オクトーバーフェスト1日目

7/31 オクトーバーフェスト1日目

上越市・高田公園内では今年もオクトーバーフェストが開催される。
今年は開催時期が早い…

で、今年はちょっと日のめぐりがよくないので、実際飲みに行けるかどうかはわからないけれど、オープニングに武将隊が出陣するというのでエアプローストしに行ってきた(笑)
(…にしてもこのビールは気軽にがぶ飲みできる価格じゃないよね)

出陣時間に合わせ会場へ。
17時開催とはいえ、会場はまだ人もまばらなので前に陣取る。

演武1
17時20分、武将隊の演武からオープニングイベントスタート。

演武2

演武3

演武の後は
スタンバイ
ステージを下り傍らで待機。
開府400年イベント時に初お目見えしたJCI作忠輝公ねぶたも一緒に。

ご挨拶
その間主催者や関連する偉い方々の挨拶が続き

いよいよ乾杯・プローストタイム。
プロースト!
プロースト!
…って、今年はグラスないの?

こっちはあるのに
こっちはちゃんとあるてがに。うーむ。
去年みたいに馬上杯持ってもらうとかしてもいいのに。

会場内1
会場内ぷらぷら。今日は見るだけだけどな。
会場内2
ドイツビールはそれで魅力だが、悩ましいのは地元のおいしいもんブースから漂ってくるうまそげな香り。
夕飯前の腹をくすぐるこの香り。(といいながらその写真でないところがw)

プロースト楽団
楽団の演奏も入り、初日の今夜もプロースト!で賑わいそうだ。
そんな会場を背に本日終了。

ちょうど退陣する武将隊のみなさんと会ったので「お疲れさまでした」のご挨拶。
自分の腕などにまとわり飛ぶ蚊につばめちゃんが虫除けスプレーをかけてくれた。
ありがとうー!

あ、うち帰って枝豆と共にプローストがっつりやったのはもちろん言うまでもありません(笑)
プローストっ!

関連記事

市内最後の駄菓子屋さんへ

7/30 清水商店へ

上越市の駄菓子屋「清水商店」が今月いっぱいで閉店するという。
市内に残った一軒だけの駄菓子屋さん。
話には聞いていたが場所がよく分からずで行けず、それからは気になってはいたもののついつい通過…でようやく来れた時には閉店間近ってもう。
清水商店

入ってみれば昔ながらの駄菓子屋さん。
しかししかし、お菓子がね、やはり当時のものとは違うのよ。
昔は得体のしれない?お菓子がいっぱいあったぞ。
あやしい10円ヨーグルトとかポン菓子とかパンダちゃんの絵のミルク煎餅に梅ジャムみたいなのとかソーダの素とか…
でもそんなの今はないんだねー。
うわー
アタリももう1個ではなく金券という。

子供たちが知らない間に貼っていったというシールたち。
ほー
自分の頃だと転写シールなんだけどさすがにそれはないようで(^^ゞ
へー
色あせとりますが「SHO SAKURAI」って、もしかしなくてもARASHIの中の人ですか?

はー
マルカワのフーセンガムがなつかしい。

うむー
年期の入った保冷庫。プラチューブ入りの凍らせたりもできるジュースが入っていたそうです。

上越で駄菓子屋40年、店のおじちゃんおばちゃんはたくさんの子どもを見てきたことだろう。
そして変わりようも見てきたのだろう。

なつかしい
ゴムボールやスーパーボール等のボール。そういやスーパーボールくじってのもあったなぁ。

少子化と賞味期限と消費税がやはり閉店の原因だそうだ。
10円のお菓子といっても客が買うのは10円かもしれないが問屋から1個仕入れるわけではないからね。
複数仕入れりゃその分税がかかるわけだし。
そして賞味期限切れも出せないし。

ほほー
タトゥーがあるところがすごいと思いながらもコマや銀玉鉄砲(もしかしたら替え玉は当時のままかもしれないぞ)にときめいてしまう自分(笑)

店のおばちゃんと何気に長話してしまったのと同時に、自分が通っていた駄菓子屋のおばちゃんを思い出した。
線路の近くの古い木造の薄暗い小さな店。おばちゃんは片足。
病気なのか戦争が原因だったのかそれは聞くものではないと思っていたので聞けなかったが、怒ると怖い「くじ屋の片足ばーちゃん」。子どもの目から見るとかなり年を取っているように見えたが実年齢は分からない。
成人してからその場所に行ってみたが、そこにはもう片足ばーちゃんも店もなにもなかった。
お元気でおられればいいのだが。

駄菓子の時代の移り変わりも感じつつ、根っからの昭和人の自分、昔ながらの「駄菓子屋」が上越から(もしかしたら県内から?)、消えることがやはり寂しく残念だ。

お店は閉じても、盆栽鉢の販売はするそうだし、駄菓子屋メモリアルとして看板や商品を残す(販売はしません)のでお茶飲みにきてください・・・は清水のおばちゃんの弁。

ありがとう
40年、お疲れさまでした。
一日二日ばかの客にもなってないにわか客ではありますが、行けてよかった…
お話聞かせてくださってありがとうございました。

清水商店は7/31まで! 7時~19時くらいまで営業予定だそうです。
関連記事

ロウケツ染め展と お饌米展

7/29 ugaさんのロウケツ染め展とひぐちさんの お饌米展

と、いうことで、無事に八坂さんは直江津に帰ってきて、今日は上越まつり・・・いや、直江津祇園のファイナル・ 御饌米である。
なんとなくまつりムードの直江津エリア。そんな日にエルマールのお2人の個展へ行ってきた。

ロウケツ染め展
まずはkukkaのugaさんのロウケツ染め展。

1
独特の文様に色合いがいいんだよね。
そして大胆♪
2
海の中のような、そうでないような。
3

4
Tシャツの色もいいよね♪
5
今年も楽しませていただきましたよん。ますますのご活躍を♪


つづいてはひぐちさんの お饌米展
お饌米展
おじゃましまーす
ちょうちん♪
各町内のちょうちん勢揃い♪

1
まつり気分でろけんろーる♪(←なんだそりゃ)
2
原画・・・♪

3
ポストカードはお饌米の各シーンがいっぱい
4
直江津祇園を愛するひぐちさんだから描ける1シーン

もう1年だねー早いねーみたいなことをひぐちさんと話す。
今年も御饌米がっつり楽しんできてくださいね。
自分はCATVの中継で見まっす☆
いや、ライブに越したことはないけど、ライブでは逆に見られないシーンも出るからさ。

とにもかくにも直江津祇園のファイナル、(踊る阿呆に見る阿呆じゃないけど)楽しみましょう!
わっしょいわっしょい!


