稲田の諏訪神社へ

5/29 稲田にある諏訪神社へ

リボーン感謝祭からの帰り道、チャリだし今日こそは!と、前からここを通るたび気になっていた「稲田の大ケヤキ」に寄り道。
いやーこういう町内の神社って、車で来るって前提じゃないから駐車場ってほぼないんだよね。
車で通る時気になってる神社も色々あるんだけどなかなか。
稲田の道は細いから路駐ってワケにも行かないし。。。
チャリの今日はいい機会だ♪

ただ、デジカメが使えないのでガラケーのカメラしかなく、既にバッテリーがやばくなってきているのが実に心もとないのだが(^^;)
SDは全く盲点。不覚だった…
というか、SD抜いて本体保存すれば幾らかは撮れたなと今更にして思ったり。

では、いざ…!
参道
鳥居から参道、奥が社殿
由来
・・・その前に、まずこちらで予習。
ふむ、市内最大のご神木、かぁ。創建以来の樹齢で創建年代は不明と。
(ちょっと検索してみたら、樹齢700年、800年、900年とサイトによって違う記述が。まあとにかくご長寿のケヤキなのである)
ででん
どーーん!
右の木もそれなりにでかいがご神木は左の大木です
でけー
カメラに納まりきれません
こっちからも
反対側からも。こっちからだと更にでかく見えるね。

おっと。大ケヤキに圧倒されておまいり忘れるとこだった。
おまいりおまいりっと。
おまいり済ませて右側の建物。炭書きされた建物名は読めなかった。何かの像かな?と思ってのぞいてみたら
馬?
お馬さんだぁ!
あれー、お馬さんがこんな風に奉納されてるの、どっかで見たことあったような気がするんだよなぁ。
どこだったかなぁ。思い出せないよー
仔馬も
ちゃんと仔馬もおる。
そして、奉納されたのかの道具?たちやこの神馬への賛同者?墨書された立て札のようなものとか埃もかぶってそうだけどとにかく年代モノがいっぱい置かれていて、古いもの大好き病の自分「読みたい知りたいよく見たい」と思ってしまったことよ。

追記:)神馬は神さまが乗る馬とされているが、古来から祈願のために馬を奉納する慣わしがあったそうで、とはいえ生きた馬では世話も大変…なこともあって、等身大の馬の像をそれに代えたらしい。
そして天気乞いの時も馬を献納するそうで。(雨乞いは黒馬、晴れ乞いは白馬)。
先の案内看板に書かれていた「耕作に励んだ/この地域の「稲田」という名前」からも当時雨が続いたかで集落のショたち、晴れ乞いしたんだろうか。

親馬?の足元にあるのは、牛か何かの動物の頭部を模したものなのか本物なのか。

ここはそれだけではなく
お稲荷さん
稲荷神社もあり、その隣も狛犬つきの祠がある。
かわええ
ここの狛犬さんが小柄でまた素朴で、なんかかわええ。
もともとの神さまの名前はあるようなのだが、その手前に最近書かれたらしい「福幸神社」というお札が置かれていた。
ここのところ自然災害が多いので‘復興’と掛けているのだろうか。

ずらり
その脇にはずらりと7基の石祠。
それぞれに神社名書かれているようなんだが読めない…
すごいな、ここ神さまオンパレードだ。祀れる神さまはみんな祀っちゃえ!ってことなんだろうか。
結局はそれぞれの神さまにはそれぞれの得意分野(とは言わないが)があるからってことなんだろうね。多分。
こちらにも
こっちにもまだおわすもん。
おみこし
一番左にはお神輿が安置されておりました。後列の建物には町内の子供お神輿が。

稲田諏訪神社、大ケヤキだけでなく、まさに「神々のおわすところ」という言葉のままの神社でした。
やっぱり来てよかった。
稲田のしょではありませんが、おまいりさせていただきました。どうもおじゃまいたしました。


八坂さんの祇園だって高田から稲田に来て、そこから直江津に戻られるんだからやっぱりそれなりの歴史も規模も持っていたのだろうし、できたら気候のいい時、またチャリ散歩したいなぁ。。。




関連記事

(株)リボーン20周年感謝祭へ

5/29 (株)リボーン20周年感謝祭へ

武将隊の外部出陣、ゆるキャラ、謙信あつめ汁…と各方面から情報は入ってくるもののイベントの全容がわからない(リボーンのサイトにも日時はあるものの詳細がわからない)この感謝祭だったのだが、なんとしたことか亡くなったハハ宛にリボーンからの請求書が届きその中にチラシが入っていたためイベント内容が分かったというとんでもない展開。
(それはないだろうと問い合わせたら同姓同名の利用者と間違えた、とのことだったが、(亡くなって)利用停止してもまだ利用者名簿からは抹消されず残ったままなのかと思うとなんとも)

まあそれは置いといて、チラシゲットして大体分かったし、では大日のリボーンに行って来まーす。
今日はチャリで。どれくらいかかるかなー?
チャリならちょっと寄ってみたいところもあるしな。

えっちらおっちらチャリ漕いでやってきました大日リボーン。
武将隊は11時からということだったが、信号2ヶ所分ほど遅刻ですでに始まっていた(^^;)
ちょっと遅かりし
オープニング演武見そびれた…まつえさんの演武はまたお預けか・・・orz
会場内
会場内。トッキッキのふわふわだ。
認定
あつめ汁の認定。これからのイベント定番になるのかな。
謙信流陣太鼓
謙信流陣太鼓も場の空気を盛り上げる。

…ここで、カメラのモードが前日の蛍光灯のままだったことに気づく。あーまたやっちゃったよ…
ってことで上の写真の青っぽさはご了承ください。
あらためて。
コラボ
おやかたさまと軒猿衆のコラボ
おやかたさまと軒猿衆
勝鬨えいえいおー!

