釜蓋遺跡(公園)へ

4/26 釜蓋遺跡公園へ

今月16日に釜蓋遺跡公園/釜蓋遺跡ガイダンスがオープンしたのだが、この日、オープン記念ということで「釜蓋遺跡公園 春まつり」が開催された。
当時を体験しちゃいましょうというこのイベントに行ってきまーす。

…とはいえ、この時期山の作業がいろいろあったため、行ったのは15時台だったのだけど。
釜蓋春まつり
はいおじゃましますよー
おじゃましまーす
人型が「ようこそ!」とウェルカム♪
はーい
順路に従って歴史の旅に出かけることといたします♪
ふむふむ
ふむふむ、土器にも赤土(信州長野系)と白土(北陸系)という風に種類があるのだな。
白土土器→赤土土器→白土土器というように年代が進むにしたがって変わっていったそうだ。
物流交流に何か変化があったのかな。
なぜ?がいっぱい
ここを見学して「なぜ?どうして?」という疑問が湧き出たらこの「謎解きの木」に書いてかけてみよう。
もしかしたらそのナゾが解けるかもしれないよ(^^)
地層モノリスだー
ザ・地層。歴史の証人。地層モノリスだー

ちょうどM田さんがおられた(お元気そうで何より)ので久しぶりにいろいろお話した後、外に出て体験コーナーに行ってみる。
楽しそう
楽しそうだなー。うずうず。
自分も古代人になってみたくなったぞ。ってことで「体験いいですか?」
では、土笛を。
粘土に砂をまぜます
粘土に砂粒を混ぜ捏ねます。
そして…
作り方
時間ももう終了間近で、なんか不器用でとろそうに見えたからだろうか、この手順を担当のおじさんが説明しながらほぼ作ってくれ、くりぬいたため残った粘土も使っていいよと一緒の袋にいれお土産に持ち帰らせてくれた。
ありがとうございます。すみませんー
まだ作ってる子もいるもののスタッフさん道具洗ったり片付けモードなので、道具返却して退却。
粘土まだ乾いてないし、うち帰ったらちょっと模様入れたりしてみよっと♪

当時からの風景
集落構成や道路という変化はあってもこの空と山並みと大地の風景は古代から変わってないんだよなぁ。
当時の人たちはどんな風に生きていたのかな。。。
ほぼ3年前の釜蓋遺跡説明会の記事はこちら→

どうやらイベント終了っぽいので施設を出る。
遺跡ガイダンス
おや、体験受付は15時までだったのか!いやーすみませんでしたー<(_ _)>
駅は至近距離
上越妙高駅は目と鼻の先。


釜蓋遺跡ガイダンス:
開館時間:午前9時~午後5時まで(公園は終日開放)
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始 (12月29日~1月3日)
入館料:無料
駐車場:あり(ガイダンス開館時のみ利用可:午前9時~午後5時)
いろいろ体験活動できます(一部有料)

フキ子ちゃん
カマ太郎とフキ子ちゃんが待ってまーす(写真はフキ子)


帰り道、ここも前に見かけて気になっていたムラの神社へ。
おじゃまします
青木の諏訪神社
石祠たち
諏訪社と山王社らしいです
なんだろう
これはいったいなんだろう??
ぬぬ?
ん?これまたなんか歴史ありそうな石仏さんたちが…
おおー
2体の地蔵菩薩さん。左側は室町時代、右は江戸時代のお地蔵さんなんだそうだ。(↑には写っている一番左側のは五輪塔?)

こんなのもありました。
「征露記念」とあるから日露戦争後に戦勝記念として奉納されたものらしい。
むー…
裏には皇紀2567年と彫られている。この年は1907年(明治40年)。
100年前、明治の日露戦争となるともうかなり遠いものに感じられてしまうけれど、こんな風にぽっと現れたりもするんだよな。

自分メモも兼ねての参考までに
皇紀ってのは神武天皇が即位した年を紀元としているもの。
西暦だと紀元前660年。
日本書紀をもとに設定。(日本書紀以来一般的共通認識だったが江戸~明治で定量制定)
明治5年(1872)に太陽暦導入と共に定められた。
第二次大戦前までは元号と同時に一般的。多用されるようになったのは戦前の昭和。


と、イベント併せのプチ歴史探索さんぽでした。ちゃんちゃん。


追記:)土笛は帰宅して吹いてみたけれど鳴らなかったので、申し訳ないけど一旦壊して、乾燥しないように保存し連休後に作り直しました。なぜか指で空けた穴を全部押さえないと鳴らないという不思議な土笛です。
これじゃ音階なんてない…(^^;

石仏参考資料「謎の金谷石造文化/吉川繁 著」
関連記事

高田世界館と高田小町へ

4/25 高田世界館と高田小町の2つの展示会へ

昨日24日から高田世界館では「台湾映画祭」が、高田小町では陶芸とスケッチ展が開催されている。
映画も見たいのあるんだけれどなかなか時間が合わずで…期間中見にいければいいけど。。。

世界館
で、既に上映時間あってないのだが、高田世界館へ。
台湾映画祭
スペースの関係上台湾国旗の縦横が逆なのはご了承くださいということで。

映画は(今日は)ムリでも、台湾のお菓子も販売すると聞いていたのでそれを求めに来たのだが、上野さんちょうど席を外しているようで見当たらない。
じゃーまーしゃーねーかとほぼお向かいの高田小町へ。

いつのまに
小町の前にこんな看板が。いつの間にこんなものができてたんだ?知らなかったぜ…

高田小町に入ってすぐで開催しているのは、和楽窯・山岸丈訓さんの作陶展。
山岸さんは糸魚川で活動されている陶芸家さんなのだが、今回こちらで作陶展を開くのだ。
この方の焼きものは、「練り込み技法」というちょっと変わった技法で作られている。
陶芸展
色の違う粘土や、粘土に顔料を混ぜたりしたものを貼り合わせたり、交互に積み上げるなどして作った模様の土を使いかたちにするんだそうだ。
イメージ的に、金太郎飴みたいに色のついた粘土を重ねていく…みたいなもの?
飴みたいに細長いものではないけど(^^;
2
成形したものに彩色したのではなく、粘土の時点で既に「絵」ができてるってことだよね。
すごいなー…
3
桜やバラの紋様だけでなく、市松柄なんかもあって、びっくりしまくり。
これってだから粘土を色違いに積んだり重ねたのをぐにっ(?)として模様作ってるんだよね。はーーー…すご…
4
見事な技術見せていただきました。ありがとうございました。
ちっちゃいものほしいなーと思ったけど、自分にはもったいないよね。(持ち合わせもナイし)
いつかまた縁があれば。

いやー、すごかった。。。

お次は蔵で開催中の野田英世さんの「あたたかい雪」展。
野田さんは長岡の建築士さんなんだそうだが、訪ねた町でスケッチをされているそうだ。
「あたたかい雪」展
「あたたかい雪」展。はいこれはどこでしょう♪

1
この間仕切りも野田さん染色されたんだそうだ
2
水彩スケッチが蔵の空気としっくり来るね
3
高田(だけじゃないけど)の見慣れた風景がやわらかく描かれている
4
こちらもご自身の染色作品だそうで。
「あたたかい雪」…雪はあったかくないだろうと言われるかもだけど、あったかい雪でしたよん。
野田さんもありがとうございました。

で、ここでなぜか上野さんとばったり。おやおや。
そんなことで、再び世界館へ。
名物「パイナップルケーキ」を買いに行ったはずが、上野さんの巧みな話術が、手ごろな価格なこと、なかなかないものなので食べてみたいという好奇心をつつく・・・
買っちゃった
で、購入してしまいましたwww まったく、上手だよなー(笑)
後ろのはご自由にとなっていた台湾パンフレット

うまそー
この台湾まるごとマップ、またうまそうなものがいっぱい載ってるぜ…
当時憧れの「愛玉」も載っている・・・!

