上越妙高駅にて

12/28 武将隊じまい2016@上越妙高駅

年末は気ぜわしい。
クリスマス以降はあれもこれも状態になり(手際が悪いからともいえるが)、おでかけもできなければそんな気分にもなかなかなれない。
武将隊の出陣収めも今日まで。

ちょっと出たついでもあり、武将隊が上越妙高駅で乗降客のお出迎えとお見送りをしているはずなので行ってみることに。

お見送り中
あ、いたいた。
出陣表にはおやかたさまと十吾郎さんだったけど、つばめちゃんに変更になってたんね。

今年は見たぞ
東口もてなしドームの懸垂幕。
「真田丸」、今回の大河はむちゃくちゃ楽しませてもらったなぁ。
また見直したい。
この横断幕使えるのもあとどれくらいなんだろう…
「真田丸特需」のあと、これをどう活かすかが運命の分かれ道だ…
上越市もうまくやってくれよ~(それは刀なのか、そうだとしても刀で興せるものなのかどうかはわからないが)

お出迎え前
お見送りとお出迎えの間は駅での人待ちな方たちへのおもてなしなどをするお2人。
2016ありがとう
さあ新幹線が到着するぞ、お出迎えスタンバイ前にぱちりこ。
下車客が来るとバタバタなのでその直前にお2人に年末のご挨拶してこの場を出る。
ホントは全員に言いたかったけど…でも言えたんでよかった。

と、いうことで、実際のところまだ書いていない記事もありますが、2016年最後の記事です。
(まだの記事はじわじわとこっそり埋めるつもりです)

こんな遅筆ブログなのに2016年もお付き合いいただきありがとうございました。
2017年もよろしくお願いします。


それではみなさん、よいお年を!!


関連記事

れっつ忘年会!

12/23 Nさんのお誕生会&忘年会へ

ここ数年、Nさん宅で忘年会が開催されていてお誘いをいただいていたのだが、いかんせん暮れ近くだったため出かけられず残念ながら欠席届けしていたのだが、今年はクリスマス前のこの日に開催するという。
参加メンバーのNさんの誕生日(上記Nさんとは別人)ということもあり、誕生会&忘年会という名目。
この日ならなんとか行けそうってことで、初参加させてもらった。

当初は飲まないつもりだったのだが相方が送迎してくれるというのでお言葉に甘え…飲むぞー!

おかずと果物と飲み物持っておじゃましまーす。
すき焼き
くびき牛のすき焼き!
すき焼きなんて10年近く食べてないよ…
うう、うめー!

サラダ
Kさん作のサラダ。ツリー模しててこれがまたかわええ。

飲んで食って歌って笑ってと楽しい時間。
しかしみなさん歌歌うときはスマホで歌詞検索なのね。
自分スマホ持たないから見せてもらったけど、時代だねー…

ケーキ
Mさん提供長岡の某店のケーキ。
Nさんお誕生日おめでとうございます。
さすがにろうそくふーはありませんでしたが(笑)

他にもいーーっぱいごっつぉがあったのですが、撮る前に食べてしまったf(^^;)

あまり遅くなると迎える側にも悪いので宴もまだまだ続いていたけれど時間見て切り上げ。
いやー、楽しゅうございました。
ありがとうございましたー。

24日以降はムリだけど、それ以前なら多分参加できるはずなんで、来年もよかったらまた呼んでくださいませー。
関連記事

細谷さんの「冬の記憶#2」展とセンター病院クリスマスイベントへ

12/22 細谷さん「冬の記憶#2」@ラウンジルームと上越地域医療センター病院のクリスマス展へ

12/8から市内・飯のラウンジルームで細谷晶夫さんのパステル画展「冬の記憶#2」が開催されている。
期間は25日、クリスマスの日までだ。
なかなか行けずにいたのだが、この日を逃すともうだめだーとこの日出かけてきた。

なんだが、この日はめっちゃ強風。
フェーン現象でヘンにあたたかい。
12月の気温じゃないぞこれ…
おじゃましまーす
なのでお店も施錠中。ノックをしたらばすぐ開けてくれたが。それくらいの風なのだ。
では改めて、おじゃましまーす。

ラウンジルームはセンスのいい雑貨屋さん。
お店のもの見てるとほしくなるよねー。(残念ながら見るだけだけど)

細谷さんの原画たち。
細谷さん3

細谷さん4
心にともるほっこり感。
うまく言えないので言わないが、細谷さんのイラストの世界感というかそういうのがすごく好きなんだよなぁ。

細谷さん1
ポストカードもいっぱい。
細谷さん2
それだけでなくミニフレームやクリスマスカード、ブローチなどもあるよ。
細谷さん5
そして、なんとピックリ。画集のようにまとめたフォトブックもある!
細谷さんのクリスマス画がいっぱい♪

いやー、やっぱいいわー。
そんなこんなで、原画からポストカードやらなにやら見させていただきました。
あーほっこり。
細谷さん、ステキな作品見せて下さってありがとうございました!
ますますご活躍の程を。

その後。1つ2つ用事を足した後は、上越地域医療センター病院へ。
こちらでもクリスマス展をやっているのだ。
センター病院
おじゃましまーす。

ひぐちさん
ひぐちさんのポストカードたち。なんとここでしか手に入らない場所限定のポストカード発見w。
セサミソルトさん
セサミソルトのグッズたち。これみんないつこさんの作品。おみごとだぁー
細谷さん
こちらにも細谷さん、です。

それぞれのショップでそれぞれの作品たちを楽しませていただきました。
こちらでも結局見るだけですが、ほっこりあたたかい気分にさせていただきましたよー

それにつけても風が強い。←(大事なことなので一応3回言いましたw)




関連記事

春日山じまい

12/21 春日山本丸登城2016じまい

今日は好天。
午前中の出先では妙高山もきれいにその姿を見せてくれていた。
よし、春日山行ってこようと思い立ち、午後の用事の行程に無理やり?ねじ込む。
ホントは山見るには午前中の方がいいんだけどね~
まーそれはしょうがないし。
多分今年最後の春日山になるだろう。春日山じまいだね。

