Live 「9」へ

1/30 Live 「9」@スペース「あら、いー」/実験空間スタジオゼロ

この日はスタジオ・ゼロで開催中の作品展「9」の作品の1つとして平野民夫さんのライブイベントが開催される。
15時からの「作品展示」だが、今回は‘先行公開’として1時からスペース「あら、いー」でも平野さん以外の参加者の「作品展示」があるということで、これは行かねばということで、行ってきまーす。

live9
「Live 9 (nine)」です。

たみおっち1
一番手はたみおっち。
2
in あら、いー
3
「主義主張は置いといて、「平和」とは、今こんな風にここで歌えること」。
うんうん、そういうことなんだよねー。

ゆきだるまさん1
お次は、「ゆきだるま」さん。
この時期なんでその名前で来たかー
2
体調イマイチそうながらもMCで「今の(世の)危うさ」を交えながら歌う。

案内カード
「あら、いー」では現在桐山弘さんが在廊しながら作品作成中なのだ。
絵の具たち
絵の具たち

ゆみぞちゃん1
お次はyumizoちゃん。もちろん今日も本気の裸足。
2
桐山さんの絵をバックに。音楽と絵の相乗効果だ。

外は
外を見る。新井でも雪はこんなか…

オトヤさん1
第一部のトリはOTOYAさん。
オトヤ2
れいくさんもやってきてOTOYAさんの演奏に聴き入る♪

ただ、描く
そして桐山さんは…ただ、描く。
森の妖精
これにて第一部終了。今度はスタジオ・ゼロで第二部が始まりますぜ。
さあ移動移動っと。

と、いうことでスタジオ・ゼロへ。
第2部
東條さんの前説(というのでもないが)。
yumizoちゃんとOTOYAさんは観客として参加。
たみおっち1
さ、はじまりますぜ。
たみおっち2
切った舵が間違っていたというようにならないよう、平和でいられるよう。
たみおっち3
目に見える形ではない音楽という、ライブという「作品」。
歌詞とともに「作品展9」を考えて。

そして平野さんのライブのあとは、
作品紹介
平野さんの作品を見に来られていた作家さんによる作品解説。
かわいいたわし作品と思いきや、実は「窮(9)鼠、猫を噛む」というヒネリが含まれてる。
鼠は何を、猫は何をイメージしているのだろう…
東條さん語る
東條さんも語る。
朗読会
そして、芥川龍之介の「桃太郎」の朗読。
お伽噺の桃太郎は勧善懲悪めでたしめでたしなストーリーだけど、視点を変えればまさしくこんなだろう。
この「視点を変えれば」が何事にも大事な気がするぞ。片面だけではあかんというか。

東條さんが朗読した芥川龍之介の「桃太郎」はこちら→(青空文庫より)

まさしく、ヒト以外から見れば、人間っちゅーのはまさしくこんなもんであろう。。。
四足のケモノより、二本足のヒトの方がよっぽど恐ろしいものかもしれないと思ってしまうようなことばっかりだからな。

作品

戻らない風景
癒えてない悲しみ

残された人のこと
死に行く家族のこと

誰もが目を反らすこと
あなたが知らずにいること

未来の子供たちのこと
未来の希望は何処?

鎮魂の鐘はまだ鳴り止まないのに…
(「鎮魂の鐘は鳴る」より一部抜粋 word by平野民夫)


さくひんなのだ

ライブという、この時間だけの濃密な作品堪能いたしましたぞ。
作品展の記事は → (こちら)

第一部のライブのカラー写真は「水彩画」というフィルターかけてみたけど分かるかなw


関連記事

桐山弘作品展と作品展9(ナイン)

1/30 妙高市「スペースあら・いー」での桐山さんの作品展と実験空間スタジオ・ゼロでの作品展9へ

1月31日まで妙高市(新井)の両所では、それぞれの展覧会が開かれている。
この日は同所で作品としてのライブも開催されるので併せて見に行ってきた。

jまずは「スペースあら・いー」での桐山弘さんの作品展。
会場に入るなりの油絵の具の匂い。

2

父親が昔油絵をやっていたので懐かしい匂い。
匂いとともに当時が浮かんでくる。
いつから油絵を描かなくなったのか、なぜなのか理由はわからないが(引っ越した時か?)、あの匂いとキャンバス、絵の具だらけのパレット、昔の家…記憶がどばーーっと押し寄せる。
1
たまらんなぁ…
3

4
時に来訪者対応をしながらも、メインはキャンバスに向かい筆を動かす桐山さん。
5
空の青がすがすがしい。そして妙高山などなじみ深く、どこかで見たことがあるような四季おりおりの風景が描かれている。
6
そして、桐山さんは額も手作りしておられるそうだ。これまたすごいな。
7
高田の雁木(と雪)
8
見事な絵が並ぶ。
9
桐山さんの製作中の絵。夜の妙高山。静寂の夜の山と川石に雪が積もった状態でも少しずつ水は流れているという動と静がクロスする作品。
桐山さんとはお話できなかったけれども、完成を楽しみにしています。


