妙高和太鼓フェスティバルへ

3/12 妙高和太鼓フェスティバルへ

妙高軽音フェスティバルの整理券を文化ホールにもらいに行った時、この妙高和太鼓フェスティバルの開催を知り軽音と和太鼓両方の整理券をゲットしてきた。
2月末の軽音についでの3月の和太鼓フェスティバルである。
ばばん!
今年はめでたい10周年!おめでとうございますー!

で、会場に行ってみたらば、既にどの駐車場もいっぱいで…場所探しに苦労したために遅刻してしまった( ;´д`)ノ

急いでホールに入ってみたら…うわ満席!まだ目も慣れてないし演奏中に座席探しにうろうろすんのもなんなので壁際で立ち見してたらスタッフの方から空き座席の案内受け着席。や、ありがとうございます。
冒頭のアナウンスは聞けなかったが、前回は確か写真撮影だめだったのでたぶん今回もダメだろうからカメラは出さないでおこう。

[第一部]
・景虎太鼓…今年20周年を迎える妙高市の太鼓演奏団体。年代性別問わずで活動しているそうな。
・マリンバ×妙高…マリンバというのは木琴の一種なのだが、打楽器であることには変わりがないよね。
木のまろやかで柔らかな音が響きましたぞ。
・太鼓塾むかしとんぼ…「太鼓をやりたい!」とスタートしたできたての団体。結成してからまだ約半年なんだそう。がんばれー!

そして、ゲストステージ
・和太鼓奏者 金子健竜スペシャルユニット
金子さんは上越市を中心に和太鼓奏者として活躍されているそうなんだが、愛媛の和太鼓奏者渡辺慶輝さんや上竹としまささん、守矢竜斗さん4名と今日のフェスティバルのためにスペシャルユニットを組んだのだ。いやー迫力だね。
まだ20代でありながらのこの演奏。すごいな。

その余韻からの
・あらいばやし保存会…8月のあらいまつりを中心に活動している方たち。
やっぱりお祭りにはこういうお囃子がないとね。自分は新潟甚句くらいしか知らないけど…やっぱ小さいときから、小学校や中学校で毎年踊ってきたものってのは覚えてるもんさね。
その学年一年しかやらなかった「花笠音頭」とかもうまったく忘れちゃってるしね。佐渡おけさも。
・・・とはいえ、学校の運動会では踊ったものの、実際の祭りイベントの民謡流しっちゅーものには参加したことがないのであった(^_^;)

ここで一部終了。
緞帳
休憩を挟んで第二部~~

第二部は
・かなやの里更正園太鼓クラブ「遊遊太鼓」…余暇活動の一環として平成10年から活動しているそう。現在はかなやの里の利用者12名で活動しているんだって。施設内や他の施設でも演奏されてるそうだけどすごいなー。
・須弥山(しゅみせん)太鼓保存会…去年40周年記念公演が開催されたというから、かなりの歴史を持つ太鼓集団なのである。
須弥山とはインドで想像された世界構成を表す山・世界の中心にそびえ立つ高い山のことで、それを妙高山に重ねているんだって。
・高橋三弦会…30名ほどで活動している団体さんなのだが今日は6名で。代表の高橋さんたちは民謡だけでなくブルースやブルーグラスなども三味線で演奏されてるんだそうだ。三味線もすごい幅が広い…

そして第二部ラストはゲストステージ
・弁天太鼓…は糸魚川で活動している団体。昭和62年に発足し今年で30年目というこれまたキャリアのある団体さんなんである。
大太鼓の音、腹に響くーー!
ぐおー!

そしてラストは特別アトラクション。妙高和太鼓合同演奏会なのである。名前の通り今日の出演者さんたちの合同演奏なのだ。
これまたすごい迫力。太鼓やっぱすげー。
原始の魂ってか、世界問わずのネイキッドソウルそのものだよ太鼓って。

やーすごかったー。アンコールないのが残念。

そして和太鼓フェスティバル恒例のスイーツ抽選会。
パンフに書いてある番号が当たっていれば特製スイーツ(今年は「桜咲ク笑リング」だそうで)がもらえるのだ。

…が、残念ながら今年もかすらず(´ω`)

抽選会も終わり観客がみなぞろぞろと席を立ち出口に向かいだしたらば、ロビーの方で太鼓の音が響きだす。
え?余韻的に演奏音源でも流してるのかなと重いながら自分も出口に向かったら…
お!
うわー!
まさかここで
ステージ上ではなくここでアンコール(違)やってくださってるとはね。
太鼓太鼓
あらいばやしの鳴り物や
叩け叩け
和太鼓!
どんどん
こっちも!
和太鼓和太鼓
叩く!
文化ホールのスクエア広場?(ホワイエというらしい)が和太鼓セッション会場に。
いやーなんか滾る(笑)

看板
太鼓の響きの余韻を残しつつ会場を出る。入場のときは焦ってたので終わってからぱちり☆
10周年
こちらも見てはいたんだけど撮れなかったので今頃w

久しぶりにロボットくんに会いに行く。
後姿
後姿がちょっと哀愁。まだ雪あるね…
ロボットくん
久しぶり~♪元気だった?