関連記事

柏崎の花火へ

7/26 柏崎ぎおん・海の大花火大会へ

7月26日はいつも迷う日だ。
直江津の花火と柏崎の花火。
直江津は花火だけではなく八坂さんが直江津に帰ってくるという大盛り上がりの祇園祭。
あの雰囲気が、あの屋台たちが、いかにも「祭り」なんだよね。こちらもやはり捨てがたい。

しかし、今年も柏崎になりました。(ごめんなさい)

米山~
今日の米山さん

例年通りにまず場所を確保し、その後は駅でパーク&ライド。
…なんだが、電車が来るまでまだ一時間ちょいある。
なので、先にお昼を食べることに。以前の大阪王将だった場所が台湾料理の店になっていたので(それもオープンしたばかり)そこに決定。

相方とっととビール頼んでやんの(^-^;
これでいつもの駅通りの中華料理店でのビールの線は消えたな。まあいいけどさ。
相方のセット 冷やし~
外が暑かったので冷やし中華を頼んでしまいましたが、待ってる間に冷えてしまった…
やはり冷房効いた店では冷たいメニューは自分にはアカンな。
でもここも店員さん台湾の方なんだよね。いらぬ世話とは分かっているけれど客との意思疎通大丈夫なのかと心配になってしまう。
相方の頼んだセットの方が先に来て、もしかしたら食べ終わってから来るパターン(相方はそれにキビシイ)ではないか、そして電車に間に合わなかったらどうしようとヒヤヒヤしたがなんとかセーフ。

茨目駅
電車もセーフ。ほっC=(^◇^ ;

柏崎駅着。やはり混んでいるな~。でもまだ到着は分散しているからいいんだけどさ~
待合室にこんなの貼ってあった。なんかいいね。
柏崎駅待合室
待合室で高校野球新潟大会の中継を見る。関根勝ったぜ!
上越勢決勝進出だ!
…けどここは中越、それもあちこちの人だらけの駅の待合室では上越勢の関根の勝利に沸くはずもなくorz
いいよその分自分らで盛り上がるから。

鯛茶漬け~!
駅に飾ってあった名物鯛茶漬けのレプリカ。これ美味いんだよね。イベントブースではない柏崎でのホンモノ食べてみたいぜ。

ヨーカドーで用事をいろいろ足し、夕方花火会場に向かう。
途中で発見。
戊辰慰霊碑
柏崎招魂所と
墓石群
戊辰墓石群。44基あるんだそうだ。
1968年の戊辰戦争で鯨波や長岡で戦死した官軍の兵士・薩摩藩の中原猶介や柏崎で病没した仁和寺官従士・草柳燕石(くさなぎえんせき)などがここに眠っているそうで。

生田萬の墓碑
生田萬の墓碑。
この生田萬(いくた・よろず)という方は、天保8年の飢饉での救済を求めて柏崎陣屋に討ち入ったが敗れて自刃したそうだ。
世間をはばかって彼の墓は長い間建てられず、維新後の明治32年にようやく建立されたそうで。
ここには生田の埋骨塔や天保4年の飢饉での餓死者の供養等もあるが、これは江戸時代の火葬場にあったものを大正時代に生田遺跡保存会が移築・整備したものなのだそうだ。合掌。

そしてライオン像のある柏崎神社も気になったんだが人多いし道路向こうだし…。
また機会があるときにしよう。

夕陽1
腰落ち着けて花火開始までは夕陽写真撮ったり、FMピッカラに早々とメッセージ送ったり。
だって花火始まると携帯回線混んでメール送れなくなるもんね~。
こういうのはやれるときにやっとかないと。
打ち上げ場所
海の大花火はこんなところでも上げてます。打ち上げ筒、いっぱいなんだねー…

夕陽2
今日も夕陽は雲の中に沈むのか…

さあ花火打ち上げ開始ー。
太鼓で盛り上げ
有料席側のステージでは太鼓が更にワクワク感を高め。
こちらにはスピーカーを通じてその音が聞こえるのだ♪現地生放送中のFMピッカラでも聞けるけどね。

打ち上げ開始~
夕暮れに花火。はじまりましたー!

花火、右と左で打ちあがるがどちらかというと右側の方がこちらからでは迫力だね。
メイン側からだと左の方が近いんだろうが。

花火いろいろ
花火1
柏崎の花火は海中花火があるのだ。(こういうあげ方は松浜の名物水中花火でとうに知っているけどさ)
花火2

花火3
最近は色も鮮やかになったよね。これは都会のネオン等に負けないようにということなんだが…なんだかね。

花火4
ハート♡の花火

動画も撮ってみたぞ




ふわぁ、やっぱり迫力だのぅ。
長岡、片貝、柏崎…と言われるだけはあるわ。
今年も見事でございました。

あとは帰るだけ。行きはよいよい帰りは怖い…の如くの汗が噴きだすもんなんてない、自分の汗と隣り合う人たちの汗が混ざり合うような、階段からホームに下りられない人もいるような超満員ホームからの超満員電車に乗り(遠くの人は快速に乗れるけど近距離の人は普通列車に乗るしかないからねー)次の駅で下車。
ふー…。

今度は車、裏道を使って少し稼げたものの8号に出てから今年も米山から高速に乗る渋滞に引っかかりノロノロしてからあとはスムーズに上越まで。
直江津祇園も盛り上がったんだろうな。お疲れさまでした。

同じ祇園祭だからおんなじ日で動かせないのは仕方がないけれど…分身の術が使えればいいなぁ。
ともあれ、今年も柏崎の見事な花火見せていただきました。今年もありがとう!

関連記事

刀剣展と上越まつり(高田エリア)

7/25 刀剣展と本町近辺散策

ちょっくら用事済ませた後、上越まつり、八坂さんが高田においでになって賑わっているであろう本町通りに行ってみた。

郷土の偉人
途中青田川沿いでみっけ。
看板はあるものの、大庭園のあるお屋敷みたいな感じなんだども、なにぶん生垣で覆われてるし中にも入れないし、偉い方なんだろうがここに書かれている以上のことは分からない。

で、あすとぴあで開催中の、これ。
刀剣展
刀っていうものを見てこようかと。

刀っ
すっげー…
刀鍛治のワザだね。

知らなかったのだが、刀鍛治の「銘」、あれって刀身ではなく柄に入っている部分(なんていうのか分からず)にあるんじゃん!
ここに銘
包丁みたいに刀身に「○○作」みたいに入ってるんじゃないんじゃん!
名の知れた武士が鞘から刀を抜き、その刀身を見て「○○じゃな」なんてシーンあるけど、よっぽどの目利きでもなければそこで銘を見抜くことなんてできないじゃん!
↑いや、昔の武士はちゃんと見抜けたのかもしれないぞ

こっちもっ
今でもこんな形で見事に残ってるんだ。すげー…
ありがとうございました~

あすとぴあの廊下に貼られてたパネル。
かいひめー
残念ながら開花したものは見れずに終わった「甲斐姫」。
ううー!かいひめーーーー!来年こそーーー!

本町商店街……うーん………あまり人がおらんのう。
露天も辻には出てるんだが、縁石に腰掛けて子どもらもなんか食べたりしてるんだが、なんかこう…祭りっぽくないよな。
た、たぶん時間帯のせいだろう。そ、そうに違いない(^▽^;)
雁プラのダンスコンテストは盛況だったようだし、そう!ダンスのあとと民謡流しの前の休憩&準備タイムなんだよちょうど今は。

人もまばらなためお参りするのもなんかはばかられるような感じなんだが、八坂さん、よう高田にいらっしゃいました。
おまいりおまいり。
八坂さんのお旅所
ちゃんと宮司さん、笛吹いて大麻(おおぬさ)or祓串ふぁさってしてくださいますでよ。

よし、これで上越まつりの一番大事なイベント完了。
あとは帰るぞー。

屋台巡行とすれ違い~
出陣太鼓
本町4の謙信出陣太鼓
関町太鼓
南本町の関町太鼓は休憩中?

