「野火」を見る

10/30 「野火」@高田世界館

1959年にも映画化されている大岡昇平の「野火」。
こういう作品を世界館が取り上げてくれるのは実にありがたい。
とはいえ、気がつけばもう上映終了間近だったりする。
こりゃ大変だ!ということで世界館へ。
世界館
見るぞー!
新聞記事
映画を取り上げた新聞記事のスクラップ

野火」。
第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。
敗戦が色濃くなった中、結核を患った主人公は部隊を追い出されて野戦病院に行かされる。
が、「入院治療費」という食料がわずかな主人公は早々に追い出される。
戻れば戻ったで再び病院行きを命じられ、病院からは受け入れを拒否される。
部隊と病院の往復を滑稽に描きながらそこに漂うのは理不尽さ。

結局部隊から追い出された主人公は島内をさまよう。
飢餓の中、死と敵への恐怖。
島の自然が、自然という「生」が瀕死の兵士と対照的に映る。

そして…


戦争というものが、いかに人間の理性や知性を殺していくか、
生きるために、いかに自分本位になっていくか、いかに狂っていくか、

そして、戦争というものは何もかっこいいものではない。
生身の兵士たちの戦場はそんなものではない。
ちぎれる四肢、飛び散る血、はみ出る腸、生きたまま焼かれる肉体。
そんな世界なのだ。


でも、現代でも世界のどこかで起きている。
爆撃の下ではこんな風に人が死んでいる。

それにつけても、人間を人間でなくしてしまう戦争というものは。
命を鉄砲の弾よりも軽いものとみなす戦争というものは。


そして、映画だから、というのではなくどこの島でも似たようなものであったろう、いや実際はもっとひどかったであろう中から生き残った者たちは、自分の体験を他人にどこまで伝えただろうか。伝えられただろうか。

そんなことを考えさせられる作品だった。

原作はまだ読んでいないがいつか読んでみたい。
すごかった
重いけど、でも受け止めて、考えなければならない。
こんな今だから。


次第に現実に戻って
上映いろいろ
世界館今後の上映作品など。ラインナップがいいよね。
そしてPOPもいいね~♪
上野さんありがとでした。

世界館出て
にじむ歴史
外壁は白く化粧直ししたけれど、この辺りには歴史を感じさせるんだよな~
こういうところ好きだな。
いい感じ
雨風紫外線にさらされた、この風化っぷりに惹かれるんだよ…

帰り道
しだれ桜
あのお寺の枝垂桜。晩秋の桜。
ああもう11月だ。

戦後70年、考えさせられる映画だった。


関連記事

「-手と手 あわせて-ぬくもり展」へ 

10/28 「-手と手 あわせて- ぬくもり展」へ

以前は厚生南会館や大和で開催されていた「ぬくもり展」。
大和閉店(2010年なのでこれももう5年も経ったのか)後、しばらく開催されていなかったが、今年2015年、6年ぶりに開催されることになった。
会場は本町のあすとぴあ高田5F・ミュゼ雪小町。
ぬくもり展
前回の同展の時、「今度自分も参加してみたい」と言ったのをpiさんが覚えてて下さったようでなんと今回お声がけをいただき、そう今回は自分も参加する側、出展していたりするのである。
自分のはアレだけど(^-^;、他の方々の作品楽しみ~

と、いうことでぬくもり展初日、ミュゼ雪小町へ。
会場へのエレベーターで偶然piさんと一緒になる。縁だね←ヤメレw

着いてまもなくオープニングセレモニー
挨拶1
理事の大島氏の挨拶
挨拶2
市長(代理)の挨拶
挨拶3
商工会会頭挨拶
挨拶4
かなやの里の先生挨拶
テープカット
テープカット!

この展覧会は高田文化協会が行っているもので、今回5回目の開催となる。
「かなやの里療護園」「かなやの里ほほえみ」「かなやの里更正園」「かなやの里ワークス」「かなやの里グループホーム」「にしき園」「つどいの郷」のみなさんたちが描いた作品に、高田文化協会の会員や有志が自分のイメージを表現していくというもの。

おじゃましまーす
ではでは、おじゃましまーす。

・・・わ!
作品1
なんかすごい。そして楽しい。
2
こんな立体の大作も
3
それぞれの作品、それぞれのイメージの広がりが面白い。そしてあたたかい。
4
陶芸の立体作品もあるぞ~
5

7
120点以上の作品が並ぶ
6
特別展示作品もあるのだ♪

出展の方たちのお名前、あの方この方、(それは一方的にだったりするけど)存じ上げる方々が多くて、すごいなーさすがだなーと思うことしきり。

ちなみに自分のはこちら。
しょうしいながら
一応提出前に撮ったんだけど、会場ではなんかしょーしくて撮れなかったんで(^^;;;ゞ

作品は有料で販売しているそうなので、お気に入りの作品があったらぜひぜひ~

ぬくもり展は11/2までミュゼ雪小町で10時~17時まで(最終日の2日は16時まで)開催中。
お時間ある方はおいでくださいませ。
あたたかい作品がいっぱいですぞ。

もしなら、また次回も参加できたらいいなぁ~


おまけ
帰りに久しぶりにFM-Jスタジオに立ち寄る。
ゆかりん
ゆかりん復活おめでとう!おかえり~~!!
また元気な声聴かせてね!


関連記事

津川へ

10/26 津川へ

起きて支度して津川へ向かう。
楊川トンネルできてバイパスになって道だいぶ変わっちゃったねー。
トンネルから出たらすぐ斎場だ。

先日従兄の不幸あったばっかなんだけど、その時に会ったばかりなんだけど…続くなぁ。
仲がよかったから呼ばれたとかなのかなぁ。
もう伯父伯母でなく、そのつれあいやその子供になっているもんな。
やっぱりみな年を取ってくんだなぁ…
津川1
ここも子供の頃よく遊びにきたんだよなぁ。
「おみ(や)げにしいたけを」は知らないとはいえ申し訳ないことをしたよ…
2
そんなに特異な植物があるとはその頃知らなかったもんな…
3
思い出は自然とともに。
……なんてことを車窓から考えたり。

一連の儀式のあとそのまま帰るつもりだったのだが、いろいろ事情が変わっておときにつき父を送ることに。
酒屋にて
津川限定酒を扱っている酒屋さんに寄り道。

そういえば水原の瓢湖に白鳥が来たって聞いたよなー。
久しぶりに行ってみるかとこれまた寄り道。
五頭山
五頭山(ごずさん)の山頂。五つ峰だよな~
ゆうぐれ
雲がすごいなー。今日はなんか「生きている」ことがいとおしいというかなんというか。
瓢湖
白鳥たちは奥の方に行っちゃってる。。。
月と
月が。

父の写真を撮る。
・・・老けたなぁ。
なんだかんだいっても、なんだかんだあっても、やはり・・・なぁ。
身体に気をつけて元気でいてください。

無事に送り届けて上越に向かう。
酒
おみやげ。飲むのが楽しみだ。

生きてるだけで丸もうけ
生きてることですべてはOKさ、と。



関連記事

浜省ライブへ

10/25 浜省ライブで新潟へ

で、昨日のSAKEまつり。今日も飲みたいところなんだが(武将隊の演武もあるしね)、今日は浜省のライブなんである。
チケット当選してからは、この日は浜省のライブなのでSAKEまつりの日曜は諦めるけどできるだけイベント入らないでくれーと思っていたのだ。
日帰りするつもりでいたんだが、なんとしたことか従兄の不幸があり、それに参列するため新潟に一泊することになったのだ。

支度して、じゃあ行ってきまーす。
その前にちょっと本町へ。
本町
SAKEまつり。いいなぁ←しつこい(笑)

新潟着。知人宅に寄ってうちに行き、車を置いてバスで出かける。
バス停まで行く途中でバスが来たので「乗る」というリアクションしたのだが、バスは自分を追い越し無情にも走り去ってしまうというお約束。こういうのは変わらないという…
次のバスを待っている間、新バスシステムになった時刻表眺めたり。あ、市役所行きあるんだ!でもその便土日はないなんて!