妙高山
帰りに「今日の妙高山」。もう3月かまだ3月か。

10周年を迎えた妙高和太鼓フェスティバル、おめでとうございますと共に、これからも太鼓の魅力と地域でがんばってる方たちの魅力、どんどん鳴り響かせてくだされ~♪


関連記事

魚沼大会からの魚沼の里、越後まつだい冬の陣へ

3/11 雪割草魚沼大会からの魚沼の里、そして越後まつだい冬の陣へ(3/11その2)

前記事からの続き

そして、雪割草を堪能した後は、ちょっと遅めのお昼ご飯。
向かったのは小出高校近くの「ちんちん亭」というラーメン屋さん。
小出は何気にラーメンの激戦地なんだそうだが、以前魚沼の愛好家の開催する雪割草展に行った時、地元の方に聞いたのがこの店だったので何年ぶりかのリベンジである。

ここもやはり先に食券購入型。中越のラーメン屋さんってこのやり方多いよね。
間違いないし先払いなのでお店側にもいいんだろうな。
らうめん
以前来たときはもっとしょうゆ色してしょっぱかったような記憶だったんだけど…これだとごはんラーメンみたい。
ただ、熱い。どんぶりも温めてあり、かつ表面の油がスープを冷めにくくしている。
でもおいしかったー♪ごちそうさまでした。

その次に向かったのは道の駅「ゆのたに」。昨秋行かなかったしせっかくここまで来たからね。
雪山
除雪の雪山。さすがの魚沼だ。。。
確かこの下には小出出身の山岡荘八の生誕地の碑があるはず…

物産館ではなく道の駅のインフォメセンターへ
レルヒ帽
雪だるまがレルヒさん帽を!
上越エリア以外でレルヒさん帽を見るのはもしかしたらはじめてかもしれない…
ドキラ
いろいろあるご当地モノの1つに、ご当地怪獣というものがあるのだが、ここ魚沼市のそれは「ドキラ」というらしい。
っても、もともとあるものとしてのご当地ものではなく、サブカル的に「魚沼市」に結びつけたものだから、どこまで浸透しているかは謎なんであるが…

(北)魚沼から南魚沼へ向かう。
道中その時間を迎える。14時46分。心で黙祷。

雪山へおいでよ
残雪の山……あー、なんか無心になって雪山歩きたいなぁ。

そして向かった先は「魚沼の里
ここは昨秋定例温泉ツアーで友人たちと来たところ。
八海山の試飲もできるし相方連れてきたかったんだよね~

その時なんでかできなかった雪室見学。あの時はもう見学時間終わってたんだっけ?なんかで入れなかったんだよなー…
魚沼の里
貯雪量は約1000トン。平均気温は約5度の雪室なんである。この時の気温は2.4度。
見学も時間を決め、人数も限定し、かなり温度変化に気を配っているそうだ。
夏なんてちょっとの扉開閉で熱風入ってくるしねー。
ふふふ♪
そしてですね、雪室見学者だけが飲めるお酒があるのです♪
ここでしか飲めない特別酒(非売品含む)が3種類飲めて300円。
大吟醸八海山と無濾過しぼりたて生原酒、そして粕取焼酎「面向未来(めんこうみらい)」。
本当は相方に飲ませたかったのですが、今回は自分がいただくことに。
・・・・・・う、うめー……。
相方すまん、今度は飲ませちゃるからな~

雪室熟成
雪室熟成中の肉の塊!おいしくなーれ。

魚沼の里ひととおり見学して、あとはR253で帰宅。
…なんだが、今日明日開催している「越後まつだい冬の陣」に寄り道。
運よく駐車場に車も置けたし。
メインイベント「のっとれ!松代城!」は明日だが、このイベント自体だいぶ前(昭和63年が初回らしい)前から行われているし、どんなもんだかちょっと見てこようと。
まつだい看板
今年は30回記念の年なんだそう。で、初お目見えのまつだい武士顔出しパネルw
和風屋台
食い倒れ横丁には地元の方々の屋台が並ぶ。
和風屋台というのもあり。