そして作品展「9(ナイン)」。
[11/15の悲報、9/11と重なり、茶の間に届く情報に無力さを感じる毎日だ。
改めて「……武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する」の一文をヒトとして深く考える。
それぞれが作品と対峙し、2015年を真摯に振返り、2016年に吹く風に自己の思いを見いだせたら幸いだ。」との思いの企画展です。]
企画については昨秋に聞いてはいたんだが、不器用であり立体表現手段を持たない自分には9であり6であるその素材を使って思いを具現化することができずに結局今回も見るだけなのである。
10
色にあふれた世界と色を消された世界、どちらがいい?
11
同じでいながら片方は自然と平和の中で走り、片方は戦闘機と爆弾の下で逃げる…どちらがいいですか?と。
12

13
ブラック・ブックエンド。その中には東條さんの十八番・手作り本の技が光る。
14

15
触れる、というので手にとって眺めてみたり。
16

17

18

19
9鼠(窮鼠)、猫を噛む
20
炎に焼かれる?青空と緑の中にいる?
21
70年、当時と今と
22

23

24

25
それでもやっぱり、笑っていたい。平和の中で、笑顔でいたいよね。

世界はどんどんすさんでいく。「あらぶる力」にどんどんとげとげしていく。
「争いはいけない」とどの神仏の教えも説いているのに、それでも争いは止まない。
「争いはいけない」という神仏のために争う人たちもいる。
今日もどこかで銃弾が、砲撃が、人々の生命を奪っている。人々を脅かしている。

平和を守るため、平和であるため、どうすればいいのだろう。
どう生きればいいのだろう。
桐山さんが描く風景を、変わらずに残すには、絵の中だけの世界ではなくリアルでもそうあるためには、どうすればいいのだろう。

そんなことを考えさせられる「9(ナイン)展」でした。



関連記事

武将隊演武@バロー

1/24 武将隊演武@バロー(午後の部)

今日はバローで演武がある。
午後の部を狙って出かけたのだが、出てくる時の雪の降りっぷりが…
吹雪のホワイトアウト状態。

おっかないからのろのろ運転で行ったら、はい、ちょっと遅れました(^^;)
ご案内
このように紹介されておりまする。

OP演武1
今日の出陣は景勝さん・兼続さん、つばめちゃんに十吾郎さん(音響担当)。
兼続さんは新春演武会えなかったので2016年初めてだったりする。
OP演武2

OP演武3
オープニング演武

イベント案内や春日山PRなどのお楽しみタイム♪
インフォメ
2月の外部出陣はこうなってるのかー。行けそうなのはえーっと…
ごんぞを飛ばす
「ごんぞとばし選手権」の「ごんぞ」とは、「ごんぞ飛ばし」とは、を熱く体現する兼続さん。
今年も上位狙えるといいね!(ごんぞとはわらぐつのことです。わらで作った長靴いうか)
シュッとした立ち姿
春日山PR
つばめちゃん♪

アイドルw
アイドルスマイルつばめちゃんであるw

そして後半演武タイム
後半演武1

>後半演武2

後半演武3

後半演武4
キメポーズっ!

演武終了後~
集合写真
集合写真♪

退陣作業が一段落した?景勝さんと十吾郎さんをぱちり☆
お2人で
今日もお疲れさまでした~

帰りも行きみたいな状態だったらどうしようと思っていたが、それでも雪が降ってなくてほっとした。
車道歩く歩行者にはヒヤヒヤさせられたが…(^^;)

ってな今日の演武@バローでした♪


関連記事

行田へ

1/16~17 埼玉県行田市へ

突如友人たちと行田に行くことになった。
友人と忍城の甲冑隊見に行きたいね、行こう!と言い続けて早幾年…(大げさやな)
年度末というのは隊の継続やメンバー卒業などの心配が絡んでくることもあるし、実際2月3月はそれぞれ予定もあるので行くのが難しい。そうするともう今月しかない。
出陣表を眺めていたら全員/ほぼ全員出陣・外部出陣なしの週末が!(忍隊は土日の出陣しかない)
ここを逃すともうチャンスは訪れないかもしれないと、一気に話は進み、せっかくなので関東の友人にも声をかけ突貫の行田ツアーが決定した。

(トキ鉄-)ほくほく線フリー切符-湯沢で合流上越新幹線ルートも考えたのだが、朝早い・湯沢で一時間以上待ち等あるので、北陸新幹線で高崎、そこから熊谷まで普通快速という交通手段を選択。それだと前者とそんな料金変わらないし朝もゆっくりできるしな。
合流時間を考えても高崎-熊谷間も新幹線、という気はないのだよ。
では、行ってきます。

相方に駅まで送ってもらって、いざ新幹線!
実は新幹線はここ何年も乗っていない。ホント乗っていない。二桁年乗っていない。もちろん北陸新幹線初乗車である。
切符ー
切符買ったぞ。でもこういう買い方(乗り方)する人はあまりいないんだろうな(笑)

越五・十日町市編
こないだは妙高市だったが今回は十日町市のPRになってる越五エリア。雪まつりは来月ね。
窓にさくら
切符通してホームへ。窓のサクラの向こうは馴染みのみぞれ降ってるどんより灰色空。
キター!
通過便の速度を堪能して(笑)、次に来たのが乗るはくたかちゃん。ドキドキ。
乗りました
ほー。こんななのね。座席に1つコンセントが着いているので早速携帯充電。
減りが早いので充電できるならやっといた方がいいからな。
なんだこの青空w
新潟県出たら一気に青空。あの鉛色の空はドコに行ってしまったんだいママン…
飯山長野上田に佐久平、軽井沢の駅のまん前にあるのが例のアウトレットモールらしい。

