南本町・雁木通りまつり2015へ

9/27 南本町の雁木通りまつりへ

南本町の雁木通りまつり。
このイベントの仮装コンテストはなかなか人気で、去年行ってみたところ確かに面白かったので今年も行ってきまーす。
てるてる坊主

こっちも
イベント会場にあたる雁木には数日前からイベント当日晴れますようにという願いが込められたてるてる坊主たちがずらーーっと並ぶのだ。
それらを見ているだけでも楽しいんだよな~

南本町2~3丁目をホコ天にして地元のおいしいものや商店のサービス品・出店が並ぶ。
お店
かさはらさんのコーヒー。去年、仮装が終わってひと段落してからいただこうと思っていたらすでに終わっていたという経験から、今年は早めにいただくぞ。
こちらも
パプリカショップ。おいしそうだがうちにもあるもんなー (ほとんど色づく前の緑の段階で食べちゃうけど)

吹奏楽

太鼓
本部前メインステージでは地元の小中学校の吹奏楽や太鼓の演奏などが行われてるのだ。
武将隊も来たことあったし(その年は行けなかった)、去年は高田開府400年の時に忠輝公と五郎八姫を演じられたお二方が縁あってこちらでもお興入れのイベントをしたりしているのだが、今年は通常モードで。

マリオ
お、マリオ発見!

さあ始まりましたイベントの目玉、仮装コンテスト。
去年学習したので本部側で見学するぞー。
仮装1
恒例のジューケーレンジャー
2

3
一人冬季オリンピック競技。ジャンプにフィギュアに…すごい。
4
エリア内の学校の先生だけじゃなく生徒もコンテストに出るというのもあり結構子供いっぱいだったりする。
うんうん、それはいいことだ。子供いっぱいいるのを見る機会が少ないからな。
5

6
観客の反応から今日びの流行りネタなども含まれてたりするようなんだが、既にそれもわからなかったりするのがトホホな自分(^^;)

各グループの仮装を楽しんで見ていたら、お楽しみ抽選会は賞品なくなったんで終了とのアナウンスが。
えー。せっかく券もらったのになー。
去年は仮装見てからでも間に合ったのであとから行こうと思っていたんだけどそうはうまく行かなかったか。残念。
別行動の相方に渡して頼んどけばよかった…orz

7
恒例の?サザエさんファミリー
8
妖怪のせいなのね

と、全グループの仮装を楽しんだあとは会場内うろちょろ。
はたらくくるま
はたらくくるまたち
交流プラザ
あることは聞いていたがどこにあるのか分からなかった「三世代交流プラザ」。
こんなところにあったのかー。
おじぞうさんたち
こちらも年代的に三世代なんだろうか?な石仏さんたち。それぞれ味のある表情。

おやきだったかのお店をちらっとのぞいたら、なんか並びに撮影カメラっぽいのが見えたんで、そ知らぬふりしてその場を離れたところ、どうやら中央のTV局の旅番組のロケだったらしい。。。(帰宅してからネットで知った)

文房具屋さんのワゴンセールをのぞいて格安文具をいろいろ購入。
店員さんがアラレちゃんのコスプレしてておおー!

じゃ、そろっと帰りましょか。
青空
空を見上げて。

今年も楽しいイベントでした。ローカルだけど町内のまつり、って感じでいいんだよね。
来年もできたら見たいもんだ。うん。



関連記事

オトノカケラvol.29へ

9/26 オトノカケラ vol.29へ

この日はさん来夢あらいでオトノカケラである。
通算29回目なんである。
1

そして今回はちょっと特別。
一見いつもの様ではあるが、いつも以上にみな気持ちが入っている、特別な回。
今回は「オトノカケラ for たみおっち」。

そういうライブなんである。

では。今日は写真多め文字少なめでw
3
オープニングはたみおっち。
4
笑顔がうれしいね。

OTOYAさん
5
いつも以上の魂こもってる。
6

7

8
たみおっちも加わって
9
「ついてこれてるか?」的に挑発。(多分(違))
10
うんうん。

続いてNo-colors。
オトノカケラでお会いしたのは2回目。
13
ギターとボーカルのユニットであり
11
ウクレレユニットでもあるのだ
14
ほっこり♪
12