映画は見られなかったけれど、小町での2個展見てこられてよかったよかった。。。


関連記事

ブリカツくんと遭遇!

4/23 上越妙高駅でブリカツくんとご対面

今日はゼンマイ揉み作業。
もみもみ
もみもみ。
ひと通り終わってあとは干すだけ状態になったのでちょっと携帯からネット。

そ、そうしたらば。
ブリカツくんが今現在上越妙高駅にいるとの情報を目にした。
なんでいるのかはわからないが、とにかく今いるらしい。
どうやら13時10分の佐渡汽船乗り場行きのバスに乗って駅をあとにするらしい。
それまであと30分。

ここでこの機会を逃すと、もうブリカツくんには会えないかもしれない。。。
行かねば…!

ブリカツくんは佐渡観光・ブリカツ丼PRキャラなので佐渡航路がある上越とは縁があるかと思われるかもしれないが、残念ながらブリカツくんが上越に来る機会はほとんどないのである。
北陸新幹線開業にあたっての5市観光連携「越五の国」での佐渡キャラはサドッキーのためブリカツくんは担当ではない。
(開業前のイベントで来ていたようだがそれには行かれなかった)
そして、佐渡汽船イベント。ここなら来れそうなのだけれど、こちら側が「ブリ天丼」なるものをイベントで出すためブリカツ丼もブリカツくんも出番がないのだった…
秋の姉妹都市観光物産展にも来ないし。

そんなんで、ブリカツくんに会えるかもしれないこの機会、逃すわけにはいかんと取るものもとりあえず状態で、チャリを上越妙高駅に走らせる。
ダッシュだーー!

駅到着。あと15分。
どこだ?駅内きょろきょろ。
トキ鉄…おらん。新幹線…おらん。さくらプラザ内…おらん。
まさかホームにいるってことはないよなと思い東口へ。
階段下りて、出入り口へ。

い、いたーーーーーーーーーっ!
思わず「ブリカツくんだ!」と声を上げてしまう。
同行の?女性が「ブリカツくんですよ」と答えてくれたのだが、そもそも、なんでブリカツくんここに来てるんだ?
カメラもある・・・ってことは、何かの撮影?
でも、県内民放や局のステッカー貼ってないし…
カメラ担当の男性も撮影中ですので…みたいなやんわりお断りするワケでもない。

撮影ならジャマしちゃいかんよね。でもせっかくブリカツくんが目の前にいるのに、と、どうしたものかと逡巡しつつ何も言えずブリカツくん一行をただ見ている自分。
一応さ、もし可能ならサインしてもらおうと小スケブも持ってきたんたがそんな雰囲気じゃないもんなぁ。
スタッフらしき方に聞いてみたらば「サドテレビ」の方たちなんだそうだ。

ブリカツくんショット。
B1

B2

B3

B4

B5

B6

そしてバスに乗ったブリカツくんは予定通り13時10分のバスで佐渡汽船乗り場に向かっていったのでありました。
手を振ってお見送り。

次に会えるとしたら、いつになるだろう。
その時はちゃんと少しは話ができればいいけどな。
さ、帰ろっと。まだやることはいっぱいある。

で、チャリでの帰り道、「ん?」
うーん(^^;
別所にも載せたのでカブるのだが、西口から出たところにある上越市作成の案内看板にびっくり。
え?「妙高」?
なにそのはしょり方。
せめて「妙高市街」とか「国道18号/妙高市」とかなんか他にも書きようがあるだろうに。
うーん(^-^;


とにもかくにも、初ブリカツくんを、動くブリカツくんを、しゃべるブリカツくんを見られて満足満足。
できたらまた上越においでくださいませ~!


関連記事

さくら見本園へ

4/22 さくら見本園へ

ちょっと振興局に行ったのでその帰りに高田公園の桜見本園に寄ってみた。
ソメイヨシノはすっかり散ってしまったけれど、これからは八重桜の番だからな。
まだまだ桜は終わらんよ。

さくら見本園
やってきました見本園。菜の花も咲きだしたぞ。
鬱金
緑花の桜「鬱金」。春日山の「御衣黄(ギョイコウ)」の様子はどうだろうな~
兼六園冬咲
「兼六園冬咲」…ってことは初冬にも咲く二季咲き?
日暮
いかにも八重咲きの「日暮」。
でも、この色で八重はみな「関山」だと思ってたけど、やっぱりそうじゃないんだね(^^ゞ
笹部桜
紅いすじが入ってる「笹部桜」。
※この「笹部」はどこかの地名ではなくて、桜博士と呼ばれた笹部新太郎氏に因んでいるんだそうだ

兼六園菊咲
こちらは「兼六園菊咲き」。「兼六園なんちゃら」な桜、本場の兼六園にはもっとあるのだろうか。
寒咲大島
「寒咲大島」。大島桜の寒咲きってこと?
花は大分終わってはいたけれど、寒咲きながらもまだ咲いてるなら花期長いってことだよね?

桜だけではありませんとささやかに自己主張中w
ムラサキハナナ
ムラサキハナナ(オオアラセイトウ)。
こっちではまだ植栽として使われているけど結構強いらしいので、もしかしたらそのうち雑草化するかもしれない。
花が見栄えいいので咲いても迫害されないだろうし。
ツツジ
ツツジも咲きはじめ。
八重とチュー
八重桜をバックにチューリップ

さくら見本園、もうこれ以上の植栽は場所的に望めないだろうけど、ここに「河津桜」があったらなーと思う。
見本園じゃなくても公園内でもいいんだけどさー。
桜の種類は500種以上ある。全部でなくてもいいから、環境に合うものだけでいいから、花期長くいろいろな桜を楽しめるような、高田公園が桜の植物園みたいになるとまた楽しいかもしれないとか思ったりもして。
ソメイヨシノの満開がどーんと連なるのも見事だし好きだけど、ソメイヨシノだけじゃないからね。

そんなこんなで花見終了。これからは新緑へと動き出すね。

おまけ。今日の妙高@高田公園
妙高山
跳ね馬も見えております。Kさんが見つけた雪形「白い仏(の字)」わかるかな?
南葉山
南葉山も。こちらの雪形は「種蒔き爺さ(種蒔き男)」。
こっちはそれっぽいの何人もいるんだよなー。

雪形が気になるってことは、八重桜が咲いてるってことは、いよいよいろいろ活動時期の始まりってもんですな。
さーがんばれー!




関連記事

観桜会ファイナル ~チェリーブロッサムライブ~

4/19 観桜会ファイナルのチェリーブロッサムライブ

…で、佐渡汽船からの帰り、自分は迷っていた。

・一旦帰宅して、チャリで出直せば帰りが楽だぞ。
・しかし雨が降りそう…というか既にポツポツ来だしているし本降りは確実
・帰ってから出直したらその分時間のロスが発生してヘタすりゃ見られないかもしれない

………と、はたから見ればどーでもいいような葛藤の末、結局高田公園で下ろしてもらうことにする。
帰りは…なんとかなる。そう、歩けばいいさ。

で、高田公園なんである。
今日は、観桜会ファイナルということで、さくらステージで地元および県内(県外も?)にゆかりのあるミュージシャンが勢揃いするライブイベントがあるのだ。
今年は我らのロックスター、ロックンロールスーサイド(今回はフルメンバー!)や、Sahnyaちゃんもrifomではなくソロで出演するそうで、これを逃せないなと。
問題はスーサイドの出演時間。聞くとどうも早めだし、佐渡汽船の見学会は決まっちゃってるし、どうか重ならないでくれよー!とひたすら願いつつ会場のさくらステージに急ぐ。
三重櫓
急ぎつつも三重櫓w
公園内
それでもやっぱり花見客。

聞こえてきた音楽はスーサイドではなかったのでちょっとペースを緩めて会場へ。
ステージ下では同じく見に来ていたHさんやNさんWさん、piさんpuさんとも会えてほっ。

そして、じきにスーサイドのステージが始まった。あーやっぱ直接会場来てよかったねー。
5
フルメンバーのスーサイド!
スーサイド1
ボス!
2
ひーろさん!
3
タケルさん!
4
テラさん!
6

7

8
出演者が多い分持ち時間が少ないのはしょうがないけど・・・うーーー、もっと演ってほしいー!
もっと聴きたいーー!