そして高崎。
着いたー
もう着いちゃった。
ばいばーい
ばいばーい。
高崎名物「だるま」
高崎の名物はだるまですから。D51カラーです☆

ここから高崎線。にわか鉄オタとしては撮りたい撮りたい。
しかしここで田舎モノオーラ全開にするのもどうだかなとしょうしさが勝ち(笑)、何食わぬ顔で一路熊谷まで。
途中合流するはずの1人が急に都合悪くなり来られないというメール。
ずっと会ってなかったんで会いたかったんだけど…残念だー。

熊谷で関東組の友人と合流。宿の偵察しようかと一度は駅を出るが、まもなく新潟からの友人の新幹線が着くので戻ることに。
駅前武将
熊谷駅北口の武将像。(平家物語の一節「敦盛の最期」の熊谷直実の銅像)。
車道突っ切らないといけないので近くには行けず。
駅前ラグビー
熊谷はラグビーのまちなんだそうだ。ラグビータウンくまがやなんだって。
階段アート
熊谷市誕生10周年記念の階段アート「小さな王子さま」だって。
上越市と同じで合併してあらたに…ってことなんだろなー。

そして新潟の友人とも合流。
秩父電鉄の発車時刻まで駅ナカショップ探索。お土産はここでも買えるなw
そして秩父電鉄で「行田市駅」に向かう。
上りと下り間違わないように(笑)
秩父電鉄
秩父電鉄のラッピング車両は数種あるようだが、これはまたなんかすごいね。
すごいラッピング
下車。ばいばーい。
♪
秩父電鉄行田市駅。なんとも味がありますな~
駅から忍城までは徒歩。昭和レトロ感があちらこちらに。
ビバ昭和感!
こんなお店とか♪
ひさしぶりー
忍城到着。久しぶり~!去年の春はここには寄らなかったからな~
はにわドッグ
やっぱり食べてしまったはにわドッグwww

せっかく来たんだから、実はこれがメインなんだから!とちょっと早めに行っていい場所確保。友人やっと来れたんだしさ。
甲冑隊
足軽あおちゃんの前説に始まって演舞はじまったー
とはいえ、自分も去年新メンバーとなった甲斐姫・和泉・酒巻さんをリアルで見るのは初めてなんだよねー
演舞
安定の幼なじみコンビwww

演舞のあとはおもてなしタイム。
忍城の方たちは常連さんとはもちろんのこと、うちらのような初見(というかあまり見かけない人)たちにも、それぞれのお客さん対応の合間に声をかけてきてくれる。うう…ありがたい。いい人たちだー!
やっぱ初めてだとなかなかこちらからどう出ていいかわからないのもあるもんね。演舞見るだけでなく「今ここにいる」ってのは甲冑隊の方と話なり写真撮りたいという目的がある、ってことだしさ。
そんなこんなで大将と三家老と姫とお話することができたーーーー。よかったー。

そしてそして、忍城の影の?人気者。
黒パグの「ムギ」ちゃんにも遭遇!
ただでさえ犬好きトリオだというのに黒パグ・ムギという名前にテンション上がりまくり!
しかもこの子人馴れが凄まじいのだ。た、たまらん…
漆黒ズ
ムギちゃんと丹波さん。ザ・漆黒ズww

退陣挨拶
そして退陣挨拶。最後までじっくり堪能させていただきましたよ…

小腹がすいたねと駅までの帰り道沿いのにフライとゼリーフライ取り扱っている店に入ってみる。
フライ
フライ。醤油味とソース味の二種類があるんだが…うーん……以前入った店の方が好みだったぞ。
なんか中が半生(でもないのだろうが)っぽくしかもボリュームありすぎで、今回はそれも逆に難になっている。
ううー、やはり店によって味も作り方もまちまちなのか。しかし多々ある名物を扱っている店で、それがハズレというのは、加えてそれがどんな味かと期待度高かった場合というのは残念この上ないなぁ。
「ちがう!フライはこんなんじゃない!もっとチープながらうまいもんなんだ!」と叫びたかったぜ…
チョビヒゲ
店出て見つけたチョビヒゲ猫。何もくれないと分かるとどっか行ってしまったw

秩父鉄道
秩父鉄道に乗って熊谷へ。今度のラッヒングは「かつていた(古代)生物」編だった。
外だけでなく車両内にもラッピングというか塗装がされているのだ。すごい。
鉄道むすめー
そして「鉄道むすめ」。こんなキャラシリーズがあるのか。新潟県では見ないけど…

宿着。一息ついて夜の熊谷の街にレッツゴーw
熊谷ナイトw
こんな店があった。大阪の味なんかなぁ。しかし「哲ちゃん」って、巨人と阪神融合店なのか?
よさげなお店は既に満員で入れず。だからといってガラガラの店もどうかなと思うし…しばしうろうろしつつも創作料理の居酒屋さんへ。
なかなかうまし!
大体お腹もいっぱいになったので店を出てコンビニで部屋飲みモノを仕入れ(驚いたのだがここのコンビニにはトイレがない。いい場所というのもあり、やはりトイレだけな客とかも多かったとかで客用トイレなくしたのだろうが、勇気ある決断だ)宿に戻る。
飲みながらしゃべり…で、日付変更線も越えたしおやすみなさい。

あさー
おはようございます
おはようございますー。
宿の朝食(バイキング形式)いただいてさあ今日も行田行くぞー。
今日はJR利用で行田へ。
ここで別の関東の友人と合流。ひっさしぶりー♪
丹波さんin行田駅
丹波さんが行田駅に♪
そして行田駅はスタレビの「夢伝説」が発車メロディなんだよねー(^^)

駅からバス利用。水城公園で下りて…向かったのは高源寺。
正木丹波守がいくさのあと創建したお寺なんだよね~(ちゃんとお墓もあります)
高源寺
高源寺の願掛け地蔵さん。奉納された?石仏がいっぱいだーー!

