写真展-湯山のMONOたち-@スタジオ・ゼロ

9/28 新井の実験空間スタジオ・ゼロ「写真展-湯山のMONOたち-」へ

松之山・湯山の「ギャラリー湯山」。
大地の芸術祭の時は作品の1つになるが、それ以外の間は期間限定で作品展・企画展が開催されている。
この夏も7/2~8/15の間の土日祝日のみだが「ヒト・モノ モノ・MONO MONO・アート」展[増殖中]が開催されていた(スミマセン現時点でまだUPできてません)。

増殖中、というように、展示しながらも出展作家さんの作品が増えていく、進行形の企画展なのだ。

その企画展で撮影したそれぞれの写真を、記録として展示しちゃおうというのが今回のスタジオ・ゼロの企画。
参加資格は湯山でこのMONO展で写真を撮ったこと。それだけ。
これなら自分でも参加できそう!ってことで、写真プリントアウトして、スタジオゼロへ。

9/24から写真展は始まっていたので、既に参加者の作品が展示されている。
写真展1

写真展2

写真展3

来場した日がそれぞれなので、天気・時間等の外条件は違えども、それぞれの感覚で切り取って残した1シーン1シーンが並ぶ。
カメラ技術や性能は別にして(そうしてもらわないと自分も困るw)、こんな見方があるんだ~、こんな切り取り方するんだー…とそれぞれの感性の作品が並ぶ。
おもしろいー!!

10月26日までという開催期間なので、また改めて見にこよう♪

実験空間スタジオゼロ :木・金を除く13時~18時の間やってます
妙高市朝日町1-10-1

ボツったの
これも持って行こうと印刷していたのだが途中でインク切れになり印刷が中断されて、インク換えて再開かけたものの途中のまま排出されたのでボツになった一枚(^^;)

関連記事

映画「さとにきたらええやん」@最賢寺

9/27 「さとにきたらええやん」上映会@最賢寺・こども食堂

「こどもの貧困」が取り沙汰されている昨今、みんなでごはんを食べよう、という「こども食堂」が各地にあるが、上越市にも「いちょう食堂」というこども食堂がこの夏にオープンした。(対象地域が南本町小学校区内)

場所は南本町の最賢寺。大きなイチョウが有名のお寺だ。
お寺も今はお墓参りとかそんな時しか足が向かない場所だけど、かつては人のよりどころ、近しい場だったんだよね。
寄ることで、なにか救われる。
おとなもこどももそれは同じ。
そんなお寺でのこども食堂なんである。

で、今回、いちょう食堂が主催の「さとにきたらええやん」の試写会が最賢寺で開催されるので一緒にいかが?とここを利用している友人からお誘いをいただいたので、校区から外れてはいるけれどお言葉に甘えさせていただくことに。

ってことでやってきました最賢寺。
既に暗いので名物イチョウを見ることもなく中に。
あれ上野さん。
この作品、今度世界館でも上映するもんね。来てておかしかないわな。
puさんと合流し上映を待つ。

そして上映タイム。
…の前に、いちょう食堂のスタッフさん、上野さん、そして最賢寺副住職金子さんの挨拶が続く。
金子さんは世界館での上映初日にこの映画の監督とトークショーを行うのだ。
上野さん
上野さん(と映画チラシ)
金子さん
金子さん。お寺の副住職のイメージ感じさせないいでたち。そして若い。。。
関西の方のようですな。

上映。
内容はネタバレになるのでスルーするが、大阪・釜ヶ崎。「日雇い労働者の街」と呼ばれてきたこの地で38年にわたりこどもを受け入れている「こどもの里」。通称「さと」でのドキュメンタリー。
サンプル版のため、まだ音声編集がされていないのかしゃべる声とそこに流れる街の音が重なって聞きづらい。
無料上映なのだからそこら辺は目をつぶらねば(^^;)

でも、社会的弱者である子供たち、だけど一番未来を持っているこれからの人たち、この人たちを大事にしなくてどうするよ、ってこと。
大事にしろったって蝶よ花よとかわいがるのではなく、もっと大切で根っこのところ。
大阪のこの街に「さと」があってホントによかったね、ってこと。

いちょう食堂もこの「さと」のような場所に(さとのように常時開けている場所ではないにしろ)なれますように。

やー。いい映画見せていただきました。ありがとう。
いちょう食堂もがんばれ!