石段
いざ、登城!
途中から
今回も神社脇千貫門コース。空堀越えた途中からの景色。
毘沙門堂
毘沙門堂でお参り。
まだ咲いてた
まだ咲いてる。。。
咲くの遅れたか?・・・寒さに負けずがんばれよ。

はい本丸到着。
本丸到着
今年も一年登らせていただきました。
米山さん
米山さんもあまり雪ないなぁ。
越後三山
越後三山からのまっきー(巻機山)方面。さすがに白いねぇ…

天守台址へ
海谷山塊
海谷山塊に
妙高三山
妙高三山。
今年は山登れなかったなぁ~

さて、そろそろ下山せねば。
下山
7/26の豪雨で崩れた箇所のブルーシート。
今は国の様子見状態なのでまだシートは外せないけど、来年にはシートもない姿を見られるといいな。

神社到着。さすがに売店はみんなしまってる。
謙信公像1221
謙信公像。今年もお世話になりましたっと。
春日山神社
春日山神社にこの一年のお礼と来年もよろしくですとお参り。

帰りにちょっと埋文寄り道。
埋文にて
みなさんの折り紙がかわいかったです♪

ってことで2016春日山じまい。無事に行ってこれてよかったっす。
2017にまたお会いしませう。


関連記事

ひぐちさんの「ゆく年くる年」2016へ

12/16 ひぐちさんの「ゆく年くる年」へ

12/1からエルマール1階正面入り口で今年もひぐちキミヨさんの「ゆく年くる年」展が開催されている。
なかなか行けないまま日々は過ぎ、ついに最終日。
やっと行けたが終了もまもなくってところで、なんとかかんとか滑り込みセーフ。
おじゃましまーす
おじゃましまーす。

ひぐちさん1
ゆく年2016、シメのハレの?イベントはクリスマスだもんねー。
(年賀状やら大掃除などは別ですからw(^^;))
2
そしてくる年、2017年に向けて。
3
もちろん原画も。
ここの餃子食べてみたかったなあ…
うちホントにこういうお店ってわからんもんなー…(^^;)
4
直江津のまち絵や
5
おかっぱちゃんや(ひぐちさんmyキャラはおかっぱちゃんなのだ♪)
6
里山のさと絵や
7
直江津祇園や
8
高田のまち絵などなど各地の風景がいーーーっぱい(^^)

そして、ババーン!
9
カレンダー勢揃い。
特に人気を集めたのが「ラーメンカレンダー」。
みんなラーメン好きだっけのー(^^)
おなじみのあの店この店…男女問わずの大人気だったそう。
10
もちろん卓上型もありますよん。

ひぐちさんといろいろ話もできてよかった~
描かれたそれぞれの風景にほっこりさせていただきました。
ありがとうでした♥

ひぐちさん1日から16日までの間お疲れさまでした。
これからのイベント時はおじゃまさせてくださいね(^^)v

関連記事

新潟へ

12/13~14 新潟市へ

なんだかんだなかなか行けないまま師走も折り返し地点が近くなってきた。
15日位までに済ませておかないと先方も自分も気が気でない(互いの気が気でない内容は違うが)ので、これはもう行かねば~!ってことで新潟へ向かう。
犀潟駅にて
犀潟駅のペットボトルクリスマスツリー。そんな時期だもんなー。
米山さん
米山さん。今年の雪はどないだろう。
いやひこさま
弥彦山と新潟平野。

新潟着。寄るとこまず寄ってちょっと遅いお昼。
おもだかや
竹尾のおもだかや。やっぱりうまいんだよなー。

そして、今回の第一目的。W宅でのお手伝い。
笹だんごアイス
夕飯は政家。セットのデザート笹だんごアイス。んまかった。
懸案事項無事終了。ほっ。

翌日。
行くトコ行ってから津川へ。
阿賀野川
阿賀野川~
伊達?
三川の道の駅向かい駐車場で見かけた。お月さん?
伊達の前立てじゃないよね?(ないないw)

津川
津川のお寺さん。
今回は去年亡くなった自分の従兄の墓参り。相方は参列できなかったのもあって。
従兄宅にもご挨拶。

その後馬刺し、津川限定販売酒を買って上越に向かう。
阿賀野川
阿賀野川。津川ではみぞれだったが次第に雨に。
越後の冬空
いかにも新潟っぽい灰色の冬空

柏崎のファミレスで夕食タイムして上越へ。

一応年末の新潟仕事終わったし、これからはこっちの年末仕事にとりかからなきゃだな(^^;)


関連記事

お蕎麦 慶さんへ

12/12 お蕎麦の慶さんへ

今日は久しぶりの昼飯会なんである。
天ぷら食べ放題のお蕎麦屋さん・慶で開催なんである。
5人で盛り上がりましたぞ。

鴨南蛮
鴨南蛮(冷)
温そば鴨南蛮
鴨南蛮(温)
花まめ煮豆
花豆の煮豆

自分が来たときはもう鴨南蛮蕎麦は終わってしまっていたのでむかしそば。
むかしそば
むかしそば。太くて食べでがありましたw
天ぷら
もちろん天ぷらもいただきますよ。

そして今日もまた閉店時間まで根っこ生やしてしまった…
いつもごめんね(^人^;)
ごちそうさまでしたー!
またやりましょう♪

関連記事

サンタとハッピークリスマス2016

12/11 FM-J公開生放送 サンタとハッピークリスマス2016

今日はFM上越の公開生放送「サンタとハッピークリスマス」が開催される。
ここのところほぼ毎年の恒例行事になっているのだ。
ってーか、この日程が決まらないと他の予定が組めないという(^^;)
今年は相方参加できないので自分だけなんだが、行ってきまーす!

