ほくほく線・ゆめぞら号に乗る(十日町雪まつり2017・日曜編)

2/19 ゆめぞら号に乗って十日町雪まつりへ

ゆめぞら号には前から乗ってみたかった。
フリーきっぷでほくほく線乗って六日町、もしくはJR分払って湯沢まで行ってこようという話は前からあった。
しかしなかなか実行できなかった。
昨日買ったフリーきっぷは2日間有効なので今日も使える。

天気次第で雪まつり行くのは日曜になるかもだった。

かなり乱暴だが結論。⇒「今日もゆめぞら号に乗って十日町雪まつりを見に行こう」と。
いろいろイベントもあったんだけど・・・すみません>各位

と、いうことでさあ行くぞ~!

今日は、せっかくなのでうらがわらではなく犀潟駅から乗ることにする。
駐車場が既にほぼ満車でたまげた…
なんとか駐車し電車の到着を待つ。まだ30分はあるぞ~

残念
なんだか残念な犀潟駅の観光案内看板…
おおー
JR線走ってる犀潟だから見られる湘南色車両♪
ほー
こんなのも♪
来たよー
はい、来ましたよゆめぞら号♪乗りまーす(^^)
こうなってるのか
へー…こんな風になってるのか。ここに投影すんのね。
頸城平野
頸城平野を電車は走る。
投影が始まるのは大池いこいの森駅を過ぎてから。ここから長めのトンネルの間に映像が流れるんだって。
はじまった
はじまった!
わー
おおー!
おー
へー…

トンネルを通るときに映し出される花火や星空、海中などの映像を見てるうちに、あっという間に十日町。
十日町
十日町着。でも今日はここでは下りずに六日町まで行くのだー♪
六日町
新座、美佐島を経て六日町。やはりここらの降り方は本物だ。
こんなのが
六日町駅着。一旦改札を出る。六日町には来るけど、電車使って、駅降りたのって何年ぶりだ?
駅通路にはこんなものが。こちらは謙信公いうより直江兼続の方推しだけどね。
六日町駅
ちょっと駅を出て外へ。雪もっさもっさ降ってる。
でもやっぱこっちの雪見ると「上越市高田は豪雪地」とは言えないわな…(中山間地ではなく市の中心部、という意味)
おっと長居はできないんだ。折り返し次の便で十日町戻るんで。
六日町滞在約10分。再び十日町へ戻る。

そして昨日と同じにバス一日券購入し、ミニバスツアーの乗り場に並ぶ。
今日は昨日とは逆の下条方面のツアー利用なんである。
交代で並んでる時にひろさんの歌声が聞こえてくる。あれーどこで歌ってるんだ?駅内?
と思ってたら相方が戻ってきて、ほくほくひろばでベスパが歌ってるから…と並ぶの交代してもらう。
今日もひろさんに
今日もベスパひろさんの歌声聴けたぞー♪♪
アンコールもしてくれたがそろそろ戻らないといけないので、曲の途中でさよーならー。

バス乗車。今日はこの1便しかない。昨日は2台きたのだが、今日は1台のみで昨日のように観光バスではないので…結果満車。
駅→キナーレだったが、キナーレで待ってたお客さん結局乗せられずだったもんな。
まあ、天候もあるし乗客数が読めないからしょうがないんだろうけどねー

下条方面ミニバスツアー。まず最初は七和ランド。
雪像
夜~朝にかけて降雪があったので新雪がところどころに。(降った分はほとんど箒で払ったんだろうが)
こちらのちんころ
こちらの地域で作ったちんころ。色が違うのはなんでかな。米粉の質?

お次はスノーランド新座4へ。
雪像
「古城 零れ桜の頃」。こちらは十日町市観光協会長賞だって。
桜は貼り付け
桜は花の型にあわせ彫ったんではなく、花の形の型を作って貼り付けていったんだそう。
ででーん
馬の片足には針金の芯が入ってるんだそう。やはり金曜の雨が泣きの雨だったそうで、先にできてたお城は青のビニールシートかぶせて養生していたんだって。
でも、そんな苦労の作品も、今日の午後には壊しちゃうんだそうで。
子供上がって崩れたり事故あったら大変だからやむを得ないけど、もったいないというか潔いというかなんというか…

次に向かうのは中条笹山縄文ひろばなんだけど、写真枚数多くなって長くなるので2つに分けますわ。
次エントリにつづく。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する