面白いのは、イベント会場を松代城とその城下町に見立て、ステージ本部など運営は「幕府」、射的ゲームは「鉄砲練習場」、時間は「○の刻」、のっとれ松代城の出場者を「戦士」、レース優勝者は「第○代城主」というようになっているのである。
賞品も「釜茹での刑(温泉)」や「酒責めの刑」などネーミングが効いている。
そして新城主には米一石(150キロ)が贈られるそうだし、今回は30回記念ということでなんと「ハワイ遠島の刑」もあるそうな。
(出場者の中からだけどね~)
サイノカミ
家内安全・無病息災と明日の戦士の無事を祈った「ぼんぼ様」という神様の火が燃える。
ステージ
ステージもそれっぽい幟が。
焼きカレー
小腹がすいたので焼きチーズカレーを所望すw
「村祐」が出てたので野みたいなと思ったけれど、ちょっと寒くて冷酒を飲む気になれず…

酉の刻の間(19時)から雪上神輿合戦と花火が上がるというのでそれを見ることに。
先陣
先陣を切るのは松代の山ぞり。
神輿
松代城を模した神輿。などいろいろな神輿が並ぶ。
太鼓
松苧太鼓の太鼓が響く。

…あっ、気温低下でデジカメのバッテリーがやばい…

雪上神輿
威勢のよい神輿合戦の空には大きな花火が打ちあがる。
花火と
一枚撮るごと「バッテリーの残量がなくなりました」と表示されるのをなだめ、だましだまし撮影。
なんとかもってくれー。

その後神輿合戦の表彰式もあるのだが、ちょっと放射冷却気味の夜には対応していない格好だったので(長靴とかオーバーズボンとか持ってきてれば)寒さに負け退却することに。
明日も盛り上がるんだろうなー。戦士のみなさんがんばれー。

では上越へ。
芸術祭作品
大地の芸術祭作品のライトアップ。車内だったのでなんとか撮れた今日の最後の一枚w

雪割草からはじまって松代冬の陣とハツモノをいろいろ楽しませていただきました♪


関連記事

第1回 雪のくに 魚沼大会へ

3/11 雪割草魚沼大会「第1回 雪のくに」へ

3月、あちらこちらで雪割草の展示会が行われているが、もちろん今週もなんである。
日本雪割草協会からの案内ハガキの中にあった「第1回 雪のくに 魚沼大会」という展示会のことも書いてあった。
開催主催が日本雪割草協会ってことなので新潟大会とあまり変わらないかなとも思いつつ、記念すべき第1回、どんなもんだか行ってみましょうということになり、せっかくなのであっちとこっちにも寄れたらいいね…とGo!

入院中のカメラがまだ戻ってこないので今日はサブ機。花を撮るのはこちらの方がいいような気もするが、何分予備バッテリーがないから、それがちょっと気になるのである。もってくれればいいんだが…

白鳥
三和区の田んぼでは白鳥たち。今シーズン初めて見る白鳥かもしれない。
松代
先月末の灯の回廊からさらに雪が解けた浦川原から大島を通り薬師トンネルを抜ければ十日町。
さすがに松代の一番峠寄りにはまだまだ雪があるある。
六日町
十日町を抜け八箇峠トンネルから六日町に出ればちらつきだした雪に更に「まだまだ雪の季節」を思わされ
小出
小出も然り。やっぱり頸城より魚沼の方が雪深いんだなぁとつくづく。

会場のJA北魚沼本店に到着。
2階とな
会場は2階だって。
おじゃましまーす
おじゃましまーす。

入ると抽選券を渡される。これに名前と連絡先を書いて抽選箱に入れると、もしかしたら段花が当たるかもしれない(抽選で5名)。
倍率高いだろうが、出せば当たる権利はあるからなw
展示
2階のホールの壁際にずらっと逆コの字を書くように展示品、そして逆L字に出展ナーセリーさんの即売品が並んでいる。
真ん中がだだっ広く空間になっているのがなんか不思議な感じではあるが。
賞
入賞品にはこういう記念品がつく。皿や壷よりコンパクトでなかなかよさげ。
第一回記念ってちゃんと入ってるし。

では受賞品の数々を♪
各咲き方に金銀銅にいろいろな協賛賞があるので結構いっぱいありますな。
(各部門金賞と協賛賞←順不同)