続いては高野治さん
15
メモリーライブ以来こちらでお見かけすることの方が多い気も(^^ゞ
16

17

24
歌詞も魂の叫びだったりするんだけれど、ときどきおちゃめモード?が(たみおっちに対し)発動する時がある(笑)
18
友情

お次はyumizoちゃん
19
OTOYAさんともども今回も「本気の裸足」なんである。
20
しっとりと、しかし芯のある強さのある曲を聴かせてくれる
21

22
そして今回は、久しぶりのAppleが!(AppleはOTOYAさんとyumizoちゃんのユニット)
23
名曲「あなたが生きてここにいるだけで」。がんがん心に入ってくる。
34
そうなのだ。「生きてここにいるだけで」は、
「生きてここにいてほしい」でもあるのだ。魂が叫んでる。。。

続いて柏崎から今回オトカケ初参加の夕渚愛さん
25
柏崎のイベントなどでお名前だけは見かけていたのだが、おお!
「魅せる」方もすごい!
26
その歌唱力でオールマイティーに歌う愛さん。さすが。
27
たみおっちとコラボ。
愛さん、ご都合合った時でもまた来てくださいね!

28
たみおっち、やっぱ音楽してる時安らげるんだろうな~

そしてトリはたみおっちである。
29

30

31
高野さんのおちゃめモードが発動!エアギターだ!
32
鍵盤モードのたみおっち

ライブのあと、演奏者・観客と互いにハグをかわし合うたみおっち。
そこに言葉はいらないのだ。

最後にみんなで集合写真。
33
やわらかくあたたかいカケラたち。

気持ちがいつも以上にこもったオトノカケラvol.29でした。
こころ穏やかにがんばりすぎず、次回はまたいっぱい笑おうね。



関連記事

作品展ミゼットへ

9/23 スペースあら・いー「作品展ミゼット」へ

この13日からスペースあら・いーでは「作品展ミゼット」が開催されている。
ミゼット展
7月のオトカケの時だったか東條さんにこういう企画を考えているという事を聞いていたので、タイムスリップを兼ねて?あら・いーに行ってきまーす。
ミゼットは「両さん」のマンガの中で…あ、リメイクされて再販された平成ミゼットなら見たことある。
あと、去年の彩生アートのにお店で展示してたのは見たな。

ってことでスペースあら・いーへ
並んだ
おお、3台も!
1号
ミゼット1号!
2号
2号!
これは「ホンダ/ダイハツ/ワドー号」といいたかったのか。それとも「ホンダ/イハツ」or「ホン/ダイハツ」なのだろうかw
3号
3号!
こっちからも
並んだぞー!
ミゼット戦隊あら・いーだ!w

おー!
たわしアニマルミゼット
たわしアニマルでミゼットだ!すごい!
その上のクラフトミゼットも味がある…
コラ作品

その2

こちらもコラ
ミゼットをテーマにしたコラージュ作品の数々。随時ワークショップ開催中。

その頃
ミゼットの頃、東京オリンピックで当時はどこも活気づいていたんだろうね。

パッケージクラフト作家の高橋和真さんのティッシュ箱使ったミゼット
クラフトミゼット
すごいなー。お見事!
ネピネピミゼット
黄色バージョン
後ろから
後ろからも見てみる。たいしたもんだなぁ…
ネピネピミゼット製作中
赤いミゼットも製作中。

おもしろい
これは東條さんのダンナさんが考案した乗り物玩具の廉価版?なんだそうだが、乗り方コツがあっておもしろい。
そのコツがつかめずちんたら走る脇をさすがの東條さんはさっと追い抜いていくのだ。

レトロで楽しいミゼット展、東條さんありがとうございました~!
まちのゆうぐれ
今ではほとんど人の通らないまちだけど(失礼)、当時はここももっともっともっとにぎわいにあふれてたんだろうな~
また、新しいにぎわいが生まれますように。