雁木にちょうちん
並ぶ家々にはちょうちんが飾られ、なんかいかにも祇園の祭り風情だよなーと思いながら本町を後にしたのでありました。
(人がいればもっといいけどね☆)

ってんで、うち的にはこれで上越まつり(高田編)は終了だったりする。
宮入りは見に行けず残念だったが、初開催の祇園宵山まつりは見れたんでまずはよかったかなと。

八坂さん、気をつけて明日は稲田経由で直江津にお帰りくださいね。
今年も高田においでになってくださりありがとなぃ~

関連記事

平和展へ

7/24 平和展@高田図書館へ

今年の平和展はいつもの市民プラザではなく高田図書館内の小川未明文学館で開催されている。
数日前に来た時…この日はもう閉館近かったので見られなかったのだが…、今回は写真展示があるので、市民プラザでは照明等展示環境に難ありとのことでこちらになったという。

平和展
で、この日改めて見に行ってきた。

主たる展示は毎年おなじみと化したものだったりもするのだが(新しく作られるものでない以上それはそれで仕方ない)、今回の目玉はやはり展示場所を変えてまで、いつものすいとんイベントをやめてまで企画した「ジョー・オダネル氏の原爆写真展」だろう。

会場に入って、順路的には氏の写真展なのだが、まずは通常の平和展展示を見る。

昔のあそび
昔の子供の遊びコーナー。紙鉄砲や糸電話、おはじきなどなどだが、見本の絵柄が現代風なのでなんとなくあれぇ?感も。

展示1
千人針(兜用)

展示2
70年近い年月を感じさせる兜と腹巻の千人針。
当時の人々の祈りを美化するのでも無碍にする気もないけれど、やはり残されるものの(表立って口には出せなかっただろうが)根本的な願いは「死なないでくれ。生きて帰ってきてくれ」だと思うのだ。

展示3
あるお寺さんの戦争関連品スクラップブックの一部。

改めて写真展を見る。
氏の写真集「トランクの中の日本-米従軍カメラマンの非公式記録-」からの写真展だ。

従軍カメラマンだったジョー・オダネル氏は23才の時にアメリカ海兵隊から日本の空襲被害を撮影せよとの命令で1945年9月に日本に上陸し、7ヶ月間に渡り広島・長崎を含む各地を撮影して回った。

1946年に帰国し除隊となるが、私用のカメラで撮影した日本・そこで見た(フィルムに写した)光景のむごさにネガをトランクの中にしまい封印する。

が、その彼が見たもの、それを見て感じた当時の心を封印することはできず、45年後トランクを開け無事だったネガを現像し写真展を開催するのだった。
それは勇気ある行動と評価されるが、また原爆投下は正当なものと信じているアメリカ人からは非難される。
(1995年のスミソニアン博物館で企画されていた写真展は、国内の在郷軍人の声やマスコミの論調などによってエノラ・ゲイ以外の写真展示が中止となった)

そんなオダネル氏は2007年8月9日(長崎原爆投下の日)に86才の生涯を閉じた。

写真は飛行機の上からではわからない、実際にその地を歩いて、見て、感じたこと…カメラマンという冷静な目と任務、そしてそれだけではない、そんなものを越えた人間としての感情が混在している。

写真1

代表的な「焼き場に立つ少年」、原爆の爆風で耳が聞こえなくなった娘の晴れ着写真(と注釈による母親の後悔の念)、被爆者の背中。モノクロの写真ながらそれは強烈に見るものに語りかける。
(それを受け止められるか否かはその人の心によるが)
自らの宗教の象徴である教会も、キリスト像も破壊する、‘神も仏もない’光景に、その行為を行った国の人間ではありながら、もうその立ち位置からはその光景を見られない。
いや、その立ち位置故の葛藤、感情のせめぎあいはどんなものだっただろう。

写真2

それでも、そのトランクを開けたこと、記録を記憶として現代の自分たちに公開してくれたことは感謝すべきことだろう。

そんな思いを抱きながら毎年この展示会の折鶴作り企画、(これは広島に送られるのだが)ささやかな数ながらも今年も折ってきた。

環境・科学・医療技術の進歩で人類の数調整が戦争しかないのかもしれないが、それでもやはり戦争はいかんよ。
戦争は自然環境が起こすのではなく人が起こすもの。
人が起こさなければ、戦争は起こらないはずなんだけれど、人種、主義主張が違うこの世界、なかなかそう‘みんなにいいように’いかないのがどうにもこうにも。
でもやはりそれができるのも、過去から学べるのも人だからなんだけどなぁ。(しかし忘却能力に長けてるのも人だけど)

関連記事

高田祇園 宵山まつりへ

7/23 高田祇園 宵山まつりへ

上越まつりが始まった。
直江津の八坂さんが高田にやってくるのは翌日24日なのだが、前夜祭やちびっこ奉納相撲なども実はこの日に行われている。
今年は開府400年ということもあり、お馬出しの辻では「高田祇園 宵山まつり」が行われる。
これはやっぱり見てきたいよなー・・・ということでお馬出しの辻へ。

近づいた頃から雨がぽつぽつだったのだが、次第に本降りに。
そりゃーないだろー!(><)

着いた時にはもう終わりかけだった第1部の佐藤敏さんの「高田の四季」にはじまり
(写真撮ったはずなんだがみつからない…)

じいやーず
じいやーずの民謡。一時的に激しく降った雨も次第におさまってきた。
その2
佐渡おけさや津軽ジョンガラ節。こういうのもやはりいいよね。民謡は「民」の「謡(うた)」だもん。

そして第2部は高田芸妓さんたちの手踊り。
高田芸妓さん
長唄や瑞謡の祝舞が続く。雨も上がって道路に置かれた椅子やテーブルから見られるようになってきたぞ。

もともと祇園の宵山というのは、祇園まつりの前日、賑やかにして悪霊や疫病(の精霊)が入り込まないようにするために行われているんだそうで、それに倣って高田祇園祭の宵山も賑やかにし明日の宮入りを迎えましょうと。

2
高田芸妓さんの舞なんてそうそう見られるもんじゃないしね。贅沢贅沢。
なんかこうお大尽になった気分ってーか。アガりますww

ただ、曲の終わりが進行の都合かブツ切れなのが残念。フェードアウトさせるとかすればいいのに。

3
第2部終了。一旦ご挨拶。休憩時は芸妓さんがお客さんにご挨拶などなど。
いろいろな線でつながりあるようでそれぞれ和気あいあいのなか、その輪からはちょいと外れて(ってか「ない」から)その辺うろうろ。
あー、ビールうまそうだなぁ。しかしここで飲むわけにも行かないのでおつまみセットをお土産にしてうちで飲もう。

景勝さん力作
お!大杉屋さんに景勝さんの描いた忠輝公と五郎八姫おりますぜ。
お花見ラジオのアレだけではせっかくの力作が泣くしね。ここでいつも見られるぞ~

宵山まつりの傍ら、お旅所はちゃくちゃくと準備を進め。
準備中

第3部はじまりはじまり。今度は高田スキー小唄や謙信出陣、上越音頭などのご当地モノを。
踊るー
高田スキー音頭は皆さまもご一緒に~

シメっ
最後は芸妓さんや観客のみなさんとともにシメ。

あとは飲めや歌えやタイムなのだが、それはみなさんに任せて本日退場。
明日の夜はここはもっともっと熱く、賑やかに盛り上がるだろう。
ここにやってきます
八坂さんの宮入りは、明日の晩。
宵山の賑やかさとともに、高田祇園が始まる。


関連記事

恋チュン撮影&天満宮のヤマユリを見る

7/22 恋チュン撮影@吉川支援学校からの天満宮のヤマユリ

この日は吉川高等特別支援学校での撮影。
吉川はあまり行く機会がなく、メインの原之町辺りはほぼ未踏の地。
(だから市内唯一の「ちんころ」製造販売のお店も行ったことがない…)