映画「さとにきたらええやん」は高田世界館で10/8~28まで上映。
世界館では10月、ドキュメンタリー映画特集として‘社会における「居場所」とは?’をテーマにそれに関連した作品を上映するそうだ。
見に行けたらいいなー…




関連記事

J1リーグ・アルビvs鹿島戦へ

9/25 2016J1リーグ2ndステージ第13節 アルビレックス新潟vs鹿島アントラーズ戦へ

昨日の名勝負数え唄の興奮を引っ張ってちょっと寝不足気味ではありながら、今日は新潟へ。
日帰り新潟でサッカー観戦なんである。
いや、なんだかんだでアルビのホームゲーム見られる日はもうこの日しかないのが分かったからね。
去年は行けなかったし、今年も成績がどうも危うい、これを逃すともしかしたら…という思いもあって。
自分は夏にちょこちょこ行ったけど、相方はずーっと行ってなかったしね。

では新潟に向けてGo!
今日の米山さん
今日の米山さん
今日の弥彦山
今日の弥彦山
稲刈り
蒲原平野は稲刈り中

で、新潟着。
あっちに行ってこっちに行って。

ちょっと時間ずらしたお昼は
ソロモン
空港道路沿いのソロモンへ。
ここ、28日に閉店しちゃうんだって。淋しいなぁ。。。
最後の食い納めじゃ…
なつかしの ハンバーグ
食べたかったナポリタン。相方はハンバーグ定食。
ソロモン
ソロモンよ永遠に…。

そしてビックスワンへ。
今日はなでしこ(対ジェフ市原)戦のダブル戦なのだ。
鹿島戦チケットで2試合見られますよと。

でも、会場着いたのが試合終盤だったところにグッズ見たりしてる間に、試合終わってしまったという(^^;)
スワンへ
久しぶりー!
ビックスワンーー
先に相方が場所確保してくれてたので着席。やっぱりEの2階自由席がいいね。
試合前
試合開始約1時間前。
ゆあふれんず
オープニングイベントではYourfriendsが応援ソング。
放水
芝に放水~。だいなみーーっく☆

N席のサポさん。
オレンジ
れいくさんも今日は観戦に来ているそうだぞ。
赤
こちらは鹿島サポさん
まもなくキックオフ
選手入場。さあキックオフだ!
さてさて
試合開始~

試合中
前半は新潟がゴールを割れないながらも結構攻めてはいたんだけどね…

ハーフタイム。
今日はダブル戦だったこともあり、エリア席の境がないのだ。だからNにもSにも行けるのだ。
で、れいくさんとアイボール。
上越の方と新潟で会うってのもなかなかですな。
お互いのエリアで後半も応援しましょー!

後半戦。
こちらも
…なんだけど、疲れが出てきたのか鹿島が攻めだした。
空ー
夕暮れ秋の空。秋空って飛行機雲多く見えるよね。
・・・いや、これは試合の流れに現実逃避しているわけではなく(^^;)

うーむ
今日の入場者数。W試合だったし鹿島戦だし、見た目も結構いるように見えてたから3万人はいるかと思ったのに…
それでも3万行ってないのか(TT)
4万の時代知ってるからなんとも……

試合終了。
あーあ
あーあ。。。久しぶりの観戦だったのに。
おわったー
やっぱり勝ってほしかったよね。。。もう負けてる余裕ないんだからさ。
これから不利な対戦カード続くし…
トラック一周
トラック一周。やっぱ負けたときのこれは選手もせつないだろうな。
新潟のサポさんは罵詈雑言飛ばさず優しいとはいえ。

ライトアップ
スタジアムを出ればアルビカラーのライトアップ。
今日は負けたけど、残る試合、なんとかなんとか頼むよー!