そんなに待たずにバスが来た。よかったよかった。
久しぶりのバスだ。なつかしいなー…と窓から見える風景に思いを馳せていたんだが、え?あれ?ルートが変わってる…
沼垂回らなくて東港線直進なんだ!これは昔の新潟駅行きルートと同じだ…が、どこで下りればいい?
バスセンター前にも停まるんだろうがヘタに遠くで下ろされても困るんでとりあえずメディアシップ前で下車しそこから旧ダイエー前まで歩く。
ここからBRTに乗る…んだろうな。と思ったが来たバスはBRTじゃなかった。
しっかし、市役所まで行くのになんでこんなに手間取らなきゃいけないんだ!
以前は直通で行けたのに!信濃町とか新大行きとかそっちはどうなっちゃってんだよー!
どのバスも市役所にはほとんど停まってたけどシステム変わってどうなってるのか全然わからない!
加えて加えて、乗り換えってことはバス料金がその分かかるってことだ。
なんで市役所行くのに500円もかけなきゃいけないんだ?
混んだバスで市役所下車。会場の県民会館までてくてくと歩く。

県民会場にはまたずらーーーーーーーーーーっと、観客の列が何折れにも連なっている。
うひゃーーー。さすが浜省。
今回のライブはチケットレス。身分証明と予約券を受付にかざすと自分の場所が示された券をもらえ座席が分かるという仕組みだ。
県民会館も久しぶり。座席もなんか変わったような…。
ふむふむ…自分の場所は……おお、ステージからはちょっと遠いけど真ん中ではないですか!後ろは機材なので逆にいいし。
あとは前の人が壁でないことを祈りますぞ。
長らく前の座席空いていたのだけれどついに来た。…でーっ、体格が縦も横もあるthe壁!だΣ(゚д゚lll)
ああ、これだと真正面に省吾がいながら見えないのかと落胆したのだが、別の人が来てその人となにやら話している。
別の人がその後立ち去ったのとその人が得意げに口にしていた言葉からどうやら別の人がその人の席を間違ったということが伺えたのだがその後スタッフさんが来てその人の座席を確認。
その人が大間違いしていたようで正規の場所の二階席に移っていったという次第。なんかとほほで失笑。

で、正規の座席の人は…おお、これなら!と思わせてくれる小柄な方。らっきーーーーーー!

ライブがはじまり、遠いながらも正面に省吾!
がーーーーーーーーっ!!!!!
大盛り上がり、大高揚感でライブを堪能したのでありました。
あー、何年ぶりの省吾ライブ…たまらんーー。
ライブ1
けどさ、スマホはノーチェックでカメラ持ってなくても楽勝でいい写真撮れるってなんか不公平…
ライブ2
前みたいにセトリ書かれたものはないのか~
月~
月がとっても青いから~じぇいぼぉーい!♪♪
ライブ興奮とともに、またてくてくと市役所に来たのはいいが、て、停留所、どこ?
液晶画面案内では発車時間が表示されてるけど、やっと見つけた停留所の時刻表には当該時間がない。
どういうこっちゃ?
とにかく、市役所前からバスは出ていないらしい。じゃあ古町はどうなってんだ?
白山神社
カミフルを見たいのもあり白山神社から古町通りをてくてく。
しかしカミフルのお店は時間的にほぼ終わっていた(笑)

岩木
岩鬼。葉っぱやたらと壊されたそうで。そゆことすんなよー
里中
里中くん↑ 山田太郎↓
山田太郎
水島作品の銅像。水島プロと市がなんとか和解してこのまま設置となってくれればいいんだが。

古町。
ラフォーレ
ラフォーレももう閉めちゃうんだそうだな。待ち合わせで行った以外自分には無縁の場所だったが。

古町の停留所、やっぱりバスの便はない。本町、市役所や古町がないのにあるはずがない。
ここまでくるとさすがの自分もライブの興奮よりもバス路線への罵詈雑言が出てくる。
西に行く便は残っているのに、東へのバスは乗り換え以外ないってどういうことだ?
東新潟の住民には古町来るなっていうことか?
土日に飲みに来るなってことか?
これで本当に古町に人が来るシステムにしたと思っているのか?ええ?

結局徒歩で渡った万代橋からの夜景。
夜景1
夜景・万代シティ方面
夜景2
夜景・朱鷺メッセ方面

そして、バスセンター(ここも今までの番線が変わっていて戸惑う羽目に)到着。
行き先が増えていたため一応運転手さんに確認して乗車。発車後次の停留所は元のミナミプラザのとこだった。
なーーんだ、ここ停まるならそっちの方が万代橋から近かったやん。

そんなこんなで無事下車。コンビニで酒と明日の朝食買って帰宅。
ビール
友人らにバスについてメール(すまん)。
どうやら、「りゅーとカード」というものを持っていれば乗り継ぎ料金いらないらしい。
別のカードもあるようだが、これも事前申し込みでかつカード購入するらしい。
ってことはさ、市民以外でシステム知らない乗客は、路線によっては乗り換えいる分割り増しになるってことか。
いままで往復500円ちょいがほぼ1000円かかるって、どういうことや。
ひどいよ新潟○通!
これだったら、車使って上限あるパーキング使ったほうがよっぽどマシだったぜ…

バスへの憤慨>ライブとなってしまったのが残念だったけど、ライブはよかったんだよ!
さ、明日は津川だ。酒も回ったし寝るぞー!

そして次エントリに続くw




関連記事

越後・謙信SAKEまつり2015へ

10/24 越後・謙信SAKEまつりへ

毎年この時期恒例の、越後・謙信SAKEまつり
もちろん今年も行きますぞ。
今年は、明日コンサートで上越にいないので飲めるのは今日一日のみ。
のーむーぞーーーーー!

まつり開始は11時。
まずはまつり酒をゲットするのだ!
しかし、ブースによってはフライングしてるようでもう飲み始めてるような…(^^;)

まつり酒購入の列に並び販売開始を待つ。
そして11時、列が動きだし無事まつり酒購入。よっしゃ!
今年からはラベル一新だもんね。(ラベルは前記事参照)
そして試飲グラスも先に購入しておく。今回は10th特別おちょこだからゲットしときたいしさ。
同じようにまつり酒と試飲グラス購入した相方にひとまずの試飲を任せ、別行動でブースうろうろ。
1
このお二人がいなきゃお話にならない歌瀬吟ちゃん純ちゃんの歌瀬シスターズ♪
3
相変わらず人気のグッズコーナーにて
4
JCV生中継やってます
5
おにぎりはいいんだが、字が違うよ~!虎じゃなくて虎だよーー!
6
がんぎっこ!
なかなかフルメンバー見る機会ないけど、そか、今は5人なのか~(てっきり4人かと)
2
人も増えてきたぞ。

既に酔いの回った相方拾って一旦帰宅……の前に上越妙高駅西口に足を延ばす。
7
西口フルサットでは「フルサットごはん×SAKEガーデン」開催中なのだ。
8
糠釜。これで炊くご飯はうんまいんだー!(構造はよくわからんのだが)
9
つやぴかの糠釜炊きごはん、いっただきまっす♪
おかずもうまいがご飯に塩振っていただきたいね(^^ゞ

帰宅。ひとまず休憩の相方とはまたあとで合流することにして、じゃ、改めて行ってきまーす。
なんたって今日しかないからな。飲むぞ食うぞ。
10
マーリオ見っけ♪
11
久しぶりのサメカツバーガー
12
くーっ。どれもこれもうめぇなぁー♪

あ、今年の参加酒造をば。
<日本酒>
 ・丸山酒造場「雪中梅」三和区
 ・加藤酒造「清正」吉川区
 ・新潟第一酒造「越の白鳥」浦川原区
 ・上越酒造「越の若竹」上越市
 ・君の井酒造「君の井」妙高市
 ・千代の光酒造「千代の光」妙高市
 ・鮎正宗酒造「鮎正宗」妙高市
 ・竹田酒造店「越のかたふね」大潟区
 ・小山酒造店「越後自慢」 大潟区
 ・武蔵野酒造「スキー正宗」上越市
 ・田中酒造「能鷹」上越市
 ・妙高酒造「妙高山」上越市
 ・頚城酒造「久比岐」柿崎区  
 ・代々菊醸造「吟田川(ちべたがわ)」
 ・よしかわ杜氏の里「よしかわ杜氏」吉川区