という気持ちなどお構いなしでステージ上は次の主演者に転換。
ステージ1
イベント限定の記念タオルも魅力ではあるんだが……こういうのってなかなか使えないし使わないからねー(^^;
2

そして・・・Sahnyaちゃんの出番♪
Sahnyaちゃん1
なんていうか、ステージの上だと迫力というかすごい「気」感じるんだよね。空気が変わるっていうか…
2

3
こちらももっと聴きたいよーーー!
Sahnyaちゃんワールドにもっと浸りたいよぉーー!

ステージ3
にしてもワカモノ結構いるんだよなー。普段あまり見ないのが不思議←行く場所が違うからだすw

雨も結構本格的になり、ここでpiさんとpuさんとはお別れ。またねー
さくら堂とかさはらさん
ちょっとステージを離れてさくら堂とかさはらさんのコーヒーブース
ステージ下
最終日が雨って残念だよね。そーいや去年も天気よくなかったんだよな。(だから行くの見送ったんだし)

そして、実は前から聴いてみたかった「Your Friends」。
ユアフレンズ
へー…こういう方なんだ。またちょこちょこ来てほしいけどなぁ。
かさはらさんコーヒー
そして、かさはらさんのコーヒーとさくらシフォンいただきます♪

雨もいい降りだし、見たかったの(聴きたかったの)は達成したし、今日で観桜会も見納めかぁと極楽橋を渡る。
雨さくら
雨さくら
みどりも
次は新緑のシーズンですな
お神輿
最終日なのに雨がうらめしいですね…
ボスのお店
ボス、ライブと出店お疲れさまでした!今年は日と天候の巡り悪かったですね…
井部さんのお店
井部さんのお店にも。今年はアクシデントあって大変だったね。お大事に。お疲れさまでした~

ということで、2015年観桜会じまいっと。
みなさんおつかれさまでした。
そして桜たち、今年もありがとう!!

はねうま
おまけ:徒歩帰宅途中で遭遇したトキ鉄はねうま車両♪


関連記事

佐渡汽船新造船「あかね」見学会へ

4/19 佐渡汽船「あかね」の見学会へ

春が来て、観桜会はもちろんだが週末はやはりイベントが多い。
もちろん今日もご多分に漏れずイベントが重なっているのだ。
観桜会は今日でラストだけど…ラストイベントあるしね~

と、いうことで行ってきまーす。

まずは新造船「あかね」見学会の入場整理券をもらいに佐渡汽船。
一人一回一枚ということで、二人分もらうにはもう一度並びなおさなければならない。
列が長かったので二枚目もらえるかどうか心配だったが、どうにかもらえてよかったよかった。

はるいろ縁日
そして、はるいろ縁日にちょっと顔出し。
会場内

会場内2
ホントにちょっと顔出して知り合いに挨拶した程度で会場を後に。
もちっとゆっくり見たかったね~

そして帰宅後お昼食べて、改めて佐渡汽船にGo!
整理券取りに行った時、早めに来ないと駐車場が遠くなりますと係りの方から言われていたので内心焦っていたのだが、こういう時に限って逆に相方がのんびりペースだったりする(^^;

で、着いたけれど、やっぱり駐車できたところは遠かったです(苦笑)
整理券と記念品
佐渡汽船ターミナル入ってエレベーターに乗って乗船口へ。
実の所、今日の午前中に乗船体験会があったんだよねー。
ぼーっとして応募するの忘れてたら、気がついたら締切過ぎてた(^^;

あかね!
ほー…これが「あかね」ですか。
トキ!
やはり佐渡といえば朱鷺ですからなぁ。

では乗船っ!
順路にしたがってまずは二等船室から。
船内1
椅子がカラフルですなぁ。
やはりカーフェリーというのではなく高速船なので、ごろ寝の二等はないんだね~
みんな椅子座りかぁ。
2
こんな色合いもあるぞ。

椅子の色、なんか色の意味(夕陽とか海の色とか)や規則性あるんですか?と聞いたら、特に意味もなく、(外国の)造船所の内装担当の趣味でしょうということだった。
綺麗だけど、特に意味はなく全くのランダムなのか~
4
床じゅうたんはさかなさん

3
地元の名産品を「あかねブランド」として船内売店で限定販売すると報じられていたので、どんなものがあるのかな?と期待していたのだけれど、残念ながら今日は閉店中。
そんなぁー…
5
こんなクラフトもあったよー♪

今度は一等席(ときクラス)へ
6
座席のグレードが上がりましたな
7
一等座席から見る風景
8
床じゅうたんもグレードアップ

9
透明ながらも一等と二等の間に隔たる大きな壁(違)

下におりまーす
10
ここに車が載ります

11
造船に携わった方(オーストラリア・インキャット社)のちょっとした遊び心だろうか?
軽量化のためにアルミが多く使われているんだって。

12
へー・・・こうなってるんだ(この後危ないと注意されました(^^;)
13
船底ってまんま底じゃなくてM型?になってるんだね。

下船~
ありがとうございましたー!
後ろから
後ろから船体を見る。

あさってです
そう、就航はあさってなのだ。

前アップ
今度は船体を前から。
ちなみにこの船は「波浪貫通型双胴高速船」というタイプだそうです。

駐車場から
駐車スペースに戻ってぱちり。
さすがにあれだけあった車ももうまばら。
では帰りますか。自分はまだ行くトコあるし。


それはそれとして、果たして「あかね」乗る機会はいつになるかなー?


関連記事

さくらステージと花見と

4/18 観桜会最後の土曜

…今年の観桜会は新幹線は開業したものの天気がイマイチでどうしましょー状態だったのだが、それでも期間中まで大分散ってはいるがギリギリ花がもってくれたのはよかったかな。
そんな観桜会も残すところこの土日を残すのみ。
今日はぽかぽかと花見日和。
見たいステージイベントあるので今日も来ました高田公園。

まずは、剣舞創作舞踏団・火舞斗(かぶと)の創作舞踊劇「桜田門の烈士」。
今年の火舞斗のステージはバージョンアップして舞踏劇なのだ。それも殺陣集団・越後軒猿衆とのコラボという。
火舞斗1
はい、あの桜田門外の変をベースにした舞踏劇です。

2

3

4
跳躍すごし!
5

6
全体的な立ち回りはもちろんだけど、姿勢とか足運びなど見てるとやはりすごい。
生半可ではなく、やはりその道に通じてないと、「型」が入ってないとできないよなーと思いながら見ておりました。
洋服とは違うから呼吸や体の動かし方も和服のそれでやらないといかんしね。
7
ただただすごいなー…
姿勢のよさ、「背筋ぴん」は見習いたい。。。

上杉隊
上杉隊の景勝さんとつばめちゃんもおもてなしに来ておられましたぞ。

そしてお次はお馬出しプロジェクトの「城下町高田はお江戸でござる」。
お江戸1

2

3

4
これは城下町高田の華やかなりし江戸時代の頃の老舗名店や子どもの遊びなどを軽妙に紹介する寸劇。
こちらから一方的にだけど見知った方がこっちにもあっちにも。

あめ~
ステージから下りてきたあめやさんからあめいただいたよ~♪♪

んでもってお馬出しプロジェクトの皆さんが退陣されてから公園内ぷらぷら。
さくら1
まだまだ桜は終わってないぞー
花筏いっぱい
花筏が多数浮かぶ…既にデカイ筏になってるww
土塁の上から
三重櫓向かいの土塁に上がってみました♪
定番
やはりこれを撮らねば的な定番www
花まつり
いつも気になっていたところ。幟も出てるから行ってみよう。
甘茶そそぎ
お釈迦さん生誕おめでとう。「天上天下唯我独尊」のポーズ。