…と、その前に
こどもまつり
ドンキホーテの2階で開催されている「上越こどもまつり」へ。
ステージ
ステージも賑わってる
アクティブスポーツ
上越アクティブスポーツ協会は複合型屋内施設建設実現を目指しているんだけども、冬季限定の仮拠点としてここが開放されることになったのだ。で、今日がそのオープン日なんである。

時間もあまりないので、会場内ざあーっと見ただけでそのままイオンアコーレへ。
(慌しくてスミマセン)

これですよー。
サンタとハッピークリスマス
チャリティ抽選会の抽選券ゲット。puさんとも会う。
プレゼントが並ぶ
抽選会の賞品が並ぶ
リハーサル
リハーサル中

盲導犬
パーテーションはさんで、盲導犬のPR中。今年も盲導犬が来ていてなでさせてもらった。
知らない人がいっぱいなのに、そんな中でじっとしててえらいなぁ…

公開生放送前の前説
開始前
由香里サンタと美伸サンタ♪
はじまるよ
今日の番組のパーソナリティの1人?1魚?ブリカツくん登場w
レルヒさんも
レルヒさんもやってきた。
…あれ?…バッテリーおかしかないか?
このように
ブリカツくんサンタとまいまいサンタ、なごやかに?笑いとともに番組を進ませる。
上越まつりのビンゴ大会や新幹線開業記念イベントに来てくれたことはあったけれど、こんなにじっくり見られるなんて嬉しすぎるよブリカツくん。
しゃべりキャラの強みだね。好きだーー!

城西保育園
この番組恒例の城西保育園のちびっ子たちのクリスマスソング。
これがまたかわいいんだ。
上から
エスカレーターに乗りながらぱちり☆ブリカツくん座りながら体揺らしてリズム取ってる~

こんなんやってる
2階では「新潟県統計グラフコンクール」なんてのやってました。

また戻って
イオンPR
イオンPRタイム。クリスマスにぴったりのローストビーフのご紹介。
どーん
バーン!
この状態ってことは…こ、今年はもしかして、見ている人たちにも試食させてくれるってことですか?
えっ?
実食タイム。ブリカツくんどうやって食べるのかなーと思ったら、え?
ま、まあ口から食べるってのは正しいけど・・・そう来るか(^^;)
どどーん
いただきますよー♪
もぐもぐ…うんめぇぇーー!(もっと食べたいー!)

盲導犬の紹介も
盲導犬紹介タイム
ベラちゃん
ベラちゃん。女の子です。
体験
まいちゃんの盲導犬体験。目隠しした状態でベラちゃんから歩行補助してもらうのだ。
階段もちゃんと階段だよと教えてくれる。
盲導犬、えらいよやっぱり。

ここで前半終了。ついで14時台に突入。
佐渡紹介
アコーレ各店PRに続きブリカツくんの自己紹介と佐渡紹介コーナー。さどごはんもうまそー…

まぐろー
そして再びイオンタイム。こんなマグロをゲットしたんだそうな。
ブリの前でマグロ(笑) しかしでけーなー(マグロほぼ実物大)
サーモン
マグロの試食と思いきや、サーモンの試食。
って、これ、なまらうまいんですけどーー!これももっと食べたい~!

そして番組はライブタイム。
番組内ライブ
石塚明由子さんと須藤ヒサシさんのライブ。
やさしい音楽でほんわかほっこりするね~
なごやかに
そうこうしているうちに番組もエンディング。
いやー楽しかったーーー!

番組終了後はお楽しみ抽選会。
抽選会
ブリカツくんが引いてくれますぞ。
いいの当ててねーーー!

毎年恒例怒涛の賞品引き換えのあとは石塚さん&須藤さんのインストアライブ。
石塚さん
石塚さん
須藤さん
須藤さん
石塚&須藤さん
お2人そろって。
やさしくて癒される石塚さんの歌声。音楽。
でも優しいだけじゃなくて、歌詞はちょっと切ないものも。
上越の方なんだけど関東での音楽活動がメインらしい。
これから上越でのライブの機会も増えますように。

プレゼント♪
今年当たったもの。
テラさんの妙高カレンダーにシクラメン、他。
(サンタブーツはpuさんのマゴちゃんへ)

今年もFM-Jサンタさんたちから楽しい時間というでーーっかいプレゼントいただきました。
2016年もはっぴーくりすまーーす!☆

ブリカツくんもお疲れさまでした。ありがとうね~!



関連記事

妙高演劇フェスティバル2016へ

12/10 妙高演劇フェスティバルへ

で、妙高市役所で行われたFMみょうこう開局1周年イベントから向かった先は妙高市文化ホール。
(途中イチコに行ってパン買って腹ごしらえ)

今日は妙高演劇フェスティバル初日、妙高の劇団「空志童」さんの舞台がある。
過去の同フェスティバルで空志童を知り、そのおもしろさにハマってしまったのだ。

ポスター
告知ポスター。今日は空志童。明日は笑劇場と高校の演劇部。
笑劇場は高田世界館演劇祭で見られる、けど演劇部の舞台はいつも気になっているけど日があわないんだよね(^^;)

チケとポスター
入場券とポスター。ポスターの隣は先ほどまで行ってた開局記念イベントのだー!

会場中に入る。
真ん中が空いてたぞ。ラッキー♪

今日の演目は「靴屋は靴を履かない」と「海賊」の二本立て。

「靴屋は~」は先日の世界館演劇フェスティバルでも上演された作品。
その時とはちょっと配役が変わっている。
ストーリーは同じだけれど、役者が変わるとまたちょっと違って見える。

不条理な靴屋と、ごく普通の客が織り成すストーリー。
オチがまたねー、さもありなん(笑)
二回目の鑑賞だったので前回の補充もできました。

お次は「海賊」。
イマドキのJKさんのものがたり。
なんとなーく日々送っている女子高生ミサキが時空のズレから現れた「カイゾク」と出会う。
時代のズレから「それぞれの常識」が通じないため話も合わないのだが、それでも根本的なものは同じ。
心を通わす2人……に教師や警察というガチガチの‘現代の常識’が立ちはだかる。
そんな時、時空の切れ目が現れカイゾクは帰っていく。
何者にも壊せない強いチカラを彼女に残して。

そう、彼女も、「今」を、この今という海で生きる‘カイゾク’だから。

…と、前向きなチカラを与えてくれる作品。
なんかすげー元気でたぞー。
うん、オレもがんばる!と。

空志童のみなさん
空志童のみなさんぱちり。
「あ、世界館の人だ!」言われちゃったよ(笑)

今回もいいお芝居楽しませていただきました。これからの活動も期待しています!