そして今年は佐渡・糸魚川の酒蔵も参加!「越五」がらみで十日町や柏崎の蔵も参加してほしいもんだがw
糸魚川から
 ・加賀の井酒造「加賀の井」
 ・田原酒造「雪鶴」
 ・猪又酒造「月不見の池」←25日のみ
佐渡から
 ・北雪酒造「北雪」
 ・小畑酒造「真野鶴」
 ・天領盃酒造「天領盃」

<どぶろく> (どぶろく試飲は別料金)
 ・「越の白峰」牧区(民宿 ほほえみ荘)
 ・「さわのどぶろく」安塚区(民芸の宿 さわ)
 ・「どぶろく卓」牧区 (どぶろく荘)

<ビール/発泡酒> (販売のみ)
 ・「妙高高原ビール」妙高市

<ワイン>
 ・岩の原葡萄園「しぼりたて(白・ロゼ)」「深雪花」上越市

<その他の雑酒>
 ・「ハーブワイン 高原の泉」妙高市

<カクテル>(実演販売のみ)
 ・日本バーテンダー協会上越支部
…と、なっておりまする。

さて、泥酔する前に(笑)あすとぴあに行ってこよう。
あすとぴあ1Fでは作家さんイベント開催中なのだ~
13
緋色美さんは七宝や切り絵ポストカードに羊毛フェルト作品
14
ひぐちさんはポストカードやまちなみグッズ

他ハンドメイド作家さんのステキな作品がいっぱいでしたぞ。

そして再び飲み歩き(笑)
15
今回も人魚ちゃんはそのままなのか。。。

じゃん!
16
これがっ!BSNの番組内の北雪コーナーで取り上げられているあの「北雪YK35」!
試飲時間も限られているという幻の?酒。これが出るや否や絶え間なく差し出される試飲おちょこ…
恐るべしYK35。恐るべし「のんべ」!←オマエモナー(=゚ω゚)つ)゚∀゚)グァ
17
今回初お目見えの珈琲工房かさはらさんの特製ホットドック。これまた旨し♪
18
旧第四銀行の中では上越科学館のサイエンスおじさんの公開実験中φ(゚Д゚ )
あ、相方もおった(笑)

再びはぐれてそれぞれ飲み歩く…
19
ステージでは今回のスペシャルゲスト、Negiccoが!
観客数が違うもんな。すげーーー!
20
Wさんと遭遇!2日で限定100個完売したという磨き屋シンジケートの限定おちょこを見せてもらう。
これなのか~
これで飲む酒はさぞ旨かろう♪
21
あっ!武将隊のおちょこ蓋(正式名称なんだったっけ)だ。いいな~
22
イレブンプラザでは今日のステージゲストのご当地アイドルたちのグッズ等即売や握手・写真などの交流会でめちゃ混み。
Kさんと会うつもりでいたんだけど、混みまくっててすれ違って会えぬまま。
23
メイド・イン・上越のお試しセット。左から甘海老の糀漬、銀鮭の糀漬、いかのもろみ漬(価格も左から)。
こりゃー旨いわ。某加島屋の如くに普段買いできないもんだけどw

24
一義会のみなさん。これから武締式始まるぞー。
25
旗持ちさんの雄姿。
26
The 肉!King of 肉!!うまそうじゃーーー!
27
藤作さんの特製卵焼きの実演販売~

む、満腹のようじゃ。もう酒も体からストップ指令が出たぞ。
酒がうまくなくなって飲みたいと思えなくなった時が引き際じゃ。
28
蛇口まんさんの職場では「休憩所」として冷たい飲み物のサービスが。(会場内でお会いした時教えてもらった)
あー、冷たくてうまいーー!ありがたいーーーー!
蛇口まんさんありがとう!ごちそうさまでした~m(_ _)m

29
雁プラのステージでは一義会の武締式。
30
保倉川太鼓がまた勇ましく盛り上げる。
31
混んでる混んでる盛り上がってる。

相方は先に帰宅し、もうすぐイベント終了時間。Kさんとは結局会えぬまま、Wさんと再び会ってしばし行動を共にする。
ブースの井部さんとこに顔出したり(邪魔しに行ったようなw)、そして雷。雨が降りだした。
うっわー、やっぱり予報どおりに雨来たか!
でもイベント終了間際までもってくれてよかったよ。

Wさんと別れ、一応は持ってきた雨対策アイテムを装備し(大げさな)帰宅。

いやー飲んだ食った。余は満足じゃバタンキュー。。。
という2015年のSAKEまつりでしたとさ。



関連記事

まつり酒「くるまがかり」と春日山と高田公園と

10/21 春日神社と春日山神社と高田公園と

今日は春日神社でまつり酒「くるまがかり」(←SAKEまつり10周年を記してこのように改名された)のお祓い・奉納式が行われる。
これまでは春日山神社で行われていたのだが、今年は春日神社だという。
そこに武将隊のおやかたさまと十吾郎さんも参列しているのだが、神社社殿内は関係者のみで一般人は入れない(例年の経験から)ので、時間をずらし、式の終わる頃を狙って春日神社へ到着。

あ、十吾郎さんの声がする。よかった間に合った。
階段を上り春日神社社殿に到着。ここへは謙信公祭の時に来るけど、8月と10月じゃやっぱりなんか雰囲気違うなぁ。
まずはお参り参拝。
春日神社
既にお祓い他一連の行事は終わったようで、関係者の方々も既におらず状態。
その後の取材とおぼしき方々とおやかたさまたちを遠目に眺めてたら、十吾郎さんが気付いてくれたのでご挨拶っと。
それが切り上げのきっかけみたいになったようで、お開き状態になったので写真をお願いする。
おやかたさま
今年のまつり酒「くるまがかり」じゃ!
ラベルは謙信公仕様となっておるぞよ!
十吾郎さんも
今度はおやかたさまと十吾郎さんで♪

そしておやかたさまたちは本陣の埋文へ、自分はこの後の予定へ…のはずだったが、曲がるべき道を勘違いして春日山神社の道へ。(ワザとじゃないよ!)
Uターンできる道でもないし、来た以上はお参りせんばないでしょ。
春日山神社
ってんで春日山神社にも参拝。
紅葉の色づきはまだ
ここのもみじがまたいい色になるんだ。今はまだだけど。
謙信公像
謙信公銅像も少しは秋めいてきたかな?
本丸をのぞむ
今日は本丸まで行けないけど、絶対また行くからなぁぁぁ~!
…と春日山をあとにする。


その後高田公園方面に用事で行ったので、ついでに…と高田公園に寄り道w
さくら見本園の紅葉しだした葉を見て思ったのだが、ソメイヨシノの紅葉は赤、しだれ桜は黄色になるようだ。
黄色はカルチノイド、赤はアントシアニン。
桜の木の種類によってその生成は違うのだろうか。
きいろ あか
ちなみに、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの交配種で、しだれ桜はエドヒガン系列。
ということはオオヤマザクラがアントシアニン生成しやすいってことか?
というより、単純に位置的にソメイヨシノの方が日光が当たるんで赤くなりやすいってことか、しだれの方が色づきが遅いとか、な。

ツワブキ
見本園、木々の下にはツワブキが盛り。
これなら全然気にならないのにツワブキの斑入り葉はなんで自分苦手なんだろう?(^^;

ふっと思ったんだが、高田公園だってなかなか捨てたもんじゃないんじゃないか?
紅葉じわじわ

カモたちものどかに

極楽橋
兼六園にもひけ取らないんじゃないか?……って盛りすぎ?www
三重櫓1

三重櫓2

外堀。
はちすのみ
蓮はさらに枯れこみこぼれ落ちたタネは泥の中で新しい季節を待つ

この頃の晴れた小春日和ってホントいいなぁ。。。



関連記事

下田と南魚沼と松代と

10/17~18 下田からの南魚沼からの松代へ

クラシックカーを見たあとは、下田に向けて改めて出発。
途中で長岡の安福亭でちょっと遅いお昼。
ここは燕三条系の背脂らうめんなのだ。
らうめん ネギネギ
ネギの量はご自由に♪

とちお名産
とちお道の駅にあった栃尾の名産。いろいろあるねー。

そして今年も下田のよってげ亭で諸先輩方とアイボール。
宴会
うまい酒とうまい肴。楽しくにぎやかに下田の夜は更けていく…

翌朝ー
粟ヶ岳
朝の粟ヶ岳。モルゲンロート見たくて待ってたんだけど結局いい感じにはならなかっただった…

あさごはん
朝ごはん。みんなで一緒にいただくとこれまた更においしいね。

よってげ亭
よってげ亭。今年もありがとう。
来年もまたここでみんな元気に会いましょう。会えますように。

現地解散なのだが、一部の方たちは近辺の山にハイキングに行くという。
それには参加できないが、去年行ったとき建築中だった山小屋が完成したというのを聞いたので自分たちもそこまで同行することに。

林道を進みやってきたぞ吉ヶ平山荘。
吉ケ平山荘
おおー。できたねー!

