再び寺尾さんの写心展へ

4/30 またまたテラさんの写心展へ

4月1日から高田郵便局で寺尾さんの写真展「写心展」が開催されているのは前記事の通りだが、今日がもう最終日なんである。
写真が追加(というか入れ替わったというか)されたそうなのでそれも見に行かなくては…と高田郵便局に行ってきた。

写心1
こちら側から、おじゃまします。
2
これも見事だよね
3
賞状がつきました♪
4
左側の、「人と心」って驚異のショットだよね。言葉としても神な雲だ~
それを切り取る寺尾さんもすごいー
5
左上の空の色もまたすごい…
6
ヒマワリの色合いがなんとも雰囲気あるなぁ
7
上の星空もすごいけどコスモス畑の色合いが~!

斜めではなく正面から
8

9

10

11

12
「サクラ・花恋ダァ」もよろしく~

その一瞬が絵画のような幻想性を持ちながら、でもリアルの風景で。
こんな一瞬一瞬を見出し切り取れる寺尾さんさすがです。尊敬っ!

改めて、今後の更なるご活躍お祈りしてますよ~
そしてまた新しい作品の写心展、待ってまーす(^^)



関連記事

五智の八重桜を見に

4/26 その2 五智の八重桜を見に

[前記事の続き]

春日山から向った先は五智公園。
五智の八重桜といえば市内ではなかなかにメジャー(のはず)。

例年なら連休ごろが見ごろなんだが、ここもやはり早いと聞いていたので、連休は動けるかどうかも分からんし見れるときに見ておこうと。
いつも咲いてるワケじゃないしね~

ってことで来ましたよ五智公園。
驚いたことに臨時?駐車場ができていた。そっか、ピーク時はこうなるのか…

では花見。
八重桜
八重桜満開。
紅白対決(違)
紅白対決の如く。ちょっと違うか(^^ゞ

公園の広場(っていうのかな?)ではのんびりお花見しているグループや幼稚園の遠足?のちびっこたちが楽しそうに。
自分はそちらではなく展望台への遊歩道の方をてくてくと。
イカリソウとイワカガミ
イカリソウとイワカガミ
ミツバツツジ?
ユキグニミツバツツジ?(この色の自生ツツジはそれしか浮かばない自分なもんで(^^;))

あれ?緑のさくら?
御衣黄
道路脇に桜の若木が植栽されているのだが、木についていたラベルを見たら「御衣黄」とあった。
おー!ここにもあるのかー。
タンポポとサクラ
タンポポと八重桜。
こちらのタンポポもエゾタンポポ(カントウタンポポ?)みたいだ。
できるものならセイヨウタンポポに駆逐されないでほしいぞ…

今日は石碑のところまでも行かず早めにUターンして戻る。
ボンボン
チアガールが持つピンクのボンボンみたいな八重桜
ひらひら

つぼみ
ほぼ白く見えるけれど、つぼみはほんのりピンクなんだね。

時折風が吹くとひらひらと舞う花びら。いいなー。
でもできたら長く咲いててね←ワガママw

帰り道にて、なんか史跡っぽい案内看板を見かけたのでちょっと停車。
踏み切り脇だったが、ちょうど踏切の警報機が鳴り出したので何が来るかと待ち構えてたら
ひすいライン
トキ鉄のひすいライン直江津行きだった♪
はね馬ラインに比べるとこっちはなかなか会えないからなぁ。

うわっ、これは…
これは・・・
なんとも歳月を感じさせる看板である。県の振興局作成なのに直さないかなぁ。
それにしてもいつのだよ。。。

見つけたのは↑ではなくて、こっち。
柳清水
ここは「柳清水」というんだそうだ。
親鸞さんが竹ヶ前草庵(現在の本願寺国府別院)で暮らしていた時に生活用水として使っていたんだそうだ。
ここかー
親鸞さんの頃から石で清水囲っていたわけではないのだろうが、ここの水使ってたのか~
中
中を覗き込んでみる。
…水はあるけど清水ではなく雨水ぽいな。
明治44年に北陸本線開通の折に敷地が分断されたそうだが、その時かそれ以前に水脈にトラブルあって水が枯れてしまったのかもしれないし。

八重桜とプチ歴史探訪を楽しめた五智でした。ちゃんちゃん。

関連記事

春日山本丸朝駆け (4/26 その1)

4/26 その1 春日山本丸朝駆け

22日の夕方に春日山神社に緑色の桜「御衣黄」を見に行ったのだが、夕方のためか写りがイマイチだった。
じゃあ朝ならどーよ?と朝の時間帯(早朝ではない)に春日山に行ってきた。
石段
すっかり新緑みどりの季節。
よし行くぞー!
神社
神社前。もみじの新葉も少し緑がかってきた?
御衣黄
そして御衣黄。花が下向きに咲きぎみな所に加え枝が高いのでどうしても逆光気味になってしまう。
おまけにズーム効かせないとだめな距離だし…
トライ
むずかしー!
目の高さちょい上ズームなしくらいの距離ならまた違うのに…

今日は本丸まで行きますぞ。行きは神社脇の千貫門コース。
シャガ
シャガ
ムラサキケマン
ムラサキケマン
マムシグサ
あまり人気はないけど実は好きなマムシグサ。テンナンショウの仲間っていいと思うんだけどなぁ~
(でも秋の赤い実はちょっと毒々しくて苦手)
みにちゅあ
ミニチュアモードでも♪
チゴユリ
チゴユリも咲き出したぞ。
ヤマザクラ
まだまだヤマザクラ。花びら風とともにひらひら。
ヒメハギ
毘沙門堂を過ぎ、本丸直下で見つけた花。これなんだ?初めて見たぞーー!
へー、こんな花もあるんだ。うれしい発見だ。
(帰宅して調べたら「ヒメハギ」という植物だった)
ワラビ
ワラビも出てきたよ~
ナゾの花
この花、こないだも見たけどなんていうんだろ。
野草図鑑でも見つからないんだよなー。
色はボケっぽいんだけど…
本丸
本丸着。花を見ながら撮りながらなので今日はいつもより時間かかったね。
遠くはかすんで展望イマイチ。天守台からの展望もかすみ気味。
ギフチョウ
カタコの花は終わったので産卵に来たのかな?のギフチョウ。
撮らせて止まって~と念じたら通じたのか「しょうがないね。ちょっとだけよ」と止まってくれた。(が、すぐ飛んで行ってしまった)
なんとか撮れたぞ。ありがとう~

では下山。
アザミ
アザミ(何アザミかはわかりません)
タンポポ
タンポポ、バッタ系の虫付きw
ここらのタンポポもガクが反ってない日本タンポポだ。エゾタンポポになるのかな?
(新潟県のニホンタンポポはエゾタンポポが主流らしいが、上越の場合カントウタンポポやシナノタンポポの可能性もある…が自分にはその区別はつきません)
キランソウ
キランソウ
トキワハゼ
トキワハゼ

などと春の花を楽しみつつ、銅像前着。
銅像アップ
今日はちょっとアップで撮ってみましたw

再度
神社に戻って再び御衣黄。やはり難しい。

さて…せっかくだから、五智の八重桜も見てこようかな。
今日逃したら今年はもう見られないだろうし。
さーれっつらごー♪(続く)


関連記事

能面展へ (4/24その2)

4/24 その2 能面展@きものの小川さん

[前記事の続き]

人形浄瑠璃を見たあと、きものの小川さんへ。
こちらでは26日まで能面展が開催されているのだ。

能面って、般若とか翁とか女性のあの顔とか、松の絵とかそういうイメージ(どういうイメージだ)しかないのだが、だからこそ行ってみると新しい発見があるに違いない。
…ってね☆

ってことでおじゃましまーす。
能面展1
どーん。

小川さんの奥さまがかつて能面打ちの先生の下で面打ちを習っていたそうで、その時の作品や先生の打った面など所有している面の展示なのだ。
実際能楽で使われたものもあるそうだが、そうではないものらしい。
能面展2
女性の面も皆同じではなく、小面(こおもて)と若女(わかおんな)と区別されているんだって。
小面が大体16才前後、若女が20才前後くらいなんだそうで。
これだと左が小面、右が若女なのだよ。

般若。
能面展3
右が先生の打ったもの、左が小川さんの奥さまが打ったものなんだって。
能の面は、ちゃんと図面というか寸法図があるんだそうなんだけど、いざ打ってみるとやはりその人によって違うんだそうだ。
(隠れた)性格も出ちゃうかもw