関連記事

「わたしのマーガレット展」へ

9/19-20 「わたしのマーガレット展」へ

2014年秋に東京で「わたしのマーガレット展」なるものが開催されるとの情報が関東の友人からもたらされ、仲間内で「やっぱ東京だけかよ」と地方の悲哀を言い合ったのであるが、この巡回展が新潟でも行われることが決まり、週マ派別マ派別としてマーガレット読者だった友人たちとこの展示会を見に行こうということになった。

日帰りのつもりだったが、お盆にも帰ってないので前日に新潟入りで一泊して翌日戻ることにして、「じゃ、行ってきまーす」。
そしていつものように知人宅におじゃましていつものように新潟泊。
新発田のお菓子
名前聞いたんだけど失念した新発田の(お彼岸に食べるらしい)お菓子。
砂糖より甘かった・・・w

翌日、早起きして豊栄の「水と土の芸術祭」の作品を見て、わくわく広場で買い物、墓参りしてマーガレット展……というつもりだったが見事に寝坊。
…なんでこういう時に限って寝坊するんだ自分はっ!!
豊栄にて
とりあえず豊栄のわくわく広場行って花やらなにやら買ったはいいが約束の時間が近づいている。ので墓参りは後回しにして万代へ。
会場勘違いして時間ロスしたが無事に皆と合流。
さあ行きますぜマーガレット展。
チケットと
中は撮影禁止のため写真はないけれど、原画展示に「おおー!」
アタックNo..1から始まっての原画の数々は美しかった…
2色カラー、当たり前ながら2色塗りしてたんだねー。
カラー原画も美しい。
そして、当たり前っちゃー当たり前なんだが、当時と最近のを比べると1コマの大きさがどんどん大きくなっている(^^;)
加えて当時はアミ掛けとか効果も皆手描きだが今はほぼトーン。←よく「マンガ家になるには」などの本に基本技術としてあったよねw
今はトーン使用頻度がすごく高いよな。デジタルなのもあるかもしれんが。

昔のマンガに盛り上がり、最近のものにはふーん…な、モロ年がばれるぞ状態(笑)

この展示の目玉?別コーナーの池田理代子の部屋。
オルフェウスの「窓」パネルやベルばら原画などなど。
そしてこれ。等身大のオスカルさまとアンドレ。
オスカルさま

アップ
アップ。
あまりの二人の世界状態に、一緒に記念撮影はできませんでした(笑)

会場を出て、グッズ…の前にお昼。
おひるー
うまかったぞー♪こういうお店は連れてってもらわない限り多分行かないかもな~

ばんにゃい
万代シティのキャラ、ばんにゃい。
レインボータワー
レインボータワー。今は動いてないのが残念だが。

どーん
再び会場に戻りグッズ物色。図録買っちまったよ(笑)

そしてこれ!
うひゃー!

うほっ
40年代の当時のアイドルの表紙にウケつつ、自分が買っていた頃の、好きだった作家さんの表紙にテンション上がる。
そうだよ!こんなに表紙飾ってたのに、、、

なんで「ギャグマンガ」のコーナーで1Pしか展示されてないんだよぉぉぉぉ!
(いや、載っているだけマシなんだが)

自分が好きだったマンガ家さんがあまり取り上げられていなかったのが残念無念ながらも楽しませていただきましたぜ。
マンガ館も見てきたしな。
水島作品がなくなっていたのが新潟市と水島プロとの確執を物語っているようだ…

久しぶりにみんなと会えて楽しく過ごせていかったれ。また11月に会おう!とここで解散。

そして沼垂寺町へ~
お墓参りタイムからの沼垂テラス。そして水土作品の「沼垂ラジオ」。
沼垂ラジオ
のぞいてみたけど人いなさそうだったので引き返す。
ねこ
沼垂ねこ♪眠かったようなのに何度も呼んでごめんね。
通りがかりの人が鼻がピンクだから肉球もピンクだね♪言うてたけど、猫ってそうなのか。