標準花
標準花金賞「吟すだれ」
031113_20170315003009fca.jpg
二段・二段唐子金賞「湖蝶」
二段日輪
二段・日輪咲き金賞 「紫花火」
丁子
丁子咲き金賞「春の海」
三段
三段咲き金賞「雪の女王」
千重
千重咲き金賞 「亜斗夢の夢」
乙女
乙女咲き金賞「駿河小町」
妖精
妖精咲き金賞「妖艶」
実生
実生新花・変化咲き金賞 無銘
実生
実生新花・標準咲き金賞 無銘
珍品
珍品金賞「大金星」

魚沼市長
魚沼市長賞 登録銘花 二段唐子咲き「輝麟」
魚沼市観光協会
魚沼市観光協会賞 二段咲き「幽樹」
北魚沼農業協同組合賞
北魚沼農業協同組合賞・登録銘花(なんだけど無銘)
ゆのたに
ゆのたに賞 唐子咲き「唐獅子」
ゆのたに荘
ゆのたに荘賞 千重 無銘
オプティックヤマザキ
オプティックヤマザキ賞 唐子咲き「三織」
マイプラン新潟支店
マイプラン新潟支店賞 唐子咲き「雪の魚沼」
大沢加工
大沢加工賞 二段咲き「紅娘」
園芸JAPAN
園芸JAPAN賞 千重咲き「侍」
理容室かない
理容室かない賞 標準花「学風」
趣味の山野草
趣味の山野草賞 千重咲き 無銘
おりたて農芸舎
おりたて農芸舎賞 日輪咲き「煌姫」
エヌケーケー管理
エヌケーケー管理賞 三段咲き 無銘
龍氣
心と体の保養の宿 龍氣賞 三段咲き「八海山」
近代出版
近代出版賞 実生新花変化咲き「星空」
ローソン南魚沼浦佐店
ローソン南魚沼浦佐店賞 二段咲き「紫の星」

もちろん入賞品以外の花もたくさんありました♪見事よの。
みんな大きく花開いて見事だよな~
やっぱ違うんだよな~

即売品
即売品。新潟大会でおなじみのナーセリーさんたちだけでなく、アルペンガーデンやまくささんも来ていた。
これまた目の保養~(怖くて連れ帰れない(^_^;))

小出の愛好者の会の展示会はあるけれど、こういう協会が絡んだ魚沼での展示会は初めて。
第一回でまだ海のものとも山のものともつかないけれど、これから定着させていきたいとのことでした。
これからも楽しみだ~♪

賞品付き
ローカル色豊かというか、さすが魚沼というか賞品もどどーんと。
米俵がすごいぞw

できたら小出の雪割草展と同日にするとかならまたいいんだけどなぁ。
そして願わくば上越とかぶらないでほしいもんですが…

雪割草展のあとはお昼~(次エントリに続く)

関連記事

ひぐちさんの「なおえつ展」へ

3/6 ひぐちキミヨさんの「なおえつ展(2017・3月)」へ

ヨーカドー/エルマールでは1階イベント広場にて3月1日から6日まで「ひぐちキミヨ なおえつ展」が開催されている。
なんだかんだで行けずにいたが、最終日カメラのアクシデントもありどうにか行けそうになったので厄払い(笑)を兼ねてひぐちさんに会いに行ってきた。
(実はこの日の朝もトラブルがあり、マジとほほ状態だったのだ)

ひぐちさん
おじゃましまーす。
看板娘♡
イラスト展の看板娘。
ひぐちさんのイラストのキャラクターとも言っていいおかっぱちゃん。
ついに立体化!
ご友人があみぐるみでおかっぱちゃんを作られたそう。すごい~!かわいいー♪
なおえつ点描

こちらも
なおえつのあのお店、この場所…と、今の直江津、絵を通じて当時の記憶がそれぞれに。

もちろん原画からのポストカードもいっぱい。
おかっぱちゃん
おかっぱちゃんシリーズや
なおえつ
なおえつシーンや
高田
高田の桜や蓮など
…だけではなく各区の季節ごとの風景もそろってます。

ひぐちさんといろいろ話しさせてもらって、この所の不注意からのミス続きの凹み気分を回復させてもらう。
また気分切り替えてガンバロウっと。

帰りに、ひぐちさんから聞いた話が気になったので確認しに本町に寄り道。
ケーキランドヒグチさんが閉店されてたのは知ってたけど、その店舗に食パン専門店が入ったらしいので、どうなのかと確認をば。
パンランド
行った時はすでに今日の営業は終わっていたのだけど、月水金のみのやってるそうだ。
「パンランド」できたら予約を、ということだけど店頭販売は少ないのかな。食べてみたいぞ。

