寺町まちづくりフェスティバルへ

10/1 寺町まちづくりフェスティバルへ

高田の寺町ではこの時期、寺町まちづくりフェスティバルという「てらまち」を知ってもらおうというイベントを開催している。
2011年の初年と翌年2012年の第2回は参加したもののそれ以降は知らずに終わっていたり日が合わなかったりで行けずじまいとなっていた。

今年は回覧板で案内が回ってきてたので、日程確認はヨシと。
ここ何年かは寺町2丁目・3丁目が持ち回りで交互開催しているこのイベント、今年は3丁目らしい。
以前にほぼ回っているので、お茶会や抽選会や体験会などいろいろイベントもありますが、今回はゆるーくまち散策を兼ねお寺さんぽさせてもらうことに。

自分、お寺とかお墓とか子どもの頃から好きなもんで。
だってお墓ってすごーーーく昔のとかあるでないですか。こんな頃のが…って子供心にも引っかかったらしい。
(ヘンな子ですみません)
てらまち
高田城が築かれたのが慶長19年(1614)。それにあわせて儀明川の西側に寺院を集中させたのが寺町の始まり。
でも寛文5年(1665)の地震で大被害を受け、当時の城主松平光長公により復興されたまちなみが現在のベースになっているそう。

まずは一番遠い天林寺。
ごせさ信仰
こちらの本尊は弁財天。高田の瞽女さの檀那寺で、5/13の妙音講では弁財天の御開帳とともに歌を奉納して一日過ごしたんだそうな。
画像の真ん中の碑も瞽女さの親方のものなのか門弟たちが奉納したもののよう。
この日も14時から瞽女唄の公演があると書いてあったが、時間が合わず残念。

こんなのが
雁木下にあった「若い芽を伸ばせみんなの愛情で」。錆びちゃってるけど…

宝篋印塔
祐正寺の宝篋印塔。このお寺は承応3年(1654年)に創建されたそうなのでこの塔もその頃から在るんだろうね。
発祥の地
「土橋村発祥の地」の碑。この文字は画家の小杉放庵(1881年(明治14年) - 1964年(昭和39年))によって揮毫されたものだそうだ。どういうご縁があったものかとウィキを見てみれば、戦時中に赤倉に疎開し東京の家が空襲で焼けてしまったので戦後もそのまま赤倉で暮らしたそうだから、その辺りの縁なのかもしれないねぇ。
もしかしたらこの小杉さんも、堀内大学や濱谷浩や齋藤三郎などの疎開者文化サロン(勝手に命名)に参加されていたのかもしれないねぇ。

場所を移して常国寺。こちらは花ロード作品やオープンガーデンの1つにもなっている花の寺。
ダンギク
ダンギクの蜜はよほどおいしいのか虫たちがせわしなく飛び回ってる。
シロバサクラタデ
かわいいシロバナサクラタデ。
タデ科ということでかわいいその姿に反して、タネはやはりひっつき虫なんだろうか。

太岩寺
太岩寺。
ニラ禁止
なんだ?「制葷酒入門」って。
調べてみたら葷ってのはにおいの強いニラとかネギやニンニクとかのことなんだそうで。
曹洞宗・禅宗ではこういう野菜と、酒は、修行の妨げになるので、寺の中に持ち込んではならない、という戒律があったそう。
閻魔様
ここのお寺の閻魔様は延宝年間(1678年頃)に寄進されたもののようで、わらべ歌にも歌われていたことからも、かなりの閻魔様だったのだろう。その後文化6年(1809年)に修復、大正の「寺町の大火」では類焼を逃れ、昭和5年に閻魔堂再建とともに修復…そして平成になりかなり傷みと老朽化が進んでいたことから平成10年(1998年)に修復され現在に至っているそう。
まだ20年なので塗装もきれい過ぎて(ガラス張りだし)、なんか歴史の貫禄みたいなものが薄くなったとも思えてしまう…(^_^;)

こちらは高安寺。
高安寺
こちらも曹洞宗なんだがやっぱり「不許葷酒入山門」って書かれてるね。
かつての同朋保育園
寺内をちょっと散策していたら、隣に発見。既に施設はなく更地になっているがかつての幼稚園?保育園?の門だけが残されている。
調べたらどうやら同朋保育園のよう。まだぐーぐるまっぷで園名が出るという事は廃園されたの最近なんだろうか。

親鸞ゆかりの性宗寺(しょうしゅうじ)。
こちらは親鸞の直弟子が開いたお寺の分寺なんだそうで。途中仏光寺派に派替えしたそうだがその辺の宗派については全然わからんので置いといて。
平出修のお墓
こちらには大逆事件の弁護士だった平出修のお墓があるのだ。
この方、弁護士だけでなく歌人や作家でもあったんだねー

壊れてるけど
寺町の道と辻の角にあった1部破損されている石仏さん。壊れる前はどんな形だったのかな。
お寺がここにあったのか、かつては人々に愛されていたのだろうか。

浄興寺
こちらは浄興寺。こちらには「下乗」と書かれておりますな。輿から下りろ馬から下りろと。

フライングのオープンガーデン2軒
オープンガーデン

オープンガーデン
どちらもやはり見事ですな。見習え自分w

ということで、時間になりましたので今日の寺町さんぽはこれにて☆

関連記事