そして帰り、相方の勘違いにより混雑で車出せずで一時間ほど駐車場に留まることになってしまい、負けとダブルで雰囲気が悪いままの帰路になってしまいましたとさ(^^;)
あーあ。。。









関連記事

名勝負数え唄その8へ

9/24 上越鋼鉄の会「名勝負数え唄 その8」へ

今日は上越鋼鉄の会の「名勝負数え唄 その8」が開催される。
上越鋼鉄の会というのは、上越のヘヴィメタやハードロックを激愛する方たちの会なんである。
数え歌~
上越をはじめとする各地の鋼鉄な方たちが集うライブ。
それが「名勝負数え歌」なんである。
今回は7バンドが出演するのだが、ロックンロールスーサイドもその中の1バンドというので、あまりメタルには明るくないのだが行ってきた。

17時半からスタートしているライブなんだが、なんだかんだで結局会場のBiSに入ったのは21時30分前。
すてぃるどらいばー
STEELDRIVERライブ中
モニターでも
ボックス席でもモニターでライブが見られるのだ。
テーブルに反射
黒いテーブルにネオンが反射していい感じだったが、撮ってみたらそれが出てない(^^;)

STEELDRIVERが終わりスーサイドとチェンジ。
スタンディング観客が入れ替わる。
で、えっ、最前列でいいの??うっわー近いーー!(でもあまり近いと全部入らないんだよな(^^;))
ボスきたー!
ボスキタ――(゚∀゚)――!!
キター!
観客を煽って盛り上げていく。
テラさん
テラさん
ひーろさん
ひーろさん
タケルさん
タケルさん
そう、今日は久しぶりのフルメンバー、4人スーサイドなのだっ!
フルスーサイド!
フルスーサイド!
これぞ!
盛り上がる!
ほとばしる!
ほとばしる!
スーサイド3
音の挑発と観客の歓声で更にヒートアップ!
4
ガンガン来るビシバシ来る
5
うおーーーーー!
6
たまらんーーー!

おつかれさまでした
余韻たっぷり残したままスーサイドのステージ終了。
主催の鋼鉄の会の方と。
ふー
いやー、名勝負でしたなー(最初から見られなかったけど)

いやー、やっぱりいいなーすげーなースーサイド。
今日は4人スーサイド見られて満足じゃー!
うおー!!
余韻たっぷたぷじゃー!!


関連記事

ナナツキライブ@エルマール

9/19 ナナツキライブ@ヨーカドーエルマール

今日はヨーカドー/エルマールの1Fイベント広場でナナツキのライブがある。(「コンサート」と「ライブ」の区別というのはどうなんだかよくわからんが…)
13時と15時の2回開催なのだ。

ナナツキの音聴きたくて15時の回へ。
先月の牧草ライブ以来のナナツキだーー♪♪
ナナツキ1
ナナツキは二胡とチェロのユニット。
ナナツキ2
チェロのなつきさん
ナナツキ3
二胡の菜々さん
ナナツキ4
あわせてナナナツキ→ナナツキ
いいネーミングだよね♪

チェロと二胡、合わさると実にいい感じの音になるのだ♪♪

ナナツキ5
MCもなごやかに

聴きながらちょっとイメージあそび☆
ナナツキ6
セピアモードでのナナツキ
ナナツキ7

ナナツキ8
秋の曲を織り交ぜて。こういう季節に合わせた曲を挟むのもナナツキのよさなのだ。
もっと聴いていたいなーと思えども、そうもいかないのが…

ナナツキ9
演奏後にお2人に花束が贈られた。

ナナツキのお2人さんこれからますますのご活躍を~!


関連記事

浜省ライブへ

9/18 浜省ライブ@長野

今日は浜省のライブなんである。
ほぼ一年ぶりの浜省なんである。
去年今年はコンサートツアーがあり、新潟・長野開催あったので、ファンクラブ枠でチケット予約し無事取れたのである。
なかなかないし、自分みたいのにはどこのでも行けるもんじゃないからねー。

席は指定で当日会場入場時にしかわからない(転売防止対策)ので、早く行っていい席取るというのではないのだが、駐車場が心配だったので早めに出かけることにする。
いや、電車ルートとかいろいろ考えたんだけど、帰りの便が心配だったので…←昔の経験から(^^;)