今日はさー、天気いいし、ラスト近しってことでjまだ食してないものの補完もしよう。
とらさん いべさん
十日町の寅さんのたこやき(屋台)/井部さんちの桜カルピス
タケルさん ボス
先日飲めなかった花見酒を相方のおみやげに/ボスのとこのタピオカ桜ミルク

かわええ
井部さんブースのキイロイトリさんがかわいいっすwww

春花2種
桜とチューリップ、春の花2種。

市民花
毎年恒例の日報企画市民参加のさくらばな。
新幹線開業もあったしもっと満開でもよかったような気も…
自分?あ、まだ新聞読みリアル時間に追いついていないんス(爆)
でもみんないいこと書いてあるなぁ…

桜はいつまでも見てたいがそろそろ帰らんといけない時間だ。
明日の観桜会ラスト、フィナーレのライブもこんな天気ならいいけど…


関連記事

白虎ライブwith武将隊

4/17 白虎ライブwith武将隊@高田公園

越後上越上杉おもてなし武将隊の演武において楽曲提供している和ロックバンドの「白虎」が、高田公園でライブを行うそうだ。
それだけでもきゃっほー!なんだが、今回はそこに上杉おもてなし武将隊(以下上杉隊)が共演するという。

実はこの夜桜コラボライブが行われるのは2回目なのだが、前回はハハの入院もあって花見どころじゃなかったので、自分としてはこれが初めてなんである。
白虎のライブは2013年のEARTH以来以来。
前回はライブハウスだったが、今回は野外ライブである。
桜の花の下、響く和ロック…という想像しただけでかなりテンション上がるライブ、行ってきまーす。
ただ今日は所用で20時半には帰宅していなければならない…まあでも告知ポスターには20時までとなっていたのでちょっと延びても余裕で大丈夫だろう、うん。

さくら1
と、いうことでやってきました高田公園。

リハ
んー…開始予定の時間なんだがまだリハってるな。。。

2
ということで、星も瞬きだした夜の桜見たり。
葉っぱも見えてきたけどライトアップマジックでまだまだ見ごたえあるぞ。

コーヒーか何か、とも思ったけれど、いつ始まるか分からないので場所離れられず状態でライブの始まりを待つ。
あ、マリオとワリオだ!花見客に囲まれてるぞ。さすがの人気だ♪

おお、はじまた!
ライブ1

和だよ!
尺八だよ三味線だよ和太鼓だよ!
でもロックだよ!
すごいよ!!
2

3

4

5

6

7
和楽器にギターにベースにドラムにキーボード…贅沢すぎるぜ!
べりーべりーえきさいてぃんぐだぜっ!!かっこいいぜっ!!


コラボはじまた
そして、いよいよ武将隊とのコラボたーーーーいむ!

…で、え゛っ?
もう20時回ってるではないですか!
ここで見られるリミットは20時15分(マジ限界は20分)だぞ?
あそこに書かれてたのはあくまでも白虎ライブの時間で、コラボタイムは含まれてなかったってことかー?

あ゛あ゛あ゛…ってことは途中退場かオレ…
いや、それはそれとして、時間いっぱいまで見れ!聴け!

2
生演奏をバックに演武!
うおおおお、たまらんぜっっっ!
3

4

5

6
上杉隊の高揚感といい感じの緊張感ががんがん来る。
夜桜の魔力もあるかな?( ̄m ̄* )

7
初のコラボライブに緊張気味のつばめちゃん。

しかし刻々とタイムリミットは近づいて…
8
おーーーーっ!
…でももう、これ以上はムリ。さらばっっっ。

これからまだまだ見ごたえあるコラボは続くのだろうが、もうダメです。帰らねば…
おやかたさまの声に後ろ髪を引かれつつ、タイムオーバーした分取り戻すが如くチャリ飛ばして一路帰宅。
はーはーぜーぜー。ちょっとオーバーしたもののなんとかギリギリ許容範囲で到着。ぜーぜー。

最後まで見られなかったのは、勝鬨上げられなかったのはとても残念だったけれど、でもコラボライブ、ばかいかったてーー。
来年もまたやってくれるといいんだけどなー。。。ホント。



関連記事

さくらさくら

4/14 さくら散策

せっかくの満開状態、土日の混雑を避けてちょっくら高田公園を散策。
今日も残念ながら青空ではないんだけど…

それでも満開期間中なのでやっぱり人はおりますなぁ。
さくら1
枝垂れさん
2
点灯してる夜は撮影スポットだけど、昼はやっぱり…
3
南葉山と桜と鏡南葉と鏡桜
4
妙高と桜、そして野球場w

5
信号渡ってこっち側にもやってきました。
お城弁財天。高田信用金庫創立者の和田氏と高田市長河合氏らが社を建て、木彫家内藤氏が弁財天を作り昭和6年に開眼されここに奉られたそうな。
縁起文の碑文がなんかちょっと「ん?」だったりするのは気のせいだろうか…

6
三重櫓とさくら。散った花びらも。

7
そして、いわれはなんだかよく分からないけれど碑や何かの柱?何かの槽?などが集まっているエリアにやってきました。
池も歴史感じさせるんだけど、そこの観音さまは何観音なんだろ。

8
そこらあたりをうろうろしていたらお寺さんがぞろぞろと。
なんだろうとぽやんと見ていたらおいでおいでされてしまった…ので断るわけにもいかずで最後列で手を合わさせてもらう。
(加わらせてもらったのはいいがお布施ないよとあせったけれど、そういうのではないようでほっとした)
ここの庚申碑のお参りで動物の供養に毎年欠かさず行われているんだって。
市の観光課の方もいたので、ここの一角のこれ/あれなんでしょうねーと聞いてはみたけれど残念ながら分からないようだった。
もちろんお寺さんもそこまでは分からないようで。
でも、意味のないものをこの「高田公園」に置く訳はないから、どれもこれもいつのものかも意図も分からないけれども、何かしら染みはあるはずだよね。

けど、上記のあの池の観音さまは「魚籃観音」というらしい。最初聞いて「へ?魚卵観音?」と思ったのは自分(^-^;
これは魚の供養なんだそうだが、魚籃観音たる魚が入ったざるかごとか大魚に乗ってるとかそういうんじゃないのがあれ?と。
どっちかといえば薬師さんの薬つぼ?
これも縁起が書かれてないから何観音さまか分からんよなぁ…

そしてお供えのグレープフルーツをいただいてしまった。ありがとうございます。偶然居合わせただけなのになんかすみません…

9
三重櫓、極楽橋側からも
10
またまた内堀側に戻って、三重櫓の鯱を。
そしておみやげのぽっぽ焼きゲット。土日並んでるから買おうという気が起きなくて(^^ゞ
12
地元うんまいもんコーナー側の桜もいい色ですな。
井部さんとひぐちさんにご挨拶して今日はここまで。

11
ごくろうさまです。こういう方の働き、ただ感謝のひとこと。
ゴミはポイ捨てしないで設置のごみステーションに捨てるか持ち帰りましょうぜ。

というお花見散策でした~

関連記事

今日も花見

4/12 今日も花見へ

満開の日曜日なんである。
イベントも多いんである。
めずらしく天気もいいんである。

と、なればやっぱり……ね。

まず午前の部。
チャリで向かうは上越妙高駅。
…の前に。
山麓線通るとき気になっていた神社に行ってみる。

今日の妙高
…の前に、今日の妙高もw

では、改めて。
諏訪社
ふむ…諏訪社なのか。
でーん!
お社が3つってことは合祀されてるってことかな。
ここだと…下馬場?地頭方(だそうです)。
この道できる前は田んぼの真ん中にあったってことなんだろか。
鳥居が新しめだから移転とかあってそれだけ新しくしたのかな。