このイベントは上越地域のゆるキャラの人気投票も開催されるんだが、
壮観
投票箱が並ぶと壮観www

そして、あつめ汁。
大鍋
大鍋の中までは撮れないが、すごい量だ。
並ぶー
長い列ができていたのでちょっと落ち着いてからいただくことにしよう。
揃って
武将隊や
軒猿衆と
武将隊&軒猿衆撮ったり
pepperくん
施設内のpepperくん見たり。気になったけど結局見ただけ(^^;)
あつめ汁と景勝さん
あつめ汁と景勝さん

などと会場内回っていたのだが、ゆるキャラステージも始まるしあつめ汁品切れになっても悔しいのでここらで一杯いただくことにする。
あつめ汁
謙信あつめ汁とは
・干し鱈
・煮干
・似鱚(メギス)のすり身
・新じゃがいも(雪室熟成)
・ごぼう(雪室熟成)
・にんじん(雪室熟成)
・地場ぜんまい
・地場ネマガリタケ
・地場車麩
・地場長ネギ
・地場干ししいたけ
・地場手作りこんにゃく
・地場上越浮き麹味噌仕立て

基本形はこの具材なんだろうけど、季節に応じて多少野菜が変わるのかもね。「本日の具材」ということだし。
とにかく上越の地場モノってことですな。
実にやさしいお味でした。ごちそうさまでした。またどこかのイベントで出してもらえるといいな。

あつめ汁を食らう武将たち
あつめ汁を食らう武将たちw

さて、ゆるキャラタイムである。
勢揃い
上越地域のゆるキャラたちがほぼ全員揃ったのだが、とても一枚には入りきらない(↑も全員ではない)ので以降は個別で。
キャラたち1
寺町キャラのてらぼー、久しぶりやーー♪
キャラたち2
妙高市原通地区のキャラクター・ミコちゃん。キラキラの瞳がチャームポイントですな。
(ミコちゃんは妙高市の地形が恐竜に似ていて、その中心の心臓のあたりが原通地区にあることからマスコットになったらしい)
糸魚川チーム
こちらはチーム糸魚川。御風さんとジオまるとぬーなちゃん♪
デビューのリボンちゃん
そして、ついに本日デビュー!リボーンキャラのリボンちゃんである!

ブースの方も。
スパイス調合中
オリジナル七味作りに挑戦するおやかたさま
青春CMの如く
ひと昔?ふた昔?前の某グ○コのアイドルCMのように甘味を口にする景勝さんとまつえさん
コラボ1
武将隊とコラボその1(さとまるくん)
コラボ2
コラボその2(レルヒさんとうノンちゃん)
コラボ3
コラボその3(御風さんとリボンちゃん)
ポンタくん
ポンタくんも友情出演

ミニ4駆大会をやっているというので行ってみることに。
ミニ4駆
へー…こんなんなんだ~
早いー
しかしこのミニ4駆ってのはとんでもなく早い。早すぎておっつけないわ(^^;)
お菓子まき
ステージでは軒猿衆の餅まきならぬお菓子まき。子ども限定なのでさすがに行けぬ(^^;)

そしてあれだけあったあつめ汁も完食の運びとなりました。
完食
いやーごっつぉさんでした。

そしてゆるキャラの人気投票結果発表。
投票方法は、あつめ汁買ったときの割り箸を投票箱に入れるのだ。
1人2票入れられるってことだね。
1キャラに2票投じてもいいし2キャラに1票ずつでも構わないやりかたなのだ。
割り箸回収もできていいかもね。
結果発表
エントリーキャラたちが並ぶ。

…え?あれ?
調子に乗ってバシバシとデジカメ撮ってきたが、どうやらSDの記録が9999に到達してしまったらしい。こうなるとSDの容量がどんなに残っていようとも、それ以上はこのカメラでSDに記録することができないのだ。
初期化させるワケにもいかないし…
で、やむなく携帯のカメラを使うことにする。こちらもバッテリーが心配なんだけど(^^;)

人気投票結果発表~♪
人気ベスト3
3位 けんけんずの謙信くん
2位 なごみちゃん
1位 けんけんずのけんけん でした。
やっぱけんけんは強いねwww

イベントそのものはまだ開催中だったが、ステージイベント等も終わってなんとなく惰性っぽくなってきたのでこの辺で引き上げることにする。
龍毘くん
上越青年会議所(JC)の龍毘くん見っけ!
車体にウロコを貼って龍毘くんが元の世界に帰れるように…ってことなんだが、そのウロコを持っているという青年がいないよ(笑)

ってことで、あつめ汁もうまかったし楽しいイベントでしたぞ。
カメラのアクシデントは参ったが(2度目だ)。じゃあ寄り道して帰るぞー!(次エントリに続く)




関連記事

トラソル「らいぶ・デラノーチェ2」へ

5/28 舘 恭介&トラッド・ソウル「らいぶ・デラノーチェ2」へ

ほんでもって、トラソルのライブなんである。
トラソルのライブは実に楽しいんである。
(舘さんと友人が同じ職場という世間の狭さも感じたりもすんだが☆)