大洞原にて
雨がやんだし信号待ちだったので大洞原(とまと)からの妙高山を撮ろうとしたらこうなりました(^^;)
おお!
長野会場ビックハットでのライブ、前回が2011年だったので…5年ぶりか。
長野は善光寺までは分かるんだけど、その先がちょっと怪しくて(^^;)ちょっと間違えたけど無事会場見つけた~
駐車場も無事に入れられてほっ。
で、車のナンバー、中部近郊やっぱり多いね。松本もだし。
長岡ナンバー思ったほどないのがちょっと惜しい。
近くのコンビニでお昼仕入れて車に戻ってもぐもぐ(´~`)。腹ごしらえしとかなきゃね。

さて、開場までまだ時間ある。どうしようかな。
どうしようかな
駐車場の近くに「水野美術館」があり、「北斎の冨嶽三十六景」展が開催されているのだ。
むー…どうしよう。見たい。
自分の場合は根っこが生えすぎて今度は時間足りない~見終わってない~ってことになりかねないのがあぶないのだが(^^;)
やっぱ見る
やっぱ見ることにしました。なかなか見られるもんじゃなし。
庭園
エレベーター乗車中に庭園をぱちり。

デカイ自動ドアが開くと、ばーんと作品が目に飛び込んでくる。この作りはお見事。
常設展示の鑑賞を進めていった先に特別展があるという流れ。

さすがの北斎展だけあってお客さんも多く、次に行きたくても動かないなんてことザラ。
それにしても絵(原画)、彫り、色!どれをとってもすごい。
版重ねすぎて版木のつぶれとか色の違いとかの異作などもあわせて展示してあってそれもまた面白い。
北斎絵
「駿州江尻」 [著作権フリー作品サイト「富嶽三十六景」より]

北斎さんやっぱすげーよ。
静と動、富士をどーんと主役にでかく描くのではなく、脇役に備えつつ(動く)人がメインのようで実は脇役というか富士の不動性どっしり主役感というか。
そして絵(版画)の中で生きる江戸の人たちの「あっしたち生きておりんす」の生き生き感。
それを描けるその鬼才・奇才・天才っぷり。
彼の瞳に世界はどのように見えていたんだろうかなー。

道具
版画で使う道具たちの展示も。

1階に戻ってきました。ミュージアムショップは北斎グッズがさすがに多い。
けどー、鳥獣戯画モノ、もちっと(使えそうなの)置いてほしい。
A5のクリアファイルではなぁ。
立体
撮影スポット。立体「神奈川沖浪裏」だー!
撮ると
アップでもう一枚

いい時間になったので美術館を出る。
中にいたときから雨は降っていたのだが…なかなかにいい降り。
あそこだ
斜め向かいの会場、ビッグハット。
壁画w
壁画発見w
ここだ!
会場ビッグハットーーーー!
おおう!
ツアートラックいたーーーー!
去年の新潟の時は見つけられなかったんだよー!
並ぶ並ぶ
コンサートグッズ販売に並ぶ人たちの列。
ほしいけど、こういうの使えない人だからなー…どうしようかなー…
うしろも
人が途切れたときにツアートラックななめからぱちりこ☆

それにつけても雨がすごい。
傘さしてるのになんか水滴落ちてくるんだよなーと思ったら、傘の頂点がキャパ超えたようで雨漏りしてた(^^;)
携帯のバッテリーも寒いから1目盛り減っちゃったし、やばいやばい。
グッズ結局エコバックゲットして、FC特典グッズ(液晶クリーナー)もらったりしているうちに開場時間近づいてきたので並ぶ。
ずらっと
雨降ってなければなんでもないんだけど、雨でこの行列、階段だし前の人の傘の雨だれかかったり傘そのものもあぶないし、自分も後ろの人にそれやってるかもしれないし…

少しずつ並んで並んで会場内へ。所持品チェックのあとチケット受け取る。どこだろ?
ま、場所は決まってるんだからちょっとうろうろ。
中で
中に貼られてたポスター。
デジカメでは撮れないので携帯からぱちり。多くの人がスマホで撮ってる。
でもさー、カメラはダメでスマホOKってなんだかなー。
今のスマホのカメラ機能はかなり優秀だから(動画も撮れるし)、即時性も加えればカメラ以上のことできたりもするよね。
そっちはいいんかい!って感じだけど。
なんか不公平感。じゃあ自分もスマホ持てばいいだろって話なのかもしれないけどそれってなんだかなー?