ばばーん
能面展4
これは「痩男」。殺生の業を背負った漁師や漁夫が死後地獄の苦しみを訴えていて、亡霊として使われるそうだ。
で、ですな、能面には白目が白いものと金色のものがあるのですが、金色のものは「人ではないもの」なんだって。
亡霊、もののけ、人を超越した仙人や神さま仏さま…そういう人にあらずな者たちが金色の目で表されているんだって。
知らんかった…
能面展5
左「翁(おきな)」と右「黒色尉(こくしきじょう)」。
どちらも翁なんだが黒色尉は主に狂言で使われるそうだ。(「性格が黒い」というのではないらしい(^^;))
能面展6
横顔も
能面展7
左は「悪尉」。この世界では老人のことを尉(じょう)というのだそうだが、これは異相の神化した老人だそう。
目が金色だしね。
右は「烏(カラス)天狗」。
能面展8
左は「空吹(うそぶき)」。狂言で使われる面。うそは嘘ではなく、口をすぼめて吹く口笛のことだそうで、空吹は植物・昆虫・魚類・精霊などで使われるそうな。でも目は白いw←人間に化けているかららしい
右は「不動」。いわずと知れた憤怒の不動明王なのだが、いわゆる演者さんはどちらで見ているものか…って、片目でしか見えないよね?
能面展9
こちらは「猿」。狂言で使われるそうだ。
子役の初舞台なんだって。子役はこの「猿」でデビューするそうな。
能面展10
こちらも狂言で使われていた「鮒」。
またえらくロンパ…おっと(^^;)
明治のご一新(明治維新)の廃仏毀釈・ゴタゴタバタバタで途絶えてしまった流派で使われていたものらしい。
やはり当時はそういうこともあって、栄えていたものの消えてしまったものも能や狂言に限らずともいろいろあるのだろう。
でも、世に出てないだけで、もしかしたらどこかの蔵とかに眠っていたりするのかもしれない…

台本
こちらは台本というか謡いの教本。
節回しや抑揚、伸ばし、切りなど右側に添え書きしてある。
これは詩吟などもだけど、目に見えない音というものを可視化するやりかたなんだよね。

能舞台を模して
実は会場も能舞台を意識しているんだって。配置してある松も遠近法を意識して大中小と配列してあるんだそうで。

すみません、そういうの全く無知で。

小川さんの奥さまの解説付きという、かなり贅沢な能面展、勉強させていただきました。
ありがとうございましたー。


…やっぱ、山椒太夫の合間に行かなくて正解だったな(^^;)



関連記事

猿八座「人形浄瑠璃 山椒太夫」へ (4/24その1)

4/24 その1 猿八座上越公演 「人形浄瑠璃 山椒太夫」へ

佐渡は古典芸能の宝庫でもある。
能はもちろん鬼太鼓に狂言に歌舞伎に人形芝居…

人形芝居も3種類あるそうで。
その1つ、「文弥」での人形芝居の「猿八座」がここ高田世界館で人形浄瑠璃「山椒太夫」を上演するのだ。

演目は「山椒太夫」。
以前も上演したのだがその時は行けなかった。
今年は…FM-Jのリスナープレゼントでこのチケットが出たので応募したところラッキーにもめでたく当選。
きゃっほー!と24日に通しで見に行ってきた。
(FM-Jさんありがとう)

あたったー♪
行ってきまーす。
世界館っ
世界館
おじゃましまーす
おじゃましまーす

中に入ってみたらば
劇場
いつもの世界館のステージはすっかり変わっておりましたとさ。

そして、前半第一部はじまりはじまり~

第一部は初段、二段目、三段目の上演。
初  段 信夫の里 直井の浦
二段目 山別れ  山椒太夫館
三段目 国分寺・大誓文

初段…信夫の里(現福島県伊達郡)から讒言により流罪となった夫であり父の放免を求めるために母子と姥竹とその息子の小八は上京の旅に出る。
途中、直江津についた一行、宿がなくおうげの橋で一夜を過ごすことになったが、そこにつけこんだ人買いの三角太夫は一行をだまし、翌日佐渡と丹後に売り分けられてしまう。

二段目…丹後の山椒太夫に売られた安寿と厨子王は潮汲み、芝刈りと酷使される。
逃亡を計画するも発覚し、額に焼印を入れられてしまう。しかし身に着けていた守り本尊の地蔵菩薩の験力で焼印は消え、逃亡を決意する。
厨子王を逃がした安寿は山椒太夫らに折檻される。しかし海に投げられたものの助かった姥竹の子、小八が安寿を救い出し、2人は母のいる佐渡へと向かう。

三段目…逃げた厨子王は丹後国分寺に逃げ込むが、追う太夫一行に踏み込まれる。
かくまった寺の聖はシラを切り神仏に誓いを立てるが、なおも怪しむ太夫たちは厨子王が隠れている皮籠を見つけそれを開けろと言う。危うし厨子王!
しかし守り本尊がその窮地を救う。
厨子王は聖に背負われ京都七条朱雀の権現堂に着く。

で、前半終了~

後半まで一時間近くあるので、さてどうしよう。お昼ごはんに何か食べないとだが…オープンガーデン見に行こうかそれとも小川さんで開催中の能面展見に行こうか…でも、自分の傾向を考えると、見入ってしまったら根っこ生えるぞ。
第二部に間に合わなくなるかもしれないぞ?と思いなおし、本町のパン屋さんでパン買って、雁プラの屋上展望台の景色を見ながら腹を満たす。

雁プラから
屋上展望台から金谷山方面。(ミニチュアモード)

こういう時の一時間なんてのはあっという間で、時間が近づいてきたので世界館に戻る。
オープンガーデン
世界館のオープンガーデン(の一部)

第二部。一部と同じ場所かなと思っていたのだが、一部だけ見て帰ったのか正面の前の席が空いていたのでそこに着席。
やったー。

第二部
四段 厨子王丸出世
五段 鳴子曳き 母子対面
六段 山椒太夫成敗

四段…助かったものの聖の嘘の誓文の罰で厨子王は足が萎え、顔にも瘡ができてしまう。
大阪天王寺に連れて行かれると鳥居の元で治癒回復する。
清水寺で観音のお告げを受けた右大臣梅津院に天王寺で見出され養子となり、その後出世し国司に取り立てられる。
丹後の国司に任命された厨子王は母の行方が佐渡と知り、佐渡に向かう。

五段…佐渡に売られた母は悲しみのあまり泣きはらし盲目となってしまった。
盲目の鳥追いとして時に子供に囃されながらも鳴子を曳く毎日。
そんなところに山椒太夫の折檻を受け瀕死の状態の安寿が小八とともに佐渡にやってくる。
小八が場を離れている時に、母の安寿を恋う鳥追いの唄が聞こえてくる。安寿は母恋しさに近寄るも、母はそれをいつものからかいだと思い込み杖で追い払おうとする。(盲目の者が杖で打ったり追い払おうとするのは正当防衛と認められていて当時は罪にならない)
あろうことに母の打ち払った杖が安寿の急所に当たり、安寿は息絶えてしまう。

六段…嘆きの母と小八は安寿を弔う。
父の放免が叶った厨子王は母をたずね佐渡に渡ってきていたのだが、そこで小八たちと対面する。
厨子王は守り本尊の地蔵菩薩を母の目に当てると験力で母は開眼する。
母を救出した厨子王は都に戻り山椒太夫の成敗を決意する。
国司として山椒太夫一族の罪状を暴き断罪して成敗する。そして地蔵堂を建立して守り本尊を安置する。

めでたしめでたし。


上演後、人形使いの説明と体験ワークショップが開かれた。
WS1
首の動かし方
WS2
身体(上半身)の仕組み
WS3
こんなことや
WS4
こんなこともできるのだ
WS5
外国の方も座員なんである。
WS6
この方について自分も人形を動かしてみたのだが、全然ダメダメ。
こっち(頭)に気が行くとそっち(上半身)に全く気が行かなくなるし、動きもギコギコ。
アカンわー。


さて、人形浄瑠璃なんでありますが、代表的な大阪の「文楽」とは別に全国には細々と?古風な浄瑠璃が残っているのだけれど、佐渡にはその系統「文弥節」が伝わり継承されてきたんだそうな。で、猿八座は義太夫節以前の「古浄瑠璃」を復活上演する人形浄瑠璃の一座なんだって。
(不勉強ゆえ義太夫節がどんなのか、古浄瑠璃との違いはなんなのかとかは自分全然分かりません)

で、「安寿と厨子王」というタイトルの方が絵本になっていたりでなじみあるかもしれないけれど、それは大正時代に森鴎外が書いた「山椒太夫(さんせうだゆう)」が元になっていて、そしてこの鴎外の「山椒太夫」は説教浄瑠璃「山椒太夫」がベースになっているんだそうな。

「説教」っていうのはいまでこそお小言とかくどくどとかそういうもんだったりするのだが、当初は神仏の霊験を説く語り物だったそうで。信じていればこんなに霊験があるんだよという宣伝?
だからこの山椒太夫も勧善懲悪というより、本来の目的は「守り本尊地蔵菩薩=話の舞台の丹後宮津の金焼き地蔵」の縁起・霊験を説いて広めるということだったらしい。
そういう目的があったワケだね。

そうやって、芸能を媒体に教えや霊験などを広めていったってことだ。
テレビもラジオもない時代、あるのはナマの音声、あと視覚。すべてライブだ。
(書物はあるけれどすべての人が読めたり所持できたものではないので省きます)

で、猿八座さんなのだが、座員のみなさんにすべて「八」がついている。
すげー。

そしてですね。ここの浄瑠璃は語りと三味線を1人の方がすべてこなしているのだ。
休憩はさんではいるけれど前半後半通しで。それがまたすごい。
語りは文語体故「えーっとこれどういう意味だったっけ}と遠い昔の古文の授業を思い出さなければいけなかったりしたけれど、人形の動きでなんとなくそういうことなんだろうと(細部の本意はすっとばしても)理解できちゃうもんです。
人形は黒子さんが動かしているのだけども、見ているうちに人形が意思を持って自身で動いているように見えてくるんだよな。
すごいわ人形使いさん…極めてる…