事前に地図を調べて行ったのだが、地図と実際の道路はやはり走ると感じが違うもので、あれ?こっちでいいの??状態に。
ちょうど畑仕事か何かで道にいた方に道を教わって(ありがとうございました)なんとかかんとか無事に到着。

吉川支援学校
今日は2階から生徒さんたち&吉川キャラ・ヨッシャーマンの撮影。
カメラ担当は2回目。で、今回は他のスタッフさんたちとは別場所からの撮影なので大丈夫かな?という思いも持ちつつなんとか無事撮影終了。おつかれさまでした。
(写真は撮るの忘れました(^-^;)

かつての「吉川高校」
吉川高等特別支援学校って、かつての吉川高校なんだね。
ここの醸造科で作られた日本酒「若泉」飲んでみたかったなー…

で、撮影終了しての帰り道、道調べに行きとは違った道を使う。
右折すれば来た時の道に出られるはずの十字路、分かりやすいそれなりの十字路のはずだし。

と軽い気持ちだったのだが、イメージしていた「何か標識もあるだろうそれなりの十字路」には出会えずにひたすら直進。
すると「天満宮のヤマユリ」と書かれたのぼりが何本も立っている。
なんだろう?という気がむくむく。
そのまま通過するつもりでもいたのだが、山ゆり満開と書かれた看板もあり、先日春日山でヤマユリを見て、今が花の盛りというのも知っているのでやはりこれは寄らねば、天満宮にご挨拶せねばと思いそちらに向かう。

ちゃんと駐車スペースが用意されてたのでそちらに車を置き、いざっ。

石段
石段の具合といい、年期入ってるいい感じだぞ。

のぼっていきます
石段を登ります。
ヤマユリいっぱい
両脇のヤマユリを見ながら、その強い甘い香りを感じながら。

ヤマユリ
花つきのいい充実した株が一杯。集落の人たちにしっかり守られてるんだろうな。

由来!
由来看板。うわー荒ぶる神さまだー!

天神さん
その荒ぶる神・天神さんの天満宮。
お怒りは静まりましたでしょうか。できることなら智恵をお授けくださいませ。

で、その1本残ったという大杉がこれ。
天神大杉っ
樹齢約500年ってことは、モロ戦国時代だぞ。
その頃からここにいるんだね。

この地で木が見てきた歴史を見てみたいなぁ。
幹に触れると「見える」とかいう能力があったりしたらいいのになぁ。。。

うーん、寄ってよかった。寄り道バンザイ!

そして道なりにひたすら直進。朔日峠を越えてしまった。
あれ、朔日峠って名前聞いたことあるよなぁ…と思いながらも進んでったら、あれぇここって。
横川の花の友の酒屋さん
浦川原でしたwww
(そう、あとで確認したら来た道に出る右折ってのは、原之町町内だったのだ(^-^;)

R253で上越方面に戻る。
迷わず行ければそれに越したことないんだれど、もし道間違っても、そして道知らないからこその出会いもまた一興ってこって。
(方向音痴の言い訳ではないと思います、多分/(笑))


関連記事

7月の武将隊Day

7/20 7月の武将隊Dayへ

午前中は前エントリの如くくびき野レールパークに行っていたのだが、午後はできたら鮫ヶ尾城のくろみつさんライブ行って(行ったことない鮫ヶ尾城、駐車場の場所も知らないのに)、春日山&埋文の武将隊Day…などと都合のいい予定(希望)を立てていたのだが、結局なんだかんだで出かけられたのは15時過ぎだった。
もちろんライブは既に終わっているだろうし、武将隊Dayもクイズしかイベントは残っていないが、とにかく行ってきまーすと春日山へ。

狛犬さん
まずは春日山神社。

ヤマユリ
謙信公像の傍らにはヤマユリが。大株だね♪
パンフ置き場で来月の謙信公祭での武将隊サミットのポスターほけーっと見てたらそこにいたスタッフの方が、ちょっとテープ跡切れちゃったけどこれいるならどうぞと今日の武将隊Dayのポスターを。うわ、ありがとうございます。
(物欲しそうに見えたかなww)

展望~
展望~

で、埋文へ。
謙信公像

既に16時近かったので当たり前ながらももう終わりに向け~の時間。
とりあえずクイズ参戦。
クイズっ!
中の展示パネルから答えを探せ!(ちょっとサイズを大きくしてみましたw)
今日のお楽しみ褒美、引いたのは兼続さんステッカーシールw

武将隊Dayポスター
で、その後恒例の今回のポスター争奪じゃんけん大会などがあって、武将隊退陣のお時間。

退陣挨拶~
今日もおつかれさまでしたー。(つばめちゃんこっちを向いてくれw)

武将隊Day、前回が年度末、今回は今年度になってから初開催だったけれど、ちょっとだけでも参陣できてよかったっす。はい。
そして来月は武将隊サミット。わーい!O(≧▽≦)O
武将隊サミットポスター
この夏も越後の地で武将隊サミットが見られるとは!
そして二ヶ月続きで行田の皆さまにも会えるなんて♪あーワクワクじゃ☆

おまけ
七夕飾り
エントランスに飾ってあった七夕飾り。十吾郎さんの短冊♪
みんなの願いがかないますように(^^)


関連記事

恋チュン撮影@くびき野レールパーク

7/20 恋チュン撮影@くびき野レールパーク・頸城区

全国で「恋チュン」こと「恋するフォーチューンクッキー」を踊る(動画をUPする)のが広がっているが、上越でもちょっと遅まきながらやってみよう!どうせなら全市各区で踊りたい人を集めてその土地でやっちゃおう!という話が、有志内でどんどん進み各区の自分たちのまちを盛り上げたいという人たちの思いと重なり、各地での撮影が本格化してきた。

で、今日は頸城区のくびき野レールパーク。
今日は公開イベントでコッペル号をはじめとする車両の公開や運転もあるのだ。
お手伝いに行ってきまーす。

が、なぜか迷子(^-^;
「ひとつ曲がり角 ひとつ間違えて 迷い道くねくね~♪」となってしまった。
いや、大体近くに来ているのは分かるのだが、通ったことある地名も知っている…のだけれど、その道が頭の中でくっつかないというか。
そういう時に限ってマップは車内にないし。
ガラケーでは地図表示不十分だし。
なんで1つミスるとこうどんどんキズが広がるのか。妖怪の仕業か狐かタヌキに化かされてるのか。
まあ、なんだかんだうろうろしたけれども無事到着。みなさますみませぬ。

そして撮影。上越では知る人ぞ知る有名人wマ・リオ団長も駆けつけてくれた。
さすが人気のマ・リオ小さい子たちがわらわらと。さんきゅーです!

軽便車両をバックにみなさん踊ってくれましたぞ~
(しかしカメラを入れたまま荷物を預かってもらっていたので写真がないという)

駅標
撮影すんでホジさんやコッペルちゃん撮影。

ホジさん
ホジさんはエンジンつきの客車。イベントにはこうやって走るのだ。

ホジさん
やっぱり動いてるの見るとわくわくするぞ。

コッペルちゃん。久しぶりだねー。元気だった?
コッペルちゃん
また会えてうれしいよ~
ホントは動いてればもっといいけど…

さ、次もあるから今日はここまで。
午後は武将隊DAYだー!

そんなこんなで撮影もできる範囲で参加したいぞー。踊りは覚えてないけど(^-^;
微力ながらがんばるぞっ!