さて席探し。該当位置ないんですけど・・・あれぇ?
スタッフの方に聞いてみたらば、アリーナではなく2階席だった。。。えー(´・ω・`)
判明したときはちょっとがっかりしたけれど、見方変えれば、ステージに近いし、前の席ないし、下手なアリーナの後方で前の人背が高く壁状態状態から比べればずっといいじゃん。
上から下の観客の姿も見えるし、端っこだから気兼ねもそうないし、いいじゃんいいじゃん。

近くのグルーブの人たちが集合記念にスマホ集団自撮りしてたりしてまた不公平感抱いたりしたけど(^^;)

さあライブもうすぐだ。開始前のBGMが洋楽だったんだけど、幕が上がる直前の曲、ラヴィン・スプーンフル「魔法を信じるかい?」。
ロックンロールの魔法、信じますとも!

そして幕が上がる。

省吾ーーーーーーーーーーーーーーーー!!

アルバム曲と定番の曲であがるあがる。
魔法かかりっぱなし(笑)

下見ればアリーナの人たち、なんか、ライブ版で観客を俯瞰して見てるようで更にこう「おおおー!」って感じ。

でも、恒例の年代チェック、シフトしてるよね(笑)
子供が10代とか、親子でって方もいるしねーー。
ああ、次のライブの頃には自分も世代1つずれちゃうなぁw(^^;)

ライブ終わって、アリーナの観客が動き出す。
その俯瞰写真撮りたいなーと思うけどカメラ出せないしね。
スマホな方々が記念に撮ってるのうらやまし。。。
会場出る
余韻と一緒に会場を出る。
見納め
ツアートラックも見納めだ…

トラックの前方に。
ええっ?!
?!
えっ、省吾?マヂ?そんなバカな。さっきライブ終わったばっかだぞ?
なんでここに??
頭がパニクる。

誰かに頼んで一緒に撮ってもらう?
本人なの?ホントに?

など頭の中でグルグルしていたが、誰かの「あっ、ハマちゃんだーー!」との声でそっくりさんだと判明。
どうやらコンサートあちこち行く方の間ではけっこう有名な方らしい。
そうなのか…

もうちょっと撮ろうかなと思ったら、残念、デジカメのバッテリー切れ。
携帯では力不足だし。。。

ってことで、浜省BGMに上越に帰りますよ。
道調べていったんだけど、暗いし、地図上の道路(幅)と実際の道路のイメージが違ってて(もっと広い道路だと思った)曲がるべきところを直進してしまい、逆方向に行ってしまうというトラブルもあったが(パン買うのに入ったコンビニのお兄ちゃんに道を聞いて間違っていたことが判明)無事長野のなじみの道路に出たのでほっ☆
18号に出てあとはすいすいと上越へ。

あーー、贅沢させてもらったーー!
次に浜省行けるのは何年後かわからないけど、また行けますよーに。




関連記事

アート・パフォーマンス「薤露の記憶」(その2)

9/11 アート・パフォーマンス「薤露の記憶」 その2 (9/11 その3)

前エントリの続き

前記事にも書いたが、直江津の「ライオン像の家」ではこの日、「薤露の記憶」という歌・ダンス・造形とそれぞれのジャンルが融合したアートパフォーマンスが行われる。
歌(音楽)はSahnyaちゃん。
ダンスは田中詩穂さん
造形は家﨑萌さん…・・・という3人の若者のパフォーマンスなのである。
加えて料理研究家の土肥麻希子さんのドリンク「記憶のジンジャーエール」も提供されるという。

「薤露(かいろ)」ってのは…薤(にら)の葉の上の露は消えやすいところから、人の世のはかなさや、人の死を悲しむことをいうんだそう。

18時からこのコラボパフォーマンスが開催されるのでライオン像の家に行ってみたら既に満席状態。ひやー(^^;)
piさんも来ててお隣に座らせてもらう。
はじまりはじまり~。
薤露1