インターバルで菜々ちゃんの二胡の演奏も聴けたし、実にいい時間でした。
こういう古典芸能もやっぱりいいよね。ライブの緊張感と迫力もあるし。
FM-Jさまさまどうもありがとうございましたー(^人^)


関連記事

御衣黄を見に春日山神社へ

4/22 その2 春日山神社と埋文へ

[前記事の続き]

妙高市役所から向った先は春日山神社。
緑色の花が咲く桜、「御衣黄」の開花状況偵察。
咲き出したって聞いたんで…

春日山さんぽ以来の春日山神社。
ほぼ20日しか経っていないが、春は駆け足。来るたびに見られる植物が違うもんな。

ラショウモンカズラ
神社への石段脇ではラショウモンカズラが盛り
神社到着
石段を上って到着。
もみじ
新葉が赤いもみじ。この場合も「新緑」でいいんかなー(^^;)
not紅葉
狛ちゃんと。秋の紅葉のようですが、春の新葉ですw

んでもって御衣黄。
御衣黄
葉の緑に花の緑、ぱっと見咲いてるかわからんよね。
なかなか撮れぬ
ズームで
もいっかい
下向いて咲くから逆光で暗くなるか逆に明るくなりすぎるかで・・・難しいよ御衣黄。
まあ今は夕方だからかもだし、時間変えればまた撮りよくなるかな?

あ、そうそう、シャガも咲き出したって言ってたんだった。どれどれ?
シャガ
おおー、ホントだ咲いてる咲いてる。
先日高田公園行く途中のお宅に咲いてるの見かけたんだけど、チャリで一瞬見ただけだったし見間違いかとも思ったけど、ここでこうやって咲いてるってことはやっぱ咲いてたんだ。
やっぱり今年は早いよなー…
咲いてる
シャガ1輪。
アップ
アップ。この模様の妙。

で、退陣時間も近かったのでちょっと埋文も寄ってみようと。
埋文
今日の出陣は景勝さんと十吾郎さん。来場者おもてなし中のところ混ぜてもらう。
今日はお2人
春日山を万感の思いで仰ぎ見る従を失った主と足軽の図…・・・?

そして埋文の入り口には
いい笑顔
こんなポスターが。兼続さんもみっちゃんもいい顔だ~
いいポスターだー(TT)
ありがとです
こんな風にお2人のポスター作ってくれたサイバー武将に感謝。心の中でありがとう。

で、退陣のお2人見送ってこちらも帰路へ。

御衣黄も見られてよかった~





関連記事

後藤はつのさんの絵画展へ

4/22 その1 後藤はつのさんの絵画展へ

赤倉出身(現在は東京在住)の絵描き人、後藤はつのさん。
驚くべきことに御年112才。(2015年9月現在)
しかも、もちろん現役である。
絵を描き始めたのは73才の時であるというからまたまたびっくりなんである。

その後藤はつのさんの絵画展が妙高市役所のホールで開催されている。
以前も別の場所(妙高高原メッセとかだったかな?)で開催されたりしていたのだがなかなか行けずで…。
会期終了が近づいてきたので、これはヤバイ、また見逃してしまう~と妙高市役所へ。

実は妙高市役所って、外見は見るけど中に入ったことはない…
で、ちょっとドキドキしながら中へ。
ポスター

おじゃましまーす
おじゃましまーす。

入ってビックリ。絵のサイズがまたでけぇ!
はつのさん絵1
はつのさんは1985年の81才の時から2002年の99才の時まで「現代童画展」に出品するために毎年100号サイズの絵を描いていたんだそうだ。
100号っていったら、大体162cm×130/112/97cmだぞ。でけえんだぞ。
はつのさん絵2
真ん中の妙高山のスキー訓練の図。これはレルヒ少佐が妙高でスキー指導した時の記憶からのもの。
年はもちろん違えども、レルヒ少佐の頃と人生がスライドしているって、レルヒ少佐の記憶を持っているひとが存命しているってホントすごいことだ…
はつのさん絵3
そして、はつのさんのほとんどの絵の中の人物には顔が描かれていない。
見る人に委ねられるわけだが、目鼻口のパーツがなくても表情が見えてくるこの不思議。
はつのさん絵4
そして、色がまた鮮やかなんだわ。
はつのさん絵5
絵の中の服装から分かるように、その絵の舞台はみなはつのさんの子供の頃の記憶なんだけど、自分たちにはモノクロの写真でしか知らない明治の頃の山村の自然の色はどれだけ豊かだったことか。
そしてはつのさんの記憶もどれだけ鮮やかなことか。
動物への観察眼がどれだけのものか。
はつのさん絵6
まねきネコがいーーっぱい♪これまた表情豊か(^^)
はつのさん絵7
遠近法やらパースやら理論的技術的な目はここでは必要ない。
この大きさの絵を100才近い女性が、頭の中にある当時のリアルや夢の記憶をこうやって色鮮やかに具現化できるそのことにただすごいと感服するだけ。
はつのさんすごいよ。
自分まだはつのさんの半分も生きていないけど、自分の子供の頃の絵を描け言われても描けないもん。
いやーただもうすごい。
作品見に来れてよかったです。

そんなはつのさんの作品はご実家の赤倉の赤倉ワクイホテル常設展示されるようです。

で、せっかく市役所に入ったのだからちょっとロビー探検。
妙高市のイベントチラシやパンフレットがいっぱい。そして新しいだけあって光の取り入れ方なども考慮したつくりで明るいね。
木材や雨水利用で環境にも配慮しているようだ。
泳ぐ~
この金魚、「越後玉サバ」というんだそうだ。(ところどころの黒い点は金魚の黒子ではなく水槽に付いてる小貝)
妙高の中山間地の池で生産されているそうで。
玉サバて
ご存知ですか?と聞かれたけれど、すみません存じてませんでしたとしか応えられない(^^;)
でも、妙高の金魚が中越の鯉と同じくらいのメジャーさ持つといいね。
魚といえば新潟県、鯉は中越金魚は妙高、みたいな。…って自分が単に知らなかっただけで実は有名?
ロビー
市町村マークがいろいろあって楽しい♪

そんなこんなで、はつのさんの絵を堪能&妙高市役所探訪でした。



関連記事

さくら見本園と映画「陽光桜」

4/20 高田公園内さくら見本園と高田世界館上映作品「陽光桜」

高田世界館で上映中の「陽光桜」、気がつけばこの金曜までの上映だった。
この日を逃すともう見られない…!
……ということで、高田世界館へ向かう…んだが、あまりの青空天気のよさに高田公園のさくら見本園を経由(という名の遠回り)していくことに。
外堀と妙高山たち
外堀。まだまだ白い妙高と火打。桜咲いてるころだったらもっと絵になるんだがw

さくら見本園~
八重桜
ソメイヨシノのあとの主役は私たち八重桜!のように咲き誇る。
こちらも

そしてそして、あの緑花は…?
鬱金
おおー!咲いてた咲いてた!
これだと春日山神社の御衣黄ももうまもなくかなー?

あっ、やばい。桜愛で過ぎてた。映画始まっちゃうよ。急げー!
陽光桜
陽光桜とは「里桜」の天城吉野(アマギヨシノ)と寒緋桜(カンヒザクラ)との交配によって作出された桜なのだ。
作者は愛媛県の故高岡正明氏である。

戦時中、教師だった高岡正明氏は、終戦後「教え子たちを戦地に送り込んでしまった」と自責の念に苦しみながら、「戦争という悲惨なことを二度と繰り返してはならない。戦死した教え子たちの鎮魂と、世界恒久平和への願いを込めた「新しい桜」を自分の手で作ろう」と、桜の新品種開発に情熱を傾ける。
その桜は厳寒地でも熱帯でも、どんな気候でも花を咲かせるものでなくてはならなかった。
なぜなら極寒の地で、熱帯の地で、教え子たちは命を落としたから。どんな気候でも咲かなければ彼らへの鎮魂と世界恒久平和へのメッセージにならないと、彼は不屈の精神で試行錯誤を繰り返しながら30年、ついに新品種登録第一号となる「陽光」を生み出す。
そして、この桜は平和への祈りの桜として各地に広がり、世界各地でその花を咲かせているのだ



実際の高岡さんが映画の中の高岡さんのような(平和について語りだしたら6時間以上も周りも気にせず語り続けるような)方だったのかは分からないが、それでも桜の交配で新種を作り出すことの困難さは想像に難くない。
木は蒔いた翌年に花をつけるものではないしある程度株が充実しなければ選別・確定もできないしな。
更に1本その株が完成したとしても、増殖できなければ世に広げることはできない。
接木で殖やすにもその株が成長するまでの年月もかかるだろうしな。

それにしても、街路樹などで見かける陽光桜にこんなストーリーがあったなんてな。
見られてよかった。

こんなのできてた
そして世界館にはこんな新聞ができてたーーー!これはいい!
世界館どんどん発信してくれ~!
日本最古級の100年以上の歴史を持つ映画館なんだからさー♪