ヤギもいるのかー♪
ヤギたち
2匹。かわええのうと見ていたら…あれ?
あ!
リードがなんかの拍子で外れたのか一匹がすたすたとケージの外へ…
ええ?大丈夫?いいの?
(いくないだろうとこの後スタッフさんに伝えたところ、ヤギ捕り物帳もなく穏やかにヤギはケージの中に戻されましたとさ☆)

皆を見送りこちらも来た道を戻る。…て林道に!
おお!
サルたちが何頭も。そっかーこの辺もサル多いんだ…
大変だのー。。。

今日もとちおの道の駅。でもまだお腹いっぱい状態なので揚げたて栃尾のあぶらげには手が出ない。
ここでは揚げたてが食べられるのに。せっかく来たのにーw

今年も毎年と同じルートで栃尾から魚沼に抜けるルート。
天気もいいので今年は南魚沼の十字峡へドライブ。
秋だのー
秋の好天はいいねー♪
登山口
中ノ岳の登山口。
十字峡登山センターの敷地で、下田から持ってきたおにぎり他をお昼ご飯としていただく。
外で、青空の下で食べるのはやっぱりおいしいねー♪
中の岳へ
登山センターに書かれてた中ノ岳への一文。
越後三山の真ん中の中ノ岳は八海山と駒ヶ岳の真ん中でどっしりと、在るのだ。

三国川(さぐりがわ)ダム一周。
紅葉
まだ紅葉のピークじゃないけど、青空にいい感じに色づいているぞ。

三国川ダム・しゃくなげ湖へ。
ダム1

ダム2
こっちがわも。

管理棟に立ち寄ったら今日はダム(の内部)の見学ができるという。
タイミングよく見学時間が近いので自分たちも参加させてもらうことに。おとなの社会科見学だ~♪
中へ
エレベーターで地下約100mのダムの中へ。
ダムの中の巡視路。へー…こんなんなってるんだ。
階段
500段もある急な階段。ここの上り下りも大変だろう(^^;)
放水っと。
農業用水等に調節放水中。これはまだかわいい方なんだそうだが風圧がすごい。
大量放水の時にはここの見学はできないんだそうだ。
すごい勢いの水の流れに圧倒。

見学を終え地上に戻ってきたぞ。
ダムマンガの原画v
ダムマンガの作者さんのカラー原画の色紙発見。おおー!
「ダムカード」もしっかりゲットしたぞ(^^)v
案内してくれた職員の方ありがとうございましたー

しゃくなげ湖観光センター。ここでは「ダムカレー」があるのだ。
こちらは「こころ」
2003年に連続テレビ小説(って言い方も古いな)で放映された「こころ」。
ここらでもロケしたのか番組スチルや登場人物写真やサインが飾られている。(「こころ」のシール貼られたお土産も…)
「あさが来た」でもいい味出してる玉木さん、さすがに若いなーw
かつてあった
ダム開発で離村したのか過疎のためかわからないけれど、かつてここは「蕨野」って集落があったんだね。

六日町から十日町を抜け松代へ。
実は行きたいと思いつつなかなか行けない松代の「松芋(まつお)山」に行くつもりだったんですよ。
おとなの社会科見学しちゃったので(それはそれでよかったんだが)、登るにはさすがにもう遅い。
登山はまた別の機会にすることとして、登山口だけ見てこようということで松芋神社に向かう。
松芋神社
松芋山の登山口。小屋・駐車スペースもあり。
登山口
ここ登っていくと神社があって山にも登れるんだね。
それはまた次の機会に。

さあ帰るぞー!
夕暮れ
夕暮れの253、帰宅の途につきましたとさ。

うーん、盛りだくさんの土日であった♪



関連記事

クラシックカーイベント「ラ・フェスタ・ミッレミリア2015」へ

10/17 クラシックカーの祭典「ラ・フェスタ・ミッレミリア2015」へ

クラシックカーが関東甲信越を4日間かけて走破するイベント「ラ・フェスタ・ミッレミリア」。
今年も上越にやってくるという。
去年もこのイベントが行われ、金谷山で車が揃うことになっていたので見に行こうかなとも思っていたが(今年は去年とルートが逆)、その日は出かける予定があったのでバタバタしてたら既に通過予定時刻も過ぎてしまい見られなかったんである。

今年は高田公園。
そして武将隊も士気を上げに出陣するという。
今年も秋の山の仲間の定例会なのだが、じゃあこれを見てから出かけようということになりチャリで高田公園へ。

まず極楽橋を渡れば…どーん!
1

2
クラシックカーいるいる…

有名人が乗っているというエントリーナンバーも控えてはきたのだが、一応アナウンスはしているがその場所と見ている場所ではいる車も違う上走行は番号順でもないので誰がどれだか、どこだかわからーん。
そして武将隊いる場所はここではないので場所移動。

内堀橋のたもとのはずなんだが、あれ?いない。
走行ルートは入れないのでぐるっと迂回してあっち行ったりこっち行ったりうろちょろ探してみるがいない。
向こうも移動してるのかなー?
いるはずなんだけど、どこにいるんだろう??
時間違ったんかなー?

と、思いつつも
3
せっかくなんで自分も移動しながらクラシックカー見学。

4

5

6
内堀の橋ではタイムトライアル。
いかに速く、ではなく、設定したタイムにどれだけ近づけるか、というもの。
タイムに満たない(=速い)のはダメなんだそうで。

7
↑と↓、形似てるけど同じシリーズなんかなぁ?
8
けどさ、金持ちの道楽とも言えるけど、こういう趣味持ってる有名人は広告塔みたいなもんとも言えるけど、それでもなんでも新しいもの新しいものというまず消費ありきのこの現代において、こんな風に古い時代のものを大事にし、かつ今でも動かせるように手入れするってたいしたもんだよね。
ヘタに電子機器入っていないアナログだからできるのかもしれないけど、それでもメンテして活かすのは大変なんだろうから、ただただたいしたもんだよなーと。
好きだからできることかもしれないけど、好きなだけじゃできないもんね。
海外の職人さん、メーカーの「誇り」とかもそこにはあるんだろうなー。。。
(日本だと「部品ももうないので直せません」なんてのザラだもんなー)

9
何も考えず撮ったんだけど、あとから聞いたらこれがマチャアキの乗ってる車だったそうでw


外堀の方にも行ってみる
10
信号待ち。一般車両の中のクラシックカーってのはなかなかにシュールなもんがあるな。
11
いかにクラシックカーでも道路交通法は守らねばなりませんぞ。

12
ぐるっと一周し再び極楽橋渡る。保倉川太鼓の音が勇ましく。
それにしてもやーっぱいないなあ。
もう帰っちゃったんだろか。
中の道は通れないのでまたぐるっと回る。
13
メンテのための駐車なのか何なのかよくわからないけど、このエンブレムは…ポルシェ!
昔のスーパーカーブーム思い出しちゃうねぇw

最後の車が通過するのを待っていたのだが、どうやらその車は車両トラブルのため途中棄権となったそうで、その告知とともに公園内の通行止め解除。
結局武将隊には会えなかったなぁ…(´・ω・`)と、ふっと三重櫓の方向見れば
いっ、いたーーーー!!