帰りはすいすい。なんであそこで曲がるもんだと思い込んだのか…(-_-;)

関連記事

兼続公まつりへ

7/19 南魚沼・兼続公まつりへ

南魚沼市は旧六日町と旧大和町、そして塩沢町が合併してできた市である。
その南魚沼市が今年市制10周年となった。
以前は「六日町まつり」だったと思うのだが、「天地人」の放映以来この祭りの名は「兼続公まつり」と変わったような。

で、その兼続公まつり、南魚沼市10周年の節目としてゲストに兼続公役としてDAIGOがやってくるという。
しかし自分は申し訳ないが元首相の孫でミュージシャンということくらいしか知らないので、「ふーん、あっそう。」だったのだが、どうしたことか武将隊パフォーマンスもあり、これは当然だろうの上杉、そしてこちらも縁あるし…のおきたま愛の武将隊、そして土地の利?忍城おもてなし甲冑隊、遠いのに…のグレート家康公「葵」武将隊が来るという。
忍城が!おきたまが!岡崎も!この越後の地にやってくるだなんて。
現地に行かなきゃ会えない方たちが、向こうから来てくれるだなんて。
それが村上とかなら考えてしまうけれど、六日町だぜ?
これを逃してなんとする!

ということで、武将隊と花火を見に六日町にGo!(あ、DAIGOもか)←そんな自分は「うぃっしゅ!」も知りません

R253で十日町から六日町。
雪?
十日町のコンビニにて。この曲がりはやはり雪が原因ですか?

道中は雨だったが十日町では降っていなかったので、六日町ももってくれよと思っていたのだが…
市役所の駐車場に車を置き、市民会館に向かう途中でぽつぽつと雨が落ち始め、到着した頃には既に本降りとなってしまった。
おまけに雷の音もするし~

会場には既に人だかり。どこにいるのがいいのか全然見当もつかないので、相方とは別位置で待機することに。
しゃがんだ状態で一応一番前に位置したんだけど、この雨がなー。。。
雨と傘がなければもうちょっと動きいいんだけど。前に出ちゃったから逆に他の所にも行きにくいし。

並ぶ並ぶ
で、雨にぬれながら行列参加の甲冑参加者がずらっと前に並びだしたため更に動きがとれなくなってしまったという。
でも、忍城の方が前に並んでいる~。うわーい♪♪振り向いてくれないかなぁー♪♪
それにしてもおやかたさまたちやおきたまさんたちはどこにいるんだろ。

そんなこんなではじまりました出陣式。
後ろの人に悪いから立ち上がれないし、前には行列の人たちが並んでるし…み、見えない。
主催や来賓の挨拶のあといよいよDAIGO兼続が登場。
これだと後ろの方がよかったかもなーなどとも思いながら人の隙間を縫ってダメモトでとにかく撮る。

ダイゴ兼続と姫さま
さすがにGACKT謙信のような黄色い声飛び交う状態ではなかったが、声援もちらほらと。

アップ
…に、してもだ。
確かに見栄えはよいのだが・・・ファンの方には申し訳ないのだが、あまりにも、「しょっきねー!(新潟弁)」で脱力。
おめさんもっと気合入れれや!
武将隊の演武見て、そういうものだと思ってるからかもしれないけれど、もっと腹から声出せよ。
なんだその覇気のない勝鬨は!
…と思ってしまった自分がいた。>スミマセンスミマセンっ!

で、出陣式(オープニングイベント)が終わり、乗馬して行列練り歩きスタート。
ここで相方と合流したり手洗い行ったりで出遅れ、人の進む方向に行列がいるんだろうとそれについていく。

行列ルートは商店街らしい。お祭りなので屋台なんかも出ててにぎやか。
…で、

え、なにここは!
等身大フイギュア
武将ロード?!

なつかしのガンダムポスター?
ガンダム

こんなのも
原先生~
六日町の商店街はこういう路線に走ったのか?

おっと今は行列行列。
人の波をかいくぐりどんどん進む。雨も次第に小降りになってきた。
御実城太鼓
御実城太鼓

姫
長物?輿?きれーな方だなぁ姫♡

愛の武将隊
あ、おきたまの皆さんだ!♪
小十郎さんと兼続さんの会釈と微笑み返しがうれしいーーーー!

それにしてもおやかたさまたちや忍城のみなさんどこにいるんだ?
うちらこの通りに来た時はもう行列進んでて後ろなかったし、進んでってもおきたま隊以外見ないうちにDAIGO兼続だよ?あれぇ??
この前にいるとは思えないんだが…
パレード
だってもうここまできちゃったもんよ。これより前にはいないよね?多分。
乗馬
ほんで、わからぬままに参加者は河川敷のステージイベントの方に進んで行き、観客は三々五々と。

足湯
足湯もあるでよ
お六と桂姫像
六日町大橋のたもとには足湯やお六(与六=兼続)と桂姫(景勝公の末妹)の碑なんかも。

橋には愛がどーーーん!
愛の橋
すげー兼続押しだぜ…!
おおー!
市の公用車も!

そしていつの間にか雨も上がり、夏の日差しが戻ってきたぞ。
橋の向こうの河川敷でおやかたさまたち発見。先日の行列で一緒だったUさんやHさんともお会いし、橋の上の忍城の足軽だんべさんともお話。

鉄砲バーン
米沢藩古式砲術保存会の砲術披露。
これは去年の謙信公祭でも見たけどあの時は雨だったしねー。
いやーでもさすがにすごい音。

DAIGO兼続
そしてステージではDAIGOのトークショー。
司会は、おお、FM雪国のはなはなちゃん!元気そうでなによりだな~
はなちゃん
耳はそちらにも向けつつ(だってさーなんか兼続公ではなく中の人DAIGO状態まんまなんだもんよ)意識は各武将隊に向け(笑)>スミマセンスミマセンっ!

そうこうしてるうちにお目当ての武将隊ターイム!
まずは越後上越上杉おもてなし武将隊
ただいまー
「かえってきたぞー ただいまー!」の兼続さんに

がっくり
「ワシのふるさとでもあるのにどうして『景勝公まつり』はないんじゃ」と嘆く景勝さん。
うう、確かに…
いっそ景勝公・兼続公主従まつりにしちゃえばいいのにwww
おやかたさま
ワシ謙信公祭あるもんねー♪と言うてるわけではありませんww

お次は忍城おもてなし甲冑隊
長親さんと甲斐姫とあおちゃんが来なかったのは残念だけど(相方も残念がってた)~
でも三家老揃って来てくれたからね~
迫力
忍城の演武は迫力あるのだ
靱負さん痛そうw
そして面白い♪

続いてグレート家康公「葵」武将隊
グレート葵
酒井忠次さんと本多忠勝さんと半蔵さんの出陣。
忠勝さんは4月に春日山と世界館でお会いしているんだけど他の方々はお初。
三河は遠いよ…

かんにんかんにん♪
そしてなんと全武将揃っての堪忍をどり!(笑)

愛のみなさま
最後は山形おきたま【愛】の武将隊
おきたま2
やったぜフルメンバー!