ここもよさげ
高田公園から世界館に行くときに「!」と思ったんだが時間なかったので撮れなかったスポットに寄ってみる。
やっぱり、昼過ぎたら妙高山かすんできてしまった…
でもここも川と妙高ときどき桜でいい感じだな♪

写心展
そして今日も高田郵便局で「写心展」を見る。

ヤマザクラ
帰宅途中に南葉山の下の笑い出した山々を見ればヤマザクラがあちこちで咲いている。

映画の余韻で最寄の陽光桜に会いに行く。
葉桜に
ソメイヨシノとほぼ同時期に咲くのでもう既に散り果て葉桜状態。
陽光桜
来年の春、またその花を見せてくれよ。
(画像は咲いていたころに撮ったものであり、多少加工してあります)

八重桜と映画の桜で桜三昧な時間でした~♪

関連記事

「写心展」を見る

4/18 「写心展」@高田郵便局

今月いっぱい高田郵便局ではエムエー・プランニングの寺尾昭人さんの写真展が開催されている。
寺尾さんといえば「サクラ・花恋ダァ」や「美しき妙高」などのカレンダーの写真をはじめ素晴らしい風景写真を撮影されている方なのだが…我らがロックンロール・スーサイドのドラマーでもあったりする方だったりする。

その寺尾さんの写真展…これは行かねばと思いつつもなかなか行けずでようやく高田郵便局に行ってきた。
タイトルは「写心展」。
まことをうつすのではなくこころをうつす。
ちょっとドキっとしてしまうのは自分の心がヨコシマだからだろうか(^^;)
写心1
写心展、おじゃまいたします。

2
伊勢志摩サミット「世界に届けたい日本」のライフ部門で入賞した「おかえり!」とfacebookで富士フィルムが主催した「日本の桜フォトコンテスト2015」でグランプリに輝いた「残雪に満開の桜」。
どちらもすごいな~

もちろんそれだけではなく
3
PCのモニターで見る画像ではなく、大きなサイズで直接写真を見ると更に感動~
4
どうやったらこんな瞬間を見出すことが、出会えることができるのだろう。。。と。
5
その瞬間を捉える心と目、そしてそれに見合った撮影技術。
6
すごいなー…

たとえ自分が寺尾さんの持っているようなカメラやレンズを持っていたとしても、絶対寺尾さんが撮るような見事な写真は撮れないだろうけど、自分もこういう瞬間を捉えられる「心」がほしいね。
欲張らせてもらえば技術もカメラもほしいが(^^;ゞ

とにもかくにも、素晴らしい風景の写真の数々を実際に見られて感動でした。
書かれていたように「同じ一枚の写真でも、その時の心持ちによって見え方・感じ方が変わる」のだろうから、会期中是非また見に行きたいものです。
「写真はこころをうつす」ものだから。

寺尾さんのますますのご活躍を期待しておりますぞ!(もちろんスーサイドの活動も♪)


「写心展」は高田郵便局で4/1~4/30まで開催中!



関連記事

観桜会最終日(4/17 その3)

4/17 その3 観桜会最終日の高田公園

[前記事の続き]

このまま帰る気にもなれず、観桜会最終日、さくらじまいしに高田公園へ。
あの日中吹きまくっていた強風南風も今じゃだいぶ落ち着いて。
終わっちゃった
あー、これ見たいと思っていたのに…今日までだったか。間に合わなかった…
妙高山
外堀南側からの夕方の妙高山
ほぼ撤収
こちらも既に撤収状態。。。
破損
強風で破損したぼんぼり
さくらロード
賑わったさくらロードもすっかり静かになってしまった…
点灯中
それでも会期中記念撮影の人気スポットだったこれとハートのライトは点灯中。
ステージ撤収中
強風で中止にならなければ今頃もまだチェリーブロッサムライブで賑わっていただろうさくらステージも既に撤収解体作業中。
ご苦労様です
お疲れ様です。こういう方々のおかげで園内がきれいでいられるんだよね。
かさはらさん
さくら堂&かさはらさんの所へ。今年のシメもかさはらさんのコーヒーで。
ひぐちさんも(写真はピースのみ)会期中お疲れさまでした~

極楽橋渡って
破損2
こちらも破損したぼんぼり、今回の風も前回同様とんでもない風だったからねー。。。
神輿
でも最終日イベントとして、市民神輿の渡御はやるんだそうだ。いやーお疲れさまです・・・

井部さんのブースで今日もしばしお話。Uさんと出立式の話。2人でほろり(:_;)
お二方も期間中お疲れさまでした。いろいろおいしかったよー♪
白鳥さんとボスの店
越の白鳥さんとボスのブース。今日は車だからお酒飲めないし、ボスのお店は悪天候だったからか早々に店じまいしちゃったみたい。
夕日と三重櫓
夕暮れ三重櫓
こちらもライトだけ
こちらもライトアップのライトだけ…
三重櫓と月
夕日に照らされる三重櫓と月

あー、観桜会も終わったね…
さくらよ今年もありがとう。

てくてくと駐車場に戻る。
来週
来週24日は市議会選挙だぞーーー!
市議候補には知り合いも何人かいるのもあるけど、こうなると1人だけってのではなく、「入れたい人」を複数選べるような制度にしてほしいとか思っちゃうよ。
青田川
青田川もすっかりさくら終わってこれから新葉の季節にシフトしていくね。

そんなこんなで兼続さんとみっちゃんは天に還り、観桜会は幕を閉じました。
なかなかに内心穏やかではないシーズンでしたが、さくらよ、おかしな天候の中咲いてくれてありがとう。

また来年も…
天候はどうともできないけど、咲き出した!すぐ満開!みたいな咲き方ではなくゆっくり咲いていってほしいな~

観桜会に係わった方たちも大変お疲れさまでした!




関連記事

兼続さんとみっちゃんの出立式へ(4/17 その2)

4/17 その2 兼続さんとみっちゃんの出立式へ

[前記事の続き]

ああ、ついにこの時が来てしまった。
来てほしくなかったけれど、それは時間が流れている以上しょうがないもんな。

…と、市民プラザから埋文へ。

埋文入り口の来場者もおお!と思ったが、中に入ってこれまたビックリ。
いやー、すごい人だぁ。
今更ながら、みんなに愛されてたんだなぁとしみじみ。

午前中に一応会えたので、モブの1人となって遠巻きに眺めるのであった…
並んで
兼続さんとみっちゃん
主従で
主従ショットだったり
マリオで
マリオと跳んだり
つばめちゃんで
つばめちゃんに代わっていたりw

だったりしたのだが、いよいよ出立式のはじまりだ。
2階の学習室がその会場。
はじまって
いよいよその時。
ならんで
みっちゃんは笑顔でいようとして
ほしくて
景勝さんが作成したDVD争奪戦がはじまる…
あやまって
みっちゃんが争奪戦のクイズの問題を読み上げようとしている時に十吾郎さんがブラインド閉めようとしてままならなくなり、結果水を注したようになってしまい平謝りの図。
問うて
気を取り直して(^^;)、みっちゃんクイズーー!…は難しかったので手が出せずorz
動いて
兼続さんはジェスチャー。結局どちらにも答えられずDVDはゲットできませんでしたとさ。残念。
(追記:このDVDの中身と同じものはyoutubeに上がってます)


そして上杉軍勢揃いの非売品缶バッヂ争奪じゃんけん大会が続く。
対決して
3月末の春日山での年度末感謝DAYの時にもあったのだが、その時はじゃんけんやっぱり勝てなかったんだよね。
今回は前回ゲットできなかった人が対象だったんだけど負けて負けて、ようやくおやかたさまから勝ちをいただいた。
おやかたさま、勝たしてくれてありがとございまする~

そして、いよいよ
刻限近づいて
お2人との別れの刻限が。最後の挨拶。
笑顔で
みっちゃんは最後まで笑顔でいようと決めていたのだろう。
でもやっぱり時折涙が…
直江状で
兼続さんは「直江状」でこれまでと、これからを。
こみ上げて

天を仰いで
みっちゃーん…(´;ω;`)
読み上げて
「直江状」読みきって深々と頭を下げる兼続さん
うけとって
上田の真田さんたちからの寄せ書きが贈られる
受け取って
軒猿衆の方々からも餞別が贈られて

最後の全員での集合写真
みんなで

最後で

見納めで
うう…せつないなぁ……
勝鬨で
シメは、勝鬨で。
お2人のそれぞれのこれからの道がよりよいものでありますように。
今までお疲れさまでした。

旅立つお2人を拍手で見送る。
見送って

最後まで笑顔で

天に還って
兼続さん、みっちゃん…ありがとう~。

学習室から下りてマリオに会う。よほどひどい顔をしていたのか励まされてしまった。でもそれが切ないながらも嬉しかった。
残って
お2人はもう退陣挨拶には当然出てこないが、おやかたさまたちだけで退陣挨拶。
出て行くものより残されるものの方が淋しいよね。。。
それでも笑顔でいてくれるのだから、自分もそうでなくては。
そしてこれからも応援しよう。
彼らが自分にくれたもののお礼として。