佐間天満宮からの水城公園突っ切りからの、今日も忍城。
演舞ー
演舞ターイム!
甲冑隊
演舞のあとは忍城(行田市郷土博物館)見物。
蓮ちゃん
ちょっと外に出てこれまた初見の足軽・蓮ちゃんにもご挨拶~

博物館のあとはてくてくと…
茶馬古道
友人が行ってみたいと言っていたお店の中の1つ「茶馬古道」。
古代米カレー デザート
古代米カレーセット。来るまでに時間かかったけどおいしかったー♪
そして物産館「ぷらっと・ぎょうだ」でいろいろお土産探し。

再び忍城。もう間に合わないかなーと思ったけれどギリギリセーフ。
すでに正面では人多くて見られないのでサイドの垣根越しから。
演舞ー
この演目は初めて。また見たいなー(今度は正面で)…
整列
また見に行くぞ!いつになるかはわからんが。
もう梅が
そして既に梅。やはりこちらは季節早いなぁ。

郷土博物館でのおもてなしタイムを待たずに、これにて忍城タイムはおしまい。
タクシーで行田駅へ。運転手さんが結構埼玉弁?群馬弁?秩父弁?が強い方で気さくに話しかけてくれるのはいいんだが…よくわからん(^^;)
行田駅
行田駅着。ここで関東の友人たちとお別れ。
また会おうね~
熊谷で新潟の友人とお別れ。
また秋に!

熊谷から高崎へ。
行きでは撮るのに抵抗あったが埼玉の友人の「うちの子どこの駅でも写真撮ってるよ」の言葉に力づけられ(笑)、にわか撮り鉄。
だってさー高崎駅いろんな線が交わってるからいろんな車両あって楽しいんだもんよ~
昔の「新潟操車場駅」みたい♪
ぐんまちゃん
ぐんまちゃんもそう言ってくれてるしさ。「ぐんまで列車(の旅)をお楽しみください」って。←違う

こっちが走行中だったのでブレまくっているけれど、上信電鉄のぐんまちゃんと鉄道むすめコラボのラッピング車両(展示用?)
ラッピング車両

上信電鉄
こちらが上信電鉄通常車両
JR八高線
JR八高線
久しぶり
久しぶりー!の、このカラー♪

ホームでかなり長居をしてしまった(笑)
売店で相方にだるま弁当か横川の釜飯買っていこうかと連絡したら「NO」という返事。
そうか、今日はいらんか。せっかくの本場モノだったのになぁ。

レンガ積みいろいろ
富岡製糸場関連でレンガ展示。レンガの積み方も各国によっていろいろあるもんだねぇ。

では、これにて、マジに帰ります。さらば関東また来る日まで。
帰るぞー
はくたかちゃん。日曜の夕方という時間帯で混雑心配したけど無事に座れてよかった。

ただいま!
ただいま!
上杉さんたちと幸村さんたちの姿に帰ってきたーーと、ほっ。
そして駅から出ての雪景色、帰りに寄ったスーパーでの皆の長靴姿にさらにほっ。
ああ、やっぱりこれだ(笑)

そんなこんなの突貫行田ツアー、ぜひまた行きたいもんですな。
いや、また行ってやるー!


関連記事

善光寺に初詣

1/13 善光寺に初詣

2016年明けました!…が、新年早々相方が風邪を引いてしまい、なかなか復調しなかったもので恒例の善光寺初詣だが、こんな時期になってしまった。
まあそりゃしょうがないさ。まず体が第一だもんよ。、じゃあ長野にGo!

今日の妙高・火打
今日の妙高と火打。
今日の妙高
今日の妙高。
それにしても雪は降ったが量は少ない。いつもなら18号は雪の壁が両脇にできるのになぁ。
つららも短め
つららの育ちもイマイチだ。

長野市に入りました。いつものパーキングに車を入れて善光寺に向かう。
ブームキタコレ
真田丸キター!今年は大河効果で熱いぞ!
でも今年もこのお店は定休曜日で休みだったりする…(^^;)

善光寺門前。
どっからきたの
全国だけでなく諸外国からも。すごいぞさすが善光寺。
ピン数が限られてるので、誰かのを抜いて自分の刺すことになるので、内訳はその都度変わりますってやつだがw
善光寺
山門を抜け、去年の札をお返しし、お参り。まだ「ばふっ(←御印文頂戴のこと)」やっていたのでそちらも頂戴する。