ってことで、ひぐちさんありがとうございました~!
来月の観桜会・さくら堂がんばってねー♪


関連記事

今井染物屋と本町おひなさま

3/5 今井染物屋と城下町高田ひなめぐりへ

武将隊の演武見てからおひなさまを見つつ本町西側を下って今井染物屋へ。
裏口にチャリを置く。
梅の花
ふんわりといい香りがしたので上を見たらば梅の花が咲いていた。春が近づいてるなー(^^)

今日はここで”柳下美恵のピアノdeシネマ”が開催されるのだ。
イベント
今回のイベントは2部構成。
2部は今井染物屋なのだが1部は世界館で生伴奏ともにサイレント喜劇映画「ロイドの福の神」上映会があったんだよね。
こっちも見たかったんだけど時間合わずで。

…なもんで2部オンリー☆
染物屋さんはすでに人がいっぱい。あの方この方存じてる方もちらほらと。
メガネかけてても目が悪い人なんで、もしかしたら気づかずにいたかもしれません。
気づいてないだけで知らんぷりしてた訳ではないのであしからず。ちょっと薄暗いとこだとさらに見えないので声かけてもらわないとわからんのよ…(^^;)

Nさんからコーヒーいただく。んまいです。ありがとうございますーー
このコーヒーは十日町松代の村山珈琲の提供なんだそうだ。ごちそうさまです。

生演奏
これで生演奏をするんだって。どんなんだろう。
フィルム
昔撮った8ミリフィルムのホームムービー。その懐かしい映像が伴奏つきで蘇るなんて。
今から50年、40年、30年前の時代がこのフィルムには残されているんだね。わくわく。
映写機
映写機。これも年代モノなんだろうなー。
町家
町家での上映会を楽しみに待つ人たち

関さん
一般社団法人雁木のまち再生のせきさんの挨拶
佐藤さん
NPO法人 頸城野ドキュメントライブラリーの佐藤さんの挨拶。佐藤さんが今回の映写技師さんなんである。
上野さん
世界館館長 上野さんの挨拶

そして上映会。
当時の映像
仲町から高田公園までをチャリ乗りながら撮影した映像とか
町家で上映
笹ヶ峰キャンプや高田の56?豪雪(これはカラーだった)、米山海岸の海水浴や、金沢社員旅行とか、二子玉川園とか、モノクロ映像で当時がよみがえる。
生演奏がまたいいんだー。後半はバイオリンとのコラボ。いいねーこういうの。

もちろん映しだされるその当時を知るよしもないのだが、そんな時代もあったんだなぁと。
遊園地映像は、ご本人も見たことがなく、撮影された記憶もなかったそうで、当時の自分と再会してどうだったんだろうか。

今だったら肖像権だのなんだので厄介だが、スクリーンに映し出されたその人の氏素性は実際のところ関係ない。
建物、車、風景と同じに「当時」そのものを表してるだけで個人情報だのなんだのまったくどうだっていいことなんだよね。

画像も映像も撮った瞬間からそれは過去になる。
記録になる。
個人の記録だけど、それは時が積み重なっていくにつれ誰もの記録になる。
当時は今ほど誰でも映像が撮れる時代ではなかったから、こうして残せてるのって、そして残っているのってすごい。

でも、前に高田小町でもこういう上映会やったとき見に行ったけど今の記録媒体が、50年も残っているかなぁ。。。
デジタル化とはいうけれど、デジタルの記録の仕方や媒体が将来変わったらどうなるかな。。。
一部の業務用には残ってるかもだけど、一般家庭じゃ再生もできなくなっちゃうかもな。

点灯
灯りが点いて現実に引き戻される。
いやーおもしろかった。市井の人々の飾らない、作ってない日々。

おひなさま
piさんのお母様が作ったという木目込のおひなさま。すごいね。
柿渋塗
先日こちらで柿渋塗りのワークショップ行われたそうだが、その塗装後。色がしぶいー!

などと他にもいろいろ見所もある今井染物屋さんなんである。
せきさん上野さん、佐藤さん、いい企画をありがとうございましたっ!

染物屋さんを出て、本町東側のお店のおひなさま見学
おひなさま1
竹内泰祥堂さんのおひなさま
おひなさま2
中嶋歯科さんのおひなさま(天神様も飾られてたぞ)
おひなさま3
杉田みそ屋さんのおひなさま
でも、よく見るとお内裏さまとおひなさまの位置が違ってたりするね。
関東雛と京雛、各自のルーツの違いなのかな?