車に戻って1人になったら、これまでの思い出がこみ上げてきて…車内で1人泣いた。
自分はいいものばっかりもらったよ。ホント、ありがとう。







関連記事

はるいろ縁日へ (4/17 その1)

4/17その1  はるいろ縁日へ

この日ははるいろ縁日、観桜会のシメであるチェリーブロッサムライブがある観桜会最終日であり、そして武将隊の兼続さんとみっちゃんの出立式なのだ。
モロモロなんだけど、分身の術が使えない以上何かを諦めなくてはならないのは仕方ないことで。
で、チェリーブロッサム出演のSahnyaちゃんは見たかったけど諦めた。

それにしても今日は風が強い。
こんな風で高田公園、大丈夫なんだろっか・・・・・・

と思いつつ、手伝い参加のはるいろ縁日に行く前にちょっと埋文へ。
いやさ、出立式の頃だと人も多いだろうしバタバタしてるだろうからね。
だから、早めにさ。
面頬で
面頬つけてのお出迎えにたまげた(笑)
ポーズっ
ポーズを決める景勝さん
花押中
今日が最後ということで、最後の花押。
くつろぎみっちゃん
他のお客さんとお話中のみっちゃん。このあとみっちゃんにも花押書いていただきました♪

ではまた来ます!と埋文を出て市民プラザで開催中のはるいろ縁日へ。
はるいろ縁日
はるいろ縁日。
会場内

会場内2
会場内。やはり女性が多いですな。
募金コーナー
四季の縁日恒例の市民活動ひとくち募金
貯金箱
お皿の上に硬貨を置くと、ネコが箱から顔と手を出してお金を箱に入れるという貯金が(募金も)進みそうな貯金箱w

携帯でちょっとネットを覗けば、あまりの強風のためさくらステージでのチェリーブロッサムは中止になり、現在代替地を探しているらしい。
自分は行けないけど、なかなかこんな面子揃わないライブで楽しみにしていた人たち多いだろうし、いい場所みつかるといいねー。


さてゆるキャラタイム。大島区おーちゃん、中郷区さとまるくんと大潟区鵜の浜うのんちゃん。
ゆるキャラズ
そしてご当地フェアのPRキャラクター「スル天狗ちゃん」も!
こっちも
やはりみなさん人気ですな~♪

恒例積み木
これも縁日恒例のたっくさんの積み木~
おひる
今日のお昼はこれにしました。
安寧芋の焼き芋。
いや、以前うちでも安寧芋を作ったことがあったのですが、ちょっと水っぽかったので失敗したのかと思い、じゃあ本物はどうなのかと試してみたくて。
もぐもぐ。
あー、そーか、やっぱりこの芋はしっとり系なんだ。そーなるとしっとりよりほくほく優先のうちではダメかもな。
(なのでバナナかぼちゃももうやらない)

2階から会場を見てみる。
こいのぼり
こいのぼりはいいんだが、やっぱり外で風があってこそのものだね。なんかダレてる…
上から

あっ
あっ!マリオとちびピーチ姫が!

そうそう、2階のすみっこにこんなのが展示してありました。
こんなのが
上越技術研究会テクノオアシス・プラグイン電気ゴーカート、だって。
白いのが1号機、赤いのが2号機みたい。
乗るなって書いてあるし、目立つところに置いて壊されても困るんでここに置いてあるんかねー?

チェリーブロッサムは会場が決まった様子。会場は屋内なんでキャパが限られているようだけど、できるだけ多くの人が楽しめるといいね。

さてさてゆるキャラ午後の部です。
午後の部

ブースの方も
ブースの方もキャラの写真撮ってる~♪♪
マリオとうのんちゃん
マリオとうのんちゃんのコラボ。レア?・・・でもないかw

そんなこんなで縁日を楽しませていただきました。
手伝いタイムが一段落したので、縁日は途中だけどここらで切り上げさせてもらう。
さ、埋文。
出立式、2人の旅立ちを見届けねば。


関連記事

本町春フェスタと高田公園

4/16 本町春フェスタ・イタまつりと高田公園さくらステージ

観桜会最終週末がとうとうやってきた。
早くに満開となったソメイヨシノはもうほとんど散ってしまい葉桜になってしまった。

そして、今日は武将隊のステージがある。
いつもステージではない。今日が、明日天に還る兼続さんとみっちゃんの、武将隊現メンバー6人全員での、最後の演武なんである。
これを見届けないわけにはいかない。
ってことで高田公園へ。

……の前に、
本町春フェスタへ。

本町についたのがもう16時回っていたのでメインのイベントは終わっていたようだけど、飲食や痛車はまだまだ盛り上がっているようだった。
夜は夜でまた初音ミクライブあるっていうしね。
痛車1

痛車2
最近のマクロスは全く分からないけど、なんとなくそれっぽかったので分かったぞ
痛車3
痛車あれこれ

分からないからかもしれないけど、初音ミク、歌は別として、公式のキャラデザはあるけれど、それでアニメやマンガなどオリジナル作品のキャラ絵や性格付けの設定があるわけではなく(あるの?)それぞれの絵師さんの絵に委ねられ、絵も性格も千差万別だからかなぁ、あまり親近感というかそういうのがないんだよね。。。
ま、時代は変わったということなんだが。
アニメも最近のは全然見てないからもあるけど、女の子キャラ絵や声もいわゆる「アニメ声」で同じように見えてなぁ。。。
すみません化石オタの戯言でした(^^;)

肉
肉っ!
しかし、ラーメンまつりではなくイタリアンまつり、去年は予約制みたいだったし、イマイチよくわからないんだよね。
なので見るだけ。。。

そして高田公園へ。
ガールズバンド
さくらステージではガールズバンド。いいやんいいやん。
さくら
ソメイヨシノは終わっちゃったけど、まだまださくらはありますぜ。
いべまりすぺしゃるv
ホブソンズの「観桜会限定いべまりスペシャル(裏メニュー?)」。
クレープなんてすっごい久しぶりだよおい。

クレープ食べ食べさくらステージに向かう。
場所は…いつものように脇よりは後ろでも真ん中がいいなってことでベンチの一番後ろの後ろで立ち見。
ここで最後の演武見届けさせていただきます。
はじまったー
はじまった!現メンバーでのラスト三武将。
兼続さんみっちゃん
悔いのないようがんばれーーー!

…の前に、今回も春の宴ということで、ステージには援軍(ゲスト)の武将隊。
愛の武将隊
縁が深い「やまがた愛の武将隊」。
その2
今回は伊達の主従に最上・楯岡兄弟なのだー
松代甲冑隊
そして長野・松代(「まつだい」ではなくこちらは「まつしろ」)から松代甲冑隊が。
なんとここの甲冑は厚紙で作られているんだそうだ。びっくり!
小松姫
加えて「真田丸」を契機に、小松姫プロジェクトというのが立ち上がったそうなのだが、「小松姫」は松代の観光PR大使として現代に蘇ったそうだ。

そして上杉隊。
物語演武
最後の演目は、物語演武「義」~会津討伐編~。
主従が主役だしね。
物語演武
伝令役はみっちゃん。このあとの兼続さんの悲痛な叫びが胸を打つ…

そして最後の「昇龍炎舞」。気迫ひしひし。
カメラ、動画で撮ってたけどやはり距離があってボケボケ状態(泣)
昇龍炎舞キメ
最後のキメポーズ。

そしてステージエンディング。
全員集合
全員集合~
愛の武将隊から
愛の武将隊から出立する2人に寄せ書きが送られる。
演武終わっていっぱいいっぱいだった兼続さん、感極まって男泣き。うう…
出立の祝砲
最上の鉄砲野郎・楯岡さんから餞別の祝砲を受ける2人
えいえいおー
そして全員で勝鬨えいえいおー!

終わっちゃった…
あー…終わっちゃった……

ステージから場所を移し
みんなで
再び全員の記念撮影。

松代隊は引き上げて、愛の武将隊は記念撮影タイム
愛のみなさん
黒脛巾組(くろはばきぐみ)のあやめさんたちも一緒の全員集合ショット。
お2人
もちろんこちらも記念撮影タイムです。

愛の武将隊のみなさんが退陣し(陣太鼓をたたきながらの退陣は実に決まっておりました)、上杉さんもいよいよ退陣の刻限。
退陣挨拶
おつかれさまでした~!
そしてみんないなくなった
そしてみんないなくなった。はぁ…
月撮影
清里の星のふるさと館は、スマホで月を撮ろうという出張コーナー。
しかしデジカメやガラケーにはこの撮影機器対応していなかったorz

ライトマジック
さくらロード。さくらは散ってもライトアップマジックで咲いているように見えるというw
月とさくら
月とさくら
フラ
ステージでは次のフラ団体
三重櫓
三重櫓。
観桜会ラストナイト。20時からエンディングのミュージックスターマインがあがるのだがそこまで待ってられないなーと思い帰ることに。

ああ、観桜会、そして兼続さんみっちゃんも明日で本当に最後か…今年の観桜会はホントなんだか切ないのぅ。





関連記事

夜桜と創作舞踊劇と (4/10 その3)