そっちだったんか!一般客入れない所にいたのか!だから見つけられなかったんだな~
なんだそっかーそういうことかー!そういう考えだったなら市の案内図にそう記載してくれればいいのに。。。
14
でも最後の最後でお会いできたのでよしとしよう。うん。
15
退陣される皆さま。10月の汗ばむほどの好天の中お疲れさまでございました。
今日は午後も外部出陣があるそうで…


相方が「カニ米」というのを選手からもらったらしい。
これは三重櫓の下あたりでさくら観光大使さんたちから出場者それぞれに手渡されていたようなんだが、なんの偶然か外堀の辺りでクラシックカー見ていた相方に外国の方から手渡されたようで。
おやおや。
でもまあ、珍しいお米ゲットしてよかったねと。

16
また来年もこのイベント来るかなー?

さ、じゃ一旦帰って下田へGo!だ~



関連記事

浄興寺と神宮寺とオープンガーデンと

10/12 その3 浄興寺てづくり市と花ロードとオープンガーデンと

本町から向かった先は手づくり市開催中の浄興寺。
昨日は悪天で早期終了しちゃったんだよね。
こちらは手づくり市と花ロードの作品コラボなんである。
1
ステージイベントもあるぞ
2

3
と、見てたらやばいやばい。神宮寺でのコンサート始まっちゃうやん。
出店されていたソフィーさんのパンをゲットしぱくつきながら神宮寺へ。

ここで作品の1部としてのコンサートが開催されるのだ。
出演はたみおっちとバイオリンデュオのフォールさん。
たみおっちには今日行くとは告げてなかったので全くのサプライズw
でも、こんな時だからちょっとでもホーム感感じてもらえれば。
4
お寺の中のコンサートってのも…なかなか。
5
それでもの笑顔にほっとする。
新曲も聴けてよかった。
6
バイオリンデュオのフォールさん
7
おなじみの曲をいろいろ演奏してくれました♪
8
神宮寺の作品の中の1点。切り絵なんである。
9
作家さんの作品

コンサート後たみおっちと少し話もできてよかった。

その後は再びオープンガーデンと花ロード作品めぐり。
淨蓮寺。
11
ここのお庭は一年を通じて色とりどりの花に彩られてるんだよね~
12
のびのび咲いてていいなー
10
こちらは常国寺。

線路渡って仲町の作品
13
宇喜世さん
14
駅前。月ウサギが倒れてしまってたので直しといたけど、昨日の風で押さえがきかなくなっちゃったみたいだ…
15
本町の古径さんスタンプラリー続き。
山野草の荒川さんのトコに行ってみるがもう撤収準備してた。。。

そだそだ。蛇口まんさんトコ行かなくちゃ。
16
作品一部、いただきましたよー!

もうイベント終了ギリギリだけど内山さんちのオープンガーデンへ
17
こちらは屋上、空中庭園なんである♪
18
ホトトギス。雪割草の「紅すだれ」系は大丈夫なのに、どしてホトトギスやツワブキのこういう斑はなんとなく苦手に思うんだろう。
19
自然なんだけどシンメトリーの模様みたいだ。
イベント時間過ぎてしまったがずうずうしくおじゃましてしまいごめんなさいでした。
そしてありがとうございました。
鉢でもこんな風にいい株に育てられるの見ると、「鉢だから育ちが悪いんだ」って言い訳効かないなぁ。
来年はもっと手をかけてやらないと(とは毎年思うんだが(^^;))

20
秋の夕空。
ああ、これで3連休も終わるなぁ。

3日間、ありがとうございました。(と、誰にともなく言ってみるw)


関連記事

花ロードと市展へ

10/12 その2 花ロードと市展と

釜蓋遺跡ガイダンスの次は本町へ。
花ロード見学昨日の続き~

今日はお馬出しから本町を下る。
1
紙テープ?を巻いただけなんだけど・・・すごいな~
2
北陸新幹線とゆるキャラコラボがいい感じだね♪

旧第四銀行では市展開催中。去年時間切れで見られなかったので今年は!
3
こちらは工芸作品中心に展示してあるのだ。デザイン画は学生の出品が多くて、ちょっと学生時代思い出したw
4
これまた見事ね。
5
上から会場を見てみよう。

本町では花ロードイベントとしてお店に小林古径さんのデジタルアート展のスタンプラリーもやっているのだ。
6
わんこ可愛いや♪
該当店に行って(買わないけど)、「すみませーん。古径さんの作品見せてくださーい」と。

再び花ロード作品
7
力作~。これが今年のグランプリ。
8
花とビー玉
9
昨日も上げた水引作品のアップ。きれいだね。
10
マリオ団長みーっけ♪(^^)
11
人魚像、花ロードだし装ってるかと思ったんだけど、今年はそういうのないのかな。残念…

あすとぴあ。こちらの市展にもおじゃまします~
12
こちらは絵画部門なのだ~
13
前は同会場で写真の部も展示してあったけど、今年は別会場なんだよね。

同時開催は市展パンフの表紙デザイン画の原画展。
14

15
まじまじ。

本町のぼってイレブンプラザ。
16
がんぎっこのライブ盛り上がってます♪
17
こちらも花ロード作品。これもなかなか考えたな~

本町はひとまずここまでにして次の場所へ向かう。
…おっと、長くなるので一旦ここで切り上げ。続きは次エントリで。



関連記事

釜蓋遺跡ガイダンスへ

10/12 新潟県教育委員会保管出土品展示会「人が動く、ものが動く」展@釜蓋遺跡ガイダンスへ

釜蓋遺跡ガイダンス(長いな。。なんか略称ってか愛称ないのかね)では、今日まで県の教育委員会が管理している上越での出土品の展示会が開催されている。
そう、今日が最終日なのだ…!ってことで釜蓋遺跡ガイダンスにちょっくら行ってきまーす。

1
釜蓋遺跡ガイダンス。カマ太郎くんとフキ子ちゃんがお出迎えしてくれるよーん♪
2
今回の展示会はこのような。

3
下馬場遺跡の弥生時代の出土品。ここらあたりは管玉が多く作られたんだそうだ。
4
道具使って手作業でこれ作るんだからな…
そしてここで作られた管玉は信州方面に流通したらしい。
弥生時代後期は海(越後)→山(信州)にモノが流れていたようで。

5
黒田古墳群出土品。
ここで出た須恵器は大阪で焼かれたものなんだそうだ。
あと、穴の開いた砥石。この砥石に穴開けて腰に吊り下げるのは中国大陸や朝鮮半島の風習だそうで。
県内唯一の鑷子(じょうし)状鉄製品もここから出土したそうな。
ってことは近畿や大陸とも交流あったってことやん。直接往来したのか経由経由でここにもたらされたのか、それは分からないけど高田から見れば「はずれ」の黒田でかつてはそんな物流があったんだもんよー。すげー。
でも、夏の土塁ツアーの時、黒田の土で高田城の瓦焼かれた言うてたけど、この頃からその片鱗あったのかな?