少し春めいたので調子に乗って、旧師団長官舎の春はどうだろうと思い立ち帰りに寄ってみたものの、入り口にはすでに鎖がかかっていた。
まあ建物に入りたいわけではなく。裏の散策道行きたいんだもんね、とちょっと戻って裏道に通じる道へ。
稲荷神社があるぞ。
看板
後醍醐天皇の鎌倉幕府倒幕運動のころに創建された稲荷神社で、高田城築城の強制移転にも動ぜず、社殿は変わっても当時から今もずーーっとこの場所を護り人々から信仰されている神社なんだそう。
そんな神社、素通りするわけにはいかないよね。お参りしてこっ。
こまきつねさん こまきつねさん
狛犬ならぬ狛狐さん。
お稲荷様
昭和3年に再建された神社。

社殿で鈴鳴らそうと、持っていたカメラをかばんにしまおうと、電源が入ったままだったのでオフにしようとしたとき、カメラから手が離れた。えっ?と思った瞬間、カメラは重力のまま地面に落ち嫌な音を立てた。落下防止にいつも手首に通しているはずのストラップはこのときに限って通っていなかった。

慌てて拾い上げ、チェック。レンズ割れてない、液晶写る、電源入る、再生OK、動作は…ピントが合わない…ズームは動くが異音がする……ああ、どうしよう。。。。

とりあえず、お参りだけはし(何をお願いしたのかすら覚えていない)、旧師団長官舎の裏庭もばっと見て春モノはまだと確認し、頭の中はどうしようどうしようどうしようどうしよう、こわした?直らない?保証きく?買ったばっかりなのに、ああどうしようどうしようとおろおろしながら帰宅した。

ああ、どうしよう。
とにかく、明日修理出してこよう。それからだ…

楽しい午後だったのに、その楽しさの風船が一気にしぼんでしまった。とほほ。
なんてこったい(泣)


関連記事

武将隊@イレブンプラザ0305と本町おひなさま

3/5 武将隊と本町おひなさま(3/5その1)

レルヒ祭・寺野遊雪まつり以来武将隊の演武を見ていない。(寺野は足軽コンビだけの出陣だったので、おやかたさまたちはレルヒ祭以来見ていない)
現在出ている出陣表から見ても、今月はもうこの日しか見られそうにない。

ということで、イレブンプラザにやってきました。
開始時間勘違いしててちょっと遅れてしまったよーー(;´Д`)

武将隊~

2
久しぶりの武将演武!
3
十吾郎さんは音響担当
4

5

6

6

7
勝鬨軍奉行は県外の方。今日は上越近郊じゃない方々も結構見に来られてたぞ。
海外の方もおったという。
8
エンディング演武。また気が焦って跳躍撮影のタイミング外してしまったよ…くそー

と、ここまでは通常の流れなんだが、今回はスペシャルで。
先日FMみょうこうで放送されたラジオドラマ「越後の龍~上杉謙信~」の全話収録CDプレゼントというなんともうれしい企画が。
9
これ結局全部聴けなかったしねー。
また再放送してくれればいいけど分からないし。
番外編等特典ドラマつけて販売してくれるとかしてくれればなー…
10
CD争奪戦はジャンケン大会。先鋒のまつえ隊長は「最初はパー!」という通説破りの技を繰り出してきた。
さすがまつえ隊長w

珍しく勝ち進んでステージ側に来たものの、そこで運は尽き残念ながら敗退。
CDゲットしたのは県外の方。これを機会に越後上越を、上杉軍をよろしくお願いしますじゃー

写真タイム
11

13
ポーズいただきました♪

退陣を見送った後は、本町で開催中の「城下町高田ひなめぐり」を見ながら次の目的地「今井染物屋」に向かう。
おひなさま
旧第四銀行高田支店のおひなさま
2
こちらも
3
片桐呉服店の土人形(明治の頃のものらしい)
4
うつくしい着物 くろかわさんの木目込おひなさま
5
あすとぴあのおひなさま

他にもいろいろお雛様が飾られていたが、なんせガラス越しなもんで反射したりしてなかなかいい感じに撮れなくてなー…(^_^;)

慌てて出てきたので腕時計も携帯も忘れてきてしまった。遅れるとまずいので今井染物屋に急ごう。(次エントリに続く)







関連記事

雪割草新潟大会2017へ

3/4 雪割草新潟大会へ

3月は(たとえ外が雪降っていても)雪割草の季節なんである。3月の土日はほとんどどこかで展示会が開催されているという。
重なるのですべてに行けるもんではないが、やっぱりここは外せないよねと今年も燕三条地場産業振興センターで開催される日本・新潟雪割草まつり(雪割草新潟大会)へGo!