今回は新潟のクマガイマコトさんも加わってのツーマンライブなんである。
では、会場のサクラデラノーチェへ行ってきまーす。

05280
もうすぐ始まるよー♪
05281
ワンドリンクつきということで今日はこれにしました(^^ゞ
puさんのマゴちゃん黒タピオカに興味津々。

と、いうことでライブスタート。
まずはクマガイマコトさん
05282
鮫ヶ尾城と近くの温泉(多分かわら亭?)に昼間行ってこられたんだそうだ。
走る人か、すごいな~
なんかその日の気分でキャラが変わるとかwww
05283
歌は独特の世界観。でもこういうの、嫌いじゃない。
05284
さかなのうたは自分も海の中にいるみたいな感じ。。。

そしてトラソルでございます。
05285
舘さん、ポリッシュK3さんにロクさん。おかえりなさーい。
05286
舘さん
05287
ポリッシュK3さん
05288
ロクさん
05289
なつかしの昭和ソングメドレー…のYMCA。「なんちゃっておじさん」じゃないよ!www
どっちも今の若い人はきっと知らないだろう(笑)
052810
トークも楽しいが音楽もまたいいのだ。楽しいのだ。
052811
ポリッシュK3さんは磨き屋シンジケートでもある。
052812
ロクさんは長岡花火UST班の藩主さまでもある。
長岡花火ファンとしてはそちらでもかなりなじみだったりするw
052813
ロクさん、ステージから客席へ♪♪

ラストはクマガイさんとのセッション
052814

052815

052816
いやー楽しいライブでした。puさんのマゴちゃんもぐずらないでノッてたし♪


052817
そしてボス、PAに弦の張替えに・・・お疲れさまでした!


関連記事

「ネットショップ開業入門」へ

5/24「ネットショップ開業入門」へ

ササユリに満足したそのあとは高田小町で開催される「ネットショップ開業入門(上越志民会議主催)」へ行ってきた。
いや、志民会議の勉強会だったし、ネットショップについて(今のところショップを開くつもりもないが)、どういうものなのかその辺聞きたいなーと思って。

なんせイベントタイトルが「~誰でも最初は初心者♪あなたにも出来る~ 「ネットショップ開業入門」ビギナーセミナー」だったんで。
講師の相談会の会費が1000円なのだが、具体的な相談することも特にないので相談会を受けず最初の話だけ聞ければいいなという実に軽い気持ちだったのだが。

行ってみたらばそういう類のものではなく、もっと具体的に「商売をしているがネットショップも視野に入れている」人たちの勉強会だったという…あちゃー。まったくの場違いやん…
まあせっかく来たんだし…という主催側のご厚意で、写真他雑務係として参加させてもらうことに。

と、いうことで。
勉強会1
こちらは受付。
2
セミナーはじまりました。
まず最初に主催の中村さんの挨拶。
このセミナーは上越志民会議の提唱する「域際収支(いきさいしゅうし←つまりは市外にモノを売って地域外から地域にお金を入れ地域活性化を図りましょうってこと)」の一環としてネットショップをやりましょうってことなのだ。

3
続いて上越エリアのネットショップモール「上越特産市場」代表の方の説明や体験談。
4
ネットショップはどうやって開設すればいいのかなどを、パソコンを使って講師の方が実践説明したり。
5
タブレットやスマホなどを使っての説明や、レジのアプリなどかなり現実的な話なども。
そういう「お店」の話となるとやっぱり場違いではあったわな(^^;)
6
志民会議のメンバーでネットショップを開いている方の体験談を交えつつ参加された方々の質問や意見交換など。

いやー、素人ながらも勉強させていただきました。
何が必要とされてるかなんてのはわかんないもんで、こちらでは不要のものがあちらには必要なこともあるらしい。
ただオークションなどの個人売買ではなく「お店」としてだと簡単なようでもやっぱりいろいろ登録やら許可やら取らなくてはいけない手続きもあるだろうしな。
とはいえネット販売は全国各地にあるし大手ネットショッピングモールもある、そういう所に入らず個人でやるとなるとよほどのものでないと見つけてもらえない可能性もあるし、立ち上げるのは簡単でも店として継続維持していくのはなかなか大変なことかもしれないよね。

とにもかくにも上越の個人経営のお店も店舗販売だけでなく、ネットショップも盛んになっていくといいな。
がんばってくださいー!




関連記事

春日山にササユリを見に

5/24 春日山にササユリを見に行く

今年は少雪・高温でとにかく春~初夏の花が早い。
もちろんササユリも例外ではなく、十吾郎さんの武録でササユリが咲き出したという記事出たのが5/19。
早い。やはり10日以上早い。
かつての虚空蔵さんの縁日(6月13日)にあちこちに咲いてるササユリを切花で参拝客に売ったなんて話がうそのようだ(戦前~戦後直後の話)。

咲き出した、とはいうけれど、もしかしたら既に咲いていたかもしれないし、これは見に行かなくてはと思いつつなかなか行けずで「終わっちゃうよー」と焦っていたのだが、やっと偵察に行けた。
(お山にあるだろう、と思われるかもしれないけれど、お山のササユリはとにかくその数が減って、あっても遠かったり他人の土地だったりでなかなか写真にも収められないのである…かつてはササユリロードなんて言ってたのに)

では下の駐車場に車を置いて、「山百合育成中」の縦看板あるところからスタート。

…は、ほとんど終わり気味だったのだけれど、外れになんとか。
あったー
見つけたけど遠い…
こちらも
こっちでなんとか

石段
緑が濃くなりました。
神社
春日山神社も

そしてお決まりのコース
本丸を見る
本丸見てー
謙信公像とニワフジ
銅像見上げてー…足元にはニワフジ花盛り
ニワフジ
ニワフジ
レンゲツツジ?
ヤマツツジ?レンゲツツジ?(レンゲツツジかなー?)