漢字おもろい
お札や破魔矢などの授与品頒布所の今年の干支にちなんだ一筆。
漢字ってやっぱおもろいねー。
おみくじもゲット。中身見るのは家に帰ってから♪

さて善光寺、その歴史と日本全国津々浦々善男善女の信仰の深さから境内にはいろいろなものがある。
行くたびに「こんなものがあったんだー」と思わせられる。
頭の上の
宝暦9年(1757年)に完成した経蔵は現在改修中。屋根のてっぺんの火炎宝珠が外されておりました。
おおー!!(゚д゚屮)屮

そして
御柱の歴史
こちらはご開帳の時に本堂の前にすっと立つ回向柱のその後。ここに安置?されるんだね。
「風雨にさらされ自然に朽ちていくさま」と書かれているけれど、順繰りに頭伐られてる…
入りきらなかったけど実際はもっと短くなっている回向柱もある。ってことは7年に1度だからここの柱たち50年以上の時間が流れてるってことなんだよなー…
(回向柱は長野の松代から寄進されておりんす)

爪彫如来像
つめで!
親鸞聖人が越後から東国に渡る旅の途中善光寺に100日ほど逗留したんだそうだが、その逗留期間に爪で彫ったといわれている如来像。
石を爪で彫るとは、どんな爪だよ親鸞さん!とツッコミたくなるが、この如来様は眼病に霊験あらたからしいのでおまいりおまいり。
近視と乱視の進行が止まりますように(もう遅すぎ?)

善光寺
本堂前。いつも参拝者の多い善光寺も、時にふっとこんな風に人がまばらになることもあるのだな。
鳩と地蔵
鳩と濡れ仏(延命地蔵)。

そのあとはこれまた例年通りに釈迦堂と大勧進と大本願をお参りしつつ門前通りを下っていく。
ひとにぎりさん
大本願のひとにぎり地蔵さんの通常のお地蔵さんサイズ。やはりかわええ。
でもこのサイズのひとにぎりは北斗の拳に出てくるデカイ人たちではなかろうかw
道路原標
長野市の道路元標。その市町村の道路の基準点を示す標識なんだって。
大正8年の道路法施行でこの道路元標は各市町村に1ヶ所置くと定められたそうで。
するってーとアレですか。上越市は高田と直江津、それぞれ道路元標があるのかな?←あるらしい
バス
「えのたんとキノコフレンズ」のラッピングバス。かわいいじゃねーの。JAやるねぇw

権堂通り。あたらしいものとふるいものが混在する商店街。
前回寄った角のお店は別のお店になっていた…

お腹もかなり空いたのでちょっと遅めのお昼ごはん。なんとなくのフィーリングで麺屋蕪村。
限定らうめん らうめん
一日限定20食らしい信州味噌ラーメン/定番らしき蕪村そば
お腹空いてたのもあっておいしかったぞ。そしてうちらが出たらお店準備中になった・・・間に合ってよかったけど閉店前にスミマセン(^^;)
相生座
こちらは高田世界館と同じく日本最古級の映画館・相生座(:しっかり現役)
建物自体は世界館より古いらしい。
同じように芝居小屋から映画館という道を進んだそうで。
相生座も世界館もどっちもがんばれ~!

広報ルーム
なんともギャップのあるPOP体の自衛隊広報ルーム。前回は閉まっていたが今日は開館中なので入ってみることに。
マスコットキャラ
しんちゃんなのちゃん…って、牛!?(@_@;)/
萌え系 萌え系
自衛隊も2次元萌えキャラの時代ですwww
記念撮影もできる
陸・空・海の写真の前で記念撮影もできるぞ。

自衛隊のこういう広報的な施設は全国でも珍しいそう。館内は陸海空のそれぞれの制服や模型、階級バッヂにパネル展、活動備品など好きな人は垂涎モノなんだろね。
あの御嶽山噴火の際の救助活動のパネルなどもあって、色を失ってしまった御嶽山の姿と救助活動の姿になんとも…
その惨状がリアルに迫ってきたよ。

説明してくれた広報担当の隊員の方ありがとうございました。

つたのいえ
ふっと目に入った蔦の家。今はこうだけどシーズンになったらすごいんだろうな~

もっと下ってもんぜんプラザ。
地元スーパーでなんか上越にはないおもしろいものはあるかとうろうろ。
不思議とチルドコーナー、長野のそばがあまりないんだな。上州のうどんは多いが。
スーパーで生そばは買わずそばや行くのかそれともみんな自分で打つのか?
FMぜんこうじ
FMぜんこうじ。今回もスタジオ閉まってる時間でしたとさ。

さて、じゃあそろそろ帰りますか。来た道を戻り駐車場に向かう。
ちょっ蔵おいらい館も今日は休み。
武井神社にちょっと寄り道。
武井神社
武井神社。ここの祭神も諏訪のたけみなさん。
諏訪大社の御柱祭と同じようにここでも申と寅の年に御柱祭開催されるんだって。
狛犬さんの奥の2本のナゾの木柱がその御柱なんだそうで。
店番猫
お店の入り口のところにじっとしていた店番猫。なんかゴージャス…

途中のスーパーで買い物。道路はさんで向かいの宝くじ売り場で相方が宝くじ購入。
新年初詣のご利益あるかとヨコシマな気で自分もスクラッチを買ってみたが、そういうヨコシマなヤツに幸運の女神が微笑むはずもなく、スカ(笑)
夕暮れ