関連記事

FMみょうこう開局1周年記念公開生放送へ

12/10 FMみょうこう開局1周年記念公開生放送へ

去年、上越ケーブルビジョンが妙高市にコミュニティFMを開局した。
うちでは入らないことはないが聴くにはちょっと苦しい。
が、FMみょうこうはスマホアプリやPC(JAVA使用)でも聴けるようになっているので、屋外はムリだが屋内なら聴けるんだな。
原則ラジオはラジオで聴きたいが、こういう便利はせっかくなので時々使わせてもらおう。

で、そのFMみょうこう開局1周年記念イベントとして特別公開番組が放送される。
ゲストはなんとNHK大河ドラマ「真田丸」でこれぞ直江よ…!と理想の直江兼続を演じて一躍時の人となった‘セコム直江’こと村上新悟さんなのである。
そして、歴史系アーティスト「さくらゆき」のお2人。
このお2人は友人が推していたので気になっていたのだ。

できたら行きたい。
が、入場制限がかかって、先着順なんである。
朝早くに行って並ぶという根性のないずくなしの自分、入れるならばそれでいい…とばかりに、それでも整理券配布時間前に会場の妙高市役所へ。

行ってみたらば既に長い列。こりゃーダメかもしれんな。
ならんでる
それでも立ち見でもいいのでと並ぶ。偶然自分の前がYさんファミリーだった。びっくり。
番組内で紹介する質問を書いてくれと用紙を渡されたが、何を聞いたらいいのやら。悩む(^^;)…うかばない…

時間が来てスタッフの方が整理券を配っている。
座席を追加したとは聞こえてきたけど…どうなんだろうと思いつつ、整理券ゲット。
む…102とな。ってことは立ち見2番目なのかw

ひとまず整理券の配布が終わり、受付開始まではご自由に状態。
入れることになったので、受付までにいろいろやっておくことがある。昼飯もだし…
あっちゃこっちゃ行って、家帰って軽く昼食べて…再び妙高市役所へ。
既に整理券順にみな並んでて、UファミリーやYさんたちにご心配とご迷惑をかけてしまった。ごめんなさいー…

整理券の順に好きな座席についていく。
…写真撮るには立ち見がいいんだけどなぁ(^^;)
着席しちゃうと前の人次第になっちゃうし…
運を天に任せて、えーいままよ!と着席。

公開生放送前に
菊谷さん
菊谷さんから今日の進行や注意事項の伝達。
SHINGOと!
村上さんファンからのバルーン飾り。ちゃんと「SHINGO」って入ってる。

さあいよいよ番組開始。
オンエア~
菊谷さん放送中はメガネかけるんだねー
生放送~
生放送ですよー。目の前におりますよー(遠いけど)
菊谷さん、そしてゲストの村上さん、さくらゆきさんのポジションはこのように。
さくらゆき♡
さくらさんとゆきさんで「さくらゆき」
イケメンコンビ
菊谷さんと村上さん

ではここで、村上さんをアップでw
このためにズーム倍率高いカメラ持ってきたんだからして(笑)
アップ

もういっちょ
ドラマ内ではこんな笑顔は見られなかったけど、なんとも面白い方だ。
ファンの間では「慕わしい」という形容詞で評されているようだが、確かに慕わしいw
嫁にするなら石田三成って貴方(笑)
さくらさん
さくらゆきの小栗さくらさん。歴史タレントというジャンルで活躍中
ゆきさん
さくらゆきの遠野ゆきさん。元祖・歴史系アーティストとして歴史上の人物をイメージした曲を作っているのだ。

真田丸から日常からの話、来場者からの質問などをリクエストを交えながら、笑い声とスマホやカメラのシャッター音とともに和やかに番組は進んでいく。

ここで、妙高市の地産地消、地元の名産を使った開発中のデザートの試食コーナー!
試食タイム
ポーズをとる村上さん。これは妙高高原の花豆を使ったアイス
試食タイム
さくらゆきさんたちもポーズ。こちらは新井のさといもアイス。あずき味とゆず味の2種類。
ぱくり☆
ぱくっ☆
実は村上さんは甘いものあまり食べないそうで(酒飲み辛党だーw)
あと矢代米ケーキ(酒粕入り/なし)、さといもクッキーなるものも。しっとりとカリカリ。カレーにのり塩にきなこ味。
どれもうまそうだなー…
花きれい
飾られた花もきれいだ~
番組終了
そしてあっという間の2時間の生放送が終了。いやー楽しかった。
村上さんたのしいーw

第2部までの休憩時間。ホールでそのデザートの試食アンケート開催中。
試食タイム1

試食タイム
ぬー、うまいな。花豆アイスもさっぱり甘いし、さといもアイスはゆず味が好み。米粉の酒粕ケーキもイケるぞ。
クッキーはカリカリがいいな。カレー味とのり塩がいいね。個人的にはのり塩の塩がもちっと効いてる方がいいが。
欲張って全制覇してアンケートたらたら書いてたら・・・やば。時間が(^^;)

第2部のさくらゆきライブが始まってしまっていた…
さくらゆきライブ
席に戻れず入り口で立ち見。でも立ち見の方がよく見えるのも事実(^^;)
ステキや

さくらさん

ゆきさん
戦国武将のそれぞれのイメージソングを歌う。
なんともかっこええな~♡

タイミング見て中に入って中で立ち見w

ライブ後はサイン会。待ってました!
村上さんは前からでさくらゆきさんたちはブロックごとで。
村上さんのサイン、自分の列の番が来るのはまだまだかかりそうなのでさくらゆきさんの方に並ぶ。
サイン会
さくらゆきさん。かわえー♡♡
さくらゆきさんから
サインしてもらったよー!えへへへへ(*^^*)v

席に戻って村上さんのサイン列が動くのを待つのだが、全然動かない。。。
最初から「時間が限られている」って注意あったけど、こんなペースで自分たちの番まで間に合うのだろうか…
マリオ作
マリオの力作「愛」をさくらゆきのお2人に進呈する上越マリオ。