4/10 その3 夜桜と火舞斗会&軒猿衆コラボ創作舞踊劇「異聞御館の乱 〜憲政の章~」

そして夕方、今度は夜桜見物である。
これからは桜もどんどん散っていくし、今夜のさくらステージではぜひ見たい演目もある。
ただ気になるのは去年の花見の時、相方の咳がひどくなったこと。
どうもこの時期、咳の頻度が多くなるので、もしかしたら花粉症の症状ではないかと思うのだが…
また、来たはいいがすぐ帰るようなことにならなければいいがなと思いながらの花見だったりする。

夕方
夕方桜。
うまいもの物産展で地元のあったかくうんまいものを現地調達。
去年はここでどうもこうもならんくなったのだが、なんとか大丈夫そう。ほっ。
夜桜
夜桜花筏。
三重櫓
しかしこの辺りからちょっとヤバくなってきたようだ…
その2
ステージが始まるとアナウンスがあったのもあるが、先に行ってくれということで、従わないことで不調のところ更に気分を害させるのもうまくないので先に行くことにする。
大丈夫かなー…
やはり公園内の空気に加えここで飲む酒が悪さするのだろうか。
うちではこんなにひどくならないし、SAKEまつりでもこれ以上飲んでるけどこんなにならんもん。
季節的ってばやっぱ花粉症の線が濃いよなー…
さくらロード
さくらロードの2色のライトアップ

さくらステージ。
剣舞 創作舞踏団 火舞斗と殺陣チーム越後軒猿衆のコラボ創作舞踊劇「異聞御館の乱 〜憲政の章~」
はじまりはじまり
はじまりはじまりー
上杉憲政は…上杉謙信の養父である。
異聞御館の乱4
物語は戦国。謙信が亡くなり、景虎・景勝の跡目相続争いが勃発するところから始まる。
異聞御館の乱5
広がる戦火。
異聞御館の乱1
それに心を痛めた憲政は御館に出向き兄弟の和睦を訴える。
異聞御館の乱2
景虎
異聞御館の乱3
景勝
異聞御館の乱6
養祖父の説得を受け入れ、兄弟は和睦する。
これで越後に平和がもたらされるはずだった。が…
異聞御館の乱7
和議のため憲政と景虎の子・道満丸が景勝の元に向かう道中、何者かの襲撃を受ける。
異聞御館の乱8
その名は-異形のもの-鬼。
異聞御館の乱9
道満丸を殺され、憲政も鬼に立ち向かうもののその圧倒的な力には敵わず力尽きる。
異聞御館の乱10
力及ばず、再び越後が戦となることを謙信に詫び斃れる憲政
異聞御館の乱11
そして、兄弟の跡目争いという悲劇が再び始まる…

というところで今回のストーリーは終了。続きは、今月末のイベントの舞台で。。。。ってことだが行けないよー(><)

第一幕終了
鬼は?景虎・景勝兄弟は?と実に続きが気になる第一幕でしたぞー。
お疲れ様でした
出演者のみなさま。おつかれさまでございました。
でも今年も創作舞踏、見られてよかったー♪

夜桜
鬼が潜んでいてもおかしくなさそうな夜桜(しだれ)
妖しく
妖しい夜桜は人の心に鬼を呼ぶ……

なんてな。
いやでも実はそうなのかもしれないぞ。


その後相方と合流。ベンチ後ろで休んでいたそうでだいぶ楽になったらしいが、またしんどくなるのもうまくないので道々桜を見つつ切り上げることにする。
うーん…来年の春も咳こむようだったら、残念だが相方との観桜会花見は控えた方がいいかもしれんな。。。


関連記事

高田公園と無量庵と(4/10 その2)

4/10 その2 高田公園と無量庵

前記事の続き

で、景勝さんらを見送ったあと、再び花見会場へ。

渡御前
市民神輿はこれから渡御が始まるようだ。
その2
まずはお神酒でお清め

さくらロード
さくらロードはライトアップしてナンボみたいなもんだからなぁ…
キ○ィちゃん
へー、サンリオキャラも単管バリケードの時代ですか。
菜の花と
菜の花と桜(外堀西側)
水芭蕉と
赤い橋のたもとの水芭蕉と桜、水位もだけど桜の枝と水芭蕉の位置が変わっちゃってイマイチになっちゃったなー。

そして公園を離れ向かった先は、年に一度・一日しかオープンしない「無量庵」。
無量庵
今年もやってきましたぞー
…のプチ作品展
今年は、ラッセル・ジョケラさんと細谷晶夫さんのプチ作品展も開催されているのだ
ラッセルさんと細谷さん
ラッセルさんはウッドツリーに続く新作「手結び箱」の展示も。
イチゴショート!
無量庵の甘味、今年初お目見えの「越後姫のショートケーキ」。やはりケーキの象徴だよね♪♪
イチゴが2個乗ってるってことも感動なんですけどー!
おいしかったぁー(^O^)

さてさて、そろそろ観桜会会場に戻らなくては。さくらステージ始まっちゃうぞ。
人力車
来た道を戻る。外堀で人力車とすれ違う。いいねぇ。
天空の夜桜
高所作業車に乗って上から桜を眺めようという「天空の夜桜」。
去年に続き今年も開催。上から見下ろす桜の風景はまた違うんだろうね。

神輿渡御
神輿渡御でございます。やっぱお神輿担いでんの見るとワクワクするねぇ。
花見
花見客で賑わう公園内。あんまりこういう花見しないからなー(^^;)

さくらステージでは十日町舞踊。
十日町舞踊1

十日町舞踊2
さすがきものの街十日町だね。着物姿であでやかに。
十日町舞踊3
シメは十日町小唄だったのだが、観客も一緒に踊りだす。すげーなー十日町小唄。
えちごめいぶーつ かずかぁずあれどー♪♪(…えふえーむとおかまちぃ♪と続くベスパのジングルの方が自分には印象強かったりする)

黒部のくろべぇ
北陸新幹線停車駅都市と越五の国観光PR展てのもやっていたのだが、黒部の「くろべぇ」も観光PRをしに来ていたぞ。
(黒部渓谷トロッコの運転士ウェアらしい)

さあはじまりました!お馬出しプロジェクトの「城下町高田はお江戸でござる」。
お馬出しプロジェクト1
去年の観桜会でも披露されたお芝居が今年も!
お馬出しプロジェクト2
本町界隈商店街他市民有志のみなさんが城下町の高田の暮らしぶりなどを紹介しつつ演じるのだ。
お馬出しプロジェクト3
なので、あっ、あの人は!と見たことのある方が結構おられるんだよねー。
お馬出しプロジェクト4
芸妓さんの「華」も。
お馬出しプロジェクト5
エンディングはみなさん勢揃い。おつかれさまでした~

で、昼桜のラストは高田駅。
高田駅到着の臨時列車「花見号」の乗客のお出迎えおもてなしに兼続さんとつばめちゃんが出るとのこと。
ステージが延びたので、もしかしたら終わってるかもとダメモトで行ってみたのだが…
ってか、電車到着したばかりで駅混んでるんですけどー!
え?鉄道利用の花見客(例えそれがツアーだとしても)ってこんなにいるんだ!
びっくりしたーーー。

そして、改札に出てきた人たちをお出迎えするのだろうと勝手に想像していたんだけれど、ホームの中ではないですか。
お出迎え1
へーーーー。そうなんだー!
駅のお出迎え・お見送り出陣って季節イベントで時々あるけど、こんな風にやってたんだね。
いやー知らんかった。
電車に新発田のアスパラくんが描かれてる。ご当地列車?
お出迎え2
お出迎えってこういうのなのねー。

乗客がみな改札出て「お疲れさまでした」となり、鉄馬で埋文に帰るお2人を見送ったらばこちらもタイムリミット。
そろそろ戻らないとやばいーー(^^;)

そして夜はまた高田公園に行く予定だったりする。(その3に続く)




関連記事

春日山と高田公園と (4/10 その1)

4/10その1 春日山と高田公園と

今日も今日とて花見でござる。
満開になってしまった以上はあとは散るだけ。
来週までは多分・・・いや絶対もたないだろう。
そうなるとこの日曜しか桜を楽しむことができなそうだからな。

そういうことで今日は花見いたしますぞ。
まずは春日山早駆け。
春日山ー
下草も生えてきて色がついてきたよね
階段上がって
階段上がれば桜がお出迎え。

観光ブースでおもてなし中のおやかたさまとちょっと話して、では本丸登城行ってまいりますー
上を見る
見上げれば所々がさくらいろ

てくてくと
ちょうちょ
本丸着。
ヒオドシチョウがひらひらと。(この方はちょっと止まって~と思うと、その念が通じてるのかどうかは分からないが結構止まってくれるのである。離れてだけどね☆)
本丸
本丸と桜

本丸での花見を堪能したら、はい下山。
なんだろう
ふと見つけた花。ボケの花に似てるっぽいんだけど、地上すれすれで木っぽくないんだよなぁ。
ロープの向こうなので立ち入れないし、なんだろう?
ジオラマ風に
ミニチュアモードで。
おやかたさま
春日山神社着。おやかたさまと桜でぱちりこ。
ではではおもてなしおつかれさまでございまする~