ま、とにかく2016年も家内安全/交通安全/無病息災で日々穏やかに過ごせますように。



関連記事

ちょっとチャリさんぽ

1/4 斐太神社までチャリさんぽ

今日もいい天気である。
ちょっとリフレッシュしたかったのもあり思い立って妙高の斐太神社まで行ってみることにする。
いやここ鮫ケ尾城址も含め前から気になっているんだけど駐車場とかどうなってるのか全然わからんのでチェックしてみたかったんだよ。
(駐車場がないわけではないだろうが)

上越と妙高の境
上越市と妙高市の境。川は青田川。奥に見えるのは上越妙高駅。

車だと特に意識してなかったがチャリだと気づくゆるい上り坂。上着を脱ぎながらチャリ引っ張って、下りは漕がずにさーーっ。
…でも、帰りは逆になるってことだよね(^^;)

そして着きました斐太神社。
斐太神社!
どーん。郷社でございますぞ。

石段を上って…
着きました
ここが斐太神社です。

主神は大國主命(おおくにぬしのみこと)
相殿は事代主命(ことしろぬしのみこと)、健御名方命(たけみなかたのみこと)、だそうで。

おおくにさん、糸魚川のぬながわちゃんを娶ってここらのしょに田畑を教え道を整え「生活」を教え出雲に帰っていったそうで、その功績ありがたやと斐太神社に奉ったそうで。
ことしろさんは矢代川を主に河沼を鎮護する矢代大明神として矢代村岡沢に奉られていたのだけれど天正2年にこの地に遷座されたそう。
たけみなかたさんは諏訪大明神。南葉山の山頂に祠があるんだけど、こちらにもおられるそうで。

そんな3人・・・もとい3神を奉っておられるんだそうな。

雁田神社
お隣さんは雁田神社。こちらの祭神は伊邪那岐命・伊邪那美命。
イザナギさんとイザナミさん。
夫婦和合のご利益からか陰陽石などが奉納されておりましたぞ。
それはさすがに撮れなかった(^^;ゞ

八幡宮らしい
こちらは八幡さんの祠(らしい)。雪囲いされておりますな。

ここからちょっくら足を延ばして
こっちにも
ここにも来てみました。斐太歴史の里。
ほー、名前は聞いていたけど、ここなのかー。やっと分かったぞ。
忠魂社
辺り散策してみたら古そうな社があったので近づいてみたら忠魂社だった。
明治40年に建立され、日清・日露で戦死した氏子さんたちを祀ってあるんだそうで。またその後の戦争での戦死・戦病死された方も合祀されてるそうな。

古代風に
このエリアは実は古墳時代の遺跡が多く出ていたりもする。それにちなんでの竪穴式住居。
残念ながら冬季間は入れない模様。
鮫ヶ尾城への道
ここが鮫ケ尾城址への道かな?行ってみたいが靴がダメだし時間もないのでまた今度。
そう、雪どけ水たまりの水がすでに靴に染みてきているという(^^;)
淡水魚の池
「淡水魚の池」だそうだ。ここもまた今度、だな。

再び斐太神社に戻って
神社横から
横から。

狛犬さん こちらも
狛犬さんたち。ぐるぐるとかギザギザとかが特徴的。
おいなりさん
赤い鳥居の先にはお稲荷さん。狛犬チックなキツネさんがなんかかわいい。
一段下から
境内。奥に古い狛犬さん、手前に新しい狛犬さん。
でも個人的には古いほうが好きだなぁ。

鳥居どーん
参道どーん!
斐太さんに初詣できたし、偵察も完了。さあ帰るぞー!

そして帰り道。
参道ぽい石段発見。そのまま通過しかけたが、チャリだからこその出会いだと戻って寄ってみる。
おお!
へー。熱田神社かー。どれどれ?
こんなとこに
こんなところにこんな神社があるなんて知らなかったなぁ。
向かって左側にも祠があったけど、南葉山見えるから諏訪のたけみなかたさんなのかな。

帰りもキツイかなと思わせた傾斜は新井側の方は緩いのか息も上がらず上りきり、あとはゆるーーく下っていくだけ。

こちらは熊野
こちらもよく通過するけど立ち寄ったことのない灰塚の熊野神社。
丸太?
ここには2つ鳥居があるんだけれど、どちらも木、丸太で作られているようだ。
熊野神社の鳥居がそうなのか、灰塚オリジナルなのか。
こちらの狛犬さん こちらも
こちらの狛犬さん
祠ずらっと
ここは神社そのものはなくそれぞれの神さんがそれぞれの祠に祀られているようだ。
ここ以外にも祠が何基かあったぞ。(しかしどれがどれなのかは全然わからん)

この道路(県道86号)、斐太神社まででもそれぞれの神社があるんだねー。
車では気づかない発見もあってチャリさんぽもなかなか楽しいぞ。
タンポポ オオイヌノフグリ
タンポポとオオイヌノフグリ咲いてるよ・・・(^^;)

しかしだ、そういうことが1月そうそうできてしまうってのが複雑だったりもする…
雪はどうなったんだ~
オオイヌノフグリやタンポポ咲かせちゃっていいのかーー!
冬将軍どうしちまったーーー!(^^;)