薤露2

薤露3
Sahnyaちゃんの詩の朗読
宮沢賢治の「薤露青」

  ・・・・・あゝ いとしくおもふものが
      そのまゝどこへ行ってしまったかわからないことが
      なんといふいゝことだらう・・・・・

薤露4
ベールをかけたままのSahnyaちゃん
薤露5
詩の朗読と歌
薤露6
そこに映像と造形作品と田中さんの舞踏が重なる
薤露7

イメージの中へ身を投げよう・・・

いつしか複雑化した時代でもあなたの中にある
本能は生きてる 萎びた魂に灯す火を
      「色彩のプレリュード (Lyrics by Sahnya)」


これで第一部終了。ちょっと休憩時間。
薤露8
その間にこれ。今度はゲットしますぞ「記憶のジンジャーエール」。
薤露9
ぬー。うまい。ジンジャーエールってのはやっぱジンジャーなのだなぁ。市販のアレは違うんだなぁ。。。

薤露10
第二部に備えてビデオカメラセット中のSahnyaちゃん。かっけー…
薤露11
座布団座布団www
薤露23
座布団いろいろ(昼撮影)

第二部
薤露12

薤露13

表現に形を変えた時新たに籠もる熱が
また誰かを熱くするだろう
          「MOYU (Lyrics by Sahnya)」


薤露14

明日は誰のもの?神様しか知らない事
          「向こう側へわたる人 (Lyrics by Sahnya)」


薤露15

薤露16

I'm waiting for you 全ての命が生まれ
風匂い立つころ君に出会う 
           「Hibana (Lyrics by Sahnya)」


薤露17

薤露18

許してあげたい
何よりも自分を愛しきれないことを
いいんだ、って
         「許してあげたい(Lyrics by Sahnya)」


薤露19

薤露21
「薤露の記憶」をつむぎだした人たち
ありがとう。

薤露22
 「薤露青」
 「星めぐりの歌」宮沢賢治
 「オキナグサ」
 「色彩のプレリュード」
 「MOYU」
 「向こう側へわたる人」
 「Hibana」
 「許してあげたい」Sahnya

秋の一夜。
ひととき、はかないけれど確かにあった時間、記憶。
薤露の記憶、ライオン像の家に宿る。



関連記事

アート・パフォーマンス「薤露の記憶」(その1)

9/11 アート・パフォーマンス「薤露の記憶」 その1 (9/11 その2)

直江津の「ライオン像の家」ではこの日、「薤露の記憶」という歌・ダンス・造形とそれぞれのジャンルが融合したアートパフォーマンスが行われる。
歌(音楽)はSahnyaちゃん。
ダンスは田中詩穂さん
造形は家﨑萌さん…・・・という3人の若者のパフォーマンスなのである。
加えて料理研究家の土肥麻希子さんのドリンク「記憶のジンジャーエール」も提供されるという。

午後から家﨑さんの造形展が開催されている&夕方のライブ時には作品の配置が変わる、と聞いたので、春日山での演武のあとライオン像の家に行ってみることにした。

あ、ちなみに。
「薤露(かいろ)」、ってのは…薤(にら)の葉の上の露は消えやすいところから、人の世のはかなさや、人の死を悲しむことをいうんだそう。

そしてこのパフォーマンスコンセプトは
「我々は、皆一人一人がスポットライトの下に生き、人生における主人公である。
私たちは旧直江津銀行(ライオン像の家)と呼応しながら、すべての主人公が薤露の記憶に共鳴できる空間を作り出す」。

はかなさと悲しみの記憶。。。

で、ライブ前にライオン像の家へ。
(あわよくば、ジンジャーエールもいただこうというヨコシマさもw)

薤露2
展示案内
薤露1
ライオン像とフライヤーたち

おじゃましまーす。
薤露4
通路に並ぶ絵たち
薤露3
絵と椅子と、これも作品イメージの1つなんだろうか。

ライオン像の家にはSahnyaちゃん。そして作品を見に来ていた方。
ちょっと年配の男性なんだけど、現代アートに知識と理解があるようでそんな話をされている。

そして、ジンジャーエールはまだ出ていないんだそうだorzザンネン…

薤露5
オキナグサと扉と絵たち
薤露6
中にもいろんな絵が並ぶ。
薤露7
オキナグサの悲しみ。。。
Sahnyaちゃんにウルトラマンの怪獣の話をしてもらう。
ウルトラマンの怪獣は意外に悲しみを背負っていたりするのだ…
薤露8
面とともに作品たち
薤露9
この子もなんか哀しみがあるなぁ。。。
時代の中で、相容れることのない、孤独の哀しみというか。
薤露10
悲しみと、哀しみと、強さと、弱さと、存在と。
薤露11
Sahnyaちゃん、思いを言葉として出せるってすごいな。