それから県立図書館へ。↓木々の間から見える鳥屋野潟
鳥屋野潟

ここで友人の二人展を見…ようとしたら、カフェコーナークローズ5分後(^^;)
作品だけ見せてくれとお願いして、やっと見れたぞチカチカ展。
チカチカ展

その2
どうもありがとうございました。
ケーキもうまそうでお礼も兼ね買っていこうかとも思ったけれど、クローズで会計も〆ちゃったみたいだし、それでまた面倒掛けるのもなんなのでそのまま店を出る。
今度来た時には何かいただきたいと思います~
ミチココ」さんありがとうでしたm(_ _)m

碑1

碑2
図書館のグリーンコーナーには新潟市の碑が数基置かれている。
ちゃんと由来が書かれてる。
高田公園のあのナゾの一角に置かれているものたちにもこういうのついていればいいのに。
「いつだれがなんのために」が市民に知られない状態で、あのまま誰も知らないモニュメントになってしまうのは残念だよね。
もうそうなっているのかもしれないけどさ。

お月さんと
さ、じゃあこれで新潟での予定終了。帰るぞ。
水土作品は残念だが寝坊したんだからしゃあないよね。
夕日

夕暮れ
そんなこんなで一路上越へ向かいましたとさ。



関連記事

車座おにぎりへ

9/12 大地の芸術祭イベント「車座おにぎり」へ

…と、いうワケで車座おにぎりである。
これは前回の大地の芸術祭でもあったイベントなのだが、今回も開催されるのだ。

とはいえタイミングがあわないと遭遇するのは難しい。
それで前回は1回はニアミスしたものの結局参加できないまま終わってしまったからな。

3年後の今回、ようやくイベント「車座おにぎり」に参加だーーー!

今日の場所は川西の千手神社。
千手神社
車座おにぎりののぼりが開催を知らせる。
車座準備中
準備もできてるぞ。
へー、こんな感じなのか~

心得
車座おにぎりの心得

そして参加者がめいめいにゴザに座り車座おにぎりはじまりはじまり。
じゃーん
おにぎりと、季節のつけものとうんまいものと。
じゃじゃーん
おにぎりどーーん!
魚沼コシをシンプルに塩むすびでいただきます。
いただきますよー
ぱくり。
むー、う、うんまい!
やー、ばかうんめてばーーー!
いただいてます
みんなぱくぱくと美味しそうに。

でも、個人的にはもうちょっと塩味ついていた方がごはんの甘さを感じられたんじゃないかと思うんだけど。
それにしてもうんまいて。
おにぎりだけじゃなくてふるまいおかずや枝豆もおいしゅうございました。
ごちそうさまでございました。

そして、ふるまいを受けたからには、そのお礼をせねばならない。
これがこの車座おにぎり(だけじゃないけど)のならわしなのである。
なんでもいい、その時自分ができること。
「お礼」タイム
二胡の演奏する方も。

絵を描いたり、楽器演奏したり、何この芸達者な方々。
すごいーーーー!
えーーーどうしよう。そんな芸持ってないよー!と楽しみながらも内心ドキドキ冷や汗。

しかし「今その場で」できなくても、帰ってからできるお礼でもいい、と言われてたもんな。
よし、じゃあ!
「帰宅してからブログでPRします!」
これが今できる自分のお礼です。ホント、芸なくて申し訳ない…

ふ る ま い 、 ご ち そ う さ ま で し た !
あ り が と う ご ざ い ま し た !!


また3年後、どこかで参加したいです。
うまかったーうしまけたー!


関連記事

安塚の観音堂のご開帳へ

9/2 安塚・円平坊のご開帳へ

安塚に「円平坊」という集落がある。
名前からして寺に関係ありそうな集落かなーとは前から思っていたのだが。
それよりも冬の大イベント「灯の回廊」での「えんむすび神社」があるところ、と言った方が「あーあそこか!」と思われる方も多いかもしれない。

その円平坊にある観音像が17年ぶりにご開帳されるという。
17年という年月を考えたらば、これは見に行かなくては…と思って、んじゃ行ってきまーすと。

しかし、ご開帳は今日のお昼まで。
出たのも遅かったので、間に合うかな間に合うといいな状態。
加えてその場所もわからない。
円平坊はえんむすび神社会場より奥に行ったことないもんな~
ま、出たとこ勝負はいつものことだ(笑)