今日の米山さん
今日の米山さん
今日の西山三山
今日の西山三山(国上・弥彦・角田)

今回は、ひっさしぶりに燕三条系背脂ラーメンが食べたくて、お昼に杭州飯店行ってから会場入りすることに。
ちょっと並んだが、客の回転速いのですぐ座れたぞ。
ギョーザ
餃子は通常の倍の大きさなんである。だから一個で満足~
らうめん
太麺・背脂の燕三条系ラーメン。でもその脂が全然くどくしつこくないんだな。
あの店やこの店の背脂どっさりラーメンだと腹に来るので避けてしまうんだが、燕三条のは不思議となんともなくするっと食べられるんだよね~
ごちそうさまでした。
一旦は店を出て車走らせたんだが、相方が帽子忘れてUターン。お店の方気がついてちゃんと取っといてくれた。ありがとうございますーm(_ _)m

改めて、会場。あれー、道の駅になってる。いつの間に?
確か去年はなってなかったはずだけど…
車も近くに停められラッキー。さー行くぞー!
会場へ
入ります。受付で人気投票用紙を渡される。
即売品
こっちは即売品コーナー。出展されてる協会員のナーセリーさんたちの販売コーナー。
展示品
こちらが展示品コーナー。入賞作には壷or皿が与えられるのだ。

見ますよー撮りますよー。
新しいカメラにしてからはじめての展示会。さあこの撮り具合はどうかな。暗いとブレやすいのはライブ会場で嫌というほどわかったけど、動きのあるものではないから大丈夫じゃないかとは思うんだけど…でも花そのものが小さいからな…
ここのウィークポイントは会場内が暗いことと奥の鉢が撮りにくいこと、さあどうだかな(^^;)

むー!やっぱり前より難しい。保険としてサブ機も持ってくればよかったかも(;´Д`)

展示品はいっぱいあって載せきれないので、ここでは壷モノと上位モノを。
入賞作品
(上位)入賞品にはこのように壷や皿が付きます。
県知事賞
新潟県知事賞 三段咲き「富士誉」
名誉会長賞
名誉会長賞 千重咲き「紫輝殿」
観光協会長賞
新潟県観光協会長賞 標準咲き「泉水(いずみ)」
雪割草連合会会長賞
雪割草連合会会長賞 三段咲き「開山」
(県知事賞と名誉会長賞と観光協会長賞と連合会会長賞の実際の順はわかりません。たぶんこうじゃないかなと)

雪割草には標準咲き、二段咲き、三段咲き、千重咲きなど咲き方によっていろいろ分類されてるんだけど、それは検索してみてくだされw

続いて
長岡市長賞
長岡市長賞 二段唐子咲き「佳音(かのん)」
三条市長賞
三条市長賞 二段咲き「黒光の月」

そして、以前は佐渡市長賞などもあったのだが、今回?だったのは前回1品しかなかったホームセンタームサシ賞がやたらいっぱいあったこと。なんで?
HCムサシ賞
ホームセンタームサシ賞 妖精咲き「三浩」
HCムサシ賞
同じく 実生新花変化咲き「黄白鳥」
HCムサシ賞
同じく 実生新花標準花 無銘
HCムサシ賞
同じく 唐子咲き「深遠」
HCムサシ賞
同じく 日輪咲き「紅無双」
HCムサシ賞
同じく 乙女咲き「大宇宙(おおぞら)」
HCムサシ賞
同じく 千重咲き「紅流恋(べにはぐれ)」

ぬ、ムサシ賞に標準や二段・三段がないのは意図してのものなのか?
基準がわからないー(^^;)

もちろん、入賞品だけではない株も撮っていたのだが、自作の背景板を持っていた方とばったり状態になり、赤と青の背景、何色の花に赤、何色の花に青使うんですか?と質問したつもりだったのだが、聞き方が悪かったかそれに対しての明確なお答えはいただけなかった…
が、試させてもらった。ブレてるけど…
同じ株ですがどちらがいいかな?
背景つき 背景つき
そして、背景なしのデフォルトを撮り忘れるという(^_^;)
その方はデジイチ撮りだったのだが、コンデジみたいに被写体に近づかずとも離れて撮れるのがちょっと裏山。
ブレないのかな?その花1つだけにピントを当てて撮ることできるのかな?

一通り見たので、人気投票の結果が出るまで5階で開催している草友会の雪割草展へ
5階へ
おじゃましまーす。
葉芸 葉芸
雪割草だけでなく葉芸のこれまた高価そうなのも…
展示1 展示2

 展示3

展示4 展示5
こちらは照明明るいから撮りいいんだよね~
花も見事だし。
今年もお世話さまでした~

結果が出たらしいのでまた1階に戻る。
人気投票1位はこれだっ!
人気投票1位!