関連記事

2016年初演武@観光物産センター

1/3 武将隊2016初演武@観光物産センター

上越妙高駅から帰宅し、改めて向かった先は観光物産センター。
こちらで今年の初演武が行われるのだ。

しかし着いたはいいが、既に人の壁。
まあ時間的に座れるとは思っていなかったけどさ、念のために望遠利くカメラ持ってきてるけどさ。
なんとか人と人の間でよさげな場所に陣取り(もっといいポジションもあったかもしれんが)始まるのを待つ。

はじまった(^O^)
はじまりましたー
今日は兼続さんとみっちゃんはおらんのだが、新年初演武時恒例の「世界の兼続モデル」は健在。
でも今年は去年に比べるとサイズ小型化したねww

前フリ済んで、演武スタート
おやかたさま

景勝さん
ちょっとカメラモードで遊んでみたんだけど、壁ない状態でほしかったな←早く来ない自分が悪い
演武ぅー
こういう風に集まった状態でないと全員見られない←だから自業自得だと
つばめちゃん
足軽アイドルつばめちゃんvv

さて、新年ですんで、年初め恒例の2016年、今年の抱負を発表~!
まずは今日不在のお二人さんから行きましょう。
今年の抱負1
みっちゃんは「心機一転」
抱負2
兼続さんは「飛」。上のイラストからもごんぞ飛ばし大会への思いが伺えるなぁ(笑)
抱負3
十吾郎さん「春日山 あ~上越市 十吾郎」。なんとなく言いたいことは分かるがww
抱負4
十吾郎さんは裏にもびっちり描くのです。
抱負5
つばめちゃんは「健やかなれ!」。実はデリケート体質なつばめちゃんだったりするんでお腹冷やさないようにね☆
抱負6
景勝さんは「笑」。景勝公の猿に笑顔エピからなんだが、笑顔もいっぱい見せてくださいませ。それにしてもさすがの画力よ。
抱負7
そしておやかたさまは「回帰なり」。確かにものごとは何事もその心を忘れてはならんわな。

もちろん勝鬨も。
えいえいおー
2016年も「えいえいおー!」じゃ~!

そして新春お楽しみ福を引こうくじ引き大~会!タイム。
新春福引き
来場者に武将隊アイテムプレゼントという企画なのじゃ。何か出るかな~
箱が♪
くじの箱。つばめちゃん直筆イラがかわええのぅ。

引いたくじは非売品の武将隊全員の缶バッヂでありました。背景が2色あったけど去年のはピンクのようだけどそれ持ってなかったのでそっちに決定。(追記:どうやらもう片方の黄緑バージョンの方が在庫少なかったらしい)

そして揃っての集合写真タイム
集合写真
3方向変に視線変えて撮影させてくれましたぞ。

そして今日はそれだけでは終わらない。
新春スペシャル
松飾り前立てという正月限定スペシャル兜をかぶるおやかたさま。
後ろの方たちも笑っておりまするぞw
バランスが
扇の上にアヒルちゃん。さすがおやかたさまバランスええのぅ。

その後の今日の告知ポスター類放出じゃんけん大会、じゃんけん最弱だけあって一回戦ですぐ敗退。
しかし観光物産センターにある缶バッヂガチャではなぜか当たりでクリアファイルをゲットするという不思議。

これからまだ寄るところもあるので、今日はこれまでにして退陣挨拶見ずに物産センターを出る。
十吾郎ジャンプ
その頃の十吾郎さん。十吾郎ジャンプもなかなかたいしたもんだよ。

夕日
買い物して車に戻るときに見た夕日。
今年もよい年になるといいなぁ。

それにしても今日は武将隊な一日であったなー。まあ新年だしいいよなwww



関連記事

上越妙高駅へ

1/3 上越妙高駅へ

で、春日山から帰宅して、天気も悪くないのでチャリで上越妙高駅へ。
いやー、正月3が日からチャリに乗れるとはなぁ。

それにしても久しぶりの駅であることよ。
そして今回も駅本来の用途「汽車電車に乗る」ではないし(すみません)。

じゃあ何かというと、これ!
これだっ
ババーン!見よ、これぞ便乗(笑) もうこの際便乗でもなんでもいいのだ。
ただ真田信繁の時代は既に謙信公おらぬのだが(^^;)
どーん!
アップで!
ちょうどおやかたさまの顔のところが引きつれているのがなんとも残念ではあるのだが。
こっちも
自由通路にもこのタペストリーが並んでおりまするよ。

ではなくて、こっち!
帰省武将w
おみやげを手ににこやかな帰省武将(笑)
…ではなくて、上越商工会議所青年部の上越名所カレンダーを乗客にプレゼントいうイベントの援軍なのだ。

しかしこのカレンダー、誰でももらえるってもんではなくて
厳しい条件
・新幹線の乗車券を持っている人
・1家族1本のみ
こんな風に結構ハードル高い。
(新幹線乗客ではないトキ鉄利用の帰省客には配らないのだろうかという疑問も湧くのだが)
当然ながら地元民の自分はもらえない…

それだけでは何なので、駅見学。
今回の越五観光ブースは妙高市みたいだ。季節柄スキー推しで押してくる。
日本初
運輸省免許第一号の免許を受けた、日本初のスキーリフト。
昭和25年(1950年)に認可受けたんだってー。赤倉中央スキー場と池の平カヤバスキー場で使われたんだってー。
ダブルシートだったんで結構「ロマンスの神様」が降臨したらしいぞ♡
スキーウェアは○割増しからのリゾラバ現象はやはり当時からあったんだなw
応援旗
ソチ五輪出場の妙高市出身・清水礼留飛選手への出身中学からの日の丸応援旗。
ウェアやジャンプのスキー板の展示も。