サイン中
その頃の村上さん。いーーっしょ懸命筆ペンで気持ちを込めてファンの方々にサインを書いている。
で、それぞれが写真撮ったりなんだりするので、全然列が動かなかったりする…
気持ちは分からなくはないけど、前日から動いたり朝一で早くから妙高に来ている&今日は泊まりとか、労力かけて来てる分サインぱぱっと書いて握手して、はいサヨナラってワケにはいきたくないのも分かるけど、後ろにまだまだ人がいるのに…
村上さんも村上さんでサービス精神旺盛というか、真摯にそれぞれに応対してくれてて、「さばく」なんてできない方なんでどうしても1人あたりの所有時間が長くなって…
会場を借りていられる時間が迫ってきたけれど、まだ半分も終わらずで…結局サイン色紙預かりでサイン書いてもらって後日それぞれに郵送という形になってしまった。
それでもスタッフの厚意で握手やプレゼント(実は今日は村上さんの誕生日なんである)は希望者みんなしてもらえることになった。

で、しちゃいましたよ握手。しかし、緊張しまくりで何言っていいかわからずでおかしなことを言ったような気が…
あああ、自分の馬鹿ーーーorz

マリオ団長と
マリオは村上さんにも「愛」をプレゼント。
だって直江だもんねー。

はー…最後がなんか頭真っ白だけど、実に楽しかったー。
クリスマスツリー
市役所のクリスマスツリー。いやいや、うれしいクリスマスプレゼントいただいたわい♪
あとはサイン到着が楽しみだー(^O^)


…でも、予定としては帰宅して夕飯食べてまた新井の予定だったけど、こんな時間になってしまってはもう帰宅してる時間がない。
相方に食事ヨロシクの連絡し、そのまま次の目的地に向かうことにする。。。



関連記事

‘刀(山鳥毛)’説明会へ

12/6 国宝「山鳥毛」説明会へ

2016年夏、突然「謙信公の太刀‘山鳥毛’を上越市が3億2千万円で購入」という話が持ち上がり、なんだそりゃちょっと待てという声と義の心の謙信公の所持品がこの上越に来るのなら(上杉家は結果して米沢に移封となったため、上越市には謙信公はじめ上杉のものは春日山以外ほとんど所持していないのだ)、このチャンス逃してなるものかという声が混在している。
国宝を持つのはいいが、その金額は税金だろう、それでいいのか、他にもっと使い道が…という声、その声をかわすため?市民や市外の人たちから寄付を募って買いましょうという市の提案、寄付なんてとんでもない、自分は出さないけど税金なら買ってもいいという声、ほしい人たちが寄付しあって(税金使わないで)買うならいいという声、さまざまな声がさまざまな立場で上がっている。

そこで市も、刀(購入)に対して市民の理解を深めてほしいと、上越市内各区を回る説明会をはじめたのだった。
その巡回説明会、市はどういう風に説明するんだろうと、自分もこの刀について知りたかったのもあり参加してみることにした。

天気が悪かったので送ってもらって会場の公民館へ。
参加者どうかなと思っていたが駐車場はほぼ満車。
いきまーす

おじゃましまーす。(会場は左側の部屋)

会場に入ってみたら、ぬー…おじ(い)さんばかり。
まあこの時間では夕食タイムだしなかなか女性は出られないもんな。。。
若い人もいない。。。おじ(い)さん、小学生や中学生の孫や子でも連れてくればいいのに。

スライド1
はじまりはじまりー

市の方たち
説明するのは上越総合博物館の学芸員さんと文化行政課?の方たち。

スライド2
配られた資料のカラー原本をスライドにして説明。

実サイズとか
「太刀」と「刀」の違い、持ち方扱い方、重さ等の説明。

スライド3
この太刀そのものの見事さや謙信公が好んだ・所持していた証拠、
景勝公の自筆の「腰物目録(上物刀のコレクションベスト10)」にも載っていること、
そもそもこの刀はどこで作られたもので、それはこういう刀の産地で、刀文はこうやって作られて、この山鳥毛がいかに美しく完成度が高かったかというような刀についてやこの太刀が謙信公のもとにやってきたかという縁起の話などの説明。

続いて「国宝」そのものについての話。
国宝はどこそこにどれくらいあって、新潟県は十日町にしかない。
スライド4
国宝の刀ってのは122件しか存在しないこと、国宝になっている謙信の短刀は埼玉県が所有していること、そして謙信の2本の愛刀は行方不明になっていること…などの説明。

スライド6
そしてこの地区の謙信公にまつわる(土地の)歴史などの話ときて、謙信公の遺徳的な話…で「説明」は終了。


その後質問タイム。
…の、前にまずこれまでの経緯。
2015.6 「山鳥毛の所有者から『謙信公ゆかりの地に戻したい』という話がある」と長岡の歴博から連絡あり。
2015.9 上越総合博物館の館長が会う…が、この時はまだ「上杉ゆかりの地に」ということで米沢や会津も可能性としてはあった。
     ただ「ほしいのならばふるさとにもどすのはやぶさかではない」という反応もあった(らしい)
しばし非公開で交渉
     その間、大学教授1名、刀匠2名にこの太刀の評価額を出してもらう→3億2千万円
     (あくまでも評価額であって、実際額とは違う。
     黒田の茶碗の評価額が2億5千万だがオークションでは12億のようになる可能性もある)…から手に入れた方が。

2016.8 マスコミの報道で知られることになる。
     購入決定のように報じられたが、この時点では市としては決定ではなく購入の是非は市民に問うつもりだった

…そうで。

んでもって、市としては購入したいが、3月議会の予算計上時に否決されれば、もしくはその時可決されても次の議会で否決されればこの話はなかったことになる、んだそうだ。

質問タイムから
・国は国宝の買い上げはしない。それをやってしまうと国宝や文化財が(各地に)動かせなくなる。
・公立の博物館等での展覧会での国宝・文化財の貸借において、それに対しての貸借金は発生しない。
・観光や歴史ファン、今流行の刀剣女子などを視野には入れてはいるが、経済効果等商業的なものは算出していない
(のでこれを持つことでの「経済効果」は不明)
・しかし、国宝を持っているということは(他の博物館や資料館に対して、貸し借りにおいても)対等に、強気に出られる。
・市議会の6月議会で可決されれば、7月には所有できる…が、展示予定の総合博物館のリニューアル工事が終わって開館するまでは、長岡の歴博に保管してもらう。