こういう集落の社の縁起はホント集落限定だからねー。
加えて段々知る人がいなくなっていくのはここに限ったことじゃない…
そんな風に途切れてしまった地域の昔話なんてのはあちこちに溢れているんだろうな。

追記:灯籠は江戸時代のもの
石祠は諏訪/稲荷/山王


などと思いつつフルサット。
フルサット市
只今西口市開催中。
さとまるくん
出店されてるあの方この方にご挨拶。お疲れさまですー。(写真は中郷のさとまるくんv)

上越妙高駅
桜としらゆきと上越妙高駅
これでひとまず午前の部終了~

そして午後の部なんである。
やはりチャリで行ってきますぞ。
椿とさくら

水芭蕉
旧師団長官舎は桜だけでなく椿や水芭蕉などの花も咲き

青田川~
青田川は春色

そしてやってきましたあわゆきさんの無量庵。
年に一度のお楽しみ。
ぜんざいセット
今年はケーキではなくぜんざいいただきますぞ。
うーんうまし!
無量庵
いい佇まいの無量庵。あわゆきたちみんな和服だし、また風情があるんよね~♪
Wさんおつかれさまです。ありがとうね~

そして高田公園に向かう。
人力車
この土日は人力車なども乗れますぞ。

だがさすが満開好天の日曜だけあって混んでる混んでる。
歩行者天国の道路も人いっぱいだし、行ってはみたものの某スーパーのトイレは長い列できてて諦めた…

そしてたどり着いたステージは、武将隊ズのイベントだったりするwww
今回は
 ・山形おきたま愛の武将隊
 ・金澤百万石武将隊
 ・越後上越上杉おもてなし武将隊 のコラボなのだ。

我らが上越上杉さん
武将隊1

2
シリアス担当
3
おちゃめ担当ww(違!)

金澤さん
4

5
前田親子w
6
きれいどころwww

おきたまさん
8

9
景勝さんと前田さんの上杉軍
10
伊達軍は政宗さんと小十郎さんの主従コンビw

7
桜の下でステージを見る武将たちw

コラボならではのお楽しみも♪
11
ダブル景勝さん
12
ダブル前田利家さん
13
金澤の正虎さんがおきたまの前田さんに「父上!(ひしっ)」

そしてラストは全員勝鬨
14
えいえいおーーー!
時間なくて残念ながら全員揃っての記念撮影タイムがなかったのは残念。

ステージ終わってもコラボは終わらない♪
15
桜の下の武将たち。(金澤さんと)
16
おきたまさんと上杉さん。

あれ?猪山さんてば…
なんか違うよね…
猪山さん1
ステージ演武時
2
演武終わってから

えーーー!お色直し?!(←違う)
金沢の伝統工芸の水引、すごいなぁ見事だね。
猪山さんだからまた華がある。
見事なネイル
そして猪山さんといえばこれまた見事なネイルアート。

17
そして退陣。お疲れさまでした~
去年はさ、ここにおきたまの兼続さんもいたんだよね。
小十郎さんもだけど覚えててくれてて会釈してくれたんだよね。
あー、やっぱ天に還られるってのは淋しいものだなぁ…

お次は迫力の和太鼓演奏。
うーん、腹にきたーーーーー!(写真はありません)

ここで相方と合流。
夕方から夜桜見物とシフトチェンジ。
夕方桜

2

3
…なのだが、ここの所咳き込むことが多い相方、花見に来たものの咳が止まらなくなり、ここで喘息出してはやばいと早々に帰宅。
ということでこちらも残念ながらここで打ち止め。
確か去年もこの時期咳してたんだよな。もしかしたら、くしゃみ鼻水じゃない花粉症じゃね?

4

5
帰る途中で天上の夜桜見物という高所作業車からの花見をぱちり。これはまた絶景だろうね~

それでも昼桜、夕桜、夜桜に甘味に武将たち…と1日堪能させていただきましたぞ。
穏やかな天気でよかったよかった。



                     
関連記事

ブルーインパルスとあのグラと本町イベント痛車と中野さんのライブと

4/11 ブルーインパルスとあのグラin上越と本町イベントと中野さんライブと

そして昨日のリハーサルを経て当日本番なのである。
まさかの岡野さん効果?で見事な曇天。
開催か、中止か。
それでも開始一時間前は予定通り開催されますという情報が流れた。

…ので、混んでいるであろう高田公園を避け、ちょっとずれた場所から見ようと思ったのだが、上越大通りに入ろうとする車で既に渋滞が起きていたため、このままでは車中から見たんだか見なかったんだかで終わってしまいました…ということになりそうだなと思い、Uターンして別の場所で見ることに。
予定よりは離れているが、ここでも見えるっしょ、と。

11時、予定時間になってもブルーインパルスらしき音も姿も現れない。
そして「中止だって」という声が聞こえてくる。
え?どういうこっちゃ?
結局飛行に適さない雲の厚さ故、直前で中止が決まったらしい。
ツイッターを見てみると確かに中止のようだ。

あーあーあ…

ツイや先に見に行っていた相方とのやり取りで「中止」を確認。
実現に向け奔走していた方々にとっても無念だろうなぁ…
それでもリハ見れたからまだいいか。。。

ほくほく線
ブルーインパルスは見られなかったが、旧信越本線/現トキ鉄はねうまラインを走るほくほく線車両。
なかなか見られないもんね~
はねうまライン
はねうまラインもパチリこ。


そして、ブルーインパルスの波が引いた午後は高田公園へ。
今日は「あの頃青春グラフィティ」の公開生放送を上越でオンエアするのだ~
ゲストは昨日のライブの杉さんと村田さん、そして夕方からライブのある中野さん。
晴れ男3人衆と強烈な雨パワーを持つ岡野さん、どちらが…って、拮抗してるから降らず晴れずの曇りなのかww
あのグラ13

あのグラ14
:ゲストは13時台が上越市長、14時台が杉さん村田さん、15時台が中野さん。
あのグラ15
しかしだ、中野さんが退席してから、それまで降らなかった雨がぽつぽつ降り出すところがさすがの岡野さんパワーだよね(笑)

岡野さん
「岡野さんと雨」裏切りませんな(^-^;

番組を見たりちょっと離れて聴いたり、見に来た顔なじみの方と話したり。
こういう時でないと会えなかったりするんね~
ももちゃん
ひっさしぶりのももちゃん♡

エンディング
番組ラストは恒例のリスナーが歌う「白い白い白いサンゴ礁」。これがまたいいんだ♪
さくらも
やはりさくらも忘れちゃいけない観桜会。

そのあとは本町へ。
イタリアン

イタリヤン
イタリアンフェスタはもう終わってしまったようなので(なんかよく分からんで)、これまた今回の目玉「痛車フェス」をぷらぷら。

痛車

こちらも
しかし、今流行の作品全然わからんもんなー…

がんぎっこ車
がんぎっこの痛車もあったどー!