そして次に向かったのは埋文。
景勝さん
景勝さんと桜。察してくださってありがとうございますーーm(_ _)m
みっちゃん
みっちゃんスマイル(^^)
行ってらっしゃいませ
景勝さんとみっちゃんはこれから埋文-高田公園の循環バスで観桜会練り歩きに行かれるんだそう。
行ってらっしゃいませ~
兼続さん
一行を見送ったあと、兼続さんと桜。こちらもお願いしてごめんね。
できたら主従と桜の写真も撮りたかったけど…タイミング悪かったから仕方ない。
しばし話して…じゃあまたね!と埋文をあとにし、一旦帰宅。
車からチャリに足を換え、高田公園にダーッシュ。

高田公園にて
…ってことで、高田公園(笑)

さくらー
公園の桜も少しずつ、でも確実に散りだした。
時折吹く風に花びらが舞う
お神輿も
今日はお神輿渡御があるのだ
菜の花と
菜の花と桜。木々も芽吹いて春の色たちが揃う。
こちらでも
練り歩き中に図々しさ全開で(^^;)、しだれ桜と。
顔出し~!
三重櫓と・・・のつもりでいたら、サービス精神発揮してくれ顔出し看板まで。
しかし逆。五郎八姫…(^^;)
こちらも
改めて、三重櫓をバックに。
花びらとたんぽぽ
こっちは立ち入り禁止になってしまったけど、タンポポと桜と花びらたち

景勝さんたちはその後来た道を戻ったのだが、自分は内堀橋を渡る。
花筏
花筏、既にこんなに。
今年はここで残念な悲しい事故が起きてしまった。
対岸には手向けられた花などがいっぱい。
心の中で合掌。

三重櫓
三重櫓と桜。
おつかれさまでしたー
練り歩きを終え(バスの発車時刻までの滞在)、高田公園-埋文の循環バスに乗り込むお2人を見送る。
おつかれさまでしたーー!
次にお会いできるのは来週かな?お気をつけて~

そして、さあまた「花見」の続きだ!(その2に続く)




関連記事

あのグラin上越へ

4/9 あのグラin上越

昨日に引き続いての高田公園さくらステージなんである。
今日も今日とて番組開始には到底間に合わず、14時台後半からの観覧だったりする。
まんかいー
今日も桜は満開です♪
おかのさーん
岡野さーーーーん!

あのグラ族のGさんやYさんとお話。みなさんも花見モードでいつも以上に盛り上がったご様子♪
とにかく最強の?雨女と言われている岡野さんのデリグラなのにこーーんなに晴れて、しかも桜満開となればねぇ(^^)

しかししかし、昨日風邪っぽかった杉さん、なんとインフルエンザだったそうでΣ(゚д゚lll)
東京に戻られたそうだけど、どうかお大事に。
(「雨女のパワーと戦ってなんとか晴れさせたもののパワー使い切ったため」などという話もww)

番組インターバルタイムにちょっと高田公園散策。
花見ー
お天気いいんで花見客もいっぱい。
三重櫓と
三重櫓も。
今日は武将隊も練り歩きに来ているはずなんだけど…極楽橋の向こう側にはいなかったし、さくらステージの方でもいないし…
あまりの混雑に出陣取りやめたとか早めに引き上げたのかな?
会えるかと思ったのに残念だー
(追記:本部前のあの辺りで写真撮りなどおもてなしに追われていて場所移動できなかったそうだ(^^;))

再び会場へ。15時台になり番組も終盤へ。
どどーんと太っ腹
なんて太っ腹なんだ!オレもほしいぞ地元名産品!
と思わせる、上越妙高のご自慢の品々が一気にその人のもとへ…と、ウラヤマすぎる今回のリスナープレゼント。
ほしいけどじっと我慢の子であった・・・
岡野さん♪
岡野さん。相変わらずキレイだな
あのグラ族
特製Tシャツのあのグラ族のみなさん。デリグラについて全国各地行くんだからすごいよなー。
3人娘
番組も終盤に近づき、岡野さん、FM-Jの林田さん、FMみょうこうの鶴見さんの3人娘w
みのぶちゃんとゆきえちゃん
みのぶちゃんとゆきえちゃん。かわええ♡

そしてエンディング。
エンディング
エンディングはおなじみ「白い白い白い珊瑚礁」をみんなで歌う。
これがね~たまらん。
しろいしぃろ~いしろい~さぁんごしょぉぉ~~♪♪

番組終了後、恒例のお楽しみコーナー。
今回も記念撮影やGさんのお誕生日なのでハッピーバースデーを歌うw
そしてお楽しみじゃんけん大会。
じゃんけん大会
番組内リスナープレゼントよりもうちょっと地元ローカルなもの(お食事券とか温泉施設入浴券とか)だったんだが、くそー全然引っかからず。
さすがのじゃんけん最弱野郎、ここでも本領発揮(笑)
楽しそう
でも楽しい♪

はいポーズ♡
サインだ写真だと人気者の岡野さん、ようやくぱちりこ。
次はなんのイベントでデリグラに来てくれるかな。次回も楽しみにしてますよーん。
(p.s.最近なかなかメッセージ出さず聴くだけの人でスミマセン(^^;))



関連記事

金曜アフパラin高田公園

4/8 アフタヌーン・パラダイス公開生放送in観桜会さくらステージ

4月に入り観桜会が始まり、花冷えもなく高温の日々で桜も一気に満開となってしまった。
できたらもうちょっとゆっくり咲き進んでほしかったもんだが、天気はどうにもならんもんだからな。

そしてこの金曜土曜は、どちらもミュージックバード系列のFM上越とFMみょうこう共同企画のお花見ラジオとして「アフタヌーン・パラダイス(略してアフパラ)」と「あの頃青春グラフィティ(略してあのグラ)」の公開生放送があるのだ。
そして金曜、今晩はこのステージでアフパラ金曜担当の因幡晃さんと木曜担当の杉真理さんのライブもあるのだ。

では、公開生放送とライブを見に行ってきまーす。
…とはいえ、15時~17時の放送だったのだが雑事がいろいろあり結局会場に着いたのは16時を過ぎていたという。

ばばーん!
因幡さんとまきちゃん
耳なじみのお2人の姿がっ!
こちらも
因幡さんはそのお姿目にしたことあるけど、アシスタントの夏目真紀子さんは拝見するの初めてだもんなー
ほほー。
でも、いつも耳にしている声の方が、さっきまでラジオから聴こえてたその声が、その声の主が目の前でしゃべっているこの感覚。
ラジオだからこそのこの感覚。
両局の
らじ太とジェイミー
満開
それにしてもこれまた一気に咲きそろったものよ。

移住について語る
番組は進み番組内最後のゲスト。中村さんと瀬谷さん。瀬谷さんすっごい久しぶり~!
中村さんと瀬谷さん
「上越はいいぞ~」と全国に自らの体験を基に移住先としての上越をアピールするお2人
因幡さんまきちゃん
因幡さんまきちゃん
笑顔
まきちゃんスマイル
移住組
中村さんと瀬谷さん。瀬谷さん作の「移住の歌(仮)」もナマ歌ではなかったけれどかかったぞ。

そして番組終了。ライブまではちょっと時間があるので公園内うろうろ。
ぺんぺんズ
ペンギンたちも花見をしてるのだろうか。
ペンギンもお花見
水族館からマゼランペンギンたちが遊びに来たぞー
うーむ
忠霊塔からさらに奥の外堀側へも行ってみればその視界をさえぎる壁。
観桜会のにぎやかさから離れて(仮称)厚生産業会館の工事が始まっていた。
むー…
外堀南側
視界さえぎられたので場所をちょっと変えて。
内堀
内堀へも。極楽橋と桜と菜の花。
桜と夕日
桜と夕日。これから夕暮れ桜、そして夜桜と姿を変えていく。
ライブ
因幡さんのライブが始まった。
姿は知らずとも「因幡晃」とその歌声、そして曲を耳にしたことある人もさすがに多いようで、ステージを見に来る花見客がいっぱい。
市外の知人に偶然ばったり。この方も因幡さんのライブあるなんて知らずに花見に来たのでビックリしつつラッキー♪と喜んでいた。
ライブ開始前に「動画撮影、録音、写真はご遠慮ください」とアナウンスしていたけれど、途中から来て見て去って行くような花見客はそれを知るはずもなく好きに写真撮ってたけど、それはまあしょうがないだろうねぇ。
花見会場で屋外の無料ライブで、張り紙も何もない状態では撮影禁止とは思わないだろうしさ。
夕暮れ
夕暮れ桜に因幡さんの歌声が響く
夜桜に
空の色も次第に変わりさくらロードのライトアップも映えてきた。

杉さんライブ中
因幡さんに続いてのライブは杉さん。なんだけれど、杉さん風邪を引かれたようで歌声がつらそう。
それでもライブを最後までこなす姿はさすがのプロ。
ぜひぜひリベンジしにまた来てくださいね!
本来ならば、村田さんと一緒にライブに来てくれるはずだったのに、村田さんまさかの旅立ちされてしまったからね…
でも村田さんの魂はきっと会場に来てたんだろうな。
すっかり夜桜
すっかり夜桜になりました。
妖し。
さくらロード向こう側。
こちらの照明だとまた雰囲気の違う夜桜になるね。

と、いうわけで、ラジオとライブと昼桜と夕暮れ桜と夜桜を堪能し、そして思わぬ人たちにところどころでばったり会って、さすが観桜会と思わずにいられなかった満開の金曜日でした。ちゃんちゃん。


関連記事

春日山おもてなし散歩へ

4/3 春日山おもてなし散歩へ

4月。武将隊の兼続さんとみっちゃんが天に還る月。
彼らはもう土日にしか出陣しないという。
そうなると今日を入れてもあと5日。
来週は観桜会真っ盛りだし微妙なところ。
しかし、可能な限りその姿を見たい…!