・議会で否決され、購入話が流れた場合、寄付者が判明できるものは返還する。
 ただ、街角募金など寄付者が判明しない善意の寄付に対しては返還しない。

・太刀には刃こぼれがある。しかしこれは実戦で使われたものなのか、長い年月の中のどこかで破損したのかは不明
・この刀文がこんなに綺麗に残っているのは、あまり実戦では使われてこなかったため(刀は使われた場合、研げば研ぐほど減るため刀文も消えていくそうだ)
→…ってことは、謙信公も景勝公もこの刀については「使う」刀ではなく「所持してるだけで、眺めてるだけで満足」っていうもんだったんね。さすが刀マニア&コレクターw

で、あと、平成40年の謙信公没後450年と平成42年の生誕500年の時に刀があればいい目玉になるよなーって希望と。
スライド5
2028年と2030年だって。今が2016年だから…

上記の経緯等に関してはこちらも→(pdf)

参加者で唯一の若い人がいたのだが、「この説明会では(同世代の)仲間に、『刀を持つことでこんなにいいことがある』『だから賛同しようぜ』ということはできない。刀を上越市が所有した時の将来の展望ではなく刀の学習会のようで期待はずれだ」と苦言を呈していたのが印象的だったぞ。

うーん、あったらいいなーとは思うけど、
ただ金額的にはどうなんかなーっていうのと、
400年以上前の、唯一無二のものっていうのは、価値は計り知れないよなーってのと、
そこに国宝っていう付加価値ついちゃったことと、

ただ、こういう文化財ってものは、常時展示できない(年間60日)ことと、
それをするならレプリカが必要になることと、

十日町の国宝の火炎式土器みたいにその地で見つかったというのではなく
以前から上杉家の所有物で、それを里帰りさせるのが市民の悲願というのでもなく、
歴史研究者や刀剣愛好者しかその存在を知らず、今回の話で初めてその刀の存在を市も市民も知る…ようなもので

果たしてそれで「義の心・ふるさとへの誇り」が強くなるものなのかなーという気はする。

だからちょっとひっかかってるんだよなー(^^;)


まあ、でも、学芸員さんの「(歴史物とにかく)ほしい」って気持ちはわかった。
だってさー、他にないんだぜ。それが手に入っちゃうかもしんないんだぜ。
お金二の次で、やっぱり専門家的にはほしいと思うよね。
そういうの、分かる分かる。うん。
スライド7
ただ、(この刀ではないが)自分のお宝他人にガラクタという場合もあって、モノの価値付けは個人個人によって違うから、「へーすごいねそれはそれは」っていうのがすべて同じ濃さを持っているとは限らないとも言えるしね。

議決は市議会がやるものだから、結果は今の時点でどうなるかわからないけど、果たしてこの山鳥毛は上越に帰ってくるのか。
その時、遺恨なく市民すべてに歓迎されるのかどうなのか、そしてその結果どうなるのか、乞うご期待、ですかな。

先月からほぼ一ヶ月、2班に別れ各区巡って説明している課の方や学芸員さんたちについては(時間外手当つくんだろうけど)お疲れさまですはい…







関連記事

高田世界館演劇祭2016へ

12/4 高田世界館演劇祭2016へ

くびきの演劇人連盟の演劇のお祭りが今年もやってきた。
今年は12/3、4の2日間。

3日はライブと重なって行けなかったので4日の上演を見に行く。日曜日1日フリーパス券もあるのでそれを使うことに。
はじまるよー
開演は13時。
2人組のSTAGE Dの「I-virus」からスタート。
あれ、これって以前ガテンの実験劇場の時上演されたよね。
ブサメンがこのウィルス使うとイケメンになるっていうお話。
ってことはガテンの別ユニット?そこらへんはよくわからんけど、久しぶりにおさらいさせていただきました。
当時とイケメンの写真が変わってるけどね~w

続いて劇団ガテンボーイズ「思い出になる前に」。
本編の前にダンスや寸劇も。こんなそば屋いやだー!(笑)
そして「思い出になる前に」。
夜の学校に、2人の卒業生、そして当時の担任(現在は校長)が集まる。
1人は女優、1人は社長となっていた。
彼らを呼んだのは、当時目立たず、本名さえも忘れられていたいじめられっこだった。
彼らによっていじめられっこになり、その過去から現在につながる「不幸」への彼の復讐劇がはじまる。
しかし結末は…

果たして彼らの声が届き彼は助かったのだろうか、それとも、自身の命をもって彼らに罪を負わせて生きさせるという償えない罰を与えたのだろうか。
その結末は見ているものに委ねられるストーリー。

それぞれに傷を負いながら、理想だけでは生きていけない現実の中で今を生きる若者たち。
そしてその過去。いじめた側というのはいじめたことなんて覚えちゃいない。
いじめてた相手のことなんてまったく記憶にもない。
でもいじめられていた側はそうじゃない。
忘れられた者の思い、心にズキズキ来るね。。。
あらかわさんすごい。
ガテンボーイズ
今回はダークシリアスな内容の劇団上越ガテンボーイズのみなさん

書かれていたタイムスケジュールより早く終わったのだが、次の上演はどうなるのかとマルさんに聞いてみたら予定通りということで、ちょっと時間が空いてしまった。
入れ替え制なので一旦外に出た時、若いお嬢さんから話しかけられる(嬉)。
向かいの高田小町で上教大の造形作品展をやっているらしい。
好奇心がむくむくしだしたところに、ご当地文化祭つながりのMちゃんにばったり。
おお、君も見に来ていたんかい♡
ということで、Mちゃんと小町にデート。

小町での作品展は別エントリで →

次の上演が始まるので再び高田世界館に戻る。
糸魚川の劇団きらら「もしもあの名作がこんな結末だったら」。
浦島太郎・マッチ売りの少女・七夕・赤ずきん・白雪姫というおなじみのストーリーをそれぞれきらら風に現代版アレンジしたショートパロディ。
去年の「桃太郎」もだけど、こういうおなじみの昔話をアレンジしてニヤリとさせるのきららさん得意だよね☆
ってまだ2回しか見ていないんだけどf(^^;)

続いて空志童の「靴屋は靴を履かない」。
こんな靴屋、やだ(笑)
みかんの皮の靴、どんなんやwww
オチがまた( ̄ー ̄)ニヤリ

再びSTAGE Dの「I-virus」。
先ほどのおさらい的にw
ブサメンはイケメンに、イケメンはブサメンに、じゃあそこそこな人は?…確かに怖くて使えないかもなw