ここからは下りで駐車場まで。
ぬー…
道路のうわぐろ(道路上方の斜面)は日当たりいいからもうほとんど終わっていたり終わりかけてたり。

だめもとで見晴らし茶屋への道(相撲場の上)側も見てみる。
こっちは草や低木が徹底的に刈られてしまったので期待していなかったのだが、やっぱり何もなかった…
葉が育ってなんぼの球根の地上部バッサリやられちゃ育つものも育たんわなぁ…
めたりっく
そのメタリックさがかっこいいニホントカゲさん

終わりかけだけどそれても今年もササユリを見られてよかったなと車に戻り移動しだしたら…あっ!咲いてる!
車を止めて戻る。
あったー!
おお、咲いたばかりのササユリが!
これこれ
そうそう、これですよ。この色、この花粉の出方←
やったー
いやー、最後にいい花たち見られた♪
つぼみも
つぼみも見られるとはっ(^O^)

日の当たりが他の場所より若干よくないのか生育が遅かったようで、でもそれがこちらには幸いしたー。
いやはや満足満足。
ハナショウブ
大手道登山道脇のハナショウブは終わりかけ。でもこちらもなんとかギリギリセーフ。

今年もササユリに会えてよかった♪
また来年~~!



関連記事

高田さんぽ(オープンガーデンと高田公園) 5/21その1

5/21 その1 高田さんぽ(オープンガーデンと高田公園)

6月末まで市内ではオープンガーデン愛好会の会員さんのお宅でオープンガーデンが開催されている。
出たついでもあって(通り道なので)ちょっくらお庭におじゃましまーす。

浄蓮寺
ここは「緑陰の小庭」と名前がついている、いつ来てもたくさんの花で飾られているお庭なんである。
いい言葉
オープンガーデンの標ができたんだね。そしてお寺のこの一言がいいんだ。
「うれしいときにも
悲しいときでも
自分の人生は
そこにある」…まさしく。
緑陰~
おじゃましまーす。でも全然小庭じゃありませんて。
色とりどり
これだけのお庭にするって楽じゃねーぞ?
色のレイアウト考えたり下草の雑草取りしたり花つき良くさせるため剪定したり、とにかく面倒見なければ花はこんな風に咲いてはくれないのである。
それは自分が身を持って知っている。わかっちゃいるんだけどなかなかね・・・(^^;)
すごい
ちょっと奥に入ってみれば、これはもしかするとヒメサユリだよね?
すげー!さすが!お見事~
お寺ですので
東屋には観音さまのレリーフ。やはりここはお寺さんだねー。
デルフィニウム
デルフィニウムの青が爽やか♪

いやー、しばしたくさんの花に会わせていただきました。ありがとうございました(^^)

そして用事を済ませて高田公園へ。
高田公園ー
すっかり緑の季節になりました。
甲斐姫ー
極楽橋を渡れば、赤ちゃん新葉も出だした「甲斐姫」。
今年は花見られるといいなぁ……
外堀南側
外堀南側。南葉山とハスの若葉色。
蓮の新葉
ハスの新葉もかわいいね。

これから2ヶ月位したらはすまつりだもんね。たくさん咲くといいな。
今年も双頭蓮は咲くかな?
オープンガーデンもまた楽しませていただきたいぞ。

さて、さすれば次は……
(その2に続く)
関連記事

「風の波紋」を見に行く

5/19 「風の波紋」@高田世界館

越後妻有を舞台にした映画「風の波紋」。
妻有が舞台なら、見に行かんばねーなと思っていたところに妻有友でもあるCちゃんから久しぶりに手紙が届く。
新潟のシネ・ウィンドで見たけれどすっごくよかったからぜひ!とのことだった。
気がつけば上映終了も近い。
こりゃ急がねば…ということで世界館へ。

ポスター
上映は21日まで。ギリギリセーフ。
今回は桜フォト企画でいただいた招待券使って鑑賞~

舞台は十日町・越後妻有。
その中で暮らす人たちに淡々とスポットを当てる。
日々の生活がストーリー。
大仰な、作られたお話でなくても、それぞれの人にそれぞれの人生という名のストーリー。

そして、自然は嘘をつかず飾らずあるがまま。
そんな自然に近い生活をしていると、自身も自然に、それぞれの対象に対して素で向き合うようになっていくんだよな。
映画の中の、妻有の人たちはまさしくそんな感じ。

飾らず、ただあるがまま。自然とともに。
エコとかなんかそういう「都会で(言葉で)作られた自然生活」なんかじゃない、いいトコ取りでなく厳しさも優しさもすべてひっくるめた自然の中での自然な暮らし、そういうものが描かれた映画だった。