6
岩ノ原遺跡。これはスーパーローカルなので見学会(見学会初回その補足)にも行ったんだよね。
このころは新幹線工事でいろいろ発掘調査あったんだよなぁ。。。チャンスがあれば自分も参加したかったなぁ…
この遺跡は弥生時代ではなく奈良・平安の頃。荘園とか習ったけどその頃のもの。
頸城の米が奈良の都にも運ばれて行ったんだろうね~

7
今池の遺跡は飛鳥・奈良・平安時代の頃。
瓦塔という寺院の代用(寺院のミニチュア版)の破片も出土している。
土から他の地域から持ち込まれたという壺(仏具の可能性大)や長野の土器も出土していることからも他地方との交流があったのだろう。
古代は古代の中で、もしかしたら人の往来も精神も今よりもっとグローバルだったのかもしれないなぁ。
8
須恵器の製作技術。
ロクロで作る土器はかつてヘラで切り離されていたそうだが、8世紀末(奈良時代)に東海地方の「糸切り」という技術が入ってきて平安時代は両方の技術で土器が作られているんだそうだ。
東海から東山道(近江国(滋賀)から陸奥(東北)国を内陸部に貫く当時の幹線道路)経由で信濃からこの地に入ってきたらしい。
滝寺・大貫のあたりは窯が多くあったそうで「古窯跡群」となっているんだそうだが、ここもやはり須恵器はそれまでの北陸系のヘラ切りと東海系の糸切り(こちらの方が多い)が混在しているんだそうで。
そしてここでは大甕などの貯蔵具や仏具などが多くみられるそうで、古代の国府・国分寺がこの辺りの経営を主導していたとも考えられているそう。
うわー古代ロマンじゃー!
和田や金谷地区、すごいじゃん。古代は越後の中心だぞ!!(そう考えるともしかしたら上越妙高駅があの場所というのもすごいことなのかもしれない)

9
この頃になると「釉薬」が出てくる。
板倉の五反田遺跡では灰釉陶器と緑釉陶器というものが出土している。
唐の白磁なんかも出ているそうだ。
灰釉陶器の産地は愛知や岐阜の東海地方…これもその東山道経由なんだろう。
そして緑釉陶器は北陸ルートを通じての京都産のものが多いそうだが、五反田遺跡の緑釉陶器は東海のものが多いらしい。
頸城には東山道を通って技術も人もやってきたんだねぇ。

とはいえ釉薬の最初は装飾を意図したものではなく、焼く時の草木等などから滲出した灰汁がうまい具合に焼き物にかかってできた偶然の産物だったのでは、と自分の問いに解説の方が説明してくださった。
そりゃー古代人たまげただろうなぁ。。。最初はやっぱ「なんだこりゃ失敗だ!」とか思ったのかな?
10
展示会場
11
こちらも
12
勾玉たち。しかし、原石を磨いてここまでにするのももちろんすごいの一言だけど、何を基にこの形にしたんだろう。
タイムマインがあったなら、聞いてみたいもんだ。(言葉通じないかもだけど)

県の方、どうもありがとうございました~
そして常設展を一通りぐるっと。

見学した小学生からの質問。
いい質問
うむ、いい質問だ。答えてくれる羽深さんもいい人だ。
できたら学校の授業だけじゃなく、ここに来て答え見てくれるともっといいんだけど…

施設を出る。施設脇を見れば
干し柿作り
干し柿作ってる(゚д゚)!
南葉のふもと
遠い遠い昔の、ここらの人々の生活の営みを妄想想像するとワクワクしちゃうんだよなー。

古代に浸りつつ、現代へ。
さ、本町行くぞー!(次記事へ続く)
関連記事

花ロードとオープンガーデン

10/11 その3 花ロードとオープンガーデン

そんなんで、花ロード作品とオープンガーデンをめぐる。
実は高田小町行く前に高田世界館や大島ガーデン、城北中の作品を見ていたりする。
節子さんのお庭はスミレ屋さんの次に寄ってたりする。

世界館
高田世界館ガーデン。でも今は「銀映館(byシグナル)」なんです。
大島さんち
大島さんちのガーデン
節子さんち
せつこさんちのガーデン。

城北
花ロード・城北中の作品。みんなの夢がかなうといいね!

きものの小川さんでのあわゆき亭を出たらば、外は大風が吹き時々雨が吹き付けるとんでもない天気になっておりました
風が…
せっかくのはっぴいえんど・風をあつめて…なんだが、集めすぎて一部破損してしまっていたのが残念無念。
虹~
でも、虹。

今度は本町の上(かみ)にやってまいりました。
虹
こちらも虹。しかもダブル。見えるかな?
花ロード1
風に吹かれて
2
フラワーチャリ
3
水引も使って雅な花重箱
4
粋な姐さん。花札がええのー♪
5
ペットボトルフラワーズ
6
和風渋花
7
シックなのに上部が風で絡まってしまったようで残念。
あまりにも強風のため作品を店内に入れたり一旦撤収状態なものも。
最終日の明日は天気よくなりますように…
8
水引で作られたもの。さりげなくすごい!
9
蛇口まんさんの作品。幸せの黄色いタオルハンカチ
10
一枚一枚にいい言葉が書かれているのだ。
最終日、イベント終了以降一枚自由にいただけるとのこと。明日もらっちゃおー♪
11
夜空の‘花’火。考えたな~
12
書の花たち。漢字になると何でこの字なんだろうってのあるよね。蒲公英とか風信子とか…
13
花とひそかさんw
14
カエルさんたち
15
イレブンプラザの屋上にも花
16
今年も3D作品ですぞ。のぞいてみると…
17
高田城三重櫓と満開の桜が!
18
ごきげんさんの作品
19
やっぱりハロウィンシーズンですから(^^)
20
おしゃれにシックに

ぐるっと本町商店街の作品をめぐって本日終了。
全部見れたわけでないし風の影響もあるので明日またリベンジしにこようっと。

では本日これまで。明日は天気になりますように。



関連記事

高田小町とスミレ屋とあわゆき亭と小川さんと

10/11 その2 高田小町のひぐちさん展とスミレ屋とあわゆき亭ときものの小川さんへ

姉妹都市観光物産展のお次は高田小町近辺。
まずは高田小町。
小町1
小町内でもそれぞれイベント
2
こちらは「ラコントル2015」
3
カフェSesame Saltも開催中
4
蔵ではひぐちさん個展「まちあるき日和」
5
高田の風景たち。夜桜の月すごいー
6
見慣れた景色とひぐちさんワールドが重なって。
7
照明でちょっと遊んでみる☆

ちょうどMさんも来られて、ひとしきり高田の建物の話に花が咲く。
ほんと、あそこ一般公開してほしいですねー…
中も入ってみたいよなー…

そして次に向かったのはお久しぶりのスミレ屋さん
これまたお久しぶりな皆さんと。
8
今回も盛りだくさんのおもちゃ箱ワールドが広がる。
ワクワクがいっぱい。
9
だるまーず♪
11
別室ではお楽しみ企画。それぞれのBOXにそれぞれのわくわくがいっぱい(^^)
10
わくわくBOX。うぬー、こんな風に箱にそれぞれ詰めておけば少しは分かりやすくなるだろか。
「自分ならここに置くだろう」的な整理ではやっぱアカンわなぁ(^^;)

スミレ屋さんから向かった先は
12
ついに高野麻屋さんが「瞽女ミュージアム」に生まれ変わるんだよねー。
楽しみだー♪

そしてやってきましたあわゆき亭。
5
今年の開催は「きものの小川」さん

七宝と染織物展も開催中なのだ~
あわゆき

2
絵画な七宝作品
4
自然からの色はやさしいね
3
植物が、触媒によってこんな色になるってのがこれまた不思議なんだよなー。
化学の世界…

そしてあわゆき亭
6
これまた歴史感じさせる屏風だなぁ。
ケーキとコーヒー
パウンドケーキとコーヒーのセット。
グッドタイミングでそふぃーさんも来られていたので図々しく相席させてもらいこれまた久しぶりにお話。
ありがとうー♪

久しぶりな皆さんとそれぞれの場所で会えて楽しかったです。
花ロードの真ん中の日はこれだからやっぱいいんだよな~

じゃ、あとは花ロードとオープンガーデンを回れるだけ行きますぞ~♪


関連記事

姉妹都市と上越市の観光と物産展へ

10/11 姉妹都市と上越市の観光と物産展へ

毎年のことだがこの3連休は花ロード、その関連イベント、関連ではないがそれにあわせてのイベント等々が市内あちこちで開催される。
そして一番行事が重なるのが真ん中の日曜日、今日なんである。

分身の術は使えないため(笑)、タイムテーブルを鑑み(大袈裟だな)、いろいろ調整し、まずこちら、恒例の姉妹都市展へ。
さとまるくん
ご当地キャラタイムもあるんで、さとまるくん会場内をお散歩中♪

会場内へ。
正直いうてその品揃えは毎回劣化しているような気もするんだが。
それでも他県の「そこでしか買えないお目当てのもの」もあるわけで。
地元のものはやっぱり「ここで今あえて買わなくても」「いつでも買える」って思ってしまうもんなぁ。。。
(だから地元のものは自分用というより市外へのお土産になっちゃうこと多い)
特にこういう物産展はね。
○○県(市町村)物産展が賑わうのってやっぱそういうことだろうし。
「行かなきゃ買えないどこそこのもの」が「地元で買える」となれば、やっぱりねー。
…だからもうちょっと品ぞろい増やしてもらえれば言うことないのだが、大人の事情もあるだろうし(^^;)

ブース
ブース内
室蘭写真
室蘭市の風景写真パネル展。人気投票で当選者にはこのパネルがそれぞれプレゼントされるのだ。
どれを選ぼうか迷う~
ブース2
ひそかさん・忠輝くんブース。いろんなグッズが揃ってるぞ。

さて、そもそも、上越市の姉妹都市というのはですな。
観光物産展とパネル展示(とパンフレット)はあるもののどういった縁なのかピンとこない。
米沢は上杉だろうし清水は清水交歓、上田は…山城?、宮古島は人頭税の十作さんだし、室蘭や岩内は北海道航路、佐渡は佐渡航路・・・
荒川区とかは?

