2人の姿見られなかったぜ・・・
北陸本線も100周年なんだって。

そして直江津駅から離れ、あるるん畑へ。
こちらもイベント開催中。そしてここにも武将隊が来るのだ。
駅に次いでの連戦お疲れさまです。
演武開始時間をちょっと過ぎていたのでやばいと思っていたが、なんと始まり勘違いしていてまだスタンバイ中だった。ほっ☆

ちょきんぎょ焼v
ピンボケですが無料ふるまいのJAおなじみ「ちょきんぎょ」のちょきんぎょ焼。ごちそうさんでした。

演武はおやかたさまと兼続さん、そしてつばめちゃん。
クイズ&じゃんけん大会は珍しくいいところまで行ったものの残念、やっぱ負けちゃいました。
武将隊演武の次はコメパンマンのじゃんけん大会。こちらは早々に負けてしまったけれど、兼続さん勝負強さ発揮でまさかの賞品ゲット。で、この賞品争奪リベンジじゃんけん大会が(笑)

コラボ♪
目がちょっと怖いコメパンマン(目が怖いとよく言われる自分が言うのもなんだが)とのコラボでぱちり☆

マスカット・ベーリーAやりんご、白花コルチカムなどゲットしたり牛乳もらったりとなかなかに楽しい収穫イベントでしたな。

SLと手づくりモノ、おいしいものに演武などなどと盛りだくさんに楽しんできました。ちゃんちゃん♪
関連記事

春日山本丸へ

10/4 春日山本丸へ

天気がよかったのでふらっと足慣らしに春日山へ。
謙信公銅像
「また来たのか」という声が聞こえそう(^^;

今日もお手軽二の丸コース。
それにしても草刈りすぎのような。。。

中腹から
こんな徹底的に刈らんでもいいと思うんだけどなぁ。
さっぱりしすぎでつまらんぞ。

水場
水場。ここもすっかりに刈られてる。
石柱には何か字が彫られているんだけど、苔むしてて読めない。。。
ガイドマップにも出てないんだよね。簡易でいいので案内ほしいよな。
飲用可のはずなんだが、今、生水はいろいろめんどくさいからなぁ。

今日も虫タイム(苦手な方すみません)
むしむし

こちらも
トノサマバッタのはずなんだけど、擬態してますな。
バッタも周りに合わせ色変えられるのか。

羽傷んでる…
次の世代にバトンタッチする日も近いのか羽がずいぶん傷んでる。

毘沙門堂
毘沙門堂に手を合わせ。

写真を撮りながらでも15分ほどで本丸着。
焼山と火打
天守台から火打(左)と焼山(右)。妙高見えないもんな。

米山と頸城平野
米山さんと頸城平野、そして下草刈られまくりで地肌見えてるような春日山。

春日山神社
てくてくと下山して春日山神社着。今日もありがとうございました。

みつどの作
帰りにちょっくら埋文。みつどの季節の折り紙作品・10月編とどんぐりさん(顔入りww)

秋の風情が見え出した春日山あるきでした。
関連記事

脇野田駅でのSL試運転

10/3 脇野田駅でのSL

この日は週末の長岡-新井間のSL走行イベントの試運転(直江津-新井間)があると聞いていた。
せっかくなので北陸新幹線開通とともにその役目を終え駅名も変わる脇野田駅とSL・・・を写真に収めてみようと思い立ち、ちょいと行ってきまーす。

この辺かな
ホームに行けばSLは大きく撮れるだろうけど「脇野田」入らないからやっぱりこの辺だろう。
(当たり前ですがこれは駅舎ではなくホームの待合室です)
1番線通ってくれるよね多分。だって、「1番線」なんだし・・・

どきどきしながら待っていると
新井行きは牽引で
さあ来たぞ!・・・って、え、ええーっ!?1番線通るんじゃないのーー??
(新井まではディーゼル機関車の牽引です)

あ。
あ、(わたわた)

ああー
ああーー

行っちゃった…
行っちゃったよ・・・

新井から戻ってくるまでの30分近くはHCなど用事足しで場を離れ、また戻ってまいりました。
・・・1番線でなかったのは盲点だったなぁ。
復路はうまく撮りたいもんだが、ここには停車しないからなー

待ってる間に電車が来たぞ。練習だ。
練習
こんなタイミングで撮りたいんだけどな~

駅舎と
駅舎と使われない行き止まりの線路に咲く花。でも花もボケとる(^-^;

おっ!
来たぞ
来たぞーーー!

あちゃ。
あっ!

行っちゃった・・・
ああ~・・・行っちゃった・・・

ズームやら合わせている間に相手も動いてるもんで、行きも帰りも結局ナイスタイミングを逃してしまった・・・
しかし、「脇野田」と新駅、そして、写りはダメダメながらもSLも撮れたのでまずはよしとしよう。
週末はうまく撮れるといいんだけどな~
関連記事