あー、妻有にまた行きたいねー。

Cちゃんありがとー。

映画終わって改めて世界館。
いいね!
面白そうな映画が続々と。そしてPOPがまたいいんだよ~
かわええ
これもまたかわええ。
これ好きだー
世界館の今が分かる「高田世界館新聞」。
これも楽しみなのだ。とはいえ行った時でないともらってこれないけど…

建物を出れば
オープンガーデン

こちらも
こちらにもオープンガーデン。

向かいのガーデン
道路はさんでお向かいの高田小町のお隣のオープンガーデン
その2
同じく映画を見に来ていて、オープンガーデン見学も…というおじさんといろいろお話。
ぜひ市内各宅のオープンガーデンめぐりされてくださいませ。


ってことで、映画もオープンガーデンも楽しませていただきました♪



関連記事

そして新井へ (5/21その2)

5/21その2 新井のユリノキとスペース「あら、いー」へ

高田さんぽから一旦出直して今度は新井へ。

ネットの情報で新井でチューリップツリー(ユリノキ)の花が咲いたとのことを知り、これは見に行かねばと。
書かれていた地図で大体の場所を捉え、行ったはいいものの…
やはり地図からの脳内地図≠リアル道路だったりするものだから(思っているより道路が細かったり)行き過ぎて遠回りしたりして…ようやく現地到着。

おお、このでかい二本の木…
2本そびえる
これかぁ。

で、花は・・・・・・?
これだっ
おお、咲いてる咲いてる。
咲いてる咲いてる
満開だ~

どんな花なのかな?と花のついている手の届きそう枝を引っ張って(^^;)
アップ
花のアップ。横からの顔とはやっぱり違うねー

チューリップツリー
ホント「チューリップツリー」だ。

それにしてもこの公園。
うお。
こびとたち、かなり年季入ってますなー(^^;)

珍しいチューリップツリーの花を堪能した後は、スペースあら、いーへ。
ここでは先日急逝した地元の登山家であり写真家の遺作展が開催されているのだ。
先日のオトカケの時に展示準備されてたんだよね。
明日で終了とのことで・・・まにあってよかった。
山河美笑
清水定雄を偲ぶ作品展「山河美笑」。
おじゃましまーす。

自然の中の「一瞬」を捉えた写真たちが並ぶ。
展示1

展示2

展示3
なんていうのか、頭の中に「絵」があって、そういう瞬間とのめぐり合いを、頭の中の絵と重なる光景を狙っているんじゃないのかな。
対象物は自然物なんだけど、絵画性のある写真というか。すごいなぁ。

もちろん、山の写真や記録も
そして、山。

山行
何年頃のものなのかが分からなかったのが残念…
まさに
「大自然はドラマの主人公」、まさに、まさしく。

合掌
無知故この方のことは存じ上げなかったのだが、山を愛し、写真を愛し、そしてまた人を愛した方だったそうだ。
愛したものに対して、非常に真剣に敬虔でストイックに向かっていたので時に人から誤解も受けることもあったそうだが…

でもこうして、仲間たちが彼を偲び遺作展を開く・・・のだから、やはり写真だけでなく人望も厚い方だったということだよね。
こんな風に遺された写真を見ることができてよかったです。ありがとうございました。合掌。


ということで、高田と新井で花と写真を堪能させていただきました。ちゃんちゃん。


関連記事

「お蕎麦 慶」へ

5/17 「天ぷら食べ放題専門店 お蕎麦 慶」へ

久しぶりの某会のランチである。
今回は気になっていた「慶」さんへ。

この場所は以前別の店だったのだがダメで、次に入った店も早々にたたまれ、3軒目なのだが、池の平はいもり池沿いのあの蕎麦やお土産扱っているお店が入ったという。
ならそうハズレはないなと思っていたが、ここはなんと惣菜や天ぷらが食べ放題だという。
食べ放題の罠(そう食えないクセに食べ放題になると食いたがる)にはまりそうだよなー…でもうまそうだよなぁと気になっていた一軒ではあったのだが、観桜会時に某情報を知り…
これは行かなければならないと、確かめる…というより応援しに行かなくてはと背中を押され、今回のランチはここにしようと決めたのである。
(いつもの自分は「店知らないからおまかせ~」なんであるが(笑))←だってホントに知らないんだもんよ。

で、慶である。
うわー混んでる。すごい…
そして、ホントだ。いる~
ああ、がんばっているんだねー…じーん。なんか感慨深いものが。
先に入って席とっててくれた某方たちもビックリしておった。
そーいんてそーいんて。

で、ここは先会計。
注文したらばあとは好きなように天ぷらやお惣菜など取っていいようになっている。
なにこの太っ腹さ。。。

おそば
お蕎麦も早いぞ。ざるにしたがもちろんあたたかいそばもあるよ。
うな重も
ご飯ものもあります。うな重だ~!
りんごが
隠れた名物らしいりんごの天ぷら。取りにいく前にこれが最後だったそうで…orz

そしてここはそれが品切れになると食べてる先から「○○入りましたっ!」と新ネタの天ぷらや惣菜が出てくるというという…
それもあって店が賑わってるってば。ピークの時間は待ちの人並んでるもんな…

そしてここのそば湯はすごい濃厚で好きに持ってこれる。これもセルフサービスになってる。
抹茶
そば湯で飲んでもヨシ、抹茶(ちゃんと抹茶立てられるようになっている)割りにしてもヨシ、と。
なんとも太っ腹というか豪勢というか、すごいお店。。。
かりんと
お茶うけのそばかりんと。
いやー食べた食べたお腹いっぱいだよー。
夕飯いらないよー。どうしよー…ってくらい満腹に。(食べたけど)