ここで入れ替えのため一旦また外へ。
おおっ!
ロビーでマリオとベーダー卿に遭遇!w

きらら
スパイスの効いた名作劇場を演じた劇団きらら

空志童
こちらもショートだけどオチの効いてたストーリー演じた劇団空志童

そしてラストはみゅーじかる☆高田笑劇場の「さよならノーチラス号」。
パンフのあらすじより
新人小説家・星野武は専業作家になることを決意するが、引越しの準備は一向に進まない。
そんな中、手伝いに来た担当編集者・森真弓は荷物の中からブリキの潜水艦の模型を発見する。
それは武が小6の夏休みに作った工作であった。彼の夏の思い出…いや、12歳のタケシそのものであったその潜水艦は---。

真弓に促されて武は当時の思い出を話しだす。
18年前の8月、12歳のタケシの夏休みの出来事を。
事業に失敗し夜逃げした親と兄たちが身を寄せている自動車整備工場に会いにいく夏休みに起こった出来事を。
その整備工場の社長・優也は無愛想でぶっきらぼう。優也の飼っている老犬「サブリナ」が実は人間の言葉をしゃべることを知ってしまったタケシの夏休みの出来事を。
ノーチラス号

ノーチラス号

ノーチラス号

ノーチラス号
(笑劇場の舞台はフラッシュ禁止で撮影可能だったので撮らせていただきました)

なんてーか、小学生の夏休みの郷愁感がよみがえったね。
ずっと続くと思っていた夏、でも終わりが来てしまう、夏。
大人になって、当時のその夏の出来事を、その時の気持ちを思い出す…。
ああ、夏という季節はどうしてこう切なさを呼び戻すのであろうか。
実際たいした思い出がある訳ではないが、妄想含めての郷愁感たぷたぷなんだな夏ってのはよー。

それにしても主役・武/タケシを演じた李白くん。2時間長編のセリフの多さはもちろんだけど小学生と30歳を演じ分けるってすごいな。まだ学生さんなのに。。。

そしてフィナーレ。
上越のマリオが作成した「みゅーじかる☆高田笑劇場」の標柱?の贈呈式。
贈呈式
マリオはこういうの得意だよね。その器用さがうらやましい。
笑劇場、マリオともどもこれからも地域盛り上げてねー。

笑劇場
笑劇場のみなさん


やー、胸をぎゅっと締め付けられる切なさのガテンボーイズ「思い出になる前に」、ニヤニヤのきらら、空志童、STAGE Dの短編劇、
郷愁と未来の「さよならノーチラス号」…

そして忘れてはいけないのがセカプロの藤井さん。
藤井さん
藤井さんの「幕間のつなぎ」に翻弄させられながら(藤井さんすげーよwww)、くびきの演劇バカたち(いい意味ですよ)のそれぞれの舞台を堪能されていただきました。

2016年演劇祭ありがとうー♪


関連記事

「うむ(院生展2016)」@高田小町

12/4 院生展2016「うむ」へ

高田世界館での高田世界館演劇祭の次の上演までの空き時間に外に出ていた時、若い女性に話しかけられたのだが、その時に高田小町で上教大の学生の造形作品などの展示をやっていると聞いた。
その後ばったり会ったMちゃんを誘ったらOKもらったので時間が限られているが一緒に小町に行くことに。

うむ
おじゃましまーす。

…て、え?
作品1
これって、確か9月の、上教大でのさーにゃちゃんのライブの時に見たよね?

また会えたね~
2
ってことは、その時の作家さん?

なんという偶然じゃ。
彼女-家﨑 萌さん-とここでお会いできるとは。
その時の話なんかをお聞きしちゃったりして☆
ってか、だから縁っちゅーのは不思議なもんで。

他にも彫刻や絵画が。
3

4

5
こういう「中から湧き出すものを形にして表現する」ことは自分にはできなかったから(ある方向には出してたけどw)、もうただ純粋にすごいなぁと。

蔵側にも行ってみる。
うわっ!
7
どどーん!
蔵に、天井を突き破って空に飛び出したいようなオブジェが。
6
こちらもたくさん。
8
オブジェに映し出される映像
9
凄い・・・
10
ここで、このオブジェのもとで、16時から音楽とダンスをあわせたアートパフォーマンスが行われるという。
見てみたいけど世界館での上演があるから…残念じゃ。

Mちゃんは家﨑さんと活動について話が盛り上がっている。
いいねー、若い人がこんな風に出会って、なにか可能性を見つけようとしてるって。
やれやれ、もっとやれー!と心の中でほほえましくけしかける(笑)

やっぱり、若い人がその感性を形にして動く、っていいことだし大事じゃん。
応援したいよね。うん。

なんて思ってたら、もう世界館に戻らなきゃいけない時間。
院生の皆さん、ステキな作品見せてくださってありがとうございましたーー!
がんばれー!




関連記事

クマガイマコトライブ@サクラデラノーチェ

12/3 クマガイマコトライブ@サクラデラノーチェ

今日はクマガイマコトさんのライブがボスのお店・サクラデラノーチェで開催される。
クマガイマコトさんは5月のトラソルのライブ時に対バン相手として初上越だったのだが、今度は自身のライブなんである。
対バンはわれらがスーサイドのボス・永見さん、これは行かないとね~

ライブー
デラノーチェに到着。
Nさんやpuさんたち、既に来ていて開演までなごやか。

開演。
ボス登場。
ボス1

2

3

4
ボス。
スーサイドの曲アコースティックバージョンだけではなく、ボスが息子である、父である、そんな思いの歌たちを歌ってくれた。
たまらんねー。
でも歌を通じて思いを伝えられるのっていいね。本人目の前にしたらちょっと照れくさいだろうけれど。
(息子からこんな曲歌われたらお父様たまんないだろうなー)

そしてクマガイマコトさん
クマガイさん1

2

3

4
クマガイさん。
自由奔放に音の海を漂う。
そう、魚になって。

そうかと思えば女の子の歌がね、「黄色い声援」がね。
ああ、女の子がいっぱい、いいなぁ。
女の子がいっぱい、男の子がいっぱい。ピースあんどハッピーインザワールドですよ(たぶんきっと)