この男性の方がライブには来られないというので、リハも兼ねて?Sahnyaちゃんが歌う。
詩がとても孤独で心を締め付けられるという「思い出のマーニー」。
薤露12
映画のタイトル名は知ってはいたが、歌はもちろん歌詞(和訳)も知らなかった…
薤露13
この方と、自分の2人だけがSahnyaちゃんの歌声を聴いている。なんて、なんて贅沢な時間なんだろう。
涙出そう。ありがとうSahnyaちゃん。

一旦帰って改めてまた出向くことにする。んじゃ、またあとで。
薤露14
「薤露の記憶」は18時からはじまりますぞ。


関連記事

武将隊演武@春日山 9/11その1

9/11 その1 武将隊演武@春日山神社

酷暑の祭典(笑)謙信公祭も終わり、今月はこの日しか演武見にいけないやんー!と春日山神社へ。
多分夏装束も見納めだ…

演武1
つばめちゃんの前説(ポーズ付き)
2
まつえさん。かっけー♡
3
景勝さん。りりしいのう。
4
そしておやかたさま。かっちょええ。
5
手合わせのシーンなのだがなかなかうまく撮れぬ…
6
音響担当つばめちゃんも

PRタイムや軍奉行の勝鬨タイムのあとの後半演武。
7

8
今日の跳躍その1その2。お見事!

そして集合写真。
9
お疲れさまでございましたっ。

9月の春日山本丸も気になるが、今日は行くところがあるのでこちらはここまで。
また来月のお楽しみかな。
そして春日山から直江津へ。

加賀街道から行ったので居多神社に立ち寄って、姥嶽明神の祠を探す。
北側参道というのをサイトで見たんだけど、どれが北側か分からん(^^;)

一部割れている何かの石碑。
10
読みきれない…
でも「明神」だし、これよりもうちょっと神さま神さましてるような気もするし…
うーん、また次回への宿題か?
居多神社の案内図?もないしなー。。。
○○の碑や○○神社とか社内案内図みたいのあるといいのに…

などと思いながら目的地の「ライオン像の家」に向かう。(その2に続く)


関連記事

長明子さんのとんぼ玉展へ

9/7 長明子さんのとんぼ玉展@きものの小川

本町のきものの小川さんでは今月11日まで長明子さんのとんぼ玉展を開催している。
これは行ってこなくては、ときものの小川さんへ。

小川さんではほぼ毎年開催されていたとのことだが、前回おじゃましたのは2011年…
えーもうそんなに経ってた?

やってきました
では、おじゃまいたします。
案内ハガキ
今回の案内ハガキ。きれいだ…

ずらーっと

ならびます
このように作品が並んでます。

ガラスの中にそれぞれの世界を閉じ込めて、ちりばめて
作品たち1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

ガラス棒
材料のガラス棒。これを伸ばして金太郎飴のようにして作るそうなんだが、この棒を重ねてあの小さなとんぼ玉の模様にするってどれくらい細くするものか…
ちっちゃい
作品パーツ。葉っぱや花やクマノミ。ちっちゃ!
で、これを透明ガラスに閉じ込めてくってことだよね?
どんな細かさだ…

ちょうど長さんがお店に見えられていたんだけれども、とても御年80を越えてるとは思えないお方でした。
ぜひパソコンもマスターされてくださいね♪

そして、いただいた出来立てほやほやの来月のご案内(菜々ちゃんありがとう!
こちらもよろしく
花ロード初日、古布を使った作品とナナツキさんの音楽でゆったりとステキなひとときを(^^)

長さん、小川さん、ありがとうございました~

とんぼ玉展は11日(日)まで!
そして小川さんにはステキな和雑貨もいっぱいですぞ。(きものの小川さんの営業時間 10時~18時)


関連記事