さて、そろそろ配布時間も終了近い。
もってけー!ではない
みんな持ってけー!ではないんだよね(^^;)
それにしても、あまりモノをもらっちゃいけませんと思っているのか結構受け取らない人が多くてびっくり。
もったいなやと思うのはもらえない地元民ゆえのやっかみか?(^^;)

配布タイム終了~ってことで
親子
親子でぱちりと。
真田もw
タペストリーと一緒も。

腹も減ったしそろそろ帰るか。
光のテラスにて
西口・光のテラスから。
なんにもないけど(苦笑)南葉山からの妙高山というこの光景はやっぱりいいよね。
郊外型店舗の看板が並ぶどこにでもある光景より、贅沢やん。ねー。

昼飯食べて、次は初演武見に観光物産センターだっ!


関連記事

春日山初詣登城

1/3 春日山初詣本丸登城

今年の正月は雪がほとんどない。
ここ何年かは雪がどどっとあったものだが、今年は小雪なのかこれから来るのかわからないけれど、今のところは雪なしの冬だ。

で、昨日はお山に初詣してきたが、今日は春日山と武将隊に初詣してこようと、いざ出陣!なんである。
箱根駅伝は相方に任せて、行ってきまーす。
おっと、一応本丸登城のつもりだから長靴も持ってな。
階段
神社への階段
おめでとうございまーす
景勝さんつばめちゃんあけましておめでとうございます。
おめでとうございまーす
おやかたさまあけましておめでとうございます。
そして春日山神社に初詣。

揃っておめてとうございまーす
みなさん揃って新年おめでとうございます。
神社も入れて
神社も入れてみる。
では、初登城行ってまいります。

千貫門
ここの階段はピッチ的なものもあるのかしょっぱなでまだ体が調子出ないからなのか息上がり気味になるんだよね(^^;)
中腹
中腹から。(ミニチュアモード)
毘沙門堂
毘沙門堂。ここにも初詣。
本丸
本丸到着。途中、雪はないもののぬかるんでる所あったが長靴なので怖いもんなしw
越後の山は長靴最強だぜ!
展望
本丸からの展望。下から十吾郎さんの声が聞こえるぞ(≧m≦)
大井戸
今日は大井戸のトコにも降りてみよう。
山々
戻って天守台。今日は山が見えるぞー♪
鉾たち
権現山と鉾ヶ岳
火打と焼山
火打と焼山。今年もよろしくーー

そして一気に下山
ことよろ
こちらにも新年のご挨拶。今年もよろしくね♪
見上げる
到着。さっきまでいたところを見上げる。>
改築
売店が新しくなりました♪
山城と謙信公像
春日山と謙信公像を一緒に入れてみました。

そんなこんなで、2016年も毘沙門天のご加護よろしくお願いいたしますm(_ _)m



関連記事

お山に初詣

1/2 里山に初詣

新年明けましておめでとうございます。
相変わらずの遅筆ブログではありますが、今年もよろしくお願いします。
2015年のまだUPできてない記事はおいおい書いていきますので、左の「最近の記事」か右のツイッターでのブログ更新しましたツイで「なんだ、今頃あげたのか」と生温く見てやってくださいませ。

さて、2016年明けました。
今シーズンは今のところ雪が少ないというかない(といってもいいほどの積雪)ので、これなら車で行けるので山の集落の神さんに初詣してこようということになる。

初詣はまず、自分の住んでるとこの氏神さんに詣でるのが第一だっていうらしいしね。
(実際の住んでるトコではないけど)
そういうことで、里山にGo!

少ないなー
いつもはこの小川(水路)も雪の下に埋もれているし、自分の身長なんてゆうに超えてる積雪なんだが。
ないねー…
何のだ?
家の裏で足跡見っけ。誰ちゃんのかなー?
今年は雪がないのでイノシシも過ごしやすかろうなー…また個体数増えそうだなー…これ以上のイノシシ山になるのは勘弁してほしいが(^^;)

少ないなー
斜面を見てもこんな感じ。ないなー…
ヒラタケ
うわヒラタケがこんなとこからも出てる。(裏の色が悪いので採りません)

さて初詣。
はつもうで
ここの神社は十二神社なんである。
ここらの平地の神社は諏訪社が多いようなんだけど…

せっかくきたんだし、こちらにも詣でよう。
こちらにも
参道の杉並木。やっぱりないよ雪…
狛犬さんと
狛犬さんと囲われたままの虚空蔵さんのお社。
中には入れないが、それでも詣でる。

まあね、過去には正月でも雪のない年もあったのは事実だけど、やはり、程度は別としてあって当たり前のものがないと、いくらないほうがいいとはいえなんだか物足りない。
まあ、でも、天気はわからないから、この後どっかり降るかもしれないし、わからんわな。

それでも正月早々、お山の初詣できてよかったよかった。
2016年もどうぞお護りくださいませ。

おまけ
これもなんだ?
帰り道の舗装されてるとこで見つけた足跡。
複数匹なのか、単独なのか、これも何の足跡なんだろう。




関連記事