そして、ボス&クマガイセッション!
セッション1

2

3

4

5
5月のライブ時、トラソルの舘さんから「2人は絶対に合わないか、絶対的に合うかのどちらかだ」と引き合わせられたそうで。
どうやら後者だったようですねww
合作の「流星」は歌詞もメロディも昭和的の「泣き」テイストでたまらんです。
今度はクマガイさんの歌うバージョンも聴いてみたいな。ボスのバージョンとはまた違った、全く別の曲に聴こえるんだろうな。
ボス曰くの「変態的ギター」がたまらんかったです。

そんなこんなで、音楽の海で魚になったようなライブでした。
この感じ、いいなー。
クマガイさんまた上越に来てくださいね~


PAひーろさん
そして、今日のPAはスーサイドのベースひーろさん。
いい音ありがとう!お疲れさまでした♪






関連記事

釜蓋遺跡ガイダンス・現地見学編

12/3 釜蓋遺跡ガイダンス公開講座 現地見学編「越後の国都 高田開府」編へ

釜蓋遺跡ガイダンスでは毎週土曜日の午前中に公開講座を行っているのだが、その中で現地見学編という講座がある。
先月の「春日山城から福島城へ」に続いての今回は「高田城」なんである。

前回に続き今回も参加~
妙高~
こないだは雨であいにくの天気だったが今日は青空!(12月っぽくないね)

釜蓋遺跡ガイダンスに集合。
白ツバメ
白いつばめて…マジですか!

まずは高田公園。
三重櫓
高田城三重櫓(見学なしで外から見るだけ~)

説明中
学芸員さんから高田城についての説明を受け

土塁見学。
西側土塁
土塁から極楽橋~南葉山
ここでの説明は去年の土塁見学ツアーの時と大体同じだが、
北側土塁
さすがに今回は付属中の敷地には入れず内堀の外側から。

バスに乗って向かった先は旧今井染物屋。城下町の町家の(職人さんちの)見学。
旧今井染物屋
先日のWSで作られた蒸籠の椅子だー♪
セット?
ガイドさんから説明を受けて知ったのだが、この柱の下の石、「ふみ子の海」の時のセットで発泡スチロールなんだそうだ。
触ったら確かに手触りが石のそれではなかった…
すごいなー小道具さんの技術て。
干し柿
干し柿がいい感じですな。

次に向かった先は寺町の善導寺。
善導寺
高田城ができ寺も直江津からやってきた、と。
善導太師像
善導太師像。お寺さんからいただいた縁起によるとやはり「直江津の浜で発見された」ってあるね。
長野の西方寺にもそれは書かれてたもんね。
お寺さんに聞いてみたけど、その縁起は知らなかったようす。
でも、こういうのって、残ってる文献って自分たちに都合よく書かれてることがままあるもんね。
実際は誰もわからないぃ~
猪目?
常夜灯に彫られてるのがどれもかわいいんですけど。。。
ハートに見えるのは猪目っていう古くからの文様なんだそうだ。猪の目尻に似ているからってことらしいが、似てるかな~?
菩提樹の葉の形でもあるらしいぞ。

お次はそのままてくてく歩いて天崇寺。
天崇寺
ここの山門は延宝2年(1674年)に建築されたそうで、建築年代がわかるものとしては市内で現存する最古なんだって。
で、高田城門と同じ形式なんだそうだ。三葉葵の紋章もあるぞ~
高田姫の墓
高田姫の墓

はい、ちょうど時間となりました。バスで釜蓋遺跡ガイダンスまで戻って解散。
ただいまー
9時~12時までの現地ツアー。スタッフのみなさんありがとうございました。
また来年度もこういうのあったら参加したいなー。


関連記事

名立へ

12/1 名立へ

名立の親戚宅へ行ってきた。
毎年この時期の恒例なんである。
虹がー
行く途中虹が出ていたぞー。虹の季節だー♪
でも撮るとよくわからないね(^^;)

国道8号から名立へと左折しあとはひたすら道なりに。
山に向って
どんどん山方向へ
上越市最高峰
左の三角山が現在上越市の最高峰「不動山」。その後ろは火打になるんだっけか。
石仏
用事の後はこれまた恒例のお墓参り。

今年は久しぶりに雁田神社へ。
行くときには看板があったけど戻るときはその看板見えないんだねー。
なので通過して戻ることになってしまったことよ。。。
雁田神社
雁田神社。夫婦和合の神。。。だけど目や腰、足へのご利益もあるという。
かつては高田瞽女さんもお参りに行ったそうな。
龍
龍の彫り物
おまいり
お参りしまーす。
…でも、前はもっと中が暗くて「いかにも」っていうか雰囲気あった記憶があるんだけど…改築した?
当時はまだデジカメも持ってなかったから記憶しかないんだけど…
明るくなっちゃったら「建物の持っている(昭和の)ひたすらの信仰心」が消えちゃうような。
信仰の証
信仰の深さが伺える…

社殿の裏側に陰陽石がいっぱい。写真はあげないけどw
でもこういう形が自然にあるってんだから、やっぱ信仰心も出てくるよなぁ。

時期なんで名立川にも寄り道。
名立川
名立川
鮭、ひたすら
鮭の遡上。
遡行
ボロボロになっても、休み休みながらも、川の上流へ、ただ本能のままに。
鳥たちも生きている
鳥たちも生きるため、泳ぐ鮭に向かって嘴を向ける。

同情もセンチメンタルも、そういう気持ちなんて全く排除した「生きる」姿に言葉もなくただおろおろと佇むだけ。

その後うみてらす名立に寄り、上越に戻り立川のラーメンをお昼に。
ラーメン
ベースになった吉相のラーメンも久しぶりに食べたいねぇ。

それから給油とか携帯ショップなどに寄り帰宅。
平日だから空いてるかと思ったのに、結構待たされた…
むー、もうスマホなんだよなー。
でもまだ換えてたまるかw
ショップの人は「そんなこと言ってもいずれ換えざるを得ないんだから」と分かっているので押しもなかったんだけどね☆

という名立行きでした。

でもさー、名立のキムチ、もうちょっとPRしてもいいかと思う…
山手の奥の民家でやってるけどネット検索でも引っかからないし。
なかなかにおいしいのになー。





関連記事