ミクミク

ミクコス
すごいねー。
レイヤーさんとか、ミクとか。
知らなくてすまんのだけど、初音ミクってあくまでもゲームキャラクターで、アニメやマンガ、キャラの基本性格設定みたいなのってないんだよね?ストーリーにしろ性格にしろすべて書く/描く人のオリジナルで動かせるってことか。
そりゃまたすごいな。

ご当地アイドル
ご当地アイドルのステージもあったぞ

そして一旦帰宅し、仕切りなおして再び本町へ。


中野さんライブ!
昨日に引き続きの今日のライブは中野トクさんなんである。
(ライブ続きはうれしいが懐には痛い…(^-^;)

1うどん
今日の1ドリンクならぬ1うどん。うまうま♪

OAのお2人♪
OA1

2
S&G(サイモン&ガーファンクル)で来ましたか。
…にしてもIさんすげえなあ。

そして中野さん。
中野さん1
歌もだけどトークがまた…ね。
そしてサービス精神満載ってか、ステージから観客席にやってきちゃったりするもんね。
2
いやははは☆
熟練のワザいうか、「やっぱすげえや」と。
それでもすごい方なんだよ。
3
現在のニューミュージック系のいわゆる「大御所」な方々と音楽つながりある方なんだよ。
そんな方が上越を好んで来てくれるってすごいことだし、そして客側に来てくれちゃったりするって、客への媚とかそういうのではなく逆に人のデカさを、「(自分の)音楽を、場所の大小など関係なく、今一緒にいる人たちとともに、楽しんで、楽しませる」っていう意識がすごい高いんだろうね。
ピックが
すげぇなあこのピックたち…

4
と思いながらも、実はすべてのアルバムをどっぷり聴きこんでいる訳ではないので、曲のリクエストと振られても出てこないのだった…スミマセンスミマセンっっっ!(そういうのは真のファンにお任せします)

でも中野さんのライブはいいんだよすごく。自分って無知だなぁと再認識もさせられるけど(^-^;
5
また次のライブを楽しみに♪
関連記事

「ずっと還暦☆ツアー」へ

4/10 杉さん村田さんの「ずっと還暦☆ツアー」へ(&ブルーインパルスリハーサル)

桜が満開の頃、彼らはやってくる…
そう、杉真理(まさみち)さんと村田和人さんのライブが今年も開催されるのだ。
去年「来年も桜見に来まーす」言うてくれてたもんね。約束果たしてくれてありがとう~

…の前に、明日のブルーインパルスショーのリハーサルが午後からあったのだ。
高田公園で見ようかなーとも思ったが、天気が微妙だし、降っちゃえばチャリダメだし、車は駐車料金かかるし…で、金谷山から高見の見物いたしましょうと。
金谷山の方が全体的に見られるかな?と。
金谷山から
果たして来るか来ないのか、それも分からず待つ。
しばらく回りの人と共に待っていたんだが、誰かの「来た!」の声と飛行音。
おおお、来た来た!

写真撮ろうとするものの、ズームと速度が合わず飛行機を追っかけられない。
ハートとか色々と「芸」を見せてくれてるようなんだけど…飛行範囲がでかすぎて分からぬorz

リハーサル
なんか、高田公園から見た人たちの写真の方がいい感じに撮れてたなぁ(^-^;
結局ダメダメ写真ばかりで終わってしまった。

そして、明日の本番、うまく行きますように。
三重櫓を見てみました
金谷山から望遠で三重櫓を見てみる☆


そして夜。本町サクラデラノーチェへ。
今日はコレなんである。
ポスター
杉さんと村田さんのライブ!
去年に引き続いての桜満開ライブ!

わくわく
しかし、会場に着いた時には既にほぼ席が埋まっていた…
ここならいいのかな?と空いてる席の中でも前側を確保してみる。
うまそー
1ドリンクということで♪やっぱり桜の時期ですし。

しかし、席確保してある人たちが着席しだし、がびーん…
前が壁だ…
人の壁からお2人を見ようとすると柱から身を乗り出しナナメから頭の隙間越しに見なくては、見れない…
それはかなり疲れる体勢だったりする。

ので、今日はもう見るのあきらめっ!!
「聴く」だけにするっっっ!!
と、いうことで、すっかり柱の影に身を隠し、見るライブではなく聴くライブ。
とはいえ柱とにらめっこも何なので、目をつぶって曲聴きながら当時や脳内に浮かぶイメージ(妄想ともいうw)にたゆたゆと漂う。
たまにはそういうライブもありか。(寝てたわけでは決してありません☆)

あ、でも時々は前の人が頭を隣の方に傾けたりするのでそういう時だけガン見して(笑)

でもねー、ライブはさすがトーク的にもさすがのお2人だから歌もトークもどっちも楽しめましたぞ。
席についても学習したので今度はもっと早く到着するか別の場所にするか考えよう。
杉さん村田さん、よかったら来年の満開桜も見にきてライブしてくださいませ。

そして、その後はお隣の鶴越さんで楽しい打ち上げタイムなんである。
また料理がうまいんだ。お2人の好物に工夫凝らしたメニューが並ぶ♪

そして今日は、明日公開生放送するため前入りしているFM世田谷&岡野さんもこの打ち上げに参加しているという♪
参加者がいっぱいで話はほとんどしてないけど(^^ゞ
おっかのさーん、明日はそんなに雨女のパワーフルに発揮しないでね(笑)

痛バイク~

痛車~
イレブン広場にこの週末の痛車イベントでやって来たミク車とバイク。すごいぜ(笑)

うちあげー
そんなこんなの楽しい時間でありました~♪♪



関連記事

金谷山へ

4/9 金谷山へ

高田公園の桜は満開になった。
昨朝の発表では7分咲きだったがそのあともじわじわ咲いて(天気よくなかったのに)、満開になったらしい。
おまけに今日は好天。できれば週末までこの天気も持ってほしいもんだが…

関東行きの疲れが出たのか実のところ昨日の朝からなんとなく風邪っぽかったのだが、その「なんとなく」を自然(の中で)治癒させようと再び金谷山へ言ってみようと思い立ち出かけてきた。
高田公園の満開の桜でもよかったんだが、今日の自分にはちょっと賑やか過ぎるかなとこちらを選択。

ほのぼの
医王寺薬師堂の野仏さん。いいお顔されてるよなー。コケも歴史だ。
人に歴史あり。石仏にも歴史あり。
薬師堂
薬師堂。今年の5月5日の御開帳見られるかなぁ?
さくら
こちらの桜も咲き出した。

そして金谷山。今日はまっすぐ先日の場所へ
折れ桜?
用水?人工池?の中には今年の雪で折れた桜の枝(なのか?)が生けられていて、それらは花を咲かせている。
見たときは北陸新幹線開業イベント時のあの桜か?とも思ったけど、ンなわけねーよな。時期が違う(^^;

散策タイム
オウレン
オウレンに
カタコ
カタコに…あっ、ゼンマイが!
ゼンマイシーズンが始まる~
カタコたち
カタコ群生
雪割草
雪割草
行ったのが午後ということもあり、ちょっと日陰になってしまい残念。
キクザキさん
キクザキイチゲはまた閉じてる姿…なかなか開く姿を見られない(TT)

と、散策していたら賑やかな声が。
近くの小学校低学年の自然観察らしい。
すれ違った子どもたち口々に「こんにちは」と挨拶してくれる。微笑ましいねぇ。
で、口々に「あっちに白いカタクリがありました!」と教えてくれたので、どれどれと探してみたら
白カタコ?
光の加減かもしれないけど、確かに色が薄いね。これかな?
でも完全素心青軸の白花ではないようだけれど、子どもたちのためにもこういう個体はここの地で大事にしなければ。
イカリソウ
違う斜面にはもうイカリソウがいっぱい咲いている!
うわーーー。いよいよだねぇ。

斜面
斜面のカタクリと高田平野&直江津港
山笑う
桜と新緑、ホント「山笑う」だねぇ(^^)
ミズバショウ
池にはミズバショウが。
オタマたち
そしてその中には小さな命がいっぱい。なにガエルかなぁ。サンショウウオかなぁ?

今度はスキー発祥記念館側へ。
イワカガミ
こっちは向こうほど山野草はないけどイワカガミが咲きだしてる。
こっちに来ました
発祥記念館の裏手のこちらに来ました。
お世話になってるFM-Jのアンテナもあるよ♪
菱形基線測点
これなんだ?「菱形基線測点」?
よく見る三角点や水準点のような形でないけど、だから「菱形」?
それにしてもコケの生え具合からも年代モノみたいだなぁ。。。

追記:菱形基線測点いうのは地表の歪みを測定するために置かれてるんだそう。1点だけでなく4点で1菱形を作ってその距離を継続して測定することで歪みを知り地震予知の参考にするんだそうだ。
これは全国に16ヶ所あるそうで、その内の1つが上越市に設置されている、と。
ちなみに、上越市の残りの3点は直江津と頚城区と三和区にあるんだそうだ…

日時計
降りてきてロッジレルヒのあるエリアに戻ってきました。
実はここには日時計もあるのです。
ここだと表示と実時間には大体7分くらい差があるそうで。計ってみたら、確かにそれくらい違うわい。
地殻変動観測点
地殻変動観測点というのも日時計のすぐそばに。
金谷山って、地殻や地表の測定のポイント地だったりするんだなぁ。
へーーーー。

春味わって、これで風邪もよくなったかな?