橋を渡り集落を抜けたところに観音清水という道標が。そこに車停めて回り見たけどそれっぽくないので、もうちょっと奥に進んでみる。
神社とかってちょっと高いところにあったりするしな。
あったー
で、発見!
軽トラも停まっている。参拝者かな?
ギリギリセーフかな。
まずこっち
お堂に人がいるので先にこちらにお参り。
こちらにも
中腹のこちらの祠にも手を合わせ。
でもあちこちの神社に一緒に祭られてるこういう石社って何神さんだか全然わからないよね。。。
実はなんかこの神様のはこうなってる、ああなってるとかいうものってあるのかな?
全然わからんけどもさ。
お堂を見る
お堂を見る。もう時間回ってるし行ってみようっと。

で、お参りに行ったら、既にもうご開帳は終わって厨子が閉まっちゃってて、集落の年配男性がせっかく来てくれなったのにどーしょばのー状態だったのだが、集落の方なのか役所の方なのか作業着の方が戻ってきて厨子を開けてくださってありがたいことに観音像を拝めたのでありました。
もう賽銭箱も閉めちゃったのでさっきのお社に納めさせてもらうことに。
観音様は色もよく、ひと目見たとき、かわええとか思ってしまったよ←ばちあたりめ

こまさん いぬさん
狛犬さんたち
ありがとうございました
どうもありがとうございましたー!

来た道を戻り国道に出る。
円平坊案内
駐車するところもないので通過するしかないが、通るたびいつも気になっていた円平坊バス停にある案内板。
「(前略)集落内には弘安4年(←って2度目の元寇来た年やん!)鎌倉時代中期に朝比奈三郎義秀が仏像を護持して当地に来たとされる観音像が金色蓮華の台座上に納まり、立派なお厨子内に安置され33年(現在では13年)ごとにご開帳され、敬われ心の安らぎを得ている。(後略)」
あれ?17年ごとって聞いてたけど、どっち?

とにもかくにも13年?17年?ぶりの観音様のご開帳を拝ませていただきました。ありがたや。


そして、これだけで戻るのもなんかちょっともったいないので、ここも冬の雪の時ばかりで夏の姿を知らない小黒のお寺さんへ。
ここは専敬寺・称専寺・教願寺・能念寺という4つのお寺が並んでいるのだ。
で、専敬寺は親鸞さんと恵信尼さんの娘・小黒女房とゆかりがあるらしい。

能念寺
能念寺
石段あがると…

石段上がってくと
称専寺
称専寺
教願寺
教願寺

ここは専敬寺の寺内なんかなー?
それともみな宗派違うけどここに集まっているのか。
(自分には○○宗は二の次だからして)

専敬寺
そして専敬寺。ここは「専敬寺」って書かれてないのだね。
「東厳専修恭敬閣?聞?」…からの「専敬」なんじゃないかなと思われるんだけど。
鐘突き堂
鐘突き堂。ここが灯の回廊の時突いてもいいよという鐘なんだね。

そしてその裏手に
おや?
「ん?」なんだろうと上ってみたら
うわ
諏訪神社がありました。ほー…
神社
こんなところにあるとは。
合祀
他の神さまもおられるぞ

ふーん、お寺の上に神社かー。
集落の土地的なものもあるし、あの一角は神仏エリア、と境界ひいたのかもしれないしね。
古くから神聖な高台なんだろうな。

さ、帰るまいか。
帰りは安塚~牧。
深山
こうやって見るとやっぱり深いよなー。。。
弁慶滝
景勝・高谷大滝・弁慶滝なんだけど、緑がまだ濃くて・かつ時期的に、滝が滝らしくない……

峠を越える頃から風が強くなってきた。
牧の川上笑学館の看板があったので、これまた夏の顔を見てこようと思ったのだが…道間違えたようで見つけられずじまい(笑)

秋めく
ちょっと秋が始まってきたかな。
青空
秋の青空、いいねー♪

安塚から牧のプチドライブ。観音様も見せていただいたしいいあんばいでございましたて。はい。









関連記事