ばばーん
上↑でも入賞していた三条市長賞「黒光の月」だっ!
相方はこれに一票入れたんだよなー…

で、もう閉場近いのでそろっと出ることに。今日は結構知った方に会えたぞ。
今年も堪能させていただきました。
…けど、「雪割草を新潟県の草花に」の前後が一番人気すごかったよなー。
今は元に戻ったというか、でも年齢シフトで高齢化したので逆に愛好者数減ったとも言えるし…むー(^_^;)

帰り道、昼に入った杭州飯店にあった燕市産業資料館での「スプーン展」の案内に書かれていた作家さんの中に中学・高校の部活の先輩と同名の方を見つけたので少し早めに出てここに寄ろうと思っていたことを思い出す…
もう閉館しちゃって遅いてばorz

夕暮れ
三条は雨になったけれど上越の方向は晴れてるようで夕暮れてるぞ。
夕日
夕日がこんな風に見えた~

そして今日は、12月のFM-Jサンタとハッピークリスマスのときに当たった柿崎・上下浜のマリンホテルハマナスの食事券が今月末で有効期限切れるのでここで夕食することに。
せっかくなのでここの温泉にも入ってぽかぽかに。

お風呂のあとに夕食タイム。
おひなさま
レストランに飾られてたおひなさま
海鮮丼そばセット とんかつ定食
海鮮丼&そばセットととんかつ定食。ベーシックながらうまかったっす。
卓上塩がなかったのがちょっと惜しかったけど。
やー、ごちそうさまでした。

うちの雪割草、今年はどんなかなー。去年全然ダメだったしいっぱい咲くといいなー。
展示会みたいな豪華な花はないけどね。それはそれ、これはこれw



関連記事

2017初チャリでさんぽ

3/1 2017年初チャリ

3月になってあれだけあった雪もすっかり消え、道路脇や田んぼや畑に残っていた「かつて雪だったもの」も黒く小さくなってきた。
空気もだいぶ春らしくなってきて、そろっといいかなとチャリを出す。
タイヤに空気を足して、今年初めてのチャリ乗りに行ってきまーす。
いや、前にも乗れそうな時もあったけど、細い道だとやっぱ車側から見ると危ないしね。。。

行き先はフルサット。
ちょっとご当地ソウルに行ってこようかなと。
まだ冬色
もう冬ではないんだなーとも思うけど、でもまだ色は冬色。
妙高山
妙高は頭だけ
ちょっと近くなった
上越妙高駅近くまで来るとだいぶ妙高も見えてくる。

で、フルサット着。
……だったんだが、狙っていたご当地ソウルはなんと臨時休業…orzなんてこったい…
ふと見れば二本木駅にあるはずのさとまるくん顔出し看板が。
あ、そういえばフルサットで二本木駅展をやる…ってどこかで目にした記憶が。←フルサットサイトにあります
フルサット
さとまるくんの顔出し看板

5m.gallery におじゃましまーす。
中郷展
さとまるくんやスイッチバックなどの中郷グッズもあるでよ
なつかし鉄道
鉄道関係スクラップ。当時の中郷駅や上越新幹線開業記念アイテムが懐かしい。
かわらばん
国鉄かわら版。明治のものらしいのだけど、昨日、明年などに添えられているカッコ書きの年代がまちまちで実のところは何年に書かれたもんなんだー!と。
東京上野で行われている博覧会で初めて「電車」が運転されたと書かれてる。
中郷
中郷の風景いろいろ
雪月花
雪月花。しゅくらが酒・弁当付きで雪月花の半額っての考えるとちょっとなぁ…。食事豪勢なのはわかるんだけど、その割に乗車時間が短いとも言えるし(ひすいラインはトンネル多いし…)。
まあどっちも乗る機会があるかどうかはわからんがww
でもJRのリゾート列車は乗るだけなら乗車券と指定席で桶だそうだから、座席あればフリー切符や18きっぷ使えるのは魅力だよね。
おっと話がずれてしまった。また中郷も行きたいぞ。

さて、お目当てがやってないならしょうがない。そろそろ帰ろう。
妙高ー
妙高山。はね馬はもうちょっと先。
帰りも田んぼのあぜとか見たけど、さすがに春草もまだみたいですな。
でも3月、冬に戻る日もあるだろうけど季節は春に向かっている・・・はず。たぶん、きっとwww





関連記事