追記:実は夜(微熱ですが)発熱しました(^^;
無謀だったか…
いや、精神的には良かった・・・はずだ。うん。




関連記事

高田公園へ

4/8 高田公園へ

今年の観桜会はこの3日から始まったんであるけれど、天気が悪くなかなか桜を見に行けず…
この日ようやく雨が上がったので用事ついでにちょっと高田公園へ。
今日は7分咲き?8分咲き?
観桜会前日に開花宣言したのはいいけれど、咲き出したらば気温高くてどんどん咲き進んでしまった…

鏡桜&南葉山
外堀に鏡南葉と桜たち
さくら堂
さくら堂のひぐちさんにこんにちは。
三重櫓と
極楽橋渡る前に三重櫓と桜
こちら側からも
極楽橋渡って三重櫓と忠輝公と五郎八姫の顔出し看板w
キクザキさん
三重櫓の土塁?はキクザキイチゲの群生があるのだが、さすがにこの時間ではもう閉じてるし(^-^;
カタコたち
カタクリはもう終わりっぽい…
おなじみ
おなじみ内堀と桜
西堀橋
西堀橋に来ました。今日はそれまで来れなかった分見まくるw
コラボ
西堀橋のたもとにミズバショウが咲いている場所があるのだが、枝折しちゃった?のもあって、今までのように見られなくなってしまった。
水かさ多いのかミズバショウ埋もれているけれどミズバショウと桜シルエットと落花のコラボ

古径さん
古径邸の脇の道を行けば古径さんの碑。
1輪置かれたユキツバキがなんとも風情あり。
椿と桜
では、椿と桜を。

天の階段
今度はさくら見本園の方に来ましたぞ。
ちょうど雲から光が差し込みなんか神々しかったので思わず。

これはいつから?
あれ?こんなの前からあったっけ?
やはり開府400年に合わせて設置したのかな?

夕暮れさくらロード
夕暮れさくらロード。スポット的にちょうど誰もいなくなってしまったというのがもったいないというか・・・(^▽^;)

んでは、一旦帰るぞーっ
青田川沿い
ここの桜もいい感じなのだ。もう暗いけど…

帰宅後、もろもろ用事を済ませ、再び高田公園へ。
いや、某グループで花見を予定していたんだけど、朝の天候状態からの時点では中止やむなしということになったのだが、もう支度してしまったということで、こじんまりと有志でやることになったのだw
ごちそうさまです
手ぶらでやってきて食べるだけ食べてしまったという。
スミマセン、いただいてしまいましたーごちそうさまでした。

その後花見タイム終了
ってことで解散したあとせっかくだからさくらロードを見に行ってこよう。

実は何気に撮影スポットなのである。
撮影スポット
夜桜だっ!ww
夜桜
ライトアップでなんとも妖しく
さくらロード

さくらロード
21時回ったからか人もまばらの中、さくらロードはほぼ貸切状態。いいですね♪

これから満開に向けて人もさらに増えそうだな。うん。

関連記事

「39ART 2015」へ

4/7 「39ART2015」@実験空間Studio zero

実験空間Studio zeroでは3/9~4/8のほぼひと月、「39ART展」を開催している。
先日の復興鈴の時には併設する「スペース あら いー」に来ていたんだが…ちょっと都合が悪く立ち寄れなかったんだよね。

そうこうしているうちにもう会期終わっちゃうじゃありませんか!と慌ててスタジオ・ゼロに行ってきまーす!
5日のたみおっちライブも今回は関東行ってて行けなかったしね。
作品としてのライブも聴きたかったなあ。

ってことで、東條さん、ご無沙汰すみません。おじゃましまーす。

たくさんの作品が出迎えてくれる。
1

2

4
基盤についてるアレがいっぱい!
5
アイディアもすごいが、それをちゃんと形にしちゃうんだものなー☆
6
あるもので、こういうの作れちゃうその発想力。
7
ワイヤークラフト更に進化♪
8
緋色美さんの七宝作品も出てる~(^^)
9
東條さんのビー玉クラフト。見事だしきれい・・・でも作るの大変だっただろうな…(^^;
10
それぞれの思い思いの作品たち
11
ほわほわ。かわええのー♪

そして考えさせられた作品「発信」
12
双子のロボット「ゼロ」と「カオス」。
背中のパラボナからは「音」を、頭のアンテナからは「意思」を発信する。
作品に書かれている「後藤健二氏の事件で「人間は『発信』せずにはいられない生き物なんだ」ということを思った、ジャーナリストにしてもテロリストにしてもやっていることは世界の人たちに自分たちの意志や考えを伝えたいということ。両者とも同じことをやっているのだということ。
2体作ったのは意志の疎通を表現したかったから。人間、敵同士でも話し合えば解ることもあると思う」というコンセプトに大きく頷く。
発信は受信があってこそ発信となる。
受信があれば、孤独じゃない。
「ゼロ」は「カオス」がいて「ゼロ」であり、「カオス」は「ゼロ」がいて「カオス」なんだよなぁ。。。

3
ここスタジオ・ゼロって、その表現と表現方法の多様さにすごいなぁと思わせられるだけでなく考えさせられることもあり、ホントに刺激的な空間なんだよなぁ。
今回もたーっぷりたぷたぷ漂わせていただきました。ありがとうございました~



関連記事

埼玉へ

4/3~5 埼玉へ

この春はお祝い事が多くていいことなんではあるが懐的には痛かったりする(^^;
そんなことでお祝いを届けに関東遠征へ。
(自分の方には全然そういうこともないんだがなwww)
今日の妙高
今日の妙高

真田丸
現在鋭意撮影中、ですな

さくら

こちらもさくら

窓にもさくら
埼玉は今サクラが満開…そしてはらはら散りだした

ってことで、前半2日間は私的な親戚宅めぐりなので華麗にスルーさせていただき、最終日なんである。
そう、最終日のご褒美♪

行田の忍城おもてなし甲冑隊を今回も見に行くんであるO(≧▽≦)O
来月始めに大幅にメンバーが入れ替えとなるので、現メンバーに会えるのは今回を逃すともうないのだ。
でも年度末に卒業という話でなかったのが救いでもあるのだが。

しかししかし、今回は忍城でのおもてなしではなく、メンバー分散外部出陣という…
ううううう~
とにかく、会えるかどうかは別として、両方行ってみるのだ!

まずは行田市・古代蓮の里。ここは実は初めて。
今日はここで「鉄剣マラソン」なるものが開催されているのだ。
ここへの出陣は甲斐姫・酒巻さんにだんべさん。酒巻さんはランナーだという。
…で、ここで大誤算!

マラソンは市内を走る…そう、あちこち通行止めがかかっているのである…
しまったそんなこと考えてなかったよ(-_-;)
そしてそれについての道路情報もないよ…

もうダメぽ…と諦めかけたのだが、こういう時には食い下がるのが相方だったりする。
交通整理のスタッフさんに「古代蓮の里に行くにはどうすればいいんだ」と押せ押せで聞き(^^;、浄化センターに車が置けることを教えてもらう。
聞いたとおりにそこに車を置き会場まで小雨の中てくてく。
なんてったって彼らの退陣時間もある…だけじゃなくて、こちらも次の場所に行かなくてはならないからな。
古代蓮の里
で、古代蓮の里に入ったはいいんだが、観客とゴールした人たちがわやわやといるしあちこちにコーンが置いてあるしどう動いていいのか勝手が分からん…
情報的には
・姫とだんべさんは走者応援
・酒巻さんは走者として参加 ということだけ。

ゴール
走者応援ということはゴール近辺かなと思い行ってみるも、和装和傘、甲冑姿のらしき方はおらず。
あちこちうろうろしたけれどやはり見つからずで、雨だからこっちかなと古代蓮タワーの施設に行ってみたら入口にだんべさんがいた!