おいしい蕎麦と天ぷらに話も弾みなんと15時の閉店近くまで居座ってしまった(^^;)
店長さんすみません。でもありがとう~

と、いうことでまた来ようっと♪ごちそうさまでした。



関連記事

艸原祭と食の嵐

5/14 艸原祭と食の嵐@池の平・いもり池

艸原祭、かやば焼き-例年は5/5の連休中のため行けないことが多かったけれど今年はその翌週に開催されるという。
しかも食の嵐と合同開催、しかも武将隊も来る!ということで、これは行かねば~とGo!
駐車場の情報が全くなかったのだが、いもり池の駐車場を狙おうと。

で、やってきましたいもり池。
いもり池
いもり池、今年は小雪のため湖面の睡蓮が沈まなかったんだそうで。
準備中
10時スタートのつもりで行ったが、実は11時スタートだったので準備中でまだ人もまばら…
番長
ブラック番長、サングラス調整中?

はじまるよ
オープニング。黒と赤。
でもさー、せっかく三色同麺結んだんだからさ、ホワイト焼きそばブースあるんだからさ、けんけんずもつれてくればいいやんね。
三人ダメなら一人でも。
こういうとこ上越市ってなんだかなぁ…

いただきまーす♪
ってことで、はじまったので五泉のさといも麺(上越グルグラで食べたらうまかったんで)と塩尻の山賊焼。
揚げだけど焼き、なんですな。うまかったですぞ。
他串焼き食べたら持ち方悪くてタレがバッグにぽたぽたと(-_-;)

妙高山
妙高山を見ながらのうんまいもん、さらにうんまいですなぁ。
アップ
妙高山アップ
ビジターセンターから
今が盛りのミツガシワと妙高山

そしてビジターセンターへ。
ウッドアート
片山昭枝さんという方の「ウッドアートの世界」展開催中。ホント、木もいろんな色があるね。
図解
ある高さと角度から見ればきっと妙高山と書かれた解説がぴたっと重なるんだろうな~

笹茶
ビジターセンターでは「笹茶」のサービス。炒った笹からお茶~
けっこうイケました♪

そんな感じで腹ごなしにビジターセンター見たり、いもり池巡ったり。
ミツガシワ
今が盛りのミツガシワ

せっかくなんで池の平の温泉に入っていこうという話にしていたのだが(前回の赤倉での開催は赤倉温泉も協賛していたので)、いい温泉施設がないんだよね。温泉ってデカデカと書いてあった施設は閉館したそうだし、これはランドマーク妙高高原まで行かなきゃいけないかなと思いながら歩いていたら、その宿に書いてあった「入浴のみ可」に目が行く。
そしてまた、宿の人と思しき方が偶然外にいたんだよねー。
入れるかと聞いてみたら(ちょっと早いんだけど)OKとのことで入浴させてもらうことにする。
温泉~
「熱いですよ」の言葉の如く、確かに熱めの温泉だった。
だがそれがいい、と。
貸切1人温泉、あったまらせていただきました♪
ありがとでした!
ヴィレッジ圓山さん、ありがとうございました~!
こんなの見つけた
会場のいもり池に戻る途中の八幡宮敷地内で「池の平開拓祖 平川五一郎翁」という碑を見つける。
どんな生涯送った方なんだろうね。(検索したけどヒットしませんでした)

艸原祭のステージイベント開催中♪
妙高高原中
妙高高原中学の演奏。アンコールもやってくれたぞ。

次のステージは武将隊…なんだけど、ふと食の嵐ブースに目をやれば、
あっ
なんだあのイモはーーーっ!気になりすぎ!(笑)
しかしこれから武将隊、動くわけにはいかぬ。
イモよ、どうか長居して待っててくれ…

ってことで武将隊。
あいどぅる
足軽アイドルつばめちゃん
景勝さん
景勝さんに
おやかたさま
おやかたさま

実のところ、観桜会の時の演武以来初めてだったりすることよ。
連休は見に行けなかったしな。
勝鬨
そして勝鬨も「軍奉行」を募ってやることになったんだね。
特製非売品缶バッジはこの軍奉行をやらないともらえないのか…
おやかたさまのぐでたまが(笑)

演武後は先に配った大ビンゴ大会。
なかなかヒットしないままどんどん景品は消えて行き、ようやくビンゴになった頃にはレッドくんの携帯クリーナーストラップしか残ってなかった…ってもこういうのは意外とレアだったりもするのだw
御退陣
そして武将隊も退陣の刻限。お疲れさまでした!そしてイモは既に消えていた…(←東海村のイモゾーorいもジィというキャラらしい)

そしていよいよ艸原祭のメインが近づいてるワケだが。
ガスってる
ガスがすっぽり妙高山を覆ってしまい、晴れる気配がない。
須弥山太鼓

迫力
迫力の須弥山(妙高山の別名)太鼓
火送り開始
そして火送りの神事が始まる。これはその年の干支…年男と年女しかなれないのだ。
点火
点火!
火入れへ
中腹の「艸」の字へ火入れに行く神子たち
燃えてます
燃える燃える

しかし、ガスは晴れず、
ガスが~
いもり池遊歩道のキャンドルがおぼろげに見える程度だ。

「艸」の字が現れているはずなんだが、
残念ながらガスに包まれふもとからは全く見ることができない。
わからん
花火も音だけは聞こえるものの、無情のガスはすっぽり花火を包み込みまったく見ることができない。
残念無念…

「艸」の火文字と花火の様子は去年の記事でどうぞ→

抽選会
その後の抽選会でも全く引っかからず(抽選券預かっていたのに)、これまた残念無念。

帰りに芭蕉園でセールやってたのでふらっと寄ってみたら、そこで思わぬ方と遭遇!
元気そうでよかった。その後の今の話なんかも聞けてよかった。今度伺うね!