ということで、今日は時々開催されている「春日山おもてなし散歩」に参加することに。
実はこの「散歩」にはまだ参加したことがなく初めての散歩なのだった。
最初の散歩が兼続さんとみっちゃんとの最後の散歩という、なんともせつなさのあるものだったりするのだが、だからこそ楽しんでこなくては。
……ってことで行ってきまーす。

春日山謙信公銅像前に集合!
さあ出発
引率よろしくお願いしますm(_ _)m
安全祈願
春日山神社で道中安全祈願
散歩散歩
兼続先生とみつ先生の引率のもと、さぁ出発!
さあ、儂についてくるのじゃ
「さて皆の者、儂についてこれるかの?」の如くの兼続先生
軽々~
早駆けの兼続先生。はっ、早ぇーよ(^^;)
こののぼりキツイ
みつ先生はゆっくりと引率。
直江屋敷址にて
直江屋敷址にて。「上杉おもてなし武将隊宅址」なんだそうで☆
ミニチュアモード
ミニチュアモードでぱちりこ☆
さんぽさんぽ
本丸までがんばれがんばれ。

何思う
本丸にて。天に還る日も近い兼続さんは何思う…
本丸にて
本丸登頂記念にお2人を。
その日まで…!
儂らの魂は永遠にッ!という感じで。

さあ下山ですよー。
行きとは違うルートで。
柿崎屋敷
柿崎屋敷址
からの
てくてく
実はこのコースは初めてだったりする。
南三の丸屋敷址
へー…

ご一行
兼続先生引率中w
番所址
番所址。ここは登れるそうで。
ありがとうございました♪
さあ埋文に戻りますぞ。
・・・なのだが車を神社の駐車場に置いてきたのでココで別れて車を取りに行く。
お散歩引率ありがとうございました~m(_ _)m

散歩途中で見つけた花たち
淡色カタコ
白っぽいカタコさん
イカリソウ
イカリソウ
キクザキさん
キクザキイチゲ
エンレイソウ
エンレイソウ
サクラ
ヤマザクラ
ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ。色がいいわな。
素心
素心と思しきカタクリ
ヤマザクラ
こちらのヤマザクラはほぼ満開

さあ埋文に行きますぞ。
景勝さん
景勝さんの出迎え(違う)
書状
景勝公の書状。埋文展示で見られます。
へー、こんな字書いてたんだ。達筆で読めぬ…
甲冑ズ
景勝さんは陣羽織を着てません。こういう甲冑姿はなかなか見られないよね。
まだおニューでぴかぴか。
いったんポーズ
一旦のポーズ取り。

その後、なんていうのか分からないけれど、バランス感覚必須そうなこの乗り物に涼しい顔ですいすいと乗りこなすみっちゃん
すいすい

すいすいーー
すごいな。自分にはできなさそうだけど(^^;)

改めてポーズ
そして退陣の時間。
兼続さん、みっちゃん今日はどうもお世話になりました。
ありがとうでした!
散歩楽しかった~
また機会があったら参加したいでっす。


関連記事

観桜会パレードからの高田公園

4/2 その2 観桜会パレードと高田公園

さぁ、観桜会が始まった。

今年は4/1の観桜会スタートの日に開花宣言という、いいんだか悪いんだか微妙な幕開けとなったのだが…
できるならゆっくり咲いてってもらいたいけど、なんか高温予報出てるのが気がかりなのである。

本町では観桜会パレードがあるというので見に行ってきた。
雁プラの桜
雁プラの桜も咲いてるぞ
会頭挨拶
まずは会頭の挨拶から
市長挨拶
もちろん市長の挨拶も
ゆるさんたちの時間
式典済んだらこんどはゆるさんたちの時間が始まる♪
さとまるくんとうのんちゃん
さとまるくんとうのんちゃん
わんこペアw
ざ・dogs♪ けんけんとリアルわんこ。けんけんお辞儀してるしw
♪
さくらキャンペーン特使の方と一緒にぱちりこ☆
おおー
おーちゃんとも一緒に。この方ゆるキャラさんたち大好きみたいで嬉しいな。
パレード
駅からパレードのみなさんがやってきた。
先程の特使さんたちなどは同乗して高田公園に向かう模様。
ゆるキャラのみんなも一緒なのかなと思っけれど、さすがにそれはないない(^^;)
見送り
なのでみなさんお見送り~
吹奏楽
城東中と北城高の吹奏楽部の演奏が響く。
見送り
こちらもお見送り。
またねー
パレードの一団も行っちゃったし、ゆるキャラたちもそろそろ帰る時間だ。
ってことで、まったねー!おつかれー!

その後高田公園へ
いちのはしから
いちのはしから青田川。
外堀北側
外堀北側の桜も咲き出してる。
いつもの赤い橋のたもとの「さくらと水芭蕉」、水位と桜の枝との位置でイマイチだ…
すいすい
カモがすいすいのどかに泳ぐ

もちろん、パレードは既に終わっているし、午前中春日山行った時つばめちゃんに聞いていた武将隊@高田公園の滞在時間はとうに過ぎてたので、残念ながらすれ違いだなと思っていたんだが…
間に合ったー
いっ、いたー!ギリ間に合ったーー!
本陣に戻らなくてはならないのに足止めさせてごめんよm(_ _)m
観桜会えいえいおー
観桜会みんながんばれえいえいおー!
おつかれさまでした。気をつけて戻ってね。

公園内ぷらぷら
さくら堂
今年も市内のクリエーターさんたちの桜関連グッズがいっぱいのさくら堂オープンしてますぞ♪
ステージイベント
さくらステージではサックスアンサンブルグループE7SSの演奏。
さくら
演奏聴きつつ桜を愛でる。・・・にしてももうこんなに咲いちゃって…(^^;)
三重櫓と
三重櫓と桜

もちろん今咲いてるのは桜だけではございません。
こっちも
キクザキイチゲや
桜だけでなく
カタクリなども三重櫓の下に咲いているのでございます。
うまいもん
物産展。地元のおいしい味はこちらに揃っておりますぞ~!
今年の観桜会もあの方この方たちのお店めぐらせてもらうつもりだけど、手始めにまず井部さんとこの定番のさくらモノいただき♪

咲く。
観桜会会期中、お天気荒れませんように。
そしてできるだけ花がもってくれますように。
桜よ、頼むぜーーー!




関連記事

平成二十八年度出陣式へ

4/2 平成二十八年度出陣式へ

さぁ、新年度が始まった。

と、いうわけで、新年度の出陣式なのである。
やはり年度初めはぴしっと気を引き締めないとな。
今まで出陣式なるものには行ったことなかったんだが、今年はどうやら参加できそうなので、いざ春日山に出陣っ!

と言いつつも、着いたの開始ギリギリで(^^;)
春日山神社階段下のみなさんに挨拶しつつ、なんでここでたむろってるのかなーと怪訝に思いながらもまずはとにかく神社に行かねばと階段上って境内へ。

そして、やっと先程のギモンが解けた。
階段上がって
ああ、こうやって階段を上るところからなんだね。

手水で清めて社殿へ。
参拝いたしまする
参拝いたしまする
参拝
おやかたさまが自分(謙信公)という祭神に参拝するというのもなかなかオツなものである(違)
抱負などを
春日山神社に参拝したあとは、今年度の抱負など。
動画でも撮ってみたんだけどさー、こないだと同じでなんか実に不調。
くそー。。。
えいえいおー
新年度の士気をますます高めようぞ。えいえいおー!

で、実はですな、今日の装束はみなおニューなんでございます。
ぴかぴかだぞー。
おにゅー
三武将♪
ポーズ
春日山神社でこの三人がこんな風に揃うの、マジに最後かもしれない…
もう春日山への出陣ないやん…
後姿
新装束の後姿。今回の陣羽織の背中には家紋入ってないのね。
足軽だって新装束
もちろん、足軽の装束もおにゅーですぞ。
ぴかぴか☆
謙信公像
謙信公像
春日山
早春の春日山。春は確実に訪れている。
芽吹きが紅葉みたいな木もあるぞ。

先発隊が埋文に戻り、迎えが来るまでおやかたさまと景勝さんは春日山でおもてなし。
景勝さん
景勝さん。前立のサイズも変わりましたな。
それにつけてもこういうポーズが似合う方よのー。
親子でw
親子でポーズ。(こう書くとなんか違うイメージになるなぁw)

そうこうしているうちにお迎えがやってきておやかたさまたちも埋文に帰陣。
今日は次の予定もあるので埋文には寄らずそのまま帰宅。

とにもかくにも、新年度、新たなる義の戦、ますますのご活躍をお祈りしておりまする!
えいえいおー!!


関連記事