ということで、市役所ページ→
米沢市……「謙信公」 昭和56年10月7日、姉妹都市提携
上田市……「海と山の自然環境」 昭和54年11月5日、姉妹都市提携
静岡市(旧清水市)……「中学生交歓会」 平成7年10月22日旧清水市と姉妹都市提携←意外と遅いのな
室蘭市……「北海道航路」 平成7年10月22日姉妹都市提携
岩内町……「北海道航路」 平成7年10月22日、姉妹都市提携 ←ただ、室蘭も岩内もどっちの北海道航路も今はないけどな
佐渡市(旧小木町)……「佐渡航路」 小木町と昭和63年7月16日、友好港湾都市提携。←姉妹都市とは違うんな
恵那市(旧山岡町)……「寒天(安塚のしょがこの山岡町に冬の出稼ぎに寒天つくりに行ったことから)」 昭和52年11月4日、旧安塚町が旧山岡町と姉妹町提携
北杜市(旧須玉町)……「戦国の強敵(とも)」 平成3年1月17日、旧柿崎町と旧須玉町が姉妹町提携 ←でもこの縁結びの理由は違うかと。柿崎町そのものが武田上杉の縁でわざわざ姉妹町提携しないだろう。柿崎景家と須玉町の戦国武将に縁があるなら別だけど
荒川区……新潟県吉川町県人会が荒川区の公共施設で行われたことから旧吉川町が昭和62年から交流←そういうのもアリか
群馬県板倉町……同じ町名の縁で昭和63年8月1日、旧板倉町と姉妹町提携
宮古島市(旧城辺町)……人頭税廃止運動の中心だった中村十作が板倉町出身という縁で旧板倉町が旧城辺町と昭和60年ごろから交流
北海道清里町……同じ町村名の縁で旧清里村が平成8年から交流 ←山梨の清里村とは縁を結ばなかったんだろうか…
東御市(旧北御牧村)……旧名立町と旧北御牧村の議員交流が発端。平成11年11月、旧名立町が旧北御牧村と友好親善盟約締結

なんだそうだ。三和とか浦川原とか中郷とか大潟とか頸城とか大島には友好・姉妹町村はなかったのだろうかという気もするが、とりあえず上越市の国内の姉妹・友好都市はこうなっているらしい。


で、何を狙って来たかって、やっぱこれでしょwww
武将隊

2

3

4

5
だってよー。謙信公祭以来演武見てないんだもんよー。見逃すわけにはいかんて。
6
今日のご出陣のみなさま♪

物産展、外は各地のうまいもんが並ぶのだ。
米沢の玉こんとか、米沢牛とか、荒川区北島選手のご実家のカツサンドとか岩内鮭の親子丼などや市内のうまいもんなどなど。
ラーメン
これは佐渡のあごだしラーメン。兼続さん撮らせてくれてありがとう♪

他PRタイム
もちろん上越だけでなく、姉妹都市の観光PR大会もある。
クイズ大会やジャンケン大会などで各地のいいものがもらえるのだ。
結局どこにも引っかからなかったが(^^;)

今年はいつもすぐ売り切れになる「給食の揚げパン」がちょっと余裕あったのでゲット。
今日買ったのw
パッケージに引かれ(笑)、室蘭のバター煎餅初買い。あとは毎年恒例定番品。
写真には入ってないけど清水の「かつぶし/いわしぶし」なども購入。

さ、一旦帰って今度は本町行くぞー! (次記事へ続く)


関連記事

妙高山登山

10/10 妙高山登山

このところ、散策はしても「登山」をしていない。
これじゃアカン!ということで、10月10日の晴れの特異日、久しぶりに妙高山へ。
今日の妙高連山
今日の妙高と火打
今日の妙高
今日の妙高その1
今日の妙高2
今日の妙高その2

燕温泉駐車場着。
10月の三連休初日。まずまずの天気でもう既に駐車場には車がいっぱい。
よさそげなところに駐車し支度をして出発。

燕温泉旅館街を抜け薬師さまに手を合わせ安全登山を願う。
そして惣滝展望台から惣滝。
惣滝
惣滝展望台。ここには大山祇神社の祠があるのだ。

道脇のウメバチソウやダイモンジソウなどを眺めながら登山道へ。
ダイモンジソウ
ダイモンジソウ花盛り。
源泉
ここが赤倉温泉の源泉(冷鉱泉)。
ごくごく飲んで妙高の温泉パワーゲットだぜ!
紅葉と山頂
まだまだ遠いなぁ…

硫黄の匂いがする小沢を越えたら胸突き八丁。ここからのの登りは名前通りにきつい。
6合目
そこを越えたら6合目。一息ついてがんばるぞっと。
6合目の木々は既に落葉してる~

光善寺池から風穴(イマイチ風を感じられず)過ぎれば鎖場だ。
鎖場
鎖場。上りも下りも譲り合いでゆっくりと。
鎖場を越えれば山頂まではもうひとがんばりなのだが、ペースダウン。
少し歩を進めては休み、下りの人がくれば譲りついでに休み…そういうの重ねてくごとにどんどんペースが落ちていく。
毎度のことだが頂上までの最後のひと登りに弱い自分。

なんとか着いたーー。
妙高三山
妙高山頂から火打・焼山
山頂
山頂に祀られている将軍地蔵。
しかし傍らの碑文によるとこれは昭和17年に大東亜戦争で国民が一致団結し戦勝祈願するとともに天下太平世界平和五穀豊穣の神を祈るために置かれたようだ。そうだったのか…
山頂は風が強い。岩陰で風を避けてお店開いて昼食。
山頂2
もう片方の山頂にも来たぞ。こっちもこっちでにぎわっている。
下界
上から見下ろす。ここはもう落葉。下は紅葉でさらにその下はまだ緑だ。
さて下山開始。
今日は周回しないで来た道を戻る。

紅葉
てくてく下山。紅葉のエリアまで下りてきたぞ。
紅葉2
もう一枚。

燕温泉に到着。せっかくだし温泉でさっぱりしていこうということに。
いいお湯でした
燕温泉ホテル花月さん。やーすっきりしたー。あったまったー。
お世話になりました♪

玄関ロビーにこんなものが。なんじゃこれ?
なんじゃ?
追記:)これは「キワノ」(ツノニガウリ)というらしい。

さあ下界へ。ん?サイドミラーから見える夕焼け空がなんかすごいことになっている。
すごい夕焼け
なかなか車停めるのにいい場所がなくて一番いいトコ逃したっぽいが、すごかった。。。

ジンギス定食 みそらうめん
夕食はニューミサでみそラーメンとジンギスカン定食。満腹満腹ごちそうさんでした。

久しぶりの登山で明日は絶対筋肉痛来るだろうが、それでも久しぶりに妙高登れてよかったよかった。
<タイム>
・登り3時間半
・下り3時間10分


関連記事

高田公園さんぽ

10/9 高田公園周辺散策

本町と大町通りに用事があったついでにちょっと高田公園に立ち寄る。
なーんか久しぶりだよね。
双頭蓮以来じゃないか?高田公園。

蓮と西堀橋
夏はあんなにみどりみどりしてたんだけどねぇ。
木々と三重櫓
木々の合間から三重櫓。
蜻蛉と三重櫓
蜻蛉がもう2本下の枝に止まってくれたなら…
なかなか蜻蛉も警戒モードで撮ろうと動くとすぐ飛び立っちゃうんだもんな。
やっと撮れた(^^;
三重櫓に内堀
内堀の林の方から「イーヨーイーヨー」とツクツクボウシの鳴き声が聞こえる。
白鳥も来たというのにまだセミがんばるかー!?