相方は振る舞い酒飲んで運転できないので自分の運転で帰宅。
天気に文句は言えないけど、やっばりガスで火文字と花火が見えなかったのは残念だった…



関連記事

オトノカケラvol.31&中郷さとまるーむへ

5/8 オトノカケラvol.31&中郷さとまるーむへ

2016、最初のオトカケである。
今年はvol.31からスタート。
ってことで、みなさんに会いに会場のスペース あら いーへ。

某所を通じて絡むことが多くなった音楽の先生でもあるCちゃんが興味をもってくれたようで会場の場所を知らせておいたのだが、なんとあら いーに来てくれた。
びっくり嬉しや。うひょー!


今回のタイムテーブル。
タイムテーブル
会場の都合で今回は一部と二部の間にそこそこ時間が空くことに。
ごはん食べたりそういう時間に充てればいいよね。

オープニングはたみおっち
たみおっち1
なんとなく顔合わせてるようだけど、リアルは前回のオトカケ以来約5ヶ月だったりするんだよね☆
2

3

二番手はOTOYAさん
オトヤさん

男祭りw
OTOYAさんを中心に男祭り状態w
弦が
あ、4弦が…
切れた…
熱演で切れてしまった…
借りて
急遽、たみおっちのギターを借りて演奏となりました。

お次は高野治さん
高野さん

歌う
魂の叫びを歌う
あっ
あっ。たみおっちが?!
むっ!
高野さんwithたみおっち、今回もやってくれましたwww
それにしても長ぼうきとは(笑)
ノってるしwww
高野さんもノってるし(笑)

そして朱音さん
朱音さん

あっ
朱音さんは以前○○だるま(○の部分はその都度違う)という名前で歌っていたこともあるので、それにちなんでだるまが並ぶことが多いのだw
増えてるw
なんか増えてるし(笑)

そして第一部のトリは阿部さん
阿部さん
阿部さん、オトカケ出演は去年の8月以来。これまた久しぶりだー
その2
相変わらずのabe節、いいですなー…

ここでひとまず第一部終了。
第二部までの時間、どうしようかなと思っていたが、Cちゃんが今日二本木駅でのさとまるカフェオープンなので行ってみたいということで道案内も兼ねて同行することに。
でも道を間違えるという(笑)

つきました、二本木駅のさとまるカフェことさとまるーむ。
駅の待合室を人の集う場に、と模様替えして今日がオープンなのだ。
さとまるーむ
さとまるーむオープン!
メニュー
メニューはこのように。
ごちそうさまでした
コーヒーごちそうさまでした。
オープン記念でさとまるくんとお友達のおーちゃんが来ることになっていたのだが、残念ながら時間が合わなくて会えずじまい。

再び新井のあら いーへ。
三輪車1

こちらもw
三輪車に興じる人たちwww

そして第二部開始~
阿部さん
再び阿部さんがオープニング的に。

続いてyumizoちゃん
ゆみぞちゃん

まけるな
心が歌にシンクロしてしまったそうだ。。。
その繊細さがせつない…
歌姫
ゆみぞちゃんの曲は心から出てきた思いだから、心そのままなんだよね。
だから…

そしてkuniさん。
クニさん
クニさんのソロは実は初めて聴くのだ。以前メモリーでバンドとしてのクニさんは聴いたことあるけど…ワクワク♪
クニさん
ほがらかでワルサ大好き(笑)クニさん、歌もはっぴー。笑顔が絶えません♪
思わず「いいぞクニ!Yeaaaaaaaaaah!」と(笑)
でも歌詞を振られると詰まってしまう自分なのでありました(^^;)

トリはたみおっち
たみおっちアゲイン
衣装も替えて。
3
会場内ではこれから開催される写真展の会場設営が始まった。
どうしても音楽だけに集中しにくくなってしまうが、それは仕方ない。
主催のたみおっちも街の人あってのオトノカケラであり自分たちであるというスタンスだからね。
でも、他の出演者の時にそれがかからないように、自分の時になるように都合つけたりもしたんだろう。
2
たみおっちも心に風邪引いてから、心を絞り出すような歌い方をするようになった…
4
でも時々クニさんのマネっこ(笑)

そんなこんなで今回のオトノカケラvol.31も無事終了。
おめでとう
yumizoちゃんの誕生日ってことで、Hさんが花束を持ってやってきたぞ。
おめでとうーー!