ゴールした参加者へのねぎらいの方が今日はメインなこともあってそちら対応に忙しそうだったのだが、こっちだってせっかく来たんだっていう気があるので、他の方々はどこにいるのか聞いてみるも、残念ながら知らないという返事。
ううー…姫、会えぬのか(TT)
相方もこっそり姫ファンなのでお姿拝見したかった。もう会えないだろうからさー。

一旦ここを出て再びうろうろしていたら相方発見。甲冑隊は別にして、せっかくなので古代蓮タワーに登ってみようということになる。
通常は入館料がかかるのだが、今日はマラソン大会に絡んでなのか無料開放のようで受付なしでタワーエレベーター乗車。

地上から50メーター上からの展望、見せていただきまーす。
…とはいっても、あいにくの悪天候で遠くはまったく見通せず。
田んぼもまだだし蓮もまだ…で雨にけぶる桜を見たりパネル展示を見たり。
上からさくら
上からさくら。夏には蓮の花が見られるんだろうな。
上から田んぼ
ここも田植えが始まったら田んぼアートが見られるんだろうなぁ。
なつかしい
うう、懐かしいお顔がいっぱいだ…

そろそろこちらも移動しなければならないので残念だがこちらはこの辺で切り上げよう。
ここで粘って次の場所を逃しては何にもならないからな。

タワー降りたら、もうだんべさんもいなくなってた。
天に帰るまでまだ一ヶ月あるので今頃言われてもアレだろうけど、こちらはこれで最後なのでおつかれさまとありがとう告げたかったなぁ。なんだかんだで一番話した(向こうは覚えてなくても)のはだんべさんだからねー…

姫ー!酒巻さーん!話せなくても一目だけでも見たかったよーー!と後ろ髪引かれつつ「十万石まんじゅう」を買って次の目的地へ。


次の目的地はかみさと運動公園。関越道の上里SAのある上里町だ。
ここの桜イベントと先ほどのマラソンイベントとで2手に分かれて出陣なのだ。
(で、マラソン組はすべて天に帰る組だった)

関東の下道の混雑加減がよくわからなかったので間に合うか心配だったがスムーズな流れで無事に会場に到着。
行田は雨だったけどこちらは雨降ってないのはやはり丹波・和泉の晴れ男/晴れ野郎効果か。
ふーん、ここが会場か。想像してたよりのどかでなんかローカル感強くていいなあ。

knit
神流川流域ご当地アイドル「knit」さんのステージ。
へー、ここにもご当地アイドルさんっているんだ。
こむぎっち
そして上里町町制施行40周年記念で生まれ出た町のキャラクター「こむぎっち」。
(上里町の特産品の小麦にちなんでいるそうな)

ごあいさつ
そしてそして、予定より早く甲冑隊の出番がっ!
早く着いててよかったーーー!
一列目げーーっと♪♪
1

迫力の演武最前列でかぶりつき(笑)
2

3

クイズタイム
クイズタイム。賑やかしに手をあげてみたものの残念ながらかからなかったよ…
(「かける・かけられる」は「指される」の意の新潟弁です)

4

5
シリアス・迫力の演武の中にふっと脱力・コミカルな面を差し込むのが忍城さんの魅力♪

演武の次のステージは尺八の演奏。
尺八
尺八、ただ「ぶぉーー」と吹くだけではないんだね。曲演奏になってる、すごい!

そして会場内ぷらぷら…だがやはり足はこちらに向かう(笑)
おもてなし
おもてなしつつ行田PR
ゼリーフライバーガー
あおちゃんのゼリーフライバーガーPRターーイム!

忍城よりはまだとりまく人が少ないぞ、行け行け自分ゴーゴーゴー!と、アウェイ感ながらもファンの人の切れ間にあおちゃん、長親さん、丹波さん、和泉さんとそれぞれとお話してカード(名刺)と花押げーっと!
丹波さんはなくなっちゃったってことで忍城で、ということだったが、上手だなぁぁぁwww
でも「久しぶり」とは言ってくれたけど、去年の謙信公祭では話せなかったし、その前の南魚沼の兼続公祭りの時に話確かにしたけど覚えててくれてんのかな。そうだとしたらうれしいけどさー…でも1/100(分母はもっとでかいかも)で年に1~2度ちょっと話せるか話せないかの人を覚えててくれるかなぁ。
いやいや、丹波さんがリスペクトする謙信公の上越の人として記憶に残っていたってことにしておこうwww

和泉さん、この方も5月に天に帰る組なんだけれど、それ聞いたら「いや、鍛えてまた戻ってくるから」とのお答え。
そうだよなぁ、中の人は変わっても「和泉さん」はいる訳だし、そう言うしかないわなぁ。
で、やっぱり自分にとっては見納めでも、向こうにとってはまだ一ヶ月。別れの挨拶って気持ちじゃなかろうしな。
やはりそれについては何も言えぬ…

あおちゃん、ちっこくてすげーかわいかったー。
今度は忍城で会いたいな。友人ともなかなか行けずじまいだし、今年こそは忍城ツアー実行したいぜ…

大将長親さんは、やっぱり長親さんでした(笑)
だがそれがいい。うん。

土手から会場
土手から会場。
桜まつりですからね、ちゃんと桜も愛でないと。

おどりも
ステージラストは舞い~

退陣~

会えてよかった
甲冑隊の退陣を見送り、再びブース…だが15時近いのでさすがに主催者側も終わったモードが強くなって(完売モノも増えたし)撤収準備始めるところも出てきた。
いちごの香りが甘く誘うしせっかくなのでJAブースでいちご購入。さすがに終了間近でも値下げはしないのね。
売り尽くし価格にしてくれれば2パック買ったかもしれんのにw
行田への道中の、いちご産地の道の駅産直所でも思ったが、産地って言ったからって、超安いとかではないんだよな。
やっぱり何処でもいちご価格はいちご価格だ。品種名というブランド、そう簡単には値下げなんてしないわよ、と。

さくらとなのはな

こちらも
さて、一足早い桜も堪能したし、んじゃ上越に向け出発しましょうかねぇ。
この時間だと富岡製糸場行くにも中途半端だし、それはまたの機会にってことで。
関越道に乗り上里のSA。いろいろ食べてはいたのだが、相方はなんとなく小腹が空いたそうで、ここの売りらしい「上里ラーメン」を所望。
うどんとらーめん
うどんも気になったけどそこまで食えぬ…
ラーメンセット
メニューにはセットメニューとしてちゃんと出ているのに、食券販売機ではその項目がなくてかなりゲツバタしちゃったよ(^^;

高速は横川のSA。だるま弁当には今回も振られ売り切れ。釜飯もあと2つだというのでそれを夕飯にしようと購入。
鶏めしも名物らしいのだが、二大駅弁のだるま弁当と横川の釜めしに挟まれてちゃなかなかつらいよな~

霧~
あとはもう上越に向かうのみ…なんだが、北信濃に入った頃から霧が出始めて視界不良に。
高速あぶないやーと信濃町から18号に下りたがやはりしばらく霧の中でおっかなかったー。。。

雪降ったり霧だったり4月の高速使うおでかけはどうも天候にビビらせられるなぁ。
何はともあれ3日間、おつかれさまでしたー。

あー、これで春の大イベント終了~
これからは高田公園のさくらだぜ!



関連記事