イチョウ
イチョウの木々も緑から黄色に変わり始めてきましたぞ。
ここのイチョウはギンナン落ちないのかなw

蓮と南葉山
南堀側。南葉山と蓮。
紅葉桜
場所(部位)によっては水切れが早かったのか桜の葉も紅葉している。。。
もういっちょ
今年の紅葉はどんなんかね?
すぱっと夏-秋の気温に切り替わったから、気温差もしっかり出て結構見ごたえあるかな。
これからのお楽しみですな。



関連記事

国際ご当地グルメグランプリin糸魚川へ

10/4 国際ご当地グルメグランプリin糸魚川へ

ここ何年か毎年県内各地でこのイベントが開催されている。
どんなもんか前から気になっていたんだが、今回は糸魚川で開催されるという。
それなら電車使って行ってみようと、れっつらごー!

やはりひすいラインはそれ狙いと思しき乗客でいっぱい。まあ開業当日のあの殺人的満員列車じゃないからいいけどさ。
はい着きました糸魚川。
1
大糸線。今日はぬーなとジオまるのラッピング車両はいないのかな。

駅を出て会場へ。
2
ブラック番長となぞのキャラがお出迎え♪何者じゃこの方は。
3
食べる前にまず飲みましょ♪←
糸魚川の地酒飲み比べ。どれもんまいなー。

さ、ではいろいろいただきますか。
せっかくなのでこういう時は普段食べられないものを食べたほうがいいよね。
それでもいっぱいあって迷ってしまうんだけどさ。
4
まずは埼玉県飯能市のすいとん汁。あっさり素朴。
5
えっと、このご当地グルメ合戦ってのは、ブースでその一品を買うとコインを1枚(レルヒさんコイン)もらえます。
そのコインを投票ボックスのおいしかった当該ブースに入れます。そしてコインが多かった一品が栄えあるグルメグランプリ1位を獲得するというものなのだ。
まあ、食べてないところに投票はできないだろうし、食べて、そのご当地グルメに投票して…となると一番売れたものが1位ということにもなりそうだけど、いろいろ食べた結果やはりここのが一番と持ってる全部のコインを「○○に全部!」なんてのもあるかもしれないしねー。そこらへんは駆け引きか。

6
赤倉のレッドくん。
今回のレッド焼きそばは特別にメキシカン風なんだそうでレッドくんもアミーゴなメキシカンのいでたちなんである。
7
酒の次はビールと新潟市のブラックから揚げ。その黒さに反して甘辛くおいしかったのだが、一部生揚げ状態だったので相方が一言言いに言ったらば返金してくれた上もう1カップお詫びを兼ねて出してくれたのだが、これけっこうボリュームあるし結局1人1カップ食べてしまったようになってしまった…
8
以前のこのイベントでグランプリを獲得したこともある弥彦のやひこ娘いかメンチ。ここでもやはり人気でずらーーっと長い列が。

ステージ。
9
司会進行はBSNの新海アナ。
10

11
会場内ぷらぷら。来場者も多くて何よりだ(^^)
12
街中町家休憩所。ここはかつての町家にあったものをいろいろ展示してある。
歴史感じさせるレコードやレコードプレーヤー、銭湯の体重計やお茶屋の看板などなど、などなど。
蔵も見学できるのじゃ(外観だけだけど)
お茶とお茶菓子(糸魚川老舗の京屋本家の御ゆべし)のサービスも。ごちそうさまでした。
しかしここにあった体重計で体重を量った方に体重証明書プレゼントいうのは…怖くてできぬ!(笑)
13
でっかいパエリア。すごいなー…
14
腹ごなしも兼ねて春に来たとき気になっていた駅前のレトロ倉庫に行ってみる。ツタ倉庫になっていた…
でもここ、歴史建造物で保存されてるわけではなくて、会社の個人持ちのものなんだね~
15
ヒスイ原石磨きコーナー。小さな原石お得価格で販売中。
16
ステージではケミカル・リアクション。新潟市を拠点として活動しているユニットだけど、彼女らも人気高いしね~

あ、投票投票。どうしようかなーどこにしよーかなー。もうちょっと食べてから考えるか。
100416_20160304125327835.jpg
自分がおいしいと思ったところにコインを入れて投票するのです♪
18
そして六日町の「きりざい丼」。夏の舞子で食べそびれたからね。自分的にはもうちょっと醤油的な味がほしいかなぁ。納豆入ってるし。

19
マリオとブラック番長のコラボ♪
20
あっ!(笑) そう、番長はかわいいお目目なのだwww
21
ちょっと海も見てこよう。

再び街なか。
22
あるお店では水石展開催中。ヒスイもあるやん。
23
うわー♪♪
24
ちょっと小路に入れば、さりげなくこういうものが♡♡(嬉)
25
そそられるなー。ひょっこりこういうものに出会えるってのがまた楽しいのさ。
26
ひょー!昭和テイスト看板!「歓楽街」!たまらん~

実は糸魚川のお店の女性グループが、ある企画やってまして。
各お店にある「石」を5個集めて受付に持ってくると、いいものプレゼント(先着順)っていう企画なんですよ。
こういうものには目のない、物欲まみれの自分としてはこれはやらないわけには行かないだろうと参加店に入って石いただいてきてたのです。
27
はい、直感セレクトで5つ集めましたー。ヒスイ原石じゃないよ(多分)
受付に持っていったら、当然ながら既に先着ブレゼントの品は終わっていて参加賞引換券をいただく。
受け渡し場所はさっきも行った牛乳パンのお店だ。
28
参加賞のお麩ラスク。実はこれ、お麩屋さんが廃業しちゃったため在庫のみでもう販売していないんだそうだ。。。
春の開業の頃には出てたんだけどねー…

あ、やべやべ。投票に行かなくっちゃ!
…と行ってみたらば、投票は既に締め切られていてスタッフさんたちが投票口を粘着テープで塞いでいる途中。
えーえーえーーーー!
そして、間に合わなかったコインの回収も。しまったさっさと投票しておけばよかったーーー(;´Д`)

ご当地キャラクターも遊びに来てたぞ。
29
けんけんずたち。あれ、兼続くんは?
30
姫~!うのんちゃーーーん!♡
31
うわーうわー。初めて動いてるの見たぞぐんまちゃん!
32
柏崎のえちゴンだゴン!
33
エースコックの例のヤツだ~!正式名称は「こぶた」だそうでw
34
昭和レトロ琺瑯看板ズがたまらないー(≧∇≦)

そして、イベントも最終コーナー。
35
グルメグランプリ結果発表である。

3位は出雲崎の「サザエの炊き込みご飯」。まあこれは2013年のグランプリだったからな。
36
2位は柏崎の鯛茶漬け!これもグランプリ取ってるし他でも上位だからな。
そして1位は…
37
やはり地元は強かった!
糸魚川のブラック焼きそばが2015年グランプリに選ばれたぞ。
市外民のうまいという評価に地元愛もプラスされたか?
食べる機会もあるんでここではあえて食べなかったけど、ブラック焼きそばならわからんでもないもんなー。ただどうしてもこれ食べるとお歯黒になるけどw
グランプリおめでとうございました。

38
ってんでまだ食べたことのない3位のサザエの炊き込みご飯をいただきます。
んー、好みもあるけど、ちょっと磯くささが強いかな。でもうまかったっす。

39
ファイナルステージのケミカル・リアクションのライブ

電車の時間まで駅前のヒスイ王国館でいろいろ見学。
糸魚川結構見るとこあるからねー。
そして時間となりました。さー上越帰るぞ。おなかいっぱい。

2015グルメグランプリ、大変ごちそうさまでした。




関連記事