はいチーズ
今回の出演者のみなさんで。
今回もありがとう!お疲れさま!!
Cちゃんも最後までいてくれてありがとうね~




関連記事

朝市とフルサットと上越妙高駅へ

5/7 朝市とフルサットと上越妙高駅へ

世の中は黄金週間というものだが、うちにはあまり関係ない(ってか逆に忙しい時期)というかむしろ連休が恨めしいような日々なのだが、連休といわれる最後の土日くらいはちょこっと世の中に触れてみようかなと。

ということで、午前中は朝市。今日は二七の方でありんす。
そろそろ野菜苗の状況も見ておかなきゃいけないし。
おまけに今日は…
第一目的?w
お、いたいた。今日は武将隊が朝市に来てるのだー♪
♪♪
誰が来るのかなーと思っていたが、おやかたさまと先日現世によみがえってきたばかりの女武者隊長まつえさんだった!
初陣式と春日山初演武を見に行けなかった自分、まつえさんとは初めての対面。
まつえさん、今後ともどうぞよしなに。

朝市~
雨のせいで市へのお客さんはちょっと少なめ。賑わう時期なのになぁ。
とりあえず、ほしいものは来週も出てることが分かったのでよしとしよう。
見るだけのつもりだったが、魚やこわれ菓子など買ってしまったよ(笑)

蔦すごし
駐車場に戻る途中で見つけた蔦の絡みがアートちっくだったので。それにしてもすごい蔦の力よ。

そして午後は、上越妙高駅西口のフルサットへ。
フルサット
雁木をイメージした屋根をつけたコンテナ店舗のフルサット。だいぶ形になってきたぞ。
来月のオープンが楽しみだ。
はね馬
ちょうど電車が通るというのでまず見に行くにわか鉄(笑)

観桜会時期の週末から連休ラストの週末までフルサットでは「フルサット・春ガーデン」が開催されているのだが、この土日はこんなイベントも開催されている。
イベント
里山からの贈り物ショップ。里山の素材を生かした手作り手作業の品々が並ぶそうな。

今回扱っているのは
出展チラシ
「謙信公納戸方」…あけび蔓細工など
「竹細工ワークショップ」…竹細工
「あらい焼」…焼き物
「山の幸染め」…染めもの
あとフルーツほおずきを使ったジャムとサイダーも販売しているのだ。

個人やサークルでやっている手づくりモノというのはなかなか表に出る機会がない。
なのでこういう「場」を開くことが土地と人、作品と人、そして人と人が出会うきっかけになれば…
あと妙高上越北信エリアの応援と☆
つてことでKさんが動いた企画なのだ。すげーな。

あけびと竹細工と
あけびのつる細工と竹細工
そめもの
山の幸染め
色がきれい
色あいがきれいだな。
この山の幸染めってのは、従来の染め方とは違ってアイロンで染めるという技法なんだそうな。
熱転写で染物…むー不思議だ。
お守りと焼き物と
謙信公の義の塩のお守りと焼き物
サイダー
妙高のこれからの一品になりそうなほおずきサイダーとほおずきジャム。
ただ妙高ゆきえびみたいに「妙高のフルーツほおずき」の知名度が上がらないと…というハードルもあるけど。

食用ほおずきといったら「千成ほおずき」くらいしか知らなかったけど、今はフルーツほおずきっていうのがあるんだね。
ジャムの試食させてもらったがプチプチがおいしかったのでタネ探して自分で育ててみようかな~
ノーマルほおずきがこぼれだねで増えてしまったのでその辺なんとかしなきゃいけないが(^^;)
ガーデンカフェも
フルサット春ガーデンももちろん開催中。お酒もビールもソフトドリンクも。別棟ではおいしいものもありますぞ。

そして、Kさんから「上越妙高駅に武将隊のまつえさんと十吾郎さんが来てるよ」という情報をもらったので上越妙高駅に行ってみる。
春日山の演武はこの雨で中止だっただろうから上越妙高駅にお出迎え&お見送りになったのかな。それは知らなかった。
それにしてもラッキー♪
山城と甲冑
越五ブースは今回上越パートのようで春日山推し。
埋文にあった春日山ジオラマや謙信公の甲冑展示。
「大河効果」も活用しなきゃねーwww

いつもの十吾郎さんの大きな声が聞こえないので、もしかしたらもう帰っちゃったのか?と駅内うろうろしたら、お2人発見。
わーい♪
ってんでこちらでも。今日はまつえさんに午前午後二回も会えたぞ♪

トキ鉄駅。
おおっ!
トキてつくんは分かるけど、そこにけんけんずでもレルヒさんでもなく忠輝くんがいるのがなんかすごいw

今日はリゾート列車「雪月花」が走る日。この時間絶対通過するはずだと見越して雪月花が来るのを待つ。
しらゆき
そうしたら先に来たのはしらゆきだった。おやぁ?
しらゆき、こう見ると顔が鳥(ё)っぽいw

いや、絶対通るはずなのだ。今日は連休の土曜日、走らないわけがない!と、も少し粘っていたら
雪月花
雪月花キター!
ライトついてるとなんか顔が(・ω・)というか(・山・)というかそんな風に見えてしまったことよ。
妙高高原駅に向かう雪月花を見送ってまずは目的達成。満足満足。さあ帰るぞー。

山麓線は超向かい風。行きはよいよい帰りはこわい。
で、帰宅して手を洗おうと洗面所でふと鏡に映った自分の姿見てみたら、髪の毛がすごいことになっていた。
もしかして、行きですでにこの状態だったんだろうか。そうだったら自分この状態でKさんやまつえさんたちに会っていたのかーガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
ああ、帰りの向かい風でこうなったと思いたい…orz

里山からの贈り物inフルサットは5/8も開催中~!(16時まで)


関連記事