一応今回も「宿題」持ってはきてみたものの…今回も若の花押はもらえんかった。。。
まあこういうイベントの時はそんな余裕ないしね (´・ω・`)
写真撮りで長い列できてるし。

いいなーこれ
忍城のイベントTシャツ。いいなーこれ。

全員入りきらん…
イベント終了!みなさん揃っての記念撮影タイム!
でもおきたまの景勝さんカツカツ(^-^;

それぞれの乗る車を見送り…腹減った。
花火までにはまだ時間あるし、何か食べようと六日町の駅前通り。しかし店知らん上に時間的に半端でまだ夜営業の時間になってなかったりする。
こういう時って相方融通きかなくなるし妥協もしなくなるんだよなー。
で、結局某焼肉チェーン店。しかし暑いため焼肉はなしという(笑)
ごはんメニューで遅昼食or早夕食。

お腹も満足したので再び河川敷に戻る。
…の途中でFMゆきぐににおじゃま。夜の特別番組準備中のはなちゃんとちょっとお話。
あれから7年。覚えててくれたのがうれしい。でも当時のぶんぶんもタッキーももうおらんのだそうだが…
はなちゃん、がんばってねー!

祭りの露店ぷらぷら。
うわー他の武将もいるいる。
武将ズ
ホントに戦国武将の聖地を目指してるのか六日町!

石垣>
いや、それだけじゃないですぞ。歴史もあるのよ。
この場所はかつて魚野川と十二沢川の合流地点だったそうで、ここに石垣を作っていたそう。
河川改修工事でこの石垣が発見されここに当時の姿を偲ぶものとして復元されたんだそうだ。
並んで廣井橋跡の石標もあるのだ~

なぜここに
ただこれがココにあるのがちょっと謎だったりするのだけれど。
河川改修の時に移転したのか?でももうちょっと川辺に配置すればいいのに。ここから川は見えない…
奥にあるのは「中央保育所の跡」の碑。
ここに保育所があったんだねー

ゆうぐれ
夕暮れ。もうすぐ花火が上がるぞ。
十日町のリスナー友人も来てるらしいのだが、場所がよく分からない。
「愛の大橋」ってどこだよー!
そのうちこちらの携帯のバッテリーが切れてしまい結局アイボールはなりませんでしたと。

花火1
花火。
花火2
ナイアガラもあがるのか!

花火3
おおー、坂戸山に登って花火見学してる人もいる。
やったことはないけれどそれもまた一興だよね。

河川敷に吹く風もよくいい感じに花火見物できましたぞ。
あとは帰るだけ。

そんなに渋滞せずちょうどいい具合に253に出られすいすい状態で帰宅の途に。
お店リサーチが足りなかったが(いつものことだ)、武将隊各隊も見られたしよかったよかった楽しかった♪
ただ、その時は両方と話すことにいっぱいいっぱいだったので頭から抜けていたが、せっかくおやかたさまと丹波さん一緒にいたんだから2ショット撮ればよかった~オレのバカたれ…

追記:六日町大橋の通称が「愛の大橋」なんだそうです。知らんかった…
富山でゲンゲと呼ばれてるゲンギョを富山の人に「ゲンギョですか」聞いても「いやゲンゲだ」返ってくるみたいなもんだったか…


関連記事

細谷さんの「モノクローム」展

7/18 細谷さんの「モノクローム」展へ

kukkaでは7/15~23まで細谷晶夫さんの個展が開かれている。
今回は「モノクローム」展。

モノクロームってことは、今までのようなカラーではなく、単色。
どんな世界が広がるのか…行ってきまーす。わくわく。
おじゃましますー
おじゃましまーす。
あ、細谷さんだ。お久しぶりです。見させていただきまっす。

うお!
にゃん♪
ほー…
モノクロの世界は想像力が広がる。その絵からイメージする世界も色もその人次第。

すごいね
それでも、優しく、やわらかく、儚そうに、でもしっかりと、そこに在る。

細谷さんの絵ではないが鉛筆画で写実的に描いてある作品も見たことがあるけれど、鉛筆の濃淡で立体感に質感を、そして色合いも表す、これもまたすごいよね。

カラーもあるでよ
カラー作品のポストカード

モノクロポスカ
ポストカード、モノクロバージョン

細谷さん、なんだかモノクロ画を描きたかったそうで。今までの雰囲気からさらになんというか大人っぽいテイストを出してきたというのか、細谷ワールドが更に広がった感じですな。
これからのご活躍、ますます期待していますよん。

そうそう、スケッチ用の鉛筆、6Hや8Bまでまであるなんて知らなかったですよー(^-^;

関連記事

高田開府400年祭 忠輝公と五郎八姫のお輿入れ行列

7/6 高田開府400年祭 忠輝公と五郎八姫のお輿入れ行列へ

さて、開府400年の目玉イベント「忠輝公と五郎八姫のお輿入れ行列」。
これは市民(だけでもないが)一般参加者が当時に扮し高田本町から高田公園までお輿入れ行列をするというもの。
いつものように「見る阿呆」になろうかと思ったが、いやいや、開府400年は今回だけだぞ、500年はないぞ。百年に一回しかないなら「踊る阿呆」になってみてもいいんじゃないか?
こんな機会は滅多にないぞ。。。という思いが大きくなり、参加申し込みをしてしまった。

で、まあ無事定員内に入り参加することに。
事前に一度所作や大まかな練習はあったが、衣装つけては当日出たトコ勝負。
春日山に祈願もして(←神頼み)結局失敗するの前提でがんばろうという結論に達し(笑)、当日になりました。

朝は8時半にスポーツセンターに到着。
それから着替え、いや、着付け。
おめしかえ
…なのだが、着付け担当の方が限られているので、末端従者の自分たちにはなかなか順番が来ない。鉢巻(とは言わないのだろうが名称わからん)巻いて頭だけちゃんとしておけということだったのだが、あまり短くするとよくないかなと伸ばし放題にしていたため余計まとまりのないぼさぼさ状態。そんなんだったら切ってさっぱりしておけばよかった。。。

そして自分の番。担当の方がぱぱぱぱっと着せてくれて従者完成。
自分は五郎八姫・伊達側の従者なんね。
おお、化けた(笑) ←写真はありませんw 
でも、事前にこんな役ですよと送られてきた画像資料とは全然違うなw

お二人さん♪
忠輝公&五郎八姫役のお2人登場。
ご結婚されたばかりのお2人なんだそうだ。おめでとうございまーす。

記念にぱちり
忠輝公と侍女の記念撮影♪

リハです

五郎八姫♡
本番前に衣装を着けて最終リハ。
歩き方、やはり普段着と着物では違うな~
やりがちなクセ、出さないように気をつけなきゃ(^-^;

お弁当いただいて、順番に会場へ。
出発~
…なんだけど、事前に配られたタイムスケジュールのみで、メインの指示がないので、(ある程度なにか口頭指示があるだろうと思っている)一般参加者だけの集団なもんだから、どれに乗っていくのか・乗っていいのか悪いのか…で、げつばたしてしまったことよ。

本町到着。主役のお2人をはじめとするメインの方々は駅前で出発式のようなイベントがあるので別行動なのだが、他は
あすとぴあ周辺待機みたいに書かれていたのでそうなんだろうと思っていたらば、あっち行って!あっち!と言われ、あっちってどっちだよーと思いながら移動。結果ランドビルの向かい側(東側)の辺りで待機となりました。

とはいえ、いつ出るとかそういう連絡が全くないもんだから、これでいいのかねーなどと周りの方と話しつつ、春日山でお会いする方々に写真撮ってもらったり水分恵んでもらったり(ありがとうございました!)しながら待つ。
蒸し暑いのに本町には給水所ないし、飲み物買おうにも財布等持ってきてないし(←でもデジカメと携帯だけは袖に入れて持ってきた☆

ねぶたー

ねぶたー
JCI製作・鬼っ子忠輝公ねぶた(鬼っ子とは「捨て童子・松平忠輝」より)

そして、自分たちの後ろはマーチングバンド。なんかその演奏に行列の音楽負けそうなんですが…
お輿入れ行列だけだと思っていたら、マーチングバンドも何組も一緒だったんねー(^-^;

今日の主役♪
お、忠輝公たちがやって来た。いよいよ始まるぞ。

行列がはじまるよ
音楽と共にスタート。
いちにーさんしー ごーろくしちはち…と頭で数えながらの足運び。
ゆっくりゆっくりあせらずあせらず。
めでたきことゆえにこやかに。

あー、沿道にあの方、うわ、この方もー。
マ・リオも自転車で疾走してるし。
カメラがーーー。おりゃーカメラ向けられると顔が更に硬くなるんだよーーーー!なのでできるだけカメラを見ないように見ないように(^^;;;;;;;;

で、行列の速度にあわせながら時にはゆっくり、時には急いだり…時には間違ったり…と本町からお馬出し通りからの司令部通りからの高田公園への道をしゃんしゃんと進むのでありました。
郵便局前に給水所。ありがたい~(けど歩き飲みのできない自分(^^;)

高田公園に近づく。もしかしたら自分たちの到着前に演武あった武将隊のみなさんに会えるかなとかすかな期待を抱いてたんだが、残念ながらもう戻られてしまっていたようで。

図書館の所曲がってゴール。ここでも給水所。
今度は立ち止まってごくごく。あーうんまい。ありがとうございますー。

そしてステージではご婚儀。
従い侍るものたちはステージ脇の椅子に着席。

ステージのお2人
ここからだとステージ上でやってることはよく見えない。
これはあとでJCVで見よう。やってくれてるはずだから。。。

イベントラスト。
ステージ上とその下で、五本締め。
これはちゃちゃちゃんちゃちゃんちゃちゃちゃんちゃんのシメなんだが、最初から手拍子ではなく、最初は人差し指1本次人差し指と中指、そして薬指を加え、小指、最後手拍子、と音が次第に大きくなっていくという締め方なのだ。
おもっしぇーーー。

そして終了。お疲れさまでした。
あとは解散~
スポーツセンターの玄関では自衛隊さんが冷たーーく冷えたペットを差し入れてくれた。
参加者の運搬などのご協力、そしてこの差し入れ。あ、ありがとうございますーーーー!

暑い、そしてなかなかに窮屈な着物ではあったけれど、脱ぐとなるとなんか惜しい(笑)
でもいつまでも着てられないし、これどうだったっけ?などと思いながらお着替え。
あー楽((笑))
小道具いろいろ
小道具たち

一緒だったUさんやHさんたちとまた会おうね!とお別れ。
いやー、お疲れさまでした。
始まっちゃうとあっという間だし、なかなかに楽しかったぜ!
なんかクセになりそうだなww
(謙信公祭も足軽やってみたかったりもすんだけど、武将隊のイベントとかぶってそっち見られなくなると思うとやっぱり手が出せないんだよなー)

というわけで、踊る阿呆になりましたが、踊るのも楽しいもんですな。
100年に一回だしな。
沿道のみなさまありがとうございました。そして参加されたみなさまお疲れさまでした!


追記:しかしだ、にこやかにしているつもりでいたのだが、いただいた写真や画像見ると口をひん曲げた仏頂面になっている…
やはり「自分で微笑んでる」と思っている表情は幼少時の母の指摘の如く他から見ると「口をひん曲げた硬い不機嫌な表情」なのか…
なんてこったいorz


関連記事

高田開府400年祭 わくわく楽市へ その2

7/5 高田開府400年祭 わくわく楽市へ その2

で、一旦帰宅し、相方にどうするかと聞いてみたら、高田公園ではなく金谷山から見るというのでそれはそちらに任せ再び高田公園へ。
和傘@旧第四

その2
…あ、その前に和傘のライトアップ@旧第四銀行側。

花火・・・の前に
ペット三重櫓1
ペットボトル三重櫓ライトアップ。

ペットボトルです
ホントにペットボトルだよ~w

んでもって花火。話によると三重櫓側と野球場側から上がるらしい。
えー、両方見るならどこらがいいの?
で、どっちから来るの?両方一度なの?
両方を一枚に収めるのはムリなので野球場の方を取る事にし(三重櫓側はそんなに大きなもの打ち上げられないだろうと予想)、大体この辺で見えるだろうと見当つけて打ち上げ待機。
始まった!
花火1
ん、やっぱ野球場が先か!
一通り終わったら、今度は三重櫓側が来た。

花火2
レーザー光線と花火のコラボなんだが、木々も邪魔をしてなかなか見るのにいい場所がない。
よさげなところは人いるし、暗いんでどこがいいのか悪いのかもよくわからない。。。

レーザー2
三重櫓レーザービーム!
レーザー3
うろうろしつつダメモトでトライ。
ということで、木々の間からばかりになってしまった。花火とレーザービームと三重櫓を障害物なく撮ろうとするのはかなり困難だね。
葉っぱのない雪灯篭の頃やギリギリ観桜会かな?

4
再び野球場から打ちあがる。
適当によさげなところでカメラ構えながら見ていたらpiさんたちとばったり。
暗いのにまあよく見つけてくださいました。

また花火

2

3
花火が終わって、再び先ほど見られなかったジェラートイリュージョンというのをやるというのでステージに見に行く。

1
液体窒素などで光と音楽に合わせながらその場でジェラート作っちゃうんだそうだ。
へー…
2

3

4

5

6
アイスができてしまった…
7
(何度か同じように急速冷凍を繰り返し)トッピング施して出来上がりっと。
すげーな…

これで一応ステージイベント終了なので公園を出、21時までだという和傘のライトアップ@あすとぴあを見て帰宅。
和傘1
旧第四側より数ある?
2
昨日はあすとぴあの中に傘があったので施設内でやってるのかと思ったらライトアップは外でした。
よし、これでマジ本日終了。帰るぞー!

金谷山の駐車場に行った相方によれば音は別として、花火そのものはよく見えたそうで他にも花火狙いの人たちがけっこういたそうな。

と、いうわけで、開府400年本祭、一日目無事終了~♪
明日はついに行列だぞー。失敗覚悟でがんばれ自分(笑)
関連記事

高田開府400年祭 わくわく楽市へ

7/5 高田開府400年祭 わくわく楽市へ

はい、そんなこんなで高田開府400年となりました。
おめでとうございます。

前回…ってーか100年前は飛行機飛んできたり、なんかかなりハデにやって、市民の盛り上がりもすごかったようだけど、いろいろな娯楽も情報も増えた平成の今ではなかなかそういう風にもいかないからねぇ。。。

まあそんな中ではあるけれど400年目の時代の人たちはこういう記念イベントを行います。
(他にもイベントはいろいろあるんだけどね)

「城下町高田わくわく楽市」!
ようこそ楽市
はじまりはじまりー!

雪っ
雪あそび
かつてはこんなに降りました
板倉の最深積雪量8.18mを体現!
新幹線っ
ミニ新幹線~

真夏に雪あそびができたり、最深積雪量8.18メートル体験できたり、ペットボトルの三重櫓あったり、ミニ新幹線乗れたり…だけど、まずのお目当ては限定品・直江津菓子研究会のお菓子セット「千両箱」。
だってさー、直江津と高田って合併して45年になるってがに、いまだことあるごとに対立っていうか背中向け合ってるというか、そういう「念」みたいなのがそこはかとなく漂っているように感じられるからさー。
それなのに、いやそれだからこそ、この「高田」開府400年に直江津のお菓子屋さんたちがこうやって高田のイベントに参加してきたこと、これはお互いにとってすごいことじゃないかなーと。
三重櫓と千両箱
もう高田も直江津も、単純に「地域」、同じ上越市内なんだからさー。

お菓子ゲットの次は、こちらもお目当て「サメカツバーガー」と「サメのから揚げ」。
サメないうちにw
どっちもウマウマ。
スムージー・きゅうり スムージー・トマト
高田農高のキュウリスムージーとトマトスムージー。
あのキュウリがこの味になるとは…作りたいな作れっかな。

県警音楽隊
県警音楽隊の演奏をBGMに↑食べたり、会場内ぷらぷら。

北城書道部・書く!
北城高校書道部がこのイベントで書きました。
さめー
サメがいるwww
開府グッズ
開府400年にあわせたグッズなの。忠輝くんもいるの。
こちらもにぎわう
こちらのエリアも賑わっております。能登丼(バラエティーに富む)や札幌からアイスなんかも。

がんぎっこ
がんぎっこのステージはじまったぞー。そういや、第二期になってからは初めてかも?

ここからは会場を離れてぷらぷら
ロケット
高田図書館ではHⅡa/Ⅱbロケットの展示。

なんだ?
赤い橋渡ってハスを見れば、この連結ソリはなんだろう??

本町に向かいます
パネル展
途中、大手町小学校でパネル展やってたので寄り道して見学

本町につきました
和傘が並ぶ
あすとぴあ側の和傘たち。
これを見ました
あすとぴあではこういうのやっておりました。
榊原家が高田に移封となった時に姫路から移ってきた寺院の宝物展。
(そのものの写真撮影はダメ)
あーそっか、やはりこういう風にお寺も動くんだよね。林泉寺だって米沢についてっちゃったもんなぁ。

顔出しできました
イレブンプラザでは江戸風情の顔出しパネルができました。
高田公園は楽市で盛り上がってますが、本町は本町で「本町あきんど祭」なるものを開催中。
小判(の形の商品券)でお買い物でお江戸気分…というものだが、できるなら1枚1000円相当の5000円販売というのではなく1枚500円相当で1500円~5000円の販売というものにしてほしかったよ。
だってさ、自分の買い物では1軒で1000円買うってなかなか困難だよ。500円ならまだ…

おっと、また高田公園戻らねば。
武将隊
武将隊の演武だもんさ。これ見なきゃ。
続いてのライブはラフベリー。この方たちもこの頃上越でのライブ増えたよね。Wさんとばったり遭遇。一緒に前で見ることに。Wさんとはこういう「ばったり」が多いなw
らふべりー
ステージ前に若い女子がたくさん。こういう時にやはりワカモノの存在を再確認(^▽^;)

お次は佐渡の太鼓集団「鼓童」。
しかしこの方たちは撮影禁止のため写真ありません。
でもやっぱ太鼓って身体の中心にずしんとくるよね。古代からずっと続いてる太古のリズムが自分の中にも、っていうか。
いいねー…

おっと、忘れるトコだった。
司会のお2人
今日のステージイベントのメイン司会のお2人。バックスクリーンてヤツですよw
おつかれさまでした。

いりゅーじょん?
次のステージはジェラートイリュージョンというものなのだが、ここで一旦終了。
サメカツものはもう既に売り切れていたので、丼ものなどをお土産に買って帰宅と。

長くなったのでここで一旦終わらせて次のイベント、花火に続く~


関連記事

春日山と埋文へ

7/2 春日山と埋文へ

7月になりました。
今日はちょっくら春日山神社へ。

そう、日曜日の行列失敗しませんように祈願。←なにそれ
そしておやかたさまに着物での所作(ってほど動きもないんだけど)や注意点をご指導いただきたいなと思って。

春日山神社
まずはお参り。「がんばりますのでご加護を」。

春日山神社にある大砲、それがあることは知っていたんだけれど、案内板など何もないのでそれ以上は知らなかったのだが、これはどうやら日露戦争の時のものらしい。
ロシア語が刻印されているということはそういうことなんでしょうな。
ロシア製
1898年と刻印されている。明治31年だから、作られたのは日露戦争(明治37年~38年)より前ってことか。

春日山でおやかたさまたちおもてなし中。ふっと人が引けた所に「こんにちは」と。
そんなに簡単に付け焼刃で身につくもんじゃない(当然だ)けど、まあがんばれということで。
ははぁーーーっ。ありがたき幸せ<(_ _)>

新顔
春日山神社に新たに仲間入りしたカメさんですw

そんなこんなで埋文に戻る時間になりました。
十吾郎さん
神社の階段を下りる足軽十吾郎さん。

で、埋文着。
今開府400年記念ということで特別展示されている安塚の安塚神社に奉納されている「銅釣燈籠」と滝寺毘沙門堂の「滝寺毘沙門天立像」を見せていただきます♪
銅釣燈籠
安塚神社の銅釣燈籠

毘沙門天立像
滝寺毘沙門天立像

どちらも反射して見づらいです。本物は埋文でご覧下さいませ~。

ネジバナとスズメ
中庭(入れないんだけどさー)にはネジバナが花盛り。なんかここの全体的に大株じゃないか?
やっぱ環境いいんだろうなー……

みつさん兼続さんたちとも週末のイベントの話したりして、16時半、退陣を見送る。
おつかれさまでしたー。

話の結果、結局の所凝り固まってガチガチになるより、失敗して当然くらいに開き直ってやったほうがいいという結論に達したため、そのようにいたそうかという所存で候。
そういうこっちゃ。自分よ、失敗含めイベントを楽しみたまえっ!
まずはそこからじゃっ!


関連記事

本町近辺さんぽ

7/1 本町あたりをちょっとさんぽ

ちょっと用事があり本町に出たついでにちょっくらさんぽ。
デジカメ忘れたんで今回は携帯のカメラでぱちりこ。

高田開府400年祭の協賛イベントとして本町では「本町あきんど祭」が7/5に開催されるのだが、その関連行事。
番傘
お江戸にタイムスリップしたかのような番傘が並ぶ。
週末にはライトアップもされるそう。

七夕と
七夕飾りとともに。
あすとぴあ内にも番傘展示はあるそうな。

高田開府の日(7/5)までのカウントダウン看板。
あと4日
今日は7/1なのであと4日と。

そうそう、月替わりだしーと雁プラ内に入れば、あったあった。新しい番組表。
new番組表
「イルカに乗った少年」でも「海のトリトン」でもない(古)「イルカに乗ったらじ太」。

そしてちょっと遠征。

ん?
ほー
小川未明の生誕地?

どこだろうとこの先50メーターを目指して行ってみるがらしいものは見つからず。
北本町の陀羅尼さんまで行ってしまった。
50メーター以上来たよね?もう一回やり直しっとばかりに来た道を戻る。

どこだ?
旧家とかあるのか?よくある白い案内柱はなかったよなー??
ってところにありました。

小路の端にコンクリレンガ積みの一角。
あった!
これかぁーーーー!

にしてもやっぱり知らないもんだ。
北本町にしろ東本町にしろ、やっぱり知らない場所だらけだから、用事ついでに遠征すると面白い発見があるかもしれないな。
また機会を作ってふらっとさんぽやろーっと☆
関連記事